幻想グルメ全巻無料で読む方法紹介!漫画バンクrawは危ない|アプリでタダ?アニメ化予定は?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『幻想グルメ』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。

Contents

『幻想グルメ』は漫画アプリ『マンガUP!』で全巻無料で読める?

いきなり、結論です。

 

『幻想グルメ』はこちらのスクウェア・エニックスが運営する漫画アプリマンガUP!にて全巻無料で読むことができます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガUP!』はスクウェア・エニックスが運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガUP!』では『幻想グルメ』を惜しげもなく1巻から最終巻まで無料で公開してくれています

 

安心安全に、そしてタダで『幻想グルメ』を全巻読破したい方は『マンガUP!』を使う方法が最もお得です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶりや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • アオアシ

などなど…

 

ヤンジャン
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス
  • ラジエーションハウス

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガUP!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

次に『マンガUP!』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

 

『マンガUP!』の基本的な使い方

『マンガUP!』に掲載されているマンガを無料で楽しむには、アプリ内アイテムである『MP(マンガポイント)MP+(マンガポイントプラス)を使用して読むことになります。

 

簡潔に言うと『MP(マンガポイント)』『MP+(マンガポイントプラス)』などを使うことで、1日1作品において、12話分以上のマンガを無料で読むことが可能です。

 

要するに1日に最低でも単行本1冊分に値する量のマンガを『マンガUP!』にてタダで楽しむことができるということです!

 

『幻想グルメ』も1日に12話分以上、読み進めることができます。

 

『マンガUP!』で使うアプリ内アイテム『MP(マンガポイント)』『MP+(マンガポイントプラス)』のそれぞれの使い方を詳しくみていきましょう!

『マンガUP!』のMP(マンガポイント)とは?取得方法と使い方を解説

MP(マンガポイント)とは?
  • MPとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝8時、夜8時に120MPずつ配布される(1日に計240MP)
  • 30MP消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単なMPの取得方法と使い方の説明です。

 

毎日、配布される計240MPを使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムがMPです。

 

但し1点だけ注意があり、MPを120MP以上貯めこむことは出来ません

 

朝8時に120MPが配布され、その120MPを使わずに夜の8時を迎えたとしても新たに120MPが加算されることはありませんので注意が必要です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

『マンガUP!』のMP+(マンガポイントプラス)とは?取得方法と使い方を解説

MP+(マンガポイントプラス)とは?
  • MP+とは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • MPがなくなってしまった場合でもMP+を使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガUP!』新規ダウンロード特典で750MP+(25話分)が付与される
  • 毎日、短い広告動画を1度見るだけで30MP+(1話分)が付与される

以上が簡単なMP+の取得方法と使い方の説明です。

 

下の画像のように『マンガUP!』新規ダウンロード特典では、750MP+25話分)が無料配布されます。

 

そして毎日、短い広告動画を視聴することで30MP+1話分を取得することが出来ます。

 

アプリを起動すると画面右下に「ヒヨコ?」のようなピーナップくんというキャラが鎮座しているので、タップしましょう!

すると「短い動画を見る」というボタンが表示されるので、タップして短い広告動画を視聴します。(広告を見ずに流してるだけでもOK!)

たったこれだけの労力で、30MP+(マンガ1話分)が手に入ります。

 

やらない手はありませんよね(^^)/

短い広告を見て30MP+を獲得できるシステムは毎日、夜0時に回復します。

他にもMP+を取得する方法があります。

 

ホーム画面上に表示される「クエスト」をクリアしていく方法です。

 

「クエスト」と言っても簡単なもので、例えば「マンガUP!に毎日ログインする」「~のマンガを3話まで読む」などの条件をクリアすることで、難易度に応じてMP+(マンガポイントプラス)が付与されます。

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

『MP(マンガポイント』『MP+(マンガポイントプラス)』以外で1日3話分のマンガを読む

先ほど紹介した『MP』『MP+』が0ポイントになってしまった場合でも1日に3話分のマンガを無料で読むアプリ内システムがあります。

 

その仕組みがコチラ。

 

読みたい”話(はなし)”のページへ飛ぶと、「動画を再生して読むと表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで新たに1話分のマンガを無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • MPを利用して1日8話分のマンガを無料で読む
  • 広告視聴やクエストをクリアして獲得したMP+を利用してマンガを無料で読む
  • 短い広告動画を最大3本見て、3話分のマンガを無料で読む

以上の事から『マンガUP!』は、1つの作品において、1日に最低でも12話分のマンガを無料で読むことのできるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります!

 

ぜひ、この機会に遠慮なく無料で読ませていただきましょう!!(^^)/

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『幻想グルメ』のあらすじ紹介!

階段で足を滑らせ、異世界にやって来た主人公の俊一郎(シュンイチロー)。

 

シュンイチローは、先代当主の死後没落した四大貴族のひとつ、サキュバール家の再興のため、現当主バートに雇われ、地球で培った知識と経験を活かしてビジネスを成功させていきます。

 

バートがどんどんと持ってくる他国や他の四大貴族、発明王などとのスケールの大きな仕事に忙しく過ごすシュンイチローですが、地球にいた頃から、食には目がない一面も持っています。

 

そんなシュンイチローが、メイドのシルフィンや、様々な登場人物とともに楽しむ、異世界ならではのファンタジーなグルメの数々。

 

一体どのようなお味なのでしょうか。

 

また、始めはこの世界の人間ではない自分に、この世界にできることなどないのではないかと考えていたシュンイチロー。

 

仕事やそこで出会った人々、シルフィンと過ごす時間を通して、どのように変わっていくのでしょうか。

『幻想グルメ』見どころ紹介!

見どころ①ファンタジー感たっぷりの料理と世界観!

ステーキやパンケーキ、シチューなど地球にも存在するような料理もたくさんでてくる『幻想グルメ』。

 

しかし、それに使用されている食材は、地球では目にすることはできないようなファンタジー感たっぷりのものばかりです!

 

ドラゴンやマンドラゴラ、人魚の涙といった、なんとか想像できそうな食材から、炎など一瞬え?と思ってしまうような食材まで様々で、見るのも、味を想像するのもワクワクします。

 

見た目は素晴らしくワクワクするものばかりですが、実は味は美味しいばかりではないんです。

 

食感も味も様々な特徴があり、微妙なものもあるのですが、それもツッコミどころかなと思います。

 

さらに、料理の見た目もおいしそうで最高なのですが、食通のシュンイチローと実は表情豊かなシルフィンの料理を楽しむ幸せそうな姿もかわいいので、ぜひご覧ください。

見どころ②ファンタジーな登場人物たちと世界観

料理だけではなく、世界観にも注目です。

 

まず、この世界に住む、様々な人種、生き物たち。

 

この世界で人間はシュンイチローだけと言っていいでしょう。

 

メイドのシルフィンは銀狼(ぎんろう)族。

 

ふさふさの耳や尻尾、するどい牙を持っていますし、髪もシルバーでかわいいです。

 

雇い主のバートは一見、人間っぽいですが、エルフのようにとがった耳に、指先にはするどい爪が。

 

他にも魔法使いやドラゴン、一つ目、三頭族(さんとうぞく)といったように様々なファンタジーなキャラクターがたくさん登場します。

 

そしてそのキャラクターたちが暮らす世界にもファンタジーがいっぱいです。

 

なんとこの世界、魔法や精霊が存在するんです!

 

1巻でも魔法で作られた水槽のない水槽やリザードマンのリュカの巨大な魔法など、たくさんのワクワクする描写が。

 

目立って魔法を使うシーンというよりかは、異世界での生活の中に自然に魔法や精霊といった存在が溶け込んでいる場面が多いので、読んでみるとこの世界に引き込まれます。

 

食材にも精霊や魔法が関係するものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

見どころ③登場人物たちの恋の行方!

各所でバートに冷やかされるシュンイチローとシルフィン。

 

最初はそんな関係ではなかったのですが、お互いに意識し始めています。

 

シュンイチローは見た目でメイドにシルフィンを選んだようですし、最初からシルフィンのことはかわいいとは思ってたんでしょうね。

 

何度も食事を共にするたびに、少しずつお互いのことを知っていく二人の関係は最終的にどうなっていくのでしょうか。

 

シュンイチローとシルフィンだけでなく、実はバートにも好きな人が。

 

これは物語の後半で明かされるのですが、長い間片思いをしていたそうです。

 

その相手は…誰なんでしょうね。

 

物語の最後にちらっと描かれているのですが、とってもかわいくて笑顔になってしまいます。

 

あとはこの漫画の中で、ラブラブカップルと言えば、ドラグリュード航空社のリュカとノブくんですよね。

 

この二人がラブラブなのがうらやましくて…という登場人物も。

 

恋愛要素がメインではないマンガですが、実はニヤッとしてしまうようなシーンも多いです。

 

登場人物たちの恋の行方にもご注目ください。

『幻想グルメ』の登場人物紹介!

桂木 俊一郎(カツラギ シュンイチロー)

 

地球からやって来た元サラリーマン。

 

地球で培った知識と経験を活かして、異世界でもビジネスを成功させるやり手で、その手腕に様々な仕事が舞い込みます。

 

珍しくておいしいものに目がなく、忙しい仕事の合間でも様々なグルメを楽しんでいます。

 

基本的に単純で、食べ物にも魔法にも「うまい」「すごい」と素直な反応を見せます。

 

そんなところも皆に気に入られる理由かもしれません。

シルフィン

 

シュンイチローの屋敷で雇われている銀狼族のメイド。

 

料理がうまく、その腕前は食通のシュンイチローにも褒められるほど。

 

普段は無表情ですが、高そうなレストランに慣れておらず、緊張したり、高所恐怖症だったり、美味しいごはんや初めて見る景色に目を輝かせたりと、意外と表情豊かです。

 

食い意地も結構張っていて、シュンイチローにも引けを取りません。

 

シュンイチローの思わせぶりな言葉や行動に振り回される、かわいい姿も。

バート・サキュバール

 

四大貴族のひとつ、サキュバール家の現当主で、シュンイチローの雇い主兼親友。

 

見た目は一見、軽そうで、冗談を言うことも多いのですが、実はサキュバール家の再興を真剣に考え、尽力しています。

 

恋愛に関しても一途で、じつは真面目なタイプなようです。

シャロン・エルダニア・ロプス

 

四大貴族のひとつ、ロプス家の現当主。

 

一つ目で額に1本の立派な角を持ちます。

 

エルダニアの領主でもあり、ホテル王とも呼ばれています。

 

多くの事業を行う彼女ですが、仕事しかしてこなかったため、友達も少なく、恋人も友人も仕事も持っているリュカをうらやましがる一面も。

 

シルフィンと友達になって、シルフィンから貰ったプレゼントをガラスケースに飾るかわいい姿も描かれています。

アイジャ・クルーエル

 

エルダニア出身の魔法使いで、オスーディア魔法学院を最年少で卒業した天才です。

 

雷魔法を専門とする、魔導機関や魔力発電の開発者で、今では発明王と呼ばれています。

 

王国を勝利に導いた大戦十傑の1人で、リュカの憧れ。

 

サバサバした、できる女性という感じですが、教え子のリュカを大事にしていたり、自分の前で「世界を変える」と言うシュンイチローを気に入ったり情に熱い人物のようです。

 

大酒飲みで、そこそこ酒には強い方のシュンイチローにも「うわばみ」と言われています。

リュカ

 

リザードマンの女性で炎魔法を使う魔法使い。

 

露出の多い服を着ていて、一見ギャルのような見た目だが、オスーディア学院を首席で卒業しており、アイジャの教え子でもあります。

 

昔の戦闘魔法のような強さやかっこよさに憧れており、現在まるで燃料のような魔法使いの扱いを少し寂しく思っています。

 

シャロンとは学生時代は仲が良かったのですが…。

 

今は、恋人のドラゴンのノーブリュードと共に、ノーブリュード航空社として働いています。

ドラグ・ノーブリュード

 

竜の巣出身のドラゴン。

 

リュカの彼氏で、一緒に、ノーブリュード航空社として働いています。

セシリア・オスーディア・オスーディエルト

 

オスーディア王国の第一王女。

 

物語の中で、戴冠式が行われ、国王となりますが、実情は、その権力は決して大きくはありません。

 

性格は心優しく、王国の民のことを想う真面目さも。

 

しかし、意外と大胆な一面もあり、城から脱走してシルフィンと出会い、友人になります。

 

実はそれ以降、たびたび脱走しているとか…。

サリア・キュリオシテ・アキタリア

 

精霊大国のアキタリア皇国の第3皇女で、皇族一の女傑にして変わり者。

 

いたずら好きで、アキタリアの皇室だけで秘伝栽培されていた蛍木の光玉をばらまいたのは実はこのお方です。

 

ふざけるばかりではなく、国の繁栄や未来のことを考える姿は素敵です。

 

見た目は幼く見えますが、実は…。

『幻想グルメ』の世間の評価は?

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『幻想グルメ』序盤ネタバレ紹介!

第1話 ドラゴンのステーキ

レストランで、期待で心をふつふつと震えさせる主人公のシュンイチローと、少し緊張した様子のメイドのシルフィンの目の前には、なんとも肉厚な「ドラゴンのステーキ」が。

 

二年前、主人公の桂木俊一郎(作中ではシュンイチローと呼ばれています。)は階段で足を滑らせ、異世界にやって来たのでした。

 

現在、異世界で働くシュンイチローは屋敷を構えて、メイドにシルフィンを雇っています。

 

仕事はきっちりやってくれるのですが、いつも無表情で愛想がないシルフィン。

 

メイドを顔で選ばずに、面接に来ていた別のベテラン風のおばちゃんを選べばよかったと、シュンイチローは少し後悔中です。

 

シュンイチローの雇い主は、四大貴族のサキュバール家の主人バートです。

 

バートの父親の死後没落したサキュバール家の再興のため、シュンイチローは雇われ、地球で培った知識と経験を活かして現代ビジネスを成功させました。

 

バートはシュンイチローに上流階級(ジェントリ)の地位を与えたいようですが、シュンイチローは(貴族なんて…この世界で責任を負う立場になってどうする。そもそもここには“人間”は一人もいないというのに)と、消極的に考えています。

 

ある夜、新しくできた評判の店に食べに行くことにしたシュンイチロー。

 

いつもの無表情なシルフィンをディナーに誘ってみます。

 

シルフィンは、垂れていた耳を少し嬉しそうに上げて、「それはお仕事と受け取ってよろしいですか?」といつもの無表情を崩して微笑みました。

 

「魔力発電」の電気で光る電灯で明るく照らされた夜の街を店に向かって歩きながら、シュンイチローは異世界にやってきたばかりの頃、「魔法」というファンタジーな響きに胸を躍らせていたことを思い出していました。

 

しかし、町中に張られた電線や都市をつなぐ「魔導鉄道」、そしてそれらの利権を巡る貴族たちによる政治闘争などを知ったシュンイチローは、ここは地球と何も変わらない、ファンタジーなど何処にもない、と感じているのでした。

 

お店についたシュンイチローとシルフィン。

 

料理を待つ2人に鉄板に乗った厚さ5センチ、直径30センチもありそうなドラゴンのステーキが運ばれてきました。

 

地球ではお目にかかれないような食材に興奮するシュンイチロー。

 

しかし、シルフィンはこういったお店には縁がなく、緊張してしまうと赤くなってしまいます。

 

シュンイチローは「心配するな。女の“初めて”にケチをつける男など何処にもおらん。」と気にしないように言い、2人はステーキを食べ始めました。

 

ドラゴンのステーキのナイフを弾く弾力に興奮していたシュンイチローですが、なんとこのドラゴンのステーキ、まるで牛肉の繊維を何重にも層にしたような、めちゃくちゃな硬さだったのです。

 

嚙み切れずに噛み続けているうちに、ソースや香辛料の味がなくなり、ドラゴン肉特有の臭みだけが残ります。

 

がっかりするシュンイチローの前で、シルフィンはおいしそうにステーキを頬張ります。

 

不思議に思ったシュンイチローが周りの席を見ると、美味しそうに食べる獣人の姿と対比的な、困ったような表情のエルフが目に入ります。

 

そこで、どうやらここは鋭い牙を持った獣人に人気のお店だということに気が付きます。

 

次からはエルフに人気の店にしようと思いつつも、今日のところは、いつも無表情なシルフィンが美味しそうに食べる姿が見られたから良いか、と思うシュンイチローでした。

第2話 ジュエルロブスター

魔導鉄道に乗って、貿易の要、港町「ニルス」に向かうシュンイチローとシルフィン。

 

その目的は貿易ではなく……シーフードです。

 

ニルス駅で降り、アキタリアの皇女さまもいらしたことがあるという、評判のお店に向かいます。

 

魚や貝なら王都でも食べられるのにというシルフィンに、シュンイチローは、王都で食べられるのは塩漬けや干物で、港町で食べる新鮮なシーフードは格別だと答えます。

 

海を見たことがなく、学校で海はたくさん水のあるお風呂のようなものだと習ったシルフィンはその違いがあまり理解できません。

 

こう見えて、高等学校を卒業していると自慢げに言うシルフィンですが、そのあと、初めて海を見て、教科書ではわからない世界に目を輝かさせるのでした。

 

店についた二人は、店内の魔法でできた水槽に驚き、料理への期待を膨らませます。

 

ファンタジーの世界でしか食べられないような料理をと、シュンイチローが注文したのは“ジュエルロブスター”。

 

調理する前のルビー種とサファイア種のジュエルロブスターは、一見ただのエビ。

 

少しがっかりしたシュンイチローですが、その調理後の姿に大興奮!

 

調理されたジュエルロブスターはピカピカと輝き、まるで本物の宝石のようです。

 

しかも食べた後の殻は持ち帰っていいそうです。

 

美しい見た目から味はあまり期待できなそうだと感じるシュンイチローですが、なんと味も濃厚で、日本でもなかなか食べられないレベルです。

 

海老味噌まで綺麗に食べつくしたシュンイチローは「食い過ぎたな」と大満足で店を出ます。

 

シルフィンはジュエルロブスターの殻を集めて、そんなシュンイチローを追いかけるのでした。

第3話 蛍木の光玉

新しい事業の話をするために、屋敷にバートがやってきました。

 

王都と並ぶ地方都市「エルダニア」を支配する四大貴族のロプス家とエルダニアが誇る世界最高の魔法使い「発明王」の共同開発に噛ませてもらえることになったというのです。

 

バートはその用件を伝えると、珍しくて美味しいものが好きなシュンイチローに手土産を置いて帰っていきました。

 

桐箱に入った手土産の中身は、元はアキタリア皇国で秘伝栽培されているもので、その苗木を盗んだアホが勝手に栽培したものだそうです。

 

野菜か果物かと考えながら桐箱を開けると、蛍光色に光る実のついた苗木が入っていました。

 

高等学校を卒業したシルフィンは、「蛍木の光玉」という皇族の戴冠式などの重要な儀式で飾ったり、食べられたりするらしいと聞いたことがあると言います。

 

シュンイチローは食べられるのか少し不安に思い、一粒目をシルフィンに食べるように勧めます。

 

苗木からもぐと、少しずつ光が弱くなっていく蛍木の光玉を一口食べたシルフィンは「むぅ~~~~~~~!!!!」と叫び口を押さえます。

 

始めはとても酸っぱいけれど、どんどん甘くおいしくなってきたと微笑むシルフィン。

 

シュンイチローも一粒食べてみると、レモン以上、まるで劇物のような酸味が口の中に広がりますが、徐々に酸味が弱まり、果物のジャムのような甘味が高まっていきます。

 

二人は口の中で変化する味に夢中になって実を食べきってしまいました。

 

シルフィンが苗木を片付けるために部屋を出ていき、部屋に一人になったシュンイチローは考えます。

 

街灯すら灯っているこの世界で、自分にいったい何ができるというのだろう。

 

さきほどの幻想的な輝きに包まれていた時間の自分は、少しはこの世界に溶け込んでいただろうかと。

 

この世界で生きることに少し前向きになった様子のシュンイチローは、自分の椅子と机しかない執務室に、シルフィン用のソファーとローテーブルを買うのでした。

 

別の日、シュンイチローに今日はもうあがっていいと言われ、シルフィンは仕事を片付けて自分の部屋に戻ります。

 

そこには接着剤でつなぎ合わされたジュエルロブスターの殻と蛍木の光玉の苗木が飾られているのでした。

第4話 マンドラゴラのシチュー

シュンイチローの屋敷の裏庭の畑はシルフィンが世話しており、様々な野菜とともに「マンドラゴラ」も植えられています。

 

マンドラゴラは根の中に魔力を貯めることができ、ちゃんとした魔法使いに育てられると、魔力が宿り、育てた本人そっくりに成長するそうです。

 

魔力はないシルフィンですが、シュンイチローが好きそうだという理由で育ててくれていたようです。

 

ファンタジーっぽい食材だとシュンイチローは大興奮。

 

どんな姿にマンドラゴラが育っているのか、抜いてみると、シルフィンそっくり…とは言えない、喋るマンドラゴラが出てきました。

 

シルフィンはマンドラゴラを地面にたたきつけて気絶させると、マンドラゴラがまるのまま入った「マンドラゴラの丸煮シチュー」を作ってくれました。

 

料理が上手なシルフィンの作ったシチューは自家製ルーにニンジンや鶏肉が入って、主役のマンドラゴラもほくほくで、身体が必要としている栄養を持ってきてくれたような味だとシュンイチローは大満足です。

 

食べている途中でシュンイチローは、自分がまるごと食べてしまうと、シルフィンの分のマンドラゴラがないことに気が付きます。

 

自分はあとでシチューだけ食べるというシルフィンに、シュンイチローはせっかくだからと、何の気なしにマンドラゴラを一口あーんしてあげるのでした。

 

その後、ちょうど食べ終わったころにバートから速達が届きます。

 

バートによると急な仕事があり、シュンイチローに明日までにエルダニアに行ってもらいたいとのこと。

 

エルダニアには最低でも2日はかかるため、明日にエルダニアに行くのは無理なはずですが…

 

よく見ると手紙にはもう一通の便せんと「ドラグリュード航空社」と書かれたチケットが。

 

シュンイチローはエルダニアに向かうため、チケットを持ってバートから聞いた待ち合わせ場所へ。

 

待ち合わせ場所の酒場には、リュカというリザードマンの女性が待っていました。

 

エルダニアまでなら明日の昼までには連れて行ってやるというリュカ。

 

一体何に乗っていくのだろうかと考えるシュンイチローに、リュカは「ドラゴンに乗ったことはあるか」と問いかけるのでした。

第5話 炎のカーテン

リュカの「ドラゴンに乗ったことはあるか」という質問に、シュンイチローは戸惑いながら食べたことならあると答えます。

 

リュカは「それは食用のドラゴンモドキでパチモンだ」と大笑いします。

 

本来の竜種は土地神のようなもので、それを食べようものならドラゴンたちに街ごと焼き払われてしまうと。

 

そんなドラゴンに乗れるのかと疑問に思うシュンイチローの前に、リュカが連れてきたのは超巨大なドラゴン、その名はドラグ・ノーブリュード。

 

リュカの彼氏「ノブくん」です。

 

リュカが魔法で温度や風を調節してくれて快適なノーブリュードの背中で、リュカに、自分は魔法のことは属性があることくらいしか知らない、とシュンイチローは言います。

 

そんなシュンイチローに、リュカは魔法が先の「オスーディア大戦」で軍事技術であったことを教えます。

 

精霊大国アキタリア陣営についた「竜の巣」のドラゴンたちに、魔法大国オスーディアは勝ち目がないかと思われたが、10傑と呼ばれる10人の魔法使いが戦況をひっくり返したのだといいます。

 

しかし今は平和になって、強さが求められる時代は終わったようです。

 

魔力発電のおかげで魔法使いは燃料扱いで、魔法をどうやってエネルギーとして利用できるかという話題しかない、それが嫌なわけじゃないけど、とリュカは少しさびしそうです。

 

そんなリュカを見て、シュンイチローは、リュカは何を目標に魔法の道を進んだのだろうかと考えます。

 

そんな話をしているうちに魔法が解けたのか、風が吹いてきました。

 

リュカはあっため直してやる、と魔法陣を介して、とてつもなく巨大な火を噴きます。

 

それはまるで火の柱のようです。

 

シルフィンが「まさか土地神様のお怒りに…!」とびっくりしたのを見て、シュンイチローとリュカは微笑むのでした。

第6話 スイートレント

エルダニアに着くと、シュンイチローはリュカに、いいものを見せてもらったと、昨日の炎魔法のお礼を伝えます。

 

リュカはその言葉に目を丸くすると、高価なノーブリュード航空社のチケットを何枚もくれたのでした。

 

リュカたちと別れたシュンイチローとシルフィンは、お腹が空いたので軽食をとることにしました。

 

入ったカフェで、エルダニアっぽいメニューはあるかと聞くと、スイートレントのパンケーキがおすすめとのこと。

 

シルフィンによるとトレントというのは木の魔物のことだといいます。

 

一体どんなものがでてくるのだろうと考えるシュンイチローたちの前に持ってこられたのは、年輪もきちんとある、厚さどっしりの木の輪切りが3つ重ねられたかわいらしいパンケーキです。

 

早速、スイートレントの樹液のシロップをかけて食べ始めます。

 

食べてみると、どことなく木の香りを感じさせる、ふんわりと上質なパンケーキ。

 

さらさらとして、甘さ控えめの樹液もおいしいのですが、この世界では甘味は高級品でちょっぴりしか付いていません。

 

シュンイチローは大事な商談前に飯でケチるとロクなことがないと、お店にあるだけの樹液を追加して、シルフィンとあまーいパンケーキを楽しんだのでした。

 

軽食のあとは商談です。

 

相手はなんとこの街で一番偉い、エルダニア領主、四大貴族のロプス家です。

 

エルダニア領主の屋敷に着くと、案内された部屋には一つ目の女性が待っていました。

 

そして女性は、自分がロプス家当主、シャロン・エルダニア・ロプスだと名乗るのでした。

 

ここで1巻は終了になります。

 

ロプス家当主はなにやらすごい迫力ですね。

 

果たして商談はうまくいくのでしょうか、続きが気になりますね。

『幻想グルメ』アニメ化予定は?

『幻想グルメ』のアニメ化予定は、2021年10月現在ありません。

 

全7巻と少ないため、できて1クールです。

 

今後、アニメ化が発表され次第、追記いたします。

おすすめ記事