裏世界ピクニック4巻無料ネタバレ!タダで読む方法紹介!漫画バンクzip,rarは危険|空魚&小桜は鳥子を救出しに裏世界へ

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『裏世界ピクニック』4巻を無料で読む方法やネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

今回ご紹介する『裏世界ピクニック』を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。

『裏世界ピクニック』4巻を無料で読む方法は?

こちらのスクウェア・エニックスが運営する漫画アプリマンガUP!では、『裏世界ピクニック』4巻を無料で読むことができます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『裏世界ピクニック』4巻が『マンガUP!』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在(2021年)では第1巻から最新・第5巻まで無料で読むことができます

『マンガUP!』はスクウェア・エニックスが運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『裏世界ピクニック』1巻から最新5巻までを安心安全にそして無料で読みたい方は、『マンガUP!』を活用することをオススメします。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガUP!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、👇特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています。「無料で多くの漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

『裏世界ピクニック』4巻ネタバレ紹介!

第18話 時間、空間、おっさんⅤ

小桜と共に裏世界に来てしまった空魚。

 

ひとまず見晴らしの良さそうな小高い丘を目指して歩きます。

 

グリッチはそれほど多くないようです。

 

先程の激昂が嘘のように静かな小桜でしたが、唐突に人間が「怖さ」を感じるメカニズムを説明し始めます。

 

科学的に説明すると難しそうですが、結局は自分が重度の怖がりであるということが言いたかっただけでした。

 

小桜は裏世界の研究者でありながら、実は裏世界が死ぬほど怖く、過去にも三回しか来たことがないと言うのです。

 

そして、裏世界に入るのを拒み始めた頃から共同研究者の冴月とはうまくいかなくなり、そのうちに冴月の新たな相棒として鳥子がやってきたのだと言います。

 

鳥子は恐怖への耐性があり、銃も使えて冴月に忠実、鳥子自身も冴月に心酔していたため、相棒としては最適だったと言います。

 

小桜は遠い目をしながら、冴月は寄ってくる人間を魅了し、都合よく利用することに長けた女性だったと空魚に語りました。

 

そして、裏世界がらみの事象は“わざと人間を怖がらせている”ように思える時がある、と小桜は言います。

 

空魚も同感でした。

 

これまで起こったことを振り返っても、人間をわざと狂気に陥れようとしているような違和感があったからです。

 

丘に登ると、鳥子が裏世界に入るときに使っている廃墟ビルが見えました。

 

神保町に繋がっているはずです。

 

サンダルで足場の悪い場所を歩いたために疲労困憊の小桜を気遣いつつも、あのビルを目指して進むことを決める空魚でした。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

第19話 時間、空間、おっさんⅥ

廃墟ビルに向かうには、鳥子と出会った沼沢地を通らなければなりません。

 

空魚が最初に死にかけた場所です。

 

小桜が空魚に「意外と健脚だよな」と話しかけます。

 

空魚は受験生の頃によく散歩をしていたことと、廃墟探検が趣味で足場の悪いところに慣れていることを説明しました。

 

当時は荒れていて自棄になっていたと語る空魚。

 

実は母親は早くに亡くなり、父と祖母は変なカルトにハマり、自分も入信させられそうになったため、あまり家に近づかないようにしていたのです。

 

そして、不思議な経験を小桜に語り始めます。

 

教団に拉致されかけたり寝泊まりしていた漫画喫茶に火をつけられたりしたため、空魚が仕方なく廃墟でキャンプをして眠っていた時、柔らかくて赤い人に抱きしめられ、「あの人たち要らない?」と聞かれたのです。

 

そして「要らない」と答えた翌日、灯油を用意して自宅に戻ると誰もおらず、数日たっても誰も帰ってきませんでした。

 

そのうちに、警察から「遺体が発見された」と連絡があり、父も祖母も山奥の集会所で窪地に溜まっていたガスにやられて亡くなったと説明されました。

 

一人になり、大学には入ったものの、奨学金をどう返すか悩んでいた頃に鳥子に会ったと空魚は言いました。

 

空魚は「たいした話じゃないんで」と本当に何でもないことのように語りましたが、小桜は呆れたように「ほんとにそう思ってるのか?」と確認します。

 

首を傾げる空魚に、意外とたくましい理由はわかったと返す小桜。

 

空魚は鳥子の方がたくましいと言います。

 

小桜は鳥子がカナダ生まれで親が特殊部隊の軍人だったと言い、既に両親とも亡くなっていると空魚に告げます。

 

それを聞いて、空魚は鳥子に出会った時から感じていた自分と同じような心の穴について思いを馳せるのでした。

 

沼沢地に入った空魚と小桜ですが、水の中まではグリッチを感知することはできないため、空魚は注意深く進んでゆきます。

 

そしてグリッチを一つ回避したとき、突然小桜が「あんな所で何をしているのかな」と呟きます。

 

小桜は虚ろな目をしています。

 

生魚のようなにおいがしたと思った時、前方に四体のくねくねが現れました。

 

「小桜さん見ないで!」と空魚が言うと、小桜は正気を取り戻し、目を閉じます。

 

空魚は、あれは倒したことがあると小桜を安心させ、目を閉じたままでよいので銃を撃つよう指示します。

 

後ろで小桜を支える空魚。

 

そしてくねくねに銃弾が当たった時、空魚は何故か意味不明の単語を呟き、くねくねの目を通して自分を見ているような錯覚に陥ります。

 

何度か銃弾が当たり、くねくねは消えました。小桜は空魚に先程の意味不明な単語のことを尋ねました。

 

空魚は言います。

 

くねくねは自分の中のくねくねの知識に接触してきたのではないか、と…。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

第20話 時間、空間、おっさんⅦ

空魚は鳥子とくねくねに遭遇した際も異言を吐いており、その異言は空魚の脳内にあったくねくねに関するネットロアの知識の断片だったと説明します。

 

人間の持つ怪異の概念や知識にアクセスし、怪異として期待される行動を取っている…つまり、先程のくねくねは人間が脳内で作り出したものかと小桜は言います。

 

しかし、きさらぎ駅で遭遇した米軍ロボットの変異形など、既存の怪談に則ったものではない場合もあるため、この裏世界には何者かがいて、人間の頭の中にある怪異の概念を利用していると考えられるのです。

 

空魚は、裏世界の事象は恐怖を与えるために人間の脳内にアクセスし、怪異として認識される姿形をわざと取っているのではないかと言います。

 

あるいは、恐怖させることが目的ではなく、裏世界との接触には必ず恐怖が生じるようになっているかもしれない、と小桜が言ったとき、廃墟ビルの方で銃声が聞こえました。

 

鳥子に違いないと空魚は思います。

 

一刻も早く向かいたい空魚ですが、サンダルで沼沢地を歩いていた小桜の体力は限界でした。

 

しかも、薄着であったため、水に濡れた身体が寒そうです。

 

休憩のついでに、小桜は一定の法則に則ったフィルタを通せば恐怖は作れるのだと話し始めました。

 

そして、この裏世界そのものが恐怖のフィルタであり、表世界から裏世界に移行する段階で言語能力が侵されていると説明します。

 

確かに、銃を見ると印字された文字が意味不明な記号の羅列になっています。

 

しかしこれは文字の変化ではなく、人間の識字能力の問題だと言います。

 

なぜなら、裏世界で書いた文字は互いに認識できるからです。

 

ただし、裏世界で書いた文字は表世界ではおそらく認識できないはず…だとすると、今現在、自分たちが会話できているのかさえ怪しいと小桜は言いました。

 

そして、裏世界に入る段階で何者かが人間の脳に接触し、その結果として恐怖が生まれると仮説を立てます。

 

その是非は後回しにして、ひとまず先を急ぎます。

 

廃墟ビルにはほどなく到着し、空魚は梯子で上まで登ります。

 

小桜は残ることに…。

 

梯子を上っていると、思いのほか高くまで来ていることがふと怖ろしくなりました。

 

空魚は鳥子が傍にいないだけでこれほど怖いのかと考えます。

 

鳥子のせいで自分が弱くなったように思える空魚。

 

突然怒りがこみ上げてきました。

 

怒りに任せて梯子を上り、屋上に辿り着いて「さっさと帰ってこい!鳥子!」と空魚は叫びます。

 

銃を空に向けて発砲し、鳥子の反応を待ちますが、応答はありませんでした。

 

屋上から辺りを見回すと、北側に集落のようなものが見えます。

 

そして、建物の陰を鳥子の金髪が横切りました。

 

「鳥子!」と叫び、空へ発砲する空魚。

 

すると、今度は小桜が集落の方へふらふらと歩いているのが見えました。

 

明らかに様子が変です。

 

下へ降りて確認すると、銃が置きっぱなしになっています。

 

あれほど怖がっていた小桜が一人で銃を持たずに出歩くはずがありません。

 

もうすぐ陽が沈んでしまいます。

 

空魚は小桜を走って追いかけるのでした。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

第21話 時間、空間、おっさんⅧ

小桜の足取りは緩やかだったにもかかわらず、走っても姿が見えません。

 

ほどなくして、集落に辿り着きました。

 

まるでゴーストタウンのようです。

 

足を踏み入れると、突然「おい」と声がしました。

 

思わずショットガンを構える空魚。

 

そこには作業服を着た中年の男がいました。

 

舌打ちをして「戻れなくなるって言っただろう」と言う男。

 

顔を識別できませんが、あの「時空のおっさん」でした。

 

小桜と共に、時空のおっさんは生き物ではなくbotもしくは“現象”だという仮説を立てていましたが、人の姿をしているとさすがに撃てません。

 

空魚は右目を使って正体を見極めようとしました。

 

すると、時空のおっさんがいた場所には大きな植物が植わっていたのです。

 

そして、気付くと辺り一面が植物だらけでした。

 

まるで動作の途中で凍り付いた人間がそのまま植物になったかのように見えます。

 

街の中は人間大の植物でいっぱいでした。

 

その中に子どもくらいの背丈でなんとなく見覚えのある植物がありました。

 

近付いていくと、どこからか空魚を呼ぶ声が聞こえます。

 

「こっちだっつってんだろ、聞けバカ!」という声にハッとしてよく見ると、目の前に小桜がいました。

 

あの小さい植物は小桜だったのです。

 

そして先程まであったたくさんの植物は消えていました。

 

小桜は廃墟ビルにいたときに冴月の呼ぶ声が聞こえ、気付いたらここにいたと言います。

 

空魚は鳥子を捜すと言い、小桜を先に廃墟ビルから表世界へ帰そうとしますが、怖がりの小桜は拒否。しかし、日暮れまでもう時間がありません。

 

小桜は冴月が生きているかもしれないのに一人では帰れないと裏世界に残ることを選びます。

 

そして、裏世界に最も危険な夜が訪れました。

 

空魚は右目の能力を使い、この街全体の正体を見極めることができれば町の中にいるであろう鳥子の姿が認識できるかもしれないと考えます。

 

そうすれば小桜は植物の姿に置き換えられ、安全に待機させられる可能性が高いのです。

 

小桜には空魚の言っていることが全く理解できません。

 

しかし、街のいたるところから不気味な声や物音が聞こえ、どんどんこちらへ近づいてくる気配がします。

 

もはや選択の余地はないのです。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

第22話 時間、空間、おっさんⅨ

空魚は右目に意識を集中し、街全体を認識し直しました。

 

次の瞬間、小桜は植物になり、空魚と小桜の周りを大きな植物が取り囲んでいました。

 

思いのほか近くまで危険が迫っていたようだと思い、ぞくっとする空魚。

 

しかしここで、空魚はこの街に「正体」がいくつあるのかが引っかかりました。

 

すると、小桜のみが植物のままそこに残り、取り囲んでいた植物は全て消えてゆきます。

 

辺りを見渡すと時空のおっさんと同じ模様のバッジを付けたスーツ姿の男性と目が合いました。

 

人がいることに驚くと、男性もぎょっとしています。

 

そして次の瞬間には小桜の家を訪ねてきた三人のおばさんが、インターホンを鳴らしたりドアノブを回したりする姿が目に入ります。

 

ふと視線を感じて足元を見ると、あの写真に写っていたドッペルゲンガーの自分が座り込んで空魚を見上げていました。

 

ニタニタと笑い、すっと消えてしまいます。

 

様々な光景を目にして、空魚は今、自分の右目が裏世界の「正体」を見ているわけではないことに気付きました。

 

これまで見てきたものは全ての事象の断片でしかなく、それらを渡り歩くように見ているに過ぎないのだと考えます。

 

そして、いま目にしている街が鳥子の家に行く時に通った住宅街であることに気付きます。

 

数歩先に、ドッペルゲンガーの空魚が歩いていました。植物になった小桜を置いて後をついて行く空魚。

 

ドッペルゲンガーは鳥子の部屋のドアの前で立ち止まり、中に入ってゆきました。息を呑み、ゆっくりとドアを開ける空魚。

 

何もない部屋の中には鳥子がぼんやりと座っていました。

 

「鳥子!」と駆け寄る空魚に「来てくれたんだね」と微笑む鳥子。

 

「空魚はもう一緒に来てくれないと思ってた」と言う鳥子の様子に覇気が全くありません。

 

空魚が帰ろうと引っ張りますが、鳥子は帰れないと呟き、「冴月を見つけちゃったから」と言いました。

 

鳥子が指さす方を見ると、ベランダの向こうの空間に長い黒髪の眼鏡をかけた女がぼんやりと浮かんでいました。

 

閏間冴月。空魚の右目とは比べ物にならないほどに青い両目をしていました。

 

しかし、空魚にはこの冴月がどうしても人間には見えません。

 

鳥子はベランダへ向かいます。冴月が自分にとっていかに大切な人かを語りながら、ベランダの手すりを越えようとする鳥子。

 

鳥子を引っ張り、行っちゃダメだと空魚は引き止めます。

 

空魚は右目で冴月を見ました。

 

すると、それはやはり冴月ではなく、中心部に顔のある大きな風車のような円状の物体だったのです。

 

その時、鳥子の姿がぼやけ始めました。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

第23話 時間、空間、おっさんⅩ

鳥子はなぜ冴月が消えたのか、なぜ自分が呼ばれたのかわかってきたと呟きます。

 

鳥子が言うには、恐怖を探求できるのも恐怖を使いこなせるのも人間だけだとのこと。

 

そして、あまりに異質で理解不能な“かれら”に接触するには恐怖という情動しかないのだ、恐怖は接触の手段で目的なのだと言います。

 

そう言いながら、鳥子は空間にほどけていくように広がり始めます。

 

空魚は鳥子を押さえ込み、「ぜったいに行かせない」と言いますが、鳥子は「関係ないでしょ」と突き放します。

 

その一言に怒った空魚は、鳥子が冴月だと思い込んでいる化け物を右目で見据え、ショットガンを放ちます。

 

空魚の右目を通せば、どんなものであっても銃弾が効果を発揮することが分かっていたからです。

 

数発撃つと、風車のような化け物は少しずつ壊れていきました。

 

中心部の顔は空魚を静かに見つめています。

 

「あれ冴月じゃない!」とようやく鳥子が正気に戻りました。

 

次の瞬間、今いたはずのベランダが消え、建物などは無くなり、ただ青の空間が続いていました。

 

鳥子は化け物に操られ、空魚を置いて行こうとしていたことを謝ります。

 

空魚は「絶対に許さないけどいいよ」と微笑みました。

 

そして、鳥子と小桜には冴月を、空魚には鳥子を餌にして何者かが自分たちをおびき寄せるために罠を張っていたのだと考えます。

 

あの街もおっさんの存在も何もかもがその罠の一部であったに過ぎなかったのです。

 

鳥子は不意に、自分は人見知りなのに空魚とは初対面から大丈夫だったと微笑みます。

 

それは、初めて会った時の空魚が、自分を隠す気のない表情をしていたからだと鳥子は言いました。

 

それを聞いた空魚は思います。

 

あの時は単に鳥子に見とれていただけだったと。

 

仲直りをした二人は手を繋ぎ、空間を進みました。

 

そして、鳥子は透明な左手を前に突き出し、空間そのものを握って引っ張り、破ります。

 

すると空間の裂け目の向こうにあの街がありました。

 

二人で進み、青の空間から出ることに成功します。

 

空魚は、小桜の待つ場所へ戻りながら、冴月を探し求めていたのに結局会えなかったら小桜は激怒するだろうなと思います。

 

いっそ植物の姿のまま引っこ抜いて表世界に連れ帰ってしまおうかと考えますが、さすがにそれはできません。

 

しかし、植物の小桜がどんな花を咲かせるのかに興味がありました。

 

そんな中、言うの忘れていたけど…と鳥子は微笑み、「追いかけてきてくれてありがとね」と空魚に笑いかけます。

 

そして「次はいつ来ようか」と無邪気に言うのです。

 

戸惑う空魚ですが、不意に今、この世界の認識を右目の能力でずらし、鳥子を植物に変えたら、一体どんな花を咲かせてくれるだろうかと考えてしまうのでした。

第24話 きさらぎ駅米軍救出作戦Ⅰ

あれから一週間が経ち、空魚と鳥子、小桜は焼肉屋にいました。

 

小桜の強硬な主張によるもので、すべて空魚と鳥子の奢りです。

 

というのも、夜の裏世界に置き去りにされた小桜は想像以上に怖ろしい体験をしていたからです。

 

そのお詫びと反省会を兼ねた食事会なのでした。

 

鳥子は何も告げずに裏世界へ消えていったことについて、二人に本当に悪かったと謝罪しました。

 

空魚がもう少し信頼してくれてもいいのにと不満を伝えると、鳥子は珍しく困った表情です。

 

その表情を見てちょっとだけ楽しくなる空魚。

 

しかし、小桜は空魚の方がひどいと怒り顔です。

 

空魚は小桜を植物に認識し直せば、夜の裏世界では安全だと考えていたのですが、どうやらそうではなかったようなのです。

 

小桜は、急に空魚がいなくなり、周りが大きな花ばかりの花畑に変わったのだ、とその時のことを話し始めます。

 

ここにいてはいけないと思うのに、足に根が生えたみたいにその場から動くことができず、周りも人の話し声のような音で埋め尽くされてゆき、気を失いそうになったが、おそらくあそこで気を失っていたら終わっていたと小桜は言いました。

 

そして、空魚が冴月の顔をした化け物を躊躇なく撃ったことを取り上げ、空魚は自分以外の他人に興味がないのだと非難しました。

 

確かに、冴月の外見をした何かを撃つことが本物の冴月に害を及ぼす可能性を考えなかったわけではありませんでしたが、そこまで言われて空魚も黙っていません。

 

お酒を一気に飲み干して、小桜に訊きたいことがあると絡み始めました。

 

小桜は少女のような外見ですが、認知科学の研究者とのことでした。

 

しかし、研究職は札束をポンと出せるほど儲からないはずなのです。

 

空魚はくねくねの事件の時にもらった札束の出所が気になっていました。

 

すると、小桜は「裏世界の情報を交換してる民間の団体があるんだ」と説明します。

 

そして、自分はそこに所属しており、そこからいくらかの援助があると小桜は言いました。

 

これについては鳥子も知らなかったようです。

 

食事会を終えた三人。

 

小桜は空魚に今晩うちに来ないかと誘います。

 

首を傾げる空魚。察してくれない空魚にキレつつ、小桜は怖いから一人になりたくないと言います。

 

行きませんけど…という空魚に対し、鳥子は「私がついていこうか?」と微笑みます。

 

しかし、それは小桜が拒否しました。

 

結局、明日次の裏世界探検の相談に行くという話にまとまり、小桜は帰宅します。

 

鳥子はいつも以上にやる気に満ちていました。

 

そして、一刻も早く米軍を救出してあげなきゃと決意するのでした。

おすすめ記事