黒子のバスケ最終回結末ネタバレ【漫画完結ラスト】その後の最後はどうなった?誠凛は洛山に勝てるのか?

おすすめスマホアプリ

 

週刊少年ジャンプ」にて連載され、アニメ化もした人気マンガ黒子のバスケ

 

今回は、そんな『黒子のバスケ』の最終回・結末はどうなったのか?について分かりやすく簡潔にまとめていきます!

 

また『黒子のバスケ』を全巻無料で読みたい!という方に『黒子のバスケ』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

 

最終回のネタバレの前に『黒子のバスケ』を全巻無料で読む方法です。

Contents

結論!電子書籍『コミックシーモア』を利用して『黒子のバスケ』を実質全巻無料で読める

昨今、各出版社が漫画アプリに力を入れており、連載中のマンガでも漫画アプリを通して無料で読むことができます。

 

例えば、小学館が運営する漫画アプリ『サンデーうぇぶり』では、サンデー系列で連載中のマンガや過去の名作マンガに至るまで幅広く無料で読むことができます。(←1番オススメの漫画アプリ

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』で無料で読める主な作品一覧
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • うしおととら
  • 双亡亭壊すべし
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 天野めぐみはスキだらけ!
  • くノ一ツバキの胸の内
  • 結界師
  • チ。地球の運動について
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • MIX
  • クロスゲーム
  • KATSU
  • ラフ
  • ジャガーン
  • ダンスダンスダンスール
  • トニカクカワイイ
  • 古見さんはコニュ症です。
  • 土竜の唄
  • 魔王城でおやすみ
  • アオアシ

などなど…

 

しかし、『黒子のバスケ』に関しては今現在、無料で読める漫画アプリはありません

 

そこで漫画アプリではなく『黒子のバスケ』を配信しているすべての電子書籍を調査すると、1つの電子書籍サービスを使って『黒子のバスケ』を実質無料で全巻読む方法が見つかりました!

 

電子書籍サービス『コミックシーモア』には、新規ユーザーに対して2つの超お得な特典を用意しています。

 

それが以下の特典です。

 

特典①は、『コミックシーモア』に無料登録した方、全員に「50%OFFクーポン」を配布しています。

1冊どの漫画でも半額で購入できます。もちろん『黒子のバスケ』も1冊半額で購入可能です。

 

50%OFFクーポンだけなら、他の電子書籍も特典として配布しているところが多いですが、『コミックシーモア』の超お得な特典は②の「月額メニュー登録で最大20000ポイントを後日お返し!」です。

 

簡単に説明すると、月額メニューを2ヶ月継続することで1ヶ月分のポイントが全額返ってくるという特典です。

月額メニューとは、毎月定額で『コミックシーモア』内のマンガを購入するために必要なポイントを買うシステムです。

普通に現金で購入するよりお得になるシステムです。

 

作品購入の時には、ポイントと現金の価格が表示されています。

 

「黒子のバスケ」を1巻〜最終30巻まで普通に購入すると・・・14400pt(税込15840円)となります。

 

月額メニューは、月額22000円のコース(コミックシーモア20000)に加入すれば26000ptがもらえて、さらに翌月には特典②により20000ptが返ってきます!

 

使ったはずの14400ptが20000ptになって返還されるので実質全巻無料というわけですね!

 

『黒子のバスケ』を実質全巻無料でお得に読みたい方は、月額メニュー「コミックシーモア20000」がオススメです。

 

筆者は、このシステムを使って、『鬼滅の刃』を実質全巻無料で読みました。

 

新規ユーザー限定の特典ですので、まだ『コミックシーモア』を利用したことない人は、活用することをオススメします。

 

 

特典まとめ

・新規ユーザー限定で漫画1冊50%OFF!

・新規ユーザー限定で月額ポイント全部返還!

オススメ漫画アプリ紹介

また漫画アプリでいうと先ほど紹介した『サンデーうぇぶり』以外にもヤンジャンマンガワンが特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス
  • ラジエーションハウス

などなど…

 

『マンガワン』で無料で読める主な作品一覧
  • 闇金ウシジマくん
  • アフロ田中
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • 青のオーケストラ
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • ゾン100
  • 出会って5秒でバトル
  • チ。地球の運動について
  • モブサイコ100
  • 灼熱カバディ
  • 美味しんぼ

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『サンデーうぇぶり』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

アプリを無料ダウンロードするのみで、会員登録などの面倒な手続きはいっさいありません!どれも公式アプリなので安心安全です。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています。「無料で多くの漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

『黒子のバスケ』ってどんな話?あらすじ紹介!

かつて、帝光中学バスケ部には10年に一度の天才が5人も揃った世代がありました。

 

その世代は『キセキの世代』と呼ばれ無敗を誇っていました。

 

そんな彼らがキセキの世代におけるNO.1を決めたいと、全員バラバラの強豪校に進学します。

 

帝光中学時代に苦しい思いをした黒子は、『自分なりのバスケ』でキセキを倒して日本一になりたいという夢に向かって相棒・火神や誠凛高校バスケ部の仲間と共に、インターハイ優勝を目指します。

『黒子のバスケ』主要キャラクターを紹介!

黒子テツヤ(くろこ てつや)

とても影が薄い、あまり人に気づかれないタイプの主人公。

 

手品を応用した技術、ミスディレクションなどの神出鬼没な戦術を使います。

火神大我(かがみ たいが)

日本のバスケのレベルの低さに愕然としていたものの、次々と現れる強敵を前に、再びバスケへの情熱に火がつきます。

 

相棒・黒子と共にインターハイ優勝を目指します。

木吉鉄平(きよし てっぺい)

誠凛高校バスケ部2年で誠凛高校バスケ部を作った男。

 

無冠の五将の1人で『鉄心』の異名を持ちます。

 

大きな手でゴール直前、シュートがパスがギリギリまで空中で操作できる「後だしの権利」があります。

黄瀬涼太(きせ りょうた)

キセキの世代の1人。

 

モデルとバスケ部を兼任する努力家。

 

人の技を瞬時に真似し、自身の技としてとりこんでしまうコピー技ができます。

緑間真太郎(みどりま しんたろう)

キセキの世代の1人。

 

コートのどこからでもシュートを放つことができるというチート能力をもったSG(シューティングガード)。

 

おは朝信者。

青峰大輝(あおみね だいき)

キセキの世代の圧倒的エース。

 

黒子の元相棒。

 

いろいろあったけど今は黒子と和解済。

 

今は黒子と火神の良き兄貴分。

桃井さつき(ももい さつき)

桐皇学園高校バスケ部のマネージャーであり、青峰の幼馴染。

 

黒子に恋心を抱いている様子を積極的にみせてくる恋する乙女。

 

キセキの世代がまたみんなで集まってバスケができることを心が願っているキセキの世代象徴的ヒロイン。

紫原敦(むらさきばら あつし)

身長が208cmもある巨人。

 

圧倒的な身長の高さ、手足の長さから守備が広範囲ででき、たいていの選手ではまずゴールに近づくことすら許されません。

 

普段は子供っぽい態度をとり、また常にお菓子を食べています。

 

認めた相手のことは『〇〇ちん』と自分なりの愛称で呼びます。

赤司征十郎(あかし せいじゅうろう)

キセキの世代のPG。

 

帝光中学のカリスマキャプテン。

 

洛山高校でもカリスマ性は健在で、高校1年でありながらキャプテンを務めています。

実渕玲央(みぶち れお)

洛山高校2年。

 

無冠の五将の1人で『夜叉』の異名を持ちます。

 

洛山の副主将。

 

「天」「知」「虚空」の3種類のシュートを持ちます。

根武谷 永吉(ねぶや えいきち)

洛山高校2年。

 

無冠の五将の1人で『剛力』の異名を持ちます。

 

「マッスルダンク」「マッスルリバウンド」という技を持ちます。

葉山 小太郎(はやま こたろう)

洛山高校2年。

 

無冠の五将の1人で『雷獣』の異名を持ちます。

 

「ライトニングドリブル」という技を持ちます。

 

『黒子のバスケ』最終回までのおさらい!

『黒子と火神。光と影が出会う』

誠凛高校バスケ部新入生ブースにて、やたら気性の荒そうな新人、火神大我と、知らない間に入部届を置いていく影の薄い黒子テツヤがやってきます(黒子に至ってはいつの間にかきていつの間にか去っている)。

 

新入生の力量を見極めるため、1年生VS2年生の練習試合を組んだカントク・相田リコは、練習試合を通して火神のポテンシャルの高さと、黒子の特殊なパス回しに特化した技術をみて、彼が『キセキの世代幻の6人目』だと気づきます。

 

パス回し以外平均以下の力量しかない黒子を認めていなかった火神ですが、練習試合を通して黒子のパス技術を認めてくれるようになります。

 

黒子はキセキの世代という全中3連覇を果たしたかつての部活仲間たちを、自分のバスケで倒したいといいます。

 

強敵に目がない火神は、日本一強いキセキの世代のメンバーを全員倒して自分が日本一になりたいといいます。

 

それに対して「1人は無理です」といい、黒子は自身が火神の影となってサポートし、2人でキセキの世代を倒そうと誓い合います。

 

こうして誠凛の光と影は生まれました。

『インターハイの壁』

練習試合を通し、黄瀬率いる海常高校や緑間率いる秀徳高校に大接戦の末勝利を獲得してきた黒子・火神率いる誠凛高校バスケ部。

 

インターハイ予選で青峰率いる桐皇学園高校と激突します。

 

青峰はかつての黒子の相棒であり、バスケ大好き少年でもありました。

 

しかし、その圧倒的バスケの才能・強さから周囲に好敵手となるような選手がおらず、孤独になり次第にバスケへの情熱を失っていきます。

 

今回黒子と火神の善戦により、ほんの少しバスケへの楽しさを思い出しますが、それでも黒子たちは青峰1人に勝つこと叶わず、誠凛:桐皇ー55:112と大敗してしまいます。

 

黒子は青峰に「お前の力はこんなものなのか」「そんなんじゃオレに勝てねェよ。オレに勝てるのはオレだけだ」と言われ、返す言葉もなく試合を終えてしまいます。

『新生!誠凛高校バスケットボール部』

桐皇高校に敗れた誠凛。

 

火神は本場アメリカで武者修行へと旅立ちます。

 

黒子と他の誠凛高校バスケ部の部員はカントク・相田リコの父・相田景虎に特別強化合宿の中で1人1人が強くなれるよう特別強化訓練を受けます。

 

景虎は元全日本バスケットボール選手であり、現プロスポーツトレーナーでもあります。

 

個人個人で強くなった誠凛高校バスケ部は気持ちを新たにウィンターカップ優勝を目指します。

『ウィンターカップ開幕!再び桐皇学園と激突へ!』

ウィンターカップ初戦ではインターハイ予選で大敗した桐皇学園高校と再び激突。

 

「今まで助けてくれたみんなのために、黒子のために青峰に勝ちたい」

 

「今度はオレがみんなを助けるんだ!」

 

守られる側から守る側になった火神は、エースとして覚醒し、極限の集中状態であるゾーン状態へ突入します。

 

高次元のエース対決はほとんど互角。

 

最後まで火神を信じぬいた黒子が決定的なアシストをこなし、試合終了間際に火神が点をいれ、逆転。

 

熾烈な戦いを制して誠凛高校が勝利し、インターハイのリベンジを果たします。

 

漫画完結ラスト『黒子のバスケ』最終回結末ネタバレ!その後の最後はどうなった?誠凛は洛山に勝てるのか?

『激闘!ウィンターカップ後半戦』

激闘を制した桐皇学園高校勝利を皮切りに、続く、中宮南、森園北高校にも快勝します。

 

快進撃を続ける誠凛高校でしたが、ここでキセキの世代・紫原とかつての火神の兄貴分・氷室を擁する陽泉高校と準々決勝で激突。

 

氷室の流麗でしなやか、まれで陽炎のようにきえてしまう3P(スリーポイントシュート)や、紫原の身長208cmの巨体を活かしたDF(デフェンス)に苦戦を強いられます。

 

無冠の五将の1人、木吉は格上の相手であるキセキの世代、紫原とC(センター)対決の真っ向勝負を避け、一時的にPG(ポイントガード)をこなすことでゴールの外側から仲間とともに総力戦で紫原を攻略することに成功します。

 

一方の火神も大切な兄貴分である氷室と徹底対決することに気が引けてしまい、いまいち力を発揮できずにいます。

 

氷室は氷室で、かわいい弟分であった火神が成長するにつれ自分にはない、越えることもできない圧倒的なバスケの才能をもっていることを理解し嫉妬に苦しんでいました。

 

しかし火神は過去は過去、氷室はウィンターカップ優勝を阻むライバルであり、倒すべき敵でもある、と吹っ切れてゾーンに入ったことで本領を発揮し、無事に陽泉相手に誠凛は勝利を手にすることができたのでした。

『ついに開始!王者・洛山との頂上決戦!』

続く準決勝では黄瀬率いる海常高校を接戦の末制し、ついに決勝戦へと駒を進めます。

 

相手は緑間率いる秀徳高校を圧倒的力でねじ伏せた赤司率いる王者・洛山高校。

 

洛山はキセキの世代のキャプテン赤司がいることに加え、無冠の五将である、実渕玲央、根武谷永吉、葉山小太郎の3人がいます。

 

日本トップクラスのバスケ部員が4人もいることに加え、スタメン以外の選手も平均以上の能力のある選手が揃っています。

 

試合開始。

 

開始早々、エンジン全開の火神はいきなりゾーンに突入します。

 

これには無冠の5将3人がかりであっても火神をとめることはできません。

 

そして点差が10点以上開いたときに赤司が動きます。

 

「天帝の眼(エンペラーアイ)」を発動させ、火神の動きを予測して止めることに成功します。

『旧型の6人目VS新型6人目』

火神の猛追をとめ、洛山も徐々に得点を重ねていきます。

 

その頃カントクは赤司や無冠の五将の影に隠れてひっそりパスの仲介役をしているスタメン選手がいることに気づきました。

 

華やかな選手の裏で地味で堅実なパス回しをする選手……そう、まるで役割も空気感の黒子にそっくりなのです。

 

彼の名は黛 千尋(まゆずみ ちひろ)。

 

スタメン選手唯一の3年生で、黒子よりはるかに高いバスケの基礎能力と黒子そっくりの影の薄さを持っていました。

 

その才能に目を付けた赤司が、黒子に代わる、黒子より格上の『新型の6人目(シックスマン)』としてずっと育てていたのです。

 

一方の黒子はというと、なかなかパスの仲介が上手くいきません。

 

黒子は、強くなるために、勝つために次々と新しい技を編み出してきました。

 

イグナイトパスやファントムシュート…どれも勝つために必要な技でしたが、いつの間にか黒子はとても目立ってしまっていたのです。

 

すぐに選手交代をします。

『6人目としてのプライド』

黒子が控えでベンチにいても、なんとか王者・洛山に食らいつく誠凛。

 

日向と実渕の3Pシュート合戦などを繰り広げながら一進一退の状況が続きます。

 

と同時に赤司の天帝の眼封じのため控えの1年生たちも試合に投入し、早くも総力戦の誠凛。

 

対して控えの選手層も厚い、王者・洛山。

 

徐々に、しかし確実に点差は開いていきます。

 

ついにベンチで控えていた黒子が動き出します。

 

コートに入ると、黛に対し黒子は、幻の6人目という名を譲る気はないと宣戦布告します。

 

ひたすら黛に1対1をしかけ、黒子を上手くかわしながらシュートをするよう仕向けます。

 

するといつの間にか黛は、黒子より目立つ選手となり幻の6人目としての効力を失ってしまいます。

 

こうして黒子はコート内で一番目立たない「幻の6人目」として復活を果たします。

 

黒子の6人目の覚悟の重さを目の当たりした火神は自分も負けていられないと闘志を燃やし、再びゾーン入りを果たします。

 

誠凛の光と影がともに完全復活を果たしたことで誠凛に再び流れが戻ってきます。

『負けることは赦されない』

流れが少しずつ誠凛に傾きだしたころ、勝つのは洛山だ…と絶望に近い表情をする赤司の姿。

 

次の瞬間、赤司はゾーン入りを果たします。

 

誠凛の勢いを完全に殺し、再び膠着状態に突入したと思われましたが、ゾーン状態の火神がゾーン状態+天帝の眼を発動している赤司もろとも吹っ飛ばします。

 

敗北の予兆。

 

赤司は生まれて初めて感じる敗北の予感に集中力がきれ、ゾーン状態が解けてしまいます。

 

タイムアウトをとった洛山。

 

しかし打つ手なくすぐに試合が再開されます。

 

コートに戻った赤司が黒子に声をかけます。

 

「久しぶりだね、黒子」

『決着』

帝光中学時代、勝つことが全てという理念で育ってきた赤司は学校からも親からも過大なプレッシャーをかられてきました。

 

中学時代紫原と赤司が1対1をした際、紫原に負けそうになります。

 

これが初めての敗北の恐怖でした。

 

以来、赤司はずっと自身の心を守るために、また必ず勝ち続けるために冷酷非情な人格が顔を出しました。

 

しかし、その冷酷非情な赤司をもってしても火神に負けるかもしれないという恐怖から今までの赤司の人格がなりを潜め、代わりに、本来のオリジナルの赤司が顔を出しました。

 

冷酷非情な人格のもう1人の赤司と違い、本来の赤司はとても軽やかに1人1人の仲間に感謝と励ましの言葉を贈り、コートに立ちます。

 

本来の赤司は優しさと誠実さ、そしてカリスマ性を備えた「司令塔として理想の人物」でありました。

 

その結果、チーム全員の最大限の力を遺憾なく発揮され、瞬く間に点差が開いていきます。

 

本来の赤司の能力は司令塔としての究極系ともいえる全員が集中して試合ができる、「チーム全員をゾーンに入れる」というものでした。

 

ただでさえ強い洛山のスタメンが全員ゾーンに入ることで誠凛が圧倒的に不利な状況に陥ります。

 

フル出場でガス欠を起こしだした火神。

 

膝に爆弾を抱えている誠凛の守護神・木吉。

 

6人目に徹するため派手な動きができない黒子。

 

ここで終わってしまうのかーーーー誠凛のみんなが諦めかけたその時。

 

「赤司を倒してこい!」

 

「赤司に勝ってこい!」

 

「がんばれ誠凛!」

 

誠凛に敗れたキセキの世代のメンバー青峰、緑間、黄瀬が観客席から立ち上がり、黒子や誠凛に激励が飛びます。

 

「応援っていいものだな…」

 

火神の呟きにメンバー全員が頷き、誠凛は再び息を吹き返します。

 

ラスト7分。

 

火神は最後の力を振り絞り、今試合3度目のゾーン入りを果たします。

 

3度目のゾーンは今までと違いました。

 

「ゾーンの中のゾーン」

 

普通のゾーンはゾーンに入った本人だけが極限の集中状態を発揮するものでしたが、ゾーンの中のゾーンは、ゾーンに入っていない仲間の集中力も同時に引き出すことのできるものでした。

 

それにより、ゾーンに入れる人は誠凛には火神しかいないにも関わらず、今まで誰よりも一緒に練習をしてきた信頼感と絆を武器に「ゾーンに入った火神の動きを予測しながら」試合をこなすという超高難度な連携をはじめます。

 

点差が縮まり、残り4点差で洛山リード。

 

ここで誠凛キャプテン・日向がマッチアップの相手・実渕に対し3Pシュート+相手ファウルよるバスケットカウントワンスロー(ゴール下でシュート入れる権限)をとり、一度のプレイで4点とれるファインプレーをします。

 

しかしここで日向が1点を入れても同点・引き分けとなってしまいます。

 

延長試合をする余力のない誠凛は最後の1点のシュートをわざと外し、リバウンドをとってから1ゴール決めて逆転するしかもう後がありません。

 

フリーススローをわざと外した日向。

 

痛む足をこらえ、木吉がリバウンドをとります。

 

そのまま誰もが火神にパスがくると警戒・集中したその時、元祖幻の6人目・黒子にパスが通ります。

 

黒子はそのままシュートの構えに入ります。

 

ブロックに跳ぶ赤司。

 

黒子は微笑みながら呟きます。

 

「ボクは影だ」

 

シュートの起動はゴールリンクより少し大きく膨らみ、いつの間にかダンクの構えで跳んでいた火神が黒子から受け取った「パス」の勢いそのままにアリウープを決めます。

 

試合終了。

 

誠凛ー洛山:106:105 熾烈を極めた決勝戦は、誠凛が奇跡の大逆転勝利をし、ウィンターカップ優勝校となるのでした。

『それから…』

ウィンターカップが終わって少し経った頃。

 

誠凛は連覇を目指して新体制で練習に励みます。

 

するとその中に黒子がいないことに気づいた火神。

 

黒子を探し、ロッカールームまで迎えに行きます。

 

桃井から写真をもらっていたという黒子はすぐロッカールームを火神とともに飛び出し練習に合流しにいきます。

 

きちんと閉まっていなかった黒子のロッカーが風でゆっくりと開きます。

 

するとそこには、仲良く集合写真をとっているキセキの世代の写真が飾ってあるのでした。

いかができたか?以上が黒子のバスケ最終章のネタバレ記事となります。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事