転生貴族鑑定スキルで成り上がる全巻無料で読む方法紹介!面白い?漫画アプリでタダ?wiki的登場人物解説

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。 

Contents

『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』は漫画アプリ『マガポケ』で全巻無料で読める?

いきなり、結論です。

 

『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』はこちらの講談社が運営する漫画アプリマガポケにて無料読むことができます。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マガポケ』では、『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』をこのように全巻無料で公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』を読みたい方は『マガポケ』を使う方法が最もお得です。

 

『マガポケ』は、講談社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

また他にも『マガポケ』では、以下のようなメディア化された有名マンガをタダで楽しむことができます。

  • 進撃の巨人
  • フェアリーテイル
  • 新宿スワン
  • ドメスティックな彼女
  • ダイヤのA
  • DAYS
  • ザ・ファブル
  • 頭文字D
  • ベイビーステップ
  • ホームルーム
  • ちはやふる
  • トモダチゲーム
  • カイジ
  • Dreams
  • 十字架のろくにん
  • 可愛いだけじゃない式守さん
  • お願い、脱がシて。
  • 復讐の教科書
  • ハコヅメ~交番女子の逆襲~
  • デスティニーラバーズ
  • 島耕作
  • はじめの一歩
  • 食糧人類
  • 神さまの言うとおり
  • 監獄学園(プリズンスクール)
  • ランウェイで笑って
  • 七つの大罪
  • カメレオン
  • ドラゴン桜
  • 砂の栄冠
  • のだめカンタービレ
  • 亜人
  • ジパング
  • 天空侵犯
  • ハレ婚。
  • マイホームヒーロー
  • ナニワトモアレ
  • 満州アヘンスクワッド
  • 僕たちがやりました
  • カッコウの許嫁
  • ライアー×ライアー
  • GIANT KILLING
  • コウノドリ
  • PとJK
  • 彼岸島
  • エリアの騎士
  • いぬやしき
  • シャーマンキング

などなど…

 

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

オススメ漫画アプリ紹介

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶりや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • うしおととら
  • 双亡亭壊すべし
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 天野めぐみはスキだらけ!
  • くノ一ツバキの胸の内
  • 結界師
  • チ。地球の運動について
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • MIX
  • クロスゲーム
  • KATSU
  • ラフ
  • ジャガーン
  • トニカクカワイイ
  • ダンスダンスダンスール
  • 土竜の唄
  • 魔王城でおやすみ
  • アオアシ
  • 古見さんはコミュ症です

などなど…

 

ヤンジャン
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マガポケ』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』あらすじ紹介!

 

あらすじは以下の通りとなっています。

 

日本では35歳のサラリーマンが平凡な人生を送っていると、突如として異世界へと飛ばされ、赤ちゃんから人生が始まりました。

 

そして3年が経過し、サラリーマンはアルス・ローベントと言う名を貰い、貴族のローベント家の貴族として勉強していたのです。

 

彼は相手を見る事で相手が何が得意なのか、持っている能力の数値を確認する事が出来ます。

 

やがてアルスの領土が戦に巻き込まれる恐れがありました。

 

アルスは領土を守るために自分の能力を使って有能な家臣を探し始めるのでした。

『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』は面白い?見どころ紹介!

先に結論、『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』は全巻読む価値アリに面白いです!

 

『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』の見どころを3つご紹介いたします!

見どころ① アルスの能力

1つ目はアルスの能力です。

 

上記でも述べましたが、彼は相手を見るだけで能力の数値や何が得意なのかを見抜く事が出来ます。

 

その能力で優秀な家臣を集めようとします。

 

しかし、数値を見れたりしたとしてもその人物が仲間になると言う保証はないのです。

 

そんな中、アルスがどういう手段で仲間を引き入れるのが見どころとなっています。

見どころ② 集う優秀な家臣達

2つ目は優秀な家臣達です。

 

アルスの能力や説得で、有能な家臣達が集ってきます。

 

武勇に優れたリーツ、魔法に長けているシャーロットと沢山いるのです。

 

どの者達も並の実力者ではありません。

 

アルスの元にどのような者達が集ってくるのかも見どころです。

見どころ③ アルスの成長

3つ目はアルスの成長です。

 

アルスは相手の数値を見る能力があります。

 

しかしながら、彼はローベント家の跡取りなので、その能力だけでは生き残れません。

 

時には自ら戦に出たり、交渉をしたりとするべきことは沢山です。

 

アルスは幼い上に異世界人なのでその辺に苦労します。

 

そうやって苦労しながら成長していこうとするアルスの姿も見どころと言えます。

 

『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』wiki的登場人物解説!

『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』の主な登場人物を紹介します!

 

ネタバレも多少含みますので、ご注意ください!

アルス・ローベント

 

本作の主人公で貴族であり、サマフォース帝国が支配している土地であるランベルクを治めるローベント家の跡取り。

 

大人し目な感じがあるが、土地や民の事を大事に思う優しい性格の持ち主。

 

元々は異世界人で何処にでもいるサラリーマンだが、マンションに帰宅と同時に倒れて異世界に赤ちゃんとして転生します。

 

3歳の時には相手の能力や何が得意かを見れる力を持ったのです。

レイヴン・ローベント

アルスの父親で現在のローベントの当主。

 

元々は農民だったが、戦場で活躍した事で貴族にまでなった実力者。

 

厳格な性格をしているが、模擬戦で実力を見せたリーツを仲間にするのを認める等器が大きいところを見せています。

クランツ・ローベント

アルスの弟でまだ子供だが武勇に長けています。

レン・ローベント

アルスの妹でまだ子供だが政治力に長けています。

リーツ・ミューセス

 

サマフォース帝国とは別の国から連れてこられたマルカ人の男性で、多くの人達から迫害を受けていた。

 

しかし、元々傭兵団に属していたのもあり、戦いにおける能力値が高かった事からアルスがスカウトしました。

 

多くの者達から加わるのを反対されるも、レイヴンとの模擬戦で実力を見せたので加入を許されたのです。

 

自分の事をスカウトしてくれたアルスに忠誠心を抱いていて、普段は冷静で優しい好青年ですが、アルスを馬鹿にされたりするとキレたりします。

シャーロット・レイス

 

幼い頃から孤児で自分と同じ境遇の孤児の面倒を見ながら生きる少女。

 

口が悪い部分があるが、孤児の面倒を見る等本当は優しく、義理堅い性格をしています。

 

魔法の数値が高く、主に炎系の魔法が得意です。

 

アルスからスカウトを受けるも貴族への不信感から最初は拒否するも、奴隷商人から助けてもらい、アルスの夢を聞いて忠誠を誓う事にしました。

ガトス・キーシャ

キーシャ家の長男で接近戦に長けています。

マルクス・キーシャ

キーシャ家の次男で弓矢に長けています。

ロセル・キーシャ

 

キーシャ家の三男で知略系の数値がとても高いのでアルスはスカウトするも、断れてしまったのです。

 

母親を失ったり、父親がどう育てればいいのか分からなかったので、優しいが大人しく怖がりな性格になってしまいました。

 

本を読むことが大好きで、数時間のうちにたくさんの本を読み、その内容をちゃんと覚える事が出来ます。

 

主に罠を仕掛けたりする事を得意としていて、それで効果が出たので、ちゃんと育成できなかった父親の配慮で家を出ていく事になり、アルスの家臣となりました。

リシア・プレイド

 

アルスの許嫁でプレイド家の娘で気品がある美人だが、野心家の数値がとても高いです。

 

他にも政治に関する数値が高く、交渉事では例え不測の事態になっても対応する事も出来ます。

 

相手がどんな感情を持っているのかを見る事が出来る力があり、アルスが警戒心を抱いているのを見抜きました。

 

アルス次第では結婚する気は無かったものの、民に慕われているアルスを見て、結婚したいと思うようになったのです。

ミレーユ・グランジオン

 

かつてクランやバマサークの父親であるアマドルに仕えていた軍師で女性。

 

統率と知略に長けていて、野心家の数値はリシアよりも高く、身体能力も高いです。

 

かなりの酒好きで自由人、言いたいことは臆することなくはっきり言う性格です。

 

上記の性格のせいでリーツ達に認められませんでしたが、模擬戦で軍師としての力を見せて認めさせました。

ルメイル・パイレス

カナレ郡長を務めている男性で、数値はバランス型に特化しています。

 

ランベルクを始めとした領地を支配する者達を統治していて、指示を出していくのです。

 

カナレを支配しているミーシアン州の総督が亡くなったので、兄のクランに従う事を表明します。

メナス・レナード

ルメイルの家臣で、数値はバランス型に特化しています。

 

目利きに優れていて、本物と偽物の紋章を見抜いたりできるのです。

クラル・オルスロー

クメールの領主をしていて、幼い頃のアルスの面倒を見たりしてくれた老人。

ハマンド・プレイド

プレイド家の当主でリシアの父親。

 

リシアの事を見てあげられなかった事を後悔していて、アルスに娘の事を託しました。

クラン・サレマキア

ミーシアン総督の長男で、バマサークと跡継ぎを巡って争っています。

 

能力はバランス型だが、かなりの能力値を誇っているのです。

 

ミーシアンに国を築こうと言う目標を抱いていて、人々からも慕われています。

 

ちゃんと周りが見えていて、まだ実績がない者達の意見に耳を傾け、受け入れる度量を持っているのです。

レング・サレマキア

クランの息子で能力値はそれなりに高いが、自由人で正直者。

バマサーク・サレマキア

ミーシアン総督の次男で、クランと跡継ぎを巡って争っています。

 

クランよりも能力があると有名で、跡取りにされていたがクランに反対されたのです。

 

どれだけ指揮官がいて、士気が高くても絶対に勝利できるときにしか動かない慎重さを持っています。

トーマス・グランジオン

バマサークの家臣でミレーユの弟。

リーマス・アイバス

バマサークの家臣で、ロマック郡を支配している老人。

フレードル・バンドル

サムク郡長でバマサーク側についています。

セレナ・バンドル

フレードルの娘でトーマスの言いなりの父親に不満を持っているのです。

ファム

シャドーを名乗る情報収集に長けた傭兵団の団長で、武勇や知略に長けています。

 

かなりのやり手であり、あっという間に欲しい情報を仕入れてくるが、彼が気に入るか否かで依頼を受けない場合があります。

 

元々マザークと言う名前だったが、ある事情でファムを名乗っているのです。

 

男性ではあるものの、酒場では女性としてふるまっています。

 

アルスが自分の事を団長と見抜いた事を気に入り、依頼を受けるようになり、その後は頻繁に行うようになったのです。

アマドル・サレマキア

クランとバマサークの父親でミーシアン州を治めていた男性。

 

跡継ぎ問題が解決しないまま、何者かに始末されました。

シャクマ

現サマフォース帝国の皇帝に代わって政治を取り仕切っている政治家。

 

どの能力もかなり高めになっています。

 

お金に五月蠅い一面があり、状況次第で搾れるときに搾り取ろうとしているのです。

 

『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』実写ドラマ・アニメ化情報!

 

アニメ化についてですが、まだその予定はありません。

 

人気がある作品ではありますが、アニメ化が決まっている他の作品とではまだ知名度が低いのかもしれません。

 

しかし、人気がある事には変わりないので、人気を維持すればアニメ化するんじゃないかなと思いますね。

 

やるとすれば12話くらいじゃないかなと思います。

 

最終回はレイヴンの後を継ぐときじゃないかと思いますね。

『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』作者・未来人Aとは?

 

作者は未来人Aさんです。

 

書籍化作家をしていますが、それ以外のプロフィールは無かったので、確認のしようがありませんでした。

 

「転生貴族、鑑定スキルで成り上がる~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~」以外にも有名な小説を執筆しています。

 

しかも未来人Aさんが執筆した作品はかなり好評なのか、漫画化、書籍化される事が非常に多いです。

 

書籍化作家としての実力はかなりのものと言えるのではないでしょうか。

 

『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』読者の評価や感想は?

 

『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』序盤ネタバレ紹介!

ここでは『転生貴族鑑定スキルで成り上がる』の序盤のあらすじを紹介します!

 

ぜひ、ごらんください。

第1話「転生と鑑定」

ある日、アルス・ローベントは父親の葬儀(そうぎ)を終えると、部下達の前で当主に就任する事を宣言します。

 

時は遡(さかのぼ)り、1人の男性社員は毎日毎日仕事三昧(ざんまい)の日々を送っていました。

 

この日も仕事を行おうと出かけようとするのだが、突如としてめまいに襲われて倒れたのです。

 

目を覚ますと赤ちゃんとして異世界に転生していました。

 

それから3年の月日が流れ、男性はアルス・ローベントとして勉強に勤(いそ)しんでいました。

 

アルスはサマフォース帝国の土地の一部であるランベルクを支配しているローベント家の子供として生まれたのです。

 

この世界では魔法があるので、アルスは転生した事に感謝していました。

 

そしてアルスには相手の能力の数値や何が得意なのかを見れる鑑定能力が備わっていたのです。

 

訓練場で兵士達の訓練を見ていると、弓矢が得意なのに苦手な槍を振るっている兵士に弓矢を扱うようにアドバイスするアルス。

 

そうしたらその通りになったので、兵士達に称賛されます。

 

しかし、この能力はアルスしか見れないので、皆には直感と言って誤魔化していたのです。

 

その夜、アルスは食事をしている父親のレイヴン・ローベントに訓練場での事を聞かれ、困ります。

 

レイヴンは元々貧しい身ではあったが、武力で成り上がって貴族になった人物でした。

 

レイヴンは聞いたものの特に追求せず、直感をちゃんと鍛えるように言ったのです。

 

それからも勉強を重ねるアルスだが、サマフォース帝国の政治が良くない事からやがて戦争が起こるかもしれない事を知ります。

 

ランベルクの者達だけでも助けたいアルスは鑑定能力を生かすために、人材集めに出かけました。

 

しかし、中々いい人材が見つかりませんでした。

 

そんな中、サマフォース帝国の外から連れてこられ、虐げられているマルカ人の男性を見つけるアルス。

 

アルスは彼にパンを差し上げて、鑑定能力で調べると男性の名前はリーツ・ミューセスであり、どの能力も織田信長に匹敵するくらいの能力を持っていました。

 

彼を味方にしようと決めたアルスは誘いをかけたのです。

第2話「テスト」

アルスはリーツに自分の素性(すじょう)を話し、味方にしようとするも自分の種族を理由にリーツは断って去ろうとします。

 

しかし、空腹の音が鳴ったので、アルスは食事でリーツを屋敷に連れていったのです。

 

そうはいってもマルカ人は何処でも迫害される身なので、食事も貧相なものしか出されませんでした。

 

アルスは彼の隣へと移動して、食事も豪華なものにさせて一緒に召し上がります。

 

食事をしながら、リーツが元々傭兵団に属していて、それが滅んだから1人で彷徨(さまよ)っていた事を知るアルス。

 

それからアルスはレイヴンにリーツを紹介し、部下にするように進言するも、マルカ人はサマフォース人より実力がないと言う理由で却下されます。

 

以前のような直感でリーツが才能ある人物だと分かったと食い下がるアルスに対し、レイヴンは自分と戦い、勝てば認めると言いました。

 

取りあえず訓練場へと移動する際、リーツはどうして部下にしたがるのかと聞きます。

 

対するアルスは自分はやがてレイヴンの後を継ぐから、自分の右腕になってほしいと答えました。

 

訓練場に到着し、レイヴンは3分の間に木刀で自分に一撃を叩き込めば勝利とすると言います。

 

試験が始まり、レイヴンはリーツを圧倒していくが、リーツも食い下がっているので互角の戦いになっていたのです。

 

戦いの中、リーツの表情に変化が起こります。

第3話「勝敗」

急に表情が変わったリーツは素早い動きでレイヴンの股をくぐり、レイヴンは頭部を狙う気だと構えるも窓の光に遮られます。

 

僅かな隙をついたリーツは一撃を叩き込もうとするも、レイヴンは何とか受け止めたのです。

 

受け止めたとはいえ、髪の毛が数本抜けたので一撃入れたと言う事で合格になりました。

 

レイヴンはアルスに直感を褒めるも、ちゃんと上手く使用しないといけないとも諭したのです。

 

それからリーツは認められたのもあり、兵士としてだけじゃなく使用人としても働く事になりました。

 

リーツは自分を見つけてくれたアルスに絶対的忠誠を誓うのでした。

第4話「風雲急」

リーツが部下になってから数か月が経過し、アルスは彼から勉強を教えてもらっていました。

 

ローベント家には沢山の本があり、それを読みつくしていたのもあり、リーツの知略の能力の数値が増えていたのです。

 

サマフォース帝国は元々アンセル王国であり、その国が外の国と関わって力をつけて大陸を支配して帝国にしたが、今は政治が良くないせいで危険な状態になっていたのです。

 

サマフォース帝国の皇帝はまだ幼いので重臣達が面倒を見ていましたが、その重臣達も権力争いをしていました。

 

それにランベルクがあるミーシアン州のミーシアン総督が老衰状態にあり、彼が亡くなった2人の息子が跡継ぎの座を巡って争う可能性があったのです。

 

更にランベルクはカナレ郡に属していて、そこの郡長次第では勢力が小さいほうに付く可能性がありました。

 

しかしながら、これは好機であり、貢献出来れば褒美も貰えると言うリーツに安堵するアルス。

 

そして人材集めに出かけるのだが、レイヴンから魔法を扱える人材を見つけるように言われます。

第5話「貧富と豹変」

城郭都市のカナレに到着した2人は人材を探すのだが、アルスは貧乏に苦しむ人達を路地裏で見つけます。

 

この様子を見たアルスは貧富の差がない国を建てたいとリーツに言ったのです。

 

そして3時間に渡って人材を探すのだが、全然見つからず疲れ果ててしまいます。

 

空腹にもなったので食事をしようとするのだが、商人がドラゴンの卵を売っていて、アルスに買うように促(うなが)し、アルスもその気になっていました。

 

しかし、リーツはその卵が本物じゃない事を見抜いていて、アルスへの不敬として斬ろうとするのだが、アルスが何とか収めたのです。

第6話「シャーロット・レイス」

人材探しは2日目になり、アルスはリーツと共に食事をしていたが、フードを被った人物に財布(さいふ)を奪われます。

 

アルスを抱きながらリーツは盗んだ人物を追いかけ、アルスの協力があって盗んだ人物を捕らえるもフードを脱ぎ捨てました。

 

その正体は女性であり、更に逃げるのだが複数のガラの悪い男性達に絡まれたのでアルス達は助けたのです。

 

アルスは女性を鑑定能力で見ると、名前はシャーロット・レイスであり、戦闘能力が高く、魔法の扱いにも長けている事が判明。

 

能力の数値だけじゃなく、ちゃんと得意なものをやらせてこそ能力を発揮すると言う事にも気づいたアルスはシャーロットを誘うも、あっさり断れました。

第7話「上と下」

アルスの誘いをあっさりと断ったシャーロット。

 

その理由は貴族だからであり、生まれただけで自分達よりも裕福なのが気に入らないからでした。

 

リーツも元は似た立場なので彼女の思いを察するが、泥棒は駄目だと諭(さと)すと彼女は助けて貰ったのもあって財布を返却します。

 

先程の男性達は奴隷商人であり、逃走した彼女を追いかけてきていたのです。

 

アルスは逃走を促すも、シャーロットは自分と同じ境遇の子供達が傍にいたので見捨てられない事を伝えます。

 

それを知ったアルスは財布を渡して、去っていったのです。

 

その夜、シャーロットの事で落ち込むアルスをリーツは励ますも、アルスは貧富の差がない国を建てたいのは本当だが、見通しが甘かったと言います。

 

そんな中、子供達が来て、シャーロットが捕まった事を知ります。

第8話「怒り」

そのシャーロットは奴隷商会で奴隷商人の手下達に痛めつけられていて、自分の人生を卑下(ひげ)します。

 

そこへアルス達が駆けつけ、奴隷商人にシャーロットを奴隷の身分から解き放つように言うも、奴隷商人は聞く耳を持ちません。

 

アルスはシャーロットの数値を見た際、野心が殆どなかった事に気づいていました。

 

それ故に彼女は将来の事をどうでもよく思っていて、それは変であり、彼女の人生を奪う事は許されないと言い放ったのです。

 

アルスが言っていたようにシャーロットは生まれ落ちてから1人ぼっちで、誰にも頼らず、弱音を吐かずに一人で生きてきました。

 

しかし、アルスが言った言葉を聞き、気づいたら涙を流していたのです。

 

奴隷商人はアルス達を始末しようとするも、アルスはリーツに頼むと指示します。

 

指示を受けたリーツは手下の一人の首を絞め、刀を抜くと全員始末すると言い放ったのです。

おすすめ記事