最近雇ったメイドが怪しい全巻無料で読む方法紹介!漫画BankRawは危険|最新話までアプリでタダ?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『最近雇ったメイドが怪しい』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。

『最近雇ったメイドが怪しい』は漫画アプリ『マンガUP!』で全巻無料で読める?

いきなり、結論です。

 

『最近雇ったメイドが怪しい』はこちらのスクウェア・エニックスが運営する漫画アプリマンガUP!にて全巻無料で読むことができます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガUP!』はスクウェア・エニックスが運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガUP!』では『最近雇ったメイドが怪しい』を惜しげもなく1巻から最新巻まで無料で公開してくれています

 

安心安全に、そしてタダで『最近雇ったメイドが怪しい』を全巻読破したい方は『マンガUP!』を使う方法が最もお得です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶりや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • うしおととら
  • 双亡亭壊すべし
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • チ。地球の運動について
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • MIX
  • クロスゲーム
  • ダンスダンスダンスール
  • 土竜の唄
  • 魔王城でおやすみ
  • アオアシ

などなど…

 

ヤンジャン
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス
  • ラジエーションハウス

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガUP!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

次に『マンガUP!』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

 

『マンガUP!』の基本的な使い方

『マンガUP!』に掲載されているマンガを無料で楽しむには、アプリ内アイテムである『MP(マンガポイント)MP+(マンガポイントプラス)を使用して読むことになります。

 

簡潔に言うと『MP(マンガポイント)』『MP+(マンガポイントプラス)』などを使うことで、1日1作品において、12話分以上のマンガを無料で読むことが可能です。

 

要するに1日に最低でも単行本1冊分に値する量のマンガを『マンガUP!』にてタダで楽しむことができるということです!

 

『最近雇ったメイドが怪しい』も1日に12話分以上、読み進めることができます。

 

『マンガUP!』で使うアプリ内アイテム『MP(マンガポイント)』『MP+(マンガポイントプラス)』のそれぞれの使い方を詳しくみていきましょう!

『マンガUP!』のMP(マンガポイント)とは?取得方法と使い方を解説

MP(マンガポイント)とは?
  • MPとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝8時、夜8時に120MPずつ配布される(1日に計240MP)
  • 30MP消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単なMPの取得方法と使い方の説明です。

 

毎日、配布される計240MPを使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムがMPです。

 

但し1点だけ注意があり、MPを120MP以上貯めこむことは出来ません

 

朝8時に120MPが配布され、その120MPを使わずに夜の8時を迎えたとしても新たに120MPが加算されることはありませんので注意が必要です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

『マンガUP!』のMP+(マンガポイントプラス)とは?取得方法と使い方を解説

MP+(マンガポイントプラス)とは?
  • MP+とは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • MPがなくなってしまった場合でもMP+を使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガUP!』新規ダウンロード特典で750MP+(25話分)が付与される
  • 毎日、短い広告動画を1度見るだけで30MP+(1話分)が付与される

以上が簡単なMP+の取得方法と使い方の説明です。

 

下の画像のように『マンガUP!』新規ダウンロード特典では、750MP+25話分)が無料配布されます。

 

そして毎日、短い広告動画を視聴することで30MP+1話分を取得することが出来ます。

 

アプリを起動すると画面右下に「ヒヨコ?」のようなピーナップくんというキャラが鎮座しているので、タップしましょう!

すると「短い動画を見る」というボタンが表示されるので、タップして短い広告動画を視聴します。(広告を見ずに流してるだけでもOK!)

たったこれだけの労力で、30MP+(マンガ1話分)が手に入ります。

 

やらない手はありませんよね(^^)/

短い広告を見て30MP+を獲得できるシステムは毎日、夜0時に回復します。

他にもMP+を取得する方法があります。

 

ホーム画面上に表示される「クエスト」をクリアしていく方法です。

 

「クエスト」と言っても簡単なもので、例えば「マンガUP!に毎日ログインする」「~のマンガを3話まで読む」などの条件をクリアすることで、難易度に応じてMP+(マンガポイントプラス)が付与されます。

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

『MP(マンガポイント』『MP+(マンガポイントプラス)』以外で1日3話分のマンガを読む

先ほど紹介した『MP』『MP+』が0ポイントになってしまった場合でも1日に3話分のマンガを無料で読むアプリ内システムがあります。

 

その仕組みがコチラ。

 

読みたい”話(はなし)”のページへ飛ぶと、「動画を再生して読むと表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで新たに1話分のマンガを無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • MPを利用して1日8話分のマンガを無料で読む
  • 広告視聴やクエストをクリアして獲得したMP+を利用してマンガを無料で読む
  • 短い広告動画を最大3本見て、3話分のマンガを無料で読む

以上の事から『マンガUP!』は、1つの作品において、1日に最低でも12話分のマンガを無料で読むことのできるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります!

 

ぜひ、この機会に遠慮なく無料で読ませていただきましょう!!(^^)/

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『最近雇ったメイドが怪しい』の世間の評価は?

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『最近雇ったメイドが怪しい』序盤ネタバレ紹介!

1話

1話の始まりは、田舎の小さなお屋敷で新しいメイドを雇います。

 

仕事熱心で真面目ですが、田舎には似合わない見た目が派手なメイドで、お屋敷の坊ちゃんは気になって怪しんでしまいます。

 

坊ちゃんが怪しむ点は2つです。

 

1つ目は露出の激しい格好です。

 

特にスタイルの良いメイドが怪しくてたまらない坊ちゃんです。

 

そして2つ目が、吸い込まれるような紫の瞳が怪しいと感じます。

 

すると、視線を感じたメイドが、坊ちゃんをからかいます。

 

「もしかして、そんなに私のことが気になりますか?」と言います。

 

坊ちゃんは、自分の考えを読まれた事に驚きながら、言い放ちます。

 

「こんな綺麗なメイド初めて見たからか」

 

「お前のこと気になって気になって」

 

「夜も眠れないくらい、お前のことを考えていたことに、気づいていたのか!?」

 

そんな予想外の発言を聞き、真っ赤になるメイドですが、お茶を持ってくる口実にそそくさと逃げていきます。

 

そして、坊ちゃんは今までとのメイドとの違いに、まさか魔法を使えるのではないかと思います。

 

ついに正体がわかったとメイドに問い詰める坊ちゃんは、素晴らしい仕事とその怪しい瞳に対して「魔法使い」なのではと伝えます。

 

するとメイドは恥ずかしがりながら言います。

 

「そう、実はこの瞳で坊ちゃまを、私の虜にする魔法をかけてたのです。」

 

「私と目が合うと魔法にかかってしまうのです、まんまとかかってしまいましたね。」

 

その告白に、衝撃を隠せない坊ちゃんはメイドの仕事ぶりを褒めちぎります。

 

そして、メイドの瞳をまるで宝石だと例え、ドキドキして目が離せなかったのも魔法のせいだったのかと言います。

 

最後に、なんで恐ろしい魔法なんだ!と伝えられたメイドは、顔を真っ赤にしながら思います。

 

そう、大好きな坊ちゃまに早く信頼されたいが、素直に褒めてくれる坊ちゃまに、まだ怪しんでほしいと感じます。

 

ここまでが1話の内容です。

2話

2話は、坊ちゃんがメイドの作った料理が美味しすぎる事を怪しむところから始まります。

 

そして、勘づきます。

 

この料理には、怪しいものが入っているのではないかと疑います。

 

その疑いに対してメイドは、肯定します。

 

しかも、自分の事を好きになる惚れ薬を入れたと色っぽい顔をしながら言います。

 

それに驚愕しながら、坊ちゃんの褒めちぎりが始まります。

 

「どおりでお前の作った料理が特別美味しいと感じてしまうわけだ」

 

「お前ばかり目で追ってしまうのも」

 

「目があったらドキドキするし、夜眠れない日が続くのも」 

 

「やたらかわいいなって思ってしまうのも」

 

「全部惚れ薬のせいだったんだなー!」

 

そんな、告白にメイドは顔から湯気が出ながら、はいと言います。

 

ここまでが2話になります。

3話

3話は、メイドがたまに怪しい行動をしている事に、屋敷を乗っ取られないようにと勉強する坊ちゃんから始まります。

 

そんな坊ちゃんの元に、メイドが朝食を運びます。

 

メイドに目を向けると、まさかのメイドの頭から角が生えていました。

 

そして、その角に恐れながら坊ちゃんは聞きます。

 

まさか、悪魔だったのかと、そしてメイドはニヤリと笑います。

 

メイドは自分が悪魔だったと告白して、坊ちゃまが勉強ばかりしているから悪戯しちゃうぞといいます。

 

なーんてと、メイドは言ったつもりが、坊ちゃんは全くそこを聞いておらず、ずっと怪しいと思っていたと伝えます。

 

「毎晩夢に出てきて、僕を惑わしてくるし!」

 

「何よりメイドなのに角が似合いすぎる。」

 

「こんなに角が似合う人間がいるはずない、悪魔に違いない!」

 

「かわいすぎる!」

 

そんな、ストレートな感想に、坊ちゃまに息抜きしてほしくて、ハロウィンの仮装をしていたメイドは、目をぐるぐるしながら照れています。

 

ここまでが3話の内容になります。

4話

4話は、自分にやたらほしいものを与えてくるメイドに怪しいと感じるところから始まります。

 

まさか、自分を手懐ける気だと思う坊ちゃまに、リリスは言います。

 

「ええ、坊ちゃまを手懐けて、私のものにしちゃいますよ」

 

それに対して坊ちゃま言います。

 

「子供だからって見くびるな!」

 

「もので釣らなくともお前が魅力的なのは百も承知だ!」

 

「お前が僕のものになるんだ!」

 

ただ、仲良くなりたかったメイドは、予想外の言葉に3段階でクリーンヒットを受けます。

 

ここまでが4話の内容です。

5話

5話は、メイドが落とした自分の写真を見つけてしまうところから始まります。

 

さては、盗撮か呪の儀式に使うのではと坊ちゃまは思います。

 

それにメイドは、いつでも可愛い坊ちゃまを見られるように隠し持っていたと自慢げに言います。

 

それに対して、坊ちゃまは言います。

 

「それならホンモノを見ればいいだろう!」

 

「僕は逃げも隠れもしないぞ!」

 

そう言い、近づく坊ちゃんにメイドはそそくさと逃げていきます。

 

ここまでが5話の内容です。

6話

6話は、2人の名前が明かされます。

 

それの始まりとして、メイドが坊ちゃんの名前を呼ぶところから始まります。

 

その名もゆうり坊ちゃまです。

 

突然名前を呼ばれた事に、怪しさを感じたゆうり坊ちゃんは、何か企んでいるのか!とメイドに聞きます。

 

そんな反応するなんて、もしかして恋人同士みたいだと思っちゃいました?と、メイドはからかいながら言います。

 

それに坊ちゃんは、ツッコミます。

 

「いや、もはや夫婦だろ!」

 

「僕の両親はそう呼び合っていたぞ。」

 

「ラブラブだったぞ!?」

 

そこまでのつもりはなかったメイドは、慌てて逃げます。

 

それに怪しいと感じたゆうり坊ちゃんは、何かを隠しているんじゃないかと考えます。

 

そして、自分の個人情報は思いのままだ、それを使って、良からぬ事を企んでいるのではないかとひらめきます。

 

逆に、メイドの事を調べようと本棚を漁るゆうり坊ちゃんですが、ここでメイドの名前を知ります。

 

メイドの名前は、「リリス」です。

 

時間は過ぎ夕飯の時間で、メイドの情報を手に入れ自信満々の、ゆうり坊ちゃんにメイドのリリスは恥ずかしがりながら言います。

 

私に名前をもっと呼ばれたかったんですか、それじゃあラブラブですねと髪をかき分けながら言います。

 

しかし今回のゆうりは一味違い、名前を呼んだだけではラブラブではないと言います。

 

さらに、お互いまだあまり知らない間柄だと伝えます。

 

それにショックを受けるリリスでした。

 

しかしゆうり坊ちゃんは、期待を裏切りませんでした。

 

「だからもっと、主人に自分のことを話しても良いんだぞ!」

 

「リリス」

 

その初めて呼ばれた自分の名前に、驚きと嬉しさを合わせた顔をします。

 

ちなみに、なぜ突然ゆうり坊ちゃんの名前を呼んだかというと、坊ちゃんともっとお近づきになって、自分の名前を呼んで欲しかったからでした。

 

ここまでが6話の内容になります。

7話

7話は、リリスがいつ寝ているのか怪しいと感じるところから始まります。

 

きっと、自分が寝ているうちに悪いことをしているのではないかと思います。

 

今日こそは寝ないで暴くと決める坊ちゃまでしたが、次第に寝てしまいます。

 

寝た後の部屋に入るリリスは、寝ている坊ちゃまを見ながら、坊ちゃまの可愛らしい顔をこっそり見るためだと優しく言います。

 

寝ぼけながら坊ちゃま言います。

 

「一緒に寝ればいいだろう、、?」

 

そんな天使の寝ぼけ具合に、リリスはその晩一睡もできませんでした。

 

ここまでが7話の内容になります。

8話

8話は、目が合うと怪しい笑みを浮かべるリリスを怪しむところから始まります。

 

それを、自分を騙そうとしている笑みだと推察します。

 

そして、企みを聞く坊ちゃまに、リリスはこちらをみる坊ちゃまが可愛らしくて笑みを思わずこぼしてしまうと言います。

 

そんなリリスに坊ちゃまは言います。

 

「嘘だ!」

 

「僕はお前を可愛いと思っても、そんな風に笑ったりしない!」

 

「お前を見ると胸が苦しくなって、それどころじゃなくなってしまう!」

 

「むしろ、笑顔どころか顔は強張って、お前の顔を見れなくなるんだからな!」

 

騙されるかーという、坊ちゃんの顔を見れないリリスでした。

 

ここまでが8話の内容になります。

9話

9話は、リリスと初めて出会った頃から始まります。

 

坊ちゃまの両親が亡くなり、沢山いた使用人達は皆居なくなってしまいました。

 

そんなもぬけの殻になった屋敷にリリスは、給料はいらないと突然現れます。

 

しかも、仕事を完璧にこなす彼女に何で自分のメイドになったのかと問い詰めます。

 

すると、さらりとリリスは、今はまだ秘密ですとだけ言います。

 

それに対して坊ちゃんは言います。

 

「子供だからって馬鹿にして!」

 

「信用しないからな!」

 

「早く大人になって暴いてやる!」

 

「それまでどこにも行くなよ」

 

そんな坊ちゃんの言葉に、リリスは優しい顔をして、はいと答えます。

 

ここまでが9話の内容になります。

10話

10話は、完璧にこなす仕事の中で、美味しすぎる料理を怪しむところから始まります。

 

きっとリリスの料理には何か秘密があると、坊ちゃまは料理を教わることを決めます。

 

そんな坊ちゃまに、リリスは、まさか手取り足取り教えて欲しいんですか?と聞きます。

 

それに対して坊ちゃんは言います。

 

「お前の作る料理は今まで食べたどんな料理よりも美味い!」

 

「一生お前の手料理を食べたいほどに、お嫁になってほしいほどに!」

 

動揺するリリスですが、直々に教えてほしいという坊ちゃんに受け入れます。

 

坊ちゃんの大好物のシチューを作る事になり、まず野菜を切る坊ちゃんのそばにリリスが寄ります。

 

優しく切り方を教えながらリリスが一言、こうしてると私が坊ちゃまを抱きしめているみたいですねと言います。

 

そんな一言に、全く聞いていない坊ちゃまでした。

 

そして2人の料理は続き、シチューは完成します。

 

何か料理に入れているかと疑っていた坊ちゃんでしたが、一口食べていつもと違い、味が普通な事に驚きます。

 

いつもと同じか疑う坊ちゃんに、リリスは隠し味を入れていない事を伝えます。

 

その隠し味とは、坊ちゃまへの愛情です。

 

それに坊ちゃんはすかさず言います。

 

「リリスが作った料理は、僕への愛情が沢山詰まっていたから、どれもあんなに美味しいんだな!」

 

「リリスが僕のためを思って、僕のためだけに作るから食べると幸せな気持ちになるんだな!」

 

「すごい!」

 

「どうしたら、愛情たっぷりいられるんだ!?」

 

それに、内緒ですとしか言えず、今日も坊ちゃまに完敗のリリスでした。

 

ここまでが10話の内容です。

11話

11話は、最近ソワソワしながら、休憩中に裏庭にいくリリスを怪しむところから始まります。

 

そんなリリスを突き止めようと後ろにつける坊ちゃんでした。

 

すると、そこに居たのは猫と戯れるリリスでした。

 

それをぼーっと眺める坊ちゃまにリリスは、もしかして私に撫でられたいんですか?と不敵に笑います。

 

それに対して坊ちゃまは答えます。

 

「そんなわけないだろ、ネコが怖いだけだ!」

 

「お前の方がもっと可愛いだろう!」

 

「僕はネコを撫でてるお前があまりにも絵になる美しさだったから、つい見とれてしまって」

 

「でも、ネコが怖くて近づけなかっただけだぁー!」

 

そんな言葉に、顔が熱いリリスでした。

 

ここまでが11話のネタバレです。

12話

12話は、屋敷の主人の自分が、ネコを怖がっているなんてカッコ悪いとリリスに相談するところから始まります。

 

それに対して、リリスはそれでは私をネコだと思って練習してみますか?にゃあと鳴きます。

 

すると嬉々として言います。

 

「それなら全然怖くないぞ!」

 

よしよしと、リリスの頭を撫でる坊ちゃまに、カーッと真っ赤になるリリスでした。

 

ここまでが12話の内容になります。

13話

13話は、何も言わずに出かけてしまったリリスを探す坊ちゃまから始まります。

 

いつもなら一言言ってから出かける為、坊ちゃまは、自分には言えない理由で出かけたのかと思います。

 

そして帰ってくるまで1人を満喫してやろうと決めます。

 

しかし、帰ってこないリリスに、次第に不安に思います。

 

突然来た彼女は、突然いなくなってしまうのではないかと思います。

 

リリスが屋敷に来てから、ずっと一緒だったため、1人の心細さを強く感じます。

 

そこに急ぎ足で帰ってきたリリスに、冷たくあたる坊ちゃまでした。

 

リリスは、不思議な顔をしながら寂しかったですか?と聞きます。

 

振り返る坊ちゃまは泣きながら叫びます。

 

「お前は僕に呪いをかけたのか、お前がそばにいないと寂しくなる呪いを。」

 

「昔の僕は、1人でも大丈夫だった」

 

「今の僕は、お前が帰ってこなかったらどうしようかと、いつも以上にお前のことを考えてしまう。」

 

「こんな呪いを受けてしまったら、僕はお前なしでは生きていけない!!」

 

そんな坊ちゃまに、1人で留守番できて偉いですねと褒めるリリスでした。

 

呪いをかけたと言うリリスに、どうしたら解けるか聞く坊ちゃまに、リリスは、知りませんと言います。

 

しかし、私の正体を知る日がくれば解けるかもしれないとも言います。

 

坊ちゃまが、そんな呪いの意味を知る日はまだ先の話でした。

 

ここまでが13話の内容です。

おすすめ記事