チェリまほ7巻無料ネタバレ!30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしいタダで漫画読む方法紹介!安達の魔法が使えなくなった?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『チェリまほ(30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい)』7巻を無料で読む方法やネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

今回ご紹介する『チェリまほ(30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい)』を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。

『チェリまほ(30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい)』7巻を無料で読む方法は?

こちらのスクウェア・エニックスが運営する漫画アプリマンガUP!では、『チェリまほ』7巻を無料で読むことができます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガUP!』はスクウェア・エニックスが運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『チェリまほ』7巻が『マンガUP!』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最新巻まで無料で読むことができます

 

安心安全に、そしてタダで『チェリまほ』を全巻読破したい方は『マンガUP!』を使う方法が最もお得です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶりや白泉社が運営するマンガParkも特にオススメです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)

などなど…

 

マンガPark
  • ベルセルク
  • ウロボロス
  • フルーツバスケット
  • あそびあそばせ
  • 高嶺と花
  • 桜蘭高校ホスト部
  • 自殺島
  • 無法島
  • ホーリーランド
  • 暁のヨナ
  • ハチミツとクローバー
  • ギャルごはん
  • ふたりエッチ
  • 神様はじめました
  • 学園アリス
  • 狼陛下の花嫁
  • 赤髪の白雪姫
  • 覆面系ノイズ
  • それでも世界は美しい
  • かげきしょうじょ!!
  • ただ離婚してないだけ
  • 当て屋の椿
  • 鬼門街
  • 3月のライオン

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガUP!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています「無料で多くの有名漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

『チェリまほ(30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい)』7巻ネタバレ紹介!

【第35話】

30歳まで童貞だったために「触れた人の心が読める」という地味な魔法を使えるようになってしまった主人公・安達(あだち)。

 

仕事のできる同期のイケメン・黒沢(くろさわ)。

 

恋人同士となった2人が裸でベッドという「お察しください」なシーンから始まります。

 

目が覚めた安達は何か違和感を感じ、慌てて黒沢を起こし触ってくれと頼みます。

 

黒沢の両手をとり自分の頬に触れさせますが心の声が聞こえなくなっていることに気が付きます。

 

『なんで…』『黒沢とシたからか?』ぐるぐると考えている安達に黒沢はコーヒーを差し出します。

 

2人でベッドに座りコーヒーを飲み、落ち着いたところで安達は『急に魔法が使えなくなると思わなくて混乱してしまった』と謝ります。

 

それを聞き、黒沢は『安達が俺の心の声を聞いて、汚い部分も馬鹿な部分も知った上で好きになってくれたことが嬉しかった』『最初に俺の心に触れてくれたのは魔法の力なんかじゃなく安達自身の言葉だった』と安達に伝えます。

 

しばらく会話をし、安達は気が付きます。

 

『魔法なんかなくたって黒沢となら大丈夫だと思えたから、きっと魔法の力がなくなったのだ』と…。

 

それを聞き、うれし涙が黒沢の頬を伝います。

 

その涙を安達は自分の袖口で拭います。

 

そして『今、俺が何考えてるかわかる?』と尋ねる黒沢に両手を差し出します。

 

2人で抱きしめあい、安達の無意識な口説き文句に脳内花火大会となりながらも帰りの飛行機の時間が迫り、黒沢はバタバタと身支度を整えます。

 

明日の夜戻ったら転勤の話をしようと約束し、黒沢はドアまで向かいます。

 

が、戻ってきて『忘れ物』と安達にキスをして出で行きます。

 

『決心が鈍るじゃねーか』

 

安達は1人ベッドに倒れこみます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

【第36話】

次の日の夜、黒沢の自宅で夕食を済ませ、2人で洗い物をしながら安達は黒沢に長崎への転勤の話を受けようと思うと伝えます。

 

初めてのことで不安だと話す安達に黒沢は『安達なら大丈夫』と微笑みます。

 

『自分が前向きになれたのは黒沢の心の声に自信をもらってきたからだ』と感謝を伝える安達に、黒沢は『帰ってきたら一緒に住まないか』と提案します。

 

安達は笑顔で受け入れ、『プロポーズみたいだ』と照れた表情を浮かべます。

 

それを聞き、血の気が引く黒沢。やり直しさせてほしいと訴えます。

 

『ちょっと待ってて』と伝え、リビングの棚から小さな箱を取り出します。

 

開けると中には2つの指輪。

 

お互いの指に指輪をはめ、黒沢は嬉しそうに安達の指に口づけます。

 

しばらくして安達が指輪を眺めながら気づきます。

 

『サイズぴったりなのすげえな。前のパジャマもぴったりだったし、他にも何か用意してたりして』

 

目をそらし、沈黙する黒沢。

 

全部出せと説得されイニシャル入りのお揃いエプロンを身に着けた2人の目には2つの段ボール。

 

転勤中にこれ以上荷物を増やさせないためにはどうすればいいか悩む安達なのでした。

【第37話】

転勤を決めた安達は上司に報告に行き、頼むぞ、と念を押され部屋を出ます。

 

その時、『黒沢さんかっこいい』と言いながら目の前を女性社員たちが通り過ぎていきます。

 

それを見て少しの不安を感じながらも、安達は自分を奮い立たせます。

 

一方黒沢は合法的に頻繁に長崎に行けるように、長崎の会社と契約の話を進めていました。

 

日はかわり、安達のアパートでは転勤に向け引っ越し準備が進められています。

 

安達の大学時代からの友人・柘植(つげ)が手伝いに来てくれています。

 

彼も「触れた人の心が読める魔法」をもっていて、これまで安達の背中を押してくれていました。

 

柘植は引っ越し準備中、安達の背中についたガムテープを剝がそうとして、偶然安達が魔法使いではなくなったことを心の声で知りました。

 

安達が魔法の力に頼らず黒沢と付き合っていくことを決めたことを温かく見守りつつ、自分も力に頼らず腹をくくらなければと考えていました。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

【第38話】

長崎に来て2か月。安達は多忙に次ぐ多忙で家には寝に帰るだけという日々が続いていました。

 

長崎で1人でも頑張ると決めていたものの、頭の中はネガティブ思考でいっぱいです。

 

黒沢となかなか会えない日々が続く中、これまで首からかけていた指輪を左手薬指に着け、気合を入れ直します。

 

なんとか1週間を乗り切りコンビニで食事を買って帰った家の前には黒沢が立っていました。

 

すすめていた長崎の会社との契約が決まり営業所に顔を出すために来ていたのでした。

 

黒沢の体調を心配する安達の左手に指輪を見つけ、黒沢は思わず安達の手を取り微笑みます。

 

その瞬間安達の中の抑えていた感情があふれ、思わず黒沢に抱きつきます。

 

そのまま部屋に入りベッドで深いキスをしてお互いを求め合います。

 

安達は黒沢に『次に会う時まで消えないようにつけてほしい』とキスマークをねだります。

 

最中、声が漏れないように唇を噛んで耐える安達に、黒沢は『俺のここ噛んで』と自分の首元をあらわにします。

 

翌日、昼まで寝ていた安達は黒沢が作るご飯のいい匂いで目が覚めます。

 

黒沢は食事を準備してくれながら『仕事で何かあった?』『俺に会えなくてさみしかった?』と尋ねます。

 

安達は素直に『さみしかった』と答えます。

 

そして『仕事が要領よくできず情けない』とこぼします。

 

そんな安達に黒沢は、営業所のスタッフが安達のことを褒めていたことを伝え、『2人でいる時はダメになってもいい、甘えてほしい』と言います。

 

安達は自分の気持ちが変わっていくことが『自分が自分じゃないみたいで怖い』と感じていました。

 

黒沢は『俺だってそうだ』『安達のことを好きになってから感情に振り回されたりわがままになったり』『最初は戸惑ったけど今は悪くないと思ってる』と自分の本音を安達に伝えキスをします。

 

後日仕事をしていた安達は近所の結婚式場に目が止まります。

 

そこでは女性同士の結婚式が行われていました。

 

ウエディングドレスを身にまとって幸せそうに笑う2人を見て安達は『綺麗ですね』とつぶやきます。

 

仕事が終わり、部屋で1人ビ-ルを飲みながら安達は昼間の結婚式を思い出します。

 

『黒沢、似合うだろうな』と白いタキシードを着た黒沢を想像します。

 

左手の指輪を眺めながら安達は『俺から言ったらどんな顔するだろう』と物思いにふけります。

 

長崎で立ち上げたお店がオープンした日、安達は弟のところにスタッフたちとの集合写真つきで連絡を入れました。

 

安達の母は横からその写真を覗き、安達の左手の薬指に指輪を見つけます。

 

『いつか紹介してほしいわね』とつぶやきました。

【書き下ろし 柘植編 その8】

柘植の知り合いで、プロのダンサーを目指す湊(みなと)は街の本屋で柘植の書いた新刊を見つけ手に取ります。

 

後日柘植の家に仕事で配達に行った際に新刊を読んだことを伝えます。

 

『主人公が好きなダンサーが性格キツいけど可愛げがあって面白かった』と感想を言いますが、湊をモデルに話を書いていた柘植は思わず謝ります。

 

そんな柘植に湊は続けるコツを尋ねます。

 

柘植は『読んでくれる人の顔を思い浮かべること』と答えます。

 

そこから話は湊が準決勝まで残っているオーディションのことにかわります。

 

柘植にそのことを聞かれると湊は目を輝かせながら、この大会が注目度が高いこと、審査員にプロを目指すきっかけになった憧れのダンサー・SHOWTA(しょうた)がいることなどを語ります。

 

それを聞き、柘植は『湊なら大丈夫。応援してる』と微笑みます。

 

オーディション本番、湊はSHOWTAの前でいい所を見せるため踊ります。

 

しかしSHOWTAは『全員不合格』と退場を促します。

 

その際、湊を呼び止め『君は技術はある。でもそれだけだ』と伝えました。

 

会場を後にした湊は応援に来てくれていた友人たちに謝ります。

 

そして『そろそろ潮時かもな』とこぼします。

 

友人の1人がそんな湊を呼び止めます。

 

自分の働く会社で社員を募集しているから、社長に会ってみないかという話。

 

オーディションの敗者復活戦当日、会場に向かう前に湊は友人の会社に立ち寄ります。

 

会社も社長もとても感じの良い会社です。

 

紹介してくれた友人と別れを告げ、バイクでオーディション会場に向かいます。

 

一方柘植はそわそわと湊のオーディションを見に行く準備をしていました。

 

その時、湊から柘植に電話が入ります。

 

オーディションに向かう途中バイクがエンストを起こし時間に間に合いそうにないから見に来なくていいという連絡でした。

 

『神様がもう諦めろって言ってんのかな』

 

そう言う湊に柘植は現在地を送らせ、迎えに行くと言います。

 

柘植は大型のバイクで湊を迎えに行き、後ろに乗せて会場へと急ぎます。

 

その道中、柘植は湊に『俺は湊自身が諦めない限りいつか夢を叶えると信じている』と伝えます。

 

その言葉に、前に乗る柘植の腰に手をまわしたまま何かを考えている表情の湊。

 

なんとか間に合った湊は『ありがとう!カマしてくるわ!』と会場に走っていきます。

 

会場の中で湊は今までに柘植からもらった言葉たちを思い出していました。

 

最近は自分がオーディションに受かることばかり考えて見てくれている人のことを忘れていたと気づいた湊。

 

『カメラの向こうでみんなが見てくれている』と湊は自信に満ち溢れた笑顔でステージに向かいます。

 

オーディションが終わり、友人たちが祝福してくれます。

 

湊は視聴者投票ぶっちぎり1位で決勝入りを果たしました。

 

SHOWTAも褒めてくれていたのです。

 

会場を出ると柘植が待っていました。

 

半泣きで『本当に良かった…』という柘植に、湊は『なんでそんな優しくしてくれるのか』と尋ねます。

 

少しの沈黙ののち柘植は湊に『下心があるからだ』と告げます。

【オマケマンガ】

黒沢に、初デートの時心の中で作詞作曲した歌を聞いていたことを告白した安達。

 

『恥ずかしいな、まだ未完成だったのに』と黒沢はラブソング全20章を歌い始めます。

 

そこで安達は目が覚めホッとします。

 

隣で寝ていた黒沢が『さむい』と甘えてきます。

 

『こんな黒沢を知ってるのは俺だけなんだよな』とおでこにキスをすると、寝ていたはずの黒沢が覚醒し、安達はベッドに押し倒されてしまうのでした。

 

オマケマンガ新年バージョンでした。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『チェリまほ(30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい)』7巻の読者の反応や感想は?

おすすめ記事