ダイヤのA(エース)全巻無料で一気読みする方法紹介!漫画アプリや電子書籍で最終巻完結までタダ?

おすすめスマホアプリ

 

「週刊少年マガジン」にて連載され、アニメ化もした人気マンガ「ダイヤのA(エース)」を全巻無料で読めるお得な配信サイトを調査しました。

 

昨今、各出版社が漫画アプリに力を入れており、連載中のマンガでも漫画アプリを通して無料で読むことができます。

 

例えば、小学館が運営する漫画アプリ『サンデーうぇぶり』では、サンデー系列で連載中のマンガや過去の名作マンガに至るまで幅広く無料で読むことができます。(←1番オススメの漫画アプリ

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』で無料で読める主な作品一覧
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • うしおととら
  • 双亡亭壊すべし
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • チ。地球の運動について
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • MIX
  • クロスゲーム
  • ダンスダンスダンスール
  • 土竜の唄
  • 魔王城でおやすみ
  • アオアシ

などなど…

 

しかし、『ダイヤのA(エース)』に関しては今現在、無料で読める漫画アプリはありません

 

そこで漫画アプリではなく『ダイヤのA(エース)』を配信しているすべての電子書籍を調査すると、1つの電子書籍サービスを使って『ダイヤのA(エース)』を実質無料で全巻読む方法が見つかりました!

 

最終巻まで実質全巻無料で読む方法を解説します。

 

この記事では

・『ダイヤのA(エース)』を今すぐ全巻無料で読みたい

・お得に漫画が読める電子書籍サービスを知りたい

『ダイヤのA(エース)』のあらすじや見どころが知りたい

そんな疑問を持った漫画好きなあなたにオススメです!

 

追記:漫画『ダイヤのA(エース)』は、こちらの漫画アプリ「マンガBANG」にて全巻無料で配信中です。2022年2月28日までの配信ですが、配信期限が延長させることもあるので、ダウンロードして確かめてみてください。

 

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

結論!電子書籍『コミックシーモア』を利用して『ダイヤのA(エース)』を実質全巻無料で読める

『コミックシーモア』には、新規ユーザーに対して2つの超お得な特典を用意しています。

 

それが以下の特典です。

 

特典①は、『コミックシーモア』に無料登録した方、全員に「50%OFFクーポン」を配布しています。

1冊どの漫画でも半額で購入できます。もちろん『ダイヤのA(エース)』の最終刊も半額で購入可能です。

 

50%OFFクーポンだけなら、他の電子書籍も特典として配布しているところが多いですが、『コミックシーモア』の超お得な特典は②の「月額メニュー登録で最大20000ポイントを後日お返し!」です。

 

簡単に説明すると、月額メニューを2ヶ月継続することで1ヶ月分のポイントが全額返ってくるという特典です。

月額メニューとは、毎月定額で『コミックシーモア』内のマンガを購入するために必要なポイントを買うシステムです。

普通に現金で購入するよりお得になるシステムです。

 

作品購入の時には、ポイントと現金の価格が表示されています。

 

「ダイヤのA(エース)」を1巻〜最終47巻まで普通に購入すると・・・19740pt(税込21714円)となります。

 

月額メニューは、月額22000円のコース(コミックシーモア20000)に加入すれば26000ptがもらえて、さらに翌月には特典②により20000ptが返ってきます!

 

使ったはずの19740ptが20000ptになって返還されるので実質全巻無料というわけですね!

 

『ダイヤのA(エース)』を実質全巻無料でお得に読みたい方は、月額メニュー「コミックシーモア20000」がオススメです。

 

筆者は、このシステムを使って、『鬼滅の刃』を実質全巻無料で読みました。

 

新規ユーザー限定の特典ですので、まだ『コミックシーモア』を利用したことない人は、活用することをオススメします。

 

 

特典まとめ

・新規ユーザー限定で漫画1冊50%OFF!

・新規ユーザー限定で月額ポイント全部返還!

 

追記:漫画『ダイヤのA(エース)』は、こちらの漫画アプリ「マンガBANG」にて全巻無料で配信中です。2022年2月28日までの配信ですが、配信期限が延長させることもあるので、ダウンロードして確かめてみてください。

 

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

その他のお得な電子書籍

筆者も愛用しており、一番のオススメは先ほどご紹介した『コミックシーモア』ですが、その他にもお得に漫画を購入できる電子書籍がありますので表にまとめておきます。

ebookjapan

・国内大手の電子書籍サービスで安心

・新規のユーザー限定で6冊まで50%OFF

・約1万冊の漫画が無料公開されている(読み放題)

まんが王国

・国内大手の電子書籍サービスで安心

最大50%のポイント還元

Amebaマンガ

・大企業サイバーエージェントが運営しているので安心

・無料会員登録で500ポイント(500円相当)付与

・新規のユーザー限定で100冊まで50%OFF

コミック・jp

・無料会員登録で漫画2冊分のポイント付与

 

個人的に上記4つのサイトはどれもオススメですが、特に『ebookjapan』は使いやすく、無料作品が豊富、さらに新規ユーザー限定でお好きな漫画(新作を含む)が6冊まで50%OFFですので、『コミックシーモア』と併せてよく活用しています。

 

お得に漫画を読むなら『コミックシーモア』と『ebookjapan』は必須の電子書籍サービスとなっています。

オススメ漫画アプリ

上記で紹介した『サンデーうぇぶり』以外にも集英社が運営する漫画アプリヤンジャンマンガMeeも特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス
  • ラジエーションハウス

などなど…

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 悪魔とラブソング
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • ごくせん
  • ストロボエッジ
  • アオハライド
  • NANA
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • ハニーレモンソーダ

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は使ってみてはいかがでしょうか?

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています。「無料で多くの漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『ダイヤのA(エース)』読者の評価は?

 

『ダイヤのA(エース)』あらすじ紹介!

中学野球最後の試合で大暴投をしてしまい敗北のきっかけを作ってしまった沢村 栄純(さわむら えいじゅん)。

 

彼の下に西東京地区名門の青道高校のスカウト高島 礼(たかしま れい)が訪れ、スポーツ推薦枠で招き入れたいと申し出ます。

 

しかし、同じ中学校の元野球部員との進学を望む沢村は高島の誘いを断ります。しかし、一歩も引かない高島の提案で、沢村は一先ず青道高校の練習を見学することになりました。

 

その最中に行われた東 清国(あずま きよくに)との一打席勝負、そして御幸 一也(みゆき かずや)との出会いに衝撃を覚えた沢村はその衝撃が忘れられず、青道高校の入学を決意します。

 

沢村は青道高校で七色に変化するナチュラルなムービングボールを武器に、孤高の天才投手・降谷 暁(ふるや さとる)や小柄ながら、内に秘めた闘志を持つ二塁手・小湊 春市(こみなと はるいち)などの同級生をはじめとした数多くの青道高校メンバーと共に甲子園に向かって日々励むことになりました。

 

絶対的エースの不在が課題となる青道高校で果たして沢村はエースの座を掴み取れるのでしょうか…?

 

以上が簡単なあらすじです。

『ダイヤのA(エース)』登場人物紹介!

沢村 栄純(さわむら えいじゅん)

長野県赤城中学出身で左投げ左打ちの投手。柔らかい肩関節や手首から繰り出される変幻自在かつ出所の見えないムービングファストボールなどを武器としています。

 

青道高校に入学するまで野球の経験がなかったため、守備やバッティングで粗削り(何故かバントだけは職人級)なところもありますが、流れを引き寄せる闘志や果敢に挑んでいくメンタルなど底知れない素質を秘めている選手です。

 

また、明るい性格でチームのムードメーカーでもあるため、試合中はベンチにいたとしても味方の声援や愛のある野次が飛んできます。

御幸 一也(みゆき かずや)

東京都江戸川シニア出身で右投げ左打ちの捕手。類稀なる強肩や捕球力、さらには的確な配球もあり、1年生から青道高校のレギュラーの座についていました。

 

また、バッティングでは得点圏にランナーがいる際に打力が極限まで向上します。試合中に着用しているスポーツサングラスと生意気な性格がネックですが、沢村が青道高校へ進学するきっかけとなった選手です。

降谷 暁(ふるや さとる)

北海道苫小牧中学出身で右投げ右打ちで沢村と好敵手の投手。青道高校野球部では珍しい一般入試で入学した選手です。

 

浮き上がっているかのように錯覚させる150km/h近い剛速球やムラがありつつも本塁打を量産する長打力を兼ね備えており攻守ともに長けていることが特徴です。

 

しかし、制球力がまだまだ未熟であったり、北海道育ちということもあり、慣れない炎天下でのスタミナの消耗が激しいというようにまだまだ改善点もあります。

 

クールな一匹狼的な性格ですが、人の話をあまり聞かない天然であったりと意外な部分も兼ね備えています。

小湊 春市(こみなと はるいち)

神奈川県陽光中学出身で右投げ右打ちの二塁手。

 

小柄ながらもスイングスピードやバットコントロールに長けており、冷静かつ大胆なプレーを持ち味としています。

 

幼いころに同じ青道高校に所属している兄・小湊 亮介(こみなと りょうすけ)に憧れていたこともあり、守備のプレースタイルが亮介そっくりだったり、小柄なのに木製バットを使っていたりします。

 

沢村や降谷の仲介役を担うこともありとても親しい間柄ですが、時々厳しめな発言をして沢村たちをビビらせています。

片岡 鉄心(かたおか てっしん)

普段は国語教師をしている青道高校の監督。30代とは思えないトレードマークのサングラスが際立つ強面が特徴。

 

現役時代は青道高校の投手として、2年生で夏の甲子園大会準優勝、3年生で春の選抜ベスト8を経験しました。

 

そのため、プロ野球選手になる実力を兼ね備えていますが、プロ入りを拒否して母校の青道高校で監督をやることを選びました。

 

冷酷で厳格な人物ですが、選手たちの実力をしっかりと見極めている部分や、選手を大切に思い、時に激励を送る部分もあり、多くの教え子たちから慕われています。

 

普段は近寄りがたいですが、沢村からは「グラサン」や「ボス」というように様々な呼ばれているため少し愛着もあります。

倉持 洋一(くらもち よういち)

千葉県出身で両投げ両打ちの遊撃手。日常でもプレー中でも「ヒャハハ」という笑い声を出すことが特徴。

 

野球を始めたきっかけである松井稼頭央選手への憧れもあり、投げるのは右投げが殆どですが、スイッチヒッターへの拘りが強くあります。

 

足が速いので1番打者を任されており、守備面では本人の才能はもちろん小湊 亮介(こみなと りょうすけ)と連携が抜群であるため『鉄壁』と呼ばれています。

 

幼少期にレスリングをしていたことから青心寮で沢村に関節技をかけたり、亮介とともに沢村をイジったりする面もあります。

 

しかし、不器用ながらも沢村を気にかけ、面倒見てくれる面もあるため、沢村の成長に欠かせない人物となっています。

滝川・クリス・優(たきがわ・クリス・ゆう)

右投げ右打ちの捕手。父親がプロ野球選手のJ・アニマル・Mというようないわゆる二世選手。

 

声が小さいですが、努力家で野球知識が豊富です。

 

御幸が唯一中学時代に一度も勝てないかった相手であり、御幸の青道高校に進学するきっかけを作った人物です。

 

1年生の時に正捕手として活躍していましたが、肩甲下筋断裂及び上腕回内筋断裂により高校野球での選手生命を絶たれてしまいました。

 

はじめの頃はクリスの態度に不満があった沢村でしたが、真実を知ったことで、クリスのことを慕うようになり、やがて沢村の大きな助けとなりました。

成宮 鳴(なるみや めい)

青道高校同様西東京の強豪校である稲城実業高校に所属する左投げ左打ちの投手。

 

関東No.1サウスポーと呼ばれるような選手で過去に青道高校も苦戦を強いられました。

 

最強のチームを結成するため、御幸に稲城実業高校に誘ったが断られたため、神谷 カルロス 俊樹(かみや カルロス としき)、白河 勝之(しらかわ かつゆき)、山岡 陸(やまおか りく)らと共に稲城実業高校に進学しました。

 

MAX148km/hのストレートと変幻自在な変化球を操ります。

 

自信家でわがままな性格ということもあり、試合中で拗ねたり文句を言ったりと若干幼稚な面もありますが、試合中は他を寄せ付けないよな堂々としたピッチングをすることで稲城実業高校のエースとして圧倒的な存在感を示しています。

 

『ダイヤのA(エース)』見どころ紹介!

見どころ① 臨場感ある試合シーン

作品自体が高校野球を舞台になっていることもあり、試合シーンには力が入れられています。

 

作画の良さはもちろんなのですが、特にダイヤのAではピッチャーやバッターの真剣勝負中の心境を詳細にを表すことによって読者を引き込んでいます。

 

また、心臓の鼓動やバットのスイング音などの擬音を活用することで緊張感や爽快感をより一層醸し出しています。

 

『第2話/相棒』では、青道高校の見学に来た沢村が「やる気がねーなら田舎に帰れこのドアホ!」と投手を罵倒するドラフト候補生東 清国(あずま きよくに)の言動に怒った沢村が東に一打席勝負を挑みます。

 

その一打席勝負でも球数が増えるごとに濃くなる沢村の高揚感を表現したり、三振を取った際の「ドパァン」という擬音になどで躍動感を出したりと対戦している雰囲気を鮮明に表現しているます。

 

他にも青道高校正捕手・御幸 一也(みゆき かずや)の強肩や、遊撃手・倉持 洋一(くらもち よういち)と二塁手・小湊兄弟との流れるような連携プレーなどを始めとした守備面や走塁面でも見応えあるプレーがたくさん出てきますので是非見てみてください。

見どころ② 胸が熱くなるような名言

高校野球に人生をかけている選手や監督から出てくる名言も『ダイヤのA -Ace of Diamond-』には欠かせません。

 

名言の中には沢村や同じ青道高校の好敵手の投手降谷 暁(ふるや さとる)など純粋に野球に対する信念が籠っている熱い言葉、御幸含めた先輩方や青道高校監督の片岡 鉄心(かたおか てっしん)といった沢村の周囲のからの更なる成長へと繋げてくれるというように様々な場面で名言が出てきます。

 

チームプレーであり、技術だけではなく強靭なメンタルが必要とされる高校野球だからこそ繰り出される心動かされる自分に合った名言を見つけてみてください。

見どころ③ 束の間コメディ

作中には野球をしているシーンだけでなく、実際にプライベートシーンも組み込まれています。

 

青道高校の野球部員はキャプテンの結城 哲也(ゆうき てつや)の様に自宅から通っている部員もいますが、多くは青道高校の寮である『青心寮』に滞在しています。

 

そのため、普段は見られない選手たちの個性が見られます。

 

また、各部屋にそれぞれ1、2、3年生が一人ずつ住んでいます。

 

沢村の部屋にも2年生の倉持と3年生の増子 透(ますこ とおる)が住んでいます。その内倉持は沢村をイジったり、寝技をかけたりと和気藹々としている部分もあり、親近感が湧いてきます。

 

さらに硬派な片岡監督と天然なムードメーカー沢村のシュールなやり取りも思わず笑ってしまいます。

 

そんな野球以外で行われるちょっとしたコメディも是非見てみてください。

『ダイヤのA(エース)』序盤ネタバレ紹介!

廃校になる予定の赤城中学校の名前を全国に残すために中学校全国野球大会の全国大会を目指していた沢村 栄純(さわむら えいじゅん)。

 

しかし、沢村の大暴投により、最後の試合は幕を閉じてしまいます。

 

部活を引退し、進路に向き合い始めた沢村の下に、たまたま沢村の最後の試合を観戦していた西東京地区名門・青道高校のスカウトである高島 礼(たかしま れい)が訪れます。

 

高島の提案により青道高校の練習を見学することになった沢村は、御幸 一也(みゆき かずや)をはじめとした、青道高校の雰囲気に圧倒され、強く惹かれます。

 

地元に残るつもりだった沢村でしたが、迷いながらも地元の仲間の後押しもあり青道高校に入学することを決意します。

 

高校野球に全てを捧げた球児たちが集う青道高校で沢村はエースの座を掴み取ることでできるのでしょうか。

 

感動と興奮が治まらない高校野球マンガを是非見てみてください!

第1話 運命の一球

場面は赤城中学校最後の公式戦。同点のまま最終回二死満塁カウント2-3。赤城中学校の投手・沢村が投げた球は、捕手の頭上を越える大暴投でした。この一球により赤城中学校のサヨナラ負けが決まりました。

 

試合が終了し、両校整列しているなか、沢村だけが微動だにせずホームで仁王立ちしていました。

 

「ちょっ・・栄純・・・・」と一人の女子部員が声をかけながら顔を除くと沢村は、「す・・・・すまん」 「お・・俺はお前らを全国に連れて行ってやれんかった・・・・」と涙を流していました。

 

それをみたチームメイトは感極まっていましたが、相手チームである成嶋中学校のメンバーは、赤城中学校が廃校になるような田舎の弱小校で尚且つ女子部員がいるのに全国を目指していたことをあざ笑いました。

 

それを見た沢村は審判を含めた成嶋中学校のメンバーに計12発の赤城中の魂という名のビンタをしました。

 

翌日沢村は監督に怒られました。「これじゃあどの高校の推薦ももらえねーぞ分かってんのか?」と聞かれるも、「バットとボールがあれば野球はできるし」と沢村は自信満々です。

 

監督は呆れていましたが、校長が廃校になった赤城中学校の名前を全国に残したいといって遅くまで練習していた沢村を誇らしげに語っているのを見ると監督も沢村に振り回されたことを思い出しながら涙ぐみました。

 

教室に戻る途中、沢村は成嶋中学校での最後の投球を思い出し、中学校で一勝もできなかったことを悔やみつつもチームメイトの前で明るく振る舞います。

 

そんな中、幼馴染の蒼月 若菜(あおつき わかな)が沢村の推薦の話が流れたことを沢村に言及します。

 

しかし、沢村は「中学で果たせなかった夢 みんなでもう一度リベンジしよーぜ!」と寧ろやる気に満ち溢れていましたが、野球部員の多くが進学する予定の三好高校の偏差値が高いことを知り、沢村はかなり動揺します。

 

沢村が帰宅するとそこには東京の名門でプロ選手を輩出している青道高校野球部副部長の高島がいました。高島は成嶋中学校での沢村を見てただならぬ可能性を感じたとのことでした。

 

しかし、沢村は地元のメンバーと甲子園を目指したいという思いが強いため、高島の誘いを断ります。しかし、高島は沢村の話を無視して練習の見学の日程調整を進めようとします。

 

疑いの眼差しを止めない沢村に高島は全国レベルをチラつかせ、沢村に青道高校の見学に来るように仕向けます。

 

場面は変わり東京国分寺市青道専用第一・第二グラウンド。沢村は青道の充実した設備や覚悟と向上心を持った選手たちの気迫に圧倒されます。

 

すると、ドラフト候補生の東が川上 憲史(かわかみ のりふみ)に対して罵詈雑言を吐いている場面を目撃し、仲間を大切にしない姿に沢村は怒りを露わにしました。

 

一触即発になる沢村と東を見た高島は野球で決着をつけることを提案します。そこに東の天狗気味な態度が気になっていた御幸も加わり、沢村と東で一打席勝負をすることになります。

 

「どこにも逃げ場はねーからな・・・・」と挑発する東に対し、「ぶつけられても文句言うんじゃねーぞ!」と威嚇しかえし、周りを動揺させながらも沢村はマウンドに向かいます。

 

ここで第1話が終了します。

第2話 相棒

マウンドで投球練習をする沢村。「大口たたいた割には並以下じゃないかい!」と東は沢村を嘲ります。

 

マウンドに立つも緊張が取れない沢村をリラックスさせるため、御幸は東の一番得意なコースにミットを構えます。ボールをリリースする瞬間に危機感を感じた沢村は投げる途中に無理やり軌道を変えてボールを叩きつけ、ボールにしました。

 

そのプレーを見た御幸は沢村を気に入り、改めて「これからは二人であの怪物を退治してやろーぜ!」と協力することにしました。

 

しかし、東の得意なコースに構えたことや、球種がストレートしかないことを御幸にバカにされたと感じた沢村は御幸のことを信用できずにいました。

 

しかし、御幸に説得され、最終的には「よろしく頼むぜ! 相棒」と言い渡されました。沢村は幸いにもそのやり取りで緊張が取れ、二球目は一球目と異なる切れのあるいい球となりました。

 

続く三球目は二球目と同じコース。流石にナメられたと思った東はフルスイングでライトに飛ばしファールとします。

 

その後もファールが続く中で御幸は沢村の長所が七色に変化するナチュラルなムービングボールであることに気付きます。

 

沢村自身も中学校時代は無意識に自分の力をセーブしていました。そのため、自分の潜在能力が発揮されたことにより、戸惑いながらも今日は絶好調なのではないかと感じ目を輝かせます。

 

それを見た御幸はど真ん中に構えます。心臓の動悸が抑えられない沢村が投げた渾身の球はフルスイングした東のバットの上をすり抜け御幸のキャッチャーミットの中に収まります。「ナイスボール!」とほほ笑む御幸を見て沢村はガッツポーズで吠えました。

 

見学も終わり新幹線で地元に帰る沢村ですが、頭の中では東との勝負の最後の一球がミットに収まる音が頭の中で鳴り響いていました。

 

ここで第2話が終了します。

第3話 旅立ちの日

帰宅しても東との勝負が頭から離れない沢村。雑誌の記事で御幸が改めてすごい人物であることを認識しましたが、未だに地元を離れたくないという気持ちと葛藤しつつ眠れないまま夜が明けました。

 

登校をすると祖父の永徳から青道高校のスカウトの話を聞いた赤城中学校野球部のメンバーが集まってきます。

 

祝福モードのチームメイトとは裏腹に沢村は未だに東京に行くことを渋っていました。

 

下校してもまだモヤモヤしている沢村でしたが、父の「今ここで自分の気持ち裏切っちまったら・・お前 一生後悔することになるんじゃねーか?」という父の言葉をきっかけに沢村は上京を決意します。

 

出発当日、家族や赤城中学校野球部の監督やメンバーが笑顔でお別れの挨拶をしてくれる中で沢村は電車に乗りました。

 

電車の扉が閉まる寸前、「本音いうと栄ちゃんと一緒に・・・・ もっと野球やりたかった・・・・」とチームメイトに告げられます。

 

それを聞いた沢村は溢れる涙と共に青道高校で甲子園に行く覚悟を決めます。

 

ここで第3話が終了します。

第4話 いい度胸だな

沢村と高島は青道高校に到着した。「がんばってね 将来のエース」と高島から激励をもらった沢村は青道高校の寮である青心寮の自室に向かいます。

 

沢村は自分のネームプレートがかかっている部屋を見つけ、緊張しながらも覚悟を決め扉を開けました。すると目の前に頭から血を流している人が沢村を見て微笑みます。

 

驚く沢村に対し「ヒャハハハハ大成功~~~~~~!!」と喜ぶ先輩。彼は倉持 洋一(くらもち よういち)という二年生の先輩でした。

 

倉持と三年生の増子 透(ますこ とおる)の部屋では新入生を驚かせるのが通例らしく、倉持も昨年同様の歓迎をうけたとのことでした。その後、親睦を深める名目でみんゴル大会が突如開催され、歓迎ムードのなか夜が明けました。

 

翌朝、整列をしている青道高校野球部の前に監督の片岡 鉄心(かたおか てっしん)が現れます。入部希望者が揃ったことを確認しましたが、沢村は見事に寝坊しました。

 

新入生が自己紹介している中、倉庫前で沢村は困り果てていました。するとその後ろから同じく寝坊した御幸が現れます。

 

沢村は驚きのあまり大声を出しそうになりますが、御幸に止められます。沢村は御幸に事情を話すと、御幸から目立たずに列に紛れ込む提案をされます。

 

半信半疑な沢村でしたが、「こんなところで3年間を望にふりたくないだろ? 俺を信じろ!」という御幸の言葉に後押しされて作戦を決行することとしました。

 

そして自己紹介が沢村たちがいる場所と真反対に立っている部員の番となり全員の視線が外れたタイミングを見計らって沢村がスタートダッシュを切ります。

 

すると、「あ~~~~こいち遅刻したのに列に紛れ込もうとしてるぞ~~~~」と御幸が大声で叫び、全員の視線が列に紛れ込もうとしている沢村に集まります。

 

実はこの作戦は沢村をおとりとして御幸が列に紛れ込むという作戦だったのです。

 

バレない様に忍び込もうとする沢村の行いに怒った片岡は沢村本人、同室の倉持、増子、そして同じく遅刻してきた御幸に練習が終わるまで走ることを命じます。

 

こうして沢村の青道高校での新しい生活は寝坊して先輩と共にタイヤを引きながら走る形で幕を開けました。

 

ここで第4話が終了します。

第5話 才能で語れ

午前中の練習が終わり、食事のシーンとなりました。必ずご飯はどんぶりで3杯以上は食べるというルールのもと食事をしていましたが、ずっと走っていた沢村には堪えたらしく吐きそうになります。

 

そんな気分が優れない沢村とは異なり、同様にずっと走っていた先輩たちは意気揚々と練習に励んでいます。

 

そんな中、1年生にたいして希望ポジションに分かれて能力テストを行うとの伝達があり、沢村は会場に向かおうとします。

 

しかし、片岡に止められ「ヒマなら走ってろ!」と指示されます。既に練習に戻っている先輩を見ながら疑問を抱く沢村でしたが、既に他の先輩方は謝罪をしたらしく、未だに謝罪出来ていない沢村に片岡は見切りをつけています。

 

絶望する沢村でしたが、地元の仲間が脳裏を過り、とっさに「エースになるためにここにきているんだ! その気持ちだけは誰にも負けるつもりねーっスから!!」と片岡に告げます。

 

それを聞いた片岡は沢村に向かって振りかぶります。ビビった沢村でしたが、気がつたときには100m近く先のフェンスにボールが直撃していました。

 

そして一言「才能で語ってみろ!」と片岡に告げられ、急遽沢村の能力テストが始まります。

 

その内容はぽーむベースから約90m離れているフェンスに届いたら練習に参加させてやるが、もし届かなければ即刻投手を諦めてもらうといったものでした。ざわつく周囲に反し、「こんなトコでコケてちゃエースにはなれねぇ!」と燃える沢村。

 

「赤城中学校出身沢村栄純 記念すべき高校生活第一投投げさせていただきます!」と盛大な自己紹介をした後に、大きく振りかぶります。

 

果たして沢村は無事に試練を乗り越えられるのでしょうか・・・。

 

ここで第4話が終了します。

 

読み始めたら止まらなくなる『ダイヤのA』第一巻! 皆さんも是非見てください。

おすすめ記事