愚連街の最終回結末ネタバレ【漫画原作完結】その後の最後は?黒幕の正体は誰?マハルとシーマのラストはどうなる?

おすすめスマホアプリ

 

漫画アプリで連載されていた人気マンガ愚連街

 

この記事では、『愚連街』の最終回・結末はどうなったのか?について分かりやすく簡潔にまとめていきます!

 

また『愚連街』を1巻から最終巻まで無料で読みたい!という方に『愚連街』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

 

最終回のネタバレの前に『愚連街』を全巻無料で読む方法です。

『愚連街』は漫画アプリ『マンガワン』で全巻無料で読める?

『愚連街』は、こちらの小学館が運営する漫画アプリマンガワンにて無料で読むことができます。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』は小学館が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガワン』では『愚連街』を全巻無料で配信しています

 

というのも『愚連街』は、『マンガワン』で独占連載されていた作品だからです。

 

安心安全に、そしてタダで『愚連街』を全巻無料で読破したい方は『マンガワン』を使う方法がベストです。

 

また『マンガワン』では、『愚連街』以外にも

  • 闇金ウシジマくん
  • 青のオーケストラ
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • めぞん一刻
  • 土竜の唄
  • からかい上手の(元)高木さん
  • 薬屋のひとりごと
  • ダンベル何キロ持てる?
  • おやすみプンプン
  • プロミスシンデレラ
  • 灼熱カバディ
  • 出会って5秒でバトル
  • サツリクルート
  • モブサイコ100

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、同じく小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『サンデーうぇぶり』で無料で読める主な作品一覧
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン

などなど…

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス
  • ラジエーションハウス

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガワン』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『愚連街』ってどんな話?あらすじ紹介!

主人公、天道マハル(てんどうまはる)は田舎から不良、チンピラ、半グレ、ヤクザ等のタチの悪い連中が集まる街「愚連街」へと上京してきます。

 

愚連街で虎坂シーマ(こかさしーま)や色々な仲間と出会い、愚連街で起きる数々の事件を解決していきます。

 

その事件の裏にはある組織の企みがあり、その組織の目的やマハルとシーマがどのように事件を解決していくか、その組織の最後の黒幕などが見どころです。

『愚連街』登場人物紹介!

天道マハル(てんどうまはる)

 

この物語の主人公で、田舎の施設育ちのヤンキーです。

 

性格は、とても人懐っこく仲間想いで他人でも人が傷ついていたら迷わず助けるといった真っ直ぐな心の持ち主です。

 

愚連街へは、田舎に居る時に愚連街でボクシングジムを経営しているという男に誘われて来ました。

 

喧嘩自慢のマハルですがある事件の犯人にボコボコにやられてしまいます。

 

もっと仲間を守れる力が欲しいと愚連街の「死蘇天魔(しすてま)道場」でヴォルゴフに死蘇天魔の技術を教えて貰います。

虎坂シーマ(こさかしーま)

 

「愚連街の鬼と呼ばれる男」の子供で、幼少期は「鬼の子」と呼ばれ怖がられていました。

 

シーマが中学生に上がる頃、鬼と呼ばれる父親が死に「鬼哭病(きこく)」という暴走族を作ります。

 

その鬼哭病も大きくなり、シーマの親友コテツと、敵対チームの総長のアタルの3人で創設した昔の愚連街の最大勢力「ルナーキー」の片翼(かたよく)を担うようなりました。

 

ルナーキーはある事件がきっかけでバラバラになり自然消滅してしまいました。

 

現在は、マハルと出会いずっと孤独だったシーマもマハルの事を相棒と呼び一緒に愚連街で起きる事件を解決していきます。

墓村(はかむら)しのぶ

 

愚連街の番人「九頭一家(くずいっか)」傘下の墓村組の組長です。

 

過去に墓村は、ヤクザに薬中毒の父親から助けて貰い「俺たちはいい人では無いが愚連街を良くしようとはしている」と言われて、幼少期の墓村にとってヤクザはヒーローでした。

 

現在は、墓村も組長になり愚連街を良くしようと違法店の取締りや愚連街で起きる事件を解決しようと動いています。

 

性格は、ドSで人を痛めつける事がとても大好きで拷問が得意です。

 

ですが、意外に優しく面倒見が良い親分肌で部下達には慕われています。

亜央山(あおやま)先生

 

表向きは「亜央山メンタルクリニック」という心療内科の病院を経営し、裏ではヤクザ五頭会(ごとうかい)愛用の闇医者をやっています。

 

なんでも詮索(せんさく)したがる性格で世話焼きです。

 

心療内科の先生ですが、治療の腕は抜群でマハルやシーマがケガをすると毎回お世話になっています。

カヅキッチ

 

本作中盤から登場するYooTuber(ヨーチューバー)で視聴者数を増やすために愚連街へやってきました。

 

カヅキッチはチャラ男でYooTubeで人気を取ることしか興味がありません。

 

愚連街で面白い話題が無いかと探していると、偶然にも愚連街で立て続けに起きている事件の現場を目撃し配信してしまいます。

 

そして、視聴者数をもっと増やすため事件の真相を探っているときに事件の犯人に見つかり殺されそうになるがマハルとシーマに助けてもらいます。

 

それを気に、マハルとシーマと一緒に行動を共にするようになります。

ヴォルコフ

 

ヴォルコフは、愚連街にある死蘇天魔(しすてま)という武術の道場の師範で街のみんなからは愚連街の良心と呼ばれ、夜には毎日「夜回り」といって愚連街で起きる喧嘩や暴力事件の仲裁をしています。

 

昔は、祖国ロシアで軍の格闘術教官をしており悪人への正義の執行(しっこう)に燃えていましたがマフィアと繋がっている軍の上層部に煙たがれて命を狙われ祖国を追われることになりました。

 

祖国を追われた後、愚連街を訪れることになります。

 

そこで、困っている人を助けようと路上で喧嘩をしているところに仲裁に入りますが刺されてしまいます。

 

そこに、当時の死蘇天魔道場の師範だったクリアという女性に助けられます。

 

ヴォルコフは、クリアという強い女性に惹(ひ)かれ道場に住み込みさせてもらいます。

 

ですが、クリアはある事件をきっかけに行方不明になってしまい、現在はヴォルコフが道場の師範をやっています。

 

正義感がとても強く、悪を見ると放っておけない性格をしています。

 

マハルの死蘇天魔の師匠でもあります。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『愚連街』最終章までのネタバレ紹介!

天道マハルの過去から現在

マハルは幼少期、田舎の施設で育ち、親しい年上のお兄さんとお姉さんがいました。

 

その施設の近くには森がありそこにはコトラという大きな虎が住んでいてマハルは小さい頃からコトラと遊んだり食事を分け与えたりして、親友という間柄になっていました。

 

ある日、ある事がきっかけでコトラが街へ降りてしまい街の人を次々と殺してしまい、最後には銃殺されてしまいます。

 

その時にマハルが親しくしていた施設のお兄さんも殺されてしまいました。

 

その事件は、コトラが街の人を47人殺した事から「シナトラ事件」と名付けられました。

 

マハルは、その事件で大切な人と親友を守れなかった事を後悔して生きてきました。

 

事件から数年後、マハルは地元で愚連街のボクシングジムを経営しているという男に騙され、田舎から愚連街へ訪れることになります。

愚連街での相棒との出会い!

マハルは上京初日、クルミという女の子のキャッチに捕まってしまいぼったくりバーへ行くことになります。

 

そこでヤクザの墓村(はかむら)の依頼でぼったくりバー等の違法店の調査に来ていた虎坂シーマ(こさかしーま)と出会い、勘違いから喧嘩になります。

 

その場は墓村達が収(おさ)めマハルとシーマは傷だらけなので愚連街で闇医者をやっている亜央山(あおやま)先生に治療してもらいました。

 

その日の事がきっかけでマハルはシーマの家に居候(いそうろう)する事になります。

 

最初は嫌がっていたシーマですがマハルの仲間想いで真っ直ぐな性格に惹かれ相棒と呼べる存在になってきます。

偽ルナーキーが起こす事件とその裏に居る「光」の存在!

マハルが愚連街で遭遇した事件が、動物虐待をしている人を狙ってその虐待内容と一緒の方法で殺害する事件があります。

 

その事件では、クルミが動物虐待をしていると勘違いされてその犯人達に拉致されてしまいます。

 

拉致された現場に居合わせたマハルと別で捜査をしていたシーマと2人でクルミを助け事件を解決します。

 

その後に起きる事件がシーマの幼馴染みの戸田ケイが起こす愚連街に新しく出来た帝ニュータウン関係者やビル等をリセットと称し爆破し昔の愚連街に戻す事を目的とした事件でした。

 

この事件も、マハルとシーマの活躍により帝ニュータウンのビルは爆破されたが毒ガスによる大量虐殺は食い止める事ができ戸田ケイも捕まえる事ができました。

 

愚連街リセット事件解決後にも、昔犯罪を犯したが法で裁けなかった犯罪者を私刑殺人(しけいさつじん)という形で全身の血を抜いて殺害し、公衆の場所に狼のマスクを被せ十字架に張り付けし見せ物にするという事件が起きました。

 

YooTuberのカヅキッチが偶然にも犯人の犯行現場を生配信してしまった為、ネットで一気に話題になりました。

 

マハルとシーマは、その犯人を追い詰める事が出来たのでしたがその犯人がマハルの死蘇天魔(しすてま)の師のヴォルゴフなのでした。

 

ヴォルコフは、産まれた時から吸血衝動があり故郷のロシアにいる間もその吸血衝動に悩まされており、愚連街に来てからも治らなかったのですが昔の死蘇天魔道場の師範のクリアに拾われクリアの協力もあって輸血用の血で我慢していました。

 

しかし、満月の日に我慢が出来なくなり我を忘れ、道場の女の子の血を吸って殺してしまいその時に止めに入ったクリアも殺してしまいます。

 

クリアを殺してしまった事の罪悪感(ざいあくかん)でヴォルコフはクリアが道場の女の子を殺して逃亡したと記憶を改竄(かいざん)してしまい、表の良いヴォルゴフと吸血衝動のある裏のヴォルコフと2つの人格を作ってしまいました。 

 

ヴォルコフはマハルとの闘いに敗れ目を覚ましますが廃人になってしまいます。

 

その裏のヴォルコフを言葉巧みに操ったのが「光」という一連の事件の首謀者(しゅぼうしゃ)でした。

愚連街、最大勢力「ルナーキー」!

マハルが愚連街を訪れる前の話です。

 

昔、愚連街に虎坂(こさか)シーマ率いる「鬼哭病(きこく)」と南生(なんじょう)アタル率いる「月照ZEUS(ゼウス)」の二大勢力のチームがあり、その2つのチームは犬猿(けんえん)の仲でしたがシーマの親友の吉屋(よしや)コテツが「2人が手を組めば愚連街の最大勢力になれるぞ」と言い2人に手を組ませ当時の愚連街の最大勢力「月鬼(ルナーキー)」を創設しました。

 

「ルナーキー」は愚連街の自警団として違法店や犯罪者を片っ端から潰していきました。

 

ですがある日、最近頻繁に起こっていた猟奇的(りょうきてき)殺人事件の調査をしていたコテツと連絡が取れなくなりました。

 

アタルがその一連の事件を調べ、次事件が起きる場所を予測しその場所へ向かうと殺されたコテツと手に包丁を持つシーマの姿がありました。

 

アタルが「これはどうしてっ・・・」と言うとシーマは何も言わず振り返ります。

 

アタルは何かを悟ったらしくシーマをボコボコにしてしまい、シーマは殺人容疑で逮捕されてしまいます。

 

ですが、証拠不十分でシーマは不起訴になり出所するも何が起きたかの説明もないまま地元ヤクザの墓村の下に付くことになります。

 

スリートップの2人が不在となった「ルナーキー」はバラバラになり自然消滅してしまいました。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

漫画原作完結『愚連街』最終回結末ネタバレ!その後の最後は?意外な黒幕の正体とは?

マハルの姉、レンコ姉ぇ愚連街に来る!

マハルは育った施設ではマハルと一緒ぐらい年の子が居てその中でも年上のお姉さん、レンコ姉ぇに可愛いがられていました。

 

ですが、シナトラ事件の後マハルは施設から急にいなくなりレンコが心配していると久しぶりにマハルからレンコ宛に手紙が届きました。

 

マハルが無事だった事を喜び愚連街へ行く事を決意します。

 

レンコは、マハルに会うとシーマとの絡みを見て「元気になれて良かったね、マハル」と嬉しそうに笑います。

 

レンコの料理は絶品ですぐにシーマも胃袋を掴まれてしまいレンコもすぐシーマ達と打ち解けました。

復讐代行ルーバービーツ

レンコが愚連街に来て間もなく、愚連街では復讐代行といって依頼者がサイトに復讐して欲しい人、内容を書き込むとそのサイトを見ている一般人が実行するとお金が貰えるというサイト、ルーバービーツが流行りました。

 

マハルとシーマは、そのルーバービーツの裏にまた「光」の存在があると睨(にら)みその調査を始めます。

 

調査を始めるとその裏には、半グレ集団「巣寧喰(スネーク)」の蛇谷(へびたに)兄弟が絡んでいる事が判明しました。

 

早速マハルとシーマは蛇谷兄弟のいるバーへ行くのですが、証拠がないので出直す事になります。

 

蛇谷兄弟は、マハルとシーマが鬱陶(うっとう)しくなりルーバービーツを使って潰そうと考えますが、実行するのは一般人な為返り討ちにされてしまいます。

 

その為、愚連街へ来ていたレンコを拉致する事を決めます。

 

マハルは、ブチキレて逃げ遅れた実行犯をボコボコにしレンコの場所を吐かせます。

 

居場所が分かったマハルとシーマは、すぐにその場所へ向かうとそこでは拉致されたレンコがお金をかけられ拷問されそうになっていました。

 

マハルとシーマは、その場にいるスタッフを倒すがレンコは蛇谷兄弟に捕まり別の部屋と連れて行かれてしまいます。

つい明かされる黒幕の正体!

マハルとシーマは、蛇谷兄弟を追って別の部屋に行きます。

 

そこは真っ暗で何も見えません。

 

蛇谷兄弟の弟は、暗視ゴーグルを付け、兄の方は元々目が見えないので暗闇には慣れているのでマハルとシーマには不利な状況です。

 

ですが、マハルも気配を察知する事に長(た)けているので蛇谷兄弟2人を倒します。

 

蛇谷兄弟を倒し、レンコがいる部屋に向かおうとすると「ブスッ」。

 

振り返ってみるとレンコが蛇谷兄弟を刺していました。

 

マハル達が驚いていると、レンコが「マハルから手紙が来たとき一緒にもう1枚手紙が届いたの・・・死んだはずの兄ぃから」と言います。

 

手紙を見ると愚連街を楽園にする準備が整ったから愚連街へおいでと書いてあり、訳が分からなかったが愚連街へ来て兄ぃのする事を全部聞いてそれが良くない事だと分かっているけど、昔から私は兄ぃが一番だから彼がしたいことをするとレンコが続けて答えます。

 

すると、隣の部屋から誰か入ってきました。

 

「怖い思いをさせたね、レンコ」とそこには、亜央山メンタルクリニックの亜央山(あおやま)先生がいました。

 

「光」の正体は亜央山だったのです。

 

「あんたやったんか、亜央山先生!」とマハルが言うと「寂しいな、昔みたいに呼んでくれよ」と言います。

 

亜央山はシナトラ事件でコトラに殺されたはずのマハルの兄ぃが顔を変えた姿でした。

 

なんでこんな事をしたんやと聞かれると、愚連街を自分の理想の楽園にするためだと答え、その為に動物を虐(しいた)げる者を排除し、愚連街に新しく出来たビルを壊し見えなくなった海を見えるようにし、愚か者が連なる街に正義の鉄槌(てっつい)を打ち込んだんだと答えます。

 

そして願いの成就(じょうじゅ)に必要な最後のピースはマハル、君だよと兄ぃがマハルに言います。

 

マハルは、絶望し泣いてしまうがコイツだけは許せないと思い全力で兄ぃの事を殴ります。

 

まるでマハルに倒されたいかのようにワザとマハルの拳に当たり、笑顔で「それでこそ愚連街のキングにふさわしい」と思います。

 

その時、マハル達のいるビルが爆発して倒壊しそうになります。

 

すると、兄ぃが「マハルがコトラを看取るのを見てボクの本当の願いが分かったんだ!愛するモノに包まれて逝きたい!さあ僕を看取ってよ!」と言います。

 

ビルの倒壊が進み、兄ぃのいる床が崩れ落ち兄ぃとレンコが一緒にビルから落ちてしまいます。

 

マハル達は無事ビルから脱出でき、「光」(兄ぃ)から無事愚連街を守ることが出来ました。

 

その頃、倒壊したビル付近では「光」一派の幹部達が兄ぃとレンコを保護していました。

 

ビルから落ちたが倒壊を免(まぬが)れたフロアに偶然落ち、意識を失っているだけのようでした。

 

その幹部の中には、昔殺されたはずの吉屋コテツが居たのです。

 

コテツは「今回は目立ちすぎたからほとぼりが冷めるまでワイハの隠れ家でバカンスだ!」と他の幹部に言い、まだ俺の理想の愚連街作りは終わっちゃいねえと言いながら愚連街を後にします。

 

本当の黒幕は「光」では無く吉屋コテツだったのです。

 

コテツは愚連街を出る際に、マハルとシーマが居る爆破したビルを見ながら「俺だって愚連街の為に、泥かぶってんだぜ・・シーマ!」と心の中で思います。

愚連街のキング、天道マハル!

事件から半年後。

 

愚連街ではいつものようにガラの悪い人達が居て喧嘩をしています。

 

1人がナイフを取り出し、相手を殺そうとするが周りに居た野次馬が止めに入り「キミ達この街の人じゃないでしょー。火事と喧嘩は街の華だけど殺しは御法度(ごはっと)!これ愚連街のキングが決めたルールだよ!」と言います。

 

場面が変わり、身体中にナイフを沢山持っている人が現れ、皆オレの事を馬鹿にしやがって、皆殺しにしてやる!と息巻いています。

 

すると、「キングだ!」と声の方を見てみるとマハルが現れます。

 

マハルは、街の人に「キング!今日もパトロールお疲れ様です!」、「キングちゃん!こないだはありがとうね!」と歓声をあび、ナイフを持っている相手を「オメェはオレが救っちゃる!」と言い一発で倒します。

 

これまで愚連街で起きた事件を解決し、愚連街の事を大事に想っている事を街の人に認められマハルは愚連街の帝王(キング)になりました。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事