好きな子がめがねを忘れた6巻無料ネタバレ!タダで漫画読む方法解説!もうすぐ夏休み!小村くんはちょっぴりモヤモヤ?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『好きな子がめがねを忘れた』6巻を無料で読む方法やネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

今回ご紹介する『好きな子がめがねを忘れた』を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。

『好きな子がめがねを忘れた』6巻を無料で読む方法は?

こちらのスクウェア・エニックスが運営する漫画アプリマンガUP!では、『好きな子がめがねを忘れた』6巻を無料で読むことができます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガUP!』はスクウェア・エニックスが運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『好きな子がめがねを忘れた』6巻が『マンガUP!』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最新巻まで無料で読むことができます

 

安心安全に、そしてタダで『好きな子がめがねを忘れた』を全巻読破したい方は『マンガUP!』を使う方法が最もお得です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリではヤンジャンマンガMeeも特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 悪魔とラブソング
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • ごくせん
  • ストロボエッジ
  • アオハライド
  • NANA
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • ハニーレモンソーダ

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガUP!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『好きな子がめがねを忘れた』6巻ネタバレ紹介!

第58話

文化祭も終わり、進路指導の時期がやってきました。

 

小村くんは進路希望調査票を見ながら、志望校は決まっているけどお母さんに相談してから記入しようと考えています。

 

そんなとき隣の席の三重さんから将来の夢を聞かれて、小村くんは固まってしまいます。

 

進学就職くらいしか考えていないので、「夢」と聞かれて困ってしまったのです。

 

夢がないことを三重さんに知られたくない小村くんは「内緒」と伝えると、三重さんは自分の夢の話を聞いてほしいと言ってきました。

 

自分の話ばかり聞かせることに恐縮する三重さんですが、小村くんは内心、ずっと三重さんの話だけ聞いていたいなと思っています。

 

三重さんはスマホで「まずは見せたい写真がある」と探していますが、今日もめがねをしていないので大変そうです。

 

しばらく経って三重さんは、幼稚園の卒園アルバムの写真を見せてくれました。

 

そこには、「お父さんのお嫁さんになりたい」と書いてあり、小村くんは「三重さんらしいな」と思いました。

 

その写真には、三重さんの小さい頃の写真もうつっており、小村くんは内心ドキドキしています。

 

この時何歳くらいなのか質問すると、5,6歳だという回答が返ってきました。

 

その頃は少し丸々していたので、三重さんは「写真は見せないよ」と隠しますが、小村くんはもうばっちり見ています。

 

小村くんはその写真を見たことは告げず、忘れたほうがよさそうだなと思いました。

 

三重さんに今の夢について質問すると、一瞬の間のあと、特にない、と返ってきました。

 

魚を飼ってみたい、みたいな願望はあるけど夢というのは分からないそうです。

 

でも幼稚園のときのように、「お嫁さんになりたい」というのはまだ思っているそうです。

 

もちろん相手はお父さんではない、と言われて小村くんは、自分は三重さんにとってお父さんみたいな存在だろうなと落ち込みました。

 

そして、三重さんが誰かと結婚するなんて想像したくないなと思いました。

 

三重さんは花嫁修行で料理をしていることを教えてくれました。

 

オムライスの写真をみせてくれたので、ケチャップで描かれている絵はなんなのか質問してみました。

 

すると写真を確認した三重さんは真っ赤になりながら、「なんでもない!いや、手!」と、かなり焦っています。

 

家に帰った小村くんは、幼稚園のアルバムを引っ張り出して、幼い頃の自分の夢を確認することにしました。

 

しかしそこには「かいしゃいん」と書かれており、小村くんはがっかりです。

 

この頃の記憶も、小学生の記憶もあまりなく、自分は三重さんのことを好きになってから自我が芽生えた人間だと自己分析しています。

 

晩ごはんの時間になり食卓につくと、メニューはオムライスでした。

 

なんの気はなしに、三重さんの写真でみたのを真似してケチャップで絵を描いてみます。

 

するとお母さんに、楓の絵?と聞かれます。

 

小村くんの下の名前は「楓」なので、楓の葉っぱの絵を描いたのか?と聞かれたのです。

 

そこで小村くんは、三重さんの描いていたケチャップの絵が楓の葉っぱに似ていることに気付きます。

 

真っ赤になりながら、いやあれは手の絵だと思い直す小村くんですが、三重さんがオムライスを作ってくれて、それを一緒に食べる2人の姿を想像します。

 

もしかしてこれが自分の「夢」なのかもしれないと思う小村くんでした。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

第59話

今日は調理実習の日です。

 

めがねをしている三重さんが、クッキーの生地をこねています。

 

班はくじ引きで決めたので、小村くんと三重さんは別の班になってしまいました。

 

小村くんはものすごく落ち込んでいます。

 

いつか食べたいものリストに、「三重さんのクッキー」を追加しました。もちろん「三重さんのオムライス」は追加済みです。

 

気にしないように努めますが、三重さんとイケメンの東くんの距離が近いことが気になって仕方ありません。

 

三重さんはクッキーの形をゲーセンのコインの形にしたいらしく、東くんにアドバイスをもらっています。

 

どんな形であっても小村くんは喜ぶだろうと東くんが言ってくれましたが、小村くんにあげることがなぜバレているのかと三重さんは不思議に思います。

 

自分が喜ぶクッキーについて話しているなんて知らない小村くんは、三重さんと東くんが仲良く話している姿にやきもきしています。

 

今度は八坂くんが三重さんに、今コインの形はやめたほうがいいかもしれないとアドバイスをしました。

 

小村くんが久々にゲーセンに行ったところ、メダルの期限が切れていて落ち込んでいたので、思い出させてしまうかもしれないという配慮のようです。

 

そんなことを話しているなんてつゆ知らず、八坂くんまで三重さんと楽しそうに話していることに小村くんはまたやきもきします。

 

三重さんは、いつもゲーセンで小村くんが何をして遊んでいるかを八坂くんに質問しました。

 

小村くんの知らない一面を知れて、三重さんはとても嬉しそうです。

 

結局、当初の予定どおりコインの形のクッキーを作ることにしました。

 

慎重に溝を掘っていると、「めがねをしていてもゆっくりなんだね」と東くんが言ってきます。

 

一方東くんは、鳥の形のクッキーを作っていました。隣に住んでいる大学生のお姉さんが、鳥が好きだそうです。

 

東くんはお姉さんのことが好きなのです。

 

「がんばってちゃんと言うよ」と東くんは教えてくれましたが、言わないといけないのかと三重さんは疑問に思います。

 

言わないと将来一緒にいれないかもでしょ、と東くんに言われて、ちょっと考えてしまう三重さんでした。

 

下校の時間になり、東くんと三重さんが仲良くなっていることに小村くんはショックを受けました。

 

三重さんが友達に、東くんは大人、と話しているのを聞いて、小村くんは辛くなってしまいます。

 

早く帰ろうと早歩きをしていると、後ろから三重さんが追いかけてきました。

 

呼ばれていることに全然気づかず、三重さんが小村くんにやっと追いついたのは学校の外でした。

 

そこで三重さんは、東くんに「めがねをしていてもゆっくりだ」と言われたことを小村くんに話します。

 

東くんの話が出てきたので、小村くんがそろそろ帰ろうかと言おうとすると、三重さんがぎゅっと手を握ってきました。

 

さっきの調理実習で作ったクッキーをくれたのです。小村くんは頬を赤く染めながらお礼を言いました。

 

三重さんは、「そのクッキーを小村くんに食べてほしかったのは、小村くんが」と何かを言いかけます。

 

小村くんは、何を言われるのかとどきどきして待ちますが、「おなか減ってるかなって」と言われて、三重さんって不思議だなと思いました。

 

「ゆっくりじゃだめかな」とつぶやく三重さんに、「それは悪いことじゃないよ」と慌てて伝えました。

 

ゆっくりの三重さんを置いていかないように、小村くんはゆっくり歩こうと決めたのでした。

 

第60話

家で小村くんは、前に見せてもらった5,6歳のときの三重さんの姿を思い出していました。

 

自分の幼いときはどんなだったのかなと気になった小村くんは、アルバムを見ています。

 

そこには、鉄棒で失敗したときの写真が貼られていて、お母さんをちょっぴり恨みます。

 

次の日学校で、小村くんのノートからひらりと写真が落ちました。

 

前の晩、写真がノートにはさまってしまっていたのです。

 

すぐにクラスメイトに見つかってしまいました。しかも鼻血が出ているときの写真です。

 

するとそこへ三重さんがやってきました。

 

三重さんも写真を見たがりますが、今日はめがねをしていないのでよく見えないようです。

 

どうしても見たい三重さんは、写真に顔を近づけてみてみますが、写真に唇が触れてしまいました。

 

写真が重要文化財になってしまった…と小村くんは内心思いました。

 

下校の時間になると、三重さんが一緒に帰ろうと誘ってきました。

 

最近よく一緒に帰っているので、他の人に変な誤解されないかなと心配する小村くんですが、一緒に帰ることにします。

 

三重さんから公園で遊ぼうと言われますが、遊ぶにはめがねが必要なので取りに行ってくると三重さんは家に帰っていきました。

 

放課後デートみたいだなと小村くんは思いました。

 

小さい頃の写真のように逆上がりをしてみると、全くできませんでした。

 

そんな中、三重さんが帰ってきました。めがねをしています。

 

せっかくめがねをかけているので、小さい頃の写真を見せてと言ってきました。

 

しょうがないので見せてあげようと思いましたが、三重さんの唇が触れた写真をどう扱っていいかわからず教室に置いてきたことを思い出します。

 

今写真を持っていないことを聞いて、三重さんはがっかりしました。

 

写真の逆上がりの話になり、つい逆上がりができると見栄をはってしまった小村くんは、逆上がりを見せることになりました。

 

1回は失敗してしまいましたが、2回目で成功し、その姿を三重さんはスマホで撮りました。

 

小村くんがびっくりしていると、その隙に三重さんは小村くんと三重さんのツーショットを撮りました。

 

他の人には見せちゃだめだよ、と三重さんは言いました。

 

今度は三重さんが逆上がりをすると言い出しました。

 

三重さんは制服姿のまま逆上がりに挑戦しましたが、失敗してしまいました。

 

そのときに、小村くんからはスカートの中がばっちり見えてしまい、中に短いズボンを履いていましたが、小村くんは鼻血を出してしまいました。

 

この先鉄棒と鼻血は切り離せない気がする、と予感する小村くんでした。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

第61話

小村くんと三重さんが一緒に下校しています。

 

三重さんが、雲の形がハートっぽいと言いながら空を見上げていますが、めがねをしていないのでかなりのしかめっ面です。

 

そこへ通りがかりの男子が三重さんのことをブスだとからかって去っていきました。

 

思わず小村くんは追いかけようとしますが、追いかけてどうするんだと思い直します。

 

しかし、内心はおもしろくありません。

 

無言の三重さんに何かフォローで言った方がいいのかと迷いますが、かわいいよだなんて言える小村くんではないので悩みます。

 

余計なことを言うよりは黙っておいたほうがよいかと考えていると、三重さんが「ひどいよね」と言ってきました。

 

小村くんが返事に困っていると、小村くんが怒ってくれたからいい。と赤い顔で三重さんが言い足しました。

 

それを聞いた小村くんは、真っ赤になってしまいました。

第62話

突然の雨で、小村くんと三重さんは雨宿りしています。

 

結構濡れてしまったので、三重さんの制服が透けていたらどうしようかと小村くんは目を逸らしています。

 

こっちを向いてと伝えても目を逸らしている小村くんに、服は大丈夫だよと三重さんが教えてくれました。

 

透けていることを気にしているのがバレてしまったのかと小村くんが恥ずかしがっていると、キャミソールを着ているから大丈夫と申告してきます。

 

さらに意識してしまう小村くんですが、三重さんはどうしてこっちを見てくれないのか分かっていません。

 

いっそのこと叱りたい!とまで思ってしまう小村くんでしたが、半そでの裾を引っ張られ、三重さんから「こっち見て、おねがい」と頼まれます。

 

ちらっと三重さんのほうを見てみると、そこにはスクールバッグを抱えて前を隠す三重さんがいました。

 

これならいい?と質問する三重さんに、ちょっと複雑な気持ちで「うん」と返事をする小村くんでした。

 

第63話

ある日、三重さんが見慣れないめがねをしていました。

 

小村くんが新しいめがねなのか質問すると、伊達めがねだという答えが返ってきました。

 

かわいいから買ったそうなのですが、今日は間違えてかけてきてしまったそうです。

 

めがねをかけているものの、ほとんど見えないということです。

 

三重さんは自分の伊達めがねをはずすと、小村くんのほうを見てきました。

 

戸惑っている小村くんに、その伊達めがねをかけてほしいと言ってきます。

 

今の今まで三重さんがかけていためがねをかけることにドキドキしていると、三重さんが心配そうに汚くないよと伝えてきます。

 

そんなことを言われたらかけないことにはいかない小村くんは、勢いで三重さんの伊達めがねをかけました。

 

もっとちゃんと見たいので自撮りを送ってくれと三重さんに頼まれて、教室で自撮りはできないと断る小村くんですが、伊達めがねを持って帰ってもいいと食い下がる三重さん。

 

小村くんに伊達めがねを持って帰ってもらうためにめがねケースを開けると、そこには忘れたはずの(度が入っている)めがねが入っていました。

 

三重さんはめがねをかけてにっこりしながら、伊達めがねの小村くんを観察しました。

 

恥ずかしがって取ろうとする小村くんと、それを許してくれない三重さんでした。

第64話

休み時間に席で熟睡している三重さんを、隣の席からこっそり小村くんが見ています

 

すると小村くんも少し眠くなり、寝ることにしました

 

しかしもぞもぞと三重さんが動くので、机の上にあっためがねがぽろっと落ちてしまいました。

 

小村くんはそれを間一髪でキャッチします。

 

小村くんは三重さんのめがねを触ってしまったことにあわてますが、とりあえず机の中にしまっておくことにしました。

 

そしてもう一度寝ようと机に突っ伏したところで、同じく机に突っ伏した三重さんがこちらを見ていることに気が付きました。

 

目が合いびっくりする小村くん。

 

三重さんはちょっと照れた顔で「おやすみ」と言ってきました。

 

第65話

今日は三重さんがめがねをかけています。

 

髪の毛を束ねようとしているときに、髪ゴムを落としてしまいました。

 

それを小村くんが拾ってあげると、髪を結んでくれないかと言ってきました。

 

やったことないので断ると、「なにごとも挑戦あるのみ」とお願いしてきます。

 

三重さんのその考え方は大好きですが、小村くんは困ってしまいます。

 

結局小村くんは挑戦することになりました。

 

痛くないか何度も確認する小村くんに、緊張しすぎだと三重さんは答えます。

 

普段は結構お母さんがやってくれるそうです。

 

髪の毛が完成すると、鏡を見ながら「毎朝こうだったらいいのに」と三重さんが言ってきました。

 

毎朝俺が結ぶってこと?という問いに、うん、と答える三重さん。

 

学校で?という問いに、ううん、と答える三重さん。

 

「いつかね」と三重さんは付け足しますが、小村くんに真意は伝わっていなさそうでした。

第66話

授業中、小村くんと三重さんは机をくっつけて1冊の教科書を2人で見ています。

 

三重さんはめがねをしていないのでよく見えず、教科書に顔をくっつけるようにして読んでいて、髪の毛がふわっと小村くんに当たりました。

 

小村くんはその髪の毛のやわらかさに感動します。

 

ふわふわで、キラキラで、たまにシャンプーのようないいかおりのする三重さんの髪の毛はすごいなと内心思っていました。

 

授業が終わると、クラスの遠山さんが三重さんを連れて行きました。

 

帰ってきた三重さんの髪の毛は編み込まれていて、あまりに可愛さに小村くんはびっくりです。

 

どうやら遠山さんが三重さんの髪の毛をアレンジしてくれたようでした。

 

ついガン見してしまった小村くんですが、三重さんはめがねをしていないのでバレていないだろうと思いました。

 

しかし実は、小村くんの視線に気付いている三重さんでした。

 

今日の体育は水泳です。プールサイドで小村くんは、どうしても三重さんを見てしまいます。

 

それは三重さんの髪型が可愛いからであって、けっして水着姿だから見ているわけではない…と自分に言い訳をする小村くん。

 

みんなが水泳帽をかぶるときに、三重さんはちょっと戸惑っています。

 

どうやら可愛い髪型を崩したくなくて、帽子をかぶるのに抵抗があるようです。

 

そんな姿を凝視している小村くんに、クラスメイトの男子がちょっぴり引いています。

 

プールの授業が終わると、三重さんの髪型は少しぼさついてしまいました。

 

それでも、まだ髪の毛を結んだままでいます。

 

給食を食べているときにごはんつぶがついていることに気付いた小村くんは、教えてあげました。

 

三重さんのことを観察しているみたいになってしまったので、もう見ないようにしようとする小村くんですが、三重さんは髪ゴムを取って髪型を戻してしまいました。

 

また遠山さんが髪型をアレンジしてくれないかなと小村くんは思いました。

 

午後の授業始まると、2人はまた一緒に教科書を見ています。

 

三重さんの髪の毛は、さっきまで結んでいたからかまだ濡れています。

 

三重さんが教科書に顔をくっつけて読むせいで、小村くんの教科書はしわっとしてしまいました。

 

それに気づいた三重さんは謝り、髪の毛を結んでおこうかなとつぶやきます。

 

それを聞いて小村くんは思わず、遠山さんはあそこにいるよと言いましたが、三重さんはすでに自分で髪の毛を結び始めていました。

 

さっきの髪型を意識しているのがバレバレだということに気づいた小村くんは目をそらしますが、三重さんは何か言いたげにこちらをじっと見ています。

 

三重さんは遠山さんに頼んで、さっきの髪型に戻してもらいました。

 

視線というのは見えるものではなくて感じるものなのだなあと実感する小村くんなのでした。

第67話

小村くんと三重さんが下校しています。

 

三重さんから何の魚が好きなのか聞かれて、小村くんは鮭と答えました。

 

三重さんはダンゴウオが好きだそうで、食べる魚の話ではなかったことに小村くんは気付きます。

 

三重さんはメンダコも好きだと言い、「メンダコには言える」とつぶやきます。

 

三重さんの仲良しの子たちは部活があるので一緒に帰れないようですが、今日もまた三重さんと帰ってもいいものなのか小村くんは考えました。

 

でも自分は、ずっと隣の席のお父さんみたいな立ち位置のクラスメイトなんだよなと思い少し落ち込みます。

 

そんなとき三重さんが「小村くんはどんな服が」と何かを言いかけました。

 

しかし最後までは言い切らず、小村くんと三重さんはそこで別れました。

 

三重さんの家が学校から近いので、一緒に帰る時間も一瞬で過ぎてしまうなあと小村くんが残念に思っていると、三重さんのことを呼び止める男の子の声がしました。

 

思わず来た道を戻り様子を見に行くと、そこには制服姿の男の子が立っています。

 

もしかしてナンパかな?と思った小村くんは、めがねをかけていない三重さんが相手の顔を至近距離で確認するのではないかと心配しましまた。

 

しかし、「お名前は?」と三重さんが聞いたので内心ほっとしています。

 

その男の子は三重さんの小学校の同級生のようです。

 

ナンパではなく知り合いだと分かった小村くんは帰ることにしましたが、その男の子の表情が三重さんのことが好きそうなのでちょっと気になりながら家に帰りました。

 

次の日も、三重さんはめがねを忘れて学校に来ています。めがねをどこに置いたか思い出せないそうです。

 

その日も机をくっつけて一緒に教科書を見て授業を受けました。

 

授業が終わると、三重さんは何か考え事をしています。

 

昨日会った小学校の同級生の顔がどうしても思い出せないそうです。

 

小学生の頃からめがねを忘れがちだったから、という理由を聞いた小村くんは不安になります。

 

今小村くんと過ごしている時間の大半も、三重さんはめがねをしていないので、いつか自分のことを忘れてしまうのではないかと思ったのです。

 

小村くんが廊下を一人で歩いていると、先生が重そうな荷物を運んでいました。

 

小村くんが手伝おうとすると、そこにクラスの女の子の火渕さんが来て、1つずつ荷物を持つことになりました。

 

火渕さんはコンタクトをしているそうで、それがずれて痛がっています。

 

小村くんが、火渕さんはコンタクトを忘れることがあるのかと質問したところ、火渕さんは「三重さんの話?」と言ってきました。

 

三重さんがめがねを忘れるのは、めがねがそんなに重要じゃないからなのかなと火渕さんは推理します。

 

三重さんにとってお父さんみたいだよねと火渕さんに言われて、小村くんは落ち込みます。

 

きっかけがあれば忘れなくなるかも、と火渕さんに言われて、小村くんはちょっと考えこみます。

 

下校時間になり、小村くんと三重さんは今日も一緒に帰っています。

 

先生から、もうすぐ夏休みだけど受験生であることを忘れないようにと言われたので、その話をしています。

 

夏休みに勉強しなきゃという小村くんに、三重さんはあまり遊びに行けないのかとあわてます。

 

家族と旅行くらいかな、という返事を聞いて、三重さんはがっかりしました。

 

受験のときにめがねを忘れちゃダメだよ、と三重さんにいうと、テストのときは予備も持っいるから大丈夫だと答えます。

 

三重さんがめがねを忘れないようになれば、自分のことも覚えていてくれるのかなと小村くんは思いました。

 

次の日、今日は終業式です。三重さんはめがねをしています。

 

友達と服を買いに行って試着をしたときに、お店にめがねを忘れてしまったのを思い出したようです。

 

三重さんは、卒業アルバムを見たら小学校の同級生の男の子の顔も思い出したよと教えてくれました。

 

小村くんは少しドキドキしながら、どんな子だったのか聞いてみました。

 

めがねを忘れたときにからかってくるような、小村くんとは真逆の男の子だったといいます。

 

それを聞いて小村くんは、三重さんがめがねを忘れなくなったらむしろ自分は忘れられてしまうのかもしれないなと思いました。

 

どうしたら三重さんに覚えておいてもらえるのか考えてしまう小村くんでした。

 

第68話

小村くんは、一緒に帰ろうと三重さんを誘いました。

 

明日から夏休みです。言いたいことがあって「あの」と切り出そうとすると、三重さんとかぶってしまいました。

 

小村くんは三重さんを公園に誘いました。

 

鉄棒で逆上がりに挑戦しようとした三重さんでしたが、スカートなのでやめにします。

 

気を取り直してブランコをしようとする三重さんですが、やはりスカートなので小村くんは止めます。

 

三重さんはすべり台をすべることにしました。

 

そのすべり台は、階段をあがると少し小さい部屋があり、そこからすべるようになっています。

 

三重さんは階段を登り、小村くんも上がってくるように言いました。

 

狭いことを気にする小村くんですが、三重さんに座るように言われたので座ることにします。

 

狭い密室の中、三重さんは「これより顔を見ます」と宣言します。

 

これは拷問だ、死刑判決だ、と思ってしまうほどに緊張する小村くんですが、明日から休みだからと言われてしまうと仕方ありません。

 

三重さんは小村くんの頬に手を添えて、じっと顔を見つめます。

 

「小村くんも、手」とうながされて、三重さんの頬に両手を添えました。

 

2人は見つめ合いました。蝉の鳴き声が聞こえます。

 

三重さんに見つめられるのが分厚いレンズごしでよかった、きれいな目で見つめられるだけでよかった、と思う小村くんですが、同時に、それだけでは満足できなくなっている自分に気づきます。

 

しばらくすると、三重さんがぱっと手を離し、「おしまい」と言ってきます。

 

三重さんは、前に2人で撮った写真を送ってくれました。

 

小村くんは自分の姿を見て、汗をかいていることに恥ずかしさを感じますが、三重さんはにこにこと笑っています。

 

こうして写真になっていれば、三重さんは自分のことを忘れないかもしれない、と小村くんは思いました。

 

公園から帰ろうとしたときに、夏休み中自分のことを忘れないでほしいと三重さんがいってきました。

 

小村くんは勇気を出して、帰ろうとする三重さんの手をつかみます。

 

三重さんのことを忘れたくないし、思い出にしたくないし、ずっとずっと見ていたいと思いました。

 

三重さんがめがねを忘れても、忘れなくても、隣にいる努力をしないとダメなんだと思いました。

 

明日も三重さんの顔を見たい、と勇気を出して伝えた小村くんに、三重さんは嬉しそうに笑って、「うん」と答えました。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事