バウンサー全巻無料で読む方法紹介!漫画バンクbankrawは違法|面白い?アプリでタダ?作者・みずたまこと

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『バウンサー』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してくださいね。 

『バウンサー』は漫画アプリ『マンガBANG!』にて全巻無料で読める?漫画バンクbankrawは違法

『バウンサー』はこちらの株式会社Amaziaが運営する漫画アプリマンガBANG!にて無料読むことができます。

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

『マンガBANG!』は公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

このようにマンガBANG!では『バウンサー』を無料で公開してくれています。

 

しかし、2022年9月現在、『バウンサー』7巻までしか無料で読むことができません。

 

1巻から7巻まで『バウンサー』を読むのでしたら、『マンガBANG』がオススメです。(今後、無料で読める巻数が増える可能性は高いです!)

 

追記『バウンサー』の作者みずたまことさんの代表作『OUT』が『マンガBANG』にて2022年10月31日までの期間限定で全巻無料で読むことができます!この機会にぜひ!

 

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

オススメ漫画アプリ

上記で紹介した『マンガBANG』以外にも集英社が運営する漫画アプリヤンジャンマンガMeeも特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • ヒロイン失格
  • ハニーレモンソーダ
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • 俺物語
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • ごくせん
  • アシガール
  • 椿町ロンリープラネット
  • NANA
  • アオハライド
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • 乙女椿は笑わない
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • これは経費で落ちません
  • ハル×キヨ
  • 悪魔とラブソング
  • 雛鳥のワルツ
  • きょうは会社休みます
  • ストロボエッジ
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • ママレード・ボーイ
  • 菜の花の彼-ナノカノカレ-
  • 花より男子
  • 消えた初恋
  • 銀魂
  • 宇宙を駆けるよだか

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は使ってみてはいかがでしょうか?

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

『バウンサー』ってどんなストーリー?あらすじ紹介!

この物語の主人公である獅子戸丈一郎(ししどじょういちろう)は幼少期に父親から男は強くないと守りたいものを守れない。そして強くなるためには修羅場をくぐること、そして傷つくことを恐れないことが大切だということを語り掛けられる。

 

舞台は眠らない街、東京。時は過ぎ19歳になり派遣社員として工場で働く丈一郎。父親の教えを元に育った彼は正義感あふれる男に育っていた。

 

曲がったことが大嫌い、務める職場で弱いものいじめなどの問題が起こるとつい首を突っ込んでしまいたくなる丈一郎。

 

正義感があることはいいものの、すぐにキレて暴力を振るい、その結果職を失う始末。今日もまた職場の上司に渾身の一発を食らわせてしまうのであった。

 

その正義感が溢れ、曲がったことを認めない性格が故に19歳にして、クビになってしまった回数が驚異の26回。

 

職を変えては問題を起こし、職場を転々とする丈一郎。父親からの教えが悪い方向に働いてしまい、自分の経歴に度重なる暴力を振るった記録が追加されてしまうのであった。

 

クビが重なり、この先に不安を感じる丈一郎は気分を紛らわせるために、あるクラブに入るのであった。クラブに入ると場内に騒ぎが起こり、丈一郎は不良に絡まれる1人の女の子を目にしてしまう。

 

暴力が原因で職を失い続けている丈一郎だったが、冷静さを欠き、女の子を救うため不良に手を出してしまう。

 

丈一郎が暴力を振るったことでざわつくクラブ会場。問題が起こると同時にクラブのセキュリティがぞろぞろとやってくる。

 

普段であれば問題を起こした曲がったやつだけに食いつく丈一郎であったが、その時は度重なるクビへの苛立ちから個人的感情でセキュリティにまで手を出してしまう。

 

セキュリティに押さえつけられながらも、それを渾身の力で振り払い、10人程度のセキュリティを相手にも動じない丈一郎。

 

その状況を見かね、ある1人の男が丈一郎の元にやってくる。その男はかなり屈強な体格をしており、周りのセキュリティと比べても一回りほど大きい。

 

その男の名は鰐渕剛志(わにぶちつよし)。彼は1人で丈一郎を制圧する。

 

制圧されては立ち上がり、また制圧されてを繰り返した結果、丈一郎は突き102発、蹴り57発、投げ26回の攻撃を受け、左肩と右肘の脱臼のケガを負うのであった。

 

後日、鰐渕はかなりの怪我を負わせてしまった丈一郎に対し、謝罪文と病院から退院するまでの治療費、生活費を支給することを弁護士を通じて伝える。

 

さらに謝罪をするべく、丈一郎の過去の経歴をあさる。

 

丈一郎がこれまで起こしてきた過去の暴力行為のほとんどが誰かを守るためであったことを知り、丈一郎の暴力を正しい場所で使えるようにと自分が社長を務める「東京フィスト」に勧誘するのであった。

 

鰐淵との出会いをきっかけに、東京フィストのセキュリティとして働き始める丈一郎。彼はこの職をクビになることなくものにすることができるのだろうか。

 

『バウンサー』は面白い?魅力とは?見どころ紹介!

先に結論、『バウンサー』は全巻読む価値アリに面白いです!

 

『バウンサー』の見どころを4つご紹介いたします!

 

『バウンサー』は全12巻ありますが、最初から最後まで飽きずに読み進められる作品です。

 

一度読み始めると最後まで他のことに手をつけられずに集中して読み進めてしまうほどの面白さがあります。

 

そんな中でもオススメしたい見どころをご紹介していきます。

見どころ① 豪快なケンカシーン

『バウンサー』の見どころはなんといっても、豪快なバトルシーンです。

 

過激なシーンもモザイク一切なし。グロテスクなシーンに見慣れていない方がこの作品を読むとひいてしまうシーンがあるかもしれません。

 

そのくらいリアリティのあるケンカのシーンを楽しむことができます。

 

作品の序盤は担当する区画で起こるトラブルを解決するため訓練で鍛え上げられたセキュリティと街の何の訓練もしていない素人の喧嘩が多く、一方的にボコボコにするので、爽快感も感じられます。

 

男の人なら一度は憧れる、強くなった自分を想像できるようなシーン満載です。

見どころ② 人間心理を織り交ぜた作り込まれたストーリー

この作品のメインであるセキュリティの仕事はトラブルを未然に防ぐということ。

 

そのために街を歩く人の身なりや体の変化を観察するシーンが何度も登場します。

 

空想の世界ではなく、瞳孔の動き方や身なりの揃え方など現実にある心理や職業柄の特徴などを取り入れた本格的なマンガです。

 

ただストーリーを楽しむだけでなく、日常でも活かせそうな心理テクニックを学ぶこともできます。

見どころ③ 成長していく丈一郎の人間模様

この作品の最大の見どころといえば、なんといっても主人公である丈一郎の成長していく人間模様です。

 

序盤では正義感だけが先行し、弱いものいじめなどを行うやつを暴力で解決しようとするポンコツとして描かれています。

 

それが「東京フィスト」というセキュリティと出会うことで、暴力をただ振るうだけでは問題は解決をしないことを知り、ただの暴力ではなく暴力の正しい使い方を学び、精神的にも成長していくことになります。

 

マンガの1番最初に登場する強く優しい男の条件をセキュリティの仕事を通じて学び成長していく丈一郎の人間模様は、この作品の1番の見どころです。

見どころ④ 次々に登場する強敵

丈一郎は東京フィストにて格闘技を訓練していき、徐々に強くなっていきます。

 

ただ丈一郎の元に舞い込んでくる数々の事件では、相手も何かしらの格闘技経験者であり格闘技の技の掛け合いを楽しむことも見どころの1つです。

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

『バウンサー』登場人物紹介!

『バウンサー』の主な登場人物を紹介します!

 

ネタバレも多少含みますので、ご注意ください!

獅子戸丈一郎

金髪のアフロヘアーが特徴のこの物語の主人公です。

 

幼少期に父親から強い男になるよう育てられ、曲がったことが大嫌い、弱いものいじめなどの問題を目にするとほおって置けず、ついつい首を突っ込んでしまいます。

 

過去に26回様々な仕事をクビになった経歴があります。

 

問題を解決しようという心とは裏腹に、問題をかえって大きくしてしまうトラブルメーカー。怒りで我を忘れてしまうと呂律が回らなくなるというお茶目な一面もあります。

 

クラブでの問題行為がきっかけで、民間警備会社の東京フィスト社長鰐渕に勧誘されます。

鰐渕剛志

「東京フィスト」の社長。通常の人間よりひとまわり、ふたまわりほどでかい屈強な体格をしており、ほとんど現場に立たないが現場の誰よりもセキュリティとしての才覚を放つ存在です。

 

トラブルを起こす輩には容赦がなく、主人公である丈一郎にも、突き102発、蹴り57発、投げ26回の攻撃を受け、左肩と右肘の脱臼のケガを負わせてしまいます。

 

戦闘モードに入ると容赦のない鰐渕ですが、通常の状態だと怪我を負わせてしまった丈一郎に対して頭を深々と下げたり、19歳の丈一郎に対して敬語を使うなど紳士的な一面もあります。

蜂野信也

「東京フィスト」チームDのリーダーであり、丈一郎と同じ19歳。丈一郎が入社する1年前に東京フィストに入社をしています。

 

入社する前に丈一郎と鰐渕が面会をする際は丈一郎に対して敬語を使っていましたが、丈一郎の見習い入社が決まり教育係になると態度を一変させ、超がつくほどのドSキャラになります。

 

東大卒の高学歴でプライドが人一倍高く、頭の悪いドキュンが何より嫌いです。そのドキュンに当てはまる丈一郎に対して語尾に「にゃん」を強要させるほどのパワハラチックな態度を示します。

 

態度がなっていないと暴力を振るってくる一面もありますが、丈一郎に対してセキュリティのイロハを教えていきます。

高島亮一

「東京フィスト」の幹部。外中関係なく常にサングラスをかけていてオールバックの髪型が特徴的なキャラです。

 

鰐淵の右腕であり、口癖が「合理的に〇〇」で合理的な判断を好む。頼もしく、時にいき過ぎてしまう社長・鰐渕に振り回されながらもセキュリティとしての地位を築く東京フィストを支えていきます。

『バウンサー』アニメ化の予定はある?

『バウンサー』はアニメ化は今のところされていません。2017年4月14日よりBSスカパーで全10話実写化のドラマが放送されています。

 

ドラマ『バウンサー』の主人公獅子戸丈一郎役を務めるのは、劇団プレステージに所属する平埜生成。丈一郎の教育係蜂野信也役を務めるのは、超新星のリーダーユナクです。

 

DVDボックスなども販売していてAmazonなどで購入することができます。

 

バウンサーの冒頭はこの話の主人公である獅子戸丈一郎(ししどじょういちろう)の父親が丈一郎に対して強い男になるように促すところから始まります。

 

強い男にならないと大切なものを守れない、苦しい場面をくぐり傷つかないことには強くなれない、そんな父の思いを胸に育っていく丈一郎だった。

 

『バウンサー』原作者・みずたまこととは?

『バウンサー』の作者はみずたまこと。本作品『バウンサー』は2014年の創刊号から別冊ヤングチャンピオンにて掲載がされており、累計発行部数は180万部を超えています。

 

みずたまことの他の代表作はマンガ『ドロップ』に登場する井口達也の別ストーリーを描いた『OUT』があり、こちらの作品は500万部を超えています。

『バウンサー』の読者の評価は?

 

『バウンサー』序盤ネタバレ紹介!

第1話

第1話にはいると19歳になり、派遣社員として働く丈一郎が描かれているところからストーリーは始まります。丈一郎は先輩社員に頭のことをバカにされ、いらつき先輩社員の顔を思い切り殴ってしまいます。

 

その結果、仕事をクビになってしまいます。先輩社員を殴ったのは、自分のことをバカにされてイラついたからではなく、いじめられていた別の先輩社員を守るためだったのです。

 

いじめを救ってもらった先輩社員は自分が上司に掛け合うことを提案しますが、丈一郎はそれを拒否。すんなりとその仕事をやめてしまいます。

 

仕事を失い落ち込む中、過去のことを思い出す丈一郎。頭に思い浮かんでいるのは、今まで働いてきた職場。

 

なんと丈一郎は19歳にして、クビになった回数が26回。高校時代は女子に絡んでいる男を注意した時に逆ギレされ、そこから喧嘩になりクビ。(絡んでいた男は教師で女子に注意をしていただけ)

 

建設会社では口だけ達者でサボっている人がいじめをしていたので、殴ってクビ。(東風だけ達者の男は現場監督)

 

すべての職場で殴ってクビになってしまうという欠点を持っている丈一郎。

 

問題行動を起こしまくってしまうせいで、受け入れてくれる会社を見つけるのも一苦労してしまいます。

 

自分がすぐにカッとなり手を出してしまうことが悪いことだと思いつつも、許せないと思ったものをそのままにしておけない丈一郎。こんな自分を受け入れてくれるところがあるのかどうか、不安でいっぱいになってしまいます。

 

不安でいっぱいな中、お酒を飲んでいたクラブである男が女性に絡んでいる姿を目撃。例のごとく、絡んでいた男を殴ってしまいます。

 

暴力行為を働いた丈一郎の元にクラブのセキュリティが現れ、丈一郎を一瞬で制圧してしまいます。店への出禁を命じられた丈一郎は、今までの不運が爆発しセキュリティにまで手を出してしまいます。

 

10人ほどのセキュリティを相手に動じない丈一郎。しかし1人の屈強な男にボコボコにされてしまいます。

第2話

クラブのセキュリティーを任されていたのは、「東京フィスト」という会社でこの会社が関わる場所は警察もとりあえず監視の目を緩めるほどの有名な会社でした。そして丈一郎をボコボコにした屈強な男は「東京フィスト」社長・鰐渕剛志(わにぶちつよし)だったのです。

 

ボロボロになった丈一郎は突き102発、蹴り57発、投げ26回の攻撃を受け、左肩と右肘の脱臼をおったのでした。

 

そして病院に搬送され、3日後に目を覚ました丈一郎。病室のあたりを見回すと鰐淵剛志と書かれた名刺と手紙が置かれており、その後東京フィストの顧問弁護士である戸上と名乗る男が現れます。

第3話

戸上がいうには、入院費や退院費、そして体が万全の状態に戻るまでの生活費を支給するとのことでした。

 

自分が招いた喧嘩を詫びに行くため、丈一郎は東京フィストの本社を訪れます。鰐淵に本社を訪れた理由を尋ねられ、自分が未熟であったことと鰐淵の真摯な対応に敵わないということを伝えました。

 

自分が伝えたいことを伝え終わった丈一郎が会社を後にしようとすると鰐淵の口からここで働かないかという提案を受けます。

第4話

示談交渉のために丈一郎のことを調べていた鰐淵は、丈一郎が起こした暴力事件のほとんどが困っている人を助けるためだったと知り、会社への勧誘を行ったのです。

 

暴力事件のことを認めてくれたと思ったら、その状態だからダメなんだと鰐淵は丈一郎をきつく叱ります。暴力行為は悪、人を傷つける道具になりかねないと丈一郎に伝えます。

 

暴力を悪にしない技術と方法を学ぶため、丈一郎は東京フィストへの入社を志願したのでした。晴れて東京フィストの社員として認められた丈一郎。

 

と思いきや、スタートは見習いアルバイトという結末。

 

見習いアルバイトとして働き始めた丈一郎は蜂野信也(はちのしんや)という同い年の教育係の元、現場に出始めます。

 

同い年として紹介されたため、現場で蜂野に対しタメ口を使うと、蜂野の態度が一変。

 

いきなり丈一郎に殴りかかります。語尾にはにゃんをつけるように丈一郎に強要します。最初は抵抗しようとする丈一郎。

 

ただ、蜂野は丈一郎が正社員になれるかどうかの権限を持っており、逆らうことは一切許されない状況でした。渋々語尾ににゃんをつけることを了承し、蜂野から教育を受けるのでした。

 

ドSキャラの蜂野が最も嫌うのが、偏差値の低いやつ、中卒という丈一郎が完璧に当てはまってしまう最悪の状況。

第5話

セキュリティの仕事で1番必要なのは、我慢と教わる丈一郎。

 

暴力をふるっていいのは、お客さんに危険が迫っている状況のみということを知ります。

 

我慢とはかけ離れた人生を送っている丈一郎はきつい状況に追い込まれながらも、自分が人生で初めてやりたいと思えたセキュリティの仕事をモノにするために、体の震えを抑えながら必死で我慢します。

 

クラブでの問題を未然に防ぐためには、薬をやっていたり、未成年で入店しようとするヤバいやつを入店させないこと。そのための極意を蜂野から学んでいきます。

 

ヤバいやつどうかを見分けるためには、身なりや瞳孔の状態、身につけているものを正確に判断することを知ります。

 

知識を知ったら、いざ実践。知識がないなりに一生懸命街ゆく人を観察する丈一郎。

 

今まで社会人経験をまったく積んでこなかったことがたたり、全く成果を得ることが出来ず、蜂野に何度もパワハラを受けていきます。

 

まったく仕事をこなすことのできない丈一郎に対し、蜂野はお前が悪いだけじゃなく、親の育て方が悪いと親のことまで否定し始めます。

 

親のことをバカにされた丈一郎は、頭に血が上り我慢が溶けそうになりますが、足の爪から血が出るほどのものすごい力をいれ、なんとかその状況を乗り切ります。

第6話

現場に5人組のお客さんが現れます。丈一郎はボディチェックを行い、異常がないことを確認し中に入れようとすると蜂野がお客さんの視線や仕草からさらに徹底したチェックをするよう促します。

 

まずはポケットに入っているスマホを確認するように丈一郎に指示を出します。

 

お客さんが持っているスマホを確認した瞬間、丈一郎はあることに気づきます。

 

スマホを手にしてから雰囲気がかすかに変わったことに気づくのです。

 

するとその瞬間そのスマホを丈一郎の体に接触させようとします。

 

蜂野が丈一郎にその場を離れるように促した瞬間、電撃が丈一郎の体をつたっていきます。

 

スマホと思われたものは、スマホ型のスタンガンで、一発スタンガンをくらった丈一郎は地面に倒れ込んでしまいます。

 

倒れ込んだ丈一郎を横目に5人相手に立ち向かっていく蜂野。

 

自分の身に危険が及ぶことを察知し、これ以上の暴力行為を行わないのなら警察にも通報をせず不問にすることを提案します。

 

もし受け入れられずこのまま続けるのなら、セキュリティの権限の元に正当防衛として制圧するという脅しもかけていきます。

 

蜂野は1対5の状況を打破することができるのか。また見習いアルバイトから正社員になるための実践演習。

 

そこで失敗をした丈一郎はセキュリティの仕事をクビになってしまうのか、続きは2巻にて明らかになります。

おすすめ記事