ハイキュー全巻無料で一気読みする方法紹介!漫画アプリや電子書籍で最終巻完結までタダ?作者:古舘春一

おすすめスマホアプリ

 

「週刊少年ジャンプ」にて連載され、アニメ化もした人気マンガ「ハイキュー」を全巻無料で読めるお得な配信サイトを調査しました。

 

昨今、各出版社が漫画アプリに力を入れており、連載中のマンガでも漫画アプリを通して無料で読むことができます。

 

例えば、小学館が運営する漫画アプリ『サンデーうぇぶり』では、サンデー系列で連載中のマンガや過去の名作マンガに至るまで幅広く無料で読むことができます。(←1番オススメの漫画アプリ

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』で無料で読める主な作品一覧
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • うしおととら
  • 双亡亭壊すべし
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • チ。地球の運動について
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • MIX
  • クロスゲーム
  • ダンスダンスダンスール
  • 土竜の唄
  • 魔王城でおやすみ
  • アオアシ

などなど…

 

しかし、『ハイキュー』に関しては今現在、無料で読める漫画アプリはありません

 

そこで漫画アプリではなく『ハイキュー』を配信しているすべての電子書籍を調査すると、1つの電子書籍サービスを使って『ハイキュー』を実質無料で全巻読む方法が見つかりました!

 

最終巻まで実質全巻無料で読む方法を解説します。

 

この記事では

・『ハイキュー』を今すぐ全巻無料で読みたい

・お得に漫画が読める電子書籍サービスを知りたい

『ハイキュー』のあらすじや見どころが知りたい

そんな疑問を持った漫画好きなあなたにオススメです!

結論!電子書籍『コミックシーモア』を利用して『ハイキュー』を実質全巻無料で読める

『コミックシーモア』には、新規ユーザーに対して2つの超お得な特典を用意しています。

 

それが以下の特典です。

 

特典①は、『コミックシーモア』に無料登録した方、全員に「50%OFFクーポン」を配布しています。

1冊どの漫画でも半額で購入できます。もちろん『ハイキュー』の最終刊も半額で購入可能です。

 

50%OFFクーポンだけなら、他の電子書籍も特典として配布しているところが多いですが、『コミックシーモア』の超お得な特典は②の「月額メニュー登録で最大20000ポイントを後日お返し!」です。

 

簡単に説明すると、月額メニューを2ヶ月継続することで1ヶ月分のポイントが全額返ってくるという特典です。

月額メニューとは、毎月定額で『コミックシーモア』内のマンガを購入するために必要なポイントを買うシステムです。

普通に現金で購入するよりお得になるシステムです。

 

作品購入の時には、ポイントと現金の価格が表示されています。

 

「ハイキュー」を1巻〜最終45巻まで普通に購入すると・・・18810pt(税込20655円)となります。

 

月額メニューは、月額22000円のコース(コミックシーモア20000)に加入すれば26000ptがもらえて、さらに翌月には特典②により20000ptが返ってきます!

 

使ったはずの18810ptが20000ptになって返還されるので実質全巻無料というわけですね!

 

『ハイキュー』を実質全巻無料でお得に読みたい方は、月額メニュー「コミックシーモア20000」がオススメです。

 

筆者は、このシステムを使って、『鬼滅の刃』を実質全巻無料で読みました。

 

新規ユーザー限定の特典ですので、まだ『コミックシーモア』を利用したことない人は、活用することをオススメします。

 

 

特典まとめ

・新規ユーザー限定で漫画1冊50%OFF!

・新規ユーザー限定で月額ポイント全部返還!

その他のお得な電子書籍

筆者も愛用しており、一番のオススメは先ほどご紹介した『コミックシーモア』ですが、その他にもお得に漫画を購入できる電子書籍がありますので表にまとめておきます。

ebookjapan

・国内大手の電子書籍サービスで安心

・新規のユーザー限定で6冊まで50%OFF

・約1万冊の漫画が無料公開されている(読み放題)

まんが王国

・国内大手の電子書籍サービスで安心

最大50%のポイント還元

Amebaマンガ

・大企業サイバーエージェントが運営しているので安心

・無料会員登録で500ポイント(500円相当)付与

・新規のユーザー限定で100冊まで50%OFF

コミック・jp

・無料会員登録で漫画2冊分のポイント付与

 

個人的に上記4つのサイトはどれもオススメですが、特に『ebookjapan』は使いやすく、無料作品が豊富、さらに新規ユーザー限定でお好きな漫画(新作を含む)が6冊まで50%OFFですので、『コミックシーモア』と併せてよく活用しています。

 

お得に漫画を読むなら『コミックシーモア』と『ebookjapan』は必須の電子書籍サービスとなっています。

オススメ漫画アプリ

上記で紹介した『サンデーうぇぶり』以外にも集英社が運営する漫画アプリヤンジャンマンガMeeも特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス
  • ラジエーションハウス

などなど…

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 悪魔とラブソング
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • ごくせん
  • ストロボエッジ
  • アオハライド
  • NANA
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • ハニーレモンソーダ

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は使ってみてはいかがでしょうか?

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています。「無料で多くの漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『ハイキュー』読者の反応は?

 

『ハイキュー』序盤ネタバレ紹介!

第1話 終わりと始まり

物語は日向翔陽(ひなた しょうよう)が、たまたま通りかかった電気屋のテレビに映っていた小さな巨人に出会うところから始まります。

 

小さな巨人は春の高校バレー全国大会に出場していた烏野高校の選手です。

 

190cm台の体格がいい選手がゴロゴロいる中、170cm台の小さな巨人が次々と得点を取っていく姿に日向は感動に打ちひしがれました。

 

それから約3年と3か月後。

 

市民体育館にて雪ヶ丘中学校のバレー部主将になっていた日向が、体育館の大きさにびっくりしながらもエアーサロンパスのにおいに感動している場面になります。

 

なぜこんなに感動しているのかというと、なんと3年生になるまで部員が日向のみだったため、きちんとした大会は初めてだったからです。

 

しかし、中学最後の大会も新入部員の1年生3人と日向、助っ人のバスケ部とサッカー部に所属しているイズミン(泉行高)とコージー(関向幸治)の6人での出場となります。

 

日向は素人チームだろうが勝つ気満々でいたのですが、初戦の相手はなんと優勝候補である北川第一中学、注目の選手である最高の司令塔でセッターの影山飛雄がいます。

 

相手チームを目の当たりにして「おれはジャンプ力には自信がある!」と強く言いますが、緊張からお腹が痛くなりトイレに行きます。

 

日向がトイレから出ると前の水道には雪ヶ丘をバカにする北川第一のバレー部員たちがいました。

 

それを見た日向は試合で痛い目に合わせてやると弱弱しくも言い返しますが、それすらもバカにされてしまいます。

 

そこに影山がやってきて、ベンチに入れないやつが対戦相手を見下せるほど強いのか?学校の名前に乗っかるなと喝をいれ、日向にも体調管理ができてないからナメられる、思い出作りに来たのか?と言います。

 

その言葉に対し、今まで試合ができなかった分もたくさん勝つんだ!と言いますが、影山も「勝ってコートに立つのはこの俺だ!」と言い返してきます。

 

お互いにコートに戻り、アップをして試合スタート。

 

小さな巨人に出会い、バレー部への入部を決めたが部員は日向1人だけ、人がいないから女子に混ざるか他の部に変えるかと言われますが、1人でもやりますと決意します。

 

体育館の隅や渡り廊下などの練習できる場所が練習場所、他の部活の人にトスを上げてもらいずっと一人でバレーの練習をやり続け、やっとの思いで出れた公式試合。

 

勝ちたいと思い、上がったトスに高く飛ぶ日向。

 

試合を見に来ていた高校生3人や観客、影山をも驚かせます。

 

しかし、ブロックに何度も何度も止められてしまいます。

 

止められているうちに日向は壁(ブロック)を試合前より高く感じてしまい向こう側が見えなくなってしまいます。

 

それでも諦めずにコートにボールが落ちない限り全力で拾いに行く日向。

 

点を獲られ、日向は本気で勝つ気だと気づき影山はピリピリしていつにも増してチームメイトに強く当たります。

 

そんな中雪ヶ丘の部員がトスミスして誰もいない場所にボールを上げてしまいます。

 

 

誰もいない、そのはずでした。

 

しかしほんのひと瞬き、逆サイドの左側にいて影山がマークまでしていたはずの日向が右に移動しており、そのボールを打ったのです。

 

打たれたボールはアウト判定により試合は雪ヶ丘の負けとなりました。

 

しかし、最後の日向の動きに勝ったはずの北川第一の選手たちはなんともいえないような顔をしていました。

 

影山すらも目で追うだけで精一杯だったその動き、高い運動能力や勝利への執着を持っていながらもそれを活かせていない日向に

 

「お前は3年間なにやってたんだ!?」

 

というきつい言葉を投げかけます。それに何も言い返せない日向。

 

しかし、その日の試合がすべて終わり、帰宅しようとする影山に向かって「お前がコートに君臨する王様なら」「そいつを倒しておれが一番長くコートに立ってやる・・・!!!」と泣きながら宣戦布告をします。

 

それに対し「勝ち残りたかったら強くなってみろよ」と影山は言いました。お互いになぜだか無視ができないやつだとライバル関係が生まれたのです。

 

日向は自分に足りないものを理解し、独りじゃ勝てないと女子バレー部や近所のママさんバレーなどに混ざてもらい必死に練習をします。高校では「勝つ」試合をするために。

 

月日は流れ、日向翔陽。烏野高校1年生の春。

 

県内強豪校へ進むであろう影山飛雄へのリベンジを心に誓いながら向かった第2体育館。

 

体育館に着くとそこには影山飛雄がいました。

第2話 烏野高校排球部

驚きながらもなんで強豪に行かないで烏野高校にいるのかを聞くと、まさかの理由は“落ちた”から。

 

コート上の王様なのに!?とツッコむとその呼び方はやめろと怒られます。それにびっくりしていると。

 

「北川第一のセッターが烏野にね~、そいつ絶対にナマイキっスよ。」

 

「誰彼構わず威嚇するのやめろよ?」

 

「そっそんなことしなませんよ俺!」

 

などという会話とともに現れた3人。

 

3年主将でウイングスパイカー澤村大地、3年セッター菅原孝支(すがわら こうし)、2年ウイングスパイカー田中龍之介。

 

ちなみにですが、田中さん威嚇顔です。

 

日向に気づかず影山と話す3人にちわす!と大声であいさつをして存在をアピールした日向。

 

すると2人とも烏野かと驚きながら、実は日向と影山の試合を観に行ったことを告白した澤村。

 

覚えてもらえて嬉しい日向は小さくてもとべます!烏野のエースになってみせます!と言いますが。

 

それを聞いた影山は少しは上達したのか?ちんたらしてたらまた3年間を棒に振るぞと厳しい言葉をかけ、日向と影山は言い争いを始めます。

 

バレーは連携が大事だから仲間だって自覚しなさいね、という主将の言葉も聞こえず無視してしまいます。

 

そこに騒がしいなと教頭先生が様子を見に来ました。

 

にもかかわらず、言い争いは続き、最終的に勝負する流れとなりました。

 

勝負の流れは影山がサーブを打って日向がそれを拾うという内容です。日向は前回の試合でサーブを1本しか取ることができなかったので成長を見せるにはうってつけです。

 

しかし成長をしているのは影山も一緒です。去年とは違いジャンプサーブをしてきました。

 

それに驚き、1度目は拾うことができなかった日向に対し、何も変わってないな、と影山は言いました。

 

そこで火が付いた日向はもう一本と言います。

 

2度目はしっかりと正面でボールを捕らえていましたが、ボールが変な方向にいってしまい澤村と話していた教頭に強打。

 

その拍子に教頭のカツラが取れて澤村の頭に乗ってしまいます。

 

澤村が教頭先生に呼ばれ戻ってきて、今回はお咎めナシだったけどと注意をしているにも関わらずまた喧嘩を始める2人。

 

そんな2人に澤村は烏野は昔は強豪だったけど、今は強くも弱くもなく【落ちた強豪 飛べない烏(カラス)】と呼ばれてることを教えてくれます。

 

そして、もう1度あそこへ行くと。

 

その為にはチームが一丸にならなきゃいけないので仲間割れした挙句、チームに迷惑かけるやつはいらない、互いがチームメイトだって自覚するまでは部活に一切参加させないと2人を体育館から追い出しました。

第3話 単細胞生物

追い出された2人はお互いに協力できるから中にいれてくださいと頼み込みます。

 

影山に対し澤村は本音は?と聞くと。

 

試合で今の日向と協力するくらいなら、レシーブもトスもスパイクも全部俺1人でやれればいいのに、とバカ正直に答えてしまいます。

 

ボールを落としても持っても2度触ってもだめなのにどうやって1人で戦うの?と正論を言われ、また追い出されてしまいますが。

 

そして2人は2対2でお互いに協力し合うので勝負してくださいと持ち掛けます。負けたらどんな罰も受けると言って。

 

影山は自分1人の力で勝てると思いながらも。

 

それを聞いた澤村は1年生が数人入る予定だから、3対3で試合をやってもらうと言ってきました。

 

日向、影山、田中のチームで。

 

そして罰の内容は3年がいる間は影山にセッターをやらせないことです。

 

他のポジションでも余裕だろ?と言う澤村に対して影山はオレはセッターです!と強く反発します。

 

しかし、澤村は自分1人の力で勝てると思ったから勝負を挑んできたんだろ?勝てばいいだろと言い試合日時を伝えて去ってしまいました。

 

影山は試合中にいちばんボールを触れて、支配者っぽくかっこいいセッターが大好きで、セッター以外は眼中にないといった感じでイライラします。

 

勝つために日向のレシーブをどうにかしようとしますが練習場所がないと悩みます。

 

そんなときに田中が外の2人に聞こえるように明日も朝練7時からですよね?と練習時間を教えてくれます。それを聞いた2人は朝5時と言い帰っていきました。

 

次の日の朝、田中がカギをもってきてくれ練習がはじまりました。

 

ちなみに澤村は影山、日向の2人がコンビネーションを使うことができたら烏野は爆発的に進化すると確信しているから厳しく接するのです。

第4話 最強の味方

練習をはじめてから1時間後。

 

田中の様子がおかしかったから特訓するんじゃないかと思って、と菅原がやってきました。秘密特訓みたいでわくわくすると言いながら一緒に練習に参加してくれます。

 

日向はずっとレシーブの練習しかさせてもらえず、トスを上げてくれと影山に頼み込みます。

 

しかし、勝ちに必要があるやつには上げるけど、日向は必要だと思わないからトスを上げないと影山は言い切ります。

 

そこから日向は休み時間も菅原と練習をはじめます。

 

練習してるときに、菅原が俺もセッターだから上げてあげようか?と言いますが、日向は負けた気がするからと断ります。

 

なぜそこまで張り合うのかと聞かれると。

 

影山は最強の敵だからと言いました。

 

菅原はそれを聞き、最強の敵だったのなら今は最強の味方じゃん!と言いました。

 

練習をはじめてから9日目の朝。

 

田中が来るとボールを落とさずにレシーブが続いている光景が。

 

菅原がきてから15分も続いているのです。

 

そろそろ限界だろという影山に日向は明らかに限界が近いにも関わらずまだボールを落としていないと言います。

 

その言葉にこのっと思った影山は無意識に遠くへボールを飛ばしました。

 

日向の最大の武器は勝利にしがみつく力。

 

苦しいと思った時の一歩でボールに食らいつきます。

 

その光景を見た影山はトスを上げます。

 

誰もが日向にはスパイクを打つ気力はないと思いますが、みんなの期待をいい意味で裏切り、笑顔でスパイクを打ちました。

第5話 コート上の王様

試合までに練習を続ける日向と影山。

 

前日の夕方、夜に外で練習をしているとボールを後ろから取られます。

 

そして二人組に君らが初日から問題を起こした1年?と聞かれます。

 

この2人は試合相手の1年生です。

 

日向は明日は負けないからと言いますが、ツッキーと呼ばれていた男の子は手を抜いてあげようか?と言います。

 

それに対し影山は相手が手を抜こうと勝つのは俺だと言い切ります。

 

ツッキーはさすが王様と言い、影山は日向のときと同様にその呼び方はやめろと言います。

 

しかし相手はなぜ影山が王様と呼ばれるのを嫌うのか知っていて、わざと言っていたのです。

 

煽られた影山は何も言い返さずに切り上げようとします。ですが日向は俺もいるといい高く跳びボールを奪い返します。そして相手の名前を聞き出しました。

 

試合をすることになった1年生は月島蛍(つきしま けい)と山口忠(やまぐち ただし)と名乗り帰っていきました。

 

そして、いよいよ試合が開始します。

 

日向、影山、田中チームに対して相手は月島、山口、澤村です。

第6話 中学のハナシ

試合前に月島に煽られたことによって田中と日向の気合は十分、田中は強烈なスパイクを打って1点を取ります。

 

次は日向にトスが上がり、いつも通り周りを驚かせるジャンプでスパイクを打ちます。

 

しかし月島に止められてしまいます。

 

そのあとも何度か打ちますが点数を取ることができません。

 

月島は影山に敵も仲間も置いていく王様のトスを見せてよとさらに挑発してきます。

 

しかし影山は冷静に、速い攻撃を使わなくても勝ってやると言います。

 

日向との勝負でも見せた強烈なジャンプサーブをぶちかまし、まとめて点数を稼げると思ってましたが澤村に止められてしまいます。

 

澤村の武器は安定したレシーブ、そのため守備力が高いのです。

 

サーブが止められ焦る影山を見て待ってましたと言わんばかりに月島が追い打ちをかけます。

 

何度も王様や王様のトスと聞いていた日向は王様のトスってなんだ?と聞きます。

 

そしてなぜ影山がコート上の王様と呼ばれるのか知ることになります。

 

王様とは自己チューの王様、横暴な独裁者という意味が含まれていたのです。

 

あまりの横暴さに影山は中学最後の大会の決勝戦でベンチに下げられていたのです。

 

早すぎるトスに仲間が追いつけず、打てなきゃ意味がないと言うと影山は負けたくないという気持ちが強く、勝ちたいなら俺のトスに合わせろ!と言ってしまいます。

 

そして影山が上げたトスの先に誰もいなくなってしまったのです。

 

もうお前にはついていかないという仲間からの拒絶でした。

 

過去の話を月島にされ、トスを上げた先に誰もいないのは心底怖えよと本音を漏らします。

 

場の空気が重い中、日向はそれは中学の話であって今は俺にはトスが上がるから関係ないと言い、試合に勝って影山はセッターをやって俺にトスを上げる以外に何かあるのか?と言います。

 

みんなの空気が軽くなる中、月島だけは気合で身長差はうまらないし努力で全部なんとかなるわけじゃないと苛立ちます。

 

そして試合再開。

 

トスを田中に上げようとする影山でしたが

 

「影山!居るぞ!」

 

とすでに跳んでボールを呼ぶ日向が、影山はとっさにそちらにボールを上げます。

 

何をいきなり!?という影山に対して日向は「でもちゃんとボール来た!」「おれにとってはどんなトスだってありがたぁ~いトスなんだ!」「どこにだってとぶ、どんなボールだって打つ!」

 

「だからおれにトス、持って来い!」

 

とつよく言います。

第7話 “持たざる者”のことば

田中はお前ら速攻使えたのか!?と驚いて聞きますが、日向は速攻について理解していないようでした。

 

でもどんなトスも打つからな!!と言いますが、影山は合わせたこともないのに速攻なんてまだ無理だろと弱気な発言をします。

 

それに対し月島は王様らしくないんじゃない?と挑発します。

 

代わりに日向が今打ち抜いてやるから待ってろ!と挑発に乗って言葉を返しましたが、人には向き不向きがあるからなんでもがむしゃらにやればいいってもんじゃないでしょ、と言われます。

 

日向は、確かに中学も今も跳んでも跳んでもブロックに止められてばっかりだと言います。

 

でも小さな巨人に憧れてしまったから、不利とか不向きとか関係なくこの身体で戦って勝って勝ってもっといっぱいコートに居たい!と言いました。

 

まだコートに立っていたい、長くボールに触っていたい、それは日向と影山が強く思う気持ちでした。

 

精神論じゃなくて、気持ちじゃ身長差は埋まらないでしょ?と畳みかける月島に対して

 

スパイカーの前の壁を切り開く・・・その為のセッターだ。

 

と何かが吹っ切れたような表情の影山。

 

打ち抜けないなら躱す(かわす)ぞと言い、とりあえず速攻をやってみることになりました。

 

ですがタイミングが合わずなかなか成功しません。

 

見かねた菅原がそれじゃあ中学のころと同じだよと言いながら話しかけてきます。

 

日向のすばしっこさっていう武器をお前のトスが殺しちゃってるんじゃないの?と言い、お前の腕があればなんとかうまいこと使ってやれんじゃないの!?とうまく伝えられないながらもアドバイスをしてくれます。

 

そして何より周りを見る優れた目を持ってるお前に仲間のことが見えないはずがないと。

 

それを聞いた影山はなんかうまいことってなんだ、とてんぱりながら日向を見ます。

 

俺はお前の運動能力が羨ましい、だから能力持ち腐れのお前が腹立たしいと突然褒めてるのか貶してるのかわからない言葉を投げかけてきます。

 

しかし最後に、お前の1番のスピード1番のジャンプでとべ、ボールは俺が持って行く。

 

と言い、1巻は終了しました。

 

果たして速攻はうまくいくのか、そして試合の結果は・・・!?

 

次巻も気になってしまいます。

おすすめ記事