BE BLUES(ビーブルーズ)43巻無料ネタバレ!タダで読む方法伝授!龍vs獅子雄!エース対エース封じ!

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『BE BLUES(ビーブルーズ)』43巻を無料で読む方法とネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

今回ご紹介する『BE BLUES(ビーブルーズ)』43巻を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。

『BE BLUES(ビーブルーズ)』43巻は漫画アプリ『サンデーうぇぶり』で読める

『BE BLUES(ビーブルーズ)』43巻は、こちらの小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりにて無料で読むことができます。

サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ

サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』は小学館が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『BE BLUES(ビーブルーズ)』43巻が『サンデーうぇぶり』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最新巻まで無料で読むことができます

 

安心安全に、そしてタダで『BE BLUES(ビーブルーズ)』を第1巻から最新巻まで読破したい方は『サンデーうぇぶり』を使う方法がベストです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

また『サンデーうぇぶり』では、『BE BLUES(ビーブルーズ)』以外にも以下のような名作と呼び声高いマンガの数々を無料で読むこともできます。(赤字は『BE BLUES(ビーブルーズ)』の作者である田中モトユキ先生の作品です)

  • 名探偵コナン
  • メジャー(MAJOR)
  • メジャーセカンド(MAJOR2nd)
  • YAIBA
  • 銀の匙
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • ドロヘドロ
  • 結界師
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • うる星やつら
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 双亡亭壊すべし!
  • 信長協奏曲
  • だがしかし
  • 最強!都立あおい坂高校野球部
  • リベロ革命!!
  • 鳳ボンバー

などなど…

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

また同じく集英社が運営する漫画アプリヤンジャンマンガMeeも特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 悪魔とラブソング
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • ごくせん
  • ストロボエッジ
  • アオハライド
  • NANA
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • ハニーレモンソーダ

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『サンデーうぇぶり』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています。「無料で多くの漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

『BE BLUES(ビーブルーズ)』43巻 ネタバレ紹介!

第420節 覚悟

橘怜音(たちばなれのん 、通称レノン)の技ありパスに反応して、抜け出す矢沢和成(やざわかずなり 通称、矢沢)。

 

矢沢がその勢いのままに1人抜き去ると、主人公、一条龍(いちじょうりゅう 通称、龍)は遠藤獅子雄(えんどうししお 通称、獅子雄)にマークされながらも矢沢のパスを受け取るために、ニアサイドに走り出します。

 

そして、一瞬の隙をつき、獅子雄との距離を取ることに成功すると、矢沢からパスが届きます。

 

そこから見事なトラップで、獅子雄に尻餅をつかせる龍。

 

こかされた獅子雄は唖然としていました。

 

そこで獅子雄は過去を思い出します。

 

ある日、最条高校(さいじょう)のサッカー部の監督でもある父親と進路について話す獅子雄。

 

サッカーは弟であり同じ最条のチームメイトである、高虎に託して、自身は受験に向けて夏で引退するようにといわれたのでした。

 

苦い記憶が甦った獅子雄はその過去を振り払うように、ボールを逆足に持ち替えてシュートを打とうとする龍に頭から飛びこみ、シュートを止めようとします。

ここで第420節は終わります。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第421節 常軌(じょうき)

頭からの決死のダイブで龍のシュートをブロックした獅子雄。

 

ボールの軌道がそれ、ゴールのバーに当たります。

 

そんな獅子雄をみて最条の監督はとあることを思い出します。

 

それは部活での練習中のことでした。

 

密着マークに苦戦する獅子雄に監督は相手のエースに密着し続けるのは簡単なことでは無いと伝えます。

 

すると獅子雄は夏で引退するくらいなら密着マーク1本でやらせて欲しいと他人の目も憚らず土下座したのです。

 

監督はその時の獅子雄の様子を思い出しながら、今のプレーに驚いていました。

 

そしてボールの行方はどうなったかというと、キーパーがラインギリギリのところでキャッチしたところでした。

 

両チームの選手やギャラリーが龍のシュートや獅子雄のブロックに盛り上がっている中、龍のチーム武蒼(ぶそう)の監督であるミルコ・コヴァッチ(通称、ミルコ)は緩んだ空気を正すため集中しろと激をとばします。

 

そして、ミルコは獅子雄のプレーを勇気では済まない、常軌を逸したダイブだと評します。

 

高虎や獅子雄の父である監督も肝を冷やします。

 

また龍は獅子雄に大事はないかと聞きました。

 

すると獅子雄は覚悟の決まった顔でうっすらと笑みを浮かべながら、こう答えます。

 

「かすっただけや、ハゲとるかもな。」

 

第421節終了。

 

第422節 建前と、本音と(たてまえとほんねと)

後半5分が過ぎました。

 

相変わらず獅子雄に執拗なマークをされる龍。

 

獅子雄から直接ボールを奪われないでも、別の選手に奪われてしまいます。

 

そしてボールは高虎へ渡ります。マッチアップするのは、青梅優人(おうめゆうと 通称優人)。

 

龍の幼馴染みである優人ですが高虎にあっさり抜かれてしまいました。

 

そして高虎は昨日のチームメイトに宣言したことを思い出します。

 

「言わせたいんや。一条龍はすごい。けど遠藤高虎のがえげつないと。」

 

超ロングシュートを放つ高虎。

 

なんとそのシュートは枠内に飛び、武蒼の守護神ナベケン(本名、渡辺健太、わたなべけんた)のセーブが無ければあわや一点というところでした。

 

そして高虎は龍に本気を見せてみろと、発破をかけます。

 

第422節終了。

第423節 努力の証明(どりょくのしょうめい)

武蒼の攻撃。

 

龍は右に走ることによって上手く真ん中にスペースをつくります。

 

そしてその隙を見逃さない武蒼のキャプテン水島恒明(みずしまつねあき 通称、コーメイ)。

 

右サイドをかけあがる矢沢にパスをして、矢沢はゴール前にいる桜庭巧美(さくらばたくみ 通称、桜庭)にパスをしました。

 

シュートを放つ桜庭ですが、相手キーパーに上手く止められてしまいます。

 

こぼれ球を蹴ろうとする龍は獅子雄に奪われてしまいます。

 

それをみた最条の監督は諦めなかった息子の方が正しかったと獅子雄のことを認めます。

 

そして最条のカウンター。

 

高虎の前にたちふさがるのは優人でした。

 

第423節終了。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第424節 注文(ちゅうもん)

この試合で高虎には2度も抜かれている優人。

 

高虎を止めようとしますが、高虎相手ではそう簡単には行きません。

 

武蒼の味方と2人がかりで止めようとしますが、流石の高虎。

 

囲まれながらもギリギリのところでパスをします。

 

そして抜け出す最条の選手。

 

かなり決定的な場面です。

 

そこで思わず武蒼の選手は後ろからのスライディングで高虎を止めます。

 

勿論ファウルになりました。

 

ゴール近くのフリーキックを与えてしまった武蒼。

 

武蒼の選手は壁をつくります。

 

ちなみに龍が壁の一部になっている時でさえ獅子雄は隣にくっついています。

 

その龍に後ろのナベケンから注文が入ります。

 

俺はこの場面を絶対に防ぐので、代わりに1点を取れと。1点で十分だと。

 

キッカーは高虎。

 

ナベケンとの心理戦はもう始まっています。

 

ニアかファーか。

 

ナベケンはニアを警戒するふりをして、ファーに張ります。

 

見事に逆をつく高虎。

 

しかしナベケンは持ち前の身体能力でボールを弾き返します。

 

ビックセーブです。

 

第424節終了。

第425節 あがけ。

龍にベタリとつく獅子雄ですが、徐々にファウルがふえてきました。

 

しかし龍も疲れてきています。

 

そこで、龍は完全復活できていればと、ついタラレバを考えてしまいます。

 

弱気になりかける龍ですが、こんな状態でも頼りにされる仲間からの期待を感じ、自分がもがきあがき続けると決意したのを思い出します。

 

一方ボールを持つ桜庭はスタミナが切れはじめ、あっさり相手にボールを渡してしまいます。

 

ボールはフリーのコーメイへ。

 

その間高虎は必死に頭を使い相手の攻撃の流れを読もうとしていました。

 

すると高虎の予想とは違い、なんとか獅子雄を引き剥がした龍の姿がそこにありました。

 

龍はコーメイにパスを要求します。

 

そしてコーメイもタイミングを見極め会心のパスを龍に送ります。

 

龍がマークを引き剥がしたうえに、コーメイの完璧なパス。

 

誰もが龍がトラップをして前を向けると思っていました。

 

次の瞬間。龍がとった行動に誰もが驚きました。

 

ボールに背中を向けて走りだしたのです。

 

第425節終了。

 

第426節 一撃と限界(いちげきとげんかい)

ボールに背中を向けた龍にだれもが唖然とします。

 

何をしているのだ、なぜトラップしないのだと。

 

しかし龍は通常の発想とは一味違いました。

 

なんとボールに背中を向けたまま、後ろを振り返らずそのままトラップしたのです。

 

そのプレーはその会場にいた誰もを驚かせました。

 

しかし龍は止まりません。

 

なんとトラップした後そのままシュートを放ったのです。

 

ボールはゴールネットの端へ吸い込まれていきました。

 

決まりました。

 

先制です。

 

ゴールを決めた龍自身は勿論、武蒼の選手、マネージャー、観客。大盛り上がりです。

 

そしてミルコの通訳、江藤藍子(えとうあいこ)は龍が完全復活したのかとミルコに訪ねます。

 

そしてミルコはこう答えます。

 

「完全復活などと安易に口にしたくない…だが、……。」

 

ここでミルコは大盛り上がりの武蒼選手をみて言葉を一度とめます。

 

そして「だがな、なにからなにまで想像を超えたすさまじいプレーだった!」

 

とみんなと同じ感想を抱くのでした。

 

高虎が悔しさと感心を露わにしているとき、龍が急に倒れます。

 

どうやら両足をつったようです。

 

味方も敵も戸惑うなか、龍の脚のケアをしにきてくれた選手がいました。

 

遠藤獅子雄です。

 

第426節終了。

 

第427節 2人目の執念(ふたりのしゅうねん)

獅子雄が龍の左脚、優人が右足をケアしています。

 

獅子雄は龍の脚を伸ばしながら、ファウルさえさせてくれないことに感心していました。

 

素直に龍を称えると共に、高虎が取り返してくれると、続きをしようと勝負を促します。

 

そして龍は一旦ピッチの外に出され、桜庭は交代されました。

 

桜庭の代わりにでてくるのは、1年の飯田徹也(いいだてつや 通称、テツヤ)。

 

俊足が武器の1年です。

 

また武蒼は龍が帰ってくるまでは、一時的に10人でプレーをしています。

 

会場では先ほどの龍のゴールのリプレイが流れます。

 

その際、高虎は龍のプレーには驚きと悔しさをにじませながらも龍の凄さを認めます。

 

そして龍に本気をださせたのは獅子雄だと、兄の実力を認めはじめます。

 

一刻も早くピッチに戻りたい龍でしたが、まだ脚の状態的に戻れそうにありませんでした。

 

ミルコは龍の代わりの選手を用意しはじめます。

 

獅子雄は自身の役割が龍をマークすることなので、龍がいないとピッチには居場所がなくなるので龍の復帰を望みます。

 

ベンチの桜庭は独り悔しさに身を震わしているのでした。

 

高虎は龍に負けまいと、多少無理してまでもシュートを放ちますが、ボールはキーパー真正面でした。

 

そして結局龍はピッチから下がります。

 

青ざめる獅子雄。

 

またミルコは今日の桜庭に対応した相手の2番の選手を称えます。

 

しかし桜庭と相対してダメージがゼロのはずが無いともいいます。

 

武蒼は桜庭と交代した、テツヤを使って攻撃します。

 

そしてミルコはいいます。

 

「あの2番にはタクミのテンポが刻まれている。当然疲労も……テツヤのスピードに、つれてこれまい!」

第427節終了。

第428節 決着へ (けっちゃくへ)

ナベケンからテツヤへ一気にカウンターを仕掛ける武蒼。

 

スピードで敵をぶっちぎるテツヤ。

 

瞬く間にキーパーと1対1になりました。

 

テツヤはシュートを放ちます。

 

しかし気持ちが入り過ぎたのか、キーパーに弾かれてしまいます。

 

弾かれたボールはキーパーの左側に転がっていきます。

 

するとなんと、ボールが転がった先には矢沢が詰めていました。

 

懸命に足を延ばす矢沢。

 

必死に横っ跳びするキーパー。

 

叫ぶ最条の監督。

 

喜ぶ矢沢。

 

武蒼に追加点が生まれました。

 

最条は残り時間10分もないなか2点取ら無ければなりません。

 

矢沢とテツヤの関係が良くなっていくなか、獅子雄はピッチから下げられます。

 

ピッチに残っている高虎はまだまだこれからだと自分とチームに喝を入れます。

 

試合再開後、自分のプレーを後悔しながらもチームを精一杯応援する獅子雄。

 

その叫びも虚しく、試合終了の笛がピッチに響きわたります。

 

第428節終了。

第429節 或る男の願い(あるおとこのねがい)

龍たち武蒼高校は2対0で最条高校に勝ちました。

 

試合に勝ったものの、自身があまり活躍できなかった桜庭は拗ねて、挨拶をしようとしません。

 

腰が重たい桜庭でしたが、マネージャーの青梅雪希(おうめゆき 、通称優希)に上手く言いくるめられ、やっとのことで腰を上げます。

 

そして両チームの挨拶が終わり、最条の選手の中には泣き崩れている人もいます。

 

挨拶まわりの最中、獅子雄は自身が龍に許した先制点を悔い、自身は夏で引退しとくべきだったと口にします。

 

それを聞いた高虎はぶち切れます。

 

自分のやったことに誇りをもてないのかと。

 

チームメイトが獅子雄を慰めようとすると、龍が脚をつったときのお礼を言いにやってきました。

 

そして龍は怖いと感じた相手は獅子雄がはじめてだと伝えます。

 

去ってく龍に高虎は「またな」と声をかけ、龍は「うん」と返事します。

 

武蒼が挨拶まわりをしている頃、獅子雄は落ち込みながらピッチから去る最条の選手の列にならって歩いていました。

 

父親でもある監督は最条の選手ひとりひとりに声をかけていたのです。

 

獅子雄の番が来たとき、獅子雄は親父を勝たせてやれ無かったと心の中で嘆いていました。

 

しかし監督はその時ありがとうと、引退を勧めたのを逆らってくれてありがとうと言いました。

 

そして獅子雄の肩を押さえながら真っ直ぐ目を見てこう続けます。

 

「正しかったんや、おまえが。獅子雄頑張ったなァ。」

 

「ほんまに、頑張ったで。」といいながら獅子雄の頭を撫でます。

 

その時獅子雄は昔を思い出します。

 

小さい頃はサッカーでうまくいくと父親に頭を撫でて褒めてもらえました。

 

しかし高虎の才能が頭角を現しはじめると、その時からは父親は高虎に付きっきりになり、自分はそんな高虎を褒める方にまわってしまい、時には心虚しくなってしまうのでした。

 

それから何年もたって、いつぶりかに頭を撫でてもらえた高虎は、自分の心に気が付きました。

 

親父に褒めてもらいたかったということ。頭を撫でて欲しかったということ。

 

獅子雄は涙をうかべ上をむきます。

 

第二試合開始時刻の放送が流れる会場。

 

場面が代わり施設内でウォーミングアップする赤城中央高校。

 

宿敵、藤原乃亜(ふじはらのあ)は打倒武蒼高校に向けて燃えているようです。

 

第429節 43巻終了。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事