なないろ革命を全巻無料で読む方法紹介!漫画アプリでタダ?作者・柚原瑞香

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『なないろ革命』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。 

『なないろ革命』は漫画アプリ『マンガMee』で全巻無料で読める?

いきなり、結論です。

 

『なないろ革命』はこちらの集英社が運営する漫画アプリマンガMeeにて全巻無料読むことができます。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『マンガMee』では、『なないろ革命』第1巻から最終巻までを惜しげもなく無料で公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『なないろ革命』を最終巻まで読みたい方は『マンガMee』を使う方法が最もお得です。

 

『マンガMee』は、集英社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また他にも『マンガMee』では、以下のようなメディア化された有名マンガをタダで楽しむことができます。

  • この音とまれ!
  • ヒロイン失格
  • ハニーレモンソーダ
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • 俺物語
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • ごくせん
  • アシガール
  • 椿町ロンリープラネット
  • NANA
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • ハル×キヨ

などなど…

 

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する漫画アプリマンガワンや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』で無料で読める主な作品一覧
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • プロミスシンデレラ
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス
  • ラジエーションハウス
  •  

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています「無料で多くの有名漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

次に『マンガMee』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

 

『マンガMee』の基本的な使い方

『マンガMee』では、アプリ内アイテムであるチケットボーナスコインを使用して読むことになります。

 

簡潔に言うと、『チケット』『ポイント』などを使って1作品、1日に最大5話まで無料で読むことが可能です。

 

『なないろ革命』も1日に最大5話まで読み進められます。

 

ここでは『マンガMee』で使うアプリ内アイテムチケット』『ポイントのそれぞれの使い方を簡単に説明します。

『マンガMee』のチケットとは?

チケットはチケットアイコン(↓ピンク色の線で囲んである)が表示されている話に使うことが出来ます。

各作品ごと1日1枚使用することができ、チケット使用後23時間で、新たなチケットが配布され各作品をまた1話無料で読むことが出来るというシステムです。

つまり、ほとんどの作品を1日1話無料で読むことのできるシステムがこの『チケット』なのです

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

『マンガMee』のボーナスコインとは?

『ボーナスコイン』は毎日、5~15秒程度の広告動画を視聴することで30ボーナスコイン(作品1話分に値する)を取得することが出来ます

 

マンガMeeに掲載されている作品は、すべてこの『ポイント』の対象です。(※ポイントを使って読むことができるという意味)

 

↓『マンガMee』アプリを起動すると「短い動画を見て30ボーナスコインをGET!」と書かれた以下の画面が表示されます。

「動画を見る」ボタンをタップし、短い広告動画を視聴することで、マンガ1話分を読むために必要な30ボーナスコインを獲得することができます。

 

1日1回必ずこのシステムが使えるので、活用しましょう。(※広告動画をしっかり見る必要はありません。適当に流しておくだけでOK!)

 

また、今なら『マンガMee』を新規ダウンロードした際の特典として500ボーナスコインが手に入ります!

1話につき、30ボーナスコインを消費するので、500ボーナスコインは、約16話分に値します。

 

単行本にすると1~2冊分です。

 

このお得な特典をゲットできる今のうちに『マンガMee』をダウンロードしてしまいましょう!

アプリのダウンロードは、もちろん無料です。安心してください。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『チケット』『ボーナスコイン』以外で1日3話分の漫画を読む

『チケット』『ボーナスコイン』以外に1日3話分の漫画を無料で読める仕組みがあります

 

その仕組みがこれ、

 

見たいエピソードの漫画のページへ飛ぶと、「動画を見て無料で読む 残り3回」と表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで1話分のエピソードを新たに無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでのまとめ
  • チケットを使い1日1話無料で漫画を読む
  • 短い広告動画を見て毎日30ボーナスコインを獲得し1話分の漫画を無料で読む
  • 短い広告動画を毎日最大3本見て、3話分の漫画を無料で読む

以上の事から『マンガMee』は、1つの作品において、1日に最大で5話分のエピソードを無料で読むことができるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります。

 

遠慮なく無料で読ませていただきましょう!!(^^)/

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『なないろ革命』の読者の反応や評価は?

『なないろ革命』序盤ネタバレ紹介!

中学校初日のクラス

 

栗山奈菜(くりやまなな)は小学校からの友達・小島(こじま)ゆゆに髪型をおそろにしようと言われ、断れずにお揃いにします。

 

中学最初のホームルームが行われ、奈菜はしどろもどろになりながら自己紹介を終え、ため息をつきます。

 

一方、自己紹介が苦手な奈菜と対照的にゆゆは、自己紹介が上手で一気に人だかりができます。

 

多くのクラスメイトに囲まれるゆゆのそばで、あるクラスメイトが奈菜の髪型がゆゆと一緒なのに気づきます。

 

「もしかしてゆゆちゃんのまね?」という言葉に、戸惑う奈菜。

 

するとゆゆが、親友だということで奈菜をかばいます。

 

ほっとすると同時に奈菜の心は、どこかモヤモヤしています。

 

その日の放課後、

 

「奈菜ちゃん一緒に帰ろー」と誘うゆゆのもとには、梓とちほみという2人の女子がいます。

 

4人で帰ることを知らなかった奈菜は少し戸惑いますが、友達に困ることはないと心の中で思いました。

 

しかし、ゆゆといると自分の中の個性が押しつぶされていると感じる奈菜。

 

ある別の日、ゆゆは、可愛いクマのぬいぐるみのストラップを4つ持ってきました。

 

4つのストラップは、どれも色違いです。

 

ゆゆは、友達記念にお揃いで持とうと言います。

 

奈菜がピンクのストラップを選ぼうとしたとき、ゆゆが先にピンクが良いと言います。

 

ゆゆのお願いに断れない奈菜は、ピンクを譲り水色のストラップをもらいます。

 

ポケットに貰ったストラップ入れトイレへ行く奈菜。

 

途中でストラップを落としますが、すれ違った男子が拾います。

 

教室に戻りストラップを落としたことに気づいた奈菜は、落ち込みます。

 

すると、教室のドアが開き入って来たのはずっと学校を休んでいた奈菜の隣の席のさっきストラップを拾った詩丘(しおか)という男子でした。

 

周りの人が詩丘の休んでいた理由について話す中、ゆゆが奈菜のストラップがスクバについてないことに気づきます。

 

何でつけていないのかと問われ、とっさに汚れたら嫌だからと噓をつく奈菜。

 

「ゆゆたちとおそろなのが嫌なのかと思ったー♡」とゆゆに言われます。

 

焦った奈菜は、必死でストラップを探します。

 

すると詩丘が、クマのストラップを吊るしながら探し物はこれかと聞きます。

 

奈菜が必死で探してる様子を見ていた詩丘は、「これってそんなに大事なモンなの?」と奈菜に聞きます。

 

奈菜を少しからかいながら、答えてくれたら返すという詩丘。

 

奈菜が友情記念に友達がおそろでくれたことを伝えると、拍子抜けしたように「つまんねーの」と言ってストラップを渡し去っていきます。

 

奈菜は、その態度に「感じ悪い」と思いました。

 

体育の授業中、クラスメイトは詩丘がかっこいいという話題で盛り上がります。

 

奈菜は、詩丘がすぐにクラスに馴染んでるように感じます。

 

教室でも、奈菜とゆゆの髪型がお揃いのことを詩丘に指摘されます。

 

自分は好きでやってるわけではないという気持ちが強くなる奈菜。

 

自分は、何をしても平気でいられる詩丘とは違うのだと思います。

 

仲良しグループでお弁当を食べているなか、奈菜はゆゆ以外の2人の会話に入ろうと、お弁当が可愛いことを褒めます。

 

席が真ん中だった奈菜は、そこから2人との会話で盛り上がります。

 

奈菜がいつもより会話が弾んだことに満足してると、ゆゆに呼ばれます。

 

そこで、席を自分と交換してほしいとお願いされます。

 

席を交換したら、端になってしまいうまく会話に入れません。

 

断ろうとしますが、ゆゆのお願いを承諾してしまう奈菜。

 

その日のお弁当は2人の席を交換して食べることになりました。

 

自分の居場所を守るために耐える奈菜。

 

放課後、奈菜が部活の入部届を探しているとゆゆが持って行ったことを聞きます。

 

するとゆゆにテニス部の入部届を出したと告げられます。

 

家庭部か美術部に入りたかった奈菜はショックを受けます。

 

何か言いたげな奈菜の様子を見たゆゆは、昔なんでも一緒にすると約束したと言います。

 

「ゆゆの好きなものなら絶対うんって言ってくれるでしょ?」と言われ爆発寸前の奈菜。

 

泣きながらその場を立ち去ります。

 

奈菜が教室でひとりで泣いてるところをたまたま詩丘に見られてしまいます。

 

そこへ、奈菜を探すゆゆが来ます。

 

詩丘は泣いている奈菜をカーテンでかばいます。

 

どうしたら好かれるのかと詩丘に聞く奈菜。

 

小学校の頃の記憶が思い出されます。

 

陰で女子たちが奈菜の話をしています。

 

「奈菜ちゃんってさ、何でも合わせてくれるから一緒にいるけどぶっちゃけつまんないよねー」

 

たまたま悪口を耳にした奈菜がショックを受けているとゆゆが寄ってきて奈菜に言いました。

 

「ゆゆは奈菜ちゃん好きだよ」、「優しいし、いいところいっぱいあるよ」

 

その言葉を聞いた奈菜は人気者のゆゆが自分を認めてくれて好きって言ってくれたことがうれしくてたまりませんでした。

 

その日から、仲良しのしるしとして何でも一緒にすることを約束したのでした。

 

しかし、どんどんゆゆに合わせていくうちに奈菜は苦しくなっていきました。

 

嫌われたくなくて合わせていたのに何のためにしてるのかわかんなくなったと詩丘に言います。

 

すると詩丘は、

 

「この髪型は全っ然似合ってねーよ」と言います。

 

ゆゆにお願いされたのだと言い返そうとする奈菜に詩丘は「選んだのは自分だろ」と言います。

 

奈菜はその言葉にドキッとしました。

 

家に帰ってから自分の部屋を見渡すとゆゆとお揃いで買ったものが目に入ります。

 

自分には似合ってないのは知っていましたが、流されていたのは自分だったと気づきます。

 

次の日の朝

 

「おはよう」とゆゆに声をかける奈菜の髪は、ばっさり切ってショートヘアーになっていました。

 

本当は、短い髪が好きなこと、色はピンクが好きなこと、テニス部には入りたくないこといままで我慢してきたことを伝えます。

 

そして、もうゆゆのお願いはきかないと宣言します。

 

「それってどういう意味?」と、聞き返すゆゆ

 

受け入れてもらえるなんて思ってないと緊迫する奈菜に対してゆゆは

 

「ごめんね奈菜ちゃん!」とあっさり返答します。

 

「奈菜ちゃんが大好きだから一緒にいたい」と言い抱きくゆゆ。

 

クラスメイトは「事情は分からないけどゆゆが誤っているなら、許してあげたら?」

 

と奈菜に言います。

 

クラスメイトはゆゆを擁護するような雰囲気になります。

 

想像と違った展開に奈菜は驚きます。

 

音楽の授業で奈菜は合唱パートをアルトに行こうとします。

 

すると最初はソプラノが良いと言っていたゆゆが、自分もアルトにすると言い出します。

 

今度はゆゆが奈菜に合わせる番だということで、梓、ちほみも入れ4人でアルトパートにします。

 

また掃除の時間でも奈菜が机を運んでいるとゆゆが代わりに運ぼうとします。

 

そこへちょうど先生が来ると友達をパシるなと注意されてしまします。

 

奈菜は自分がさせたわけではないのに、まるで悪者扱いされているような気分になりました。

 

友達グループの残りの2人は話があると奈菜を呼び出します。

 

「最近ちょっとずるくない?」

 

「ゆゆちゃんって」

 

奈菜は自分のことを言われると思っていたので驚きます。

 

「あの日栗山さんが髪切ってまで言いたかったこと」「一緒にいたのに全然気づかなくてごめんね」

 

と謝られます。

 

「うちら奈菜ちゃんの味方だから」

 

という言葉に感動します。

 

奈菜は自分の気持ちを伝えるようにしようと前向きになります。

 

ゆゆが奈菜のペンケースが変わったことを話しています。

 

お揃いだったクマのペンケースではなく別のものを使っているのを見て「ゆゆも同じの買お♡」と言います。

 

またお揃いになるのが嫌な奈菜はゆゆに”こういうのはやめて”と言おうとします。

 

すると、奈菜が話し始める前に梓が割って入ってきて言います。

 

無理に合わせられても迷惑だと「ね、奈菜ちゃん」

 

と聞かれ思わずうんと答えます。

 

奈菜は、ゆゆのことを仲間外れにしているように感じました。

 

放課後もゆゆが奈菜をカフェに行こうと誘うと、梓とちほみは用事あるから帰るねと言って奈菜を連れ出します。

 

そのまま嘘をつて3人で遊んでる中、奈菜は心が重くなるのを感じます。

 

ある朝、ゆゆは3人に向かって言います。

 

「みんなでゆゆのこと避けてるでしょ」、「どうして」

 

ドキッとする奈菜。しかし2人は自分で考えなよと言いそのまま奈菜を連れ出して3人で移動します。

 

やっぱりやりすぎなのではないかと言う奈菜に対し「全部奈菜ちゃんのためにやってるんだよ」と言われ返す言葉もありません。

 

通りすがりの詩丘に「期待外れ」と言われます。

 

自分のなかにモヤモヤが残る奈菜。

 

屋上で詩丘に朝の言葉の意味を訪ねます。

 

奈菜は自分のしてることが間違っているのかを聞きます。

 

詩丘は、髪切って宣言したときの栗山はかっこよかったと伝えます。

 

奈菜は、詩丘が本当に思ったことしか言わなくて、したいことをして、誰のせいにもしないところをかっこいいと思います。

 

あの時なりたかったのはそういう自分なのだと思い始めます。

 

一方ゆゆのほうは、元気ないねと男子から話しかけられ笑って話をしています。

 

その態度をみた梓とちほみは、ゆゆは男好きと書かれたかみを机に入れようと話します。

 

その様子にだんだん怖くなった奈菜は自分が前のように2人に流されてるように感じ、紙を取り上げて言います。

 

こういうのはやめてちゃんとゆゆと話をするのだと伝えたところ、2人は機嫌わるそうにしました。

 

奈菜の話を聞いた詩丘は今のは何かと聞きます。

 

奈菜は、自分が詩丘みたいな”私らしい私”になりたいことを伝えます。

 

詩丘は「へー」と言い少し微笑みました。

 

2人は奈菜に悪者扱いされたことに腹を立てています。

 

するとそこへゆゆがやって来て「どうしたの?」と尋ねます。

 

次の日の朝、奈菜が自分の机に手を入れたところ、「奈菜は男好き」という紙が出てきました。

 

どうしてこんなことになったのか、微笑んでるゆゆ達をみて3人の仕業だと知った奈菜は、何でという疑問が浮かびました。

 

仕返しなのか、詩丘のことなのかを考えていると後ろからプリントが回ってきました。

 

振り向きもせずにちほみから回ってきたプリントを後ろのゆゆへ回すと無視されてしまします。

 

梓に話しかけに行っても無視されてしまいます。

 

3人から仲間外れにされ困っていると別のクラスメイトから声をかけられます。

 

「何かあった?」と聞かれ、奈菜が答えようとした途端、ゆゆが来て

 

「もー!奈菜ちゃん遅ーいっ」

 

「おいてきそうになっちゃったよ」と今までとは打って変わった態度で接してきます。

 

耳元で「他のグループに行くなんてだめだよ奈菜ちゃん♡」と囁くゆゆ。

 

授業のグループ学習でも奈菜の分だけのプリントがなかったり、お弁当の時間も自分の発した言葉に対し無視されてしまいます。

 

ちゃんと話をしようと言う奈菜ですが、聞いてもらえません。

 

そんな中、奈菜が一人でいると「大丈夫?」とゆゆが声をかけてきました。

 

2人で話をします。

 

「無視されたりするのって悲しいよね」、「でも奈菜ちゃんがしことと一緒だよ」

 

「これでゆゆの気持ちわかってくれた?」

 

と話すゆゆ。さらに

 

「2人もゆゆに悲しかったこと伝えたくて仲間外れにしたんだって。」「‘今度は奈菜ちゃんにも伝えなくちゃね‘って」

 

と続けます。

 

しかし、それは間違っていると言おうとする奈菜。

 

奈菜の言葉を遮りゆゆは、奈菜が謝ればみんな許してくれると言います。

 

みんなで仲直りをしようと提案すゆゆですが、

 

奈菜は「私悪いことしてないのに何で謝らなきゃいけないの!?」とはっきり言います。

 

そこで梓、ちほみの2人が来て「せっかくゆゆちゃんが言ったげたのに…」と言って去っていきます。

 

しばらくして理科の実験の時間、ちほみが奈菜にビーカーを取ってくるよう頼みます。

 

ビーカーを運ぶ奈菜のもとに梓が来てわざとぶつかります。

 

割れたビーカーを見て、「これはさすがに奈菜ちゃんが悪いよね」とほほ笑む梓。

 

ゆゆが見かねて止めようとしたとき

 

詩丘がかばいます。

 

さらに、梓がわざと奈菜にぶつかったように見えたと言いその場を丸く収めます。

 

そのまま保健室へ向かう詩丘にお礼を言う奈菜。

 

詩丘の存在が奈菜の心の支えになっているようでした。

 

ゆゆ、梓、ちほみが話しています。

 

さっきの詩丘の行動に腹を立てている梓とちほみ。

 

するとゆゆが詩丘のことが好きかもと告げます。

 

2人は怪しげに微笑みながら、3人でゆゆの恋を応援するということで話がまとまります。

 

奈菜が家に帰ると母親から入学祝にスマホをプレゼントされます。

 

母に対して、奈菜は学校で起きてることは言えていません。

 

朝、昨日の言い合いから奈菜とゆゆたちは嫌がらせも会話もありません。

 

もう一人になるしかないのだと思っていると、ゆゆが奈菜のスマホを見て話しかけてきます。

 

何で急に話しかけてきたのか戸惑う奈菜でしたが、

 

また話せてうれしいと言われ、スマホのグループに招待されます。

 

全部嘘かもしれないけど、もう一度みんなと向き合いたいと思う奈菜。

 

さっそくスマホを使っていると、グループに「奈菜ちゃんて よく詩丘と一緒にいるけど好きなの?」と送られます。

 

少し焦る奈菜ですが、「何もないよ」と返信します。

 

その反応を受け、みんなでゆゆの恋を応援する話になります。

 

そのため詩丘と仲良くするのを禁止されてしまいます。

 

ゆゆは、どんどん詩丘にアピールしていきます。

 

その日の夜、ゆゆは女子グループのトークに詩丘のことが好きだというメッセージを送ってしまいます。

 

一気に女子全体がゆゆの恋を応援するようになります。

 

周りの気遣いのおかげで奈菜は詩丘と話す機会が減るようになりました。

 

詩丘を見つけたゆゆが走って向かおうとしたところ、転んでしまいます。

 

すると詩丘がゆゆを保健室へ連れていきます。

 

奈菜は、詩丘が特別誰かの味方になったりしないと考え、一人ぼっちのような気分になり落ち込みます。

 

そこへ保健室へ行ったはずの詩丘が来ます。

 

何故かと聞くと「めんどくさくなって逃げてきた」と答える詩丘

 

さらにゆゆは本当は自分に興味があるわけではないと告げます。

 

それがどういう意味なのかを聞きだす前に詩丘は行こうとします。

 

詩丘はめんどくないときは奈菜と話をしてくれると言います。

 

その言葉を聞き奈菜は嬉しくなります。

 

その会話の様子をちほみがスマホで撮っていました。

 

そして2人が話してる写真をクラスのグループへ送ってしまいます。

 

盛り上がるクラスグループに、荒れるクラスの女子グループ。

 

奈菜はなんとか、誤解だというメッセージを女子グループに送りますが30件の既読がついているにも関わらず誰からも返信がありません。

 

不安なまま学校へ行くと、見られているような視線とみんなが自分の話をしているような感じがします。

 

その場にいたくないと思う奈菜の中に浮かんできたのは詩丘の存在です。

 

大事な時には、詩丘にいてほしいと思う奈菜。

 

いつのまにか詩丘が大切になっていたのだと気づきます。

 

その様子を気に食わないように後ろからゆゆが見つめています。

おすすめ記事