明日ちゃんのセーラー服を全巻無料で読める方法紹介!漫画アプリでタダ?アニメ化決定!作者・博

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『明日ちゃんのセーラー服』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。 

『明日ちゃんのセーラー服』は漫画アプリ『ヤンジャン!』にて全巻無料で読める?

漫画『明日ちゃんのセーラー服』はこちらの集英社が運営する漫画アプリヤンジャンにて全巻無料読むことができます。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ヤンジャン』は、集英社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『明日ちゃんのセーラー服』を安心安全にそして無料で読みたい方は、『ヤンジャン!』を活用することをオススメします。

 

また『ヤンジャン』では、『明日ちゃんのセーラー服』以外にも

  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • テラフォーマーズ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • リクドウ
  • 金魚妻
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • ハチワンダイバー
  • 群青戦記
  • 嘘喰い
  • 元ヤン
  • ライアーゲーム
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • 久保さんは僕を許さない
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 源君物語
  • シャドーハウス
  • ラジエーションハウス

etc・・・

 

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • 双亡亭壊すべし
  • 妖逆門
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • スプリガン
  • 天使な小生意気
  • め組の大吾
  • お茶にごす
  • 舞妓さんちのまかないさん
  • スプリガン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)
  • MIX
  • クロスゲーム
  • ダンスダンスダンスール
  • チ。地球の運動について
  • アオアシ

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100
  • プロミスシンデレラ
  • チ。地球の運動について

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『ヤンジャン!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

次に『ヤンジャン』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

 

『ヤンジャン』の基本的な使い方

無料で試し読み

漫画アプリ『ヤンジャン』では、多くの人気マンガがすべてではないですが、大方無料で読むことができます。

 

以下の画像のような「無料」と記載されたアイコンが表示されているエピソードは、いつでも時間制限なく無料で読むことができます。

 

 

気になる漫画を見つけたら、まずは、このシステムで無料で1話目を読んでんみてください。

 

「無料」アイコンは、すべての漫画作品の1話~3話程度に表示されています。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

チケットを使って無料で読む

 

 

次にアプリ内アイテムであるチケットを使って1日に1話ずつ漫画を無料で読みましょう。

 

読みたい漫画作品をタップすると、以下の画像のように「無料で読む」と表示されます。

 

ここをタップすることでお好きな漫画作品を1日1話無料で読むことができます。

 

この「チケット」使用後、23時間で「チケットチャージ」が回復し、次のエピソードを無料で読めるようになります。

 

この「チケット」は、各作品ごとに1日に1回使用できるアイテムです。

広告動画を見て1話無料で読む

「チケット」を使用してしまった場合でも、以下の画像の↓「動画を見て無料で読む」をタップし、数十秒の広告動画を視聴することで新たに漫画作品を1話無料で読むことができます。

 

この「動画を見て無料で読む」は、各作品ごと1日1回利用でき、翌日の0時にリセットされ、再び利用することができます。

 

『ヤンジャン』で多くの漫画を無料で読むには、気になる漫画を複数選択し、同時に読み進めることをオススメします。

 

以上のシステムを使うことで1日に2話ずつ漫画作品を読み進めることができるため、ゆっくりでもいいから、タダで読みたい。という方に特にオススメです。

 

私は、1日に読める話数に制限がある方が生活にメリハリがつくので『ヤンジャン』を愛用させてもらっています。

 

何より有名な新作&旧作漫画を合法的に完全無料で読める『ヤンジャン』をダウンロードしないのは、もったいなさすぎます。

 

これから、もっと無料で読める漫画作品が増えると思いますので、今のうちにダウンロードしておくことをオススメします。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『明日ちゃんのセーラー服』の世間の評価は?

 

『明日ちゃんのセーラー服』序盤ネタバレ紹介!

プロローグ

田舎の田んぼ道を走る少女。

 

彼女は頭にアイドルを浮かべながら体操選手のような技を決めます。

 

やった!と成功を喜んだものの見事に川に落ちてしまいました。

 

そこをたまたま通りかかった農家のおじさんが親切にも彼女を軽トラの後ろに乗せてくれ、家に帰ります。

 

小路(こみち)と言う名の少女は田舎に住んでいるため、小学校の頃はずっと一人だったと言います。

 

そんな小路も中学生になりたくさんのクラスメイトがいる学校に通うことが決まりました。

 

家に帰った小路は母親と妹から濡れて帰ってきたことをからかわれます。

 

彼女の父親は単身赴任で一人違う土地に住んでいます。

 

そんな父親に無事中学校に合格した事の報告電話をかけます。

 

その後自室で小路は自分が着るであろう中学の制服姿を想像します。

 

実は小路の母も同じ中学に通っていたのです。

 

可愛らしいセーラー服を着ている自分を想像し思わず笑いがこぼれます。

 

そこに妹の花緒(かお)がやって来ます。

 

彼女は姉の小路が受験勉強中ずっと姉に甘えるのを我慢していました。

 

その事を知っている小路は「一緒にお風呂入ろっか」と言います。

第1話「黄身2コだよ?」

場面は小路が受験のために受けた面接の頃にまでもどります。

 

志望理由を尋ねられた小路は高らかに「あこがれのセーラー服を着るためです!」と答えました。

 

彼女の母親、ユワは仕立て屋の仕事をしており、小路の制服はユワに作ってもらう約束をしていました。

 

生地屋へ行って一つ一つ布地を選んでいきます。

 

お気に入りの生地を買った小路は母が制服を作っている様子をキラキラした顔で見つめます。

 

ユワに早く制服を作ってほしくて自分が家事をこなすまででした。

 

そしてとうとうセーラー服が完成し着てみることに、小路もいざ着てみるとなるとドキドキしながら真新しいセーラー服に腕を通します。

 

最後にリボンを結んで完成です。

 

別室で待っている母と妹に制服姿を披露すると「お姉ちゃんかっこいいー!」と花緒。

 

「苦しいところない?」と聞く母に小路は感極まり涙を流しました。

 

さらに日は経ち、とうとう入学式を迎えました。

 

ウキウキで学校に向かう小路とユワ、しかし学校についた途端周りの女の子達は皆ブレザーを着ているのに気が付きます。

 

なんとセーラー服はもう昔の制服だったのです。

 

母のユワもてっきりまだセーラー服だと思っていたようです。

 

大勢生徒がいる中で自分だけがセーラー服を着ていることにたまらず小路も恥ずかしさで固まります。

 

なんとか入学式を終え、家に帰ってきた小路はセーラー服では無かったことにショックを受け布団に突っ伏してしまいます。

 

そこに小路の入学祝いの食事ができたと呼びに来た花緒にブレザーもいいよね…と言います。

 

そんな姉に腹を立てたのか花緒はペチンと姉を叩きます。

 

驚いて花緒を見るとふくれっ面でお母さんの作った制服嫌なの?と聞いてきます。

 

そんなことないと言い返す小路に「お姉ちゃんかっこわるい!」と花緒は叫びました。

 

小路はそれから彼女なりに色々と考え、母の作ってくれたセーラー服で登校することに決めました。

 

登校当日、母に心配されますが「胸張って、笑顔でしょ?」といつか自分が母に言われた励ましを言い、登校していきました。

第2話「パチパチ」

一人元気に登校していった小路は途中で髪を結びます。

 

「気が引き締まる」と思いながら。

 

それからは今まで行ったことのない道を通り小走り気味に学校へとむかいました。

 

張り切りすぎて疲れながらも学校へついた小路は早速自分のクラスへいってみました。

 

まだ、誰もきていないようで彼女は校内を探検してみることにしました。

 

探検しているうちに迷ってしまい、なんとか教室に戻ることが出来ましたが、室内へ入ろうとすると中から物音が聞こえます。 

 

誰かが来ている!と小路は緊張します。

 

脳内でシュミレーションをしますがどれも上手く行きません。

 

教室を除くと中では一人の女の子が爪を切っていました。

 

パチンパチンと。

 

そして何を思ったのか爪を切り終わったあと爪切りの匂いを嗅ぎました。

 

そこで小路は「おはようございます」と声をかけ、小路が今のを見ていたと気がついた少女は恥ずかしくなり赤くなります。

 

その理由は緊張で臭っていないかを確認するためでした。

 

それを聞いた小路も立ったまま自分の足を嗅いでみて、走ったから少し汗臭いかも…と笑いながら言います。

 

そんな小路の様子に面白いと言った少女は「もう少しお話しない?」と提案します。

 

少女の名前は木崎江利花(きざきえりか)、東京から来たと言います。

 

小路は同い年なのに大人っぽい江利花の対応に感動します。

 

江利花が爪を切っていた理由は、パチパチという音を聞くと落ち着くから、というものでした。

 

江利花もまた、緊張していたのです。

 

そのことを知った小路は自分と同じ事を喜びました。

 

二人は席も近いこともあり、緊張が解けた小路は結んでいた髪も解きます。

 

そんな二人の教室にまた新たに生徒がやって来ました。

 

彼女もまた緊張している様子。

 

すっかり気も柔らかくなった小路は「おはよう」と笑顔で話しかけました。

 

場面は帰宅後の入浴中、小路は楽しみと同じくらい不安もあると妹に明かします。

 

花緒はくるりと振り返り「お姉ちゃんはかっこいいもん!」だから大丈夫だと言い切ります。

 

かっこいい事にいまいちピンときていない小路に「信じて」と花緒は言います。

 

これには小路も「うん信じる」と優しく笑い、姉は知らない土地で妹は一人残された小学校でお互いに頑張ろうと励まし合いました。

第3話「ファーストインプレッション」

小路がセーラー服に憧れる理由、それはあるテレビcmで見たアイドルにありました。

 

そのアイドルの名前は福元幹(ふくもとみき)。

 

彼女と彼女の着ているセーラー服にすっかり虜になってしまった小路は、母も中学生の頃にセーラー服を着ていた事を知ると自分もその学校に行きたい!と思います。

 

そして、通えることになったときには母に制服を繕ってもらいたかったのです。

 

無事学園長からの許可も降り、晴れて自分はこの学園へセーラー服で登校する事が出来た、と小路は自己紹介の時間で語ります。

 

さらに彼女は何か面白いことをしようと体が柔らかい事を理由にブリッチからの倒立を決めます。

 

小路がいつも妹の花緒にやっている事でした。

 

しかし、クラスメイトは誰一人笑わず恥をかいてしまったと落ち込む小路。

 

すかさず江利花がフォローを入れてくれます。

 

そして面白くなかったのか…と落ち込む小路に皆が黙っていた本当の理由を教えてくれました。

 

それは、倒立をした際に小路のパンツが見えてしまっていた事でした。

 

セーラー服はもちろんスカートなので倒立なんて事をすればスカートが上がってしまいます。

 

幸い女子校なのでそこまでの問題ではありませんでしたが、衝撃の事実を知った小路は開いた口が塞がらないというようにポカンとしてしまいました。

 

場面は変わり、職員室へ移ります。

 

小路達の担任を務める先生は初めての担任を持つという事で、ある意味生徒達よりも一番緊張していました。

 

先輩の教師に「上手くやれそう?」と聞かれた彼女はまだ不安で…と苦笑します。

 

ですがもう一度生徒表を開き、今まで見てきたクラスの中で一番楽しそうではあります、と言いました。

第4話「お昼のあとは(前編)」

真面目な小路はクラスメイト全員の名前を覚えようとノートに書き留めていました。

 

彼女にとって中学校生活は楽しい事ばかりで給食の時間は今まで一人だけのクラスだったせいかウキウキでみんなの分のスープをよそっています。

 

そして、給食の時間の班になって食事をする事も小路にとっては初めてのことでした。

 

まるで家族みたいと彼女は思います。

 

そこで小路は同じ班のメガネをかけているクラスメイトに注目します。

 

スープを飲もうにも湯気でメガネが曇ってしまうようです。

 

たいへんそうだ!と思った小路はハンカチを貸してあげます。

 

少し照れながらもありがとうとハンカチを受け取るクラスメイトに「やった!」と嬉しそうに思う小路。

 

喜んでいたのも束の間、小路はそのハンカチで自分の汗を拭いていたのを思い出します。

 

おどおどしながら「そのハンカチ…」と訳を話そうとするとクラスメイトは分かっていたのか「かわいてるところ使わせてもらったよ」と言ってくれます。

 

その後「ありがとう」と改めてお礼を言われ、ハンカチを返してもらいます。

 

メガネをかけたクラスメイトの女の子の名前は古城智乃(こじょうともの)。

 

小路も改めて自己紹介をします。

 

その際に彼女の名前を言うと、「名前覚えてくれたんだうれしい」と智乃は言います。

 

先程といい智乃の優しい人柄にジーンと感動する小路。

 

その様子をじーっと見ていたもう一人のクラスメイトは急に小路に近づき、「明日ちゃんモテるでしょ」と唐突に言ってきました。

 

彼女は出席番号2番の兎原透子(うさぎはらとうこ)という名の少女でした。

第5話「お昼のあとは(後編)」

小路に急に話しかけてきた透子は唐突に小路を褒めます。

 

アイドルみたいと言う透子に満更でもない様子の小路。

 

透子の制服はブレザーでお互いに制服を交換しようと提案されます。

 

透子の提案に素直に頷いた小路はセーラー服の上を脱ごうとしますが、江利花に冗談を言っているのよと止められます。

 

透子も「明日さんは真面目だなー」といいながらニコニコしています。

 

そんな透子の様子にもやもやとする江利花。

 

そして話は塾の話題に移ります。

 

透子の話ではクラスメイトにずっと模試で一位を取り続けた谷川景(たにかわけい)、そして透子と同じ塾に通っていてすぐに怒る短気な子として龍守逢(たつもりあい)を紹介します。

 

そこで小路はふと皆東京出であり、今はどこから通っているのか訪ねます。

 

ここぞと江利花が説明しようとすると「引越組と寮組の2択だね」と透子に先を越されてしまいます。

 

和気あいあいと話をしているとお昼の放送が流れます。

 

そこで小路の好きなアイドルの福元幹の楽曲が流れます。

 

この音楽はリップのcmで使用させており、歌に合わせた幹の仕草がかわいいと小路が言います。

 

すると透子がリップ持ってるから明日ちゃん、やってみてよと提案します。

 

最初は乗り気では無かった小路も透子に押し負けて真似をすることになりました。

 

小路は人差し指と中指の背にリップを塗り、一度唇に押し付けたあと2本の指で下唇を挟むというcm 内での幹を真似ます。

 

あまりの出来に皆オォーと感動します。

 

そして心もお腹も満たされた小路は江利花、透子、智乃と共に初めて一人ではない昼休みを過ごします。

第6話「「また明日」」

あっという間に一日は終わり先生に挨拶をして家に帰ろうとする小路。

 

すると江利花と透子に「また明日」と声をかけられます。

 

小路は少し戸惑いながらも「また明日」と返します。

 

学校を出た小路は行きと同じ様に小走りで帰ります。

 

走りながらどこか嬉しそうに「明日はちゃんと言わなきゃ」と言います。

 

そしてクラスメイト一人一人の名前を口に出しながら「みんなまた明日」と皆に届くように言いました。

 

家につくと父親が帰ってきていることに気が付きます。

 

小路の父親もお父さんとして娘の入学祝いをしたかったのでしょう。

 

彼は小路の制服姿を見たかったのですが疲れていたのか眠ってしまっていました。

 

待っていたほうがいいかな?と言う小路に寝てる方が悪いのよと着替えるように母は言います。

 

小路が部屋着に着替え、リビングに戻ると父親と一緒に寝ていた花緒が起き、二人はお風呂へ向かいます。

 

二人が部屋から出たあと、母ユワは本当は父親が起きている事に気づき指摘します。

 

「小路お父さんに見せびらしたかったのに」と。

 

しかし父は久しぶりに見る自分の娘になんと言ったら喜ばれるのか分からなかったと言います。

 

一方で入浴中の小路は花緒に学校であった出来事を話します。

 

江利花の話題を出した時花緒は自分もあってみたい!と言い、家に呼んでほしいと頼みます。

 

「来てくれるかな…?」と少し不安がる小路に「花緒が言ってたって言っていいので!」と花緒は答えます。

 

そして二人は約束の指切りを交わしました。

 

お風呂から出た小路は父が起きていることに気づき外でタバコを吸っている父親の元へと向かいます。

 

挨拶を交わしたあとで学校で起きたことを楽しそうに話す小路。

 

それを同じように楽しく聞いていた父はふと何時頃に明日は家を出るのかと聞いてきました。

 

お父さんは?と小路は聞き返します。

 

6時頃だと聞くと何かを察した小路は「じゃあその前に着替える」と言います。

 

「楽しみに」してる、と言おうたした父親に小路は振り返り「また明日」と笑顔で言いました。

おすすめ記事