マダムプティ最終回結末ネタバレ【漫画完結11巻】その後の最後は?万里子とニーラムは結ばれて結婚するのか?

おすすめスマホアプリ

 

「別冊花とゆめ」に連載されていた人気少女マンガマダムプティ

 

今回は、そんな『マダムプティ』の最終回・結末はどうなったのか?について分かりやすく簡潔にまとめていきます!

 

また『マダムプティ』を全巻無料で読みたい!という方に『マダムプティ』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

 

最終回のネタバレの前に『マダムプティ』を全巻無料で読む方法です。

『マダムプティ』は漫画アプリ『マンガPark』で読める

『マダムプティ』はこちらの白泉社が運営する漫画アプリマンガParkにて全巻無料で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』は、大手出版社の白泉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

安心安全に、そしてタダで『マダムプティ』を1巻から最終11巻まで読破したい方は『マンガPark』を使う方法がベストです。

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

漫画アプリに関して言うと、集英社が運営する少女マンガに特化した漫画アプリマンガMeeやスクウェア・エニックスが運営するマンガUP!も特にオススメです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 恋を知らない僕たちは
  • ハニーレモンソーダ
  • 古屋先生は杏ちゃんのモノ
  • みにあまる彼氏
  • テリトリーMの住人
  • 美食探偵 明智五郎
  • これは経費で落ちません!
  • 素敵な彼氏
  • 流れ星レンズ
  • 好きって言わせる方法
  • うそつきリリィ
  • アシガール
  • ひるなかの流星
  • ケダモノ彼氏
  • きらめきのライオンボーイ
  • 青空エール
  • アオハライド
  • きょうは会社休みます
  • 虹色デイズ
  • 君に届け
  • ダメな私に恋してください
  • 銀魂
  • ちびまる子ちゃん

などなど…

 

『マンガUP!』で無料で読める主な作品一覧
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガPark』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マダムプティ』ってどんな話?あらすじ紹介!

主人公・万里子(まりこ)は亡き父の借金の返済と引き換えに三十も年上の青山 俊(あおやま しゅん)と結婚することになります。

 

しかし新婚旅行中の列車で俊が遺体となって発見され、突如未亡人となってしまいます。

 

実はそれは、俊とその友人たちの偽装で本当は死んでおらず想い人と共に生きるために駆け落ちしたのです

 

その後、万里子は列車で一緒だったニーラムと行動を共にし、次第に親しくなっていきます。

 

実はニーラムの正体はインドの藩王国の第二王子であり、旅の目的は母親を殺した異母兄パドマを殺すことだと判明します。

 

そして万里子はインドの王子達の復讐劇に巻き込まれていくことになるのです。

『マダムプティ』主な登場人物紹介!

青山 万里子(あおやま まりこ)

 

純粋で少々お転婆なところもある十六歳の少女。特技は乗馬で語学が非常に堪能です。

 

家の借金と引き換えに俊の妻になりますが新婚旅行中の列車で夫が死亡し、未亡人になります。

 

しっかりしていて情に厚く、ニーラムのことを最初は気に食わないと思っていましたが行動を共にするうちに次第に惹かれていきます。

ニーラム

 

俊の仕事仲間エドワードの手伝いをしているインドの青年。後にその正体は西インドの藩王国の第二王子であることが判明します。

 

異母兄弟であるパドマに母を殺され、その復讐を果たすことが旅の目的です。

 

当初は旅の連れに丁度いいと思い万里子と行動を共にしていましたが、自身を理解しようとする万里子に惹かれていきます。

パドマ

 

藩王国の第一王子。実母クリシュナの手で阿片漬けにされてしまいます。

 

麻薬で支配しようとする母を恐れ殺害することを決意しますが、誤ってニーラムの生母マヤを殺害してしまい故国を出奔します。

青山 俊(あおやま しゅん)

 

三十年上の万里子の夫で実業家。新婚旅行中に遺体で発見されます。

 

しかしそれは友人達と計画していた偽造であり、全てを捨てて異国の想い人と駆け落ちしました。

エドワード・ペイトン

俊の仕事仲間。

 

後に万里子はエドワードの元に身を寄せて共にアメリカへと渡ります。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マダムプティ』最終回までのおさらい!

育んだ愛と王宮の闇

異母兄パドマの母殺しの真相を知ったニーラムは仇を打つことを諦め、パドマの汚名を晴らすためにもインドに帰り諸悪の根源・クリシュナを処断する決心をします。

 

一方、ニーラムを好きだと気づいた万里子は男装してニーラムの友人として王宮に足を踏み入れます。

 

そしてクリシュナが支配する王宮の闇に直面していきます。

王座か愛か——王子・ニーラムの決断

ニーラムは王族として選択を迫られます。

 

クリシュナを王宮から追放するには王にならなければ、万里子との愛をとるのなら王の座を捨てなければなりません。

 

また、王となればニーラムは複数の姫君と結婚する義務があります。しかし自分以外を愛することを許容できない万里子は泣き出してしまいニーラムの心は揺らぎます。

 

王座かたったひとりとの愛か——。

 

「私は王となり、あなたをこの王国から追放する」

 

クリシュナを呼び出したニーラムはそう宣言します。それは愛を捨て王座につくということです。

クリシュナ王妃が遺した密約の証

ついに捕らえられた王妃クリシュナ。しかし自身の侍女によって毒を盛られてしまいます。

 

崩れ落ちる間際にクリシュナが遺したのは、英国大使と藩国宰相との間に交わされた裏取引の証拠でした。

 

3人は密約の証拠をそれぞれが持つことで裏切りを防ぐ楔(くさび)としていて、宰相のサインが記された証拠を手に入れれば大きな攻め手となります。

 

英国大使の妻リタの日傘にその証拠が隠されていることがわかりますが、リタはその日傘を譲るのにある条件を出します。

 

それは俊が万里子に遺した指輪との交換。万里子はその条件をのみ指輪を差し出します。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マダムプティ』最終回結末ネタバレ!その後の最後はどうなった?

愛の証を残すために

英国大使と宰相にたくらみの証拠を突きつけることで事件は一件落着し、クリシュナは塔から身を投げます。

 

しかしニーラムは万里子の行動を許せず、例え自身のためだとしても万里子が犠牲になることを喜びません。

 

しかし万里子も決してニーラムのためだけに大事な指輪を手放したのではありません。

 

それはもうすぐ王となるニーラムの力になりたい、自分の愛を彼の心に残したい一心でした。

 

『私のため 私の示した——愛——はすべて私のためにしたことだった』

 

そのことに気づいた万里子は空をあおぎ涙します。

秘密のデートで伝える決意

ニーラムは自分が藩王国の王子だと知られていない遠くの町へと万里子を連れ出します。

 

そして万里子の自己犠牲をきつく責めすぎたことを謝ります。

 

二人きりの時間を過ごし、ニーラムは後宮を持たないことを宣言すると万里子に告げます。

 

パドマの生まれたばかりの新王子が成長するまではニーラムが中継ぎをし、新王子を跡目に据えて自身は後継者(子)を作らないと言うのです。

 

いかに万里子の人柄を側近たちが認めようと日本人であるという一点で王宮にとって異質です。しかしニーラムは万里子を手放すことが出来ません。

 

ニーラムの気持ちを知った万里子はそれが困難であることを承知の上で、自分からは決して彼を手離さない決心をします。

王宮の混乱・忍び寄る影

突然のニーラムの宣言に王宮は混乱します。

 

王子に取り入った異国の女がいることが噂になり、万里子のことを‟売女”だと罵る者もいます。

 

また王宮内のクリシュナ妃または宰相の処断に不満を持つ残党が動くことも懸念され油断ならない状態です。

 

そんななか万里子はパドマの子を産んだばかりのミーナのお見舞いに行き、ニーラムの許嫁タラ姫が明日王宮を去ることを知ります。

 

罪人であるクリシュナが進めた縁組だった彼女は、今回の事件で穢れを背負ってしまい今後の縁談は望めない立場になっていました

 

他者の陰謀で人の幸福が左右されることがあってはならないと万里子はニーラムに直談判し、一緒に助ける方法を考えてほしいと訴えます。

 

そんな時、背後に潜んでいた宰相の配下による銃弾がニーラムを襲います。

 

銃弾に倒れたもののニーラムに出血は見られません。いつぞやの万里子の髪が入ったシガレットケースがニーラムを守っていたのです。

 

ニーラムの配下が駆け寄り一件落着かと思いきや、今度はタラ姫の侍女が万里子を突き落とそうとします。

 

咄嗟に庇ったニーラムはワニのいる池へ落ち、万里子は助けるために躊躇なく池に飛び込みます。

 

池から這い上がってもニーラムを離そうとしない姿に、従者たちは少年だと思っていた万里子が王子の想い人であると察します。

 

この事件をきっかけに王宮内の万里子の立場も見直されはじめ、ニーラムの付き人・バラッドもついに万里子のことを認めます。

 

しかし肝心なのは人心の理解を得られるか、それは王宮だけでなく藩国民に対してです。

 

そこでバラッドがある一つの提案をします。

二人が添い遂げるための条件

「あなた方は離れていても互いへの想いを立てることが出来ますか?」

 

バラッドの提案、それは十年間会わないというもの。

 

ニーラムと万里子が添い遂げるには、ニーラムが暫定的に王位を継承しパドマの息子が相応しい年齢になるまで王としての務めを果たす必要があります。

 

そして新王に譲位する時にはニーラムが万里子を娶ったとしても咎める者はそう多くないというのです。

 

万里子が側にいなければと顔を歪ませるニーラムの手を取り、二人は王宮からの景色を眺めます。

 

王宮に来てから恐ろしいことが沢山ありましたが、どんな時だってこの国の景色は美しく、かつての万里子の言葉を思い出します。

 

本当の景色を見たことがある?大切な人と見ればどんな所にも 肉体の温度が宿るの——その美しさを

 

それは心が引き裂かれそうに辛い、この瞬間でさえも。

ニーラムが残した変わらぬ愛の証

十日後の船でフランスへ戻ることにした万里子は、顔を隠し泣きながら言います。

 

「朝まで私を離さないでいてくれる?」

 

涙する万里子にニーラムは「勿論 離さない…」とキスをして抱きしめます。

 

身も心も結ばれた万里子が目を覚ますとシーツ一面に美しい花が広がっていました。それはニーラムが手ずから摘んだもの。

 

そして自分と彼の手首に揃いのブレスレットがはめられていることに気づきます。

 

そして別れの時がやってきます。

 

船の上で万里子は新王の婚約を報じる記事を目にし、ニーラムが王家の婚約の際に用いる国宝を腕に国民の前に姿を現したというのです。

 

その対のブレスレットは万里子の腕に、その時に初めて彼からの贈り物が国宝であることを知ります。

 

ニーラムの覚悟と想いの強さを受け取った万里子は、時計が嵐のような速さで回ることを泣きながら願います。

そして十年後——二人は

そして十年後1940年・春。万里子はエドワードの所に身を寄せアメリカへと渡っていました。

 

その頃欧州は戦争へと深く足を踏み込み、ニーラムからの手紙もなかなか届きません。

 

エドワードは「走って行ったっていいんだよ?」と言いますが、大人になった万里子は従順にそして臆病になっていました。

 

戦火は世界中に広がりその火中にある英国の同盟国たるインドにも出軍の要請があります。あのニーラムが国民を戦地に送りながら大人しくしているはずがありません。

 

紛争の危惧が高まる国境警備の任につくと言い、エドワードは背中を押します

 

「——走れ 万里子!!」そこには万里子を迎えにきたニーラムの姿がありました。

 

二人は十年越しの再会を果たします。

 

万里子はもう離れたくない一心で駐屯地にまでついていき、これからはずっと一緒です。

 

世界は戦争の影が色濃くなっていきますが、隣には愛する人がいてお互いの笑顔を見ていられる幸せ。

 

そして二人の旅は続きます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マダムプティ』最終回世間の反応や評判は?

まとめ

十年後も変わらぬ想いを持ち続けた二人の感動のフィナーレ。

 

最後まで怒涛の展開続きで目が離せず、心理描写がとても丁寧で作品の中に引き込まれました。

 

幸せになってよかったと心から思える二人でした。

 

インドの王子様と大和撫子の恋物語。是非お手に取ってみてください。

おすすめ記事