ロマンチカクロック全巻無料で読む方法紹介!漫画アプリでタダ?槙ようこ作

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『ロマンチカクロック』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。 

『ロマンチカクロック』は漫画アプリ『マンガMee』で全巻無料で読める?

いきなり、結論です。

 

『ロマンチカクロック』はこちらの集英社が運営する漫画アプリマンガMeeにて全巻無料読むことができます。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『マンガMee』では、『ロマンチカクロック』第1巻から最終巻までを惜しげもなく無料で公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『ロマンチカクロック』を最終巻まで読みたい方は『マンガMee』を使う方法が最もお得です。

 

『マンガMee』は、集英社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また他にも『マンガMee』では、以下のようなメディア化された有名マンガをタダで楽しむことができます。

  • この音とまれ!
  • ヒロイン失格
  • ハニーレモンソーダ
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • 俺物語
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • ごくせん
  • アシガール
  • 椿町ロンリープラネット
  • NANA
  • G線上のあなたと私
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • ハル×キヨ

などなど…

 

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶりや白泉社が運営するマンガParkも特にオススメです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)

などなど…

 

マンガPark
  • ベルセルク
  • ウロボロス
  • フルーツバスケット
  • あそびあそばせ
  • 高嶺と花
  • 桜蘭高校ホスト部
  • 自殺島
  • 無法島
  • ホーリーランド
  • 暁のヨナ
  • ハチミツとクローバー
  • ギャルごはん
  • ふたりエッチ
  • 神様はじめました
  • 学園アリス
  • 狼陛下の花嫁
  • 赤髪の白雪姫
  • 覆面系ノイズ
  • それでも世界は美しい
  • 当て屋の椿
  • 鬼門街
  • 3月のライオン

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガMee』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています「無料で多くの有名漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

次に『マンガMee』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

 

『マンガMee』の基本的な使い方

『マンガMee』では、アプリ内アイテムであるチケットボーナスコインを使用して読むことになります。

 

簡潔に言うと、『チケット』『ポイント』などを使って1作品、1日に最大5話まで無料で読むことが可能です。

 

『ロマンチカクロック』も1日に最大5話まで読み進められます。

 

ここでは『マンガMee』で使うアプリ内アイテムチケット』『ポイントのそれぞれの使い方を簡単に説明します。

『マンガMee』のチケットとは?

チケットはチケットアイコン(↓ピンク色の線で囲んである)が表示されている話に使うことが出来ます。

各作品ごと1日1枚使用することができ、チケット使用後23時間で、新たなチケットが配布され各作品をまた1話無料で読むことが出来るというシステムです。

つまり、ほとんどの作品を1日1話無料で読むことのできるシステムがこの『チケット』なのです

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

『マンガMee』のボーナスコインとは?

『ボーナスコイン』は毎日、5~15秒程度の広告動画を視聴することで30ボーナスコイン(作品1話分に値する)を取得することが出来ます

 

マンガMeeに掲載されている作品は、すべてこの『ポイント』の対象です。(※ポイントを使って読むことができるという意味)

 

↓『マンガMee』アプリを起動すると「短い動画を見て30ボーナスコインをGET!」と書かれた以下の画面が表示されます。

「動画を見る」ボタンをタップし、短い広告動画を視聴することで、マンガ1話分を読むために必要な30ボーナスコインを獲得することができます。

 

1日1回必ずこのシステムが使えるので、活用しましょう。(※広告動画をしっかり見る必要はありません。適当に流しておくだけでOK!)

 

また、今なら『マンガMee』を新規ダウンロードした際の特典として500ボーナスコインが手に入ります!

1話につき、30ボーナスコインを消費するので、500ボーナスコインは、約16話分に値します。

 

単行本にすると1~2冊分です。

 

このお得な特典をゲットできる今のうちに『マンガMee』をダウンロードしてしまいましょう!

アプリのダウンロードは、もちろん無料です。安心してください。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『チケット』『ボーナスコイン』以外で1日3話分の漫画を読む

『チケット』『ボーナスコイン』以外に1日3話分の漫画を無料で読める仕組みがあります

 

その仕組みがこれ、

 

見たいエピソードの漫画のページへ飛ぶと、「動画を見て無料で読む 残り3回」と表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで1話分のエピソードを新たに無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでのまとめ
  • チケットを使い1日1話無料で漫画を読む
  • 短い広告動画を見て毎日30ボーナスコインを獲得し1話分の漫画を無料で読む
  • 短い広告動画を毎日最大3本見て、3話分の漫画を無料で読む

以上の事から『マンガMee』は、1つの作品において、1日に最大で5話分のエピソードを無料で読むことができるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります。

 

遠慮なく無料で読ませていただきましょう!!(^^)/

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ロマンチカクロック』世間の評価は?

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ロマンチカクロック』は面白い?見どころ紹介!

『ロマンチカクロック』は『りぼん』(集英社)にて連載されていた槙ようこ先生による少女漫画です。

 

『りぼん』では、2012年9月号~2015年12月号までの期間で連載されており、2021年の現在は既に完結しています。

 

槙ようこ先生のキラキラした、胸が躍るタッチで描かれている『ロマンチカクロック』は、鎌倉を舞台に描かれる男女の双子の青春の物語です。

 

今まで止まっていた双子の時間が動き出すことで、始まる物語。

 

大事な友達や家族に好きな人、キラキラした眩しい彼らの青春の物語は、観ているこちらまで胸が締め付けられ、ドキドキしてしまいます。

見どころ① 杏花音と蒼が魅力的

『ロマンチカクロック』の主人公である、双子の妹・加冶屋杏花音(かじやあかね)と双子の弟・加冶屋蒼(かじやあおい)の双子の関係がどうなっていくのかが『ロマンチカクロック』の一番の魅力ではないでしょうか。

 

よく喧嘩をしている2人ですが、心の中ではお互いの事を大切に想っている2人の姿には思わずほっこりしてしまいます。

 

話が進むにつれて、少しずつ変化していく双子の姿は必見です。

見どころ② 双子と関わる中で変化していく個性豊かな友達

蒼と杏花音の友達はみんないい子達ばかりです。

 

恋や将来のことで悩みながらも、杏花音達との学校生活の中でどんどん成長していきます。

見どころ③ それぞれの恋

少女漫画には恋はつきものですよね。

 

当然、『ロマンチカクロック』でもそれぞれの恋模様が描かれます。

 

甘酸っぱく、時に切ない、キュンキュンするそれぞれの恋がどうなっていくのか、つい見守りたくなってしまいます!

見どころ④ 可愛い絵柄

『ロマンチカクロック』はとにかく、絵が素敵です。

 

登場人物はもちろん、家や街並み、家具に服、様々なものが可愛くおしゃれに描かれています。

 

観ていてとてもワクワクしてしまいます!

 

『ロマンチカクロック』登場人物紹介!

加冶屋杏花音(かじやあかね)

本作の主人公の一人です。

 

美人で運動神経抜群な双子の蒼の妹です。

 

蒼に対しては幼い頃から何かと比較されてきた過去から、強いライバル心を持っています。

 

蒼のことは「嫌い」だと明言していますが実際にはお互いを大切に思っているんです。

 

蒼への対抗心が努力の原動力にもなっています。

 

運動はとても得意な杏花音ですが、勉強には苦手意識を持っており中学まではずっと勉強から逃げていました。

 

実際はしっかり勉強すればそれなりの成績をとれる杏花音は、高校受験の際、「同じフィールドで正々堂々と戦う」ために蒼の志望校である難関校を目指すべく猛勉強に挑みます。

 

性格は、良く言えば「素直」で「真っ直ぐ」な杏花音ですが、悪く言えば「子供っぽく短絡的」で悪気はないけど深く考えずに行動に移してしまうこともあるんです。

 

杏花音の真っ直ぐな生き方に影響を受ける友達も多く、周囲から愛される存在です。

加冶屋蒼(かじやあおい)

本作のもう一人の主人公です。

 

杏花音の兄で、クールで成績優秀な蒼。

 

物語が始まったときは不登校で家に引きこもっていましたが、復帰直後の試験ではあっさりと学年1位をとってしまうほどの優秀ぶり。

 

自分の気持ちや考えを表に出すタイプではありませんが、家族や友人に対しては確かな愛情と信頼を抱いているんです。

 

特に双子の妹・杏花音への想いは強く、蒼が並外れて勉強するのにも理由がありました。

 

幼い頃に杏花音と交わした獣医になるという約束を守るためだったのです。

 

蒼が不登校になっていたのも、自分の存在が杏花音を傷つけているのではないかという思いからの行動でした。

 

家族、友人思いの優しい加冶屋家の長男です。

香鈴(かりん)

加冶屋兄弟の幼馴染です。

 

杏花音と蒼の良き理解者でとても面倒見が良い香鈴。

 

杏花音達と強い絆と信頼で結ばれています。

 

実は昔から蒼に想いを寄せていて、素直に気持ちを伝えられない自分にコンプレックスを抱いている可愛らしい一面もある香鈴。

 

香鈴の恋がどんな展開を見せるのか、要注目です!

辻利正(つじりただし)

特進クラスに所属する辻利は、蒼が学校に復帰するまでの学年主席でした。

 

原作の1巻に収録されている第1話では、杏花音から告白されますが断ります。

 

蒼が学校に復帰し、あっさりと学年主席の座を奪われたショックから魂が抜けた状態になってしまいます。

 

ですが、杏花音に励まされたことで立ち直った後は、杏花音の常に前向きな姿に感銘を受け友達に。

加冶屋一花(かじやいちか)

杏花音と蒼の妹です。

 

好奇心旺盛で、いつもママに怒られてばかりな元気いっぱいの2歳の女の子。

 

お兄ちゃんとお姉ちゃん(杏花音と蒼)には仲良くして欲しいと思っている加冶屋家の末っ子です。

ママ

杏花音、蒼、一花の母親です。

 

大学教授として働いています。

 

杏花音のことをいつも心配しており、怒ると怖い、とても素敵なお母さんです。

おばーちゃま

杏花音、蒼、一花の祖母です。

 

いつも杏花音のことを甘やかしてはママに文句を言われている、とっても優しいおばあちゃんです。

 

『ロマンチカクロック』序盤ネタバレ紹介!

ここからは『ロマンチカクロック』の第1巻のネタバレ紹介をしていきます。

 

双子の物語の始まりです。

第1話 ツインズ1

幼い頃の杏花音と蒼のシーンから物語は始まります。

 

クラスで成績が1番だった蒼と、比べられる杏花音の点数は0点でした。

 

「栄養が全部蒼にいった感じね」という言葉にショックを受ける杏花音は「こいつには(蒼)絶対に負けたくない」と闘争心に火をつけます。

 

そして数年が経ち、杏花音と蒼は高校生になっています。

 

朝から賑やかな加冶屋家は鎌倉の緑の中に建つ、とても素敵で可愛らしい一軒家に住んでいます。

 

その日、杏花音は何度も書き直したラブレターを辻利に渡し告白します。

 

しかし辻利の答えは「僕は頭の良い子が好きだな」というものでした。

 

柔道部での活動に勤しみながら、辻利の言葉の意味が理解できない杏花音は「どういう意味!?」と声を上げながら男子部員を思い切り投げ飛ばします。

 

そこに現れた香鈴が「ふつーに「バカめが」って意味だろ」と答えます。

 

勉学だけはどうやっても身につかないという杏花音に「片われに教えてもらえば?」という提案をする香鈴ですが、杏花音はそんな香鈴からの提案を受け入れません。

 

ですがその日の夜、辻利君に好きになってもらうためプライドを殺し、蒼の部屋を訪れます。

 

心を殺しながらも蒼に勉強を教えてもらっている最中、「学校、来ればいいのに…」とポロっと言葉をこぼした杏花音の言葉が蒼を変えるのです。

 

そして数日後、テスト結果が発表された日、杏花音のテストの点はひどいものでした。

 

騒がしい廊下を不思議に思い、廊下に出る杏花音は目を疑います。

 

中間試験の順位が発表されていた掲示板には、「1位 加冶屋蒼」という文字が。

 

そして、掲示板の前で、ショックで膝をつく辻利の姿が目に入ります。

 

なんとか励まそうとする杏花音に辻利は心ない言葉を投げかけます。

 

その瞬間、蒼の言葉が聞こえてきます。

 

「バカじゃないよな 天然なだけで」

 

後ろを振り向くと、そこには蒼の姿が。

 

蒼の存在を知らなかった学校の皆は大騒ぎで、蒼はすぐに人気者になりました。

 

そんな現状に納得のいかない杏花音は蒼に宣戦布告。

 

「蒼 あんたは一生私のライバルよ かかってきなさい」

 

そして、その後の杏花音の言葉に蒼は笑みを溢すのでした。

第2話 ツインズ2

今日も朝から騒がしい加冶屋家の長女、杏花音はプリンがないと大慌てです。

 

そんな杏花音はママから「プリンは蒼が食べたわよ」と聞かされ大激怒。

 

蒼に文句を言おうとしたところ、「蒼は朝早く起きて 自分のお弁当を作って 授業の予習復習もバッチリやって出かけたわよ」というママの言葉に杏花音は急いで学校に行く準備に取りかかります。

 

そんな杏花音を見て、おばーちゃまとママは「あんまりいじめるんじゃないよ」「いいのよ あの子は少し煽った方が燃えるんだから」なんて会話をしながら杏花音の騒がしい朝を見守ります。

 

蒼が学校に来るようになって数日が経ちました。

 

相変わらず、学校の注目の的になっている蒼の姿に納得がいかない杏花音は、得意の柔道の調子も出ません。

 

そこに未だ落ち込んでいる辻利がフラフラと歩いている姿を目にします。

 

辻利は蒼にテストで負けたことを未だに落ち込んでいました。

 

そんな辻利に「しっかりしなさい」と鼓舞する杏花音。

 

「次のテストで見返せばいいじゃない」とい杏花音の姿に「あんなのと双子でめげないって君って強いんだね」と辻利は感心します。

 

「今さら私の魅力に気づいても遅いのよ」と言う杏花音の姿を見て、香鈴は「昨日まで好きだった人への態度とは思えないわね」と呟くのでした。

 

その日の放課後、杏花音と同じ柔道部で、杏花音に好意を寄せている山田(やまだ)が蒼に喧嘩をふっかけます。

 

威勢のいい山田に対して、相手にしない蒼。

 

「なにしてんのよ」と喧嘩の仲裁に入った杏花音に山田は「お前のためだろ」と告げます。

 

杏花音が蒼のことを羨ましそうにしていたからと話す山田を杏花音は思いっきり投げ飛ばします。

 

そして、私は蒼のことが羨ましいんじゃないと話します。

 

「蒼はいつだって努力をしてるから、私はそれに負けたくない」と自身の気持ちを伝える杏花音。

 

その日の夜、杏花音の部屋に訪れた蒼は、杏花音のプリンを食べたお詫びに杏花音の大好物である”にしかまプリン”を差し出します。

 

そしてプリンを食べながら杏花音は蒼に「あんた将来何になんの?」と質問します。

 

「蒼がこんなに勉強するのはちゃんと将来を考えているからでしょう」という香鈴の言葉をずっと気にしていた杏花音。

 

蒼は少し間を置き、「覚えてないのかよ」と杏花音に質問し返します。

 

何のことか分かっていない杏花音の姿に蒼は「じゃあこの話は終わる」と話を終了させます。

 

そして「今日のさ ありがと」と、山田に告げた杏花音の言葉が嬉しかったと蒼はお礼を言います。

 

「杏花音は俺に敵意むき出しだけど 俺は杏花音のこと認めてるとこあるよ」という蒼の言葉に杏花音は蒼をからかいます。

 

蒼が部屋を出て行った後、杏花音は3個目のプリンを食べながら嬉しそうに微笑むのでした。

第3話 ツインズ3

風邪を引いたママの代わりに、杏花音と蒼は仮装をさせられ、ハロウィンにテンションが上がる末っ子の一花の付き添いとしてご近所さんを回ることになります。

 

「おやつを沢山集めてきてくれたら元気になる」というママの言葉のためにやる気満々でお菓子を集める一花。

 

杏花音と蒼が幼い頃のハロウィンの思い出を思い出したりしながら、順調にお菓子は集まります。

 

沢山のお菓子を貰い、満足気な一花でしたが、歩いている最中に転んでしまい、川にお菓子を全て落としてしまいます。

 

全滅してしまったお菓子を前に大泣きしてしまい「マンマ 消えちゃう」と呟く一花。

 

そんな一花に道端に咲いていた花を差し出し、「ママが元気になる魔法の花」という杏花音の言葉で一花は泣き止みます。

 

そして、「泣いていたら見えないんだよ 大事なものが」と過去に自身が蒼に言われた言葉を一花にかけます。

 

元気を取り戻した一花と帰ろうとした時、蒼が杏花音の異変に気づきます。

 

その日の夜、ママの風邪が移った杏花音のために桃の缶詰を買いに出かけた蒼とバッタリ出くわします。

 

雑談をしながら歩く2人は、会話の流れで兄弟の話に。

 

「やっぱ兄弟とか欲しくなるもんなの?」と言う蒼の問いに香鈴は迷うことなく首を横に振ります。

 

香鈴は「蒼と双子なんてやーよ」と言い、「恋愛できないじゃん 子供の頃からあんたのこと好きだもん」と言い残し蒼の前から立ち去るのでした。

第4話 ツインズ4

風邪が完治して元気一杯の杏花音が学校に行くと、蒼に告白して振られたという女子の姿を目にした杏花音は、調子に乗っていると蒼に一言物申しに行きます。

 

図書館にいたのは蒼と、蒼に抱きついている「篠原わかな(しのはら)」でした。

 

蒼に婿養子になって欲しいというわかなに杏花音は大賛成します。

 

蒼がいなくなるとテンションが上がる杏花音に「蒼のことが好きでさ」と打ち明ける香鈴。

 

「だから簡単に他に誰かにあげられちゃうと困るのよ」と香鈴は続けますが、杏花音はまだ思考が追いついていない状態のままです。

 

「まぁでも杏花音は気にしなくていいと」続けますが、もうそこには杏花音の姿はありません。

 

蒼のクラスに「やっぱり蒼はあげられない」と言いに来た杏花音は「香鈴があんたのこと好きなのよ」と教室の真ん中で言ってしまいます。

 

杏花音を連れ戻しにきた香鈴は「誰かのものになってもいいの」杏花音に呟くのでした。

第5話 ツインズ5

どうしても香鈴と蒼のことが気になってしまう杏花音でしたが、「今は勉強がしたい」と言う蒼にそれ以上何も言えない杏花音。

 

追試を受けることになった杏花音に香鈴が勉強を教えたりと一見何でもない、いつもの時間が流れます。

 

その日の放課後、香鈴は所属しているどバスケ部の試合中に、怪我をしてしまいます。

 

心配して香鈴の手を掴む蒼を拒んでしまった香鈴は「可愛くなーい」というわかなの言葉に「わかってる」と返し、その場から立ち去ってしまいます。

 

わかなに「君は傲慢だ」と言葉をかける辻利。

 

そして蒼も「篠原さんのことは好きじゃないし、今後も好きにならない」と言い、香鈴を追いかけます。

 

一方、蒼に好きになってもらう自身がないと呟く香鈴に、杏花音は香鈴の良いところをどんどん口にします。

 

そして、「私がばかでも いつもいつも一緒にいてくれる 大好きよ」と告げます。

 

そこに蒼も駆けつけ「言っとくけど、俺は香鈴みたいな子が好きだよ」と言う蒼の言葉に香鈴はどこかほっとした顔を見せます。

 

そして、「ずっとずーっと あんたたち双子と一緒にいるからね」と言う香鈴なのでした。

まとめ

今回は『ロマンチカクロック』についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

動き出した双子の時間とそれぞれの恋は、2巻からも様々な展開を見せていきます。

 

今回の記事を読んで少しでも興味を持ってくださった方は、それぞれの成長を是非!

 

見届けてみてください。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

おすすめ記事