奴隷区を全巻無料で読む方法紹介!漫画アプリで「僕と23人の奴隷」がタダ?原作者・岡田伸一

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『奴隷区 僕と23人の奴隷』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。

Contents

『奴隷区 僕と23人の奴隷』は漫画アプリ『マンガがうがう』にて全巻無料で読める?

『奴隷区 僕と23人の奴隷』はこちらの双葉社が運営する漫画アプリ『マンガがうがう』にて無料で読むことができます。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガがうがう』は双葉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガがうがう』では、『奴隷区 僕と23人の奴隷』第1巻から最終巻までのすべてのエピソードを無料公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『奴隷区 僕と23人の奴隷』を全巻無料で読破したい方は『マンガがうがう』を使うのがベストです。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

オススメ漫画アプリ

上記で紹介した『マンガワン』以外にも講談社が運営する漫画アプリマガポケや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『マガポケ』で無料で読める主な作品一覧
  • 進撃の巨人
  • フェアリーテイル
  • 新宿スワン
  • ドメスティックな彼女
  • ダイヤのA
  • DAYS
  • ザ・ファブル
  • 頭文字D
  • ベイビーステップ
  • ホームルーム
  • ちはやふる
  • トモダチゲーム
  • カイジ
  • Dreams
  • 十字架のろくにん
  • 可愛いだけじゃない式守さん
  • お願い、脱がシて。
  • 復讐の教科書
  • ハコヅメ~交番女子の逆襲~
  • デスティニーラバーズ
  • 島耕作
  • はじめの一歩
  • 食糧人類
  • 神さまの言うとおり
  • 監獄学園(プリズンスクール)
  • ランウェイで笑って
  • 七つの大罪
  • カメレオン
  • ドラゴン桜
  • 砂の栄冠
  • のだめカンタービレ
  • 亜人
  • ジパング
  • 天空侵犯
  • ハレ婚。
  • マイホームヒーロー
  • ナニワトモアレ
  • 満州アヘンスクワッド
  • 僕たちがやりました
  • カッコウの許嫁
  • ライアー×ライアー
  • GIANT KILLING
  • 君のいる町
  • RAVE
  • コウノドリ
  • PとJK
  • 彼岸島
  • エリアの騎士
  • いぬやしき
  • シャーマンキング

などなど…

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス
  • ラジエーションハウス

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

次に『マンガがうがう』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

『マンガがうがう』の基本的な使い方

『マンガがうがう』に掲載されているマンガを無料で楽しむには、アプリ内アイテムである『がうポイントボーナスポイントを使用して読むことになります。

 

アプリ内アイテム『がうポイント』『ボーナスポイント』のそれぞれの使い方を詳しくみていきましょう!

『がうポイント』のフリーコインとは?取得方法と使い方を解説

がうポイントとは?
  • がうポイントとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝7時、夜9時に120がうポイントずつ配布される(1日に計240がうポイント)
  • 30がうポイント消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単ながうポイントの取得方法と使い方の説明です。

 

毎日、配布される計240を使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムが「がうポイント」です。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガがうがう』のボーナスポイントとは?取得方法と使い方を解説

ボーナスポイントとは?
  • ボーナスポイントとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • がうポイントがなくなってしまった場合でもボーナスポイントを使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガがうがう』新規ダウンロード特典で900ボーナスポイント(30話分)が付与される
  • ボーナスポイントは、イベント・おまけ・外部のサービスの登録などで獲得することができる

以上が簡単なボーナスポイントの取得方法と使い方の説明です。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • 「がうポイント」を利用して1日8話分のマンガを無料で読む
  • 新規ダウンロード特典で獲得できる「ボーナスポイント」を利用してマンガを無料で読む
  • イベントやおまけで獲得できる「ボーナスポイント」を利用してマンガを無料で読む

上記で分かる通り、1日で読める話数が多く、とても使いやすい漫画アプリです!

 

ぜひ、この機会に遠慮なく無料で読ませていただきましょう!(^^)/

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『奴隷区 僕と23人の奴隷』世間の評判は?

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『奴隷区 僕と23人の奴隷』あらすじ紹介!

退屈な人生を過ごすフリーター、荒川メイア。

 

友人の別れ話に付き合うために向かったファミレスで、大田ユウガという男に出会います。

 

ユウガがメイアに見せたのは、他者を奴隷にする事ができる夢の器具”SCM”。

 

仲間が欲しい、そのユウガの誘いが空虚だったメイアの心を埋めていくのです。

 

“SCM”が定めたルールは単純明快。

 

敗者は勝者の奴隷となる。

 

ここから始まるのは、”SCM”と奴隷を巡る物語です。

『奴隷区 僕と23人の奴隷』みどころ紹介!

見どころ① 夢の器具か悪魔の器具か “SCM”

“SCM”という一つの器具が作中に登場します。

 

これは他者を奴隷にするという、黒い欲望を実現する夢の器具。

 

これを装着した者同士で何らかの勝負を行うと、敗者は勝者の奴隷となるのです。

 

奴隷となった者は主には絶対に逆らえず、どんな命令であっても忠実に実行してしまいます。

 

これは他者を奴隷にするという、黒い欲望を実現する悪魔の器具。

 

この器具は元は数百円で売られていましたが、今は数百万の値で取引されているといいます。

 

この小さな器具こそが物語の中核であり、この物語が解き明かすべき謎となっているのです。

 

説明書が付属しており、そのルールは作中で随時公開されていきます。

 

あなたがもし誰かを奴隷にできるとしたら、あなたはその人物に何をやらせますか?

見どころ② 23人+1人 彼らが紡ぎ出す人間模様

この作品は最終的に、タイトル通り23人+1人の人物が登場します。

 

フリーター、OL、無職、風俗嬢、ホスト、etc…

 

登場人物の素性はさまざまで、誰もが彼ら自身のスタート地点を持って始まります。

 

それら複数の物語が”SCM”と奴隷という軸で束ねられ、糸が絡まって一本の綱になるように、大きな物語を紡ぎあげていくのです。

 

勝負を繰り返す中で、主人だったものが奴隷となり、奴隷だったものが主人となる。

 

Aの奴隷がBの奴隷となり、またAとBはその奴隷ごとまとめてCの奴隷に。

 

誰が敵で誰が味方か、敵の敵は味方になるのか。

 

瞬時に入れ替わる人間模様に、1話たりとも目が離せません。

見どころ③ 奴隷となるか主人となるか “SCM”勝負

本作のキモはやはり、奴隷化を賭けた勝負です。

 

勝つためにはどのような手段も肯定され、登場人物の知略・覚悟・非情さが試されていきます。

 

パチンコ、じゃんけん、etc…

 

勝負方法は場面ごとにさまざまですが、読者にも分かりやすい、シンプルなルールがメインとなっています。

 

シンプルなだけに登場人物の能力が試され、その内面を垣間見ることができるのです。

 

賭けるのは己の全て。

 

敗者は勝者に絶対の服従を強制され、どんな屈辱も苦痛さえも受け入れねばならない。

 

勝負の敗者は奴隷となり、勝者の駒として新たな勝負の手札となる。

 

駆け引きは勝負の中だけにとどまらず、勝負が始まる以前から張り巡らされる策略。

 

さあ、お互いの手札は?

 

その勝負をこえた勝負に釘付けとなることでしょう。

見どころ④ 張り巡らされた伏線

この作品は、非常に多くの伏線が張り巡らされています。

 

話中に見切れたチョイ役が次の話の中心人物、ということは日常茶飯事。

 

なにげなくキャラの会話に出た言葉、背景に描かれた写真などが、後々重要な意味を持ってくるかもしれません。

 

その人物、どこかで見たことはありませんか?

 

その言葉、どこかで聞いたことはありませんか?

 

読む際には一コマ一コマ注意して読み進めること。

 

きっと後で、いくつも面白い発見ができると思いますよ。

 

『奴隷区 僕と23人の奴隷』登場人物紹介!

荒川エイア(あらかわ えいあ)

どうしようもない退屈と空虚を持て余す、フリーターの女性。

 

知性と信頼、行動力と度胸を持ち合わせながら、満たされない好奇心に飢えています。

 

友人の別れ話につきあった事から大田ユウガと出会い、”SCM”という謎の機器に出会う。

 

その大田ユウガの誘いに乗る形で、奴隷を巡るゲームの渦中に自ら飛び込んでいくことになります。

 

彼女がこの物語全体の主人公です。

 

彼女だけは”SCM”という道具に興味を持っていません。

 

彼女が持っている興味は、”SCM”を操る大田ユウガその人であり、彼をとりまく出来事そのものにあるのです。

大田ユウガ(おおた ゆうが)

エイアの友人の彼氏だった人物、爽やか系のイケメンです。

 

荒川エイアの能力を見込み、”SCM”と奴隷を巡るゲームの保険として彼女をスカウトします。

 

万が一自分が敗れた時、自分を奴隷から解放してくれる人間を探していたのです。

 

そのために300万円の貯金を投げ出すなど、常軌(じょうき)を逸した点もあります。

 

勝負に関しては狡猾(こうかつ)で、相手を罠にハメることもいといません。

 

ゲームを始めた目的は、自分を試したい、だと彼は語ります。

 

が、彼はまだその本質を隠しており、仲間となったエイアにもその一面を隠しています。

杉並ルシエ(すぎなみ るしえ)

そばかす顔が特徴のOLです。

 

巨乳。

 

自らをだまし乱暴した、とある男に復讐するため”SCM”を手に入れました。

 

目的が復讐であり、奴隷に対する扱いはかなり厳しいものです。

 

その性格は復讐心のためか醜悪にゆがんでおり、冷酷そのもの。

 

しかしながら、彼女は不幸が向こうから歩いてやってくる不幸体質です。

目黒マサカズ(めぐろ まさかず)

小太りの中年、夢見る変態。

 

ひょんな事から幸運を招く器具を手に入れ、その力を信じ行動を開始します。

 

それが誰かを奴隷にし、また自らを奴隷にする悪魔の器具とは知らずに。

 

底抜けのアホであり、その思考も生き方も非常に短絡的です。

 

過去にとある犯罪行為を行っており、その事が彼の運命を決定づけました。

豊島アヤカ(とよしま あやか)

ゴスロリ風の夢見る少女。

 

とあるホストに貢ぐため、複数の風俗を掛け持ちしています。

 

彼女はそのホストに裏切られていることはうすうす気づいていましたが、その夢は諦めていません。

 

ホストと自分の物語を終わらせないため、”SCM”の力に頼る事になります。

 

本質的に自分本位の性格で、それを貫くための執念を持ち合わせています。

新宿セイヤ(しんじゅく せいや)

歌舞伎町のホストクラブNo1ホスト。

 

かつて自分を救ってくれた女性と同棲していました。

 

彼女との生活を守るため、”SCM”を使い邪魔な女性を排除しようと試みますが。

 

仕事柄女性を食い物にすることもいといませんが、彼女に対する愛情は本物です。

 

しかしながらそのゆがみが、彼の人生を狂わせることになります。

 

『奴隷区 僕と23人の奴隷』アニメ化&映画化情報!

『奴隷区 僕と23人の奴隷』は2012年に刊行した、岡田伸一氏の小説を原作にしています。

 

同年のマンガ化と同時にメディアミックスがスタート。

 

2014年には秋元才加さん、本郷奏多さんを主役として実写映画化がされています。

 

原作やマンガ版とは少し違うストーリーとなっており、原作の結末を知った上でも十分楽しめるでしょう。

 

また。2018年には深夜アニメとして放送されました。

 

配役は荒川エイア役に山村響さん、大田ユウガ役に鈴木崚汰さんとなっております。

 

こちらはマンガ版と同じく原作に忠実に展開しており、同作の新たな魅力を体験する事ができるでしょう。

 

『奴隷区 僕と23人の奴隷』には、小説『東京23/奴隷区』や『大奴隷区 君と1億3千万の奴隷』、『奴隷区‐GANG AGE-』といった関連作品もあります。

 

もしより深く世界観に触れたい時はこちらをご覧になるとよいでしょう。

 

『奴隷区 僕と23人の奴隷』作画・オオイシヒロトとは?

作画担当は「オオイシヒロト」さん。

 

漢字表記の「大石普人」や「HIROTO」名義でも活躍しておられ、元はアフタヌーン四季賞の出身です。

 

ヤングジャンプ月例MANGAグランプリでの受賞歴も持っており、実力は疑いようがありません。

 

現在は『ヤングエース』誌上で『高校事変』の連載をなさっています。

 

『奴隷区 僕と23人の奴隷』序盤ネタバレ紹介!

冒頭プロローグ

カチという謎の音。

 

場面が開けば、キャバクラらしき場所に4人の男女。

 

4人何らかのゲームに興じていたのでしょうか。

 

女性側の罰ゲームが決定したようです。

 

参加者の一人、メガネの男の口元がカチカチという音をたてます。

 

すると男はなんと、女に性行為を要求したのです。

 

さすがにその発言にドン引きした様子のもう一人の男性とヘルプらしき女性。

 

ところが、メインの女性キャストの口から出たのは承諾の言葉でした。

 

女性は虚ろな目と無表情で、男の無法な提案に対し自分から行為を懇願します。

 

一体何が起きているのでしょう。

 

場面を変えて渋谷の街。

 

女子高生らしき集団が雑談に興じています。

 

話題の内容は、それを使うと誰でも奴隷にできるという道具の話。

 

“SCM”

 

それがその道具の名前のようです。

SCM 0001 荒川エイア

何事も退屈で、自分を空虚だと思ってる女性、荒川エイア。

 

この少女から物語が始まります。

 

カフェで友人の失恋話を話半分に聞き流しているエイア。

 

親友の彼氏が別な男を連れてきて、事もあろうかその男のモノをしゃぶり。

 

そして別れてくれと言ってきたのだと。

 

つきあって3カ月もしてからの突然のカミングアウト。

 

下手すればただの気持ち悪いだけの話です。

 

が、エイアはその話に興味を持ち、その彼氏に会わせてくれと友人に頼み込むのです。

 

それはただの好奇心からのこと。

 

ですが、猫も殺すのが好奇心です。

 

場を変えて夕方のファミレス。

 

友人と同席するエイアの前に現れたのは好青年風の大田ユウガと名乗る人物。

 

と、いかにも軽そうに見えるサングラスをして金髪を立てた自称ユウガの恋人。

 

エイアにはこの2人の例の場面が想像できず困惑したまま観察します。

 

どうやらユウガの方がエイアに興味を持った様子。

 

その様子を受けて、エイアは直接切り出しました。

 

どうしてゲイなのに友人と付き合ったのか、と。

 

僕が彼を好きになったのだと答えるユウガ。

 

エイアは続けて二人にキスをしてみせろと要求。

 

ユウガが断ると、突然友人の顔を取り女同士のキスをユウガに見せつけました。

 

様子を伺うエイアと興味深そうなユウガ。

 

ユウガは少し考えた様子で、突然ゲームを提案します。

 

別卓で向かい合う男女、その二人の関係を言い当てたら全て話す、と。

 

エイアはその二人は出会い系か何かで知り合ったばかりだと即答しました。

 

理由はなんとなく。

 

ユウガはエイアと二人きりの時に全てを教えると告げます。

 

帰宅中ユウガから届いたメールには、明日14時井の頭公園のボート乗り場と書かれていました。

 

物語が動き始めました。

 

このユウガという男性は何者なのでしょうか。

 

なぜ彼はエイアに興味を持ったのでしょうか。

 

場を変えて翌日の井の頭公園、スワンボートに乗る二人。

 

ユウガが言うには、彼女がゲップをした事が許せなかったと。

 

大好きなはずの彼女のゲップも許せなかったのだから、うまくはいかないと思ったのだと。

 

どうせなら笑い話になる形がいいと、大人のおもちゃを使って演出したことまで言いました。

 

それにはエイアも納得せざるを得ません。

 

次第によっては殴るつもりだったとあきれながら告げました。

 

するとユウガは、ここなら人目につかないし逃げることもできない。

 

なんなら一発殴っておく?と誘いかけます。

 

これはユウガの真意ではありません。

 

人目がつかず逃げられない場所、そこに大切な意味があったのです。

 

突然、ユウガは席に座ったままのエイアに立ちはだかります。

 

昨夜のファミレス、エイアがどうしてあのゲームに答えられたのか、それが知りたい、と。

 

観念したエイアが答えるには、彼女が早く帰りたがっているように見えた事。

 

しきりに携帯を見、ご飯を食べるのも早く、足も組み替えていたと。

 

驚くべき観察眼です。

 

それを聞いたユウガは興奮した様子でエイアに抱きつきます。

 

君しかいない、と。

 

ユウガはエイアに何を求めているでしょうか。

 

まだわかりません。

 

カラオケボックスの一室に場所を変えます。

 

ユウガは小さなビニールに封じられた奇妙な道具を取り出しました。

 

“SCM”他人を奴隷にできる道具だと。

 

当然のように信じないエイアの前にSCMの説明書を見せます。

 

・SCMは歯の裏に装着する。

・SCMは責任感を増幅して他人を奴隷にする。

・SCMをつけた者どうしで勝負し、敗者は勝者の奴隷となる。

 

つまり一度勝つだけで、ずっと王様になれる。

 

説明書にはそう書かれているのです。

 

ユウガによると、当初はネットオークションで数百円で売買されていたSCM。

 

今や600万円の値がついているのだそうです。

 

驚きつつも半信半疑のエイア。

 

だからこそユウガは提案するのです。

 

今から自分でそのSCMを試す、と。

 

そのために仲間と保険がほしい。

 

説明書によれば奴隷が解放される方法は2つ。

 

1つは24時間以上SCMを外しておくこと。 

 

ただしこれはペナルティで脳に障害を受ける。

 

もう1つは、奴隷を所有する主人が解放を宣言すること。

 

もしユウガが誰かの奴隷になった場合、その主人を負かし自身を解放してもらいたいと。

 

そのための保険として300万円の通帳をエイアに差し出すのです。

 

どうにでもなるルール、逆手にとれば自分はまず負けない。

 

ユウガは言います。

 

それでも万が一の時、相手に勝てる仲間が必要だと。

 

必要な条件は知性と信頼、そして行動力と度胸。

 

だからこそエイアなのだと。

 

好奇心から始まった物語です。

 

こう言われては当然、エイアは興味を持ちます。

 

ユウガは、SCMにはSCMを付けたもの同士を振動で知らせる機能があると言います。

 

新宿のホストクラブでその振動を見つけたと。

 

エイアはユウガに、奴隷がほしいのかと尋ねます。

 

その答えは、自分を試したい。

 

エイアの中にその言葉が熱くうねりだします。

 

思わず、差し出されたユウガの手を取るエイア。

 

二人で屋上に掛け出ると、エイアの口から出た言葉。

 

ありがとう。

 

エイアはSCMを1つと通帳受け取り、別れました。

 

エイアの好奇心からはじまった、奴隷を作るSCMという機械と謎の男性ユウガとの物語。

 

この先に大きく広がる物語を予感させます。

 

が、モノローグで流れるエイアの述懐は後悔。

 

全てに対する後悔で第一話、荒川エイアの物語は幕を閉じます。

 

果たして彼女に何が起きるのでしょう。

 

どんな悲劇が退屈と空虚に覆われていた彼女を後悔させるのでしょうか。

SCM 0002 杉並ルシエ

熱帯魚の水槽とテレビのある、いかにも一人暮らしのワンルーム。

 

そばかす顔の女性がSCMと説明書を見ています。

 

彼女が杉並ルシエ、0002の中心人物です。

 

奴隷を作るための条件。

 

SCMをつけた者同士が30メートル以内に近づくとSCMは振動し、近づくに連れて振動は強くなる。

 

意を決した女性はSCMを取り出し、装着しようとした所で、唐突にたたきつけるようなチャイムの音。

 

のぞき窓の向こうには真面目そうな、佐藤と名乗る同僚の男性。

 

ルシエを心配して見舞いに来てくれたのでしょうか。

 

佐藤から謎の封筒を受け取ると、ルシエは佐藤を追い払うようにドアを締めました。

 

受け取った書類は調査報告書。

 

目黒マサカズという名が記されたそれには、中年男性の写真が同封されています。

 

二人の出会いはネットから。

 

共通の趣味で盛り上がり、ファミレスで出会いました。

 

ルシエと目黒マサカズ。

 

実はこの二人こそが。0001でエイアとユウガが賭けをした時、その対象になっていた二人です。

 

相手が中年だった事に落胆しつつ、話を聞いてくれる事に当時のルシエは安心していました。

 

しかし、本来ならば心霊スポットを巡るはずだった車は埠頭(ふとう)で停車し。

 

マサカズは態度を一変させます。

 

ルシエに強引に迫り拒否されると、力づくで押し倒すとそのままルシエを乱暴。

 

証拠となる写真を取り、ルシエを埠頭に捨てて逃走したのです。

 

ルシエは復讐の手段を探していました。

 

そんなルシエがネットで見つけたのがSCM。

 

迷わず購入しましたが、どうやってマサカズにSCMを付けさせるのか、それが問題です。

 

考えあぐねたルシエがふと見つけたのは、SCM所有者専用サイト。

 

求められるままにシリアルナンバー0002を打ち込み接続。

 

すると、なんと開いたのはSCM装着者の位置を示す地図でした。

 

しかも所有者が主人か奴隷かまで一目瞭然です。

 

ルシエから一番近いSCMは目黒マサカズの住所と同一の阿佐ヶ谷。

 

ルシエは確かめるべくSCMを探しに出ます。

 

現地に到着しますが、地図の範囲が広く特定できません。

 

覚悟を決めてSCMを装着するルシエ。

 

直後、ルシエの装着したSCMが強く振動します。

 

気づいたときには遅く、相手も同じようにSCMの警告を受け取ったはずです。

 

思わず逃げようとするルシエ。

 

そんな彼女を呼び止め追いかけてきたのは、目黒マサカズではありませんでした。

 

金髪を立てたジャージ姿の青年はルシエに追いつきます。

 

そしてSCMを手放したい、とルシエに告げます。

 

興味本位でSCMを購入したが、あるブログを読んで恐ろしくなった、と。

 

“春のジャマイカ”というそのブログ。

 

書かれていたのは、SCMによって奴隷にした女がどこまで従うかの実験についてでした。

 

生理的欲求の自制から、痛みに対する耐久。

 

そして、その奴隷の女はいまも奴隷ののの耐え続けているのです。

 

ルシエも話は理解しました。

 

しかし1点、腑(ふ)に落ちないことがあります。

 

どうして男はSCMを付け続けているのでしょうか。

 

男が言うには金がなく、SCMを売りたいのだと。

 

SCMを持ってる人間ならSCMの価値が分かるからと。

 

ルシエは1万円で男からSCMを買い取りました。

 

ルシエは思いついたのです。

 

このSCMを目黒マサカズに送りつけ、確実に勝てる勝負でマサカズを奴隷にしてやればいい、と。

 

そううまく行くわけはない、そう思わざるを得ません。

 

そもそも話の流れが奇妙でなにか違和感を感じます。

 

この違和感の元はSCMを売りつけてきた男性。

 

何か既視感があります。

 

確かあれは第一話でユウガと同席した恋人を名乗る男性。

 

今回の男とよく似ていたような…

SCM0003 目黒マサカズ

携帯に収めた女性の裸体をオカズに、女性者のパンティをかぶり自慰行為にふける男性。

 

目黒マサカズです。

 

鳴り響いく宅配便のチャイム。

 

届いたのは株式会社SCMと書かれた奇妙な小包でした。

 

幸運を呼ぶ新商品SCM(スーパーチャームマシーン)のモニター。

 

選ばれたので、お使いの上アンケートにお応えくださいと。

 

いかにもうさんくさい文面です、誰が信じるのでしょう。

 

それを信じるのがこの男、目黒マサカズでした。

 

さっそくSCMを装着しパチンコに出かけます。

 

座席に座るなりSCMが振動のアラームを鳴らしました。

 

困惑するマサカズの隣に現れたのは、

 

巨乳。

 

冒頭で男が見ていた裸体の張本人。

 

マサカズが乱暴したあの前話の主人公杉並ルシエでした。

 

逃げようとするマサカズに対し、ルシエは勝負を挑んできます。

 

勝てばもう一度ヤラせてやる、負けたら1万円よこせと。

 

勝負の内容は簡単。

 

軍資金5000円で、30分後にパチンコの「玉をより多く持っていたほう」が勝ちです。

 

マサカズも抜け目ありません。

 

ルシエが最初から玉を持っている可能性を目ざとく指摘します。

 

「自分で出した玉」が多い方という条件で納得することにしました。

 

勝負開始を告げると同時に、口の中に何か鳴ったような違和感を感じますが気にしません。

 

勝負時間30分は短い、などと思っていると。

 

残り15分。

 

マサカズは確変大当たりを引き当てます。

 

残り5分で再度大当たり。

 

残り3分の時点で玉差は2000発以上、マサカズの圧勝です。

 

勝利を確信してルシエの方を見るとマサカズ。

 

ルシエは隣の台から大量の出玉が詰まったドル箱を、持ってきて積み上げ始めました。

 

勝負の内容は「自分で出した玉」が多い方。

 

ルシエは事前に別の台で出した玉を隠していたのです。

 

事前に持ってた出玉がダメなんて条件はない。

 

そういうルシエにふざけるなと襲いかかろうするマサカズ。

 

反面、その言葉に思ってしまっていたのです。

 

やられた、負けたと。

 

カチカチと奇妙な音を立てるマサカズのSCM。

 

乱暴するなと叫ぶルシエの声を聞いた途端、マサカズの全身が恐怖で硬直します。

 

逃げることもできずルシエに逆らえないマサカズ。

 

マサカズはルシエの奴隷になったのです。

 

マサカズの部屋。

 

全裸で四つんばいになるマサカズをイスにして座り、ルシエはSCMの説明書を確認しています。

 

1.奴隷の死にかかわる行為はさせられない

2.感情を操ることは出来ない

3.人間の企画はこえられない

4.生理現象の制限は奴隷の忍耐力次第

 

自分の顔を殴ってみて。マサカズはルシエの命令に逆らえません。

 

SCMを外すな、という命令にも逆らえません。

 

ルシエは宣言します。

 

まだ復讐する相手はいる、と。

 

マサカズに埠頭に置き去りにされた後、ルシエは他の男たちにも重ねて乱暴されていたのです。

 

マサカズに奴隷としての最初の仕事が提示されます。

 

特定した1人目のレイプ犯のところにルシエを連れて行くこと。

 

車の座席にルシエを乗せ、張り込みます。

 

帰宅中の男を見つけると、次の指示はその男の拉致でした。

 

命じられるままに男を縛り上げて拉致。

 

ズボンを切り裂き局部を露出させると、ルシエは喜々としてその局部の撮影を始めます。

 

…悪夢はまだ終わっていません。

 

続くルシエの命令は、男のモノをしゃぶれというものだったのです。

 

その様子を撮影し続けるルシエ。

 

悪夢の撮影会は続きました。

 

一人シャワーを浴びるマサカズ。

 

撮影会の様子が脳裏から離れず、突っ伏して嗚咽を漏らします。

 

が、何を思おうがSCMの呪縛から許されることはないのです。

 

マサカズの悪事には報いが与えられました。

 

SCMと奴隷という手段を得、復讐に取りつかれたルシエはこの後どうなるのでしょうか。

 

その結末に幸福があるとは到底思えません。

SCM 0004 豊島アヤカ

歌舞伎町のホストクラブにホストとゴスロリ風の少女。

 

女はチョキを出し、男はグーを出す。

 

女がわざと負ける、そんな約束がかわされ勝負が宣言されました。

 

カチッとSCMが反応する効果音。

 

ジャンケン勝負が始まり、男が出したのは打ち合わせ通りのグー。

 

一方、女が出したのはパー。

 

ごめんね、という言葉とともにSCMが作動。

 

セイヤと呼ばれたホストの男は少女の奴隷になりました。

 

セイヤを奴隷にした少女が豊島アヤカ、今回の主人公です。

 

アヤカはSCMのことを知っていたのです。

 

アヤカは”春のジャマイカ”というブログを見ていました。

 

そう、あの0002に登場した奴隷実験を続けるブログです。

 

アヤカをだまして奴隷にしようとしたセイヤを逆手に取り、逆にセイヤを奴隷にしたのでした。

 

なぜ奴隷にしようとしたのか尋ねるアヤカ。

 

奴隷は主人に対して嘘がつけません。

 

セイヤはアヤカがウザくなったと告げます。

 

奴隷にすればおとなしく金だけ落としてくれると。

 

アヤカが聞いていたセイヤの全ては嘘でした。

 

渡した金は全て私事に消えました。

 

一人で行ったというジャマイカ旅行は彼女との旅行でした。

 

アヤカは気持ちの悪いATMに過ぎませんでした。

 

…セイヤのために風俗を掛け持ちまでして病気までうつされて。

 

アヤカが一番つらいのは夢から覚めること。

 

なめろ。

 

セイヤはアヤカの命令に従います。

 

アヤカは夢から覚めたくないのです。

 

たとえ奴隷の感情を操ることは出来なくとも。

 

セイヤがアヤカを愛することはないと知っていても。

 

アヤカは春のジャマイカで見た記事を信じています。

 

2000時間で奴隷は主人に心までささげるようになると。

 

いつか必ず、セイヤの心を手に入れると。

 

彼女と別れさせたセイヤのマンションで、二人の同棲生活が始まります。

 

同棲して最初の命令は、前の彼女のものを捨てさせること。

 

親がいないというその子の写真を握りつぶし、全て捨てさせます。

 

出勤するセイヤを見送り、今度は客としてセイヤのホストクラブへ。

 

二人が同席した直後、二人のSCMが振動します。

 

誰かが近づいてきている。

 

緊張する二人の前に現れたのは、

 

大田ユウガ。

 

荒川エイア。

 

0001に登場したあの二人です。

 

二人と勝負をしにきたのだと。

 

主人はどちらかと問う二人に対し、動揺するアヤカをかばいます。

 

セイヤは自分が主人だと名乗り出ました。

 

セイヤは勝負は受けないと宣言しますが、二人は引き下がりません。

 

チーム戦で4人一気に勝負したいこと、

 

勝負の内容は問わず、アヤカたちが決めていいということ。

 

一方的に告げます。

 

少し時間をもらい席を離れるアヤカとセイヤ。

 

セイヤがアヤカに何か教えると、その必勝の策にアヤカが乗りました。

 

アヤカはセイヤを信じています。

 

セイヤが提示した勝負は「イッセーノ」。

 

一斉に親指を出して立ってる本数を予測する単純なゲームです。

 

最後に負けた人のチームが勝ったチームの奴隷になる、と。

 

勝負が始まるとアヤカの思惑通り、セイヤの一方的なペースで勝負が進んでいきます。

 

事前に出す本数を打ち合わせておけば負けるわけがありません。

 

流れるようにセイヤが1抜け。

 

そこでふと気づきます。

 

セイヤが抜けてしまえば、

 

もうアヤカ一人ではイカサマはできないということ。

 

ユウガが2抜けしました。

 

SCMは奴隷の感情までは操れないのです。

 

セイヤに対する疑念がアヤカを覆います。

 

が、アヤカの信念は決して曲がりません。

 

誰にも邪魔させない、その決意がアヤカに勝利をもたらしました。

 

全てを得たはずのアヤカ。

 

ユウガとエイアに正座を命じます。

 

SCMの効果は絶対、二人もまたアヤカの奴隷になったはずです。

 

なのに、平然として動じない様子の二人。

 

ありがとう、とユウガは言います。

 

ユウガはSCMの実験をしていたのでした。

 

SCMが判断しているのはたった二つだけ。

 

勝負の開始と、持ち主の敗北感。

 

二人が奴隷にならなかった理由は単純です。

 

最後に負けたエイアがSCMをつけていない。

 

勝負はSCMをつけた人間だけに適応されます。

 

ではどうなるのでしょう。

 

敗者はSCMをつけた人間で最後に負けた人間。

 

そう、つまりアヤカです。

 

アヤカがその心で敗北を認めると、

 

ただちにSCMが作動しました。

 

アヤカとセイヤはユウガの奴隷となったのです。

 

もうセイヤはアヤカの奴隷ではありません。

 

セイヤの平手がアヤカの顔面をとらえ、アヤカの夢は終わりました。

SCM 0005 新宿セイヤ①

雪が舞い散る歌舞伎町。

 

ゴミに埋もれているのは新宿セイヤ。

 

0004でユウガたちに敗れて奴隷となったセイヤです。

 

そのセイヤに優しく声をかける天使のような少女、ジュリア。

 

ジュリアはセイヤにカイロを差し出し、セイヤは恋に落ちました。

 

やがて二人は付き合い始め、セイヤのマシションで同棲をはじめます。

 

二人で行った記念の旅行はジャマイカ。

 

旅先で二人は一生を誓い合うのです。

 

そう、ジュリアこそがアヤカが握りつぶした写真に移っていた彼女。

 

セイヤがジュリアと幸せになるにはアヤカの存在が邪魔でした。

 

ならばアヤカを奴隷にしてしまおうと企(たくら)んだセイヤでしたが、

 

奴隷になったのはセイヤです。

 

アヤカの命じるままにジュリアに別れを告げ、マンションから追い出すセイヤ。

 

アヤカに対する怒りも憎しみも、殺意さえもSCMに抑えられ付けているのです。

 

そんな時にユウガたちが来店。

 

セイヤはアヤカが勝負を受ける方向に促すことに成功しました。

 

アヤカが負けを認めた瞬間、抑制された怒りが爆発。

 

しかし、アヤカを殴りつける腕はユウガの一声で静止するのです。

 

逆らうことはできません。

 

新たな主人の奴隷となったのですから。

 

歌舞伎町のラーメン屋。

 

話し合っているのはエイアとユウガ。

 

SCMの危険性を説き、奴隷の解放を促すエイア。

 

対してユウガはまったく聞く耳を持たない様子。

 

エイアは怒って店を飛び出し、ユウガは後を追います。

 

後に残されたのはセイヤとアヤカでした。

 

あっけにとられながらも、殴ったことをアヤカに謝罪するセイヤ。

 

その後、一カ月ほど平穏な日々が続きました。

 

そんなセイヤを尋ねてきたのはジュリア。

 

アヤカによって別れさせられたあのジュリアです。

 

ジュリアは嘘をついています。

 

解放されたセイヤはジュリアを探しましたが、連絡を取ることができていませんでした。

 

それに手入れのされてない様子の身なり。

 

それでも…。

 

もう離さないとジュリアの手を握るセイヤ。

 

離したらセイヤの負けだよ、とジュリアは告げます。

 

まるで愛の告白を受け入れるように。

 

また一緒に暮らそう、とセイヤ。

 

ジュリアは笑って。

 

ジュリアが語り始めます。

 

セイヤと分かれてから親戚の家で暮らしたこと。

 

そこでリュウオウ様に出会ったこと。

 

ジュリアが肩肌をさらけ出すとそこには、桜の花びらと龍の文字のタトゥー。

 

ジュリアはリュウオウ様のもの。

 

それはセイヤに対する拒絶の宣告でした。

 

ジュリアはSCMを取り出し、セイヤの眼の前で装着します。

 

SCMは24時間以内なら外してもよく、外していれば警告も鳴りません。

 

ごめんなさい、そう言ってジュリアはセイヤの手を振り払いました。

 

セイヤに響くSCMの作動音。

 

「ジュリアの手を離したら負け」

 

あの時にSCMの勝負が成立していたのです。

 

SCMを外している時に勝負を開始しても、短時間のうちにSCMをつければ勝負は有効。

 

SCM裏ルール”先行勝負”。

 

セイヤはジュリアの主人、リュウオウ様の奴隷に堕ちました。

 

新宿セイヤ編の後半を残したまま、第1巻は終了します。

 

リュウオウ様とは一体何者なのでしょうか。

 

エイア・ユウガ組はリュウオウ様と戦うことになるのか。

 

復讐に燃えるルシエは二人にどうつながってくるのか。

 

エイアが述懐する後悔とはなんだったのか。

 

そしてSCMとは。

 

答えはこの物語の先にあるのです。

 

前話でチョイ役として登場した人物や事柄が先の話で重要事項になる。

 

物語は複雑に絡み合い、読み飛ばすことができません。

 

自分たちもこの奴隷ゲームに巻き込まれているかのような感覚。

 

一気に読み進めてしまうことになりました。

 

一読前は”奴隷”という強烈な単語に引っ張られてしまうかもしれません。

 

しかし、そこから生まれる人間ドラマ、駆け引き、そして謎解き。

 

そういった点に主眼を置くとこの作品はもっと楽しめると思います。

おすすめ記事