大奥を全巻無料で読む方法紹介!漫画バンクは危険|アプリでタダ?よしながふみ作

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『大奥』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。 

Contents

『大奥』は漫画アプリ『マンガPark』で全巻無料で読める?

いきなり、結論です。

 

『大奥』はこちらの白泉社が運営する漫画アプリマンガParkにて全巻無料で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』は、大手出版社の白泉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガPark 』では『大奥』1巻から最終巻に収録されているすべてのエピソードを無料で配信してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『大奥』を全巻読破したい方は『マンガPark』を使う方法が最もお得です。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

漫画アプリに関して言うと、集英社が運営する少女マンガに特化した漫画アプリマンガMeeやスクウェア・エニックスが運営するマンガUP!も特にオススメです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 恋を知らない僕たちは
  • ハニーレモンソーダ
  • 古屋先生は杏ちゃんのモノ
  • みにあまる彼氏
  • テリトリーMの住人
  • 美食探偵 明智五郎
  • これは経費で落ちません!
  • 素敵な彼氏
  • 流れ星レンズ
  • 好きって言わせる方法
  • うそつきリリィ
  • アシガール
  • ひるなかの流星
  • ケダモノ彼氏
  • きらめきのライオンボーイ
  • 青空エール
  • アオハライド
  • きょうは会社休みます
  • 虹色デイズ
  • 君に届け
  • ダメな私に恋してください
  • 銀魂
  • ちびまる子ちゃん

などなど…

 

『マンガUP!』で無料で読める主な作品一覧
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガPark』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

次に『マンガPark』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

 

『マンガPark』の基本的な使い方

『マンガPark』に掲載されているマンガを無料で読むには、アプリ内アイテムである『FREEコインボーナスコインを活用することになります。

 

(左がFREEコイン、右がボーナスコイン)

 

簡潔に言うと『FREEコイン』『ボーナスコイン』などを使うことで、1日1作品において、13話分以上のマンガを無料で読むことが可能です。

 

『大奥』も例外なく1日に13話分以上の話数を読み進めることができます。

 

以下では『マンガPark』で使うアプリ内アイテム『FREEコイン』『ボーナスコイン』のそれぞれの使い方、取得方法を詳しく説明していきます。

『マンガPark』のFREEコインとは?取得方法と使い方を解説

FREEコインとは?
  • FREEコインとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝6時、夜9時に120FREEコインずつ配布される(1日に計240FREEコイン)
  • 30FREEコイン消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単なFREEコインの取得方法と使い方の説明です。

 

1話につき30FREEコインが消費されるということは、

1日に配布される240FREEコイン÷1話につき消費される30FREEコイン=8話分

つまり毎日、配布される計240FREEコインを使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムがFREEコインです。

 

但し1点だけ注意があり、FREEコインを120以上貯めこむことは出来ません

 

朝6時に120FREEコインが配布され、その120FREEコインを使わずに夜9時を迎えたとしても新たに120FREEコインが加算されることはありませんので注意が必要です。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

『マンガPark』のボーナスコインとは?取得方法と使い方を解説

MP+(マンガポイントプラス)とは?
  • ボーナスコインとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • FREEコインがなくなってしまった場合でもボーナスコインを使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガPark』新規ダウンロード特典で900ボーナスコイン(30話分)が付与される
  • 毎日、短い広告動画を見るだけで30ボーナスコイン(1話分)が付与される(1日に2回このシステムが使える)

以上が簡単なボーナスコインの取得方法と使い方の説明です。

 

下の画像のように『マンガPark』新規ダウンロード特典では、900ボーナスコイン30話分)が無料配布されます。

 

そして毎日、短い広告動画を視聴することで30ボーナスコイン1話分を取得することが出来ます。

毎日0時と12時の2回、広告動画を見てボーナスコインを獲得できます。つまり毎日、60ボーナスコインを取得できるということです。

短い広告動画の見方は、アプリを起動すると画面右下にピンク色のプレゼントマークが出てくるので、それをタップします。

するとCMを見てコインをGETというボタンが表示されるので、タップして短い広告動画を視聴します。(広告を見ずに流してるだけでもOK!)

たったこれだけの労力で、30ボーナスコイン(マンガ1話分)が手に入ります。

 

やらない手はありませんよね(^^)/

短い広告を見てボーナスコインを獲得できるシステムは毎日、夜0時と昼12時に回復します。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

『FREEコイン』『ボーナスコイン』以外で1日3話分のマンガを読む方法

先ほど紹介した『FREEコイン』『ボーナスコイン』が0ポイントになってしまった場合でも1日に3話分のマンガを無料で読むアプリ内システムがあります。

 

その仕組みがコチラ。

 

読みたい”話(はなし)”のページへ飛ぶと、「CMを見て無料で読むと表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで新たに1話分のマンガを無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

以上の事から『マンガPark』は、1つの作品において、1日に最低でも13話分以上ののマンガを無料で読むことのできるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります!

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『大奥』読者の評価や感想は?

『大奥』あらすじ紹介!

江戸時代初期、男子だけが発症する謎の疫病が日本中を襲い、男子の割合は女子の4分の1にまで減少してしまいました。

 

なす術なく家の主人や跡取りが死んでいく中、残された女達は従来の生きたかを捨て柔軟に生きる術を模索していきます。

 

男は子を作るための種馬として大切に育てられ働き手は女が担い、それに伴い家督も女子が継ぐものとされました。

 

それが当たり前となり、いつしか男子が女子と同じ数だけいたことなど忘れ去られていったのです。

 

正徳6年江戸。

 

江戸城も同じく、将軍職は女子の継ぐ所となっていました。

 

大奥は、女将軍だけが入ることを許された美男三千人と称された男の城なのです。

 

8代将軍となった徳川吉宗(とくがわ よしむね)はある時、御右筆頭(ごゆうしつがしら)の村瀬(むらせ)という老人を訪ねます。

 

御右筆では大奥で起きた全ての出来事の記録を執筆、作成していました。

 

吉宗は思います。

 

この国は始めからこのような国だったのかと。

 

女が家業を継ぎ、継いだ者は男名を名乗る。

 

何故この国では男しかいないような記録しか残さないのだろうかと。

 

村瀬は吉宗に没日録という書を渡しました。

 

大奥内の者と将軍しか読むことを許されない大奥の日誌です。

 

そこには大奥の全てが記されている。

 

吉宗はその書を静かに開くのでした。

『大奥』登場人物紹介!

徳川吉宗(とくがわよしむね)

徳川家8代将軍です。

 

本作の中では女性として描かれています。

 

質素倹約を掲げ大奥に改革のメスを入れていきますが、そこで大奥の成り立ちを知ることになります。

水野祐之進(みずの ゆうのしん)

貧しい武家の家に産まれ、金の工面のため大奥へ入る決意をします。

 

何処にも婿へ行かず大奥に入ることは、幼馴染のお信(のぶ)への身分違いの恋心を断ち切るためでもありました。

 

人情深く曲がったことが嫌い。

 

大奥での新人いびりにも全く怯むことなく才能を開花させ、御中﨟(おちゅうろう)に取り立てられ側室候補に。

 

そしてひょんなことから吉宗の目に留まり見染められます。

 

しかしその裏にはある陰謀が隠されていたのでした。

徳川家光(とくがわ いえみつ) 千恵(ちえ)

少女の頃に父である徳川家光が死去したため、代わりとして形ばかりの将軍にさせられました。

 

名前を奪われ、女であることも偽ることを強いられ自暴自棄に過ごしていましたが、有功と出会い人を愛する喜びを知ります。

 

徳川の人柱として政権に関わり出産と流産を繰り返した後、27歳の若さでこの世を去りました。

万里小路有功(まんでのこうじ ありこと)

女である家光の種馬なるべく春日局(かすがのつぼね)に大奥へ連れて来られます。

 

出家していましたが還俗させられ、家光からは「お万」と呼ばれます。

 

仏門に生きる志を奪われた有功でしたが家光の心を救うことこそが自分の生きる意味だと悟ります。

 

しかし子どもができず、世継ぎを残さなければならない家光の立場を想い苦悩します。

春日局(かすがのつぼね)

家光の乳母。

 

千恵を家光の代わりに江戸城へ連れてきました。

 

世継ぎを残し徳川を磐石にするため冷徹な決断を次々と下します。

玉栄(ぎょくえい)

有功と共に部屋子として大奥に入ります。

 

有功を心から慕っていましたが、その有功に頼まれ家光の側室となります。

 

後の5代将軍綱吉の父。

徳川綱吉(とくがわつなよし)

玉栄の娘で5代将軍。

 

美しい容姿ですが男に見境がなく、将軍の立場を利用して自由奔放に過ごします。

 

しかしたった1人の娘を失ったことで再び世継ぎを産むことを強いられ、人生の歯車が狂わされていくのでした。

田沼意次(たぬまおきつぐ)

9代将軍家重から10代将軍家治に仕え幕政を主導します。

 

赤面疱瘡を治すべく奮闘しますが11代将軍の母、治済(はるさだ)によって失脚に追い込まれます。

平賀源内(ひらがげんない)

蘭学者や医者、発明家など多くの顔を持っていました。

 

自由奔放で思ったことがすぐに口から出てしまうためトラブルも度々。

 

田沼にとり立てられ大奥に出入りできた数少ない女性でもあります。

 

弱毒の赤面疱瘡の患者を大奥に届け研究を進展させますが、治済により病に侵され命を落とします。

青沼(あおぬま)

大奥で赤面疱瘡の研究をするため長崎から招かれます。

 

混血のため大奥では始めは煙たがられていましたが、田沼や平賀源内と共に研究に尽力します。

 

蘭学を教え、大奥の人々を救うことで次第に信頼を得ます。

 

しかし赤面疱瘡を大名の息子に接種した際にその子どもが命を落としたことの罪を着せられてしまうのです。

 

死刑を言い渡された青沼ですが、死刑が自分1人で済んだことに安堵し残された者に望みを繋いだのでした。

徳川治済(とくがわはるさだ)

11代将軍家治の母です。

 

自分の息子が接種を受け、赤面疱瘡にかからない体になったとわかると影で糸を引き研究を根絶やしにしようとします。

 

自分の至福を肥やすことだけを考え、家治が将軍になると息子を意のままに操り政権を握ります。

『大奥』見どころ紹介!

見どころ①男女逆転大奥!〜大奥を舞台に主人公が移り変わっていく〜

舞台は男女が完全に逆転した仮想江戸、大奥。

 

第1巻では貧しい武家に生まれた水野祐之進(みずの ゆうのしん)が大奥に入り、男ばかりの大奥で奮闘していく姿が描かれています。

 

第2巻からは3代将軍家光の時代に遡り男女逆転大奥がなぜ生まれたのかが明かされていきます。

 

第1巻はいわばエピローグにあたるのです。

 

見どころは1人の登場人物に固執するのではなく「大奥」を舞台に主人公が移り変わっていくところです。

 

また時代の移ろいと共にかつて現れた登場人物が年をとって再び登場するところも面白さの一つ。

 

例えば3代将軍家光の時代、家光の最愛の側室有功(ありこと)の部屋子だった玉栄(ぎょくえい)は5代将軍綱吉の時代には将軍の父、桂昌院(けいしょういん)として描かれます。

 

初代大奥総取締役として家光の寵愛を一身に受けた有功は、大奥で最も美しい人格者と後世に語られ何度も大奥での話題に上がります。

 

有功が着た「お万好み」という裃(かみしも)も1巻の主人公水野を始め、徳川最後の大奥総取締役瀧山(たきやま)や篤姫(あつひめ)こと胤篤(たねあつ)も重要なシーンで身に付けています。

 

随所に伏線が散りばめられているので何度も読み返したくなります。

見どころ②国のため、人柱に… 〜女将軍たちの悲しい人生〜

3代将軍徳川家光は元々男でした。

 

しかし謎の疫病で命を落としてしまいます。

 

乳母の春日女局(かすがのつぼね)は家光が跡取りを残さず死んだことで再び戦乱の世に戻ることを恐れました。

 

家光の死を隠し、家光がかつて産ませていた娘・ 千恵(ちえ)を人柱にして家光として3代将軍に据えたのです。

 

こうして女将軍が密かに誕生し、男ばかりが大奥に集められたのでした。

 

家光を始め、女将軍たちは将軍として国の頂点に立ったにも拘らず幸せに生涯を閉じた人はいません。

 

徳川を絶やさないために世継ぎを産むことが責務とされ、沢山の男達を相手にし命を削って子どもを産む。

 

家光は心から愛した有功とは最後まで子が出来ず、別の男を側室にしなければならない苦しみを味わいます。

 

5代将軍綱吉は1人娘を失ってから世継ぎを望む重圧に耐えながら男達を相手にし、自分の価値を見失っていき最期には謎の死を遂げます。

 

それぞれの将軍が重圧と闘い、葛藤しながら時代を紡いでいく姿に心打たれます。

見どころ③人は病に勝てるのか?! 〜中期から幕末へと続く後半〜

9代将軍家重(いえしげ)から11代将軍家斉(いえなり)の時代にわたる医療編。

 

田沼意次(たぬまおきつぐ)や平賀源内(ひらがげんない)、混血の青沼(あおぬま)らが疫病克服のために奮闘する姿が描かれています。

 

男子のみがかかる疫病、男女逆転の根源である赤面疱瘡(あかづらほうそう)を日本から無くすため、弱毒の菌を感染させ免疫をつける策を導き出します。

 

大奥での陰謀により田沼は失脚し青沼は死刑にされてしまいますが、仲間達が密かに方法を引き継ぎます。

 

“人は病に勝てるのか“

 

幕末編へ続く大きな節目になります。

見どころ④知らないうちに歴史の勉強!?〜江戸の歴史がわかってしまうかも〜

江戸幕府の歴代将軍を暗記しようとして挫折した経験はありませんか。

 

男女逆転大奥という設定に引き込まれていく理由は、性別以外は史実に沿って描かれているからです。

 

歴史的人物は同名で描かれており、政策や年号もほぼ史実通り。

 

例えば時代劇で有名な「赤穂浪士」ですが、その頃の将軍は誰だったのか。

 

答えは5代将軍綱吉です。

 

それも男女逆転という独特の時代背景が織り込まれているので「なるほどこんな解釈が!」と感心してしまいます。

 

違和感なく物語に吸い込まれていくように読み進めることができ、本当に江戸時代は男が少なくて女が将軍だったのではないかと錯覚してしまいます。

 

知らず知らずのうちに歴史の勉強にもなります。

『大奥』序盤ネタバレ紹介!

第1話

舞台は江戸時代。赤面疱瘡と呼ばれた病が日本に根付き、男性の人口は女性のおよそ4分の1となってしまいます。

 

武家社会でも男女の役割は交替し、3代家光以降、将軍職もまた女性の継ぐものとなりました。

 

物語は、女性の6代将軍徳川家宣が大奥の朝の総触れに登場するシーンから始まります。

 

大奥は、男子が少ないこの世の中で美男ばかりを集めた最高の贅沢とされていました。

 

場面は変わって、貧乏な旗本の息子である水野の剣道のシーンに移ります。

 

熱心に練習をしている水野のもとへ、幼なじみの薬種問屋の娘、お信が差し入れを持って現れます。

 

水野はいろんな女に子種を頼まれて一度も断らず抱かれていました。そんな水野に複雑な思いを抱くお信。

 

お互い心の中では思い合っているのに、身分の違いから夫婦になる事はできない2人。

 

水野が帰宅すると、母親が水野に縁談を持ちかけます。貧しいながらも一度も息子の身体を貸し出して金を取ることをしなかったことを感謝しながら、その恩返しをしたいという水野。

 

本心では親からの縁談で嫁がされることを回避したい水野は、自ら大奥へ奉公することを志願するのでした。

 

お信に大奥へ奉公することを告げる水野。お信は大奥で綺麗な着物を着て贅沢なくらしをしたいのか、と水野を責めます。

 

水野はそんなお信を抱きとめ、2人は切ない接吻を交わし、別れます。

 

そして、大奥に入った水野は、どこを見渡しても男だらけの特殊な世界に圧倒されます。

 

水野の同僚たちは、ガサツで粗末な着物を着ながらも外見の良い水野を妬んで意地悪をします。

 

そ寝床を襲います。それを力づくでかわす水野。

 

その武勇伝は、大奥総取締役の藤波の耳に届き、大事な役割を任せる適任者として密かに抜擢されるのでした。

 

そして、幼少の7代将軍家継が亡くなり、8代将軍徳川吉宗が誕生します。

第2話

江戸に来た8代将軍吉宗は、幕府の財政難を救うべく、贅沢な古い習慣を次々と廃止していきます。

 

吉宗と共に上京した幼なじみの加納久通も、吉宗の右腕として、大奥の仲介役として力を発揮していきます。

 

その頃、水野は将軍の身辺の世話係をする御中臈(おちゅうろう)に大出世していました。

 

水野は急な出世に戸惑いながらも、呉服の間の垣添へ黒い着物の仕立てを依頼します。

 

垣添は水野に憧れる者の1人。くじ引きで役を当て、張り切って着物の仕立てを提案します。

 

ある日、呉服の間では水野の着物を仕立てていた垣添が針をなくし、それが夜まで見つからず大騒ぎとなっておりました。

 

そこに現れた水野は、全員を一斉に横に並べ、太鼓を叩きながら一歩ずつ前に出て探すという持ち前の機転の良さで針を見つけたのでした。

 

そして、水野の評判は大奥に広まっていきます。無事に着物も仕上げることができました。

 

水野に憧れていた垣添は、着物の仕上げの褒美として「思い出」の接吻を受けとります。

 

そして、総触れの日。垣添が流水紋をいぶし銀の刺繍で仕立てた黒の着物を着た水野が現れます。黒づくめの趣味の良い衣装にみんなの目に留まります。

第3話

将軍となって初めて大奥の朝の総触れに現れた吉宗。着慣れない衣装に足がとられてしまいます。

 

それを見て思わず笑ってしまった者が…。

 

「笑った奴、返事をせい」という吉宗の問いに、とっさに水野は庇うように自ら名乗り出ます。

 

吉宗はシンプルに見える黒い着物を着て、肝の座った水野を好ましく感じ、藤波に名前を尋ねます。

 

将軍が総触れの際に仕えの者の名前を尋ねたら、それはその者に夜伽を命ずることを意味します。

 

機嫌よく食事を取りながら、大奥で見染めた水野のことを久通に告げる吉宗。

 

しかし、そこで久通から未婚の将軍の初めての相手を「ご内証の方」と呼ぶと伝えられます。

 

ちょうどその時、水野も大奥総取締の藤波から、衝撃の事実を告げられたのでした。

 

「ご内証の方は死なねばならぬ」

 

ご内証の方は、上様に初めての夜伽の手ほどきをすると言う重大な役目であると同時に、上様の体を傷つける大罪人でもある。

 

それが、死なねばならない理由でした。

 

ショックを受ける水野でしたが、実家に害が及ばないということを知り、潔くその役目を引き受けます。

 

垣添を始め、周りの人間たちは水野がご内証の方に選ばれたことに大きく動揺します。

 

水野も内心は死を前にしてお信への思いが募るばかり。別れる前に寝てしまえば、好きだと何度も言えばよかった、と後悔するのでした。

 

準備を整え、寝所で待つ水野の所へ吉宗が現れます。周囲の4人の男に聞き耳を立てられながらも、会話を始める2人。

 

そこで吉宗は、自分の女の名前は信であると水野に告げます。

 

ご内証の方の行く末を知り、慰めの言葉をかける吉宗。水野は、そんな吉宗に1つお願い事をします。

 

それは、一晩吉宗を「お信」と呼ぶこと。

 

本来、寝所でのねだり事はご法度ですが、吉宗は周りで聞いていた男たちをたしなめ、水野の願いを受け入れるのでした。

 

水野は、涙を流しながら吉宗にお信の思いをぶつけて、夜は更けていきました。

 

そして翌朝、吉宗はお庭番の三郎左にあることを命じます。

 

それから10日後、城内の片隅で仕置きの時を持つ水野。

 

体を縛られ、最後の時を覚悟した、その時。

 

振り落とされた刀で斬られたのは、顔についた紙だけでした。

 

「そなたはこれで死んだのだ」

 

その言葉に水野は顔上げてみると、目の前には吉宗が立っていました。

 

吉宗は、「大奥にいた水野はここで死んだ。これからは違う名を名乗り違う人間となってもう一度新しい命を生き直すのだ」と、水野に告げます。

 

さらに吉宗は、薬種問屋の一人娘のお信が婿取りを嫌がっているので、助けると思ってお信の婿にならないか、と水野へ問いかけます。

 

水野は全てを理解し、涙を流しながら、頭を下げるのでした。

 

そして場面は、街中の薬種問屋へ。

 

薬屋の主人が顔色を変えて、娘のお信を呼び寄せます。

 

店の入り口に立っていた男を見て、ぼう然と立ち尽くすお信。

 

そこに、男はこう告げます。

 

「俺は最初から信吉って町人で、お前とお似合いの幼なじみだったのさ。」

 

このときの大奥の日記には、「水野は急な病を得て死す」とだけ記されました。

第4話

オランダ商館長と会うため、男子の正装に身をまとう吉宗。

 

オランダ人の一行に女性が全くいないことに疑問を感じ、質問を投げかけます。

 

そのことがきっかけで、吉宗はなぜ家督を継ぐときには男の名前を使っているのかを意識し始めます。

 

ある日、吉宗は50名の器量優れた男たちを庭に集めることにしました。

 

庭に集まった男たちは、自らが夜伽の相手に選ばれようと、以前水野が着ていたような黒い着物を身にまとっていました。

 

しかし、男たちが集められたのは、夜伽の相手を選ぶためではなく、全員に暇を出すためだったのです。

 

男たちを解雇するのは、将軍家の財政が逼迫しており、人員削減もやむを得ないと言う理由でした。

 

その事実を知った大奥総取締役の藤波は激怒して、久通に詰め寄ります。

 

しかし、久通は男たち50人の首切りと、藤波の役目の留任は取引であったと、告げます。

 

こうして多くの男子たちは大奥を去ったのでした。

 

その後も吉宗は、寝巻きのまま仕事をしたり、手当たり次第、大奥に残った男に手を出したりしました。

 

偶然、吉宗に手をつけられそうになった元水野の部下である杉下は、夜伽の相手ではなく、身の回りのお世話係として抜擢されます。

 

吉宗は杉下を信用し、大奥の出来事を記録する村瀬への訪問を依頼するのでした。

 

97歳の高齢の村瀬は、大奥の人間と将軍しか見ることのできない、大奥での出来事を綴った日記を管理していました。

 

吉宗は、「かつて春日局に命じられてつけていた全ての日記をみたい」と、村瀬に告げます。

 

村瀬は、「日本は初めから女ばかりの国であったのか」と疑問に思う吉宗のような人間が現れるのを、待っていたのでした。

 

そして、吉宗は日記をめくり始めます。

おすすめ記事