プリンシパル最終回結末ネタバレ【漫画完結ラスト】その後の最後は?糸真と弦・和央の運命は?

おすすめスマホアプリ

 

「Cookie」にて連載されていた人気少女マンガプリンシパル

 

今回は、そんな『プリンシパル』の最終回・結末はどうなったのか?を分かりやすく解説します!

 

また『プリンシパル』を1巻から最終巻まで無料で読みたい!という方に『プリンシパル』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介しています。

 

最終回のネタバレの前に『プリンシパル』を全巻無料で読む方法です。

『プリンシパル』は漫画アプリ『マンガMee』で全巻無料で読める

『プリンシパル』はこちらの集英社が運営する漫画アプリマンガMeeにて全巻無料読むことができます。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『マンガMee』では、このように『プリンシパル』第1巻から最終巻までを惜しげもなく無料で公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『プリンシパル』を読みたい方は『マンガMee』を使う方法が最もお得です。

 

『マンガMee』は、集英社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また他にも、以下のようなメディア化された有名マンガをタダで楽しむことができます。

 

  • この音とまれ!
  • 悪魔とラブソング
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • メイちゃんの執事
  • 高校デビュー
  • きょうは会社休みます
  • ストロボエッジ
  • アオハライド
  • NANA
  • 天使なんかじゃない
  • 素敵な彼氏
  • デカワンコ
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • ごくせん
  • メイちゃんの執事
  • ママレード・ボーイ
  • 菜の花の彼-ナノカノカレ-
  • 初×婚(ういこん)
  • 花より男子
  • ハニーレモンソーダ

などなど…

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶりや白泉社が運営するマンガParkも特にオススメです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • MIX
  • クロスゲーム
  • ダンスダンスダンスール
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)
  • チ。地球の運動について
  • アオアシ

などなど…

 

マンガPark
  • ベルセルク
  • ウロボロス
  • フルーツバスケット
  • あそびあそばせ
  • 高嶺と花
  • 桜蘭高校ホスト部
  • 自殺島
  • 無法島
  • ホーリーランド
  • 暁のヨナ
  • ハチミツとクローバー
  • ギャルごはん
  • ふたりエッチ
  • 神様はじめました
  • 学園アリス
  • 狼陛下の花嫁
  • 赤髪の白雪姫
  • 覆面系ノイズ
  • それでも世界は美しい
  • 当て屋の椿
  • かげきしょうじょ!!
  • ただ離婚してないだけ
  • 鬼門街
  • 3月のライオン

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガMee』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています「無料で多くの有名漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

『プリンシパル』あらすじ紹介!

母の4度目の結婚を機に、札幌に住む実父を頼り転校した住友糸真。

 

転校早々に糸真は、近所に住むクラスメイトの桜井和央と舘林弦と仲良くなりました。

 

『和央と弦は学校のみんなのもの』

 

『抜けがけは許されない』

 

そんな女子生徒たちの中での暗黙のルールを知りつつも、糸真は次第に和央に恋に落ちていきました。

 

女の友情と恋心の間で揺れる糸真でしたが、それもつかの間、糸真の父と和央の母が再婚することになります。

 

恋の対象がある日突然、姉弟の関係となってしまった糸真。

 

本作品は、恋や友情、家族愛の葛藤に揺れる糸真が、青春の『主役』をつかむまでの物語です。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『プリンシパル』登場人物紹介!

住友 糸真

 

母親の4度目の結婚を機に、札幌に住む実父に引き取られました。

 

ここでも父の再婚や、学校でのイジメなど経験しますが周りの環境の温かさもあり、これを乗り越えます。

 

恋した相手である和央が姉弟の関係となってしまうなど、彼女の青春は多難でした。

 

周りの青春を傍観気味だった糸真は、さまざまな思いをふっ切るために新たな出会いを求めます。

 

ある日、晴歌から男友達、金沢を紹介された糸真は、彼と交際を始めますが、トキメキを感じられずすぐに別れます。

 

この件がきっかけで、彼女自身の心の中で弦の存在が大きくなっていたことに気付いたのでした。

桜井 和央

 

糸真の近所に住んでいるクラスメイトです。

 

糸真の父と和央の母の再婚がきっかけで、糸真と一つ屋根の家族生活を始めることになります。

 

彼は、幼いころから弦の姉である弓に恋していました。

 

弓の結婚後も、その想いを一途に貫き通していました。

 

弓が離婚して出戻ってきたことがきっかけで、和央の想いはますます加速するのでした。

舘林 弦

 

和央の親友です。

 

病弱な和央を過保護なまでに心配していましたが、糸真と姉弟の関係となって以来、弦と和央の関係も少しずつ変わっていきました。

 

晴歌の猛アタックにおされる形で交際をスタートさせますが、晴歌に対する興味がどうしてももてず、間もなく別れます。

 

恋愛に慎重となった弦は、その後の糸真からの告白も断ります。

 

その後3年に進級し、クラスが変わったことで糸真とは疎遠になってしまいました。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『プリンシパル』最終回に至るまでのあらすじ紹介!

①和央と姉弟になった糸真のそれから

糸真と和央が姉妹の関係になって以降、周りの関係も少しずつ変わっていきます。

 

和央は弓との関係を少しずつ進展させ、晴歌は弦に少しでも振り向いてもらおうと積極的に動いていました。

 

そんな青春模様を傍観気味だった糸真は、ときおり居場所のなさを感じることがありました。

 

和央や弦との関係をリセットするために、糸真は新たな出会いを決心します。

 

そこで晴歌から紹介された金沢雄大と会うことになりました。

 

金沢との出会いは和央の時のようなときめきを感じたわけではありませんが、感じの良い人柄であったこともあり、糸真は『なんとなく』交際をスタートさせてしまいます。

 

夏休みのキャンプ旅行では金沢との初めてのキスを経験した糸真でしたが、ここでもドキドキを感じれず戸惑いを内に秘めながら、金沢との交際を続けていました。

 

ある日、糸真は金沢の家に招かれました。

 

部屋で2人きりになると彼は糸真を求めようとしますが、彼女はそれを拒否します。

 

ぎこちない雰囲気の中、金沢は糸真に、「本当は弦のことが好きなんじゃないか」と指摘します。

 

糸真はそれに肯定も否定もせず、黙ってその場を出て行きました。

 

この件で糸真は自己嫌悪におちいりますが、同時に「弦が他人のものになるなんて寂しい」という気持ちが自分にあることに気付けたのです。

 

その後、金沢に別れを告げ2人の関係は終わってしまったことを、糸真は晴歌に報告します。

 

その時に晴歌は、糸真も弦が好きだったという本当の気持ちを知ることになり、2人は激しく衝突することになりました。

 

その様子を弦に見られ彼にケンカの理由を聞かれた糸真は、その場の勢いで弦に告白をします

 

しかし晴歌とのことで恋愛に慎重となっていた弦は、これを断りました

 

弦への想いを断ち切る決心をした糸真。

 

その後、弦とは友達の関係は続きますが、だんだん疎遠になっていったのです。

②和央と弓のそれから

幼い頃から弓に憧れをいだいていた和央。

 

その想いが恋心に変わるまでに、それほど時間はかかりませんでした。

 

高校生になってもいちずに思い続ける和央の気持ちに、弓は答える決心をします。

 

しかし2人は生徒と教え子の関係であるため、大っぴらにできませんでした。

 

そんなつつましい関係がしばらく続きますが、2年生に進級したころ、事態が少しずつ動いていきます。

 

ことの発端は、弦と晴歌が付き合いだしたこと。

 

これをきっかけに和央の元にも、想いを告げる女子生徒が次々と現れます。

 

それらに対して和央は紳士的な対応で断っていきましたが、その中の1人に好きな人の存在をにおわせてしまったのです。

 

彼女はその後も和央のことが諦めきれず、彼の身辺を調査し始めます。

 

ある日彼女は、公園で和央と弓がキスをするという決定的なシーンを目撃しました。

 

彼女はそれを写真におさめると、後日学校の掲示板に匿名で告発しました。

 

和央と弓のうわさはたちまち校内に広まり、2人は校長室に呼ばれます。

 

そこで和央は、

 

『キスは男女関係なく、家族のあいさつ』

 

『弓は幼い頃からの付き合いもあり、家族に等しい関係』

 

このような機転をきかせた主張を貫き通した結果、おとがめなしとなりました。

 

しかしその代償は少なからずありました。

 

和央にキスをせがむ女子生徒のアプローチがしばらく続きますが、糸真や弦に守られつつ、この騒動は静かに収束していきました。

③弦と晴歌の関係はどうなった?

猛アタックの末、弦と付き合うことに成功した晴歌。

 

彼女はその後、どうなったのでしょうか。

 

晴歌が弦と付き合い出すと、そのうわさはたちまち校内に広まりました。

 

ハブりの中心人物であった晴歌と弦の交際。

 

これに反発する女子生徒があらわれ始め、とうとう晴歌自身もイジメの標的となってしまいます。

 

この一件で、これまでの自分の罪を反省した晴歌は、糸真に心からの謝罪をしました。

 

そんな晴歌に対し、「昔すぎて忘れた」と過去のわだかまりを一蹴する糸真。

 

こうして晴歌と糸真は和解をしたのです。

 

その後も弦と晴歌は交際を続けます。

 

下校後に一緒に帰ったり、弦の家におじゃましたりと交際は順調そうに見えました。

 

しかし、いつまでたっても弦が自分に興味を示してくれないことに対し、晴歌は気がかりに感じていました。

 

もともと晴歌の猛アプローチで、弦が『なんとなく』付き合っている•••そんな状況からのスタートなのは、晴歌も承知の上でした。

 

もともと口数の少ない弦は、デートの時でも口にするのは和央や糸真のことばかり。

 

そんな弦を自分が変えようと、晴歌はつくします。

 

学校やデートの時にはお弁当を作りました。

 

デートの提案はいつも彼女からでした。

 

公園でキスをしたのも彼女からでした。

 

それでも晴歌は、弦からは何も与えられない状況を耐え、努力してきました。

 

そんな彼女にも、心が折れてしまう日がやってきます。

 

ある日、弦と晴歌は映画を見る約束をしていましたが、弦は遅刻をします。

 

弦の遅刻には理由がありました。

 

この日、弦と晴歌のデートの裏でもう一つの出会いが始まっていたのです。

 

糸真と金沢。

 

金沢は晴歌の中学時代の同級生です。

 

新たな出会いを求める糸真から相談を受け、晴歌が紹介したのが金沢です。

 

この日は糸真と金沢の初顔合わせの日でもあったのです。

 

弦はこの糸真の様子を見に行っていたため、晴歌とのデートに遅刻してしまったのです。

 

後日、この事実を知った晴歌は『私との約束があったのにどうして?』と、弦に聞きました。

 

「興味あったから」

 

どんなに頑張っても自分に興味を持ってもらえなかった晴歌にとって、弦のこの言葉は決定的でした。

 

自分では弦を変えられない、晴歌はそう確信したのです。

 

その後、弦から別れを告げられた晴歌は笑顔で別れるのでした。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

漫画完結ラスト『プリンシパル』最終回結末ネタバレ!その後の最後は?糸真と弦・和央の運命は?

①和央 高校3年の回想

修学旅行の前日に高熱を出してしまった和央は旅行の参加を諦め、当日は自宅で療養していました。

 

和央が布団で休んでいると、ひとりの女性が訪れます。

 

和央には彼女の顔に見覚えがありました。

 

弦と晴歌が付き合っていたころのことです。

 

和央との恋愛解禁のうわさが学校中に広まり、何人かの女子生徒が和央に告白をしてきたことがありました。

 

彼女はそのうちの1人だったのです。

 

彼女は、和央が修学旅行に参加できなくなったことに対して責任を感じ、謝罪に来たのでした。

 

実は和央が修学旅行を欠席したことで、学校内であるうわさがもちきりとなっていたのです。

 

それは「以前騒動になった、キス写真騒動のケジメとして和央は謹慎処分を受けている」というもの。

 

糸真はこの火消しにつとめ、うわさの広がりを阻止します。

 

和央のもとに訪れた彼女は、実はキス写真を校内に広めた張本人。

 

その負い目から、この話を信じてしまったのでした。

 

和央はなんとか彼女の誤解を解き、見送ります。

 

この騒ぎで余計に熱が上がってしまった和央は、朦朧とする意識の中、かつて自分に想いを告げた女子生徒のことを思い出します。

 

学校をやめてしまった彼女は、新しい転校先で元気に過ごしてるのだろうか。

 

彼女に対して自分ができることはないだろうか。

 

やがて和央は一つの答えにたどり着きます。

 

『今までの無駄にしないためにも、弓と絶対結婚する』

 

そんな思いを内に秘めつつ、和央は眠りについたのでした•••。

②晴歌 高校3年の回想

晴歌は糸真と、卒業後の皆の進路について話していました。

 

晴歌は調理師の専門学校を目指し、糸真は東京の大学を目指します。

 

また、和央は北海道に残り、弦は東京の学校を目指していました。

 

クラスが変わって以来、弦と疎遠となってしまった糸真の様子をうかがいます。

 

それは本気?建前?遠慮?諦め?

 

糸真の吹っ切れた様子に、晴歌の心は揺れていました。

 

心の狭い女と思われるのが嫌で、糸真とずっと仲良くしてきたこと。

 

心の広い女と思われるのも嫌で、恋のライバルの背中を押すような真似はしなかったこと。

 

そんな自分は正しいんだと、晴歌は自分に言い聞かせます。

 

それでも本当の自分をさらけだしたのは、糸真だけだ。

 

晴歌の心の独白はここで締められます。

③弦 高校3年の回想

クラスが変わり、糸真や晴歌とクラスが離ればなれになったことで彼女らと疎遠になった弦は、日々退屈していました。

 

自分自身にも興味が持てないようで、東京の大学を進路先に志望していましたが学業にも身が入らない、そんなもんもんとした日々を過ごします。

 

季節は秋。

 

弦は和央から『家族会議』であることが決まったと報告を受けます。

 

その内容は、卒業後に糸真(和央)の家族が東京へ引っ越すといったものでした。

 

季節は冬。

 

学校の帰り道で、弦は糸真の姿を見かけて声をかけます。

 

数カ月ぶりに言葉を交わす2人は、どこかぎこちない様子でした。

 

話題は、糸真が卒業後に東京に引っ越す話に変わります。

 

弦は言いました。

 

「俺も東京だからよ。受かったらまた一緒に遊べんな」

 

しかし、糸真の返事はそっけないものでした。

 

「なんで?」

 

さらに糸真は続けます。

 

「なんであたしと遊ぶの?東京に行ったら新しい友達ができて、かわいい女の子もいっぱいいるよ」

 

糸真の問いかけに、弦は何も答えられませんでした。

 

「なんで、だろな?」

 

糸真はそんな弦に「お ち ろ!」それだけ言うと、最高のほほ笑みを残して2人は別れます。

 

この糸真の言葉が呪いとなったわけではありませんが、弦は大学受験を失敗し、浪人します。

 

月日は流れ、卒業式が滞りなく終了します。

 

その日のうちに弦は糸真の部屋を訪れ、彼女の帰りを待っていました。

 

何も知らず帰宅した糸真は、弦が糸真の帰りを待っていたことを知ると「なんで?」そう問いかけます。

 

今回こそは自分の人生にとって一番素直な気持ちを言葉にしよう。

 

弦はそう決心していたのでした。

④糸真の現在 そして…

季節はめぐり、糸真は大学一年生になっていました。

 

卒業後の進路に、東京の大学を選んだ糸真。

 

これを機に糸真の一家は東京に引っ越しました。

 

もちろん和央の母や、すみれも一緒です。

 

和央は北海道の大学に進学したため、離ればなれとなりました。

 

実母との関係も良好になった糸真は、母のもとにちょくちょく顔を出せるまでになりました。

 

8月のある日、この日は和央が東京の新たな実家に帰って来る日です。

 

待ち合わせ場所で再開した2人は、近況を話合いながら家路に着きます。

 

帰宅した和央は、久々の家族との再開に顔をほころばせてはしゃいでいました。

 

それがひとしきり終わると、和央は糸真に内緒にしていたサプライズについて話を切り出します。

 

「言い忘れたけど、実は僕一人で来たんじゃないんだ」

 

糸真が自室に戻ると、そこには一人部屋でくつろぐ弦の姿がありました。

 

浪人が決定した弦は、一年のブランクを嫌い後期試験に挑戦していたのです。

 

その結果は合格。

 

こうして半年遅れの大学入学が決まった弦は、残りの自由な時間で海外を遊びまわり、和央の帰郷のタイミングに合わせて上京したのでした。

 

全てを知らされていなかった糸真は、真実を聞かされその場で脱力しました。

 

その後落ち着きを取り戻した糸真は、数カ月前の出来事を回想します。

 

それは卒業式を終え、帰宅した時のことです。

 

自室に戻ると、先程別れたはずの弦がいることに驚いた糸真は「何やってんの?」と尋ねます。

 

弦は一言、「待ってた」とだけ答えます。

 

思いがけない弦の一言に「なんで?」と質問を重ねる糸真。

 

「俺 お前がいないとつまんないみたいだ。次必ず受かって東京行くから、待っててくんないかな と思って」

 

そんな弦の言葉を聴き、こみ上げる感情を堪えきれなくなった糸真は、その場でへたり込み大号泣したのでした。

 

それが半月ほど前の出来事です。

 

思わぬ弦との久々の再開。

 

糸真はゆっくりと言葉をつむぎます。

 

「また夏休み みんなであそぼーか」

 

「いーね」

 

こんな何気ない会話が弦とできることが、糸真は嬉しくてたまりません。

 

私 今、最高に主役っぽい

 

そうして糸真と弦は唇を重ねました。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『プリンシパル』最終回の読者の評判・反応は?

おすすめ記事