灼熱カバディ井浦慶がイケメン!能力や強さ・身長や体重などプロフィール解説!王城との関係は?能京カバディ部の頭脳で悪魔!?

おすすめスマホアプリ

 

漫画アプリ『マンガワン』で独占連載中で2021年4月からアニメ放送が開始される灼熱カバディ

 

この記事では、能京カバディ部の頭脳で悪魔のようなキャラ・井浦慶(いうら けい)のカバディにおける能力や強さなどのプロフィールについてご紹介させていただきます!

 

その前に『灼熱カバディ』を全巻無料で読む方法を簡単にご紹介いたします。

 

『灼熱カバディ』を全巻無料で読む方法は?

先ほどもふれましたが、『灼熱カバディ』は、こちらの漫画アプリマンガワンにて全巻(最新話まで)無料で読むことができます!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』は小学館が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

単行本でも『灼熱カバディ』は発売されていますが、独占連載されている『マンガワン』でなら完全無料で、しかも単行本より先の最新エピソードをいち早く読むことができるため、とてもオススメです!

 

また『マンガワン』では、『灼熱カバディ』以外にも

  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • 青のオーケストラ
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • おやすみプンプン
  • からかい上手の(元)高木さん
  • 薬屋のひとりごと
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100
  • ヒマチの嬢王

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

漫画アプリに関して言うと、同じく小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりやスクウェア・エニックスが運営するマンガUP!も特にオススメです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『サンデーうぇぶり』で無料で読める主な作品一覧
  • 名探偵コナン
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • YAIBA
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ

などなど…

 

『マンガUP!』で無料で読める主な作品一覧
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 鋼の錬金術師
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガワン』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

井浦慶の初登場はいつ?身長体重は?イケメン井浦慶のプロフィール紹介!

 

井浦は第1話から登場しています。

 

スポーツと縁を切ろうとしていた宵越をカバディの世界に引き込んだ張本人です。

 

井浦は能京カバディ部の3年生。副部長を務めます。

 

カバディ歴は6年あり、ベテランに入ります。

 

身長172センチ体重63キロであり、体格の良い選手が多いカバディ界の中では王城程ではないものの、かなり細身の選手です。

 

メガネでセンター分けのヘアスタイルが特徴(試合中はメガネを外しています。メガネを外すとよりイケメン度が増しますね)。

 

井浦は頭脳明晰で部内でも戦略を立てたり、後輩指導にも長けています。

 

ただし外から指示を出すのではなく、頭で考えながらフルで試合に出られる程のスタミナがあるプレイヤーです!

 

学業優秀で外面がいいため周りからの人望が厚い反面、性格は非常に腹黒く人の弱みを握り相手を脅す事も多いです。

 

能京カバディ部内の被害者は宵越と水澄であり、井浦の脅しによりカバディ部に入部させられています(笑)

 

その行いの悪さからクジ運が非常に悪く、大会1回戦で強豪校と当たってしまう事が多いです。

 

そしてクジ運の悪さを自覚している割には自分でクジを引きたがる所があります(笑)

 

井浦慶の魅力とは?

やはり知的なキャラクターは魅力的ですね!

 

井浦は腹黒さが目立つキャラですが、実は後輩への面倒見がとてもいいです。

 

部の後輩の夏休みの宿題の面倒を見る先輩って、かなり優しいですよね!(能京高校内でカバディ部の立場を悪くさせないためではありますが。)

 

自分の練習もあるでしょうが、井浦は後輩指導に尽力し、フォローも欠かしません。

 

王城のように目立つ選手ではありませんが、能京カバディ部を育てあげたのは間違いなく井浦であり、大事な所ではいつも井浦が大活躍します。

 

そんなシーンを見ると胸を打ちます!

井浦慶の能力や強さは?

井浦は元々攻撃手ですが、宵越が攻撃手として活躍するため攻撃に出る機会はあまりなく、守備手として出場し、周りに指示を出しつつエース王城を守ります。

 

王城の動きを最も把握しているのは井浦ですので、井浦の存在は王城を守る最後の砦になります。

 

そして、ここぞという場面では井浦も攻撃手として活躍します。

 

井浦が攻撃に出る際は味方すら意表をつき、大事な所で得点します。

 

王城より遅く、宵越より軽い攻撃ではありますが策を練り、何手も先を読むので井浦も充分怖い攻撃手と言えるでしょう!

 

井浦慶を起点とした1巻から最新巻までの主なストーリー展開を紹介!

井浦が宵越を脅しカバディに入部させた?

井浦はカバディ部の新入部員として、サッカーで不倒と呼ばれていた宵越に目を付けていました。

 

井浦は畦道を宵越の元へ向かわせ、カバディ部の見学をさせます。

 

宵越は断ろうとしますが、実は井浦は宵越の弱みを握っていました。

 

宵越がミコミコ生放送の生主として活動をしていた事を井浦は把握済みです。

 

宵越を脅して無理やりカバディの体験をさせます。

 

そして練習が終わる頃、井浦はある提案をします。

 

宵越と畦道で勝負をし、畦道が勝てば宵越はカバディ部に入部。

 

宵越が勝てば井浦は宵越のコミュニティメンバー数を増やし、神生主に仕立て上げる。

 

宵越は勝負に乗ります。

 

勝負は畦道の勝利。

 

宵越のカバディ部入部が決まりました。

 

嫌々ながら宵越は入部し、井浦は宵越の指導にあたります。

 

ある日、練習はお休みにして宵越のシューズを部員全員で買い物に行く事になりました。

 

逃げようとする宵越ですが、部員らに阻まれます。

 

そして「成績優秀で優しい」という井浦の表の顔を知り、宵越は戦慄するのでした…。

連携プレイ必須のカバディ サッカーの二の舞にならないために

連携プレイ出来ない宵越のために、1年対2年で試合形式の練習をする事になりました。

 

息の合った2年生に対抗するため、宵越は畦道にサインを送り指示を出して連携をします。

 

しかし、形だけの連携ではサッカーをやっていた頃の二の舞だと井浦は気付きます。

 

試合の途中、宵越は指示ミスをしますが畦道はサインが無くとも連携プレイに成功させます。

 

宵越はサッカーをやっていた頃、信頼のおける仲間はいませんでしたが、カバディ部には自分をよく見てくれる仲間がいる事に気付きます。

 

この試合を通して宵越は真の仲間になるのでした。

奏和との練習試合 王城の友人から井浦慶へ

能京カバディ部に部長・王城が復帰します。

 

試合経験を積むために、奏和と練習試合が行われる事になりました。

 

奏和の部長・六弦は王城の事をライバル視していますが、井浦の事は「王城の友人」としか認識しておりません。

 

六弦に相手にされていない事に井浦は昔から悔しさがありました。

 

さて、試合は奏和のエース高谷の活躍によりどんどん点差が離されます。

 

序盤、王城は怪我明けのため、出場していませんでした。

 

しかし畦道の怪我により交代する形で王城が出場する事になりました。

 

王城の活躍により点差がどんどん縮まります。

 

また、井浦の策略により王城には攻撃時間を調整してもらいました。

 

点差は離れていますが、能京に流れを作る形で前半を終了します。

 

王城と高谷の点の取り合いの流れになり、残り試合時間52秒で奏和2点リードをむかえました。

 

宵越の活躍により、高谷を追い出し、六弦が攻撃に出ます。

 

井浦はみんなに指示を出した時に一瞬六弦から目を離してしまいました。

 

六弦は攻撃手(井浦)をタッチするチャンスでしたが、あくまでも王城狙いです。

 

井浦は悔しさを覚えます。

 

昔から井浦は六弦と実力の差を感じていましたが、どうすればいいか考え続けていたのです。

 

六弦は水澄と伊達をタッチし、帰陣を試みます。

 

六弦の帰陣を阻止するために選手全員で六弦を倒しにかかります。

 

六弦は意地で戻ろうとしますが、凡人である井浦は六弦に対抗するために作戦を重ねに重ね、行動を何手も先まで読みます。

 

結果六弦は攻撃失敗。

 

このプレイにより六弦は井浦を認めたのでした。

 

六弦の攻撃は阻止したものの、時間切れで試合終了。

 

奏和対能京の練習試合は32-31で能京の負けです。

 

試合終了後、六弦は井浦に握手を求め、名前を尋ねます。

 

素直になれない井浦は「オージョウノユージン」と答えますが、王城が名前を伝えます。

 

井浦は練習試合の結果を分析し、守備力不足が露呈しました。

 

チーム全体の力を高めるためにフォーメーションや守備位置など全て見直すきっかけになったのです。

能京・埼玉紅葉・英峰との合同合宿

練習試合を見学した伴・人見・関が入部し、能京カバディ部はより活気づきます。

 

更なる刺激を作るために、英峰・埼玉紅葉・能京で合同合宿が開かれる事になりました。

 

部員たちは多くの刺激を受けるなか、井浦は伴・関・人見を見守りつつ練習に励みます。

 

合宿の最終日は練習試合が行われます。

 

まずは英峰との対戦です。

 

王城の攻撃や畦道の新たな技術を得た活躍がありましたが、英峰の高い守備力に阻まれ負けてしまいました。

 

次は埼玉紅葉との練習試合です。

 

埼玉紅葉の佐倉と右藤は中学時代、王城と井浦の後輩です。

 

そしてエース佐倉は王城の弟弟子であり、王城の影響を強く受けています。

 

性格の悪い井浦は宵越をダシに佐倉へ動揺させてから試合に臨みます…。

 

まずは紅葉・佐倉の攻撃です。

 

佐倉は畦道の事は警戒していましたが、他のメンバーを侮っていました。

 

井浦は天才が嫌いです。

 

嫌いである故、才能ある佐倉に対してデータをより多く集めていました。

 

そのため井浦は佐倉の動きを読んで先手を打ち、水澄と伊達の支援により佐倉の攻撃を阻止します。

 

その後は佐倉の活躍に苦しみますが、水澄・畦道の反撃により44-40で能京の逆転勝ち。

 

能京初勝利で合同合宿は終了しました。

 

多くの刺激を受け、部員達は充実感でいっぱいですが、悔しさが残る部員もいます。

 

新入部員の伴・関・人見です。

 

井浦はすぐ3人の様子に気付きフォローするのでした。

井浦の苦手なコーチ・久納の招集。夏の大会へ

合同合宿から帰り、より守備力強化のために能京カバディ部は新たなコーチを呼び入れます。

 

カバディ元日本代表の主将を務めた久納です。

 

オネエである久納が苦手な井浦は精神的ダメージを受ける事が多いですが、戦略を話し合う事も多く、能京カバディ部の守備は大きな成長を遂げました。

 

さて、ついに夏の大会が始まります。

 

今まで能京は井浦のクジ運の悪さにより、1回戦から強豪校と当たっていました。

 

井浦は間違った方向にクジ運改善の対策をして抽選に望もうとしますが、水澄・伊達が阻止し、日頃の行いが良い人代表として畦道がクジを引く事になりました。

 

抽選の結果、初戦の相手は伯麗IS。

 

主将の外園は世界組の1人です。

 

1回戦の前日、全体練習に参加できなかった宵越は居ても立っても居られず、自主練のために体育館に向かいました。

 

ところが、体育館には先客がいました。王城と井浦です。

 

練習の合間に王城は井浦に攻撃手としての未練がないのか聞かれます。

 

井浦は攻撃手に未練があるものの、宵越の努力と成長を見てきました。

 

王城が攻撃に出られない時は宵越が攻撃に出る事も井浦は仕方ないと考えています。

 

井浦には井浦の役割があり、チームとして勝つ事が最優先に考えているのです。

 

立ち聞きしていた宵越は自分が周りの事を考えていなかった事に気付き、改めてチームとして勝つ決意をします。

 

さて、初戦の伯麗戦では外園の主将としての力を見せつけられるものの、序盤に宵越が流れを作り、王城の力により初戦突破です。

 

2回戦の相手は大山律心。

 

前回の大会で初戦に当たり、敗退した相手です。

 

不気味な統率力を誇る大山律心は王城と相性が悪く、2・3年生の間に緊張が走ります。

 

しかし、前回足を引っ張る立場であった2年生2人の活躍・王城の活躍により2回戦も勝利します。

 

3回戦の南雲にも勝利し、ついに4回戦の相手は奏和です。

 

以前練習試合で対戦した相手です。

 

参謀役でもある井浦は奏和戦でどのような活躍をするのでしょうか?

 

井浦と六弦の対決はあるのでしょうか?

 

ますます目が離せません!

井浦慶の人間関係は?

王城との信頼関係

王城とは昔から仲が良く、カバディを始めたのも王城の影響です。

 

カバディに熱くなりすぎる王城に意見を出来る唯一の人物であり、厚い信頼関係を築いています。

 

井浦は後輩の指導に当たる事が多く、自分の本音を人に話す事が殆どありません。

 

元々攻撃手であった井浦ですが、宵越の台頭もあり攻撃に出る事が激減しました

 

そんな井浦の攻撃手としての未練をいち早く気付いたのは王城であり、本音を引き出させています。

奏和・六弦歩から認められるまで

奏和の六弦は井浦より後からカバディを始めましたが、恵まれた体格で圧倒的なパワーを持ち、あっという間に中学選抜の一軍入りをしました。

 

一方井浦は二軍止まりです。

 

六弦は井浦の名前を覚えず、常に井浦の事を「王城の友人」と呼んでいました。(六弦は井浦を見下しているわけではなく、悪気もありません。)

 

しかし奏和対能京の練習試合の終盤、井浦が知恵を尽くし六弦の攻撃を阻止しました。

 

そこで六弦は井浦を認め、名前を聞くのでした。

 

それから六弦は井浦の事を気に留めたり、声を掛ける事が増えたのでした。

 

おすすめ記事