ぼくは麻理のなか最終回結末ネタバレ【漫画ドラマ完結】その後の最後は?功と麻理・依のラストはどうなった?

おすすめスマホアプリ

 

池田エライザさん主演で実写ドラマ化もした人気マンガぼくは麻理のなか

 

この記事では、『ぼくは麻理のなか』の最終回・結末はどうなったのか?について分かりやすく簡潔にまとめていきます!

 

また『ぼくは麻理のなか』を全巻無料で読みたい!という方に『ぼくは麻理のなか』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

 

最終回のネタバレの前に『ぼくは麻理のなか』を無料で読む方法です。

『ぼくは麻理のなか』は漫画アプリ『マンガBANG!』にて全巻無料で読める

『ぼくは麻理のなか』はこちらの株式会社Amaziaが運営する漫画アプリマンガBANG!にて無料読むことができます。

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

『マンガBANG!』は株式会社Amaziaが運営する国内最大級の漫画アプリです。

『マンガBANG!』は公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

このようにマンガBANG!では、このように『ぼくは麻理のなか』を全巻無料で読むことができます。

 

安心安全に、そしてタダで『ぼくは麻理のなか』を無料で読みたい方は『マンガBANG!』を使う方法が最もお得です。

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

※追記:以下の漫画アプリ『ゼロコミ(マンガゼロ)』でも『ぼくは麻理のなか』が読めることが判明しました。『マンガBANG』『ゼロコミ(マンガゼロ)』とも一日に読める話数に上限があるため、両方のアプリをダウンロードして読み進めることをオススメします。

 

ゼロコミ-人気マンガが毎日読める漫画アプリ

ゼロコミ-人気マンガが毎日読める漫画アプリ

SAICORO INC.無料posted withアプリーチ

おすすめの漫画アプリ

また漫画アプリに関して言うと、集英社が運営する少女マンガに特化した漫画アプリマンガMeeやスクウェア・エニックスが運営するマンガUP!も特にオススメです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 恋を知らない僕たちは
  • ハニーレモンソーダ
  • 古屋先生は杏ちゃんのモノ
  • みにあまる彼氏
  • テリトリーMの住人
  • 美食探偵 明智五郎
  • これは経費で落ちません!
  • 素敵な彼氏
  • 流れ星レンズ
  • 好きって言わせる方法
  • うそつきリリィ
  • アシガール
  • ひるなかの流星
  • ケダモノ彼氏
  • きらめきのライオンボーイ
  • 青空エール
  • アオハライド
  • きょうは会社休みます
  • 虹色デイズ
  • 君に届け
  • ダメな私に恋してください
  • 銀魂
  • ちびまる子ちゃん

などなど…

 

『マンガUP!』で無料で読める主な作品一覧
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガBANG』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

ゼロコミ-人気マンガが毎日読める漫画アプリ

ゼロコミ-人気マンガが毎日読める漫画アプリ

SAICORO INC.無料posted withアプリーチ

 

『ぼくは麻理のなか』あらすじ紹介!

『ぼくは麻理のなか』あらすじ

友人作りに失敗したことが原因で大学にも行けなくなり、ゲームと自慰行為に明け暮れる青年・小森功(こもり いさお)。

 

ある朝、功が目を覚ますと、ある<異変>が。

 

鏡に映っていたのは、吉崎麻理(よしざき まり)という美少女。

 

麻理は、功が行きつけのコンビニで度々遭遇し、「コンビニの天使」と密かに呼んでいた女子高生。

 

彼は麻理のなかに入ってしまったのだ。

 

「麻理」としてなんとか日常を過ごそうと奮闘する功。

 

しかし、クラスメイトの柿口依((かきぐちより))にだけは、外見は麻理だが中身は別人であることがバレてしまう。

 

麻理のなかの功と依は、いなくなった麻理を探すため行動を共にするようになるが、謎は深まるばかりで・・・

『ぼくは麻理のなか』主な登場人物紹介!

小森功(こもりいさお)

 

引きこもり生活を送っている大学3年生で、普段はゲームばかりしています。

 

ある日突然、密かに憧れを抱いていた麻理と入れ替わってしまいます。

 

依と協力し、女子高生として生活しつつ、麻理を探すこととなります。

吉崎麻理(よしざきまり)

 

いつも決まった時間に、コンビニに現れる女子高生。

 

ある日突然、中身が功になってしまいます。

 

入れ替わり後、麻理の中身が行方不明となってしまいます。

柿口依(かきぐちより)

 

麻理に憧れを抱く女子高生。

 

功と麻理の入れ替わりを瞬時に見破ります。

 

功と協力し、行方不明となった麻理を探すこととなります。

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ぼくは麻理のなか』最終回までのおさらい!

小森功と吉崎麻理の入れ替わり

主人公・小森功(こもりいさお)は、大学にも行かず引きこもった生活を送っています。

 

功は、近所のコンビニに現れる憧れの女子高生・吉崎麻理(よしざきまり)の後をつけることを、唯一の楽しみとしていました。

 

そんなある朝目覚めると、功は麻理と入れ替わっていることに気づきます。

 

自分の身体には麻理が入っていると考え、元の自分に会いに行きますが、中身は小森功のままであり、元の自分は麻理のことすら知らないことが分かります。

 

麻理自身がどこかへ行ってしまったと知った功は、麻理に憧れる同級生・柿口依(かきぐちより)と一緒に、麻理の居所を探すこととなります。

 

そして麻理の素性を調べる中で、麻理自身も功をストーキングしていたことが判明するのでした。

吉崎麻理の行方

麻理の居所を探っていると、麻理と依の思い出を、功がなぜか知っていることが分かります。

 

そのことから依は、二人は入れ替わったわけではなく、麻理の身体の中に元の麻理もいると考えます。

 

そんなある日、功は麻理のアルバムの中に破られた写真を見つけます。

 

その写真には幼少期の麻理が、遊園地の観覧車に乗っている姿が写っていました。

 

その写真を手掛かりに、遊園地へ遊びに来た功と依は観覧車に乗り込みます。

 

そこで功は麻理の過去を思い出しますが、その後突然、気を失ってしまうのでした。

吉崎麻理の過去

帰宅した依は、気を失ってしまった功の代わりに、幼少期の頃、麻理に何があったのかを麻理の母親に尋ねます。

 

そこで麻理は昔、祖母に付けられた史子(ふみこ)という名前であったこと、母親はその名前を気に入っておらず、祖母の他界を期に“麻理”に改名したこと、を教えられます。

 

「本人も麻理の方が可愛いと喜んでいた」と話す母親ですが、依はそれを否定します。

 

依は自分含め、麻理の中身を見てあげようとしていないこと、それがトラウマになっていることを母親に指摘します。

 

一方功は、気を失った夢の中で、麻理と吉崎史子と名乗る少女に出会います。

 

史子を連れてどこかへ行こうとする麻理。

 

功はそれを止めようとしますが、どんどん距離が離れてしまいます。

 

麻理の姿が見えなくなる直前、麻理から「私、小森くんの日記見ちゃった」と告げられるのでした。

 

意識を取り戻した功は、麻理の過去を全て思い出したことを依に伝えます。

 

どこか吹っ切れた様子の功は、学校をサボり依と遊びに出かけます。

 

すると突然、功が麻理の意識に変わり「私、もういなくなるね。さよなら。小森くんと仲良くしてね。」と依に告げ、次の瞬間には功の意識に戻っていたのでした。

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ぼくは麻理のなか』最終回結末ネタバレ!その後の最後は?功と麻理・依のラストはどうなった?

第72話 「これからどうするの?」

「さよなら。小森くんと仲良くしてね。」

 

依は、麻理が最後に言い残した言葉を思い出していました。

 

どこか元気のない依を見て、功は「どうしたの?」と尋ねます。

 

依は、一瞬麻理と話したこと、その後消えてしまったことを打ち明け「私のせいだ」と自分を責めます。

 

そんな依を見て功は、自分が消えれば麻理は元に戻る、その方法は夢の中で麻理が語っていた日記に隠されている、と提案します。

 

功は日記を書いたことが無いにも関わらず、麻理が「小森の日記を見た」と言い残したことが気になっていました。

 

しかし依は、功も麻理もいなくなってしまうことを恐れ「行っちゃダメ、消えないで」と涙を流すのでした。

第73話 変わる季節

依が目を覚ますと、目の前には寝息を立てた功の姿があります。

 

時刻は朝7時。

 

依は功を起こしますが、依に抱きつき離れようとしません。

 

依は「小森!!」と再度起こし、学校へ行くのか功に尋ねます。

 

功は「行かない」と答えます。

 

それを聞いて依は1人で身支度を整え、登校するのでした。

 

自宅で1人になった功のもとに、1通のメールが届きます。

 

それは元の功からでした。

 

母親が大学へ行っていないことを知っていたこと、それを理由に家に来たこと、実家に帰ることになったこと、が書かれていました。

第74話 動き出す

元の功からのメールを見た功は、メールで「日記って書いてた?」と尋ねます。

 

「今でもノートに書いてる」との返信がありました。

 

功は、日記を捨てないようにと返信します。

 

それから1ヶ月の時間が経過し、季節は夏になりました。

 

依が校庭で1人、弁当を食べていると、同級生が一緒に食べないかと話しかけてきます。

 

一方、功はもともと自分が住んでいたアパートを訪ねます。

 

合い鍵を使い、中に入ると既にもぬけの殻になっていました。

 

依が学校から帰宅すると、家の前に功が座っています。

 

そこで功は、元の功が実家に帰ったこと、アパートが空っぽになっていたこと、書いた覚えのない日記を書いていたことを依に話し、一緒に実家へ行こう、と伝えるのでした。

第75話 ぼくの記憶

功と依は電車に乗り、功の地元へ向かいます。

 

お互い口も利かず、淡々と目的地へ向かいます。

 

車窓からの景色が、徐々に都心から田んぼの多い田舎へと変っていきます。

 

駅に到着するとそこには、元の功が迎えに来ていました。

 

元の功は地元で父親の手伝いをしているようです。

 

功は、日記は残っているのか元の功に尋ねます。

 

残っているが面白いものでもない、と言いますが「それでもいい」と功は答えます。

 

会話に集中していると功は道を間違え、元の功に「こっちだよ」と正されます。

 

功の実家に着くと、功の母親が出迎えてくれました。

 

母親の姿を見て功は「僕の知ってるお母さんと全然違いますね」とつぶやくのでした。

第76話 小森の日記

功の部屋に通されると、母親がお茶を振る舞ってくれました。

 

功は部屋を見渡します。

 

日記はあるのか尋ねると、元の功は引き出しから一冊の大学ノートを取り出します。

 

日記を受け取る功。

 

そこで功は依に、家も何もかも初めて見るものばかりであると伝えます。

 

功がノートを開こうとすると、依が元の功に対し部屋から出ていくよう伝えます。

 

覚悟を決める依。

 

功は依を抱き寄せます。

 

2人だけになった功の部屋で、功と依はノートを開くのでした。

第77話 小森功

下品に笑う同級生たち、いやらしい目を向けてくる男性、自分には無関心な父親と、強く干渉してくる母親。

 

ある日、コンビニで立ち読みしている1人の男性を見つけます。

 

麻理から見るその男性はとてもキラキラしていました。

 

男性の後をつける麻理。

 

彼の家を特定すると、郵便物から彼の名前が「小森功」であることが分かります。

 

麻理は功が住むアパートを、向かいのマンションから覗き見ます。

 

1日中ゲームをしている功。

 

成人向け漫画を読み、自慰行為をする功。

 

功が売った成人向け漫画を手に取ります。

 

毎日のように功の様子を観察する麻理。

 

幼少期の自分の写真を破り捨てると、麻理は功のアパートに向かいます。

 

傘の中に隠していた合い鍵を手に取り、功の部屋に忍び込みます。

 

テーブルの上に功の日記を見つけます。

 

日記には、これまでの功の人生が綴(つづ)られていました。

 

それを見た瞬間、麻理は「ぼくは、小森功。

 

そうつぶやくのでした。

第78話 「行こう」

功は気が付くと、真っ白な空間にいました。

 

そこには麻理と幼少期の姿をした史子の姿がありました。

 

そこで功は、自分が本当はいないこと、麻理が頭の中で作った小森功であることを理解します。

 

それを聞いて麻理も、自分は史子の偽物であることを伝えます。

 

「消えたい」と涙を流す麻理。

 

功はそんな彼女の手を取り「一緒に行こう」と伝えますが、麻理はそれを拒否します。

 

依が好きなのは麻理ではなく、功であること。

 

卒業して大学へ行って、働いて、結婚して、子供ができて、いつか離れ離れになってしまうことを伝えます。

 

「それでもいい」と功が伝えると、功と史子は麻理の手を引いて光の中へ消えていくのでした。

第79話 「一緒にいるよ」

「小森!小森!」

 

依が必死に功の名前を呼んでいます。

 

いつの間にか意識を失っていましたが、依の呼び声で目を覚まします。

 

依は目を覚ました功を見て、それが功ではなく麻理であることに気づきます。

 

功の意識は「一緒にいるよ、ずっと見守ってるから」と麻理に言い残し、消えてしまいました。

 

麻理は身体を起こすと「柿口さん、私と友達になってくれる?」と尋ねます。

 

それを聞いて依は笑顔で「うん」と答えるのでした。

 

最終話 ぼくは麻理のなか

 

麻理が教室に入ると、黒板には大きく「3年1組卒業おめでとう」と書かれています。

 

教室の奥には依の他に、2人の同級生が「おはよう」と挨拶をしてくれました。

 

卒業式を終えると、両親と弟が「おめでとう」と祝福をしてくれます。

 

麻理は、依たちと遊びに出かけることを伝え、家族と別れます。

 

その後、同級生たちとも別れを告げ、2人きりになる麻理と依。

 

そこで2人は「大学に行っても遊ぼうね」と話します。

 

2人は別々の大学に行くことになりましたが、功のようにならないために「頑張ってなじもうね」と笑い合っていました。

 

コンビニの前で別れると、それぞれの帰路につきます。

 

麻理が歩いていると後ろから「麻理さん」と声が聞こえ振り返りますが、そこには誰もいません。

 

微笑むと麻理はまた、前を向いて歩きだすのでした。

 

I‘m in the Mari Fin

 

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ぼくは麻理のなか』の最終回の読者の評判や感想は!?

おすすめ記事