常住戦陣ムシブギョー最終回結末ネタバレ【完結漫画32巻】アニメ死亡キャラは?ラスボスは倒せたのか?その後の最後はどうなった?

おすすめスマホアプリ

 

週刊少年サンデーで連載され、人気を博したマンガ常住戦陣ムシブギョー

 

この記事では、そんな『常住戦陣ムシブギョー』の最終回・結末はどうなったのか?について分かりやすく簡潔にまとめていきます!

 

また『常住戦陣ムシブギョー』を全巻無料で読みたい!という方に『常住戦陣ムシブギョー』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

 

最終回のネタバレの前に『常住戦陣ムシブギョー』を全巻無料で読む方法です。👇

『常住戦陣ムシブギョー』は漫画アプリ『サンデーうぇぶり』で読める

『常住戦陣ムシブギョー』は、こちらの小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりにて全巻無料で読むことができます。

サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ

サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』は小学館が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

安心安全に、そしてタダで『常住戦陣ムシブギョー』を第1巻から最終32巻まで読破したい方は『サンデーうぇぶり』を使う方法がベストです。

 

また『サンデーうぇぶり』では、『常住戦陣ムシブギョー』以外にも以下のようなサンデー誌が誇る名作マンガの数々を無料で読むこともできます!

  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • 犬夜叉
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • マギ
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • 双亡亭壊すべし
  • 妖逆門
  • 烈火の炎
  • ゾン100
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • 魔王城でおやすみ
  • 今日から俺は!!
  • 天使な小生意気
  • め組の大吾
  • お茶にごす
  • ARMS
  • 舞妓さんちのまかないさん
  • スプリガン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)

などなど…

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

漫画アプリに関して言うと、集英社が運営する少女マンガに特化した漫画アプリマンガMeeやスクウェア・エニックスが運営するマンガUP!も特にオススメです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 恋を知らない僕たちは
  • ハニーレモンソーダ
  • 古屋先生は杏ちゃんのモノ
  • みにあまる彼氏
  • テリトリーMの住人
  • 美食探偵 明智五郎
  • これは経費で落ちません!
  • 素敵な彼氏
  • 流れ星レンズ
  • 好きって言わせる方法
  • うそつきリリィ
  • アシガール
  • ひるなかの流星
  • ケダモノ彼氏
  • きらめきのライオンボーイ
  • 青空エール
  • アオハライド
  • きょうは会社休みます
  • 虹色デイズ
  • 君に届け
  • ダメな私に恋してください
  • 銀魂
  • ちびまる子ちゃん

などなど…

 

『マンガUP!』で無料で読める主な作品一覧
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『サンデーうぇぶり』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

「常住戦陣!!ムシブギョー」の最終回のネタバレの前に、「常住戦陣!!ムシブギョー」がどのようなお話なのか簡単に紹介していきましょう。

 

『常住戦陣ムシブギョー』ってどんな話?あらすじ紹介!

時は江戸時代、「蟲(むし)」と呼ばれる化物が日本の人々の命を脅かす世界。

 

主人公・月島仁兵衛(つきしま じんべえ)は幕府の蟲退治専門の機関である蟲奉行所の役人、松乃原小鳥(まつのはら ことり)に見いだされ津軽の田舎から上京します。

 

蟲奉行所で働くことになった仁兵衛が蟲奉行所の仲間達と共に成長していく物語です。

 

最初は周りからなかなか認められませんが、絶対に諦めない精神と明るい性格で周りから信頼され、最終的には蟲奉行所の仲間達をまとめていくような存在になります。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『常住戦陣ムシブギョー』主な登場人物紹介!

月島 仁兵衛(つきしま じんべえ)

 

日本一の武士になるという目標を胸に蟲奉行所の門を叩いた侍。

 

その明るく熱血は性格で、最初こそ蟲奉行所の仲間達から煙たがられていたが、どんな時も諦めず逃げ出さない勇気や窮地で仲間を必死で助けようとする信念を認められ蟲奉行所の仲間を引っ張っていく存在に成長していく。

蟲奉行所様(奈阿姫 なあひめ)

 

蟲奉行所の象徴として恐れ崇められている存在、自身の毒の能力のせいで自分の意志に関わらず触れた物を全て毒で溶かしてしまいます。

 

その能力のせいもあり、他人に心を開かず生きてきたが仁兵衛と出会い人の心の温かさを知り、仁兵衛に好意を持つようになりました。

 

本当の正体は豊臣秀吉の息子・秀頼の娘である奈阿姫

 

一度殺されたが、常世の蟲(とこよのむし)にその力を分け与えられ死から甦り、不死の能力を手に入れました。

 

常世の蟲に非常に大切に想われており、触れたものを溶かすという毒の能力はその想いを表しています。

 

蟲や蟲人からは姫として崇拝されているが、人を殺す蟲たちを良く思っておらず常世の蟲が封印されている間は蟲奉行様として蟲の力を抑える為幕府に協力していました。

常世の蟲(とこよのむし)

 

全ての蟲を統べる存在、かつて阿奈姫を殺した人間を憎んでいる。

 

奈阿姫(蟲奉行様)に力を与え甦らせたことにより力が底を尽き、100年の眠りについていましたが復活しました。

 

かつて阿奈姫を守ると誓った豊臣側の武将である大阪5人衆を蟲人として甦らせ、江戸に攻め込み人類を滅ぼそうとします。

蟲奉行所の仲間

 

仁兵衛は蟲奉行所の中でも市中見廻り組に属しており、その仲間である花火使いの「火鉢」、式神使いの「天間」、仁兵衛の憧れの存在である武士「無涯」の3人と共に共闘しお互いに信頼関係を築いてきました。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『常住戦陣ムシブギョー』最終回までのおさらい!

序盤のあらすじ

蟲奉行所に入り仲間達と共に江戸に巣食う蟲退治に奔走する仁兵衛。

 

そんなある時、蟲奉行様を蟲奉行所とは別の蟲を狩る集団である「蟲狩」が襲撃することを知り、蟲奉行様を守る為、仁兵衛は仲間達と共に八丈島へ駆けつけます。

 

なんとか「蟲狩」を退けた仁兵衛一行でしたが、戦いの最中に蟲奉行所様は力を失ってしまいます。

 

蟲奉行所様の力を取り戻す為、その手段があるという紀州に赴く仁兵衛一行ですが、そこでかつての豊臣秀吉の部下であり今は蟲人として生まれ変わった石田三成が人間に対して残虐の限りを尽くしていました。

 

力を取り戻した蟲奉行所様の助けもあり、石田三成を退けたかと思われましたが100年の時を経て「常世の蟲」が復活し、蟲奉行様を江戸から蟲の本拠地である大阪城へ連れ去ってしまいます。

 

自分の無力さを実感した仁兵衛、さらに蟲奉行様が江戸からいなくなり常世の蟲への歯止めが効かなくなり、蟲人(むしびと)と呼ばれるより強い力を持った人型の蟲が現れ始め猛威を振るうようになります。

中盤からのあらすじ

蟲人と戦うことになる仁兵衛とその仲間達。

 

蟲を倒す目標を同じくし、かつて敵として戦った「蟲狩」のメンバーや仁兵衛が属する市中見廻り組以外の寺社見廻り組や関八州見廻り組、武家見廻り組の武士たちとも共に蟲人と戦うことになります。

 

大阪の「常世の蟲」との決戦に向けて力を磨く一同でしたが、あるとき大阪5人衆の後藤又兵衛(ごとう またべえ)と長宗我部盛親(ちょうそかべ もりちか)そして石田三成が「江戸冬の陣」を宣言し江戸に攻め込んできます。

 

激戦の末、後藤又兵衛と長宗我部盛親を退け、石田三成を打ち取った仁兵衛たちでしたが、その後間もなくして、常世の蟲と蟲奉行様が江戸に向かっているとの一報を聞きます。

最終章までのあらすじ

江戸に攻め込んできた常世の蟲に対して共闘し対抗しようとする仁兵衛たち。

 

仁兵衛は「常世の虫を止めるには命が繋がっている蟲奉行様を殺せ」と蟲狩の参謀役である鳰 紫(かいつぶり むらさき)に言われ蟲奉行所様のところへ行きます。

 

蟲奉行所様を殺すことは仁兵衛の正義にも反する行為ですし、人を想う心の強い仁兵衛は蟲奉行所様を殺すことはできません。

 

蟲奉行所様は自ら仁兵衛の刀を体に引き入れ倒れます。

 

蟲奉行所様がいなくなり常世の蟲を止められるはずでしたが、これは鳰がついた嘘でした

 

常世の蟲は、蟲奉行所様に分け与えていた力を取り戻し完全体になったのです。

 

鳰は実は常世の蟲の部下で、大生部多(おおうべのおお)というのが本当の名前であり、常世の蟲の力を取り戻す為に付いた嘘だったのです。

 

鳰や常世の蟲直属の部下として登場した火鉢の祖父である弥三郎、蟲狩の裏切り者である骸骨に蟲狩のメンバーは大半が殺れ、リーダーである有虚(うろ)も失明させられてしまいます。

 

一命を取り留めた蟲奉行所様でしたが、大生部多や常世の蟲にまたも大阪へ連れていかれてしまいます。

 

彼らは「大阪城へ来れるものなら来てみろ」と挑発し帰っていきます。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『常住戦陣ムシブギョー』最終回結末ネタバレ!その後の最後はどうなった?

大阪城へ向けて旅立ち

いよいよ最終決戦に向けて蟲奉行所の準備が整っていきます。

 

大阪出陣に向けてメンバーが選出されました、武家組、自社組、関八州組のメインの戦力は江戸の指示系統、その他公家組も江戸の防衛、大阪城へ攻め込む役は仁兵衛たち市中組が中心になりました。

 

大阪へ向かう一行、道中で正体不明の蟲人の攻撃によって川に流され散り散りに3つのグループに分かれてしまいます。

 

その攻撃を加えた本人であり、その後仁兵衛一行が出会ったのは大阪5人衆の一人、擬態の能力を持つ蟲人の明石全登(あかしたけのり)でした。

 

彼はキリシタンであり、仁兵衛との戦いの末に仁兵衛を強きモノとして認め、自分はキリシタンであるにも関わらず常世の蟲という神によって蘇り自分の信じるべき神が分からなくなり「人にとって神とはなんなのだ。」と仁兵衛一行に問いかけます。

 

仁兵衛が「大阪城に向かいその答えを見つけに行く」と話すと仁兵衛一行に同行し大阪城へ向かうこととなります。

 

一方、火鉢一行は敵の本拠地であるにも関わらず、村人が住む村を見つけました。

 

村人は皆幸せそうであり、彼らによると村人は常世の蟲から生み出されたと言います。

 

しかし、この村に火鉢一行は不信感を覚え、村を後にします。

 

残りの松乃原小鳥一行は偶然、紀州で石田三成にやられたと思われていた仲間の大岡忠介と出会い合流します。

 

一足早く大阪城へ着いた仁兵衛一行、そこで大阪5人衆最強の毛利勝永(もうり かつなが)と対峙します。

 

戦う気持ちにはやる蟲奉行所の恋川でしたが一旦引き全員合流し形勢を立て直すことにしました。

 

3グループ合流し、決戦前夜の話し合いが行われます。

合流そして作戦会議

大岡と長富丸(徳川次期将軍徳川家重)は大阪城突入の作戦を立て、他の物は誰がどの敵を相手にするのか意見交換をしました。

 

大阪5人衆最強の毛利勝永は松乃原小鳥が相手をすることになりました。

 

もうお互い死んで会えなくなってしまうかもしれないという想いで、お互いの思っていることを話し合いました。

いざ大阪城へ

翌朝、仁兵衛一行は正面から堂々突入していきます、小鳥が毛利を引き付けている間に一行は正門を通過しました。

 

一方大阪城では鳰が常世の蟲に自分の体と力を捧げると偽り、常世の蟲の力を奪ってしまいます。

 

鳰をなんとか阻止しとする長宗我部でしたがその気迫のあまり手が出ません。

 

常世の蟲は城の堀に放り出され、「私は誰かを幸せにするために生まれてきた神であった」、「全てを殺してでも一人でも、阿奈姫一人だけでも幸せにしたかった」と語ります。

 

仁兵衛は鳰に常世の蟲は殺させないと言い常世の蟲を守ります。

 

鳰と戦う仁兵衛、腕を折られて絶体絶命かと思われた時、仁兵衛の姿が明石に代わりました。

 

仁兵衛の常世の蟲でさえも助けるという心に打たれ、仁兵衛の身代わりをし「鳰では仁兵衛に勝てない」と言い残し倒されます。

 

火鉢はかつての自分の師匠であり祖父である弥三郎と決戦し実力を認めようとしなかった祖父と和解し打ち果たします。

 

次は毛利と恋川との戦いですがお互い相討ちとなり、恋川は最後仁兵衛に看取られながら命尽きます。

 

一方大阪城内ではもう役割は終わったと蟲奉行様を骸骨が殺そうとしますが、そこに長宗我部が現われ窮地を助けます。

 

城外に逃げた蟲奉行様と長宗我部でしたが再び追い詰められます、そこで現れたのが鳰に以前やられた蟲狩の有虚でした。

 

有虚は骸骨を打ち負かし、骸骨も死に際に蟲狩を裏切ったことを悔いて果てます。

 

5人衆最後の一人である後藤又兵衛も無涯と決戦し破れ果てます。

最終決戦

最終決戦、仁兵衛は無涯と共闘し鳰と戦います。

 

無涯は瀕死の常世の虫の力を刀に吸収します。

 

鳰の弱点の翼を切り落とすたびに形態変化し強くなる鳰、「神として君臨し全ての人を殺すことによって幸せにする」と言い日本各地に光の柱を出現させ日本中に攻撃を仕掛けます。

 

「人に喜んで欲しいという善意で人を殺しているのだ」と主張する鳰、仁兵衛に「あなたの生き方は、私と瓜二つだ」と言います。

 

「人を救いたいという信念に基づいて行動してきたのは一緒じゃないか」と、一瞬自分の振る刀にためらいを覚える仁兵衛でしたが、そこで恋川や火鉢、亡くなった父などの声が聞こえてきます。

 

「自分は皆をずっと守ってきたのではない、背中の皆さんに支えられてきたのだ」とそこで理解した仁兵衛はその想いを力に変えて鳰を倒します。

江戸に戻った平穏

江戸に平穏がもどって7年後、仲間達はそれぞれの道を歩んでいました。

 

無涯と有虚の兄弟は田舎で鍛冶職人として生き、天間は各地へ放浪の旅へ出ていました。

 

松乃原小鳥は道場を開き、大岡は大名になりました。

 

仁兵衛は蟲奉行所の武士として火鉢、春、阿奈姫の3人の妻を迎え幸せにくらしました。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『常住戦陣ムシブギョー』世間の評判は!?

おすすめ記事