最弱無敗の神装機竜バハムート全巻無料で読む方法紹介!面白い?アプリでタダ?原作者・明月千里

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『最弱無敗の神装機竜バハムート』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。

Contents

『最弱無敗の神装機竜バハムート』は漫画アプリ『マンガUP!』で全巻無料で読める?漫画バンクは違法

いきなり、結論です。

 

『最弱無敗の神装機竜バハムート』はこちらのスクウェア・エニックスが運営する漫画アプリマンガUP!にて全巻無料で読むことができます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガUP!』はスクウェア・エニックスが運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガUP!』では『最弱無敗の神装機竜バハムート』を惜しげもなく1巻から最終巻まで無料で公開してくれています

 

安心安全に、そしてタダで『最弱無敗の神装機竜バハムート』を全巻読破したい方は『マンガUP!』を使う方法が最もお得です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガUP!』は課金してもお得に読める!

『マンガUP!』ではポイントが無くなってしまっても課金することでお得に読むことができます!

 

例えば『アラフォー男の異世界通販生活』最新4巻を普通に購入すると660円かかります。

 

そこで『マンガUP!』内の課金システムを使えば、610円で『アラフォー男の異世界通販生活』最新4巻を読むことができます!

 

『マンガUP!』では1日に無料で読める話数に限りがあるので、うまく『コイン』を購入して読む方がストレスなく読み進められますよ!

オススメ漫画アプリ紹介

漫画アプリに関していうと、集英社が運営するマンガMeeや双葉社が運営するマンガがうがうも特にオススメです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • ヒロイン失格
  • ハニーレモンソーダ
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • 俺物語
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • ごくせん
  • アシガール
  • 椿町ロンリープラネット
  • NANA
  • アオハライド
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • 乙女椿は笑わない
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • これは経費で落ちません
  • ハル×キヨ
  • 悪魔とラブソング
  • 雛鳥のワルツ
  • きょうは会社休みます
  • ストロボエッジ
  • デカワンコ
  • 高台家の人々
  • G線上のあなたと私
  • ママレード・ボーイ
  • 菜の花の彼-ナノカノカレ-
  • 花より男子
  • 消えた初恋
  • 銀魂
  • 宇宙を駆けるよだか

などなど…

 

『マンガがうがう』で無料で読める主な作品一覧
  • 監獄実験プリズンラボ
  • 復讐の未亡人
  • 王様ゲーム
  • クレヨンしんちゃん
  • ミイラの飼い方
  • 漂流ネットカフェ
  • 復讐教室
  • 走馬灯株式会社
  • ミスミソウ
  • orange
  • 恋空
  • オオカミ王子の言うとおり
  • 京都寺町三条のホームズ
  • リベンジH
  • クラス転移で俺だけ…
  • 進化の実
  • 魔王様、リトライ
  • 小林さんちのメイドラゴン
  • 異世界召喚は二度目です
  • 勇者パーティーを追放された白魔導師
  • 勇者パーティーにかわいい子がいたので、告白してみた

などなど…

また異世界系や令嬢系の漫画も豊富に読めます!

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

次に『マンガUP!』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

 

『マンガUP!』の基本的な使い方

『マンガUP!』に掲載されているマンガを無料で楽しむには、アプリ内アイテムである『MP(マンガポイント)MP+(マンガポイントプラス)を使用して読むことになります。

 

簡潔に言うと『MP(マンガポイント)』『MP+(マンガポイントプラス)』などを使うことで、1日1作品において、12話分以上のマンガを無料で読むことが可能です。

 

要するに1日に最低でも単行本1冊分に値する量のマンガを『マンガUP!』にてタダで楽しむことができるということです!

 

『最弱無敗の神装機竜バハムート』も1日に12話分以上、読み進めることができます。

 

『マンガUP!』で使うアプリ内アイテム『MP(マンガポイント)』『MP+(マンガポイントプラス)』のそれぞれの使い方を詳しくみていきましょう!

『マンガUP!』のMP(マンガポイント)とは?取得方法と使い方を解説

MP(マンガポイント)とは?
  • MPとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝8時、夜8時に120MPずつ配布される(1日に計240MP)
  • 30MP消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単なMPの取得方法と使い方の説明です。

 

毎日、配布される計240MPを使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムがMPです。

 

但し1点だけ注意があり、MPを120MP以上貯めこむことは出来ません

 

朝8時に120MPが配布され、その120MPを使わずに夜の8時を迎えたとしても新たに120MPが加算されることはありませんので注意が必要です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

『マンガUP!』のMP+(マンガポイントプラス)とは?取得方法と使い方を解説

MP+(マンガポイントプラス)とは?
  • MP+とは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • MPがなくなってしまった場合でもMP+を使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガUP!』新規ダウンロード特典で750MP+(25話分)が付与される
  • 毎日、短い広告動画を1度見るだけで30MP+(1話分)が付与される

以上が簡単なMP+の取得方法と使い方の説明です。

 

下の画像のように『マンガUP!』新規ダウンロード特典では、750MP+25話分)が無料配布されます。

 

そして毎日、短い広告動画を視聴することで30MP+1話分を取得することが出来ます。

 

アプリを起動すると画面右下に「ヒヨコ?」のようなピーナップくんというキャラが鎮座しているので、タップしましょう!

すると「短い動画を見る」というボタンが表示されるので、タップして短い広告動画を視聴します。(広告を見ずに流してるだけでもOK!)

たったこれだけの労力で、30MP+(マンガ1話分)が手に入ります。

 

やらない手はありませんよね(^^)/

短い広告を見て30MP+を獲得できるシステムは毎日、夜0時に回復します。

他にもMP+を取得する方法があります。

 

ホーム画面上に表示される「クエスト」をクリアしていく方法です。

 

「クエスト」と言っても簡単なもので、例えば「マンガUP!に毎日ログインする」「~のマンガを3話まで読む」などの条件をクリアすることで、難易度に応じてMP+(マンガポイントプラス)が付与されます。

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

『MP(マンガポイント』『MP+(マンガポイントプラス)』以外で1日3話分のマンガを読む

先ほど紹介した『MP』『MP+』が0ポイントになってしまった場合でも1日に3話分のマンガを無料で読むアプリ内システムがあります。

 

その仕組みがコチラ。

 

読みたい”話(はなし)”のページへ飛ぶと、「動画を再生して読むと表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで新たに1話分のマンガを無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • MPを利用して1日8話分のマンガを無料で読む
  • 広告視聴やクエストをクリアして獲得したMP+を利用してマンガを無料で読む
  • 短い広告動画を最大3本見て、3話分のマンガを無料で読む

以上の事から『マンガUP!』は、1つの作品において、1日に最低でも12話分のマンガを無料で読むことのできるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります!

 

ぜひ、この機会に遠慮なく無料で読ませていただきましょう!!(^^)/

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『最弱無敗の神装機竜バハムート』あらすじ紹介!

 

舞台はかつて圧政を極めたアーカディア帝国を革命によって滅ぼしたアスティマータ王国。

 

この世界では遺跡から発掘された古代兵器機竜とその遺跡より出でる怪物幻神獣(アビス)がありました。

 

主人公ルクス・アーカディアは旧帝国の皇子であり、新王国の恩赦により莫大な借金を国民の雑用を行うことで返済するという日々に明け暮れていました。

 

ある日、ネコに盗られたポシェットを取り戻すべくルクスが追いかけていた時、不慮の事故である場所の大浴場へと落下してしまいます。

 

そこは城塞都市王立士官学園(クロスフィードアカデミー)女子寮であり、ルクスは新王国の王女であるリーズシャルテ・アスティマータを押し倒してしまいます。

 

リーズシャルテの怒りを買ったルクスは機竜での決闘を彼女に挑まれます。

 

しかし、ルクスは模擬戦で一度も勝利をしたことがなくとも無敗である「無敗の最弱」と呼ばれる機竜使いでした。

 

ルクスはその持ち前の技術と意志を彼女との決闘で示したことにより、リーズシャルテに認められることになります。

 

その結果として、貴族子女ばかりが通う王立士官学園に編入することになります。

 

入学したルクスは王立士官学園の個性的なヒロインたちと交流を深めながら、自身にもつき纏う世界の陰謀に巻き込まれていくのでした。

 

本作の原作にあたるライトノベルは単行本20巻出版されており、累計発行部数も100万部をこえる人気作です。

 

アニメ化もしており、dアニメストアで行われた「今期何観る?2016冬アニメ人気投票」では総合9位となった期待作でもありました。

『最弱無敗の神装機竜バハムート』は面白い?見どころ紹介!

『最弱無敗の神装機竜』はすべて見る価値のある作品となっております。

 

特に最近のライトノベルに多いなろうものや異世界ものが大好きな人にはぜひ見て欲しい作品となっていますよ。

 

今回はわたしがおすすめの見どころを3つ紹介していきます。

見どころ① 主人公は弱者? 実力を隠した訳アリ主人公

 

少し話は変わりますがみなさんはハリウッド映画はお好きですか。

 

ハリウッド映画によくある設定に「うだつの上がらないパートタイムの警備員の中年男性、実は元FBI捜査官」というものがあるんです。

 

ここ最近のライトノベルや漫画にもたまにありますよね。

 

この作品の主人公であるルクスくんも実はそんな主人公となっております。

 

物語はすでにアーカディア帝国が革命で滅ぼされているところから始まり、ルクスは罪人・咎人として人生を送っているわけです。

 

さらにはこの世界にある機竜の操縦に必要な親和性は、男性より女性のほうが優れているといった始末です。

 

世間一般で言えば、旧帝国の血族であり男性でもあるルクスは負け犬といったひどい劣等感を背負っています。

 

ですが、そう見せかけておいて実は並大抵の女性よりも機竜への親和性が高いルクスは非常に優秀な機竜使いだったのです。

 

さらにはルクスには明かされていない秘密が多くあり、いまでも主人公特化としてイケイケにも関わらず、さらなる何かがあるみたいなんです。

 

ルクスがどう這いあがってくるかワクワクしながら読んじゃいます。

見どころ② 政治色渦巻く貴種流離譚

貴種つまり高貴な血筋を持つ者が何かしらの事情でその地位を追放され、その後復讐を遂げて再度その地位に舞い戻る貴種流離譚。

 

もちろん王子の身分を革命で喪失したルクスにもその状況が当てはまります。

 

重要なのはここからで普通の物語であれば、自分が追放されるに至ったものに主人公が復讐するのが主題になるのですが、残念ながらこの物語はそんな単純なものじゃないんです。

 

ルクスは新王国の恩赦で普通に新王国で生活していますし、彼の妹のアイリも新王国で生活する王立士官学園の生徒でもあります。

 

しかしながら、物語を紐解いていくと各種政治色が見え隠れしているのもまた事実ですね。

 

ルクスに限っても何かしらの事情を抱えて生活しているようです。

 

さらには旧帝国が圧政を敷いたために革命されたとの事情も深く絡んできそうですね。

 

少なくともこのままただのルクスで終わるはずがありません。

 

必ずどこかでアーカディア帝国の王子であるルクス・アーカディアとして物語を渡り歩くことになると思うので、そこも注目していきたいですね。

見どころ③ 新王国王女リーズシャルテとのバディ

 

仲が悪い人や仲が悪い組織が近くにいるとはらはらしますよね。

 

もちろん『最弱無敗の神装機竜』にもそんなドキドキ要素があります。

 

主人公ルクス・アーカディアとヒロインリーズシャルテ・アスティマータです。

 

二人は旧帝国の王子と新王国の王女であり、二人が関わる組織から見たら相手は倒すべき敵になります。

 

しかも、リーズシャルテはルクスのことを旧帝国の王子として負けるわけのいかない相手と認識しています。

 

形を変えればロミオとジュリエットに、また形を変えれば美女と野獣に、またまた形を変えればフランケンシュタインモンスターズになるといった関係を二人は見せてくれます。

 

二人の関係が今後どのようにして変わっていくかも注目です。

 

『最弱無敗の神装機竜バハムート』wiki的登場人物紹介!

ルクス・アーカディア

 

本作の主人公であり滅亡したアーカディア帝国の第七皇子になります。

 

クーデターで帝国が滅びた後はシン億国の恩赦により釈放されて、あらゆる国民の雑用を引き受けるという契約で国家予算の約5分の1に相当する借金を返済しています。

 

また、そう言った境遇からか雑用王子や没落王子と呼ばれることもありますね。

 

圧政を敷いてきた帝国の王子ということもあり良く思わない人も多くいる一方で、城塞都市の人や王立士官学園の人たちなどからの受けはいいです。

 

また、圧政を敷いてきた帝国の王子とは思えないほどにお人好しであり、困った人を見逃せない性格となっています。

 

また、あまり自分を持っていないのか周りから流されるケースが良くありますね。

 

容姿も王子様と呼べるほどに端麗でありますが、本人は童顔であることを気にしています。

 

機竜の腕もよく一回も勝利したこともない代わりに、一回も負けたことがないという引き分けねらいができるほどには優秀です。

 

ルクスが今後どのようにして自分の秘密を開示していくかもこの作品の魅力の一つですね。

リーズシャルテ・アスティマータ

 

本作のメインヒロインにあたる人物であり新王国の王女様です。

 

通称「朱の戦姫」と呼ばれるほどの腕を持つ機竜使いで神装機竜〈ティアマト〉の使い手でもあります。

 

定期的に行われる校内戦でも無敗を誇っていたようですね。

 

また、技術者としての腕も優秀であり、若くして自身の工房やオリジナルの武器を作り出すほどでもあります。

 

そんな彼女ですが、実は5年前に帝国にとらわれていた過去がありました。

 

しかも下腹部に敵国の焼き印が刻まれているといいます。

 

その際に父が自分のことを考えなかったことであまり快く思っておらず、王女のふるまいを求められることにも嫌気がさしています。

 

ルクスと出会ったときは彼の素性のほとんどを知らなかったこともあり、ルクスに対して高圧的な態度をとっていました。

 

しかしながら、旧帝国の王子と新王国の王女としての飾り抜きで彼に興味を持つことになっていきます。

 

今後彼女の抱える闇がどうやって打ち払われるかに大きな注目が集まりますね。

アイリ・アーカディア

 

旧帝国の皇族の生き残りでありルクスの実妹にあたります。

 

ルクスと同じく恩赦で釈放された身であり、ルクスが雑用に奔放する中、彼女は新王国の目の届くところでの生活を余儀なくされます。

 

要するに人質ですね。

 

兄であるルクスのことは信頼しているようで、言動の節々から彼が抱える秘密を知っている雰囲気を感じます。

 

また、周りの生徒からもあまり嫌悪の視線を向けられていないようですね。

ノクト・リーフレット、シャリス・バルトシフト、ティルファー・リルミット

 

三人で三和音(トライアド)と呼ばれています。

 

王立士官学園の生徒であるということで三人とも名家の子女となっていますね。

 

幻神獣が襲撃してきた際も冷静に対処しており、他の生徒よりも優秀であることも分かりますね。

 

ノクトはアイリの同室であり、学園ではアイリの従者も務めています。

 

シャリスは正義感が強いがルクスが学園に迷い込んだ時も機竜で襲撃するといったように空回りすることが多いです。

 

ティルファーはムードメーカー的存在であり所謂賑やかしですね。

 

三人ともアイリ、ルクスともに悪感情は抱いておらず良い友人といった感じです。

 

物語に今後深く関わってくることもありそうですね。

『最弱無敗の神装機竜バハムート』アニメ化情報!

 

「最弱無敗の神装機竜」はマンガへのメディアミックスだけでなく、アニメ化もされており人気を博していました。

 

声優も人気の声優をキャスティングしており、主人公ルクスの声優である田村睦心さんはこの手の少年の声をやらせたら右に出るものはいません。

 

特に機竜での戦闘もある本作ですから、アニメで実際に動いているところは迫力があってとても良いものになっています。

 

アニメ化に伴い原作からの改変もありましたが、無駄な部分を取り除いてより分かりやすくするといったものであり私としては好印象でした。

 

それゆえに原作、マンガ、アニメで少し異なる物語を楽しめるのもこの作品の魅力の一つとなっています。

 

すべてを見て世界に没入することをお勧めしますね。

『最弱無敗の神装機竜』の作者・明月千里とは?

第一回『GA文庫大賞』にて『月見月理解の探偵殺人』で奨励賞を受賞しています。

 

その後もいくつかの作品を執筆して本作が一番長く連載した作品となっていますね。

 

現在も『お前らどれだけ俺のことすきだったんだよ!』といった作品を執筆しておりますので、興味がありましたら作者を追ってみても良いかもしれませんね。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『最弱無敗の神装機竜バハムート』序盤ネタバレ紹介!

第一話 学園への侵入者

物語は、ルクスが浴場で美少女を押し倒しているシーンから始まります。

 

物語の導入としてはよくある光景ですね。

 

そこから半日だけ時間が戻り、ルクスが雑用をしている光景が映ります。

 

知り合いのおばちゃんに助っ人のお願いをされますが、今日はもう仕事がいっぱいとのことで断るルクス。

 

みんなから頼りにされていますね。

 

ここまでただの青少年に見えるルクスですが、彼の独白で実は彼が咎人であることが発覚します。

 

なんと、ルクスは現在のアティスマータ新王国の前身であるアーカディア旧帝国の皇族であったのです。

 

しかも、アーカディア旧帝国はその圧政からかクーデターにより滅ぼされています。

 

そのため、ルクスはあらゆる国民の雑用を受けることを条件に恩赦を受け釈放されている身だったのです。

 

ただ、ルクス自身はこの待遇に不満を抱いている節はなさそうな態度をしています。

 

何か事情がありそうですね。

 

そんなルクスに良くしてくれる女性が話しかけてくるのですが、ここで彼女のポシェットが猫に奪われる事件が発生してしまいます。

 

この世界の猫は魚ではなくポシェットを加えるそうです。

 

ルクスは自信満々に取り戻してくると啖呵を切って猫を追っかけます。

 

どうやら昨晩に泊めてもらった恩返しの様ですね。

 

しかし、猫の身体能力にルクスはたじたじであり、気が付いたら陽が沈みそうになるくらい追いかけっこをしています。

 

どうにかして屋根上に猫を追い詰めてポシェットを取り返したルクスでしたが、ピシッと後ろから不穏な音が聞こえてきます。

 

次の瞬間ルクスがいる屋根が崩壊したのです。

 

そのまま真っ逆さまに落ちたルクス。

 

お湯の中に落ちたことからその場所を察するのですが、落ちてくる残骸からその場の人を守ることを優先します。

 

押し倒す形で助けに入るルクスですが、助けた側からすればいきなり現れた不埒ものに押し倒された状況となりました。

 

ここで冒頭のシーンとつながります。

 

ルクスが落ちたところは女湯であり、助けた少女は羞恥に染まった顔でルクスを殺すと睨みつけてきます。

 

無論ルクスも弁明を図りますが、思春期真っ只中の少年がこんな状況で気の回る弁明ができるはずもなく、あろうことか相手の神経を逆なでしてしまいます。

 

どうにかしてポシェットを取り返そうとしただけだということを伝えるルクスでしたが、恐ろしいことにそのポシェットの中身は女物の下着。

 

はたから見ればルクスは下着泥棒確定です。

 

弁明の余地がなくなったと判断したルクスはすぐさま逃亡を図りますが、逃走中に目の前の壁が粉々に砕け散ります。

 

驚くルクスの目に飛び込んできたのは装甲機竜(ドラグライド)と呼ばれる古代兵器でした。

 

もちろんルクスを捕らえるために起動したものであり、操縦している少女もルクスに降伏を促してきます。

 

装甲機竜は兵器であるため一般的に出回っているものではないことで、ルクスは自分が迷い込んだ場所を察します。

 

しかし、そんなことを思考する余裕もなく装甲機竜から攻撃が来ました。

 

なんとか攻撃をかわして、そのまま攻撃の影響でできた穴を使い逃げることに成功したルクスは、どうにか校門まであと一歩のところにたどり着きます。

 

しかし、最後の門番かの如く一人の少女がふらっと現れます。

 

機竜が相手じゃないなら逃げれると高をくくっていたルクスでしたが、少女の力量を見誤りお縄となってしまうのでした。

 

目覚めたら牢屋の中にいたルクス。

 

そんな彼を王子様女性の声が聞こえます。

 

音のするほうをルクスが見やると浴場で押し倒したあの少女がいました。

 

少女はひどく怒った様子でしたが、ルクスが迷い込んだ場所を教えてくれます。

 

そこはルクスの予想していた通り、城塞都市王立士官学園(クロスフェードアカデミー)という装甲機竜のパイロット育成機関であり、この日のルクスの仕事先でもあったのです。

 

さらに、ここで押し倒した少女の名がリーズシャルテ・アスティマータであることをルクスが知ります。

 

アスティマータで分かる通り、ルクスが押し倒した少女はあろうことか新王国の姫であったのです。

 

愕然とするルクスは声を上げるしかありません。

 

結局、今回の事件は知り合いの学園長の力添えもあり不問となるルクスでしたが、被害者であるリーズシャルテは納得していません。

 

ただ学園長に新王国の方針で諭され彼女も引き下がります。

 

不満そうなリーズシャルテをよそに学園長はルクスに仕事の話をしはじめます。

 

ルクスにお願いしたい仕事は装甲機竜の整備であり、何故ルクスに整備をお願いしているのかといった新王国の内情が語られます。

 

その中でルクスが機竜と戦闘において無敗の最弱と呼ばれていることがわかります。

 

無敗なのに最弱って厨二心がくすぐられますね。

 

学園長はリーズシャルテに向かって、あなたにも引けを取らない強さじゃないかと挑発を行います。

 

ルクスからしてみればたまったものじゃないですが、それが気に障ったのかリーズシャルテは先ほどの話をぶり返してルクスを批判してきました。

 

しかも今回は学園長も助け船は出してくれず、むしろ面白がるようにこちらの式にしていいといってきます。

 

それによりルクスとリーズシャルテは決闘を行うことになってしまいました。

 

さらには理事長室に群がっていた野次馬によって学園中に広まっていきます。

 

ルクスが頭を抱える中、妹であるアイリが不機嫌そうな顔で彼の前に現れます。

 

アイリから今回の事に関して文句を言われるルクスはたじたじとなりますが、そのおかげもあり彼女からリーズシャルテの詳細を聞くことができました。

 

自分たちの身分もあり妹のためにも負けられないルクスは、自信がある表情で決闘を迎えます。

 

リーズシャルテはルクスが勝ったら決闘の目的を教えることを約束しますが、ルクスはあまり勝利にこだわっておらず、その態度が彼女の琴線に触れます。

 

二人の雰囲気が最悪のまま決闘が始まるのですが、リーズシャルテが持つ装甲機竜の鍵である機攻殻剣(ソードデバイス)が汎用の装甲機竜のものではないことにルクスが気付きます。

 

現れた彼女の機竜を見てルクスは目を見開きます。

 

なんとリーズシャルテが駆る機竜は新王国の王族専用機である神装機竜と呼ばれるものだったのです。

第二話 朱の戦姫

物語は神装機竜の説明から始まります。

 

なんとリーズシャルテが駆る機竜は同一のものが確認されていない世界で一機だけの機竜であり、汎用機とは比べ物にならない性能を持つワンオフ機だったのです。

 

戸惑うルクスは自身が機攻殻剣を二本持っていること仄めかしてきますが、結局汎用機のワイバーンで勝負を挑みます。

 

汎用機竜対神装機竜の絶望的なスペック差の決闘が始まります。

 

攻めてこないルクスにしびれを切らしたリーズシャルテは素早い動きで飛び回り、機竜息砲(キャノン)をいきなり打とうとします

 

彼女との距離が離れていることもあり躱すことができると考えるルクス。

 

しかし、そんな彼の予想とは裏腹にリーズシャルテはあえて銃口をルクスからそらすという行動を起こします。

 

ルクスが疑問に思っていると、いきなり横から何かがルクスにぶつかり、まんまとずらした砲撃の軌道上に動かされてしまいます。

 

なんとかして瞬時にガードをしてやり過ごすことに成功したルクスでしたが、飛来する物体がルクスに容赦なく追撃を仕掛けます。

 

それはルクスを機竜息砲の射線上に押し出し追撃までしてきたものであり、空挺要塞(レギオン)と呼ばれるリーズシャルテの神装機竜ティアマトのみが持つ武装でした。

 

端的言えばオールレンジ攻撃ですね。

 

あらかじめアイリより話を聞いていたルクスはどうにかして攻撃を対処しますが、標的をを誘導するために直接ぶつけるという空挺要塞の予想外の使われ方に度肝を抜かれます。

 

本当にただのお嬢様なのか疑い始めるルクスに向かって、すでに中破した機竜の状況を鑑みたリーズシャルテはもう一本の機攻殻剣を使うよう促します。

 

しかし、ルクスは何かしらの事情があるのかこれを使うことができないと彼女の進言を断ります。

 

挙句の果てに、こんな状況であるにもかかわらずこの決闘を引き分けにしてくれないかとリーズシャルテにお願いして、三度彼女の逆鱗に触れることになるのです。

 

アイリの言う通り馬鹿な王子様みたいですね。

 

激昂されたルクスはアイリから聞いていたティアマトのもう一つの特殊武装である七つの竜頭(セブンス・ヘッズ)を向けられます。

 

そこに空挺要塞まで展開した状態であり、決闘は佳境を迎えていきます。

 

ここで視点が前日に装甲機竜をルクスにけしかけた少女へと変わります。

 

彼女は勘違いでルクスを攻撃していることを悔やんでいるようでしたが、アイリが現れてあれはルクスが悪いとフォローします。

 

しかし、少女はリーズシャルテと決闘することになったためすっきりしない様子。

 

しかも、演習場ではリーズシャルテが本気でルクスを追い詰めている始末であり、よりルクスのことを心配するようになります。

 

ですが、ただひとりアイリだけはルクスのことを心配しておらず、ルクスが負けると一切思っていない状態です。

 

覚悟を決めた兄の強さを信じていました。

 

その言葉が真実であるようにリーズシャルテにはルクスを倒せるイメージが全く湧いていません。

 

徐々にルクスに流れを持っていかれる中、リーズシャルテの中に敗北の文字が浮かび始めます。

 

しかし、新王国の王女が旧帝国の皇子に負けるわけにもいかず、感情を奮い立たせて応戦していきます。

 

そんなリーズシャルテはここにきて天声(スプレッシャー)を発動させます。

 

天声は神装機竜のみに備えられた神装という特殊能力に該当するものであり、ルクスは地面に叩きつけられることになりました。

 

ティアマトの神装がおそらく重力制御であることと考えるルクスでしたが、もはや攻撃を受けたあとに知ったところで意味はありません。

 

リーズシャルテが銃口を向けて決着を付けようとする中でルクスは自身の敗北を悟り、苦肉の策でもう一本の機攻殻剣に手を伸ばします。

 

しかし、ここにきて不意にルクスを縛り付けていた重みが消えます。

 

ルクスが不思議がってリーズシャルテのほうをみると、機能不全に陥り欠けてるティアマトの姿がありました。

 

なんと神装機竜はその力の強大さからか、限界まで精神・体力を使うと暴走してしまうようです。

 

リーズシャルテにもその前兆が出ていました。

 

ルクスは早く決着をつけないとまずいと考え動きますが、リーズシャルテも負けるわけにはいかず、最後の一撃として七竜の竜頭にエネルギーを注ぎ始めます。

 

これで決着かと思われたその瞬間、歪な声が二人の鼓膜を震わせます。

 

二人の動きが止まり視線を声の主に向けます。

 

その先には幻神獣(アビス)と呼ばれる異形の存在がいました。

 

幻神獣の咆哮により演習場内はパニックとなります。

 

ただ、当のルクスは冷静に幻神獣を退ける算段をリーゼシャルテと取っていました。

しかし、リーズシャルテは遺跡より機竜とともに発見された幻獣であるアビスに半壊したルクスの機竜では勝てないと反発してきます。

 

そんな彼女の心配をよそに覚悟はできているとリーズシャルテに伝えたルクスは、みんなを守るために単身幻神獣に挑んでいくのでした。

第三話 強襲、そして

幻神獣はいきなりルクスとリーゼシャルテ向かって光弾を飛ばしてきます。

 

それを機竜咆哮(ハウリングロア)と呼ばれる衝撃波で防いだルクスでしたが、それでも演習場にいくつか着弾してしまいます。

 

救援がまだかとパニックになる生徒たちでしたが、先日ルクスを襲撃した少女やアイリの近くにいた従者の少女などの三和音(トライアド)が機竜に乗り込みパニックの鎮静にあたります。

 

アイリは突発的な騒動に弱い候補生に嘆くのですが、三和音の三人は警報が鳴らなかったなどを理由に仕方がないと諫めます。

 

三人はルクスのことを心配しつつもパニックの鎮静に動き出しました。

 

アイリは空を見上げて、兄の戦い方に幻神獣のガーゴイルの攻撃が下に向かないように誘導していることに気が付き、その動きにルクスらしさを感じています。

 

兄妹愛が垣間見えるシーンですね。

 

ここでガーゴイルの攻撃先が観客に向くのですが、これこそがルクスの狙いでした。

 

堅い守りのガーゴイルが隙をさらすことを狙い、リーズシャルテにその隙を狙うようお願いしていたのです。

 

その計画は見事達成し、リーズシャルテの七竜の竜頭で幻神獣の撃破に成功します。

 

この計画を立てて見事実行したルクスはリーズシャルテから見初められるのでした。

 

そんな中、幻神獣との戦闘により気を失っていたルクスは6年前の出来事を夢に見ます。

 

そこでは第一皇子のフギルと帝国の現状とこれからを話していました。

 

フギルに覚悟を伝えるセリフとともに目覚めたルクスはリーズシャルテ近くにいたことに驚きの声を挙げます。

 

その後、謙虚なのか傲慢なのかわからない態度に彼女から叱咤をうけます。

 

リーズシャルテから助けた理由を問われたルクスはよく覚えとないと言い、リーズシャルテは助けてくれたことは事実のため、はにかみながら納得するのでした。

 

また、ルクスのことを全面的に信用することにしたリーズシャルテは、決闘を仕掛けた理由をルクスに伝えます。

 

リーズシャルテが下腹部を見せるとそこには旧帝国の紋章がありました。

 

リーズシャルテはこの紋章を見られたと思いルクスに決闘を挑んだのです。

 

新王国の王女がこの紋章を持つことの意味を理解したルクスは、機攻殻剣に誓って誰にも言わないことを誓うのでした。

 

事件がひと段落したこともあり、本来の仕事に戻れることにほっとするルクスでしたが、リーズシャルテから衝撃の一言を聞かされるのでした。

 

それは、この学園に士官候補生の生徒として通ってもらうとのこと。

 

むろん整備士見習いの件は解約済みです。

 

雄叫びをあげたルクスでしたが、リーズシャルテの笑顔とともにリーシャと呼んで欲しいとの願いを受け、反論することができなくなってしまいます。

 

旧帝国の王子であるルクスが新王国の王女であるリーズシャルテと出会い、この物語は一気に動いていくようで続きが気になりますね。

『最弱無敗の神装機竜バハムート』読者の評価や感想は?

おすすめ記事