銀狼ブラッドボーン全巻無料で読む方法紹介!漫画アプリダウンロードで最新刊までタダ?70歳のイケメン主人公現る!

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『銀狼ブラッドボーン』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。 

『銀狼ブラッドボーン』は漫画アプリ『マンガワン』で全巻無料で読める?

いきなり、結論です。

 

『銀狼ブラッドボーン』は、こちらの小学館が運営する漫画アプリマンガワンにて全巻無料で読むことができます。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

というのも『銀狼ブラッドボーン』は、『マンガワン』で独占連載されている作品だからです。

 

安心安全に、そしてタダで『銀狼ブラッドボーン』を全巻無料で読破したい方は『マンガワン』を使う方法が最もお得です。

『マンガワン』は小学館が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

また『マンガワン』では、『銀狼ブラッドボーン』以外にも

  • 闇金ウシジマくん
  • アフロ田中
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • 青のオーケストラ
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、同じく小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『サンデーうぇぶり』で無料で読める主な作品一覧
  • 名探偵コナン
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • YAIBA
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  •  

などなど…

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • ゴールデンカムイ
  • GANTZ
  • キングダム
  • BUNGOーブンゴー
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • 来世ではちゃんとします
  • ここは今から倫理です。
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガワン』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、👇特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています「無料で多くの有名漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

次に『マンガワン』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

『マンガワン』の使い方を簡単に紹介

マンガワンを無料でお楽しみいただくには、以下のライフSPライフの使い方をマスターしておくだけでKOです。

簡単に説明していきます。

『ライフ』とは?取得方法と使い方を解説

ライフとは?
  • ライフとは、アプリ内で漫画を読むために必要なアイテム
  • 朝9時、夜9時に4ライフずつ配布される(1日計8ライフ貰える)
  • 1ライフ消費で好きな作品(漫画)を1話無料で読むことが出来る

以上が簡単なライフの取得方法と使い方の説明です。

 

つまり毎日、計8枚配布されるライフを使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムです。

 

但し1点だけ注意があり、ライフを4つ以上貯めこむことは出来ません

 

朝9時に4ライフが配布され、その4ライフを使わずに夜の9時を迎えたとしても新たにライフが加算されることはないので注意が必要です。

『SPライフ』とは?取得方法と使い方を解説

SPライフとは?
  • SPライフとは、アプリ内で漫画を読むために必要なアイテム
  • ライフがなくなってしまった場合でもSPライフを使用することで好きな作品(漫画)を1話無料で読む事が出来る
  • 新規ダウンロード特典でSPライフが50枚付与される
  • 毎日、短い広告動画を1度見るだけでSPライフが1枚付与される

以上が簡単なSPライフの取得方法と使い方の説明です。

 

下記画像のように新規ダウンロード特典では、SPライフ50枚無料配布されます。(50話分)

 

そして毎日、短い広告動画を視聴することで漏れなく1SPライフを取得することが出来ます。(アプリを起動すると↓の画面が表示されます)

つまり『マンガワン』を新規ダウンロードした暁には特典で貰えるSPライフ50枚で好きな作品を50話(巻数にして6~7冊分)を一気に読破できてしまうのです。

 

控えめに言わずとも読者ファーストの神アプリ。是非、一度試してみる事をオススメします。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『銀狼ブラッドボーン』の世間の評価は?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『銀狼ブラッドボーン』見どころ紹介!

見どころ①カッコよすぎるジジィ!!70歳の主人公『ハンス』

 

主人公ハンス・ヴァーピットは、かつて『銀狼』と呼ばれた吸血鬼退治のエキスパートであり、町の英雄です。

 

現在は戦場を退き、サンサロドという街にある自邸で半吸血鬼(ダンピール)のココウィルと共に余生を過ごしていました。

 

しかし、近所の住人が肉と血を残して骨だけが抜かれた状態で殺害されるという、人間には不可能な事件が起こり、化け物の気配を感じたハンスは戦場へと戻っていきます。

 

70歳というバトル漫画としてはかなり年配の主人公ですが、メチャクチャかっこいいんです!!

 

老人とその実力を侮ることなかれ、一度戦場に出ればかつて数多の吸血鬼達を葬った愛用の戦槌(ウォーハンマー)を武器に化け物達をなぎ倒して行きます。

 

ですがやはり全盛期の実力に及ばないのも事実、老いによる体力の低下により体がついていかず敵に遅れを取ってしまうことも。

 

しかしハンスはそんな窮地を長年にわたる戦いでの経験を駆使して打破して行きます。

 

老いに負けず、逆に老いた事で得た経験を活かしていくハンスの戦いに是非注目して頂きたいです!

 

また、ハンスが得たものは戦いの知識だけでは無く、吸血鬼との戦いで多くの仲間との別れを経験した彼の口から紡がれる言葉の数々です。

 

この言葉たちは、10代20代の主人公には出せない重みと渋さを持っています。

 

そんな彼が残り僅かな余生をどう生きていくのかもこの作品の大きな見どころとなっています 。

 

老体に鞭を打ちグリムと戦っていくハンスですが、そんな彼に続く者が・・・

 

東洋の剣士『秋水』をはじめ、かつて敵として死闘を繰り広げた相手など魅力的な仲間達がハンスと共に戦う事を決め、グリムに立ち向かっていきます。

 

70歳という異色の主人公ですが、ただのお爺さんでは無く最強の老いぼれ兵士として戦っていくハンスの姿にきっとあなたも「ジジィかっこいい!!」となる事間違いなしです!!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

見どころ②事件の犯人、出自不明の怪物『グリム』

 

人の骨だけを抜き取るという凄惨な『骨抜き事件』を起こした犯人であるグリム。

 

その実力は老いたハンスを容易に破り、全盛期のハンスとも互角に渡り合えるであろう程です。

 

グリムの恐ろしさは彼自身の強さに留まりません。

 

1本の歯から化け物を生み出すだけでなく、死者を蘇らせる事も出来るのです。

 

「骨抜き事件は、ハンスを戦場に誘き出す為だけに引き起こした」と語る彼ですが、ハンスに執着する理由とは何なのか?

 

人の骨を喰らい圧倒的な強さを持つグリムの正体とは?

 

その大きな謎は物語が進むに連れて明らかになっていきます。

 

そして、かつての戦友や宿敵である吸血鬼が蘇り自分の前に立ちふさがった時、ハンスはどう立ち向かって行くのか?

 

ハンスの葛藤とグリムの目的にも注目して読んで頂きたいです。

見どころ③ハンスの自称彼女、ココウィルの成長

 

ハンスの同居人であるココウィルは半吸血鬼な為、普通の人間とは違い、高い身体能力を有しています。

 

ですが実戦経験は少なく、危ないことをさせたくないというハンスの思いもあり、戦闘には参加していません。

 

しかし、ココウィル自身はハンスの手助けがしたいと考えており、物語が進むにつれ、守られる者から共に戦う者へと成長していきます。

 

また、最新11巻までの現在、半吸血鬼はココウィルしか登場していません。

 

何故ならば人間と吸血鬼の間には大きな隔たりが有る為、人間と吸血鬼のハーフであるココウィルはとても珍しい存在なのです。

 

そんな唯一無二の存在であるココウィルの存在や、生い立ちも物語が進むにつれて重要な意味を持ち始めます。

 

ハンスに対する恋心や戦うこと事の意味、ココウィル自身の生い立ち、そんな所に注目して読んでいくとこの作品をさらに楽しめるようになる筈です!!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『銀狼ブラッドボーン』序盤あらすじ紹介!

第一話「スマイル」

この作品は吸血鬼と人間が戦争をしていて、物語は人間側が勝利した後の世界から始まります。

 

サンサロドという街で一人の女性がデートの待ち合わせ場所へ向かうシーンから始まります。

 

女性の名前はハルといい、待ち合わせ場所で待っているとデート相手の男が現れます。

 

見た目は白いスーツを着ており整った顔立ちをしている若い男でした。

 

そして誰にも邪魔されない二人きりの空間で、男がハルの顎を優しく持ち上げるとキスをしました。

 

すると次の瞬間、「ボキッ」という音と共にハルの口から血が吹き出し、ハルは慌てて男を突き放すと、なんと男は彼女の歯を噛み砕いて食べていたのです。

 

男は「ピーナッツってさ食べ始めるとさ、クセになって止まらなくなっちゃうよね。丁度今、そんなキブン。」と言いながら落ちていたハルの歯を噛み砕きます。

 

ハルは血が流れる口を抑えなんとか逃げようとしますが、男は顔を歪に変形させ、ハルを捕食し殺害します。

 

その後、殺害現場の遺体を見た刑事は「人間わざじゃないな。」と呟きます。

 

実は遺体の状態は血と肉のみで人体の骨は全て引き剥がされ消失していたのです。

 

場所は変わり街の路地裏で大きな歯を揃えた口を持つ黒く巨大な幼虫のような生き物が人間を捕食しており、そこにはあの白いスーツの男もいました。

 

その後、人骨のみ抜かれた死体が立て続けに発見されたことから「骨抜き事件」(アンポンド事件)と呼ばれ始めます。

 

犯人の足取りが一向に掴めない事と人間の犯行とは到底思えない手口から刑事とその上司のドゥネという警部は犯人が正体不明の化け物の可能性を考えます。

 

そこでドゥネは古くからの知人である銀狼と呼ばれる人物に連絡を取ります。

 

銀狼と呼ばれるその男はハンス・ヴァーピットという名で、稀代の吸血鬼ハンターとして名を轟かせていました。

 

ハンスは現在70歳で吸血鬼もいない事から既に引退して長い年月が経っており、ココウィルという少女と二人で住んでいました。

 

二人でチェスをしていると警察から骨抜き事件の捜査協力の要請と人の骨を食べる化け物の討伐依頼が届きました。

 

手紙を見たココウィルは「へー、吸血鬼以外に化け物って居たの。私も半分化け物だけど知らなかったわ。」と言います。

 

実はココウィルは、人間と吸血鬼のハーフである半吸血鬼(ダンピール)だったのです。

 

「ハンスのハンターとしての腕を買っての討伐依頼でしょ。」というココウィルに、化け物の討伐の他に警察には別の目論見があるとハンスは言います。

 

ハンスの予想は当たっておりドゥネ警部は自分たちでは事件の対処ができないため、名の知れた英雄であるハンスを生贄にすることで国の軍にも捜査させようとしていたのです。

 

しかしハンスは警察の考えをわかっていた上で、自分が築き上げた街の平和を守るため化け物退治の依頼を引き受ける決意をし、1話目が締められます。

 

ジャンルはサスペンスアクションでしたが、70歳のおじいちゃんが主人公という設定はなかなか珍しく新鮮味がある作品です。

 

元吸血鬼ハンターのハンスと半吸血鬼のココウィルの関係や、謎の化け物の正体など続きが早く見たくなるような1話でした。

第2話「老兵動く」

ハンスは要請を受け警察へ出頭し、アナという女性の刑事と事件の調査を開始します。

 

調査に向かいながらハンスはアナにドゥネとは40年以上の付き合いになり、息子の友人で子供の頃から知っており、街を大切に思う良い警官だと胸の内を伝えます。

 

窓から二人を見守るドゥネは、生贄にすると言いながらもあのハンスが化け物に殺されるわけがないと内心とても頼りにしていました。

 

ハンスとアナは殺害現場に行き、発見時の遺体の写真を見ていると人の歯を見つけます。

 

すると、見つけた歯が人の顔ほどの大きさになり牙が備わった肉塊に変形し、アナ刑事の肩に噛みつきました。

 

肩を食いちぎろうとする肉塊にハンスは銃を撃ちますが効きません。

 

ハンスは力づくで引き剥がし渾身の蹴りで壁に叩きつけ無力化しました。

 

もし銃が効かないこの生物が大量に作り出せたりしたら一般人どころか警察の人間でも対処できないとハンスは危惧します。

 

犯人がその気になればすぐにでも大量虐殺が起こる可能性があると考え、作戦を立て直すために一度警察本部に戻るところで2話が終わります。

 

驚いたのは銃が全く効かない生物なのにキックで粉々にするハンスの身体能力が気になります(笑)。

 

1話では生贄にすると言っていたドゥネですが今回の話で実はハンスへの大きな信頼があることがわかる2話でした。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第3話「襲撃」

本当にいた謎の化け物に襲われショックを受けるアナにハンスは励まします。

 

若い時はろくでもない人間だったが、そんな自分でも愛してくれた妻と受け入れてくれたサンサロドの街が心の底から好きだということ、家族も友人も全て得たこの街を命に代えても守りたいとアナに話しました。

 

その言葉にアナは鼓舞され「わっ、私も手伝います!私もこの街が守りたくて、刑事になったので!」とハンスに伝えます。

 

警察本部に戻ると警察署の前に人だかりができていました。

 

何が起きたのか聴くと市民は、建物から銃声と轟音が鳴り響いたと話しました。

 

ハンスは焦り警察署の門を開けると化け物に攻撃を受けて警察は壊滅状態でした。

 

二人は奥へ進むと巨大な虫のような化け物にドゥネが襲われていました。

 

アナは前に襲われた時より、比べ物にならない恐怖を感じ諦めようとしますがハンスは一切の躊躇なく敵に向かっていきます。

 

そしてその勇姿を見てハンスがなぜ英雄と呼ばれているのかを理解しました。

 

ドゥネを救出することには成功しますが70歳の体では到底現役の時のようにうまく動けません。

 

それでもハンスは正面から敵に立ち向かう場面で3話が終わります。

 

次の話からいよいよ本格的に戦いが始まります。

 

展開的に珍しいと思ったのが、最初のバトルのシーンです。

 

主人公の定番の流れであれば圧倒するかピンチからの大逆転のどちらかだと思いますが、設定がめちゃくちゃ強いけど70歳のおじいちゃんなのでどう戦うのか凄く気になりました。

第4話「戦場への帰還」

ハンス達が戦っている中、生きていた警官達は建物前の野次馬に避難するよう指示していると、ある少女が人垣を飛び越えていきました。

 

それを見た警官が制止しますが少女は「ちょっと歳の離れた彼氏に、忘れ物を届けにね。」と言い建物内に入っていきました。

 

その少女とはココウィルのことで戦っていたハンスに昔使っていた武器を届けに来ていました。

 

その武器は数多の吸血鬼を葬ってきた銀合金製の戦鎚(ウォーハンマー)でした。

 

迫り来る相手を前にして久々に使う戦鎚に重さを感じ、自分の体が日に日に年老いて死に近づいているのを改めて実感します。

 

「老いに勝てる人間なぞいない。いや、老いて朽ちるからこそ人間なんじゃろう。」

 

「ワシは弱くなった。それは確かじゃ。だが……」

 

「お前如きに、負けるほどじゃあない。」

 

戦鎚を大きく振りかぶり、一撃で敵を倒しました。

 

ハンス達は安堵していると「なるほど、これがハンス・ヴァーピットか。」と白いスーツの男の声が聞こえてきました。

 

するとドゥネの喉から別の声が聞こえていることに気づき、次の瞬間ドゥネの悲痛の叫びと共に口から白いスーツの男が出てきて4話が締められます。

 

この話は上記に書いてあるようにハンスの名言が出るので個人的にかなり好きです。

 

それにしても1話で気になっていたココウィルとハンスの関係がまさかの恋人だったことに驚きました。

 

白いスーツの男は骨を食べるどころか銃の効かない生物を作り出したり、人間の体内に入り込んだりともうなんでもありだなコイツと思いました(笑)。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第5話「咀嚼する者」

ドゥネの口から突如出てきた男にハンスは戦鎚で攻撃します。

 

男はその攻撃を避けるとアナを人質に取り、挑発します。

 

男はハンスに話をしたいと持ちかけると、ハンスは貴様は一体何者だと声を荒げて問いかけます。

 

「吸血鬼は血を啜り、人間は肉を喰らう。そしてボクは…」

 

「骨を貪り、咀嚼する者。」

 

男は自分の名前をグリムといい、この世は玩具やご馳走(人間)が溢れる楽園であると話します。

 

今回の骨抜き事件を起こし、警察署を襲撃したのも、引退したハンスをもう一度戦場に引きずり出し、今のハンスを見極めるためでした。

 

グリムは人質のアナを掴んで片手で持つとハンスに向かって思い切り投げました。

 

ハンスはアナをキャッチしますが同時にグリムが迫ってきており、応戦しようとしますが、アナを庇い一手遅れたことで攻撃を受け吹き飛ばされてしまいます。

 

戦場での非情さを忘れ、老いてしまったハンスにグリムは落胆します。

 

グリムは自分が欲しいのは、最高の姿のハンス・ヴァーピットだと告げ、ハンスの胸に指を抉り込ませます。

 

グリムは自分とハンスを繋ぐ楔をプレゼントしたと言い、その場を後にします。

 

気絶していたドゥネは意識を取り戻すと自分を囲っているハンス達を見て死ぬことを悟ります。

 

そして最後は、老いたハンスよりも先に死ぬことへの謝罪とドゥネが小さい頃に見たハンスへの憧れを思い出し静かに息を引き取り5話が終わります。

 

ドゥネが最後に死ぬのは悲しかったですね。

 

実は警官になった理由がハンスに憧れてたからであり、ハンスもそれを知らないままなのが切なかったです。

第6話「再出発」

グリムとの戦いから二日後、ココウィルはハンスのお見舞いに来ていました。

 

ココウィルは自分が半吸血鬼だということをグリムはなぜ知っていたのか疑問に思います。

 

病室へ向かっているとふと今日の新聞に目が留まりました。

 

新聞には英雄ハンス・ヴァーピットが骨抜き事件の犯人に敗北したという記事が載せられていました。

 

それを見たココウィルは若干不機嫌になりながら、病室に入るとハンスは怪我をした体にも関わらず、失った勘と体力を取り戻すために鍛錬していました。

 

ココウィルがハンスに新聞の記事について不満を漏らしますが、実はこの記事はハンスが今回の事件を国内外に広く伝えるために自ら新聞社に載せるように頼んでいたのです。

 

そのハンスの行いは亡くなったドゥネがやろうとしていたことであり、実際に国の軍隊派遣も決定していました。

 

グリムはなぜ自分を狙ったのか、目的は何なのか、そして自分の体に埋め込まれた楔とは一体何なのか、ハンスには様々な疑問が残ります。

 

するとココウィルは、かつての力もなく、無茶をして死んでほしくないと思う事からハンスが戦う必要はないのではないかと提案します。

 

ハンスにもそれは十分理解していました。

 

しかし、ハンスはここで退くと死んでいった大切な人たちとあの世で会えなくなってしまう気がすると感じていました。

 

また一から鍛え直し、70歳の挑戦者としての再出発を決意します。

 

それを聞いたココウィルもハンスの思いを尊重し、彼の力になることを決意します。

 

その夜グリムは、ハンスの亡き妻であるイザベラ・ヴァーピットの墓に佇んでいました。

 

すると、サンサロドの港の方角から炎上している一隻の船がありました。

 

船の中には乗客を襲い不気味に笑うグリムの仲間と思わしき少年と一人の青年が倒れている場面で6話終わります。

 

ドゥネがしようとしていたことを自分の名声を犠牲にして成し遂げたハンスに粋だなあと思いました。

 

4話の感想でココウィルとハンスの恋人関係に驚いたと書いたのですがどうやらココウィルが惚れているだけのようです。

 

ハンスもココウィルを大事に思っていますがあくまで孫娘のように扱っていて、彼は亡き妻であるイザベラを唯一愛した女性とかなりの愛妻家のようです。

 

またグリムが今度は何を使用としているのか、最後の少年と青年は一体何者なのか気になりました。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第7話「東からの来訪者」

ハンスとココウィルは新聞で昨夜に旅客船の沈没があったことを知ります。

 

火災による沈没で生存者が未だ発見されていない事からハンスは事件と予想します。

 

「え?事件?事故じゃないの?」と不思議がるココウィルにハンスは不審な点があると言います。

 

火災は湾内で起きたので、飛び込んで港まで泳げば乗客達は助かったはずだと疑問を抱きます。

 

ハンスは今回の沈没事件を含めグリムにつながる手がかりを得るため、街で起きる事件を調べることにします。

 

事件現場に来た二人にアナがある情報を話します。

 

それは炎で焼かれてはいるが遺体の状態が骨抜き事件と同じで、骨が全て抜き取られていたという事です。

 

ハンスは遺留品を見ていると中から一本の刀を見つけます。

 

その刀の名前は鬼童丸といい、ハンスが昔にとある国で倒した吸血鬼が使っていた刀だと話します。

 

その後アナに刀を預からせ、二人は情報屋へと足を運びます。

 

すると突如後ろから謎の青年がハンスに斬りかかってきました。

 

辺りは騒ぎになりハンスも戦鎚で防御しますが、青年がアナに預けた刀を持っていることに気づきます。

 

「おい、その刀はどうやって手に入れた?」と問いかけたとき、騒ぎで混乱した馬車の馬が青年目掛けて突進していきます。

 

しかし青年は何も動ずることなく馬車を一刀両断します。

 

青年の技量を見たハンスは明らかに尋常ではないと感じ、戦闘態勢に入ると青年はハンスに向かって「貴様ら化け物は全員殺す。」と言い、刀を構え7話が締められます。

 

日本のサムライを意識した青年が登場しましたがとてもカッコ良かったです。

 

この青年もグリムの仲間に襲われていたようですが吸血鬼が使っていた刀を使っているので、ココウィルと同じ半吸血鬼かもしれないですね。

第8話「復讐者たち」

青年は勢いよく斬りかかり凄まじい剣技を見せるがハンスも負けじと戦鎚で応戦します。

 

青年は距離をとると抜刀術の構えをし、ハンスはあの最速の攻撃を防ぐ術はないと悟ります。

 

ハンスは刀を抜かれる前に戦鎚を投げ、銃を撃ちます。

 

意表を突かれ間一髪防いだ青年でしたがその隙を突かれ、戦鎚の一撃で吹き飛ばされます。

 

青年は満身創痍になりながらも執念で立ち上がろうとします。

 

「俺を止めたきゃ…殺して止めろ!!」

 

「お前らが俺の家族にそうしたように…肉を削いで骨を食ってなぁ!!」

 

ハンスがまるでグリムの仲間だと思っているようなことを言い残し、青年は気絶します。

 

ハンスは気絶から目を覚ました青年に自分をなぜ化け物と呼んだのか問います。

 

その問いに青年は化け物の気配を感じることができ、ハンスからも同じ気配がしたと話します。

 

青年が感じ取った気配はグリムとの戦いで埋め込まれた楔によるものでした。

 

自分達の敵は同じだというハンスに、お前は奴らのことを何も知らないと言います。

 

故郷をグリム達に滅ぼされた青年はハンスに衝撃の事実を告げます。

 

それは骨食いの化け物は、人を使って繁殖するということでした。

 

これで8話は終わりです。

 

7話の感想ではこの青年を半吸血鬼ではないかと書きましたが、ちゃんと人間でした(笑)。

 

ハンスは自分の住む街を守るつもりでグリムを倒そうとしていますが、青年の話から他国でも既に被害が出ている事から物語の規模が大きく展開されていくと思います。

 

この青年はすごくカッコいいので和解して仲間になって欲しいと思いました。

第9話「絶望は過去から来たる」

青年は自分の故郷の人たちが目の前でグリムと同じ同類に変えられていたことを話します。

 

奴らを根絶やしにしない限り、この街も同じ末路になるとハンスに警告します。

 

場所は変わり、人間と吸血鬼との大戦時に使われていた地下水路にある避難壕に軍の捜索隊がいました。

 

小隊を率いる曹長はあの英雄であるハンスを倒した犯人を討伐することで手柄を得ようとしていました。

 

避難壕から何か砕いているような音が聞こえたので見ると、グリムが死体から骨を取り出し食べていました。

 

小隊の一人が足元の死体に驚き、声を上げると後ろから眼帯をした長髪の男が現れ、兵士を殺害します。

 

その男はかつてハンスに倒された鬼童丸の持ち主の吸血鬼でした。

 

残った曹長は楽しそうに笑うその吸血鬼から逃げようとしますが、軍服を着たメガネの男にぶつかります。

 

そのメガネの男の腕には今は存在しないはずの銀狼団の紋章がありました。

 

銀狼団(シルバーウルヴズ)とは吸血鬼討伐専門の義勇団であり、あのハンス・ヴァーピットが率いていた部隊でした。

 

メガネの男を退け逃げようとした時、沈没した船を襲った少年が曹長を殺害しました。

 

少年は「もう会ったの?僕のココウィル姉さんと。」とグリムに聞きます。

 

グリムは少年に元気そうだったと伝え、部屋の奥に歩いて行きます。

 

そこには復元した今は亡きハンスの妻であるイザベラ・ヴァーピットの死体がありました。

 

そしてグリムは10年前に死んだ妻が生きた姿で現れたら、ハンスはどんな顔をするか想像します。

 

ハンスが今まで倒してきた吸血鬼や一緒に戦った仲間を蘇らせ、ハンスに仕向けようと画策していました。

 

ここで9話が終わります。

 

これで1巻が終わりますが、今回は敵側の主要キャラクターが何人か出てきました。

 

みんな何かしらハンスと関係を持っていいて、特にメガネの男は恐らくハンスの同僚であり、歳をとっていない事からこの人もグリムの力で蘇ったのではないか思います。

 

他にも少年がココウィルの弟と自称してたり、イザベラがいつ頃蘇るのかなどこれからの展開が気になる9話でした。

おすすめ記事