ベンチプレスは男の必需品?筋トレするならホームジムを作るべき理由を徹底解説!筋トレをするべき4つのメリットも紹介!

Bellator

 

どうも!このブログを運営しているyuuu(ゆう)と申します。

 

本日は自宅にホームジムを作るメリット、そして筋トレするメリットについて自分の体験談も踏まえ書かせて頂こうと思います。

 

実は私、「自宅で本格的に筋トレがしたい!」と思い立ち、数年前にベンチプレスやダンベル、腹筋台などの筋トレ器具を購入し自宅に簡易的なジム(ホームジム)を作ってしまいました!

ホームジムとは?
ダンベルやベンチプレスなどのトレーニングマシーンを購入し、自宅の一室をジムにすること。

 

↑こんな感じで、実家の客間に勝手にホームジムを設立しましたw

 

この記事は、ホームジムを実際に作ってトレーニングをしている私がホームジムのメリットデメリットを忌憚なくご紹介する内容になっています(^^♪

こんな方を対象にした記事

・ホームジムを作るか検討している方

・ホームジムのメリット、デメリットを知りたい方

・ホームジムを作るうえで最低限、買うべき筋トレ用具を知りたい方

・ホームジムを作り、筋トレに励んだ私の成果を見てみたい方

をターゲットにしています(^^♪

 

これからホームジムを作ろうか悩んでいる方にホームジムの良さをお伝え出来ればと思います!

 

まずは、そもそも筋トレするメリットとは何なのか?を持論も交えて紹介していきます。

 

※最後に私がオススメするトレーニング器具メイカー&私が購入した筋トレ器具も載せておくので、是非参考にしてみてください。

そもそも何故、筋トレをするべきなのか?【極論、自信に繋がる】

まず私がお伝えしたい事は、筋トレをするべき理由です。

 

私が思う筋トレをする事によって起こる、4つのメリットを順序立てて説明していきます。

メリット① 筋トレはモテる最大のツール

1つ目のメリットは、当たり前っちゃ当たり前かもしれませんが、

 

筋トレをすることでモテます

 

特に女性は、男性の筋肉質なカラダに魅力を感じる場面が多いのだとか!

 

筋トレ男子に好意を寄せる女性に多い意見は、

 

「(いい筋肉をしている男性は)何かあった時に守ってくれそう♡」

 

「太い腕がたくましくて素敵♡」などの肯定的なものばかりです。

 

また、筋肉質で健康的なカラダをキープしている男性は「体型に気をつかっている、しっかりとした男性とイメージを持たれ、良い初頭効果を異性に与える事が出来ます。

初頭効果とは?
相手に与える第一印象のこと。その第一印象が長い間残り続けるため、出会った最初に相手に与える印象は重要という心理学の用語です。

 

肥満でだらしのないカラダをしている男性よりも健康的なカラダで爽やかな男性の方が魅力的に映るのは、当然の心理です。

 

女性からの第一印象が良くなるだけでも忙しい時間を割いて、トレーニングする価値は十分ありますね。

メリット② 筋トレは、イジメの最大の抑止力になる!

2つ目のメリットは、

 

筋トレがイジメの最大の抑止力になる

 

という事です。

 

私の大好きな筋トレを話題に数々の格言とも呼べるツイートをしているTestosterone(テストステロン)さんも、このように述べています。

ブランド物を着用し「私はお金持ってます成功してます」と他者に無言のメッセージを送るのと同様に、筋トレして筋肉つけて「私は弱者ではない。やられたらやり返すぞ」と他者に無言のメッセージを送れ。見た目が強いだけでイジメやパワハラ等を受ける確率は格段に減り人生が快適になる。筋肉はパワー。

 

学校でイジメを受け、悩んでいる学生さん。

 

職場で上司にいびられ、パワハラを受ける毎日を送っているサラリーマンの皆さん。

 

心機一転、筋トレに目覚めてみては、いかがでしょうか?

 

筋トレは裏切りません。

 

ストレス発散にもなります。

 

やればやるだけ結果がついてきます。

 

いじめっ子やパワハラ上司も徐々に腕周りが太くなり、胸板が厚くなるアナタを見たら態度も一変してくるはずです!

 

筋トレをして気をデカく持ちましょう!

 

いつでも絞め落としてやる!くらいの気持ちを持つことも強く生きていく上では必要な要素です。

 

もう一つ、テストステロンさんの金言を紹介します。

嫌がらせとか詐欺とか街で絡まれるとかパワハラとかイジメとか、そういう類の災難の最強の対抗策は筋トレして筋肉つける事。卑怯者しかやんない下劣な行為だからそういう事する奴らは卑怯者らしく自分より弱そうな奴しか狙わないのよ。筋肉があるだけでターゲットから外されんの。とても大事な事です。

非常にモチベーションの上がる金言です( `ー´)ノ

メリット③ 良質な睡眠をとることが出来るようになる!

3つ目のメリットは、

 

良質な睡眠をとれる事

 

です。

 

というのも、私の場合、会社などから疲れ切った状態で帰宅しても、すぐに自宅のホームジムでトレーニングをしています。(私の場合は約30分)

 

そうすることで1日の活力のすべてを放出することができ、結果、少ない睡眠時間でも良質な睡眠がとれるというカラクリです。

 

つまり、無理しない程度に自分の体力ゲージを0にし、ぐっすり眠るということ。

 

また、筋トレをしている最中にはテストステロンという幸せホルモンが分泌され、ネガティブな気持ちを打ち消してくれる作用も持ち合わせているのです。

 

いたせりつくせりの筋トレ!

 

疲れた時こそホームジムでトレーニング!

メリット④ スーツやTシャツが似合う男になる!

最後の4つ目のメリットは、

 

スーツやTシャツが似合う男になる

 

事です。

 

個人的に、この「スーツやTシャツが似合う男になる」を一番のモチベーションにしてトレーニングに励んでいます。

 

夏と言えば半そで!

 

腕周りがパンパンに膨れ上がった肉体でGUの1枚、500円のTシャツを着こなしたらカッコよくないですか?

 

筋トレをして着こなしたこの500円のTシャツは1枚、数万円もするブランドのTシャツよりも何倍もの価値のある物になるに違いありません。

 

断言できます。

 

値段の高いブランド物の洋服を着て女性の高感度を上げたいのなら、筋トレしてGUのTシャツを着こなし方が、よっぽどコスパがいいのでは、ないでしょうか?(笑)

 

あくまで私、個人の考えですが、、、

 

また私自身、スーツの似合う男性にも憧れを抱いていまして、中でもアメリカの格闘技団体UFC(ユーエフシー)でスターの座に君臨しているコナーマクレガーという選手が特に好きなんです!

 

このコナーマクレガー選手のように鍛え上げられた肉体を持てばスーツが凄く似合う男性になる事も可能なんです!

 

どうですか?筋トレ始めたくなりましたか?(笑)

 

色々書きましたが、以上の4つが筋トレをするべきメリットです。

 

次は本題のホームジムをつくるメリットを紹介します。

ホームジムを作るメリットは時間の節約、ランニングコストの削減に繋がる

まずは、私がホームジムを作ろうと思ったきっかけをお話しします。

 

現在、私は埼玉県のちょい田舎町に住んでいます。

 

家の隣が田んぼで、最寄りの駅まで自転車で20分以上かかる立地に家があるため、駅近にあるトレーニングジムに通うのにも個人的には一苦労。

 

雨が降っていたり強風が吹く日は、せっかく筋トレをするモチベーションが上がっていたにも関わらず、結局ジムに行かずにサボってしまう。なんて事が多々ありました。

 

また、特に夏と冬は、暑かったり寒かったりで「やっぱ今日はいいや」とサボってばかり。

 

時間的にもジムへ行く準備(着替えや飲み物、プロテインなどの用意)やジムへ行く移動時間も併せると往復1時間以上もかかってしまい、貴重な1日の時間の24分の1をロスしてしまうことに気づきました。

 

仮に1日の睡眠時間を8時間とすると残りの16時間のうちの1時間以上もの時間をジムへ行く準備と移動時間に費やしていた事になります。

 

「1時間のロスは、かなり勿体ない。」

 

「(準備や移動)時間を最小限節約してトレーニングをするには、どうしたらいいのだろうか?」

 

などと色々考えた結果、

 

自宅によく使用するトレーニング器具を買い、ホームジムを作ってしまおう!

 

という結論に達しました。

 

実家の客間である和室に勝手にベンチプレスやダンベル、腹筋台などのトレーニング器具を購入し、設置。

 

これくらいの器具なら、そこまでスペースを取る事はないのでオススメです。

 

ホームジムを作るメリットは、

 

時間の節約になるという事。

 

また、

 

すぐにトレーニングが出来る環境にある事から筋トレのモチベーションに繋がると言う事。

 

以上の2点が私がホームジムを作った最大の理由です。

 

またホームジムを作ることはランニングコストの削減にも繋がります。

 

例えば1回のジム使用料金が500円のジムで週3回トレーニングを行ったとします。

 

1カ月の料金が6千円、1年で概算すると7万円以上出費になってしまいます。

 

ちなみに、私が購入したものと全く同じ商品↓をすべて合計しても61884円(2019年9月23日時点でのamazonの値段)

圧倒的にコスパが良いのです。

↓ベンチプレスの台:13284円(シャフト&プレートは別売り)

 
↓ベンチプレスのシャフト&プレート(70kg)

 
↑この2点さえ購入すれば十分なベンチプレストレーニングが可能なのでオススメです。送料無料で設置も簡単。
 
↓またベンチプレスを買う際は、こちらのセイフティーラックも併せて購入するべきです。この器具でより安全にベンチプレストレーニングが出来ます。もちろん私も買いました。

 
↓片手20kgのダンベル。重り(プレート)はベンチプレスのプレートにも使えます。ダンベルでは、こちらを私は選びました。

 

筋トレをして新たな自分に出会いたい方はもちろん、仕事が忙しくてジムに通いにくいサラリーマンの方、健康に気をつけたい方、ジムに行ってトレーニングするのは、ちょっと恥ずかしいと思っている方、筋トレしてセクシーなカラダを手に入れたい女性の皆さん。

 

ホームジムを作ることを検討してみては、いかがでしょうか?

 

最後に「どの筋トレ器具を買えばよいか迷っている」という方に向け、初心者がまず買うべき器具をご紹介します。実際のホームジムの成果も書いているので、もう少しお付き合いください!

 

私が購入した筋トレ器具は、上記で紹介しましたので参考にしてみてくださいね。

筋トレ初心者にオススメの筋トレ器具

これからホームジムを作ろうか悩んでいる方に伝えたい、まず最初に買うべきトレーニング器具を紹介します!

①ダンベル!

ホームジムを作る上で欠かす事のできないのは、ダンベルです。

 

ダンベルは使い方次第で上腕二頭筋上腕三頭筋などの腕周りを鍛える事ができたり、胸筋広背筋も鍛える事が出来ます。

 

さらにダンベルを持ちながらスクワットを行えば、負荷のあるスクワットを行う事も可能。

 

つまり汎用性の高いトレーニング器具なんです。

 

「いきなりベンチプレスは、ちょっと買えないかな~」と思う方は、まずはダンベルを購入する事をオススメします。

 

初めてダンベルを買う方なら、20キロのダンベルで十分だと思います。(片方10kg×2)

私は何故か60キロセットを購入し、結局使用していないプレート(重り)が多数ある状況です。泣

 

上記の写真のようにダンベルシャフト(重りをつける棒)が2本ついてくるので、ベンチプレスのように胸筋も鍛える事が出来ます♪

 

力に自信のある方は、40キロセットでもいいと思います!もちろん重りの調整も可能です!(例、片方12.5kgなど)

②ベンチプレス!

個人的に1番使用頻度の高いトレーニング器具がベンチプレス

 

ベンチプレスは一家に1台、必須なトレーニング器具といっても過言ではないほど、優良な器具です。

 

好きな理由は単純にしていて楽しいですし、胸筋がデカくなることは男のロマンですw

 

思う程、場所を取らないですし、値段もそこまで高くないです。

 

気を付けて欲しいのが、ベンチプレス台だけ買ってもバーベルシャフト(重りをつける棒)とプレート(重り)は附属していないため、別途購入する必要があるという事です。

 

 

↓ベンチプレスの台:13284円(シャフト&プレートは別売り)

 
↓ベンチプレスのシャフト&プレート(70kg)

 
↑この2点さえ購入すれば十分なベンチプレストレーニングが可能なのでオススメです。送料無料で設置も簡単。
 
↓またベンチプレスを買う際は、こちらのセイフティーラックも併せて購入するべきです。この器具でより安全にベンチプレストレーニングが出来ます。もちろん私も買いました。

 

結局、どのベンチプレスを購入してよいか分からない!という方は↑上に貼ってあるベンチプレス台とバーベルセット(70kg)、セイフティーラックを買えばKOです。

③腹筋台、サンドバッグ

腹筋台やサンドバッグは、あれば便利で、楽しいです!

 

特にサンドバッグは、ストレス発散になり、有酸素運動にもなります。

 

ランニング嫌いな私は、すごく重宝しています(笑)

 

私が購入したファイティングロードのサンドバッグが11000円(税抜き)、腹筋台は6800円(税抜き)で販売しています!

 

ブログ運営者yuuu(ゆう)のホームジムの実績!!!

この記事を読んでくださった方は、多分こう思っているはずです。

こんだけ長く筋トレやらホームジムについて、語っておいて実際、あんたは筋トレの成果でてるの!?( 一一)

 

そう思うのもごもっとも。

 

お答えします。

 

 

結論:そこそこ出ている!

 

 

です(笑)

「お肌が汚い」

 

とか

 

「キモイ」

 

という感想は想定内です(笑)

 

あまり言わないでくださいね(泣)

 

ちなみにホームジムを作る前は、身長が172cmで体重が75キロほどあったポッチャリさんでしたが、ダンベルやベンチプレスで筋トレをしながら、サンドバッグを殴っていたら65キロまで体重が落ち、そこそこいい筋肉もつきました!

 

長々と筋トレをするメリットやホームジムを作るメリットなどを書きましたが、

 

本当にホームジムを作って良かった!

 

と心から思っています!

 

ボディビルダーのようなゴリゴリの体型になりたい方には、少し物足りないと思いますが、一般的な良いカラダを作るには十分だと私は思っています!

 

この記事がこれから筋トレを始める方、ホームジムを作ろうとしている方に少しでも参考になれば幸いです!(^^)!