あそびあそばせを全巻無料で読む方法を紹介!漫画アプリで最新10巻までタダ?zip,rarは危険|表紙詐欺と話題のギャグマンガ!

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『あそびあそばせ』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。 

結論!『あそびあそばせ』は漫画アプリ『マンガPark』で読める

いきなり、結論です。

 

『あそびあそばせ』はこちらの白泉社が運営する漫画アプリマンガParkにて無料で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』は、大手出版社の白泉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガPark 』では『あそびあそばせ』1巻から9巻に収録されているすべてのエピソードを無料で配信してくれています。

 

仮に書店や有料電子書籍で『あそびあそばせ』を1巻から9巻までそろえた場合、5,940の支払いが必要になってきます。

1冊660円×9冊=5,940円

5,940円は、普通に大金です。

 

安心安全に、そしてタダで『あそびあそばせ』を9巻まで読破したい方は『マンガPark』を使う方法が最もお得です。

 

ここまでのまとめ
  • 『あそびあそばせ』は漫画アプリ『マンガPark』にて9巻まで無料で読める
  • 『マンガPark』は白泉社が運営する漫画アプリなので安心安全
  • マンガPark』をダウンロードする際にも一切お金はかからない

以上がここまでのまとめです。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

また小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガMee』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『あそびあそばせ』最新10巻をお得に読む方法は?

先ほどもご説明した通り『あそびあそばせ』第1巻から第9巻までは、漫画アプリ『マンガPark』で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

しかし最新巻である『あそびあそばせ』第10巻は読むことはできません。(2020年10月現在)

 

そこでオススメするのが、U-NEXTの「31日間無料体験」です。

 

以下のリンクから「U-NEXT31日間無料体験」に申し込むと今なら漫画の購入に使える600円分のポイントがタダで貰えます

 

この600円分のポイントを使うことで、1冊660円の『あそびあそばせ』最新10巻を完全無料ではありませんがたったの60円で購入することができます。

 

また1冊600円以下の462円で購入できる『ONE PIECE』や『進撃の巨人』『鬼滅の刃』などの漫画もタダで購入することも可能です!

 

いつ600円分のポイントが貰えるキャンペーンが終わるか分からないのでお早めにどうぞ

 

👇こちらの記事では実際に無料体験登録時に付与された600円分のポイントを使ってタダで漫画を購入した方法を画像付きで解説しています。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

U-NEXTへの登録方法についても詳しく説明しているので、U-NEXTへの無料体験をご検討している方は、ぜひ一読ください。

 

また2018年から放送されたアニメ『あそびあそばせ』もこのように👇無料で視聴することができます。

 

無料トライアル31日間内に解約すればお金は一切かからないので、気軽に無料体験してみてくださいね。

 

次に『マンガPark』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

『マンガPark』では1日に読めるマンガの話数に制限があります。分かりやすく説明しているので、読み進めてください。 

1日に読める話数に制限があると言っても毎日、かなり多くのマンガを読み進めていくことができるシステムですので、満足して頂けるハズです。

『マンガPark』の基本的な使い方

『マンガPark』に掲載されているマンガを無料で読むには、アプリ内アイテムである『FREEコインボーナスコインを活用することになります。

 

(左がFREEコイン、右がボーナスコイン)

 

簡潔に言うと『FREEコイン』『ボーナスコイン』などを使うことで、1日1作品において、13話分以上のマンガを無料で読むことが可能です。

 

要するに1日に最低でも単行本1冊分に値する量のマンガを『マンガPark』にてタダで楽しむことができるということです。(かなり大盤振る舞い!)

 

『あそびあそばせ』も例外なく1日に13話分以上の話数を読み進めることができます。(もちろんタダで)

 

以下では『マンガPark』で使うアプリ内アイテム『FREEコイン』『ボーナスコイン』のそれぞれの使い方、取得方法を詳しく説明していきます。

 

※2分程度で読めるので、かるく目を通しておいてください。

『マンガPark』のFREEコインとは?取得方法と使い方を解説

FREEコインとは?
  • FREEコインとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝6時、夜9時に120FREEコインずつ配布される(1日に計240FREEコイン)
  • 30FREEコイン消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単なFREEコインの取得方法と使い方の説明です。

 

1話につき30FREEコインが消費されるということは、

1日に配布される240FREEコイン÷1話につき消費される30FREEコイン=8話分

つまり毎日、配布される計240FREEコインを使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムがFREEコインです。

 

但し1点だけ注意があり、FREEコインを120以上貯めこむことは出来ません

 

朝6時に120FREEコインが配布され、その120FREEコインを使わずに夜9時を迎えたとしても新たに120FREEコインが加算されることはありませんので注意が必要です。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

『マンガPark』のボーナスコインとは?取得方法と使い方を解説

MP+(マンガポイントプラス)とは?
  • ボーナスコインとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • FREEコインがなくなってしまった場合でもボーナスコインを使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガPark』新規ダウンロード特典で900ボーナスコイン(30話分)が付与される
  • 毎日、短い広告動画を見るだけで30ボーナスコイン(1話分)が付与される(1日に2回このシステムが使える)

以上が簡単なボーナスコインの取得方法と使い方の説明です。

 

👇下の画像のように『マンガPark』新規ダウンロード特典では、900ボーナスコイン30話分)が無料配布されます。

 

そして毎日、短い広告動画を視聴することで30ボーナスコイン1話分を取得することが出来ます。

毎日0時と12時の2回、広告動画を見てボーナスコインを獲得できます。つまり毎日、60ボーナスコインを取得できるということです。

短い広告動画の見方は、アプリを起動すると画面右下にピンク色のプレゼントマークが出てくるので、それをタップします。

するとCMを見てコインをGETというボタンが表示されるので、タップして短い広告動画を視聴します。(広告を見ずに流してるだけでもOK!)

たったこれだけの労力で、30ボーナスコイン(マンガ1話分)が手に入ります。

 

やらない手はありませんよね(^^)/

短い広告を見てボーナスコインを獲得できるシステムは毎日、夜0時と昼12時に回復します。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

『FREEコイン』『ボーナスコイン』以外で1日3話分のマンガを読む方法

先ほど紹介した『FREEコイン』『ボーナスコイン』が0ポイントになってしまった場合でも1日に3話分のマンガを無料で読むアプリ内システムがあります。

 

その仕組みがコチラ。

 

読みたい”話(はなし)”のページへ飛ぶと、「CMを見て無料で読むと表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで新たに1話分のマンガを無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • FREEコインを利用して1日8話分のマンガを無料で読む
  • 新規ダウンロード特典で貰える900ボーナスコインを利用して30話分のマンガを無料で読む
  • 毎日、獲得できる60ボーナスコインを利用して2話分のマンガを無料で読む
  • FREEコイン、ボーナスコインがなくなった場合でも、短い広告動画を最大3本見て、毎日3話分のマンガを無料で読む

以上の事から『マンガPark』は、1つの作品において、1日に最低でも13話分以上ののマンガを無料で読むことのできるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります!

 

ぜひ、この機会に遠慮なく無料で読ませていただきましょう!!(^^)/

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『あそびあそばせ』の世間の評価は?

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『あそびあそばせ』登場人物紹介!

本田華子

華子は、『あそびあそばせ』の中心となる、「遊び人研究会」の一人です。

 

中学二年生で、腰まで届く長い髪の二つ結びが特徴的です。

 

英語のテストではケアレスミスをしつつも高得点を取ったり、ソフトテニスが得意だったりと、意外と優等生。

 

しかし……華子は、リア充に並々ならぬ執着心を持っています。

 

「遊び人研究会」を立ち上げたのも、リア充への妬みが原因でした。

 

そんな、ちょっと残念な華子は、その素朴な見た目から想像できないほどの顔芸を作中何度も見せてくれます。

 

文字では言い表せない、衝撃的な表情をぜひ漫画で見てみてください!

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

オリヴィア

オリヴィアは、華子のクラスにやってきた転校生です。

 

ウェーブのかかった長い金髪と碧眼に、カタコトの日本語が特徴的……

 

と思いきや、両親は外国人ですが、本人は生粋の日本生まれ日本育ち

 

なので、英語は全く話せないのです

 

ここだけでも充分インパクトのあるキャラクターですね。

 

そしてもう一つポイントが。

 

金髪のウェーブヘアが特徴的なオリヴィアですが、実は毎回髪型が違っています!

 

女子中学生らしいキュートなヘアスタイルもチェックしてみてください。

野村香純

香純は、華子、オリヴィアと同じクラスの女の子です。

 

ボブカットの黒髪と眼鏡という外見に、放課後に本を読むなど、物静かな印象を与えるキャラクターです。

 

しかし、実は英語が壊滅的にできないのです……。

 

英語が出来ずに悩んでいるところに、アメリカ人(?)のオリヴィアがやってきたため、英語を教えてもらおうと彼女に近づきます。

 

最初はクールな印象だった香純が、次第に二人と打ち解けていく様子がいじらしいです。

 

華子が「顔芸」なら、香純は「体」が特徴的と言えます。

 

何とも形容しがたい姿をたびたび見せるのですが、香純のイメージが変わること間違いなしです。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『あそびあそばせ』見どころ紹介!

見どころ①等身大の少女たち

『あそびあそばせ』の魅力は何といっても、キャラクターたちの等身大感です。

 

主人公たちは中学生なので、普通に授業を受けたり、休み時間に話をしたり、放課後に部活動をしたり。

 

基本的には、誰もが経験したような学校生活を過ごしています。

 

まずは、第一話。

 

オリヴィアと華子は、「あっちむいてホイ」で遊んでいます。

 

「あっちむいてホイ」をしたことがない人って、なかなかいないのではないでしょうか。(オリヴィアの特別ルールは置いておいて)

 

また、別の回ではすごろくや手押し相撲など、これまた簡単な遊びを楽しんでいます。

 

また、お化粧に憧れたり、自分の胸の大きさを気にしたりと、思春期ならではの感情を抱くことも。

 

華子、オリヴィア、香純はそれぞれタイプの異なる少女ですが、遊びを通じて仲が良くなっていきます。

 

ただ仲良しなだけではなく、時にはうんざりしたり、引いたりするのも子供らしさがありますよね。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

見どころ②主人公たちも、そうじゃないキャラも。魅力的なキャラクターたち

『あそびあそばせ』の魅力は、キャラクターのぶっとび具合です。

 

メインの華子、オリヴィア、香純は、前述したとおり普通の女子中学生なのですが、やはり二次元のキャラクター。

 

かわいらしくデフォルメされている……はずなのです。

 

ところが、3人にはそれぞれ、第一印象からは分からないギャップがあります。

 

まず華子は、見た目はいかにも純朴な女の子です。

 

テスト勉強を頑張っていたり、ソフトテニスも得意だったり、学業を一生懸命頑張っている印象です。

 

しかし華子は、リア充に憧れるあまり、思考回路がちょっと残念。

 

リア充になりたいのになれない嫉妬から、リア充を目の敵にしています。

 

また、華子は主人公3人の中でもリアクション担当といえます。

 

(この点については、後述します。)

 

オリヴィアは、金髪碧眼と、見た目は完全に外国人。日本語もカタコトで、アメリカ帰りを名乗っています。

 

しかし、両親はともに外国人なのですが、オリヴィアは日本生まれの日本育ち。

 

英語は全く話せません。(それどころか国語の点数のほうが良いのです)

 

つい出来心でつけてしまったアメリカ帰りの転校生設定がオリヴィアを苦しめるエピソードも。

 

香純は、物語の最初、華子とも話したことがないほど、大人しいキャラです。

 

いつも教室では本を読んでいて、いかにも優等生といった風貌です。

 

香純は最初、あっちむいてホイで騒いでいるオリヴィアと華子にも冷たく接していました。

 

そんな香純がなぜ二人と仲良くなったのか……

 

実は香純は、英語が全くできませんでした。(1点とか2点のレベルです)

 

そこで、オリヴィアに近づけば英語ができるようになるはずだと思ったのです。

 

しかし、前述のとおりオリヴィアは英語ができないので、遊んでばかりになってしまいます……。

 

次第に二人との仲を深め、しまいには英語そっちのけで遊びそのものを楽しんでしまう、そんなキャラクターです。

 

と、主人公3人にも特徴が多いのですが、サブキャラクターも負けず劣らずの存在感を放っています。

 

例えば、生徒会長。

 

自分を変えようと生徒会長に立候補したものの、選挙スピーチで上手く話せず、気落ちしていました。

 

ところが、その応援演説があまりにも怖かったことで、見事生徒会長の座を射止めます。

 

三つ編みに丸メガネと、一見大人しそうな風貌ですが、時折見せるラスボス感に、3人がひやひやする場面も。

 

また、華子たちの学年で一番かわいいと言われている青空つぐみという生徒。

 

当初はオリヴィアが目撃した彼女らしき人物の話から、「男性ではないか」という疑惑を持たれていました。

 

その時は上手くはぐらかされてしまいますが、果たして女の子なのか、男の子なのか、謎めいているキャラクターです。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

見どころ③かわいらしい絵柄なのに……次々と顔面崩壊する主人公たち

『あそびあそばせ』の絵は、表紙からも分かるように、デフォルメされた女の子のかわいらしさが特徴です。

 

しかし、涼川りん先生の凄まじい画力により、美少女日常マンガとは思えない姿にさせられてしまいます……。

 

華子は、3人の中で最もリアクションが激しいのですが、中でも「顔」はほとんど別人と呼べるほど変わっていることも(オリヴィアに「ダリの時計みたい」と評された表情が特にいい味を出しています)。

 

オリヴィアや香純も、「遊び」がヒートアップするうちに、絶叫したり悶絶したりと全力のリアクションを見せてくれます。

 

そもそも「遊び」自体が普通のもののはずなのに、どんどんおかしな方向に転がっていってしまうのです。

 

お化粧道具で遊んでいたはずが、なぜか殴られたような顔になってしまい、先生に誤解されたり、カフェで勉強会をしていたら、ペン回しに夢中になってお店が燃えてしまったり……。

 

とにかくどの話も急展開。

 

キャラクター一人一人が濃すぎるゆえに、普通ではなくなってしまうのです。

 

SNSでは、この作風を「表紙詐欺」と言われたこともあるほどです。

 

ありがちな美少女日常系モノだと思っていたら全然違っていた……そう気づくころには、きっと『あそびあそばせ』を読む手が止まらなくなっていることでしょう。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『あそびあそばせ』序盤あらすじ紹介!

第1話 等価交換

放課後の教室。

 

メガネに黒髪の少女、香純が本を読んでいます。

 

香純は昔のことを思い出していました。

 

香純には姉がいて、ゲームをして負けては、使い走りをさせられていました。

 

今回も、オセロで敗北してしまったので、香純は暑い中アイスを買いに行かされます。

 

教室では、他の生徒が「あっちむいてホイ」で遊んでいます。

 

(…うるさい…さっきから窓の方にいるあの2人…何をやっているのだろうか…)

 

教室の窓際にいるのは、金髪にウェーブの少女・オリヴィアと、黒髪の長髪をツインテールにした少女・華子です。

 

オリヴィアがじゃんけんに勝利し、華子が首を横に向けます。

 

「アッチムイテ…ホイッ‼」

 

オリヴィアの指は左、華子の首は右を向きます。

 

しかしその瞬間、オリヴィアは華子の頬を平手打ちします。

 

「違う!ルール違う‼何回も言ってるでしょ!指の向きと同じじゃなきゃセーフなの‼」

 

しかし、オリヴィアは首を傾げ、「日本語分かりませ~ん」のポーズ。

 

「もうやだ案内役おりる‼」

 

「メリケンカラノ転校生見捨テナイデクダサ~イ」

 

オリヴィアはこの日やってきた転校生で、華子は隣の席だったことから、案内役を頼まれていたのでした。

 

しかし、オリヴィアの態度に華子はうんざりしているようで、二人は言い合いを始めました。

 

本を読んでいる香純は次第にイライラしてきたので、「うるさいです」と声を掛けます。

 

「ダレ?」とオリヴィアが尋ねますが、華子もあまり話したことがないようです。

 

オリヴィアは面白いものを見つけた、という様子で、香純に話しかけに行きました。

 

「一緒ニアッチムイテホイシマショ?」

 

しつこく香純に誘いをかけますが、香純は相手にしていません。

 

これからもオモチャにされることを危惧した華子は、「一回だけでいいから」と香純にお願いしました。

 

オリヴィアは既にビンタする気満々です。

 

じゃんけんをして、オリヴィアが勝利しました。

 

意気揚々と平手を大振りしますが、身を逸らした香純の胸に当たり、大きく揺れました。

 

オリヴィアと華子に気まずい空気が流れます。

 

静かな表情の香純が二回戦を挑みます。

 

オリヴィアは身震いしながら、パーを出して負けてしまいました。

 

香純が示したのは左、オリヴィアも左を向いてしまいます。

 

すぐさま、香純の指がオリヴィアの鼻にぶちこまれます!

 

「これが本当のあっちむいてほいよ」

 

香純はそう言い残して教室を後にしました。

 

オリヴィアと華子は呆然としています。

 

その後、香純が職員室から出てきました。

 

オリヴィアが華子を連れまわしていると、それに遭遇します。

 

香純は英語のテストを見せました。

 

(えぇ————‼2点⁉)

 

華子が絶句します。

 

香純は英語が極端に苦手だったのです。

 

そのため、オリヴィアに英語を教えてもらおうとします。

 

一方のオリヴィアは冷や汗を流します。

 

オリヴィアはずっと外国人のふりをしていましたが、親が外国人なだけで、日本生まれ日本育ちなのでした。

 

華子がアホそうな顔をしているので、アメリカ人のふりをしてからかっていたのです。

 

そして、英語はまったく話せません……。

 

しかし香純の鬼気迫る態度に、そんなことは言えない雰囲気。

 

「私イマ異文化ノ遊ビニ興味アルンデス~」

 

なので、教えている時間はないと、香純のお願いを断ろうとします。

 

しかし香純も引き下がりません。

 

「でしたら私が遊びを教えます。その代わりに英語教えてくださいね」

 

オリヴィアには逃げ場がなくなってしまったのでした……。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第2話 チープなスリル

とある日の国語の授業。

 

オリヴィアが「枕草子」を音読しています。

 

「春ハァ~アケボ~ノ」

 

あまりにも片言で音読をするので、国語の教師が困惑しています。(何故カタコトなんだ?)

 

その後、オリヴィアは職員室に呼び出されていました。

 

「君は確か日本生まれの日本育ちじゃなかった?」

 

「……はい」

 

オリヴィアは目を逸らして答えます。

 

編入試験では国語で90点、むしろ英語は20点だったのだから、次からは普通に話すようオリヴィアに言います。

 

しかし、オリヴィアにはそんなつもりはない様子。

 

教室に戻ると、華子が先にお弁当を食べていました。

 

オリヴィアもサンドイッチを食べ始めます。

 

するとそこに、香純がやってきました。

 

「英語…教えてください」

 

今はランチだからと断るオリヴィア。

 

しかし遊びを教えると言った香純に圧され、仕方なく付き合うのでした。

 

香純が始めたのは、「開いた手の指の間をペンでトントンと突いていく」ゲームです。

 

「このチープなスリルが中高生の間で大ブームなんですよぉ?」

 

香純はオリヴィアが外国人だと思って、適当なことをいっているようです。

 

乗り気ではなさそうなオリヴィアに、華子が勝負にしたらどうかと提案します。

 

昔を思い出し、少し躊躇う香純。

 

オリヴィアも嫌だと断ろうとしますが、「ビビってる?」と問われ、やることになってしまいました。

 

いざゲームが始まります。

 

香純の表情は真剣そのもの。

 

凄い勢いで1往復終えます。

 

対するオリヴィアも負けてはいられないので、真剣な態度で臨みます。

 

ニコ…と微笑んで見せますが、実は指の間をカスってしまっていました。

 

気づかない華子は、ほとんど差がなく、引き分けだと言います。

 

そこで、「コンパスでやろうよ」と提案しました。

 

焦るオリヴィアに対し、香純は顔色一つ変えません。

 

先ほどと勢いは変わらず、オリヴィアの番が来てしまいました。

 

「大丈夫だって失敗してもせいぜい指からも呼吸できる様になるだけだって」

 

華子は軽い調子です。

 

オリヴィアは決死の表情でドドドド、とコンパスを突き立てていきます。

 

あまりの速さに驚愕する華子と香純。

 

「いや…待て!全然指から離れてる!」

 

こうして、オリヴィアの負けが確定しました。

 

アメリカ人が使う日常会話を教えてほしいという香純。

 

(知らん‼)

 

苦し紛れのオリヴィアが言ったのは、「…ギ…ギブミーチョコレイト…」です。

 

「それは日本人が米兵に使っていた英語じゃないですか」

 

「ア…アメリカ人モチョコ食ベルヨ?」

 

「食べるでしょうが日常的に他人にせがまないでしょ」

 

「毎日他人ニセガムヨ?」

 

オリヴィアは白々しく嘘をつきました。

 

感心する華子に、心からアメリカ人に謝罪するオリヴィア。

 

香純も納得はしていなさそうですが、また次の遊びを探してくる、というのでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第3話 遊び人

華子がテニスコートでラケットを振っています。

 

その巧みさに、顧問は興奮気味。次の日曜の大会も余裕だと言います。

 

しかし、華子がソフトテニス部に入ったのは、別の理由がありました。

 

他の部員が、次の日曜の合コンについて楽しそうに話しています。

 

華子が声をかけると、試合に出る華子の分まで合コンで楽しむ様子。

 

その様子を見て、華子はすっかり意気消沈してしまいました。

 

「先生…私…部活…やめます」

 

華子はそのまま部活を辞めてしまいました。

 

その後、華子はその話をオリヴィアにしていました。

 

机に突っ伏している華子の顔はすっかり力が抜けきっています。

 

華子がソフトテニス部に入ったのは、リア充になるためでした。

 

しかし、リア充は入る前から既にリア充で、華子は全く馴染めなかったのです。

 

話を変えようと、オリヴィアは自分も部活に入りたい、と言います。

 

そこにやってきたのが香純です。

 

「部活…作りませんか?」

 

(また来た‼)

 

香純は英語研究会を作ろうと提案してきました。

 

英語は研究する必要がない、と断ろうとするオリヴィア。

 

しかし、英語以外なら入っても良い、と言います。

 

香純は不満げですが、その提案を飲みました。

 

「私も入りたいなぁ…リア充っぽい名前にしてよ~」

 

「……漫研?」

 

華子の無茶ぶりに香純は答えようとしますが、豹変した華子に胸ぐらを掴まれてしまいます。

 

いかにも遊んでそうな人たちが入ってるやつがいいのだという華子。

 

ダイビングやサーフィンなど、男女が水着で集合写真を撮っているような、そんな雰囲気の部活が良いようです。

 

あまりの豹変ぶりにオリヴィアも困惑しています…。

 

「じゃ…じゃあ…「遊び研究部」とかどうです?」

 

オリヴィアは、負けるたびに英語を教えることになるのでは、と危惧しますが、実は最近のこうした関わり合いが楽しくなってきていました。

 

しかし尚も渋る素振りを見せるオリヴィア。

 

「ここまで譲歩して何が不満なんです?」

 

「オリヴィアさんが何を求めてるのかよくわかりません」

 

そして香純は、指相撲を提案しました。

 

香純が勝てば「あそ研」、オリヴィアが勝てば好きなものにしていいと言います。

 

オリヴィアは既に勝利を確信しています。

 

何といっても、指の長さが違うのです。

 

華子の合図で勝負が始まります。

 

オリヴィアが一気に仕掛けますが、香純の親指はありえない方向に曲がり、困惑します。

 

香純の親指が狙うのはオリヴィアの指の付け根です。

 

オリヴィアもなんとか回避しようとしますが……

 

香純の人差し指がそれを阻止し、がっちりと挟み込まれてしまいました。

 

無慈悲なカウントが始まります。

 

「い…いてて…いててててて……たいたいいいたいっ」

 

(今痛いっていう発音凄い流暢だった…)

 

華子が疑惑の瞳で見つめる中、オリヴィアは負けを認めざるを得ませんでした。

 

「遊び研究会」に入ることになります。

 

すると、またしても華子が提案を持ち掛けます。

 

「遊び人研究会にしようよ」

 

「「人」を入れる必要性は…」

 

香純は乗り気ではなさそうですが、遊び人だと、リア充っぽさが出るのだと華子は主張します。

 

結局、3人は「遊び人研究会」通称「あそ研」を空き教室に作るのでした。

 

遊び人を研究するのって暗そう、と陰口を言われていることを、彼女たちは知りません…。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第4話 暇つぶし

体育館で、生徒会の立候補の演説が行われています。

 

三つ編みの少女が演説をしていますが、どもり、噛み、散々です。

 

既に演説を終えた立候補者は堂々としていて、嫌悪感に陥る彼女。

 

しかし、彼女の応援演説を務める少女が立ち上がります……

 

一方、あそ研を立ち上げたものの、1週間何の変化もなく、退屈そうにしている華子とオリヴィア。

 

空き教室を使っているので、机と椅子以外には何もなく、遊び道具もありません。

 

見かねたオリヴィアはけん玉を差し出します。

 

「おみこし」「ひこうき」「夕陽のガンマン」といった技を次々と決めていく華子。

 

この1週間、けん玉しかしていないためでした…。

 

そこへ、香純が入ってきます。

 

部の申請をするため、職員室へ行っていましたが、取り合ってもらえなかったとのことです。

 

そもそも、華子、オリヴィア、香純の3人だけでは部として成立しないのです。

 

同好会で申請しようにも、生徒会長から難色を示されてしまいました。

 

仕方ない、と肩を落とす華子ですが、香純から、「同好会でも部費1万円もらえる」と聞くや否や、生徒会長の元へ飛んでいきます。

 

オリヴィアは生徒会長のことをよく知りません。

 

聞かれた華子と香純にも、「応援演説」の印象しかありませんでした。

 

生徒会長は、冒頭の三つ編みの少女でした。

 

香純は申請書類を生徒会長に見せます。

 

目を通す生徒会長も、「遊び人研究会」の文字に困惑を隠せません。

 

「何をする部なんです?」

 

「リア充になるための部です‼」

 

「遊ぶ部デ———ス♡」

 

「違います。もっと真面目な部活です。英語を勉強する部です」

 

華子、オリヴィア、香純が次々に訴えかけます。

 

しかし、一方の会長は、

 

(何言ってんだ?こいつ……)

 

(ん?ナメてる?)

 

(「遊び」どこいった?)

 

と辛辣なツッコミを入れています。

 

結局、無碍に断られ、食い下がる3人。

 

香純の表情に、生徒会長は、応援演説をしてくれた少女のことを思い出しています。

 

仕方なく、オセロを取り出す会長。

 

3人は喜んで勝負を受けますが、1戦目のオリヴィア、2戦目の香純と敗北を喫します。

 

この時点で負けなのですが、華子は意気揚々と会長に挑みます。華子が先手です。

 

6×6のオセロですが、華子には必勝法がありました。

 

しかし、すぐに手がなくなり驚愕します。

 

会長は淡々とオセロについて説明しながら、手を進めていきます……。

 

生徒会長に敗北してしまった3人は、部屋を後にしました。

 

「イカニモ会長ッテ感ジダッタネ」と振り返るオリヴィアに、二人は応援演説の話をします。

 

会長の応援演説に立ったのは、長い黒髪が印象的な女子生徒でした。

 

「私…別に…会長の良い所とか…そういうの…言うつもり…ありません…」

 

「彼女に票を入れなかった人は夜道と食事にお気を付け下さい」

 

その表情は、さながら怨霊のようです。

 

あれが決め手だった、と香純たちは言います。

 

そして、そういう経緯ながらも念願叶って生徒会長になれた彼女は、実際は、生徒会の仕事が地味であることに退屈していました。

 

またあの3人が来ないかな、と今後に思いを馳せるのでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第5話 優しい変態

「オーリヴィア!部室行こ!」

 

華子と香純がオリヴィアを誘います。

 

「あ…このプリント職員室に出しに行くから先行ってて」

 

オリヴィアがそう言うと、二人はオリヴィアの日本語の流暢さについて話し始めました。

 

どうやら疑っている様子ではありません。

 

少しずつ上手くならないと、と焦るオリヴィア。

 

オリヴィアがうきうきしながら部室の扉を開くと、華子と香純は水着に着替え、ビニールプールで遊んでいました。

 

暑いからと華子が提案したのです。

 

「部室でプールって色々危なくない?」

 

というオリヴィアにもどこ吹く風。早速オリヴィアにも水着に着替えさせます。

 

3人でプールに入りますが、やはりギチギチ。

 

華子が話を切り出します。

 

海外ブランドのトランクが水に浮くのか気になっているようで、これから試してみたいと言い出します。

 

海外ブランドのトランクなんてない、と香純とオリヴィアが首を振ると、華子は自分が用意する、とどこかへ電話をかけ始めます。

 

「あ!もしもし執事さん?」

 

その姿に、華子が金持ちなのでは、と疑う二人。

 

さて、トランクが届いたので、早速検証を始めます。

 

華子と香純は、ビニールプールから出て浮いているトランクに上半身を預けました。

 

傍から見ているオリヴィアには、プールが浅すぎて浮いているか判別できません。

 

やがて、華子の視線が一点に集中します。

 

香純の胸元です。

 

ぶしつけな視線に頬を染める香純ですが、華子の視線は冷ややかです。

 

ボインが世界の戦争をなくしてくれるの、と皮肉を言います。

 

香純によると、胸が大きいのは遺伝とのこと。

 

それを聞くと、華子は自らビニールプールに頭を突っ込みました。

 

「ボインのお腹から生まれ直すので来世でまた会いましょう」

 

慌ててオリヴィアが引き上げますが、華子は暴れるのを止めません。

 

太れば胸は大きくなる、という香純に、希望を感じる華子。

 

しかし、香純の言う「太る」とは、力士さながらのビジュアルです…。

 

オリヴィアは、自身の母親のスタイルが良いため自信を持っています。

 

気に食わない華子は、「すぐ老けそう」と言ったり、ピザを食べに誘って太らせようとしたり、ボインにかなり執着しています…。

 

やがて、普通にビニールプールで遊び始めた3人。

 

そこへ、以前の国語教師が通りかかります。

 

中から聞こえる楽しそうな声にほっこりしますが、ドアの下から漏れ出てきた謎の液体に愕然とします。

 

廊下から声を掛けられ、固まる3人。

 

「何か漏れてるけど何やって…」

 

3人は水着姿を見られたくないので、どうにか入ってこないように返事をします。

 

得意げな表情の華子。

 

何やら策があるようです。

 

「それオリヴィアちゃんが我慢できなかったやつです!!!」

 

それを聞き、液体が透明なことに疑問を抱く先生。

 

某少年探偵が脳裏にひらめいた彼は、液体に指をつけ、わずかに舐めてみます。

 

「舐めてみたけどただの水っぽくない?」

 

その行動にドン引きする華子たち。

 

先生は、嘘をつかれて悲しい、と言います。

 

素直に謝り、オリヴィアのおしっこではないと正直に打ち明けます。

 

「そっか…」

 

先生はなぜかガッカリした声音です。

 

それでも、誠実に話してくれたことが嬉しい、とその場を立ち去りました。

 

「はい…っ!先生…」

 

素直に頷く華子。なんだか良い話でまとまりそうです。

 

やがて、先生が立ち去り、3人だけが残されます。

 

「あの先生…良い人だね…?」

 

そういうオリヴィアに、「んなわけないじゃん!」と、さっきのはノリを合わせただけだと声を荒らげる華子。

 

香純もその言葉に、我に返ったようでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第6話 友情ゲーム

ある日の授業中。英語のテストが返却されています。

 

香純のテストは…1点。

 

オリヴィアと毎日一緒にいるはずなのに、と香純は驚愕します。

 

でもよく考えると、オリヴィアからは全然英語を教えてもらっていません。

 

それどころか、以前、英語のプリントを解いていた際に華子から教えてもらったときは、露骨にスルーしていました。

 

放課後。

 

華子とオリヴィアは、カードゲーム『男子校☆大戦サードエディション』で遊んでいます。

 

オリヴィアは先ほどルールを教えてもらったばかりで、自分のターンに動くことができません。

 

適当に、攻撃力が高いカードを場に出します。

 

なんとそれは、プレミア付きのカード。

 

華子はオリヴィアに擦り寄ってでも譲ってもらおうとします。

 

二人が戯れていると、香純が声をかけてきました。

 

「え…英語の…」

 

そう切り出すと、オリヴィアがさりげなく目を逸らしたことに気づく香純。

 

今日の英語のテストの点数を尋ねます。

 

「普通だったかな?ケアレスミスで92点」

 

華子の返答に、香純は内心驚きます。そして、オリヴィアに目を向けますが…

 

「フツウダッタカナ?」

 

「ケアレスミスで25点?」

 

涼しい顔をしようとしていますが、華子と香純の疑念は晴れません。

 

華子は、もしかしてヨーロッパ育ちだったのか、と尋ねます。

 

頷きたいけど、もっと面倒なことになりそうだと、はっきり答えられないオリヴィア。

 

「騙してました?」

 

香純が冷たい瞳を向けました。

 

「違う‼騙してたんじゃない‼」

 

オリヴィアの剣幕に怯む香純と華子。オリヴィアは言葉を続けます。

 

「騙してたんじゃなくて…からかってただけ。華子をぉ!!!」

 

華子が愕然としています。

 

英語が話せなかったら、一緒にいたくないのか、と問うオリヴィア。

 

香純はこれまでのことを思い返していました。

 

「そんなこと…ないです…私たち…もう…同じ部活の仲間です…」

 

オリヴィアは香純の言葉に感激し、香純に抱きつきました。

 

それを傍から見ていた華子。

 

「ねえ…それ…私にも聞いて」

 

英語が話せなかったら一緒にいてくれない?と、オリヴィアにもう一度質問をさせます。

 

華子は微笑みます。

 

「私は3話あたりから薄々気付いてたけど一緒にいてあげたよ?」

 

(お…恩着せがましい…‼)

 

そう思いながらも、オリヴィアも香純も、華子に抱き着くのでした。

 

3人はすっかり仲良しになっていたのです。

 

しかし、当の華子の脳内には、別のことがよぎっていました。

 

忘れもしない、出会った最初の日の、オリヴィアのビンタです。

 

「これからもいろんな遊びしようね♪」

 

嬉しそうに言うオリヴィアに、華子は黒い笑みを浮かべるのでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第7話 魔女裁判

ある日のこと。

 

生活指導の先生による、持ち物チェックが行われています。

 

前の席の生徒の化粧品が没収され、ほくそ笑む華子。

 

(馬鹿なリア充達め…)

 

とリア充を馬鹿にしています。

 

今お化粧をすると肌がボロボロになるだけ、30過ぎたら差が出るという持論を脳内で展開させています。

 

背筋を伸ばした華子でしたが…

 

『男子校☆大戦』の本を見つけられ、没収されてしまうのでした。

 

部室で絶叫する華子。

 

生活指導教師に対して恨みが爆発しています。

 

オリヴィアは、鞄を空にし、「全部忘れた」と言い張って難を逃れたようです。

 

香純もまた、図書館で借りた本しかなかったので、スルーされていました。

 

(タイトルが『隠語から英語を学ぼう!』なのですが…)

 

そのまま、華子の提案により、それぞれの所持品の見せあいが始まります。

 

華子はオリヴィアの所持品に、ポーチがあることに気が付きました。

 

「あらあらぁ?これは何でしょう?」

 

華子はオリヴィアを問い詰めます。中身が化粧道具だと知るや否や、オリヴィアの裁判が始まってしまいました。

 

(華子さんはオリヴィアさんが抜け駆けでリア充道具を持っていることに嫉妬してるんだ…)

 

と真相に気づく香純。

 

それは勉学のために持っている、とオリヴィアが言うと、華子は態度を一変し、話を促します。

 

オリヴィア曰く、社会人になったら化粧をしなくてはならないから、学生のうちから勉強しておく必要があるとのことです。

 

華子はすっかり乗せられてしまいました。

 

「決して男受けを狙ったわけじゃないから我々は断じてビッチではない!!!故に華子!義によって化粧致す!!!」

 

華子は自分が化粧をする大義名分が欲しかっただけのようです。

 

オリヴィアの作戦通りでした。

 

そのまま、化粧品を体験することになる華子。

 

しかし、何から手を付けていいのか分かりません。

 

言い出しっぺのオリヴィアも、なんだかんだよくわかっていないようです。

 

姉がいるため、多少は知識がある香純も加わり、華子の顔に化粧を施していきますが…

 

気づいた時には、目のあたりを殴られたようになってしまっていました。

 

「半分メイク」をしてほしい、という華子のため、半分だけ、ほっぺにもチークを入れますが…

 

またしても、殴られたようにしかならない華子。

 

そこで、教室の前を通りかかった生活指導の教師と目が合ってしまいます。

 

華子の顔に驚愕して、教室に飛び込んでくる先生。

 

華子は化粧道具を取られまいと必死に弁解しようとします。

 

しかし、先生は、オリヴィアと香純が華子を殴ったのだと勘違いしていました。

 

自分だけは見逃され、職員室へ連れていかれる2人を見ながら、華子は呆然としていますが、最後には(ラッキー♪)と喜ぶのでした。

第8話 ノンタイトルマッチ

掃除当番の香純は、教室から落としてしまった黒板消しを取りに、外へ出ていました。

 

すると、「ふん!」「ふん!」と奇声が。

 

角から覗いてみると、華子が羽子板を素振りしています。

 

香純は見なかったことにしようと、そのまま教室へ戻りました。

 

部室へ向かうと、そこにはオリヴィア一人。

 

華子の居所を聞かれますが、知らないと嘘をつきました。

 

そこへ、羽子板をそのまま持った華子が現れます。

 

(そのまんま登場した…)

 

げんなりとする香純。

 

華子が持っていたのは、『男子校☆大戦』のたけし様の特注羽子板でした。

 

香純のぶんと、オリヴィアのぶんも持っています。

 

「2人ともこれもって…ソフトテニス部倒しに行こうぜ!」

 

あの鬼気迫る素振りは、このためにあったのです。

 

羽子板はハンデだと説明する華子。

 

意気揚々とテニスコートへ乱入します。

 

華子の姿を見て歓喜する顧問の先生。

 

華子は目の前にリア充がいるから、試合をしに来たのだと説明します。

 

他の部員たちは、「試合とか無理」「汗かきたくない」とかわいく文句を言いました。

 

顧問の先生は、部員が勝てば華子がソフトテニス部に戻ってくる、という条件付きで試合を認めました。

 

「この際なりふり構ってられない目ぇ狙え目ェ!!」

 

と、かなり必死です。

 

試合が始まりました。

 

華子はダイナミックにサーブを繰り出します。

 

…しかし、ボールは、羽子板に取り付けられたたけし様の高い鼻に直撃し、破裂してしまうのでした…。

 

特注で裏も表もたけし様のため、成す術のない華子は、コートを出てしまいます。

 

残されたオリヴィアと香純。

 

香純は物理の知識を活かして、ボールの軌道を読もうとします。

 

が、足を滑らせて点を取られます。運動が苦手なようです。

 

華子がコートに戻ってきました。

 

その頬は涙に濡れています。たけし様の鼻をもいだのです。

 

驚きながらも、じゃあ私も、と自分の羽子板をもぐオリヴィア。

 

香純はキャラクターごと羽子板から取り外していました。

 

あまりの所業に華子が絶叫していると、相手が「試合はできるのか」と尋ねてきます。

 

「あ…当たり前じゃん!今からやっと本気出すし!」

 

しかし、彼女たちの返答は非情なものでした。

 

「じゃあうちらの負けでい———よ♡」

 

「これ以上汗かくとこの後の合コンマジでやばいし——♪」

 

そう言い残し、そそくさと帰ってしまいます。

 

試合に勝って、勝負に負ける華子なのでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第9話 絶対に負けられない戦い

部室で、オリヴィアと華子が「いっせーのーせ」をしています。

 

負けた華子に、ジュースを買いに行かせようとするオリヴィア。

 

それを見ていた香純は、過去の経験から、「そういうのはよくない」と注意します。

 

「私は別に構わないけど…」

 

という華子にも、エスカレートするかも、と声を荒げます。

 

注意されたオリヴィアはすっかり拗ねてしまいました。

 

オリヴィアにはそんなつもりはありませんでしたが、顔を真っ赤にしながらも謝ります。

 

香純もまた、使い走り以外で、オリヴィアのやりたいゲームをやろう、と言いました。

 

途端に幸せそうに笑うオリヴィア。

 

オリヴィアが提案したのは、負けた人が勝った人の腋の臭いを嗅ぐというものでした。

 

オリヴィアの両親の国の風習だと言います。

 

驚愕しながらも、その罰ゲームを取り入れることになり、「いっせーのーせ」が始まります。

 

早速、華子が指の数を当てました。

 

しかし、実は当てた人が罰ゲームをすることになっていたのです。

 

香純の腋の臭いを嗅ぐ華子。

 

「におわなーい!!!」

 

とはしゃいでいます。一方の香純は恥ずかしそうに顔を赤らめています。

 

続いて、オリヴィアの腋の臭いを嗅ぎますが…

 

「アポクリン汗腺!!!」

 

その絶叫と恐怖に染まった表情に、冷や汗を流す香純。

 

激臭を嗅いだ華子は、床に這いつくばり、異様に鼻をこすっています。というより、もぐような動作です。

 

その姿に、香純は家の猫が鼻をもぐ動作は、極限の事態によるものだと気づきました。

 

「く…くさかっ…た…?」

 

おそるおそる尋ねるオリヴィアに、本当のことを言わない華子。

 

そのまま二回戦が始まろうとします。

 

華子と香純は、秘密裏に、自分たちが絶対に罰ゲームを受ける羽目にならないよう提案をします。

 

ゲームは淡々と進んでいきます。

 

オリヴィアが「5」と言いますが、全員ちょうど指を上げてしまい、腋の臭いを嗅がれたくない香純は、ありえない角度に親指を曲げて難を逃れようとします。

 

しかしその後、華子の裏切りにより、香純は罰ゲームをする羽目に。

 

「一回鼻をもぐのも良い社会経験じゃなくて?」

 

高々と手を上げ、嗅がれる準備万端の華子とオリヴィアの姿を見て、後がなくなってしまいました。

 

「2人分のジュース買ってくるのでそれで許してください」

 

香純は華子の薄情さと、オリヴィアの腋の前に屈することにしたのでした。

第10話 操り人形

英語の授業中です。

 

休み時間に食べた飴玉がまだ溶け切らないので、華子は焦っています。

 

(でも…まあ…当たらなければ問題ないか…)

 

そう思っていた矢先、英語教師が華子を当てました。

 

華子は飴を舌の中に入れてモゴモゴ喋りますが、先生は華子のしゃくれた顎に目を向けます。

 

そう思った矢先、ポコンッと飴玉が頬の内側に入ってしまいました!

 

急に出てきたコブに先生もびっくりです。

 

華子はなんとか誤魔化そうと、「ハウマッチ」というタイミングで、もう一度舌の中に戻そうと息を吸い込み…

 

喉に入ってしまいました。

 

奇声を上げる華子。

 

結局、先生に呼び出されてしまうのでした。

 

職員室で、飴のことを注意される華子。

 

しおらしくしていますが、英語教師は内心怯えています。

 

(男の子が怖くて女子校に勤めたけど…女の子も怖い…)

 

そして、女子校に勤めたがゆえに出会いもなく、彼女は未だ独身なのを気にしていたのです。

 

部活に行ってもいいか、と問う華子。

 

先生は「遊び人研究会」という名前を聞き、ハッとします。

 

そんな経緯で、華子は部室に先生を連れてきました。

 

先生は、あそ研の活動内容に興味津々のようです。

 

「あの…ここって遊び人を研究する部活なのよね?」

 

「お…お見合いとかもするの?」

 

先生の問いに、三人は疑問符を浮かべました。

 

「……じゃあ…何するの?」

 

三人は口々に、けん玉や羽子板、いっせーのーせをしている、と答えました。

 

先生の表情から力が失われていきます。

 

(今…露骨にガッカリした‼)

 

香純がお見合いをしたいのか、と聞くと、顔を赤らめながらも頷く先生。

 

その姿に、3人はきゅんとしてしまいます。

 

「でも…今更だともう遅いよね…」

 

そんな先生に、オリヴィアは最高の恋人をゲットしよう、と持ち掛けます。

 

もちろん、合コンにも漕ぎつけられない彼女たちなので、ノープランなのでした。

 

香純は先生のタイプを聞いてみます。

 

しかし、その相手は少女漫画の登場人物。

 

超能力持ちであったり、月から地球を見守っていたりする男の人がタイプのようです。

 

仕方なく、香純がネットを進めます。

 

しかし、先生は最近通販サイトのアカウントを乗っ取られたばかりだと聞き、察した表情をします。

 

すると、華子がツイッターを提案。自分のアカウントを見せてくれます。

 

「ココ・ハナハナ」という名前のアカウントです。プロフィール画像を褒められ、鼻高々の華子。

 

先生もさっそくアカウントを作ります。

 

その時、香純は大事なことに気が付きました。

 

(そういえば先生って確か英語教師…このチャンス…活かさないと…!)

 

そうして、華子に自己紹介欄に一文付け足すことを提案します。

 

プロフィール画像を撮ろう、と華子はあるものを持たせ、ハリウッド女優のように、と指示を出します。

 

あるものとは、「おっぱい独楽」。写真を見て先生は慌ててアカウントを確認してみます。

 

すると、プロフィールに「あそ研の顧問をしている」との旨が。

 

(あれ?あそ研の顧問?)

 

先生は首を傾げます。

 

これで私たちも情報発信ができると喜ぶ香純。

 

(あれ?私のアカウント早速乗っ取られてない?)

 

しかし、頷くしかない雰囲気。

 

先生はこうして、あそ研の操り人形にされてしまうのでした…。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第11話 不法占拠

オリヴィアが本を読んでいます。

 

鳥獣戯画と浮世絵が大好きだというオリヴィアの趣味が渋い、と呟く華子。

 

本の中に、カエルとウサギが取っ組み合いをしているような絵を見つけ、何をしてるのかと問います。

 

相撲ではないか、という香純。

 

「オス同士なのかな…」と答えた華子に、オリヴィアは目を瞬かせました。

 

「何でオスって分かるの?」

 

「え…だって相撲って男しかできないでしょ?」

 

その言葉に、オリヴィアは机に突っ伏して泣き出してしまいます。

 

オリヴィアの将来の夢は、相撲取りだったのです。

 

テレビで見る相撲は、上半身裸だから、女性は映せないと思いこんでいたようです。

 

「女の子はこっそり楽園みたいな場所で上半身裸で相撲取ってるのかと思ってた…」

 

落ち込むオリヴィアに、香純は遊びの相撲を提案します。

 

腕相撲や指相撲、紙相撲、手押し相撲を提案され、3人はさっそく手押し相撲を始めます。

 

まず、香純と華子が見本を見せます。

 

軽く動いて見せる2人。

 

(楽園の戯れっぽくて面白そう!)

 

オリヴィアは手押し相撲に興味津々です。

 

香純と華子が本格的に試合をして見せることになりました。

 

先ほどとは異なり、真剣な2人。

 

掌が激しくぶつかり合います。

 

身体を逸らしたり、バランスを取ったりしている姿を見て、オリヴィアは違和感を抱き始めていました。

 

華子を挑発する香純。

 

乗せられた華子は、大きく振りかぶり、勢い良く香純に手を伸ばしました。

 

しかしそれは罠で、香純は身を逸らします。

 

尚も押そうと手を伸ばす華子に、焦りを感じた香純は、上半身を後ろに倒しました。

 

(香純さん…また…中国雑技団みたいな真似を…‼)

 

華子も負けじと動きを止めます。

 

完全な静止です。

 

手を突き出し、斜めの体勢のまま耐える華子と、中国雑技団のような香純。

 

オリヴィアはもう唖然するほかありません。

 

そこへ、前話の英語教師がやってきました。

 

「無理かも…」

 

と呟いた華子に、諦めちゃ駄目、と声をかける先生。

 

その時、華子のツインテールの毛先が、香純の鼻をくすぐりました。

 

香純は耐え切れずにくしゃみをしてしまい、驚いて後ろに身を逸らした華子の後頭部が、教卓の角に激突します…。

 

プラン、と動かなくなる華子に、しんと静まり返る教室。

 

結果として華子は無事でしたが、オリヴィアは手押し相撲を渋ることになるのでした。

 

一方、生徒会室では、生徒会長と女子生徒が話をしています。

 

新しい部活を作るのです。

 

3階にある空き教室を使うよう指示をする会長に、女子生徒は顔を曇らせました。

 

そこはあそ研が使っている部屋だったのです。

 

初耳だった生徒会長は、眼鏡を光らせ、こう宣言しました。

 

「じゃあ…あそ研の方々には退去して頂きます」

 

あそ研の3人はどうなってしまうのでしょうか?

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事