1000円ヒーロー全巻無料で読む方法紹介!漫画アプリでタダ?wiki的登場人物紹介【千円ヒーロー】rawbankは危ない|焼き芋ハンサム斎藤作

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『1000円ヒーロー』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。 

『1000円ヒーロー』は漫画アプリ『マンガワン』で全巻無料で読める?

いきなり、結論です。

 

『1000円ヒーロー』は、こちらの小学館が運営する漫画アプリマンガワンにて全巻無料で読むことができます。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』は小学館が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

というのも『1000円ヒーロー』は、『マンガワン』で独占連載されていた作品だからです。

 

『マンガワン』では、このように『1000円ヒーロー』を最終巻まで無料で読むことができます。

 

安心安全に、そしてタダで『1000円ヒーロー』を全巻無料で読破したい方は『マンガワン』を使う方法が最もお得です。

 

また『マンガワン』では、『1000円ヒーロー』以外にも

  • 闇金ウシジマくん
  • アフロ田中
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • 青のオーケストラ
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • チ。地球の運動について
  • モブサイコ100

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、集英社が運営する少女マンガに特化した漫画アプリマンガMeeやスクウェア・エニックスが運営するマンガUP!も特にオススメです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 恋を知らない僕たちは
  • ハニーレモンソーダ
  • 古屋先生は杏ちゃんのモノ
  • みにあまる彼氏
  • テリトリーMの住人
  • 美食探偵 明智五郎
  • これは経費で落ちません!
  • 素敵な彼氏
  • 流れ星レンズ
  • 好きって言わせる方法
  • うそつきリリィ
  • アシガール
  • ひるなかの流星
  • ケダモノ彼氏
  • きらめきのライオンボーイ
  • 青空エール
  • アオハライド
  • きょうは会社休みます
  • 虹色デイズ
  • 君に届け
  • ダメな私に恋してください
  • 銀魂
  • ちびまる子ちゃん

などなど…

 

『マンガUP!』で無料で読める主な作品一覧
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガワン』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、👇特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています「無料で多くの有名漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

次に『マンガワン』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

『マンガワン』の使い方を簡単に紹介

マンガワンを無料でお楽しみいただくには、以下のライフSPライフの使い方をマスターしておくだけでKOです。

簡単に説明していきます。

『ライフ』とは?取得方法と使い方を解説

ライフとは?
  • ライフとは、アプリ内で漫画を読むために必要なアイテム
  • 朝9時、夜9時に4ライフずつ配布される(1日計8ライフ貰える)
  • 1ライフ消費で好きな作品(漫画)を1話無料で読むことが出来る

以上が簡単なライフの取得方法と使い方の説明です。

 

つまり毎日、計8枚配布されるライフを使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムです。

 

但し1点だけ注意があり、ライフを4つ以上貯めこむことは出来ません

 

朝9時に4ライフが配布され、その4ライフを使わずに夜の9時を迎えたとしても新たにライフが加算されることはないので注意が必要です。

『SPライフ』とは?取得方法と使い方を解説

SPライフとは?
  • SPライフとは、アプリ内で漫画を読むために必要なアイテム
  • ライフがなくなってしまった場合でもSPライフを使用することで好きな作品(漫画)を1話無料で読む事が出来る
  • 新規ダウンロード特典でSPライフが50枚付与される
  • 毎日、短い広告動画を1度見るだけでSPライフが1枚付与される

以上が簡単なSPライフの取得方法と使い方の説明です。

 

下記画像のように新規ダウンロード特典では、SPライフ50枚無料配布されます。(50話分)

 

そして毎日、短い広告動画を視聴することで漏れなく1SPライフを取得することが出来ます。(アプリを起動すると↓の画面が表示されます)

つまり『マンガワン』を新規ダウンロードした暁には特典で貰えるSPライフ50枚で好きな作品を50話(巻数にして6~7冊分)を一気に読破できてしまうのです。

 

控えめに言わずとも読者ファーストの神アプリ。是非、一度試してみる事をオススメします。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『1000円ヒーロー』の世間の評価は?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『1000円ヒーロー』あらすじ紹介!

ヒーローとは。

 

それは、レートの数だけ1秒間にお金を消費して戦う選ばれた人間のみがなれる存在です。

 

最低レート1のヒーローでさえ、銃弾をものともせず、熊程度なら簡単に倒せる力を持ちます。

 

さらに、レート100のヒーローになれば、たった一人で人間が起こす戦争を止められる圧倒的な力を発揮します。

 

レートが上がればお金の消費が増え、給料も上がって行きます。

 

そんな世界で、日朝千(ひあさ せん)は規格外のレート1000。

 

まさしく、最強にふさわしい力を持ちます。しかし、燃費が悪くレート1000ということは100円でも0.1秒しか変身ができません。

 

加えて彼は来の力を隠しながら、愛する妹・ほのかとの穏やかな暮らしのために、日々バイトをこなし生活費を稼いでいます。

 

それでも、彼の力は海を割る、ビルを軽く持ち上げ、100mを0.3秒で走るなどの驚異的な力を持ちます。

 

戦う時間だけお金を消費し超人に変身可能な「ヒーロー」。

 

人間が何らかの理由で変化してしまう「怪人」。

 

そんな世界で繰り広げられる“戦い”や人情味あふれる“ドラマ”を描いたヒーロー活劇が今、開幕!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『1000円ヒーロー』wiki的登場人物紹介!

日朝千(ひあさ せん)

 

本作の主人公であり、世界最強のレート1000ヒーローです。

 

ですが、極度の貧乏生活を送っているため、バイト・内職に追われています。

 

極貧ぶりはすさまじく、タンスの中でもやしを栽培し、あらゆるバイトを極めています。

 

しかし、妹・ほのかに貧乏生活を送っていることをばれないようにしているため、彼自身のひと月の食費は3000円です。

 

彼は炎のヒーローであり、100円で0.1秒だけ返信できます。普通の怪人ならまともに変身した姿を見ることなく、瞬殺されます。

 

ヒーロー名は「ブレイズマン」です。

日朝ほのか(ひあさ ほのか)

 

千のたった一人の家族であり、彼が愛している妹です。

 

10歳。

 

千がヒーローであること、家庭が貧困状態であることは知らずに、兄の努力のおかげで、元気に育っています。

 

天崎恵理(てんざき えり)

 

千の同級生であり、千の正体、事情を知る数少ない人物にして理解者です。

 

推理観察が得意で、知識や戦略などで千のヒーロー活動をサポートしています。

 

千とは友人関係を対等にしているため、金銭の貸し借りは一体しないと決めています。

威借刃(いかり じん)

 

千の高校に転校してきた同級生です。

 

軽薄で女好きとして有名なレート10ヒーローですが、実はおとなしく情と正義に熱い性格です。

 

軽薄でナンパな性格は、本来の性格を隠すための借宿です。

 

ヒーロー名「エッジマン」。

 

あらゆる場所から刃を出現させて戦います。

『1000円ヒーロー』見どころ紹介!

見どころ① 最強であり貧乏な主人公『日朝 千』

本作の主人公である日朝千(ひあさ せん)は作中でも地上最強であるヒーローであり、そのレート1000です。

 

1000円ヒーローの世界は、レートが高いヒーローは変身する時間ほど、大量にお金を消費しなければなりません。

 

もちろん、その分、高額な報酬がヒーローには支払われますが、それはあくまで民間、政府などで所属しているヒーローのみ…

 

そんな中、千はどこにも所属しておらず怪人と戦うたびに、自腹でお金を大量消費します。

 

その額まさに1秒間に1000円です。

 

ウルトラマンだったら、3分間で18万円消費してしまいますね(笑)

 

そんな短い時間でしか戦えない、日朝千が強力な怪人相手にどのように戦うかが見どころの一つとなっています。

見どころ② キャラクターの掘り下げ!

一見、あらすじを見ると、ヒーローが敵を倒すバトル漫画なのかなと思ってしまいます。

 

ですが、ただ単純に敵を倒すだけでなく、ヒーローの葛藤、家族の絆などの人間ドラマが描かれています。

 

例えば、この作品で出てくる、威借刃(いかり じん)というキャラクターがいます。

 

彼もまたヒーローであり、一見軽薄そうなキャラクターだが、本当はおとなしく情と正義に熱い性格です。

 

しかし、優しすぎて「誰にでも優しくありたい正義」と「強くなければ誰も守れない正義」で葛藤し続けています。

 

二つの正義の間で、刃がどのように乗り越えていく姿がこの作品で見れます。

 

キャラクターの深堀もこの作品の魅力となっています。

見どころ③ ヒーローだけでなく怪人にも!

この作品には、ヒーローや人間だけでなく怪人にも焦点が当てられています。

 

少しネタバレになりますが、作中に2話に出てくる「おっちゃん」と呼ばれる怪人がいます。

 

元々人間でしたが、娘の足を引っ張らないように千に自信を倒してほしいと頼みます。

 

その後、話が進み娘の職場のデパートが怪人に襲われ、「おっちゃん」は娘を助けるために命懸けで戦います。

 

そんな、ヒーローや一般人だけではなく、怪人にも焦点を絞って話が進む展開もあるため、そんなところも見どころとなっています。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『1000円ヒーロー』序盤ネタバレ紹介!

第1話 金とヒーロー

朝早くから、青年が愚痴をこぼしながらゴミ出しをしているシーンから始まります。

 

青年の名前は日朝千(ひあさ せん)で高校2年生です。

 

ゴミ出しをしている途中で偶然100円を見つけますが、後ろからサングラスをかけた筋肉質のスキンヘッドが現れ、百円を渡すように言います。

 

しかし、千は100円を渡すのを拒みます。

 

千の言葉に怒りを買ったスキンヘッドは怪人に姿を変え、タコに人間の体が生えたような姿になりました。

 

怪人の名前はディープワンと呼ぶそうですが、変身した姿を見ても「マジでー?」と薄い反応をする千。

 

千の反応にむかついたディープワンが千に襲い掛かろうとした瞬間、突如レート1ヒーロー・つなぎマンが現れました。

 

ベルトに100円を入れ、ヒーローに変身したつなぎマン。

 

そして、ディープワンに膝を入れ、殴りかかろうとした瞬間、場面が変わり二人の刑事がヒーローが戦った現場に立ち会っています。

 

白髪の警部は「怪人はヒーローにしか倒せない」と言い残します。

 

場面は、千の妹・ほのかが、歯磨きをしているシーンに変わり、ちょうど千がゴミ出しから帰って、何やら100円を失ったことでがっかりしています。

 

千がほのかに弁当を渡し出かけた後、千は引き出しから大量のもやしを出しました。

 

公立枠惑高校(わくわくこうこう)に通う千は、昼時になりウキウキしながら弁当をあけます。

 

もやししか入っていない弁当を見たクラスメイトの天崎恵理(てんざき えり)は「死ぬぞ」と断言します。

 

クラスでは、今朝起こった怪人の事件で話題が持ちきりで、つなぎマンがブラックリストに載っている怪人を倒したと噂されています。

 

ヒーローの話題で天崎と千は話します。

 

ここで、天崎がレートの数だけ1秒間にお金を消費して戦うのがヒーローと説明します。

 

最低レート1でも銃弾をものともせず、熊程度なら単独で制圧してしまう力を持ちます。

 

さらに、レート100ともなればたった一人で戦争を止められるのが一般常識で平均年収は億を超えると説明します。

 

しかし、千は話に興味を持たず天崎から卵焼きをねだります。

 

天崎は日々バイトで生活費を稼ぐよりも、いい方法があるのではないかといいま。

 

しかし、千は愛する妹に貧乏な思いをさせないためと、気持ち悪い顔で言います。

 

次の瞬間、スピーカーから怪人警報が放送され、天崎がスマホを開きます。

 

映像ではバスがジャックされ、そのバスは妹・ほのかの乗っていたバスと知り、千は一瞬で机からいなくなりました。

 

バスの中では、運転手が怪人に対しバスから降りて逃げるように促します。

 

しかし、物質怪人マテリアル・ワイルズは聞く耳を持たず、スピードを減速すれば子どもを一人ずつ消していくと乗客たち脅します。

 

その中で一人の女性教師が、子どもを人質にしてもヒーロー組織の即時活動停止ができるはずもないと言い放ちます。

 

マテリアルはそれを理解しています。

 

ヒーロー組織の鼻がへし折れれば十分であり、要求を呑まずとも世間が騒げばいいとうのが目的です。

 

腹が減ったマテリアルは、ほのかに弁当を渡すように言いますが、千が一生懸命に作った弁当を渡さないと鞄を抱きしめた姿を見て、襲い掛かろうとします。

 

その瞬間、レート1ヒーロー・マジックテープ仮面が登場します。

 

レート1のヒーロー見て自分が舐められてると感じ、必殺技マテリアルショットでマジックテープ仮面に襲い掛かります。

 

マジックテープ仮面が敵の猛攻に耐え、つなぎマンが来るのを待ちます。

 

マテリアルがとどめを刺そうとした瞬間、つなぎマンが現れます。

 

マテリアルは、現れたつなぎマンに小手調べを仕掛けますが、あっさりやられるつなぎマン。

 

次々と攻撃を受けるつなぎマンの回想に入り、今朝の怪人は自分が倒したものではないと思い出します。

 

つなぎマンはマジックテープ仮面共々倒されますが、立ち上がりマテリアルに立ち向かおうとした時、後ろからバスが貫通されました。

 

外に放り出されたマテリアルは見たのは、変身ベルトを締めた千です。

 

千は学校の屋上から、バスが走っているところまでかジャンプしたといいます。

 

今朝100円を儲けられず、さらには、ほのかが楽しみにしていた遠足を台無しにした怪人に千は怒り、マテリアルに死刑宣告をします。

 

千にビビったマテリアルは、レートを尋ねながら襲い掛かります。

 

千はレート1000と答え、必殺技「0.1秒100円パンチ」を放ちました。

 

事が終わり、マジックテープ仮面はつなぎマンに一緒に強くなろうと、千が割った海を見ながら宣言しました。

 

用が終わり自転車で、天崎と共に帰っています。

 

天崎は、ヒーローに所属せず、誰にも知られず感謝もされないことに「それで良いのか」と聞かれます。

 

千は、天崎の問いに「ほのかが笑っていれば、それでいい」と答えます。

 

その後ろから、千の姿を見る怪人が現れ、一話は終了します。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第2話 兄と父親

一ページ目から、天崎恵理と日朝千の自己紹介から始まります。

 

二人で登校をしているときに、大勢の怪人が襲ってきますが、怪人が名乗りを上げる途中で千が瞬殺しました。

 

そして、今朝行った内職の稼ぎも使い果たしてしまいます。

 

場面は変わり、教室の中で天崎は、レート1000である千に民間、もしくは政府ヒーローにならないかと薦めます。

 

しかし、千は妹・ほのかの家族には俺しかいないと、天崎の薦めを断り、午後の授業をすっぽかしバイトへ行きます。

 

千が歩いている途中、鳥に似た怪人が話しかけますが、怪人に辟易している千は怪人にブチキレします。

 

怪人は千に自分を殺してほしいと頼みます。

 

千は怪人をドМと勘違いし逃げようとし、怪人は足を離そうとしません。

 

千は怪人を見て、闘争心が低く、人間に「擬態」ができない、また人を襲わないと見抜き、倒さなくても良いと判断します。

 

怪人がなぜ千に自分を倒してほしいのかを聞きます。

 

怪人は元々人間であり、普通のヒーローに倒されれば怪人の個人情報が公表されるため、娘の足を引っ張りたくないという思いから、千の圧倒的な力で消してほしいと頼みます。

 

しかし千はそれどころではなく、大事な妹のためにテニスラケットを買うために急いでバイトに行こうとします。

 

テニスラケットの値段は1万円すると怪人に指摘され、3千円ぐらいで済むと思った千は怪人もバイトに連れて行きます。

 

千は怪人のことを「おっちゃん」と呼びます。

 

まずは風呂屋で、千は変身しおっちゃんを投げて掃除を10分で済まし、突貫工事で千が怪人ごと岩を砕きます。

 

次にデパートで、くたくたになったおっちゃんは休もうとしますが、ヒーロー役のスタッフが食中毒を起こし、代わりにおっちゃんがヒーロー・炊飯マン役としてショーに出ます。

 

危うく、おっちゃんが客に怪人だとバレそうになりそうなシーンもありましたが、千のおかげで何とか場を乗り切り炊飯マンのヒーローショーは成功します。

 

観客の中で、不穏なことを言う物がいます。

 

ヒーローショーは終わり、バイト代とは別に500円をもらい、おっちゃんと一緒にジュースを飲みます。

 

働くことに楽しさを感じたおっちゃんは、千に自分の過去を打ち明けます。

 

おっちゃんは過去に働き詰めで、家庭を疎かにしてしまったと話します。

 

そんな時、迷子センターの放送が流れ、アナウンスの声はおっちゃんの娘でした。

 

娘がデパートに就職していると安心し、千と手を交わしますが放送が娘の声と変わり、怪人の声に変わります。

 

デパートはボマート怪人団に占拠されてしまい、デパート内にいる人たちを人質にします。

 

目的はボマート怪人団の部下を殺したヒーローを倒すのが目的です。

 

放送を聞き、おっちゃんはすぐに娘を助けに行こうと千に頼みます。

 

しかし、千は「アンタは俺に殺される約束だろ」と言います。

 

第3話 娘と怪人

千は「アンタ俺に、殺される約束だろ」と怪人・おっちゃんに言います。

 

さらに千は、人質と言っている以上殺しはしない、またレート10のヒーローが駆けつけると言います。

 

おっちゃんの姿で助けに行っても怪人だと思われると言います。

 

おっちゃんは、「そうだとしても大人しくしていることはできません。千さんだって…妹のためならそうするはずです」と言います。

 

おっちゃんは、そのまま娘を助けに行きました。

 

デパートの外では、レート100のヒーロー投入の検討というニュースが流れ、紅牙怪人・クリムゾンタスクはそれを聞き、人質を抱えて逃げようと図ります。

 

部下から電話かかり、436人の人質を1階の吹き抜けホールに集めます。

 

近接攻撃班は戦闘経験を積むために、今朝殺された怪人を倒したヒーロー(千であるが)を倒そうと考えます。

 

世間をコケにしたら、人質全員殺して逃げるというクリムゾンタスクにおびえる男の子ですが、おびえながらも男の子を励ますおっちゃんの娘。

 

その時、ドアがノックされクリムゾンタスクがドアを開けた瞬間に、ヒーロー・炊飯マンの格好をしたおっちゃんがクリムゾンタスクにパンチを仕掛けます。

 

しかし、おっちゃんは吹っ飛ばされ、下の階まで押し戻されます。

 

襲い掛かったのが怪人だと知るクリムゾンタスクは、おっちゃんが怪人になったばかりだと気づき、「お前よ、もう人間じゃないんだぜ」と言い放ちます。

 

さらに怪人らしくなれと、怪人団に誘いますが、おっちゃんは暴走一歩手前になりながらも断ります。

 

誰もいなくなったデパートで食品を食べる怪人たちですが、千が着ぐるみを被りながら現れます。

 

怪人は遅いかかりますが、一瞬で倒され、一人200だけ使ってやると言い放ちます。

 

怪人を倒してお金をもらっているヒーローは紛い物だと怪人は言います。

 

しかし、千にそんなことは関係なく力を半分はおっちゃんのために使うと言い、必殺技「1秒点火 フレイムサイクロン」を怪人に放ちます。

 

怪人を倒した千はおっちゃんを助けに行きます。

 

シーンは変わり、おっちゃんがクリムゾンタスクに攻撃を仕掛けますがすべて躱され、理性や記憶が消えかけ暴走しかけます。。

 

おっちゃんは、クリムゾンタスクに仲間になれと誘われ断ります。

 

しかし、おっちゃんは家族の顔を忘れますが娘をぶった奴の顔を覚えいます。

 

そして、おっちゃんはクリムゾンタスクに一発パンチをかまします。

 

クリムゾンタスクを倒したおっちゃんでしたが、力尽きる寸前で倒れこみます。

 

最後に娘の顔を思い出したかったとおっちゃんは言いますが、その時デパートの半分が持ち上がります。

 

持ち上げたのは千でした。

 

千は、最後に10秒だけおっちゃんに時間をあげ、娘の顔を見れるようにしています。

 

おっちゃんは炊飯マンの被り物をかぶり、最後に娘の顔を見て去ろうとします。

 

その時、娘にお礼を言われ千に生きていてよかったと言います。

 

時間が経ち、朝に変わりラケットを持った妹・ほのかは学校に行きます。

 

結局ラケットは買えなかった千ですが、おっちゃんが死に際に気を利かせ、娘が使っていたラケットを手紙と一緒に送っていました。

 

最後に、小学生が炊飯マンのキーホルダーを落とし、おっちゃんの娘がそれを拾い小学生に渡します。

 

最後に「…またね…お父さん。」と言い物語は終わります。

第4話 浪費と窮地

冒頭に千が道に落ちているアイスを拾い、当たりを引いたところから始まります。

 

最近、福引で洗剤セットを当てるなど、運が向いたと感じる千ですが、目の前には妹・ほのかと手をつないでいる男の子が…

 

その姿を見て、千は絶句します。

 

千はベルトを取り出し、男の子に殺意をむき出しにしています。

 

天崎は千に、過保護はよくないと千を諭します。

 

頭ではわかっている千ですが、心で納得のいかない千は男の子が良い子であるか確認するために、尾行します。

 

悪ガキと判定したら、ほのかとの関係を断ち切るつもりの千。

 

しかし、男の子はとてもいい子で、道行く老人の手伝いをしたり、落とし物を届けたり、ごみを拾ったりなど、千に付け入るスキを与えません。

 

むしろ、良い子過ぎて千は引いてます。

 

その時、もやし怪人ヴァイタミンが初老の男性に襲い掛かります。

 

男の子は初老の男性を逃がそうとしますが、構わずヴァイタミンは襲い掛かってきます。

 

その時、千が「どんだけ良い子だてめえは!?」とヴァイタミンに蹴りました。

 

ヒーローを呼んでくれと初老の男性に頼み、初老の男性はヒーローを呼びにその場を去ります。

 

ヴァイタミンは「退け、弱者には興味がない」と千に去るように言い、初老の男性にタ〇ポンと言われたのが原因でキレています。

 

ヴァイタミンに対し、千は「俺が強者だったらどうする?」と答え変身ベルトを出します。

 

ヴァイタミンは笑みを浮かべ臨戦状態に入り、千が変身するのを待ちます。

 

しかし、千は男の子を尾行するのに大量にお金を使ってしまったため、ほぼ所持金が残っていません。

 

その隙に、千は生身でヴァイタミンの攻撃を受けぶっ飛ばされました。

 

「来い、私を楽しませてみろ」と千に言います。

第5話 強敵と全力

ヒーロー連合・関東第3支部では、民間人の通報により枠惑(わくわく)町に怪人が出現したと連絡をしています。

 

現在、出動できるのはつなぎマン、酸素マンを出動させようとしますが、怪人・ヴァイタミンは無傷でレート10のヒーローを倒しています。

 

千は自動販売機に叩きつけられ、ヴァイタミンは「変身しろ」と言います。

 

ヴァイタミンの攻撃を受けた千は、「こいつは強ぇ…おそらく100円では倒せねえ…」と評価します。

 

ヴァイタミンは千がレート1000でも給料無しということを知り、見返りを求めずヒーローをやっているのかと尋ねます。

 

しかし、千は妹を守るために戦っており、町の平和はそのついでだと言います。

 

千の全力を見たいヴァイタミンは、千に5千円を渡し5秒間だけ全力で戦います。

 

変身した千は、炎のヒーローに変身し、ヴァイタミンはすかさず千に攻撃を仕掛けますが、全く千には効きません。

 

千は必殺技の体勢に移り、ヴァイタミンは「まだ存在していたとは…レート1000のヒーロー」と言います。

 

逃げるように千は進めますが、ヴァイタミンが逃げずに立ち向かいます。

 

その時、千の必殺技「3秒点火 フレイムサイクロン」を放ち、ヴァイタミンを見事倒します。

 

場面は変わり、妹・ほのかと男の子(みっくん)が登校しています。

 

その姿を千と天崎は見ており、天崎は千が金欠で負けそうだったことを指摘します。

 

千は「どんなに強いヒーローだって、すべてを救うことはできねぇんだからよ」と言い返します。

 

天崎は千の言葉を聞き、昔日本各地で働き、故郷にいる一番大切な人を守れなかったヒーローのことを思い出します。

 

本当に妹が大切なら過保護はだめだと天崎は言い、千は納得しみっくんを認め、ほのかの好きにさせると言います(恋人として連れてきた場合は別)。

 

ちなみに、みっくんは美久(みく)ちゃんと呼ばれる女の子です。

第6話 10円と伊達男

夜の22時17分、枠惑町では月見怪人ハウルウルフがレート1ヒーロー・レンガマンを倒しています。

 

遊びがいがないと言うハウルウルフの後ろから、何者かが「ならそのゲームのレベル…俺が「1つ」上げてやるよ」と言い、月をバックに変身します。

 

次の日、バルーンアートの内職をしている千と天崎は「特別警戒指定都市」の話をしています。

 

特別警戒指定都市とは怪人災害の発生が多い都市のことを言います。

 

枠惑町では怪人出現率が多くなり特別警戒指定都市に選ばれました。

 

結果、枠惑町では民間からレート10ヒーローが派遣されます。

 

レート10が駐在すれば、交番においてある拳銃が全部ショットガンになるくらいの頼もしさらしいです。

 

朝のホームルームが始まり、転校生が来るそうです。

 

転校生は、教壇の前に立ち、突然ヒーローに変身しながら、自己紹介をします。

 

名前は、威借刃(いかり じん)であり、枠惑町に派遣されたレート10のヒーローであり「エッジマン」と呼ばれるそうです。

 

教室ではその姿に絶句し、先生からは変身するなと叱られます。

 

千はエッチマンと名前を勘違いし、刃は訂正します。

 

14歳にしてレート10ヒーローになったと言われている刃は、天崎の姿を見て一目ぼれします。

 

刃はときめきが止まらなく、天崎に話しかけようと2文字だけ喋って「却下」と断られます。

 

天崎は男に人気はあるらしいです。

 

しかし、天崎は男子とほぼ口を利かず、唯一相手をする男は千です。

 

千と天崎の仲がいい姿を見た刃は、千に対抗意識を燃やします。

 

場所は変わり、秘書らしき女性がエッジマンに連絡していますが応答しません。

 

会長と呼ばれる老人は、連絡不能になった刃に困っています。

 

本来は、凶悪な怪人を逃さないため、本来は何人かヒーローを派遣するつもりだったようです。

 

机に置いてあり資料には、「ヒーロー狩り」と呼ばれる文字が。

第7話 狩人と標的

「ヒーロー狩り」は枠惑町に潜んでいると情報がありヒーロー23名が消息を絶っています。

 

エッジマン一人で大丈夫かと、心配する秘書。

 

ヒーロー組織「シャインクリークス」会長も刃だけでは勝てないかもと言いますが、未来のためにヒーロー育てなければと考え、しばらく威借刃に枠惑町を任せます。

 

一方、刃はにやけながら天崎についていきます。

 

本来は千が天崎と変える予定だったらしいですが、刃の策略により千は偽のスーパーを永遠に探しています。

 

刃は天崎に、千のことをどう思っているかを尋ねています。

 

刃は天崎に惚れたことを正直に話し、千よりも天崎のことをもっと知りたいと言います。

 

天崎は「それは無理だ」と言い、千は天崎自身よりも自分のことを知っているそうです。

 

それを尋ねようとする刃ですが、目的地につきます。

 

そこには怪人とヒーローが戦った跡があり、天崎は壁や地面の破壊の痕跡から、一方的な虐殺で、少なくとも3人のヒーローがやられていると推測しています。

 

刃はたった一目でそれを見抜いた天崎に驚きます。

 

隅に怪我をした男性ヒーローが現れ、刃たちの元へ向かいますが上から瓦礫が落ちてきます。

 

エッジマンは瓦礫を切り裂き、男性ヒーローを助けます。

 

その後、男性ヒーローから事情徴収をし、サソリの怪人がその場にいたヒーローを倒し生き残らされたと語ります。

 

サソリの怪人に「お前より強いヒーローを連れてこい」と言ったとき、男性ヒーローの体に毒が周りました。

 

「ヒーロー狩り」の仕業だと刃は判断し、男性ヒーローに案内してくれと頼みます。

 

そのころ千は道行く老婆の手伝いをしていました。(10円ねだりながら)

 

第8話 星と発覚

千は、刃から渡された偽の地図をもらい、あるはずもないスーパーを未だに探しています。

 

途中で卵の詰め放題が別のスーパーで行われているので、千はおばちゃんたちと卵を得るために戦いに入ります。

 

そのころ、刃と天崎は男性ヒーローからサソリ怪人が潜んでいる場所へ案内されています。

 

刃は一人で怪人を倒すと言い、天崎にかっこつけますが、全く聞いてません。

 

中に入った二人ですが、誰もいません。

 

天崎は箱を見つけ、開けてみると大量の変身ベルトがコレクションされていました。

 

こういうことする怪人は多いのかと刃に聞く天崎。

 

刃はかなり珍しいと言い、怪人の目的は「星」と言います。

 

ヒーローが手に負えないと判断したときにベルトから射出されるマーカーが「星」と呼ばれ、レベルに応じて色が変わります。

 

レート1が黒、レート10が白、レート100が赤と判別され、怪人は強さの証として星を集めています。

 

また、ヒーローを殺す怪人のことをヒーロー狩りと呼ばれます。

 

壊れた変身ベルトを見て、まだ血液が渇いてない物を見ています。

 

男性ヒーローのベルトが渇いているのに気づき、後ろに気を付けるように刃にいいます。

 

しかし、刃は怪人の不意打ちを受けてしまい、毒を注入されました。

 

さっき、助けたはずの男性ヒーローは、サソリのしっぽが生えている「ヒーロー狩り」でした。

 

「ヒーロー狩り」は刃にレート10の星を渡すように要求します。

 

ここで1000円ヒーロー1巻は終わりです。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事