ハチミツとクローバー全巻無料で読む方法紹介!漫画バンクzip,rarは危険|羽海野チカの出世作!アプリでタダで読める!

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『ハチミツとクローバー』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。 

結論!『ハチミツとクローバー』は漫画アプリ『マンガPark』で読める

いきなり、結論です。

 

『ハチミツとクローバー』はこちらの白泉社が運営する漫画アプリマンガParkにて全巻無料で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』は、大手出版社の白泉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガPark 』では、このように『ハチミツとクローバー』1巻から最終10巻に収録されているエピソードを無料で配信してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『ハチミツとクローバー』を最終10巻まで読破したい方は『マンガPark』を使う方法が最もお得です。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

ここまでのまとめ
  • 『ハチミツとクローバー』は漫画アプリ『マンガPark』にて無料で読める
  • 『マンガPark』は白泉社が運営する漫画アプリなので安心安全
  • マンガPark』をダウンロードする際にも一切お金はかからない

以上がここまでのまとめです。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言えば、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガPark』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、👇特にオススメする漫画アプリ厳選してランキング形式でご紹介しています。「無料で多くの漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

次に『マンガPark』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

『マンガPark』の基本的な使い方

『マンガPark』に掲載されているマンガを無料で読むには、アプリ内アイテムである『FREEコインボーナスコインを活用することになります。

 

 

簡潔に言うと『FREEコイン』『ボーナスコイン』などを使うことで、1日1作品において、13話分以上のマンガを無料で読むことが可能です。

 

『スキップビート!』も例外なく1日に13話分以上の話数を読み進めることができます。

 

以下では『マンガPark』で使うアプリ内アイテム『FREEコイン』『ボーナスコイン』のそれぞれの使い方、取得方法を詳しく説明していきます。

『マンガPark』のFREEコインとは?取得方法と使い方を解説

FREEコインとは?
  • FREEコインとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝6時、夜9時に120FREEコインずつ配布される(1日に計240FREEコイン)
  • 30FREEコイン消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単なFREEコインの取得方法と使い方の説明です。

 

1話につき30FREEコインが消費されるということは、

1日に配布される240FREEコイン÷1話につき消費される30FREEコイン=8話分

つまり毎日、配布される計240FREEコインを使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムがFREEコインです。

 

但し1点だけ注意があり、FREEコインを120以上貯めこむことは出来ません

 

朝6時に120FREEコインが配布され、その120FREEコインを使わずに夜9時を迎えたとしても新たに120FREEコインが加算されることはありませんので注意が必要です。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

『マンガPark』のボーナスコインとは?取得方法と使い方を解説

MP+(マンガポイントプラス)とは?
  • ボーナスコインとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • FREEコインがなくなってしまった場合でもボーナスコインを使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガPark』新規ダウンロード特典で900ボーナスコイン(30話分)が付与される
  • 毎日、短い広告動画を見るだけで30ボーナスコイン(1話分)が付与される(1日に2回このシステムが使える)

以上が簡単なボーナスコインの取得方法と使い方の説明です。

 

👇下の画像のように『マンガPark』新規ダウンロード特典では、900ボーナスコイン30話分)が無料配布されます。

 

そして毎日、短い広告動画を視聴することで30ボーナスコイン1話分を取得することが出来ます。

毎日0時と12時の2回、広告動画を見てボーナスコインを獲得できます。つまり毎日、60ボーナスコインを取得できるということです。

短い広告動画の見方は、アプリを起動すると画面右下にピンク色のプレゼントマークが出てくるので、それをタップします。

するとCMを見てコインをGETというボタンが表示されるので、タップして短い広告動画を視聴します。(広告を見ずに流してるだけでもOK!)

たったこれだけの労力で、30ボーナスコイン(マンガ1話分)が手に入ります。

 

やらない手はありませんよね(^^)/

短い広告を見てボーナスコインを獲得できるシステムは毎日、夜0時と昼12時に回復します。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

『FREEコイン』『ボーナスコイン』以外で1日3話分のマンガを読む方法

先ほど紹介した『FREEコイン』『ボーナスコイン』が0ポイントになってしまった場合でも1日に3話分のマンガを無料で読むアプリ内システムがあります。

 

その仕組みがコチラ。

 

読みたい”話(はなし)”のページへ飛ぶと、「CMを見て無料で読むと表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで新たに1話分のマンガを無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • FREEコインを利用して1日8話分のマンガを無料で読む
  • 新規ダウンロード特典で貰える900ボーナスコインを利用して30話分のマンガを無料で読む
  • 毎日、獲得できる60ボーナスコインを利用して2話分のマンガを無料で読む
  • FREEコイン、ボーナスコインがなくなった場合でも、短い広告動画を最大3本見て、毎日3話分のマンガを無料で読む

以上の事から『マンガPark』は、1つの作品において、1日に最低でも13話分以上ののマンガを無料で読むことのできるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります!

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『ハチミツとクローバー』の世間の評価は?

言葉の表現が本当に綺麗で素敵な漫画です。登場人物一人一人の状況心情がどうしょもないくらいめちゃくちゃ切ないけど面白い部分もあって何度でも読みたくなります。名言多すぎだしとにかく美しい青春漫画です!!

 

久しぶりに「ハチミツとクローバー」を読みました。夢を追いかけることの意義や息が詰まるほど 皆が皆 片思いしているという… 報われないけれど 登場人物全員が悩み苦しみ、でも何かを掴んでいく 何度読んでも懐かしくて色褪せない世界です。やっぱり面白い。

 

「ハチミツとクローバー」。 小学生の頃アニメ見た時は、竹本くんとはぐちゃんの組み合わせが好きだったからなんでくっつかないんだって思ってたけど、今になって漫画読み返すと昔は見えてなかったものが見えてきて面白い。 今は山田さんと野宮さんが好き。

 

ハチミツとクローバーをここ数日でがっと読む。大変面白い!!が辛い!!しばらく読み返したくない!! 青春っていいですねぇぇぇ…。

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『ハチミツとクローバー』見どころ紹介!

見どころ① 美大生たちの葛藤

「ハチミツとクローバー」はドラマやアニメ化もされた漫画で、美大生たちの物語です。

 

大人の一歩手前の青年たちの学生生活を描いています。

 

舞台は浜田山美術大学、通称「浜美」です。

 

浜美には沢山の学生が集まってきます。

 

物づくりが好きな学生、何かを成し遂げてみたい学生、手先が器用な学生、センスがある学生、そして一握りの天才――。

 

天才は輝かしい道が開けているかと思えばそうではありません。

 

将来の道に悩み、周囲との軋轢に悩み、自分の思った通りに作品を作れないことにいら立ちます。

 

一方、天才じゃない学生たちの道が閉ざされていることもありません。

 

自分の進む道を自分で模索し、天才を羨みながらも自分のやってきたことや積み上げてきたことを信じて進み続けます。

 

天才には天才の苦しみが、そうじゃない学生には違う苦しみがあります。お互いの苦しみは理解できません。

 

けれど同じ場所で一緒に何かを作ることで、1人きりで物を作っていた時よりも世界が広がる喜びを知ります。

 

学生たちの苦しみ、相反するような喜びが美しいです。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

見どころ​② 天才代表、はぐみの成長

「ハチミツとクローバー」に出てくる天才の1人が花本はぐみです。

 

彼女は作品作りに没頭すると何も見えなくなってしまいますが、絵画をはじめとしてすさまじい才能を持っています。

 

はぐみは早い内から才能を見いだされ、周囲の大人たちも彼女に多大な期待を寄せます。

 

ところが、はぐみは才能を活かすには繊細過ぎました。

 

大学生たちは、はぐみを特別と遠巻きにし、嫉妬をぶつけて彼女を傷つけます。

 

大人たちは期待を寄せ、プレッシャーを与えてしまいます。

 

はぐみは天才ですが、天才なりの焦りがあります。

 

はぐみは、純粋に作品を作ることが好きで、自由に作りたいと言う気持ちがありますが周囲はそれを許しません。

 

精神や体調を極限まですり減らして作品を作る様に狂気すら覚えます。

 

入学当初こそ自分のペースを守るため、自分の世界を守るために1人の世界にこもりきりでした。

 

ですが、1人ずつ現れる理解者や友達のおかげではぐみは、どんどん強くなります。

 

傷つきながらもひたむきに進んでいくはぐみの姿に勇気をもらうことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

見どころ③ 凡人代表、竹本の成長

天才ではない、いわゆる普通の青年の竹本祐太の成長にも目が離せません。

 

竹本は父が早逝し、母を支える責任感で少年時代を過ごしていましたが、母の再婚をきっかけに「自分が空っぽだった」ことに気づいてしまいます。

 

物づくりが好きだったことを頼りに浜美に入学しますが、周囲に圧倒され、迷いながら学生生活を送っていきます。

 

やがて就職活動の時期が来た時、竹本は気づくのです。

 

自分にはやりたいことがないんじゃない。目的地がないんだ。

 

気づいてしまった瞬間、竹本は着のみ着のまま、衝動的に自転車をこいで「自分探し」の旅に出てしまいます。

 

「自分探し」で竹本の答えは見つかるのか、結果をぜひ自身の目で確かめてみてください!

見どころ④ 全場面。そしてハチミツとクローバーの意味

この漫画は美大生たちの葛藤や苦しみ、日常や喜びを、繊細な言葉運びや美しい場面で描いています。

 

学生時代、同じ時を過ごせるのはほんの一瞬のことで、学校から出れば、またそれぞれの進む道へ出発していきます。

 

「いつかは道が分かれる時が来ても、その瞬間はみんな同じものを見ている。その瞬間を忘れないように」

 

作中で出てくる言葉ですが、当たり前に過ごしている日々の大切さやかけがえのなさを教えてくれます。

 

楽しい学生生活を送っていた人は学生生活を思い出して切なくなりますし、あまり学生生活が楽しくなかった…。

 

そんな人も引き込んでしまう魅力があります。

 

大学生の恋愛模様だけでなく、1人1人の成長を描く物語です。

 

タイトルの「ハチミツとクローバー」の意味は最後に明らかになります。

 

意味が分かったその時に、きっと涙がこぼれると思います。

『ハチミツとクローバー』序盤あらすじ紹介!

chapter.1

竹本は、浜田山美術大学の2年生。

 

6畳+台所3畳風呂なし、築25年、家賃38,000円の安アパートに住んでいます。

 

2留の4年生、森田がバイト帰りにコロッケの山を持ってきて、明日朝8時に起こしてくれと竹本に頼み、爆睡してしまいました。

 

森田は明日の10時からの講義に出席しないと、3回目の留年をしてしまうのです。

 

翌朝竹本は必死に森田を起こそうとしますが、9時半になっても起きる気配がありません。

 

この1年森田に絡まれどうしの竹本は、ここで起こさないと後で何をされるかわからないと必死になり、4年生の真山に助けを求めます。

 

森田の生態を知り尽くした真山は、まず大好物のコーヒー牛乳で血糖値を上げて脳の動きを活性化させ、起こすため努力した証拠をカメラに収め、あと15分呼び続けて起きなければ森田お手製キックボードを使って学校へ行くよう竹本にアドバイスします。

 

15分後、結局森田は起きなかったので、竹本は「先輩、留年しても恨まないでくださいね」と叫び、キックボードを蹴ります。

 

「留年」という言葉に反応した森田は飛び起き、キックボードを奪って学校へ向かいます。

 

森田に振り回され、疲れ果てた竹本と真山は、花本研究室で愚痴をこぼします。

 

ふと気づくと、そこには見慣れない少女がいました。

 

少女ははぐこと花本はぐみ。

 

今年入学する1年生で、花本先生の親戚でした。

 

竹本ははぐに一目惚れをします。

 

そこに森田がやってきました。

 

はぐを一目見た森田は、大学の裏の里芋畑から大きな里芋の葉っぱを持ってきてはぐに持たせ、「コロボックル」と叫びながら写真を撮りまくりました。

 

実はこの時森田もはぐに一目惚れしていたのですが、わかりにくかったので誰にも気づかれることはありませんでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

chapter.2

森田ははぐを被写体に、連日「コロボックル」の写真を撮りまくっていました。

 

はぐはすっかり森田を怖がるようになり、花本研究室の奥で作品作りにストレスをぶつけている有様です。

 

竹本と真山がはぐの様子を見に行くと、小さなはぐが作っているとは思えないほどの超大作に取り組んでいました。

 

はぐは非常に才能豊かな芸術家で、高校1年生の頃からギャラリーのオーナーが目をかけているほどの才能の持ち主だったのです。

 

その夜、屋台のそばを食べながら、竹本は少し落ち込みます。

 

はぐも森田先輩も才能に恵まれ、素晴らしい作品を作っている。

 

真山も卒業後は、バイト先の設計事務所に就職しないかと誘われている。

 

それに引き換え自分は…と呟く竹本に、真山はまだ2年生なんだから焦るなと慰め、かき揚げをおごってくれます。

 

ある日竹本と真山が花本研究室へ顔を出すと、はぐが欲しい物の切り抜きをノートに貼って「はぐノート」を作っていました。

 

女性物の服や小物の値段の高さに驚く竹本。

 

そこへやってきた業者がはぐを見て「コロボックル!?」と驚きます。

 

森田ははぐの写真を使って「コロボックル」のウェブサイトを作っていたのでした。

 

しかも守銭奴の彼は、画面いっぱいに広告をちりばめて。

 

ちょうどそこに森田がやってきて、はぐの足形で作ったペーパーウェイトを差し出します。

 

怯えたはぐは、手当たり次第に手近にあるものを森田に投げつけました。

 

その中に、「はぐノート」もありました。

 

竹本は森田を鉄板焼きパーティーに誘いますが、森田は今晩から出稼ぎだといいます。

 

竹本は「待ちますよ」と言いますが、帰宅予定の1週間を過ぎても、森田は帰って来ません。

 

真山が先にやってしまおうかと言いますが、竹本は森田はなんだかんだ言って寂しがりやだから待とうといいます。

 

その頃森田はようやくバイト終え、ヨロヨロと歩いていました。

 

途中ではぐが欲しがっていたミュールを見つけ、持っていたはぐの足型でサイズを合わせ、ポケットから札束を取り出し、購入しました。

 

花本研究室に着いた森田は鉄板焼きパーティー用の肉を差し入れ、はぐにはミュールを差し出します。

 

欲しかったミュールをもらって、はぐは大喜び。

 

バイト明けの森田は、いつも通り爆睡するのでした。

 

爆睡中の森田をおぶってアパートに帰る竹本は、ミュールをもらって喜ぶはぐの姿を思い出しますが、なぜかズキンと胸が痛みます。

 

なんでオレ胃が痛いんだ? もしかして腹が減りすぎ?

 

はぐへの気持ちを自覚していない竹本でした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

chapter.3

雑誌の「こんな男は絶対イヤ!!」特集を見ている竹本と真山。

 

傍でよだれを垂らして寝ている森田が、ランキングの内容に当てはまるにもかかわらず、意外とモテることに怒りを覚えます。

 

花本先生の「他人の言葉に振り回されず、わが道を言ってるからじゃないか?」

 

という分析に納得しますが、「ほんとに女子が1番嫌がるのは、そういう風に振り回される男なんだよな」という言葉に胸をえぐられる2人でした。

 

竹本と真山がキャンパスを歩いていると、水洗場で頭から水をかぶっている森田を見かけます。

 

森田はおもむろに石鹸を取り出し、顔を洗い始めます。さらには洗髪まで。

 

通り掛かった女子が見かねて、森田にシャンプーを渡します。

 

森田はついでに服まで洗いだしますが、にわか雨で全身ずぶ濡れになってしまいます。

 

「パンツ貸して」と言う森田から逃げ、這々の体でファミレスに入った2人。

 

そこにはなんと花本研究室から奪ったカーテンを、古代ローマ風にまとった森田が!

 

森田がモテるのは「他人の言葉に惑わされないから」。

 

けれど彼女ができないのは「他人の言葉に全く耳をかさないから」と言うことを思い知った2人でした。

chapter.4

竹本、真山、森田らはアパートでそうめんを食べていましたが、貧乏ゆえ肉を買うことができず、肉に飢えていました。

 

そこへ、父親が倒れて家業を手伝い休学中の「ローマイヤ先輩」が帰ってきました。

 

歓声とともにローマイヤ先輩に抱きつく真山と森田。

 

ローマイヤ先輩はハムの配送のアルバイトをしており、賞味期限ギリギリのハムやソーセージをいつもたくさんもらってきてくれるのです。

 

大きくて頼りがいのあるローマイヤ先輩でしたが、2週間後、再び父親が倒れ、故郷に帰ってしまいました。

 

貧乏学生たちの豊かな日々は、短い夢と消えたのでした…

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

chapter.5

川辺でバーベキューをしている花本研究室の面々。

 

真山らははぐにデザートの小玉スイカを持たせ、普通サイズのスイカに見えるとご満悦。

 

川でスイカを冷やそうとしたはぐは、あぶに驚いてスイカを川に落として流してしまいます。

 

森田に見とがめられたはぐは、焦った拍子に足を滑らせ、川に落ちてしまいました。

 

竹本からTシャツを借りたはぐは、上半身裸の竹本が虫に刺されないよう、よもぎを揉んで擦り付けてくれるのでした。

 

はぐを意識する竹本でしたが、翌日からはぐは花本先生と実家の長野に帰ってしまい、竹本は生まれて初めて夏休みを「長い」と感じるのでした。

chapter.6

銭湯からの帰り道、竹本、真山、森田は今年の夏の思い出が、花本研究室の河原バーベキューしかないことを嘆きます。

 

その時竹本の携帯に、はぐから初めて電話がかかってきました。

 

明日東京に帰ってくるので、花本先生宅でお土産のそばを食べようとのお誘いでした。

 

花本先生の課題に未着手で焦る真山に、ムーン・リバーの着信が。

 

彼女に呼ばれた様子の真山は、彼女の元へ向かいます。

 

翌朝、竹本は真山の部屋に森田がいるのに気づきます。

 

森田は電気代を節約しようと真山の部屋に入り込み、エアコンをガンガン効かせ、扇風機の風に当たり、夏風邪をひいてしまいました。

 

「今晩のそばパーティーには行く。久しぶりにコロボックルの顔が見たいから」と言う森田に、どきっとする竹本。

 

森田や他の誰かがはぐを好きになったら、俺に勝ち目はあるのか?とふと思った竹本は、自分がはぐと付き合いたいと考えていたことに動揺します。

 

奥手の竹本は、ようやくはぐへの恋心に気付いたようです。

 

風邪をひき、布団をかぶって寝ている森田の元へ、スーツ姿の男性が訪れます。

 

急なバイトの依頼でした。

 

「明後日19時までに仕上げれば、即金で60万円」と言う男性に「やらせていただきます」と起き上がる森田。

 

バイト先に向かう車中ではぐを見かけるのですが、視線をそらす森田でした。

 

結局花本家のそばパーティーに参加したのは、竹本1人でした。

 

秘蔵の牛タンを炭火焼にして盛り上がる3人。

 

はぐは見かけによらず肉食で、野菜と肉は2対1の割合で食べるよう花本先生に注意されています。

 

はぐは花本先生のすぐ下の階に住んでいますが、花本先生宅に居座っていました。

 

竹本は、はぐが住み着いてる書庫に案内してもらいます。

 

はぐは竹本に人形や、手作りの人形の小物を見せますが、あれほどの芸術作品を作るはぐだと言うのに、細かい作業が苦手なのか、手作り小物は雑な出来でした。

 

建築科で手先が器用な竹本が、タンスを作ろうかと提案したところ、はぐは非常に喜び、ロココ調のダンスをリクエストしてハードルを上げます。

 

はぐのむちゃぶりに、竹本は寝込んでしまうのでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

chapter.7

竹本が登校すると、門にタクシーが横付けされ、中から真山が出てきます。

 

朝帰りの上、年上の女性にタクシーで送ってもらったのでした。

 

真山を突然のかかと落としが襲います。

 

かかと落としの主は、真山の同級生のあゆでした。

 

あゆは、真山が不毛な恋を引きずっていること、なのにコンパで女の子をお持ち帰りしていることに憤っていました。

 

昼食後、時間つぶしに端本研究室に向かった竹本は、朝見かけた女性が花本研究室に入っていくのを見かけます。

 

女性の名前は理花。

 

真山にアルバイト先として彼女を紹介したのが、花本先生だったのです。

 

花本研究室で時間つぶしができなかった竹本は、カフェへ向かいます。

 

はぐがデザートコーナーをじーっと見ていました。

 

竹本ははぐにプリンをおごります。

 

近くのテーブルでは、女子学生の女子トークが炸裂中。

 

ふと竹本は、はぐが友達といるところを見たことがないことに気づきます。

 

はぐは女子トークに押しつぶされそうになり、急に体調を崩し、走り去ってしまいました。

 

はぐは花本研究室で、横になって休むのでした。

 

「どうしていつも、都合が悪くなると逃げるの?」

 

「あの人に、ちゃんと好きだって伝えないの?」

 

あゆは真山に問いかけます。

 

「なんで俺なんだ?」

 

「お前が他のとこ探した方が、全然早いよ」

 

「もう俺を見んのやめろ」

 

真山に突き放され、目を見開くあゆ。

 

そこへ、ムーン・リバーの着メロが流れます。

 

「ーじゃ、俺シゴト入ったから」

 

真山は立ち去ってしまい、あゆは涙を流します。

 

あゆは泣きながら、ろくろを回して制作をしていました。

 

そこへ森田がポカリを差し入れます。

 

あゆは森田に、真山への切ない恋心を打ち明けるのでした。

chapter.8

今日もはぐはカフェのプリンを買っていました。

 

同級生が通りかかり、ボーリングに誘います。

 

「でも花本さんは、作品作んないといけないんだよね?」

 

「すごいよね、今度は四季展なんでしょ?」

 

「うちらとは違うよね」

 

悪意のある同級生の言葉が、はぐを取り囲みます。

 

たまらず走り出し、花本研究室に駆け込んだはぐ。

 

しかし花本先生は不在でした。

 

そこへ森田がやってきて、はぐを使ってコロボックルの撮影をしようとしますが、はぐは固まったまま動きません。

 

そこへ竹本が顔を出します。

 

口を押さえて固まるはぐを見た滝本は察し、はぐを洗面所まで連れて行きます。

 

はぐはストレスのあまり、吐いてしまうのでした。

chapter.9

クリスマスを前に竹本は憂鬱な気分になっていました。

 

毎年クリスマスには「お前は今幸せか? 居場所はあるのか?」と問い詰められている気持ちになるのでした。

 

そこにサンタクロースの格好した森田が現れ、竹本に花本先生宅でのクリスマス会の招待状を渡し立ち去りました。

 

はぐと2人でクリスマス会の買い出しに出かけた滝本は、やはり気分が晴れません。

 

竹本は母子家庭で育ちました。

 

母親は看護師で、クリスマスは毎年小児病棟のクリスマス会に混ぜてもらっていました。

 

しかし母親は、竹本の母である前にまず看護師として振る舞っていたので、竹本は毎年寂しい気持ちになっていたのです。

 

昔語りをする竹本を、はぐは必死に励ましました。

 

真山が差し入れを持って理花の元へ向かいますが、理花は花本先生と出かけるところでした。

 

花本宅のクリスマスパーティーに参加する真山。

 

しばらくすると、花本先生が1人で帰ってきました。

 

「…あ、理花さんはー」

 

真山の問いに、花本先生は一言

 

「ダンナのとこ」

 

その頃理花は、墓石にマフラーを巻いていました。

 

理花の夫は、既に亡くなっていたのでした。

おすすめ記事