捨てられた転生賢者 全巻無料で読む方法紹介!最終回完結した?面白い?原作漫画打ち切りではない!

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『捨てられた転生賢者』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。 

Contents

『捨てられた転生賢者』は漫画アプリ『マガポケ』で全巻無料で読める?原作漫画打ち切りではない

いきなり、結論です。

 

『捨てられた転生賢者』はこちらの講談社が運営する漫画アプリマガポケにて無料で読むことができます。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マガポケ』では、『捨てられた転生賢者』をこのように全巻無料で公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『捨てられた転生賢者』を読みたい方は『マガポケ』を使う方法が最もお得です。

 

『マガポケ』は、講談社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

また他にも『マガポケ』では、以下のようなメディア化された有名マンガをタダで楽しむことができます。

  • 進撃の巨人
  • フェアリーテイル
  • 新宿スワン
  • ドメスティックな彼女
  • ダイヤのA
  • DAYS
  • ザ・ファブル
  • 頭文字D
  • ベイビーステップ
  • ホームルーム
  • ちはやふる
  • トモダチゲーム
  • カイジ
  • Dreams
  • 十字架のろくにん
  • 可愛いだけじゃない式守さん
  • お願い、脱がシて。
  • 復讐の教科書
  • ハコヅメ~交番女子の逆襲~
  • デスティニーラバーズ
  • 島耕作
  • はじめの一歩
  • 食糧人類
  • 神さまの言うとおり
  • 監獄学園(プリズンスクール)
  • ランウェイで笑って
  • 七つの大罪
  • カメレオン
  • ドラゴン桜
  • 砂の栄冠
  • のだめカンタービレ
  • 亜人
  • 鬼灯の冷徹
  • ジパング
  • 天空侵犯
  • ハレ婚。
  • マイホームヒーロー
  • ナニワトモアレ
  • 満州アヘンスクワッド
  • 僕たちがやりました
  • 親愛なる僕へ殺意をこめて
  • 四月は君の嘘
  • カッコウの許嫁
  • ライアー×ライアー
  • GIANT KILLING
  • コウノドリ
  • RAVE
  • PとJK
  • 彼岸島
  • 君のいる町
  • 好きっていいなよ
  • エリアの騎士
  • いぬやしき
  • シャーマンキング

などなど…

 

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

オススメ漫画アプリ紹介

漫画アプリに関していうと、集英社が運営するマンガMeeや双葉社が運営するマンガがうがうも特にオススメです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • ヒロイン失格
  • ハニーレモンソーダ
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • 俺物語
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • ごくせん
  • アシガール
  • 椿町ロンリープラネット
  • NANA
  • アオハライド
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • 乙女椿は笑わない
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • これは経費で落ちません
  • ハル×キヨ
  • 悪魔とラブソング
  • 雛鳥のワルツ
  • きょうは会社休みます
  • ストロボエッジ
  • デカワンコ
  • 高台家の人々
  • G線上のあなたと私
  • ママレード・ボーイ
  • 菜の花の彼-ナノカノカレ-
  • 花より男子
  • 消えた初恋
  • 銀魂
  • 宇宙を駆けるよだか

などなど…

 

『マンガがうがう』で無料で読める主な作品一覧
  • 監獄実験プリズンラボ
  • 復讐の未亡人
  • 王様ゲーム
  • クレヨンしんちゃん
  • ミイラの飼い方
  • 漂流ネットカフェ
  • 復讐教室
  • 走馬灯株式会社
  • ミスミソウ
  • orange
  • 恋空
  • オオカミ王子の言うとおり
  • 京都寺町三条のホームズ
  • リベンジH
  • クラス転移で俺だけ…
  • 進化の実
  • 魔王様、リトライ
  • 小林さんちのメイドラゴン
  • 異世界召喚は二度目です
  • 勇者パーティーを追放された白魔導師
  • 勇者パーティーにかわいい子がいたので、告白してみた

などなど…

また異世界系や令嬢系の漫画も豊富に読めます!

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『捨てられた転生賢者』あらすじ紹介!

 

あらすじは以下の通りとなっています。

 

有名な賢者であるメルクレスは寿命で命を落とす前、転生魔法を使って生前の記憶を宿した状態で生まれ変わろうとしていたのです。

 

しかし、赤子として生(せい)を受けるも実力がない事を理由に魔物が生息する森に捨てられます。

 

そこへゴブリンの親子に助けられ、賢者はベラムスの名前を与えられ、ゴブリン達と共に過ごしていたのです。

 

しかし、オークの侵攻等様々な困難が襲い掛かってきます。

 

そんな中、ベラムスは生前の魔法を村や仲間のために使っていく物語です。

『捨てられた転生賢者』は面白い?見どころ紹介!

見どころ① ベラムスの成長

見どころの1つ目はベラムスの成長です。

 

元々有名な賢者だったらベラムスですが、転生魔法によって子供として転生しました。

 

魔法自体は使えますが、子供なので全盛期よりは弱い感じとなっています。

 

しかし、戦いの中で成長していて、子供だと言う事もあるので伸びしろは十分となっている状態です。

 

それ故にベラムスの成長も見どころとなっています。

見どころ② 村の拡大

見どころの2つ目は村の拡大です。

 

最初はベラムスとゴブリンが住んでいる村でした。

 

その後、オークを始めとした多くの種族が住み着くようになりました。

 

その事で食料や住む場所等で問題が起こったりします。

 

それ故にベラムス主導で村を大きくしていく事になっていきます。

 

どんな感じに拡大するのかが見どころとなっているのです。

見どころ③ 異種族同士の仲

見どころの3つ目は異種族同士の仲です。

 

村には最初はゴブリンだけですが、オークを始めとした種族も入るようになりました。

 

特にゴブリンとオークは最初お互いに言葉が通じませんでした。

 

それ故にすれ違いがありました。

 

それでもベラムスの協力等もあって、歩み寄ったりします。

 

そこも見どころとなっています。

 

『捨てられた転生賢者』登場人物紹介!

登場人物は以下の通りになっています。

 

漫画版の8巻までに登場した人物と情報のみとなっています。

ベラムス

本作の主人公で生前は有名な賢者メルクレスだったが、老衰(ろうすい)で命を落としてしまいました。

 

しかし、命を落とす前に転生魔法を使って生前の記憶を持ったまま未来へと向かうも、魔法の力を持つ者は家を継ぐに相応しくない理由で父親のレネストの指示で魔物が生息している森に放置されたのです。

 

その後、ゴブリンのアレサとデラロサに発見されるも生を受けたのには何らかの理由があると言う理由で拾われ、育てられました。

 

生前様々な事を雑学として記憶していて、多種類の魔法を操る事が出来、それを生かして魔物と戦ったり、村の発展をさせたりします。

 

剣もそれなりに得意としてます。

 

生前が老人だったせいか、口調も老人口調となっています。

 

名付けたのは村長で、意味は偉大な者。

 

絵的センスは微妙。

 

使える魔法は身体能力強化、ライト、ライトアロー、ロックブラスト、マジックハウス、モールウェイブ、スモールクラウド、ウォーターキャノン、ライトソード、ダークミスト、ダークヴィジョン、探知魔法(マジックソナー)、シャイニングクロス、魔法障壁、シャイニングソード、シャイニングハンマー、バインド、ヒーリング、メテオ、フリーズブレス、ライトレイン、アイスウォール、アイススピア、最強の技はセイントブレイカー。

ヘレルダイン

ベラムスの生前の友人。

 

彼には魔法を始め、如何なる事でも勝てなかったので次第に憎み始めました。

 

そしてベラムスが命を落としたと共に禁断の魔法で未来へと向かったのです。

 

村を破壊してベラムスを苦しめるために、レギオンアントのアント・コアを支配して大部分のレギオンアントを支配しました。

 

魔法を使えなくさせる魔封液(まふうえき)やダークブレイズ、アビスブラスターと言った闇の魔法を使ってベラムスを苦しめるもデラロサ達や仲間の頑張りで奮起したベラムスに敗北します。

 

敗北後、ベラムスからアーシェを射止めた事に関しては勝っていたと告げられ、成仏しました。

アーシェ

生前のベラムスの友人。

 

ヘレルダインに好意を寄せていて、後に結婚しました。

レネスト・アストレアス

ベラムスの父親で彼を捨てるように命じた張本人。

 

アストレアスの民衆を大切にしている人格者だが、家のためだったらどんな事でもする非情な一面があります。

 

ベラムスの後に生まれた子供がしょうもなかったので、バースの入れ知恵によってベラムスを奪還するためにリザを派遣しました。

 

やがてリザが偽りの報告をした事、バースの進言によって軍勢を派遣する事にしました。

 

リザに寝返ったように見せかけて扉を開かせるように指示するも、彼女に反旗を翻されると共にベラムスの攻撃によって息を引き取ったのです。

リザ・ルドレス

レネストに仕えている女騎士。

 

騎士らしく生真面目で騎士道精神を持っています。

 

レネストの命令で村に向かう途中、魔物の襲撃で負傷したが何とか辿り着き、ベラムスに助けられます。

 

最初魔物は邪悪だと信じ切っていたが、村にいる魔物と交流した事で優しい者もいると判断しました。

 

剣の腕前はかなりのもので、ナバーシャと互角に渡り合えます。

 

ベラムスとの会話後、何としてもベラムスを連れ戻そうとし、事と次第によって軍勢を差し向けるつもりのレネストと決して戻ろうとしないベラムスの間で苦悩。

 

最終的に二度目のベラムスとの話し合いで、既に亡くなっていたと言う事でレネストに報告するもバースに見抜かれてしまい、レネストの軍勢と共に村に向かいます。

 

そしてレネストから降参した振りをして村の扉を開けるように命じられるも、本当に裏切ってベラムス側につきました。

 

その後は元仲間にこちら側につくように説得したり、自ら剣を振ったりしました。

 

戦後、ベラムス達の村に住むことになったのです。

アンバス

レネストの友人で騎士だったが、表向きはベラムスを連れ去ったと言う理由で拷問の末に命を落としました。

 

実際はベラムスを捨てに行ったのです。

パラオン

レネストに仕える老騎士で彼に信用されていました。

 

リザの説得を受け、彼女につく事にし、自ら槍を振るっていく事で他の兵士達を味方に引き込んだのです。

 

戦後、もうこの地に攻め入らない事をベラムスと約束しました。

村長

ゴブリンを纏めている村長で、ベラムスの名付け親。

 

種族はゴブリンからホブゴブリンに進化。

 

ベラムスと同じようにオークの言葉も喋れます。

 

ヘレルダインとの戦い後、村長の座をベラムスに譲ったのです。

アレサ

ベラムスとデラロサの母親。

 

種族はゴブリンからホブゴブリンに進化。

 

ベラムスを拾った張本人で、デラロサと同じように可愛がり、実の息子のように思っています。

 

夫は魔物との戦いで他界しています。

 

怒ると怖いです。

デラロサ

アレサの娘でベラムスの姉。

 

種族はゴブリンからホブゴブリン、マジックゴブリン、ウィッチゴブリン、ハイセージゴブリン

 

元気で明るく活発な性格をしていて、自分を妹のように見てくるベラムスに偶に不満を抱いたりします。

 

魔法に関しては天性の才能があり、ベラムスの魔法を見ただけでライト、ロックブラスト、ファイアーボール等幾つかの魔法を会得(えとく)しました。

 

まだ子供なので伸びしろはあります。

メデーロ

デラロサと親しい女性のゴブリン。

 

種族はゴブリンからホブゴブリン、マジックゴブリンに進化。

 

おっとりしていて優しく、遠慮しがちな部分があります。

 

デラロサと同じように魔法を扱えます。

パンケ

ゴブリンの男性で、ゴブリンの中では一番筋肉がある。

 

種族はゴブリンからホブゴブリンに進化。

ナバーシャ

デラロサと親しい女性のゴブリン。

 

種族はゴブリンからホブゴブリン、ソルジャーゴブリンに進化。

 

男勝りで責任感が強く活発な性格をしていて、剣を使った戦いを得意としています。

ウゴー

メデーロの兄のゴブリン。

 

種族はゴブリンからホブゴブリン、ソルジャーゴブリンに進化。

 

剣を得意としています。

デム

男性のゴブリンで弓矢に長けたソルジャーゴブリンに進化しました。

シラハム

女性のゴブリンで魔法に長けたマジックゴブリンに進化しました。

キング・ライドス

オーク達を纏める王であり、巨大な剣を武器にしていて、ゴブリンの村から食物を搾取しようとしました。

 

凶暴な性格をしていて、従わない者は容赦なく始末しようとします。

 

駆けつけたベラムスによって倒されたのです。

バルボラ

ライドス亡き後、オーク達を取りまとめています。

 

種族はオークからハイオーク、スケイルオーク、ドラゴンオークに進化。

 

ライドスが命を落とした後、仲間達と共にベラムスに忠誠を誓うも、一度仲間と共に謀反を起こしました。

 

しかし、ベラムスに鎮圧されて再び従いました。

 

元々小心者だったが、次第にベラムスのために戦う勇気を持つようになりました。

ライドル

ベロニカ村を収めるジェネラルオークで、ライドス並みの体格を持っています。

 

ベラムスと話し合いを行い、村の女性を村に連れていく事を許可しました。

エレンシー

アルラウネを率いている女性のエレンシー。

 

魔法を扱い、頭もよく、ベラムスのために色々協力したりします。

 

レギオンアントの軍団に追われて仲間と共にベラムスの村に逃げてきて、保護されたのです。

 

ヘレルダインとの戦い後、住むようになりました。

メディナ

レギオンアントを束ねるクイーンアント。

 

知能が高く、礼儀正しい性格をしています。

 

ヘレルダインに支配された同胞に追われていたが、デラロサ達と遭遇し、アント・コア奪還のために動きました。

 

奪還後、仲間になったのです。

 

風の魔法で相手を切り刻むウインド・スラッシュが必殺技。

ラグナー

メディナの副官的存在のジェネラルアント。

ルース

巨大な姿をしているとても強いジェネラルアント。

ヘレルダインが負けたと共に消滅しました。

リーリー

インプを率いている女性で様々な言葉を話せる知能を持っています。

 

過去に親切にされたこともあり、人間には好意的。

 

意外に家事が得意。

 

プライドが高い一面があるも、下僕になったら平気でプライドを捨てたりします。

 

魔法を扱うも最初は詠唱(えいしょう)しないと放てないが、ベラムスの指導で無詠唱で繰り出せるようになりました。

 

元々北の森に棲(す)んでいたが、戦闘力の弱さ故に西の森へと逃げてきて、ベラムス達の村を乗っ取ろうとするも彼に敗北します。

 

その後、封印の書からベヒーモスを出して支配しようとするも支配しきれず、ベラムス達が撃破してくれたのでベラムスの下僕になり、他の仲間も村に住むことになりました。

リージー

リーリーの弟で姉とは違って慎重な性格をしています。

アミルドレ

ベラムス達が住んでいる森を管理している女性で姿は人間だが、正確な種族は不明。

 

リザードマン達を従えています。

 

他の魔物にも本音を見せない狡猾(こうかつ)な一面を見せていて、ベラムス達に試練を与えようと配下を差し向けるも真意は不明。

クラーク

アミルドレに従う執事服を着ているリザードマン。

 

頭が良く、相手の情報を集めていく事で様々な作戦を思いつきます。

バース

クラークに従っているエンペラーリザードマン。

 

物腰柔らかく丁寧な対応をし、敬語で喋ります。

 

人間の姿になる事も出来、クラークの指示でバース・ロバートソンと言う人物になり、レネストに様々な入れ知恵をしたり、兵力を与えたりして暗躍します。

 

レネストが命を落とした後は司令官として指揮を執り、生き残ったレネストの兵士達、同族のリザードマンを始め、オーガ、ライカンスロープ、サキュバス等を差し向けたのです。

 

斧を扱い、ライト、ドラゴンフレイムと言った魔法を扱い、時には人質を取る事もします。

 

追い詰められてメデーロを人質にとるも、ベラムスが自らの血で発動させた転生魔法で無理矢理転生させられる形でやられました。

 

『捨てられた転生賢者』は最終回完結したのか?

 

最終回完結したのかについては漫画版は完結しましたが、書籍版はまだ話は続いています。

 

漫画版は書籍版で言うところに2巻分まで描かれています。

 

書籍版ではまだまだ話は続いている状態です。

 

漫画版でも話自体は終わっていても、ベラムス達の物語は続くと言う感じで終わっています。

 

漫画版を読んでいた人は続きが知りたいなら、書籍版の方を読むことをお勧めします。

 

ただ作者の未来人Aさんは書籍版の2巻から内容をある程度変えているので、2巻から購入した方がいいかもしれません。

『捨てられた転生賢者』アニメ化情報!

アニメ化についてですが、まだその予定はありません。

 

あるかもしれないし、無いかもしれません。

 

あったとしたら全12話くらいになるのではないでしょうか。

 

そして内容はベラムスが拾われてから、かつての友であるヘレルダインを撃破するまでが描かれると思いますので漫画版の4巻の途中くらいまでになるのではないでしょうか。

 

その辺りがキリがいいので、そうなるんじゃないかなと思います。

『捨てられた転生賢者』作者・未来人Aとは?

作者は未来人Aさんです。

 

書籍化作家である事以外の事は不明となっています。

 

「捨てられた転生賢者~魔物の森で最強の大魔帝国を作り上げる~」以外にも「転生貴族、鑑定スキルで成り上がる~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~」を始めとした小説を執筆しています。

 

しかも未来人Aさんが執筆した作品はどれも漫画化、書籍化として発売されているのです。

 

それ故に書籍化作家の名は伊達(だて)ではないと言えます。

 

これで「捨てられた転生賢者~魔物の森で最強の大魔帝国を作り上げる~」についての説明は終わりとなります。

 

この記事を見て、この作品の事が分かってもらえると嬉しいです。

 

『捨てられた転生賢者』読者の評価や感想は?

 

『捨てられた転生賢者』序盤ネタバレ紹介!

第1話「転生賢者、ゴブリンに拾われる」

ある世界では一人の有名な賢者が命を落とし、多くの者達が彼が命を落とした事に悲しんでいました。

 

しかし、賢者は転生魔法と言う生前の事を覚えた状態で、再び生(せい)を受ける魔法を密かに作り出していて、それによって再び赤ちゃんとしてこの世に生まれ落ちました。

 

誕生したものの、凡才だったので誕生自体無かった事にされ、魔物が生息している森林に置き去りになったのです。

 

そんな中、ゴブリン母子が現れ、赤ちゃんを回収して去っていきました。

 

それから5年の月日が流れ、赤ちゃんも5歳の男子となり、名前はベムラスとなっていて、ゴブリン達のために働いていたのです。

 

ベラムスは自分を拾ってくれた母親のゴブリンのアレサ、彼女の娘で姉に当たるデラロサを始め、多くのゴブリン達に育てられたのだが、今のゴブリン達の貧しい暮らしに不安を抱いていました。

 

同時に面倒を見てくれた彼らに貢献(こうけん)するために、密かに魔法の特訓を行っていたのです。

 

それをデラロサに見られてしまったので、魔法の原理を教えます。

 

デラロサは興味を持つも、ベラムスはゴブリンは魔法を会得(えとく)出来はしないと断言しました。

 

その理由はゴブリンが持っている魔力が多くないからで、魔法を会得するにはホブゴブリンにならないといけないのだが、勝手にそんな事をするわけにもいかなかったのです。

 

それ故に何とか辞めさせようとするベラムスだが、デラロサは聞く耳を持ちませんでした。

 

そんな中、大きな剣を持っているオークが大軍を引き連れて村に現れます。

 

村長が交渉に応じると大きな剣を持っているオークであるライドスはこの場所は自分達の土地に決まったから、肉をメインとした食料を10袋準備するように命じます。

 

村長は拒否したので、ライドスは力ずくで言う事を聞かせるためにメデーロと言う女の子のゴブリンを始末させるように部下に命じたのです。

 

そこへベラムスが現れて、ロックブラストと言う石礫を放つ魔法をライドスの部下に浴びせました。

 

ライドスは剣を振り下ろすもベラムスは左拳で軽々と受け止めたのです。

 

今の彼は身体能力を上げる魔法をかけていて、剣を木っ端微塵(こっぱみじん)に砕くとライトアローと言う光の矢を放つ魔法でライドスの腹部を貫通させて始末します。

 

そしてベラムスはオークの特性を理解していたため、自分の配下に下るように言って追い返したのです。

 

村に平和が訪れたのだが、今回の一件からベラムスはゴブリン達を強化する事に決めます。

 

そして時が経ち、ゴブリン達はホブゴブリンへと強化されたのです。

 

ベラムスが用意したアロースパイダーを召し上がったのと、強化したいと言う強い意思がそうさせたのです。

 

しかし、ベラムスにとってはまだ序の口だったのです。

第2話「ベラムスの魔法教室」

村長に頼まれたベラムスは皆に魔法の指導をする事になりました。

 

まず最初はライトを覚えさせる事にしたベラムスは光を想像し、それが出来たら言葉として言うように指導。

 

しかし、皆悪戦苦闘していました。

 

そんな中、やる気だったはずのデラロサはやる気を出していなかったので、ベラムスは咎(とが)めました

 

その理由はデラロサはオーク達との戦いでベラムスが使っていたロックブラストを既(すで)に会得していて、ライト自体も会得していたので退屈だったのです。

 

実際にロックブラストを使用して、一人のゴブリンの家を壊してしまいます。

 

更にライトアローを使おうとしたら、魔力切れで使えなくなります。

 

一先ず、壊れてしまった家を直す事になりました。

第3話「賢者のリフォーム術」

ベラムスは村の家を全て新しいのに変えるために、オーク達を呼びよせて家を片っ端から破壊させていきます。

 

しかし、オーク達がつい最近攻め入って来たのもあり、ゴブリン達はいい気分ではありませんでした。

 

そんな中、ベラムスはマジックハウスと言う魔法を発動させ、石で出来た家を生み出します。

 

デラロサもやろうとしたら、すぐに魔力が無くなりました。

 

面白くなくなったデラロサは亡き父親やアレサと自分が手形をつけた板を探すも、見つかりませんでした。

 

その板は1人のオークが持っていて、デラロサは返却を求めるも言葉が通じず、返して貰えなかったのです。

 

それ故に力づくで取り返そうとしたので、一触即発の事態になりかけます。

 

そんなこんなで全ての家が出来上がり、ベラムスは少しでも彼らが仲良くなるようにオーク達に持ってこさせ、煙突や玄関に飾られた光集石(こうしゅうせき)にライトを投げて当てる事で輝かせます。

 

ベラムス達の家にはデラロサ達の手形がついた板がありました。

 

板を運んでいたオークは重要な板と気づけなかったと言ってデラロサに謝罪し、ベラムスも板を木っ端微塵にしないように頼んでいたとフォローします。

 

話を聞いたデラロサは許したのです。

第4話「毒の実農業革命」

ある日、ゴブリン達とオーク達は食料の事で揉めていました。

 

ベラムスが間に入った事で何とか収まるも、このままではいけないので食料を作る事にしました。

 

それ故にデラロサやメデーロ達とある木の実を見つけ、採取して村へと持ち帰ったベラムス達。

 

持ち帰った木の実はメルーンの実であり、強い猛毒があるのでアレサ達は反対します。

 

皆の反対を押し切ったベラムスはモールウェイブで畑を作り、メルーンの実を埋めるとスモールクラウドとウォーターキャノンを使って畑の部分だけ雨を降らせます。

 

後日、実が出来たのでデラロサ達は食べてみると、とても好評でした。

 

スモールクラウドとウォーターキャノンによって降った雨には毒があり、それによって育てる実に備わっている毒を無くす効果があるのです。

 

そんな中、バルボラ率いるオークは謀反を起こそうとしていました。

第5話「闇夜の反乱」

夜になり、バルボラ達はベラムスを始末しようと家に向かうも侵入できなかったので、困り果てます。

 

そこへベラムスが起きて来たので、彼らは破れかぶれで突撃してきました。

 

対するベラムスは魔法をフル活用して彼らを圧倒したのです。

 

数の力でも勝てず、しかもベラムスは自分達を始末しないように手加減してくれた事を悟ったバルボラは降参します。

 

ベラムスはこんな真似をした理由を尋ねると、バルボラは皆を代表して女性を所望(しょもう)すると頼み込んだのです。

第6話「バルボラのナンパ道」

バルボラ達が助勢を求める理由は、性的欲求を抑えきれないからでした。

 

事情を聴いたベラムスは女性をここへ連れて来る事を約束します。

 

翌日、ベラムスはバルボラと共にオーク達が住んでいるベロニカ村へとやって来ました。

 

そして村長であり、ジェネラルオークであるライドルに出会います。

 

ライドルは少し脅しても怖がらないベラムスを気に入り、女性を村へと誘う許可を出しました。

 

あとはバルボラがすべき事なので、彼は女性のオークを誘おうとするも彼女達はバルボラを子供扱いして歯牙(しが)にもかけませんでした。

 

ベラムスがアドバイスをするもそれも通じなかったので、一旦引き下がる事にしました。

 

この世の終わりのような空気になっているバルボラ達に対し、ベラムスはステップアップすべきと言うのでした。

第7話「狩って食って、漢を磨け!」

ベラムスの言葉が理解できないバルボラ達を尻目に、ベラムスは彼らを連れて森の中に行きます。

 

そしてブルーラットがいる穴を発見し、無理矢理彼らを穴から出してバルボラ達に退治させました。

 

捕まえたブルーラットを召し上がるように言うベラムス。

 

その理由はベロニカ村にいるオーク達は皆ハイオークとなっていたからで、ブルーラットを召し上がる事でハイオークになる事が出来るのです。

 

そしてバルボラ達は大して美味くないブルーラットの料理を何とか完食しました。

 

翌日、見事ハイオークへとなったバルボラ達は再びベロニカ村に行き、そこにいる女性のオーク達のハートを射止めました。

 

その後、女性のオーク達を連れて村へと戻ったバルボラはベラムスに対する敬意を強めたのです。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事