ジャヒー様はくじけない4巻無料ネタバレ!タダで漫画読む方法伝授!打倒魔法少女!ジャヒー様は魔石奪還なるか!?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『ジャヒー様はくじけない!』4巻を無料で読む方法やネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

今回ご紹介する『ジャヒー様はくじけない!』を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。

『ジャヒー様はくじけない!』4巻を無料で読む方法は?

こちらのスクウェア・エニックスが運営する漫画アプリマンガUP!では、『ジャヒー様はくじけない!』4巻を無料で読むことができます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガUP!』はスクウェア・エニックスが運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『ジャヒー様はくじけない!』4巻が『マンガUP!』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最新巻まで無料で読むことができます

 

安心安全に、そしてタダで『ジャヒー様はくじけない!』を全巻読破したい方は『マンガUP!』を使う方法が最もお得です。

 

また『マンガUP!』では、『ジャヒー様はくじけない!』の作者・昆布わかめ先生の最近雇ったメイドが怪しいも最新巻まで無料で読むことができます。

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリではヤンジャンマンガMeeも特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 悪魔とラブソング
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • ごくせん
  • ストロボエッジ
  • アオハライド
  • NANA
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • ハニーレモンソーダ

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガUP!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ジャヒー様はくじけない!』4巻ネタバレ紹介!

その24 「ジャヒー様とショッピングモール」

魔法少女に魔界を滅ぼされ、あげく魔石も奪われ意気消沈していたジャヒー様。

 

今日は魔法少女を倒すための武器を買いにとある大きな店にやってきたのでした。

 

武器を探していると、油汚れを落とすスポンジの実演販売を発見。

 

くだらん…と、通り過ぎようとしたジャヒー様は、「さらに三つお付けしてお値段そのまま! 本日限定! お買い得ですよ!」という魔法の呪文を聞いてしまいました。

 

さらにパイナップル専用のカッターの実演販売と試食に心奪われ、「金運UP!」のポスターに踊らされパワーストーンを手にします。

 

忘れてはいけないと雑貨コーナーで武器を探していると、ぴかぴか光るライトソード(玩具)を見つけ、結局全て購入。

 

多くの人間と同じく、宣伝に踊らされ不要なものを山ほど購入してしまったジャヒー様なのでした。

その25 「ジャヒー様とお手製の罠」

以前自宅を魔法少女に襲撃され、魔石を奪われたジャヒー様は学習しました。

 

いずれ襲ってくるであろう魔法少女に対し、玄関にトリモチトラップをしかけます。

 

窓からの侵入も警戒し、その周辺にもトラップを設置。

 

さらに金ダライや中身のはいったペットボトルトラップなど、手の込んだ悪質なイタズラを繰り返します…自身は室内にいるのにも関わらず。

 

しばらく襲来を警戒し待つも、ちっとも魔法少女は来ません。

 

さて、お腹も空いたし夕飯の買い物にでも立ち上がったジャヒー様は愕然とします。

 

家から出られない。

 

もう早く魔法少女来てくれ、部屋から出られないと祈っていると扉が開こうとしています。

 

誰かと思ったら、家賃の取り立てにきた大家でした。

 

トリモチに引っかかり、タライが今にも降ってきそうです。

 

このままではキレた大家に殺されると恐れたジャヒー様は、身を挺してタライから大家を守りました。

 

そして、罠をしかけた理由を話すと、珍しくデレた大家は私に相談すればよかったのにと赤ら顔です。

 

感謝の気持ちはまったくなく気づいてすらもいないジャヒー様ですが、実は大家によってアパートのセキュリティは向上されているのでした。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

その26 「ジャヒー様、銭湯に行く」

「ちゃんとお風呂入ってる? ちょっと臭うわ」

 

突然、鼻をつまみながら店長は言いました。

 

3日に1回はタライ風呂に入っているわとキレるジャヒー様。

 

風呂がないボロアパート暮らしなのも一因ではありますが、その大家の姉に対する発言ではありません。

 

臭いジャヒー様は店長姉妹に連れられ銭湯に行きます。

 

ちゃんと子供形態になってから入り、入湯料をケチるあたりジャヒー様の貧乏ぶりが伺えます。

 

銭湯に入ると、久しぶりのお湯や素晴らしい泡立ちのシャンプー、足を伸ばせる浴槽、ジャグジーなどに感動が止まりません。

 

今までのタライ風呂は何だったんだ、なぜこんな良い所にたった300円で来れるのに誰も教えてくれなかったんだ…と落ち込むジャヒー様。

 

しかしお風呂上がりの牛乳の美味さに全てを許してしまうジャヒー様なのでした。

その27 「サルワ様も銭湯に行く」

ジャヒー様を打倒し、魔界No.2の座を奪わんとするサルワですが、失敗が続いていました。

 

日頃の疲れを癒すために銭湯へと行きますが、なんとそこでジャヒー様と遭遇します。

 

なんの装備や準備もないまま見つかれば、ひとたまりもないぞと怯えるサルワ。

 

高級シャンプーも用意し楽しむ気満々だったのもあり、このままこっそり銭湯を楽しんでしまおうと決めるサルワの隣には謎の影が…。

 

いつの間にか隣で、サルワの高級シャンプーを使いまくっているジャヒー様がいました。

 

しかも、タダで使えるとは銭湯とはなかなかじゃなとか独り言を呟いている始末。

 

めちゃくちゃ高かったよと取り返すも、シャンプーは半分以上使われていました。

 

激高するサルワは勢いよく立ち上がり、ジャヒー様の背後から襲おうとしますが石鹸に足を取られます。

 

するとそこには店長が。

 

そのたわわな胸で受け止められ、怪我1つないサルワ。

 

後頭部に残る感触のおかげでジャヒー様のことはすっかり忘れ、銭湯を楽しんだサルワなのでした。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

その28 「ジャヒー様と魔法少女の願い」

ジャヒー様はご機嫌でした。

 

物陰から不幸に遭遇しまくる魔法少女を見ています。

 

弱り切ったところを襲おうとしているためです。

 

何故魔法少女にばかりこうも不幸が訪れるのかというと、それは魔石が原因です。

 

魔力を秘めたこの魔界の石は、人間が手にすると災いが生じてしまうのです。

 

マンホールに落ちたり、トラックに跳ねられたり、落雷に合う彼女を見ながらジャヒー様は自滅を待ちます。

 

そしてそのまま高校の中まで尾行を続けます。

 

何故かちっとも魔法少女は弱った様子を見せないためです。

 

しかし、どうやら彼女はいつも傷だらけのためか学校で孤立している様子です。

 

保健室で寝ているところを襲撃に行くと、大けがを負ったはずの魔法少女はピンピンしていました。

 

ジャヒー様が魔石を返せと言っても、礼には及ばないぞと取り付く島もありません。

 

不幸を肩代わりするのは、他の誰かの涙を見たくないからなんだと語る彼女の息は不思議と荒くなり、顔は赤くなっていきます。

 

呆然とするジャヒー様を他所に、魔法少女は窓から去っていきました。

 

取り残されたジャヒー様は保険医や高校生達に見つかり、慌てて逃げ出します。

 

どうやったらあの魔法少女を倒せるのかと、ますます恐ろしくなったジャヒー様なのでした。

その29 「ジャヒー様と対抗心」

ジャヒー様はこころと共に公園にいました。

 

こころはジャヒー様の魔石探しを手伝ってくれる小学生で、慕ってくれる唯一の人間です。

 

そんなこころが何と、魔法少女を見たんだと惚けています。

 

テレビの中だけの存在ではなくて、溺れる子犬を助けていたのを見たと褒めるこころを見て、ジャヒー様は嫉妬にかられます。

 

我も変身できるんだけどなー!と自慢します。

 

ジャヒー様はとにかく褒められたがり敬わられたがり、承認欲求の塊なのです。

 

得意げに本来の姿に変身、かっこいいー!きれいー!すてき!!という賛辞に気持ち良くなるジャヒー様。

 

感動しているこころにのせられ、石を持ち上げ魔法を披露し、魔力を使い果たしてしまいます。

 

元の姿に戻れなくなってしまったジャヒー様はその日、アルバイトを休まなくてはいけなくなってしまいました。

その30 「ジャヒー様と進捗報告会」

ドゥルジ行きつけのカフェで、ジャヒー様は水を楽しんでいました。

 

というのも今日は、魔石集めの進捗報告会なのです。

 

ジャヒー様の心臓は高鳴ります…悪い意味で。

 

何故なら彼女の進捗は、マイナス1個。

 

むしろ減っています。

 

ドゥルジは大小合わせ36個ほどで、雲泥の差です。

 

頑張ったなと褒めようとするジャヒー様を遮り、ドゥルジは自身のことを虫以下ですと言いながら机に頭を打ち付けながら謝り倒している始末。

 

叱って下さいと言われ、仕方あるまいと自分を棚に上げるジャヒー様。

 

人の上に立つということは大変です。

 

そして、自分の魔石発見数に関しては何も言えないため、代わりに魔法少女発見を引き合いに出します。

 

ドゥルジはジャヒー様を特に過大評価する傾向があり、もう魔法少女を始末されたのですね!?と言われれば、勿論としか言えません。

 

威厳を保つのも上の者の責務なのです。

 

ちょちょいのちょいじゃったわと遠い目で嘯くジャヒー様の心情はどれほど荒れていることでしょう。

 

そんな矢先に、魔法少女が魔石を片手にカフェを通り過ぎました。

 

瞬殺したといった矢先の登場に困ったジャヒー様は、あれは我の部下じゃと嘘を重ねていきます。

 

やれ人間の部下を何人も従えている、やれなかなか使える奴でと口から出まかせが止まりません。

 

それを聞き、私の方が長く仕えている優秀な部下なのに…!と嫉妬に駆られたドゥルジは、私が一番の部下であると証明してみせますと宣言し店から飛び出していきました。

 

威厳が保たれたと安心しているジャヒー様でしたが、その結果ドゥルジのモチベーションを大きく高め、自身の魔石回収の難易度を上げてしまったことに気づかないのでした。

 

その31 「ジャヒー様とバイトマスター」

ジャヒー様は焦っていました。

 

あくまで目標は魔界の復興であり、魔法少女を打倒することや…バイトマスターになることではないのです。

 

魔界にいたころは誰もが自分を恐れ、敬い、かしずいていたにも関わらず、今は人間界に馴染み、電話対応まで完璧なのです。

 

内心ではありえないと思っていても、客が帰るときは笑顔で送り出すジャヒー様。

 

最早条件反射です。

 

このままでは我が我でなくなってしまうとアイデンティティーの崩れに怯えるジャヒー様に、店長は笑顔で語りかけます。

 

「きっと、働くのが楽しいんじゃないかしら…? 知らず知らずのうちに、(お客様を笑顔にすることを)喜びに感じているんじゃない?」

 

思わず心が揺らぐジャヒー様でしたが、こんな店魔界が復興したら辞めてやると勇んで走り去っていくのでした。

その32 「ジャヒー様と家出した大家」

ある日ジャヒー様がアパートの掃除をしていると、窓が割れていて隙間風が吹き込んできているのを見つけました。

 

ガムテープで穴を塞ぎながら文句を言っていると、突如大家が部屋に入ってきます。

 

ジャヒー様は鍵をかけないタイプのようです。

 

大家は開口一番、今日からここに住むわとどっかり腰を下ろしました。

 

どうやら姉妹喧嘩のあげく、家出してきたようです。

 

全力で拒むジャヒー様でしたが、家賃タダと言われたらもう快諾です。

 

しかし、布団はとるわ、おやつをとるわ、部屋は散らかすわではやくも翌日には大家への怒りを抑えられなくなるジャヒー様。

 

頑なに家から出ず、店長からの電話にも出ようとしない大家には説教です。

 

なんで喧嘩なんてしたのかと問うと、間違って大家のシャツを着た店長が、その豊満な身体でダブダブにしてしまったのが理由の様子。

 

帰る場所がある人間を少し羨みながらも、ジャヒー様は魔界復興、魔王復活を願うのでした。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事