ガンニバル後藤恵介の父親母親は誰?すみれや後藤藍との関係やかっこいい最終回の結末を解説!

おすすめスマホアプリ

 

実写映画化も決定した人気マンガ『ガンニバル』。

 

そんな『ガンニバル』に登場する後藤恵介

 

後藤恵介の父親・母親は誰なのか?後藤恵介の最終回の結末などについてご紹介します。

 

また『ガンニバル』を1巻から最終巻まで無料で読みたい!という方に『ガンニバル』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介しています。

 

まず初めに『ガンニバル』を全巻無料で読む方法です。↓

『ガン二バル』は漫画アプリ『マンガBANG!』『マンガTOP』にて無料で読める

『ガン二バル』はこちらの株式会社Amaziaが運営する漫画アプリマンガBANG!と漫画アプリマンガTOPにて無料で読むことができます。

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガBANG!』は株式会社Amaziaが運営する国内最大級の漫画アプリです。

『マンガTOP』は日本文芸社が運営する漫画アプリです。

『マンガBANG!』『マンガTOP』共に公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『ガンニバル』が『マンガBANG!』『マンガTOP』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最終巻まで全巻無料で読むことができます

 

このように『マンガBANG!』『マンガTOP』では『ガン二バル』を全巻無料で公開してくれています。(最終話まで無料で読むことができます)

 

安心安全に、そしてタダで『ガン二バル』を全巻無料で読破したい方は『マンガBANG!』『マンガTOP』を使う方法が最もお得です。

 

『マンガBANG!』『マンガTOP』共に1日に無料で読める話数に上限がありますので、2つのアプリをダウンロードして併用して読んだ方がすぐに全話読めるためオススメです!

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

追記:こちらの漫画アプリ『ゼロコミ(マンガZERO)』でも『ガン二バル』が無料で読めることが判明しました!『マンガBANG』『マンガTOP』『ゼロコミ(マンガZERO)』共に1日に読める話数に制限がありますので、3つのアプリをダウンロードして読みすすめることをオススメします!

 

ゼロコミ-人気マンガが毎日読める漫画アプリ

ゼロコミ-人気マンガが毎日読める漫画アプリ

SAICORO INC.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • ドロヘドロ
  • 銀の匙
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • うしおととら
  • 双亡亭壊すべし
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • マギ
  • 烈火の炎
  • MAR
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • 魔王城でおやすみ
  • トニカクカワイイ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • チ。地球の運動について
  • ジャガーン
  • ビーブルーズ
  • MIX
  • クロスゲーム
  • ダンスダンスダンスール
  • 土竜の唄
  • アオアシ

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100
  • 美味しんぼ
  • チ。地球の運動について

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガBANG!』『マンガTOP』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

後藤恵介(ごとうけいすけ)のプロフィール紹介!

阿川大悟(あがわ だいご)が駐在員として赴任してきた供花村で大きな力を持つ後藤家の血を引く男。

 

後藤家当主だった後藤銀(ごとう ぎん)の初孫として生を受け、次期当主として後藤家の人間から一目置かれている存在です。

 

大悟が赴任したばかりの頃の事件現場での振る舞いなどから、一見すると口が悪く冷酷で冷淡な人間のように見えます。

 

しかし本当は大悟と同様、家族思いで優しい心を持っているのです。

 

前の駐在員である狩野の娘・すみれとの間に子供ができ、自分の命よりも家族の命を優先する姿が男らしい人物です。

後藤恵介の最終回はどうなった?かっこいい結末とは?

祖母の後藤銀が遺体で見つかった後、血を重んじる後藤家の次期当主として名前が挙がったのは銀の孫である恵介でした。

 

恵介は次期当主であることもあり、幼い頃から「あの人」に捧げる子供たちの世話をしていました。

 

銀の死後2か月ほど経ち、銀が亡くなって初めての奉納祭が始まります。

 

これを仕切るのがその日をもって正式に後藤家当主となる恵介でした。

 

狩野の協力者でもあった神山宗近は恵介に、「2人で祭りを終わらせよう、俺たちが協力すれば子供たちを解放できるはずだ」と言いますが、恵介は後藤家の当主としてやらなければいけないのだと言います。

 

しかし、悲しそうな表情で「言われなくてもわかっている」ともつぶやくのです。

 

この発言から後藤家当主としてこれまでの先代の思いを引き継ぎたいという思いと、祭りは間違った習慣だという思いが恵介の中に渦巻いていることがわかります。

 

娘のましろのために人を殺すこともやむなしと行動する大悟と同様に、恵介も後藤家のためには手を汚すことができなければいけないと考えています。

 

奉納祭の日、恵介は「あの人」を殺して、後藤家の呪いを断ち切ることを決めました。

 

ましろを守ると同時に、呪いから解放されるために自分の本当の父親である「あの人」=白銀を撃つ恵介。

 

後藤家は神と崇めてきた白銀を撃った恵介を殺そうとしますが、白銀は恵介を殺さないでと伝えて自分自身を喰い始めます。

 

白銀は最期の時に、自分が食べてきたものみんな人間だったことに気づいたのです。

 

後藤家が守り続けたものを断ち切った恵介は、だれも死ぬ必要はなかったんだと気づきます。

 

そして、「お前らも生きてみろや、戦って死ぬことなんぞ簡単すぎる」と後藤家の家族に伝え、罪を背負ってでも生き続ける姿を見せていこうと投降することを決めます。

 

銀が生きているときに、誰よりも強くなりこの村を勝利へ導くように言われて育った恵介。

 

殺し合うことこそが供花村で生きるものの宿命と教えてこられましたが、人を殺したい人なんて誰もいないはずだと本当の気持ちを明らかにします。

 

そして、後藤家のみんなも村の人間も好きだから、教えこまれた宿命は終わらせなければいけないとみんなの前で決意します。

 

事件が幕を閉じた後も恵介にはやるべきことが残っていました。

 

生き残った後藤家の人間の恨みが消えることはありません。

 

二度と村の人間が殺し合う今回のような事件が起きないように後藤家の恨みを押さえてまとめ上げていくのがこれからの恵介の役割なのです。

 

後藤恵介の父親と母親は誰?後藤藍とは何者?

裏切り者とされた母親を助けるために冷酷な男を演じる心優しき男

恵介の母親は、「あの人」に捧げられる予定だったところを銀に拾われて育てられた後藤藍(ごとう あい)でした。

 

藍は銀が後藤家の血を絶やさないために、「あの人」との子供を作るために育てた女だったため、実の子供である恵介と洋介に愛情が持てませんでした。

 

恵介は藍が銀の言う通りに生きてきただけで、自分の意思を持たずいつも笑顔の仮面をかぶっていることに気づいていました。

 

恵介はそんな藍をかわいそうな人だと感じていて、積極的にかかわりを持とうとはしていませんでした。

 

恵介と洋介がある程度大きくなり世話が必要なくなった時、銀は藍に対してもう子供たちの面倒は見なくていいと告げます。

 

これまで言われた通りに生きてきていた藍は、どうやって生きていけばいいのかわからず、銀に問いました。

 

すると「死ねばいい」と言われます。

 

後藤家への復讐を決めた藍は奉納祭の最中に「あの人」に捧げられた子供を連れて村から逃げようとします。

 

その行動によって藍を殺そうとする後藤家。

 

しかし恵介が藍をかばい、「母さんを殺すなら自分も死ぬ」と自分自身に銃口を向けるのです。

 

そして母さんを信じているから何かあったら自分が責任をとる。

 

逃がしてやってくれと頼みます。

 

この恵介の行動を受けて後藤家は藍を逃がしますが、これはいつか恵介が後藤家に牙をむく可能性を考えて足枷とするためでした。

 

藍が生き続ける限り、恵介は銀と後藤家にしばりつけられることになったのです。

 

恵介が後藤家の当主として冷酷にも思える言動をする背景には実の母親への思いがありました。

 

後藤恵介と狩野すみれの関係は?

大悟の前の駐在員で、行方不明になったのち遺体で見つかった狩野の娘・すみれと恵介は恋仲でした。

 

村の人たちから良くない噂を立てられていたすみれに唯一優しかったのが恵介だったのです。

 

狩野が行方不明になった後、村を出たすみれが久しぶりに村に戻ってきた時、すみれが父親をかばう発言をすると、「お前の父親は狂っていたんだ」と強い口調でまくし立てた恵介。

 

しかし、村の人間たちが怒りに任せてすみれを襲おうとしたときにはさりげなく助けるそぶりを見せます。

 

そんなすみれのお腹には実は恵介との子供が宿っていました。

 

これまで村で生まれた多くの子供が犠牲になるのを見てきた恵介は、自分には父親になる資格などないと思っています。

 

奉納祭当日、すみれと会っていた恵介は子供を堕ろすように伝えます。

 

そしてもう二度と自分とは関わるなと伝えますが、すみれは恵介の手が震えていることに気づいていて本心からの思いではないと感じています。

 

恵介は、後藤家から逃げることは出来ないし、この悪習が残る後藤家のしきたりにすみれを巻き込みたくないと考えていました。

 

すみれのお腹に銃を向け、堕ろさないなら今殺すと突き放そうとします。

 

しかし、本心では自分とのかかわりは捨てて生きてほしいと思っていました。

 

恵介が後藤家の跡継ぎになるかもしない子供を殺そうとしているところを見ていた家族に裏切りとして連れていかれるときに恵介は大悟に電話をかけます。

 

「子供らは生きとる 死なせたない お前の協力が必要なんや」

 

恵介は自分自身の命を使ったとしても子供を死なせたくないとして奉納祭を終わらせることを決心します。

 

供花村の呪いを取っ払って父親になってもいい人間になりたかったのでしょう。

 

自分の命を捨ててでも、今自分がすることはすみれと子供だけでも安全な場所に逃がすことだと考える恵介。

 

心の中で藍とすみれに謝り、もう一度抱きたかったと思っていたところで大悟と宗近に死ぬにはまだ早いと諭されます。

 

そして大悟とともに帰りを待っている人のもとに帰るのです。

 

事件が終息した後、大悟と会った恵介の手には手錠がかかっていました。

 

みんなを救うために多くの罪を犯してしまった恵介ですが、出てきた後はすみれと子供との幸せな生活が待っていることでしょう。

後藤恵介のかっこいいシーン紹介!

「あの人」に捧げられる子供がとらえられている地下牢に入った大悟は、子供たちが既にいなくなっていることに気づきます。

 

大悟がもう子供たちを喰ったのかと聞くと恵介は「だったらなんなんだ」と肯定ともとれる返事をするのです。

 

この時まだ後藤家がやったことのまともな証拠を確保できていなかった大悟でしたが、後藤家が地下牢に迫っていることを恵介に告げられます。

 

このままじゃ逃げ帰れないという大悟に対して、「お前まで狩野みたいに殺される必要はない。俺が逃がしてやる」と言い、逃がそうとします。

 

その後も自分自身が後藤家を足止めする間に大悟が逃げられるように助けてやってほしいと宗近に頼むなど、後藤家と敵対する大悟をことあるごとに助けてくれる恵介。

 

恵介は供花村の人間も大吾の家族も誰にも死んでほしくないのです。

 

しかし、後藤家と警察の激突で多くの家族が犠牲になってしまいます。

 

恵介は誰にも死んでほしくないと言う自分の甘い思いのせいで、兄弟のように育った家族が倒れていく姿を見て涙を流します。

 

そして自分の役割は銀が家族に刷り込んできた呪いを引き継いで、この家と後藤家を守っていくことではなく、その呪いを断ち切ることだと心に決めます。

 

後藤家が大悟の妻を捕らえた時には、「そいつはもうええほっとけ」と伝えて後藤家当主の立場で大悟の家族を助けようとします。

 

家族を想い呪いを断ち切りたい恵介は、後藤家の多くの人を撃ち殺した大悟を許すことはできないと言いますが、大悟も自分の家族を守るために恵介の家族を撃ったことを理解しています。

 

そして自分が大悟の立場でもそうしただろうと言います。

 

そして自分の役割は阿川たちを逃がす。それを果たすだけの命で良いんだと思った恵介は、大悟の妻と娘を打とうとした真の銃を手で受け止めます。

 

そして大悟の家族2人をを守った恵介は、だれにも死んでほしくないと再度後藤家のみんなに伝えるのです。

 

自分の甘い思いで家族がたくさん犠牲になったことに心を痛めながらも、供花村の人間みんなに生きてほしいのが恵介の心からの思いであり叫びだったのでした。

おすすめ記事