ガンニバルあの人の正体は誰?銀の息子で白銀という名前?父親は金次?最強?過去編考察解説!後藤藍についても

おすすめスマホアプリ

 

大人気連載中の漫画『ガンニバル』。

 

そんな『ガンニバル』に登場する謎に包まれた巨大な老人「あの人」とは一体何者なのか?

 

「あの人」の父親と母親についてや、最新巻に至るまでに明かされた「あの人」の過去について解説していきます!

 

また『ガンニバル』を1巻から最新巻まで無料で読みたい!という方に『ガンニバル』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介しています。

 

まず初めに『ガンニバル』を全巻無料で読む方法です。↓

『ガン二バル』は漫画アプリ『マンガBANG!』『マンガTOP』にて無料で読める

『ガン二バル』はこちらの株式会社Amaziaが運営する漫画アプリマンガBANG!と漫画アプリマンガTOPにて無料で読むことができます。

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガBANG!』は株式会社Amaziaが運営する国内最大級の漫画アプリです。

『マンガTOP』は日本文芸社が運営する漫画アプリです。

『マンガBANG!』『マンガTOP』共に公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『ガンニバル』が『マンガBANG!』『マンガTOP』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最新巻まで全巻無料で読むことができます

 

このように『マンガBANG!』『マンガTOP』では『ガン二バル』を全巻無料で公開してくれています。(最新話まで無料で読むことができます)

 

安心安全に、そしてタダで『ガン二バル』を全巻無料で読破したい方は『マンガBANG!』『マンガTOP』を使う方法が最もお得です。

 

『マンガBANG!』『マンガTOP』共に1日に無料で読める話数に上限がありますので、2つのアプリをダウンロードして併用して読んだ方がすぐに全話読めるためオススメです!

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガBANG!』『マンガTOP』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

「あの人」の初登場はいつ?人間を喰う?

 

警察官の阿川大悟(あがわ だいご)は妻の有希(ゆき)、娘のましろと三人家族。

 

供花村に駐在として赴任してきて一週間がたとうとしています。

 

赴任早々、山で遺体が見つかったと連絡が入り現場に向かいました。

 

熊に襲われたという遺体は無惨にも顔が喰いちぎられていました。

 

襲われたのは後藤銀(ごとう ぎん)、後藤家当主だといいます。

 

発見者たちは口々に「熊だ・・・熊がやっちまった」と話しています。

 

遺体の腕の外側に人が噛んだ痕があったので、本当に熊の仕業なのかと大悟はどこか腑に落ちない様子です。

 

そんな大悟に後藤恵介(ごとう えいすけ)は「何が引っかかってんだコラ!!後藤の人間がばあちゃん虐待したって言いてぇのか!?」とものすごい剣幕で怒鳴りました。

 

恵介の仲間達も一緒になって大悟を罵倒し始めます。

 

よそ者に村の人間を馬鹿にされるのは我慢ができないと、警察官である大悟に猟銃を向けたのです。

 

「こんな奴殺してしまえばいい!」

 

「撃ってしまえ恵介!」

 

このままでは本当に撃ちかねないと感じ「悪かったよ・・許してくれ」と大悟が詫びました。

 

恵介は人が変わったように笑顔になり「仲直り・・・冗談やって!ホントにやるわけねーやろ!洗礼ってヤツだ」とおどけて見せます。

 

それを見た仲間達もゲラゲラと腹を抱えて笑っています。

 

大悟が「次は即逮捕する」と釘を刺すと、恵介は「アンタ気に入った・・・仕事が終わったら嫁子供連れて飲みに来いよ・・・歓迎会としけこもう」と誘いました。

 

「今日か・・・」と大悟が返事を渋りました。

 

皆、口をそろえて「ここで生きていくなら、無理してでも来たほうがいい」と言います。

 

恵介も「前の駐在は付き合い悪くて・・・だから最後は一人でテンパってあんなことに・・・」と言葉を濁しました。

 

それを聞いた大悟は「前の方って失踪する前に村の人達と揉めていたみたいだけど、皆さんとも何かあったんですか?」と尋ねます。

 

恵介は少し間が空いて「・・・なんもー!ただ俺らはいい関係築いていこうって話じゃ」と圧力を掛けられ、結局飲み会は断れませんでした。

 

あの人の初登場は大悟がしぶしぶ飲み会に向かった夜のことです。

 

大悟の娘のましろは雪の降る中、猫を追いかけているうちに外に出てしまったようでした。

 

ましろは猫を追いかけ山道を歩いています。

 

すると一人の老人が口には指を咥えたまま、荷台を運んで来ました

 

荷台から人と思われる手足が見えています。

 

ましろは声出さず、老人が通り過ぎるのをじっと待っていました。

 

ボタ・・・老人は咥えていた指を落としたまま去っていきました。

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

「あの人」の強さは?最強?

「あの人」の人間離れした腕力は大悟だけでなく後藤家や供花村の人々に恐れられています。

 

大悟が初めて「あの人」を認識したのは後藤銀の葬式に参列した時でした。

 

失踪した駐在の娘である狩野すみれが棺桶を蹴りとばしたことで、後藤家一同が怒り狂いました。

 

すみれに向かって「殺せ」「殺すぞ」と怒号が飛び交い、今にも殺されるという時です。

 

恵介がその場を押さえ込む隙に、大悟とすみれを逃がそうとしますが、後藤睦夫(むつお)が恵介に喰ってかかりました。

 

あわや一触即発という場面で、人が人形のように投げ飛ばされていくのが見えました。

 

人の山が一瞬で崩れると、そこには睦夫の髪をむしり取っている一人の大男の姿がありました。

 

「オマエ・・・ラ」「ヤメトコ」その一言で乱闘寸前の男たちは静まり返ります。

 

「あの人」の正体は誰?名前は白銀?父親は正宗?金次?

供花村で「あの人」と呼ばれ恐れられている人物。

 

彼の母親は後藤銀

 

父親は銀の腹違いの兄である後藤金次(ごとう きんじ)または来乃神神社の神山正宗(かみやま まさむね)のどちらか二人です。

 

名前は白銀(しろがね)といい、神山正宗が名づけました。

 

白銀と言う名前には、しがらみが一切ない世界。銀と正宗の二人で作る真っ白な世界。

 

二人の前に広がる白銀(はくぎん)のような世界を銀のみたいに力強く生きてほしい・・・

 

銀と白銀を心から愛する正宗の願いが込められているのです。

「あの人」と後藤藍の関係は?

後藤藍(ごとう あい)は、18年前に失踪した後藤家の次期当主で、京介と呼ばれる「あの人」に顔を喰われた男と暮らしています。

 

京介からは母さんと呼ばれ、本当の母親のように慕われています。

 

後藤藍は、後藤銀の娘として育てられた人物で恵介と洋介の母親です。

 

銀とは血が繋がっておらず「あの人」に捧げられる子供として地下牢で育ちました

 

ある時銀は一人の女の子を地下牢から出しました。

 

その子供を抱きしめると「後藤藍・・・今日からそれがお前の名前や・・・もう豚やない、己の娘として生きよ」と囁くのです。

 

そして「己が生きる意味を教えてやるから己の言葉通りに生きろ・・・そうすればお前は後藤藍として人間になれる」こうして藍は銀に心までも支配されていきます。

 

藍は後藤家本家の血筋を残すため「あの人」の子供を生むためだけに育てられたのでした。

 

藍は銀の娘として銀に逆らわず、どんな時も笑顔を崩さず恵介と洋介を必死に育てていました。

 

銀に支配され、その生き方しか知らなかったからです。

 

子供たちとの別れは突然やってきました。

 

18年前、祭りまであと少しという時期に「祭りが終わったら息子たちと関わるのはやめろ」と銀に言われたのです。

 

これからは自分が恵介と洋介の面倒を見ると。

 

「藍は役目は果たした・・・今までご苦労やったな」と捨てられたのです。

 

銀の言う通りに生きてきた藍は、他に生き方を知らないので教えて欲しいと頼みました。

 

しかし銀は冷たく「ならば死ぬるがよい」と家畜を見るような目で藍を見るとその場を去るのでした。

 

そうして迎えた祭り当日。

 

「あの人」に献上され喰われる子供たちを見て藍は行動を起こします。

 

白装束を脱ぎ捨てると「全部あの婆の思い通りになって溜まるか!!」と「あの人」から子供を奪い取りました。

 

この時、顔を喰われ藍と恵介に助けられた子供が京介です。

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

「あの人」と阿川大悟の関係や対決は?

大悟は後藤家の本家に足を踏み入れた事がきっかけとなり「あの人」が現れ、釜で大悟を襲いました。

 

一瞬の出来事のように感じましたが、目を覚ました大悟は病院のベットの上にいたのです。

 

大悟が「あの人」と直接対決をしたのは、囚われている子供たちを救出するため地下牢に向かった時の事でした。

 

恵介に人を喰っていることを尋ねると「だったら何や言うんじゃ」と返答がきて顔がこわばる大悟。

 

恵介は狩野のように殺される必要はないと語りました。

 

そして大悟は後藤家に追われ、なんとか地下牢から山に逃げ出せたので、一旦引くことにしました。

 

逃げ帰る大悟に「あの人」が木の上から釜をもって襲い掛かります。

 

なんとか釜をかわした大悟は「あの人」の額に拳銃を当て「動くな。お前は何がしてぇんだ・・・何者何だよ」と問いかけるとコドモ・・・と呟きました。

 

大悟が困惑した隙に体を回転させると大悟の左腕に噛みつきました。

 

大悟は頭突きで応戦し何とか逃れます。

 

そして「全部お前がやったんだな」と「あの人」に銃を向け発砲するのでした。

 

後藤家は大悟が供花村に来なければ、誰も死なずに済んだと大悟に復讐を誓いました。

 

そして今年の奉納祭でましろを「あの人」に捧げると決めます。

 

大悟の前で娘を「あの人」に貪らせることが最高の仕打ちだと。

 

有希とましろの護衛についていた警察を倒した後藤真。

 

真たちによって二人は捕らえられてしまいます。

 

その様子を無線で聞いていた大悟は、恵介の弟である洋介を仲間の警察から奪い取り人質にしました。

 

そして、有希とましろの無事が確認できなければ洋介を殺すと後藤家を脅迫したのでした。

 

「出ろ」大悟は洋介を連れて、人質交換場所であるトンネルへとやってきました。

 

人質交換を終えると、真は有希とましろに銃口を向け発砲しました。

 

恵介は真の銃を掴み、軌道を変えたので有希とましろは事なきを得ます。

 

次の瞬間、岩男が割り込み 真の顔面をグシャっと地面に叩きつけました。

 

その後、大悟と岩男が殺し合いを始めます。

 

大悟が岩男に銃を向け、気を取られた瞬間、背後から恵介に銃で撃たれ気を失ってしまいます。

 

恵介は大悟は自分が何とかするから、有希にましろを連れて逃げるように話しました。

 

それと同時にものすごい速さで近づいてくる足音に気づき警戒する恵介。

 

突進してきたのは「あの人」でした。

 

恵介と有希で応戦しますが、力及ばずましろは連れ去られてしまったのです。

 

集まってきた後藤家一同に大悟は連れていかれ、怪我をした有希はトンネルに一人取り残されました。

 

村では祭りの準備が整い、恵介は後藤家代々の当主の遺影の前に座り、銀に挨拶をしました。

 

「ばあちゃん、今日から俺が当主や・・・もう覚悟は決まってる・・・」

 

連行された大悟は意識が戻り、暴れまわったので腕を縛り付けられていました。

 

恵介は大悟と二人で話がしたいと人払いします。

 

「二人なら無事なはずや・・・おまえの娘は必ず助け出す、協力しろ」と大悟に言います。

 

大悟も「何でもするに決まってんだろ」と返しました。

 

大悟は自分に仲間を殺されているのに、なぜ恵介はその仲間を裏切ってでもましろを助けようとするのか疑問に思い尋ねます。

 

「おまえを許すことなんぞ出来んっ…出来んが、おまえの娘は死ぬべきやない」とましろが助けてくれたことを思い返して答えました。

 

そして自分も大悟と同じ立場だったら同じことをしていたはずだとも。

 

「もっと早くに実の父親を殺すべきやった」と実の父親が「あの人」であると認め、覚悟を決めたのでした。

 

恵介はましろと「あの人」がどこにいるのか見当がついていると言います。

 

そして、二人はましろと「あの人」とがいる場所に辿り着きました。

 

恵介は銃を構えるも「あの人」を撃つことが出来ずにいました。

 

パン!!!

 

「血も呪いも関係ない・・・コイツは躊躇なく撃ち殺す」

 

「あの人」を撃ったのは大悟でした。

 

「何度でも引き金を引く・・・ましろの為なら・・・ましろの為?」

 

引き金を引きながら大悟は自問自答しています。

 

大悟は気に喰わないモノを全部壊すために撃っていたのだと気づいたのでした。

 

ましろは両手を広げこれ以上撃たせないよう「あの人」の前に立ちはだかります。

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『ガンニバル』「あの人」の世間の反応は?

おすすめ記事