異世界召喚は二度目です全巻無料で読む方法紹介!漫画rawは危険|wiki的登場人物紹介!著者:岸本和葉

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『異世界召喚は二度目です』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。 

『異世界召喚は二度目です』は漫画アプリ『マンガがうがう』にて全巻無料で読める?

『異世界召喚は二度目です』はこちらの双葉社が運営する漫画アプリ『マンガがうがう』にて無料で読むことができます。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガがうがう』は双葉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガがうがう』では、『異世界召喚は二度目です』第1巻から最新巻までのすべてのエピソードを無料公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『異世界召喚は二度目です』を全巻無料で読破したい方は『マンガがうがう』を使うのがベストです。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言えば、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • 犬夜叉
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • マギ
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • 双亡亭壊すべし
  • 妖逆門
  • 烈火の炎
  • ゾン100
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • 魔王城でおやすみ
  • 今日から俺は!!
  • 天使な小生意気
  • め組の大吾
  • お茶にごす
  • ARMS
  • 舞妓さんちのまかないさん
  • スプリガン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 青のオーケストラ
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • 土竜の唄
  • からかい上手の(元)高木さん
  • 薬屋のひとりごと
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • 灼熱カバディ
  • 出会って5秒でバトル

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガがうがう』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

次に『マンガがうがう』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

 

『マンガがうがう』の基本的な使い方

『マンガがうがう』に掲載されているマンガを無料で楽しむには、アプリ内アイテムである『がうポイントボーナスポイントを使用して読むことになります。

 

アプリ内アイテム『がうポイント』『ボーナスポイント』のそれぞれの使い方を詳しくみていきましょう!

『がうポイント』のフリーコインとは?取得方法と使い方を解説

がうポイントとは?
  • がうポイントとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝7時、夜9時に120がうポイントずつ配布される(1日に計240がうポイント)
  • 30がうポイント消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単ながうポイントの取得方法と使い方の説明です。

 

毎日、配布される計240を使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムが「がうポイント」です。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガがうがう』のボーナスポイントとは?取得方法と使い方を解説

ボーナスポイントとは?
  • ボーナスポイントとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • がうポイントがなくなってしまった場合でもボーナスポイントを使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガがうがう』新規ダウンロード特典で900ボーナスポイント(30話分)が付与される
  • ボーナスポイントは、イベント・おまけ・外部のサービスの登録などで獲得することができる

以上が簡単なボーナスポイントの取得方法と使い方の説明です。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • 「がうポイント」を利用して1日8話分のマンガを無料で読む
  • 新規ダウンロード特典で獲得できる「ボーナスポイント」を利用してマンガを無料で読む
  • イベントやおまけで獲得できる「ボーナスポイント」を利用してマンガを無料で読む

上記で分かる通り、1日で読める話数が多く、とても使いやすい漫画アプリです!

 

ぜひ、この機会に遠慮なく無料で読ませていただきましょう!(^^)/

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『異世界召喚は二度目です』世間の評判は?

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『異世界召喚は二度目です』序盤ネタバレ紹介!

第1話

「よく来てくださいました!勇者の皆さん!」との声とともに、光り輝く中から高校生の集団が、異世界に召喚されました。

 

そこは、かつて人間と魔族と獣人の戦争で、荒れ放題であった「エクレール」という異世界でした。

 

異世界召喚された高校生たちを歓迎するのは、エクレールの人間国「ディスティニア」の王と、その娘のマーガレットです。

 

突然の異世界召喚で、ざわつく高校生の中に、一人だけ異様に落ち着いた表情で、今の状況を確認している人物がいます。

 

その人物が、主人公の男子高校生「須崎 雪(スザキ セツ)」です。

 

しかもセツは、このエクレールに召喚されたのが、今回で二度目でした。

 

かつてセツは、勇者として召喚され、このエクレールを救ったことがありました。

 

しかし勇者の力を恐れたディスティニア王により、元の世界に「強制送還」されたために、セツは別の人間として転生して、新たな人生で高校生となっていました。

 

ただ原因は不明ですが、勇者の力は転生した須崎雪に残ったままでした。

 

元の世界に転送されたセツは、何故か雪(セツ)のことを「ユキ」と呼ぶ、幼なじみの「花柱 夕陽(はなばしら ゆうひ)」とともに、高校生活を満喫していましたが、夕陽を含むクラスメイト全員と、エクレールに再び召喚されたのでした。

 

ディスティニア王も、マーガレット王女も勇者セツが再び召喚された事を知りません。

 

マーガレット王女は、別人となった勇者セツに気付かずに、召喚されたクラスメイト全員を勇者と呼び、魔族と獣人からの戦争を終わらせるために戦って欲しいと頼みます。

 

ディスティニア王は、一度追い出した勇者を再び呼び出した事に気づいていません。

 

セツはこの状況を利用して、二度目の異世界生活を楽しもうと計画します。

 

しかし、セツと召喚されたクラスメイトの前に、勇者修行のための指導者が登場します。

 

勇者修行のための指導者とは、勇者セツのかつての仲間たちでした。

 

その仲間とは、魔法戦士の女性「エルカ・ヴェルソー」と、剣豪の男性「グレイン・アルモニー」です。

 

二人は、勇者セツの元・部下であり、いずれもかなりの実力者です。

 

セツは、実力者である二人の元・部下が、魔族や獣人との戦争中に、前線ではなく城の中での教育係である事を不審に思います。

 

何かありそうな状況の中で、クラスメイトと共にセツの勇者修行が始まります。

 

エルカの指導による勇者修行の訓練中に、セツはエルカから呼び出されます。

 

本気を出すと強すぎるセツは、訓練中に手を抜いていましたが、その事でエルカから小言を言われてしまいます。

 

セツは、元・部下であるエルカの小言に腹を立て、エルカにキツいお仕置きをします。

 

エルカは、セツの一度目の召喚での部下だけでなく、セツにより調教されたド変態のドMでした。

 

セツのお仕置きは、ドMのエルカにはご褒美になってしました。

 

しかし、ディスティニア王に強制送還されたセツが、再び戻って来てくれたことを、まさしく全身で喜んでいます。

 

セツは自分自身の戦いで、一度は平和を取り戻したエクレールが、何故再び戦争となっているのかを、エルカから聞き出します。

 

エルカの話では、勇者セツを強制送還したことで、魔族・獣人が怒って人間の国に攻めてきたことを知ります。

 

魔族・獣人から攻めて来たことを理由に、ディスティニア王は領土拡大を画策しています。

 

そのために、大量の人間を召喚して勇者に育てるとの計画を知り、セツはこの戦争を止める決意をします。

 

「国王め・・・なめたマネをしてくれるぜ」

 

セツは、勇者修行の教育係である二人の仲間エルカとグレインに相談して、城から出るための協力を得ます。

 

そして、グレインからもう一人の仲間であった魔術師のティア・アムレートが城の魔法研究所にいることを聞き、セツはティアに会いに行きます。

 

二度目の召喚では初見となるセツを、ティアは魔眼によりその正体を一瞬で見抜きます。

 

さらに、エルカからある程度の事情を聞いており、セツのこれからの行動も読めていると話し出しました。

 

その中で、セツは物語の核となる「ある忠告」をティアから聞くことになります。

第2話

ティアから忠告を聞いたあと、セツの部屋にはエルカが訪ねてきました。

 

「セツ様!すべてうまくいきましたよ」

 

セツは、明日の訓練後に城を追放されることが決まりました。

 

すべてセツの作戦ですが、エルカやグレインそしてティアのかつての仲間3人とは、ここでしばらくのお別れとなります。

 

翌日、追放となったセツか城からでたところで、セツの正体を知らない幼なじみの夕陽が、泣きながら追いかけてきました。

 

夕陽を落ち着かせて、喫茶店のようなお店で、セツは本当のことを話すか?迷っています。

 

今度は、そこにエルカがやってきます。

 

セツの事を「セツ様」と呼び、「セツ様の忠実な下僕」で、「身の回りのお世話をしています」との言葉に、夕陽は妄想を膨らませて、失神してしまいました。

 

夕陽が失神している間に、エルカが城から持ち出した、かつてのセツの装備を納めてある魔法袋を受け取ります。

 

魔法袋から、真っ黒な刀身の巨大な剣を取り出して、セツは「久々だな黒丸(くろまる)」と呼びながら、愛刀を眺めています。

 

その時、夕陽が目を覚ましました。

 

セツはしかたなく、夕陽に二度目の召喚であることなど、本当のことを話しました。

 

私もついて行くと言い出す夕陽を、一人前になってからだと、エルカに夕陽の修行を託しました。

 

夕陽は、エルカに特訓してもらうことを自らお願いして、早くユキくんを守るために、強くなることを決意します。

 

こうしてかつての仲間と、幼なじみの夕陽を城に残して、セツの旅がスタートしました。

 

セツは一人で、まずは魔王の住む魔族大陸を目指します。

 

夜もふけて、城からもだいぶ来たところで、野宿をしようとした時、魔獣のうめき声が聞こえてきました。

 

その直後に、今度は人の悲鳴が上がります。

 

「きゃあぁあああ」

 

セツが、悲鳴のもとに駆けつけると、巨大なイノシシのキメラが、少女に襲いかかる寸前でした。

 

漆黒の巨刀「黒丸」を構えて、セツは一瞬でイノシシを真っ二つにします。

 

セツが助けたのは商人見習い中の少女で、魔族大陸での取引に向かう途中でした。

 

少女の護衛はイノシシにより倒されているため、少女はセツに魔族大陸までの護衛を依頼します。

 

セツは、魔族大陸での取引が見覚えのある「ブローチ」を届けることと知ると、快く護衛を引き受けます。

 

しかも、その届け先の人物を知っていて、セツもそこに行く用事あることを告げます。

 

商人見習いの少女は「ルリ」と言い、夜が明けたら出発することになりました。

 

翌朝、セツとルリは魔族大陸へ向かうために、港町にいました。

 

しかし、人間と魔族は戦争中のため、魔族大陸へ向かう船便はありません。

 

ルリは、魔族大陸へ向かう船がないことに、落ち込んでいましたが、セツにはある特別な方法があるようです。

 

セツはルリに誰にも言わないように口止めをして、ルリと共に海岸へ来ました。

 

セツが海面に手をかざして、海に話しかけると、突然巨大な海竜が現れました。

 

「久々だな リヴァイア」

第3話

セツが魔族大陸へ向かう方法として呼び出したのは、神話や伝説のリヴァイアサンである海神リヴァイアでした。

 

セツが「俺の友人」と紹介するリヴァイアは、一度目の召喚で知り合った仲間であり、友人でした。

 

ルリは、リヴァイアサンを友人に持つセツのスゴさに感動しています。

 

さらにセツの知り合いである魔族大陸での取引先の素性を聞き、大声を上げて驚嘆してしまいました。

 

ルリの商人見習いとしての取引であるブローチの届け先は、魔王城(イビルバロウ)の魔王デザストルでした。

 

その魔王城では、何やらキナ臭い動きがあります。

 

魔王城では、魔王デザストルが、テラン商会のテラン・スニーターからのプロポーズを受け、4日後に迫った結婚式の準備が進められていました。

 

魔王デザストルは、部下からテランとの結婚に反対されていますが、魔王はセツに会いたくて仕方なく結婚をする様です。

 

テランは、魔王デザストルに結婚を条件に、勇者セツを呼び戻すと持ちかけていました。

 

この結婚の裏には、テラン・スニーターを操り、魔王デザストルに近づく、怪しいローブの男がいます。

 

勇者セツがエクレールに戻っていることを、すでに知っているローブの男は、セツに対しても何か企んでいるようです。

 

魔王デザストルを心配する部下の中に、五大魔将の一人であるブラッドがいます。

 

ブラッドは、テランの背後に黒幕がいることを察していて、強力な助けを探していました。

 

その時、賑やかな様子の城下町に、クラーケンを討伐した客がいるとの話を聞きます。

 

ブラッドはクラーケンを倒すほどの強者なら、魔王の助けになると考えました。

 

しかもその客は、倒したクラーケンを料理して、城下町の者にイカフライにしてご馳走しています。

 

ブラッドが、懐かしい匂いに惹かれて行くと、そこには人間の姿となった海神リヴァイアがいます。

 

さらに魔王デザストルが、勇者セツに授けた剣「シュバルツ」を持つ人間が、その剣でクラーケンを調理して、イカフライにしていました。

 

「シュバルツ」のことを「黒丸」と呼び、フライ料理を作る人間こそ、勇者セツであると確信したブラッドは、セツに魔王を救ってくれと泣きついて来ました。

 

ブラッドがセツに泣きついてから、すでに4日が経ち、まもなく魔王の結婚式が始まります。

 

魔族には似合わない純白のウエディングドレスを纏った魔王デザストルが、式場へと入場して来ました。

 

魔王デザストルは、セツへの想いを胸に、本心ではない結婚を前にして、後悔の念を抱いています。

 

式が進行して誓いのキスになると、魔王の部下達が我慢できずに、式の中止を訴えて飛び出してきました。

 

魔王の部下達を上回る魔力で、その力を抑え込むローブを着た3人の男達が現れます。

 

男達によって五大魔将であっても、身動きが取れない状況に追い込まれてしまいます。

 

そこへ天井をぶち破って、勇者セツが助けに来ました。

 

セツは登場するや、一瞬でローブの男2人を倒します。

 

「その剣は シュバルツ…?」

 

魔王デザストルが勇者セツに授けた剣「シュバルツ」を、セツは「いや違うなこの剣の名は」「黒丸だ!!」と言い放ちます。

 

セツが来てくれたことに、魔王デザストルは驚きと同時に喜びの表情を見せます。

第4話

残り1人のローブを着た男は、どうやらセツが来ることを知っていたようです。

 

セツに対して、ローブの男が影魔法でいきなり攻撃を開始しました。

 

しかしセツの強さの前には、全く攻撃が効きません。

 

あっという間に、セツはローブの男を追い詰めます。

 

追い詰められたローブの男は「主(あるじ)に報告せねば…」と呟くと、急に起き上がりセツの目の前で「貴様は人を殺せない」との言葉を残して、消えてしまいました。

 

ローブの男を取り逃しましたが、この仕組まれた結婚式は、セツの活躍でぶっ潰すことができました。

 

魔法デザストルは、泣きながらセツに抱きついて、久しぶりの再会を喜び合います。

 

魔王デザストルの着る白いウェディングドレスを見たセツは、似合わないと言います。

 

そして「黒が似合うんだからさ 本番ではそうしろよ」と言い放つと、魔王デザストルの妄想が爆発します。

 

魔王デザストルは、「本番」との言葉にセツからのプロポースと思い込んでいます。

 

そんな魔王デザストルを無視して、セツは先に倒したローブの男2人を調べています。

 

2人の男は、ローブを着せた死体でした。

 

死霊魔法なのか?ゾンビなのか?謎が深まる中で、逃げたローブの男が言っていた「主に報告せねば…」との言葉が気にかかります。

 

その後ろでローブの男と共に、魔王デザストルとの結婚を画策したテラン商会のテラン・スニーターがコソコソと逃げ出そうとしています。

 

セツにより、テランは簡単に捕まり「洗いざらい吐けや」と絞られます。

 

一方、ローブの男「カゲロウ」は、主に向かってセツが現れたことを報告していました。

 

正体不明の主は、セツを倒すために次の刺客「シロネコ」を向かわせるようです。

 

そんな事を知らないセツは、テランを締め上げたものの全く情報が取れずにいました。

 

そして、ここまで忘れられていた商人見習いの少女ルリは、セツのイカフライを商品にして、魔大陸でフライの店を出すことにしたようです。

 

今回の騒動で、セツにベタ惚れの魔王デザストルと無事に再会を果たし、結果的にセツは魔族との戦争を止めることができました。

 

しかし、次は獣人との戦争を止めさせるために、獣人大陸に向かうようです。

 

セツはローブの男や主と呼ばれる謎の存在により、ディスティニア城を出る時に魔術師ティアから言われた忠告が気になり始めます。

 

「冬真(とうま)が生きているかもしれないの」とのティアの言葉が、今回の騒動に関係しているようです。

 

一方、ディスティニア城に残った幼なじみの夕陽は、魔法戦士エルカの特訓により、「夕陽の魔女」との異名まで持つ、強力な魔法使いへと成長していました。

第5話

獣人大陸へと向かうセツとリヴァイアの二人は、港町でデート?をしています。

 

その二人を尾行する怪しい人影があります。

 

尾行して来たのは、アーメルと名乗る獣人でした。

 

アーメルは、リザードマンの襲撃を受けている村を助けてくれる冒険者を探していました。

 

偶然にもその村に、セツのかつての弟子である獣人の女戦士アリゼがいました。

 

アリゼの話を聞いたセツの表情が変わります。

 

村ではリザードマンの襲撃から、セツの弟子アリゼと、アーメルの兄であるラーメルの奮戦により、辛うじて防いでいる状況です。

 

セツの弟子であり強者のアリゼと、アリゼに想いを寄せるラーメルが必死に戦っていますが、リザードマンの襲撃は止まる事なく続きます。

 

突然、リザードマン大群が、次から次へと倒されていきます。

 

アリゼは、新手の襲撃かと思い身構えますが、そこには漆黒の巨剣を持ち、アリゼに向かって「泣き虫アリゼ」と親しみを込めて呼びかけるセツの姿がありました。

 

愛弟子のピンチに、師匠であるセツが駆けつけました。

 

リザードマンをおおかた倒したセツは、次に元凶であるリザードマンの巣へ向かうようです。

 

最初にセツたちに声をかけてきたアーメルが、リザードマンの巣への案内を買って出ます。

 

アーメルは、村のためにもアリゼには残ってもらう方が安心だと提案し、アリゼは村の守りのために残ることになりました。

 

セツとリヴァイアは、アーメルの案内でリザードマンの巣へ向かいます。

 

巣から出てくる大量のリザードマンの様子から、セツはどこか違和感を感じていました。

 

用心して、リヴァイアとアーメルを残し、巣にはセツが一人で乗り込みます。

 

リザードマンの群れを倒しながら、セツが巣穴へと迫ります。

 

巣穴の中には、リザードマンを次から次へと召喚する魔力の塊が浮遊しています。

 

セツは、その魔力の塊を剣で破壊すると、リザードマンの群れが一瞬で消えました。

 

そして、リヴァイアがセツに元に駆け込んで来て、危機を伝えます。

 

魔力の塊が破壊されたことで、アリゼたちがいる村でもリザードマンの群れが一瞬で消えました。

 

アリゼは、セツ師匠がやってくれたと安心しますが、ラーメルは油断禁物と言いながら、門前の警備に行ってしまいます。

 

その時、アリゼの上を巨大な影が飛んでいきます。

 

リザードマンの巣の主と思われる巨大なドラゴンが突然襲ってきました。

 

村人を逃すために走り出すアリゼですが、ドラゴンが襲いかかる方にはラーメルがいます。

 

アリゼの目の前で、巨大なドラゴンの牙がラーメルに迫ります。

おすすめ記事