ケンガンアシュラ2巻を無料で読む方法とネタバレ紹介!漫画アプリでタダ?zip,rarは危険|十鬼蛇王馬(ときたおうま)と最強プロレスラー関林ジュンが対決!

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『ケンガンアシュラ』2巻を無料で読む方法とネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

余談なのですが、違法な無料漫画サイト(zipやrarファイルを含む)では、ウイルスによる感染率が年々高くなっています

 

今回ご紹介する『ケンガンアシュラ』2巻を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。

『ケンガンアシュラ』2巻は漫画アプリ『マンガワン』で読める

いきなり、結論です。

 

『ケンガンアシュラ』第2巻は、こちらの小学館が運営する漫画アプリマンガワンにて無料で読むことができます。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』は大手総合出版社・小学館が運営する公式の漫画アプリです

『マンガワン』は公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『ケンガンアシュラ』第2巻が『マンガワン』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在(2020年)では第1巻から最終27巻まで全巻無料で読むことができます

 

というのも『ケンガンアシュラ』は、『マンガワン』で独占連載されていた作品だからです。

 

安心安全に、そしてタダで『ケンガンアシュラ』を最終27巻まで読破したい方は『マンガワン』を使う方法がベストです。

 

また『マンガワン』では、『ケンガンアシュラ』の続編『ケンガンオメガ』や以下のような人気マンガをすべて無料で読むことができます!

  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • プロミスシンデレラ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

 

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

 
マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

同じく小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりも特にオススメです。

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

  • 名探偵コナン
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • YAIBA
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師

などなど!

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガワン』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

また新作マンガを読むならU-NEXTの「31日間無料体験」がオススメです。

以下のリンクから「U-NEXT31日間無料体験」に申し込むと今だけマンガの購入に使える600円分のポイントがタダで貰えます

この600円分のポイントを使うことで『ONE PIECE』『鬼滅の刃』『進撃の巨人』などお好きなマンガを1冊タダで購入できてしまいます。

読みたい新作マンガがあれば、U-NEXTの「31日間無料体験」を活用しお得に読むことをオススメします。

いつ600円分のポイントが貰えるキャンペーンが終わるか分からないのでお早めにどうぞ。

 

👇こちらの記事では実際に無料体験登録時に付与された600円分のポイントを使ってタダで漫画を購入した手順を画像付きで解説しています。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

U-NEXTへの登録方法についても詳しく説明しているので、U-NEXTへの無料体験をご検討している方は、ぜひ一読ください。

 

またU-NEXTでは、国内外の名作映画人気アニメが13万本以上見放題です。

無料期間の31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、気軽に無料体験してみてくださいね。

『ケンガンアシュラ』2巻 ネタバレ紹介!

第7話 操流

両手を封じられた理人は王馬に次はどうする?と煽られますが、理人は動きが封じられたのは王馬も同じだとして格闘術はともかく筋力は自分の方が数段上だと言って王馬を一気に圧し切ろうとします。

 

しかしその瞬間何故か理人はガクンと体勢を崩してしまいます。理解の追いつかない状態の理人の顔面に王馬は近距離から蹴りを捻じ込んでいきます。

 

その際に王馬は理人の左手をフリーにした上で反撃しなくていいのか?と挑発しました。

 

理人は激昂して反撃しようとしますが、またしても体勢を乱されてしまいます。

 

続けざまに体勢が乱れたことで理人はその現象が意図的に起こされているものであるということを察しました。

 

攻撃を仕掛けた理人がいつの間にか王馬に攻撃されているという不可解な状況に、いくつもの死闘を目の当たりにしてきたベテラン傍観者の拳願会員たちも戸惑いを隠せずにいました。

 

しかし極僅かではありますが、当事者の理人以外にもその異変の正体に気が付いていた者が観客の中に紛れていました。

 

そしてその現象の正体が明かされます。

 

王馬は理人が攻撃する際にほんの数グラム加重することで力の流れを数ミリずらし、力の流れを暴走させていたのです。

 

力の潮流を完全に支配下に置いている王馬に理人は人間業じゃねぇと驚きます。

 

その様子を見ていた義武は「なんてザマだ貴様!立てぇぇ!!」と焦りと怒りを滲ませながら怒鳴りました。

 

しかし王馬はそりゃあ無理だなと言って仰向けに倒れた理人の顔面を踏みつけ止めを刺してから「もう終わってんだよ」と言いました。

 

意識を失った理人の上で王馬の勝利が宣言され、乃木VS義武の施工権利を賭けた拳願仕合は幕を閉じました。

 

その結果を目の当たりにした乃木は心の中でひとまずは合格だと言って怪しい表情を浮かべます。

 

義武は怒りを露わにしながら「アイツはクビにしておけッッ!!」と言ってカラーコーンを蹴り飛ばして会場を出て行きました。

 

王馬は意識のない理人を見下ろしながら、体感したか?これが理の外の技だと心の中で呟きその場を去っていきます。

 

そしてここで仕合を観戦し王馬の実力を測っていた拳願会員とその闘技者たちが次々に登場します。

 

うーんギリいけると思いますよ、そう口にするのは「古海製薬」所属闘技者の「若槻武士」でした。

 

古海製薬代表の「古海平八」は謙虚だねぇと言った後に「真」の超人は君だよ若槻君、と言いました。

 

一方、目の色が特徴的な一族の長老らしき人間は王馬を技巧派と評した上で一族の中から誰を当てるのが最適かと思案していました。

 

シルエットで顔を隠された大男は良いエンターテイナーだ気に入ったぜと心の中で呟いています。

 

そして次に当たると思われる企業の人間が「どうだ?蕪木?」と自社所属の闘技者に尋ねると、タンクトップ一枚のふくよかで大柄な男が背中を向けながら「傾向はわかりました。あとは対策するだけ」と言ってオーケーサインを掲げます。

 

試合後、乃木は仕合の感想を王馬に伝えようとしますが王馬はそれを遮ると乃木にアンタ俺に何して欲しいんだ?と尋ねます。

 

しかし乃木は「教えない。・・・今はね」と言います。

 

そして然るべき時が来たら話すと言ってから、「その時まで無事だといいがね。君には期待しているよ」と言いました。

 

王馬はそれに「期待されたぜ」と返しました。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第8話 理由

理人との拳願仕合を終えてから一週間後、山下一夫のもとにはいつもの日常が戻っていました。

 

一人分の明かりをつけて終電ギリギリまで残業を行う中、自販機で飲み物を買いながら日常とかけ離れた拳願仕合のことを思い出してあれは夢だったのではないかと感じていました。

 

その時、明かりの落ちた通路の暗がりから自販機の明かりの前に王馬がすうっと姿を現します。

 

山下は悲鳴をあげて腰を抜かします。

 

王馬がどうしてここにいるのか、それ以前にゲストカードもなしにどうやって入ったのかと山下は王馬に尋ねました。警備もいたはずだと。

 

王馬は「警備?」と言ってから、心配ないすぐに起きるよと平然と言いました。

 

何をしているんですかと言う山下をよそに王馬は「ちょっと付き合え」と言って山下を強引に食事に誘います。

 

居酒屋の個室に場面は移り、給料日前だからほどほどにしてくださいよと山下が王馬に頼むと王馬は大丈夫、金なら来ると言います。

 

そのことに山下が疑問を抱いている間に「遅くなりました」と言って乃木の秘書である「秋山」が姿を現します。

 

秋山は鞄の中からレンガのように分厚い封筒を取り出し王馬にファイトマネーを手渡しました。

 

仏頂面の秋山は出来れば振込にしてもらいたいのですがと言いますが、王馬は面倒くせぇと言って断ります。

 

ファイトマネーを渡した秋山は立ち去ろうとしますが、山下は呼びとめて「ご一緒にいかがですか?」と誘います。

 

冷たい表情を向ける秋山に「あのお忙しいなら・・またの機会でも・・」とたじろぎますが、秋山はその誘いを受けて山下・王馬と共に酒の席に着きます。

 

酒をよく飲む秋山を見て、山下はギャップを感じながらも気難しく感じてた秋山に対して実は親しみやすい人なのではと思い、印象に変化が生まれていました。

 

そして秋山の女性らしい体つきに山下は鼻の下を伸ばした後、王馬の世話係がなぜ自分なのかと尋ねると、秋山はその理由は私が知りたいくらいですと言って乃木から何も言われてはいない為、何も把握していないことを伝えます。

 

続けて秋山は質問と言えばと口にすると、王馬に拳願仕合に出場する目的は何なのかと尋ねました。

 

格闘技のメジャー団体に登録している選手の数は「217人」かつ年間平均試合が1.6試合である一方、拳願仕合の登録闘技者数は「1205人」かつ年間平均試合は8.5仕合であり、その過酷さと危険性はケタ違いであると秋山は言います。

 

見返りとしてそれなりの報酬はあるが釣り合いの取れている額とは思えない。

 

それなのに何故参戦するのかと。

 

王馬の答えはとてもシンプルなものでした。

 

王馬は「誰が一番強いのかハッキリさせる」ただその為であると言い、それ以外の理由は後付けで嘘っぱちだと言いました。

 

秋山はそれだけの為に?と言ってその為に命を落とす結果になっても良いのかと言うと、王馬はすかさず「ありえねぇな。俺が負けるなんざ未来永劫ありえねぇ」と豪語しました。

 

秋山はその清々しいまでの自信に王馬の強さの一端を見ます。

 

そして王馬は密かに思っていました。自分を除いた「1204人の中」に必ずアイツがいると。

 

「再会が待ち遠しいねぇ・・ッ!!」と思いながら王馬は拳を強く握りました。

 

そこへ秋山の携帯に乃木からの連絡が入り、二日後に拳願試合が新たに組まれたことが知らされます。

 

対戦相手は(株)湖山マート所属の闘技者「蕪木浩二」でした。

 

通称”メディスンマン”と呼ばれるこの男はくたびれた中年の風貌に加え、戦績は七勝九敗と全体的に地味な印象の選手でした。

 

しかしこの男は対戦した相手を勝者・敗者関係なく「再起不能」にしているという不穏な戦歴を持っていたのです。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第9話 曲者

「呪術師(メディスンマン)」と呼ばれる蕪木浩二は勝敗は二の次とし、厄介な闘技者を排除することが目的の「闘技者を狩る闘技者」でした。

 

この蕪木との試合、つまり乃木グループVS(株)湖山マートは以前から組まれていたものであり乃木グループからは以前の闘技者「仁王の駒田」が出る予定でしたが、王馬に倒されてしまった為に仕合が先延ばしになっていたのです。

 

拳願仕合当日。

 

会場へ向かう王馬たち三人の前に突如蕪木が姿を現します。

 

初めましてと挨拶に来た体を装う蕪木に王馬が安心しな怪我はさせねぇよと言った瞬間、山下を除く秋山・王馬二名の耳に強烈な衝撃が走りました。

 

蕪木は「それはでは後ほど」と笑みを浮かべて去っていきます。

 

そして(株)湖山マートの社長である「湖山大正」が「どうだ蕪木?仕掛けの方は?」と尋ねると蕪木はうん、バッチリと答えてから、王馬がすでに「メディスンマン」の術中にあることを告げました。

 

仕合会場は青島港第十七番倉庫。観客の拳願会員たちは二戦目に蕪木と当たったために王馬の選手生命が絶たれるのではないかと囁いていました。

 

蕪木のボディチェックが入念に行われていることに山下が疑問を抱いていると「目の付け所がいいじゃないかッッ!」と背後から現れた乃木が勢い良く山下の肩に組みつきます。

 

そしてその理由は蕪木が隠し武器を使用していて、それが紛れもない「クロ」であるからだと言います。

 

再起不能にされたこれまでの闘技者16名は何らかの凶器でつけられた傷跡を持っていた言います。

 

審判は怪しいものは全部取り外すことを指示してコートやバンテージなども外させます。

 

湖山が蕪木、大丈夫なのか?と聞くと蕪木は爆弾の効果は実証済みだから全く問題無いと言って不気味な笑みを浮かべました。

 

山下は不正が明らかな蕪木が処罰されないのはおかしいとして納得のいかない姿勢を見せると乃木は商人には時として規律よりも重要なものがあると言いました。

 

それは「信用」でした。

 

審判のチェックをパスしたということは嫌疑なしの太鼓判を押されたということであり、その上で行われた違反行為を糾弾するということは逆に不正を暴けなかったことを大きな声で宣伝しているのと同じことになり、それは拳願会の権威の失墜を招き会の信用問題に関わるのだと乃木は言いました。

 

だから蕪木の不正に対しては「黙認」というアクションが取られているのだと言います。

 

商人の世界では見抜けなかった方が悪なのだと。

 

山下は思いました。

 

拳願仕合においては培ってきた常識が一つも通用しないと。

 

審判の合図と共についに仕合が始まります。

 

王馬が先手をかけると蕪木の言っていた爆弾が弾けます。

 

それは蕪木が湖山に手渡したコートの中で隠すように持たれたアンプから発生する音によって起動されていました。

 

その音は特定の人物の耳に衝撃を与えています。聞こえるものと聞こえないものがいる中で当然王馬はその影響を受けていました。

 

「またこの音」と集中を乱されたところに蕪木の目打ちがヒットします。

 

フェイントも挟まない単純な攻撃が王馬にヒットしたことに山下は驚きます。

 

そしてざまねぇなと言って顔を上げた王馬は自分の視界に異変が起きていることに気がつきます。

 

攻撃を受けた王馬の目は真っ赤に充血していました。

 

蕪木は不気味な笑みを浮かべ「よそ見してるから奪われちゃったでしょ~?視力♪」と言いました。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第10話 卑劣

視界がぼやける王馬の顔面に蕪木の右ストレートが直撃します。

 

観客に紛れている湖山は携帯の画面を確認しながら本当に音が出ているのか?と不思議に思いながらも作戦が成功したことに満足します。

 

協力プレイで逸材を潰し出る杭を折る蕪木と湖山の顔にダーティな笑みが浮かび上がります。

 

そしてここで蕪木たちが使った「音」の正体が乃木によって明らかになります。

 

「音」の正体は「モスキート音」でした。「モスキート音」、多くは二十代前半の層が聞き取れる耳鳴りに似た不快感を伴う音であり、現にその「音の攻撃」に巻き込まれているのは比較的に若い人間ばかりでした。

 

しかし乃木は「モスキート音」を受けただけで王馬が攻撃から注意を逸らすなんてことはまずありえないと言います。

 

けれど結果的にそれを可能にしたのは蕪木の仕合前に行った「警戒心の刷り込み」でした。

 

「モスキート音」を感知できるかどうかの実験も兼ねて王馬に一度「音」を浴びせることでそれに対する警戒心を植え付け、仕合でもう一度聞かせることで注意を引きつけることに成功したのでした。

 

乃木は目に起きている異変もおそらくは毒によるものだろうと分析します。

 

蕪木は一口に武器と言っても色々あるんだよと思いながら王馬の顔面に右ストレートを捻じ込ませていきます。

 

乃木が予想していた毒は王馬を殴るその手に仕込まれていました。仕合前の審判のチェックも所詮人の目で行われるものであって、蕪木からしたらそんなものはザル同然でした。

 

そして蕪木は思います。

 

いくらチェックが厳しくなろうともことごとく潜り抜け「邪道」を正々堂々貫くと。

 

蕪木は王馬の攻撃を避けながら強烈なハイキックを直撃させます。蕪木は理人との仕合を見て、王馬の強さが並外れた「動体視力」からきているものだと読んでいました。

 

力の流れが読めているのだと。

 

だからこそ毒で視界を奪い、尚且つ観客の声を利用して王馬の聴力も潰すことで王馬の自由を奪い、蕪木は王馬に自分のことを捉えられなくさせました。

 

使えるものは全て使用する。

 

それが”メディスンマン”蕪木浩二の強さでした。劣勢に立たされる王馬はガードを固めて立ち止まります。

 

じっとしてもらうのは好都合だと言って蕪木は手首に刺しておいた小さな仕込み針を引き抜きました。

 

蕪木はそのまま王馬の背後を取ってその針で王馬の頚椎を狙っていきます。

 

山下は大声で王馬に危険を知らせますが、他の観客の声にかき消されてしまいます。

 

蕪木の凶刃は王馬に襲いかかり、次の瞬間血が吹き出しました。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第11話 打破

これにて決着。

 

そう思った蕪木でしたが次の瞬間王馬の後ろ回し蹴りが蕪木の顔面を捉えます。血を流したのは蕪木の方でした。

 

王馬は周りがうるさいから苦労したと言います。

 

王馬が行っていたのは蕪木の音を識別することでした。

 

そんなことができるのか、蕪木・山下はそう思います。

 

「出来る」乃木は言いました。

 

「カクテルパーティー効果」。

 

それは聞こえてくる音の中から特定の音を選んで聴き取る選択的聴取を指すものでした。

 

観客の騒音の中、微動だにしない自分に近づいてくる音だけを識別したと王馬は言います。

 

識別は完了したと王馬は言い、もうコソコソできないぜ?と蕪木に告げました。

 

蕪木は自分の履いていた靴をフェイクに使い王馬の後方に投げ、その音に注意を向けてから王馬に殴りかかろうとします。

 

王馬はそれをあっさりと躱してカウンターの右ストレートを捻じ込み、体勢が崩れたところに左アッパーを一発打ち込みました。

 

倒れた蕪木は調子に乗るなよと思いながら、自分の口に手を伸ばして「引き出しは腐るほどある」と心の中で呟いてから歯を引き抜いて王馬めがけて飛ばしていきます。

 

その攻撃にも王馬はしっかりと反応して左のガードで弾くと歯は観客の方へ飛んできコンクリの床に突き刺さりました。

 

弾はまだまだあると言って蕪木は歯を乱れ打ちしていきます。

 

複数飛んでくる弾の音も王馬は瞬時に識別し目を閉じたままそれを掻い潜りそのまま蕪木の方へと前進していきます。

 

間近まで来た王馬が目を見開くと真っ赤に染まった瞳が露わになり蕪木は「鬼ッ・・・!⁉︎」と怯えます。

 

繰り出される王馬の攻撃に「死」を感じた蕪木は直撃する前に慌ててギブアップを宣告しました。

 

寸止めで終わったその一撃を前に蕪木は腰を抜かして床にへたり込んでしまいます。

 

王馬の勝利が宣言されると王馬は「わりぃ。ちょっと怪我させしちまった」と言って煽り蕪木の方に振り返りますが、気を失った蕪木にその声は届いていませんでした。

 

王馬は「思った通りアンタからは何も感じなかった」と言って会場を後にしました。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第12話 乱入

場所は皇桜女子大学の2号館・大講堂。

 

そこで皇桜学園グループの闘技者を採用するためのバトルロイヤルが「裏」採用試験という名目で行われていました。

 

しかし理事長の「奏流院紫音」は試験が成り立っていないことに呆れます。

 

原因は受験生選別のための試験官として試験に参加していた学園最強の闘技者「小津俊夫」でした。

 

”蛮勇知将(インテリジェンス・バーバリアン)”と呼ばれる小津は拳願仕合戦績11勝0敗を誇る猛者でした。

 

この採用試験で紫音が求めるのは圧倒的な個の暴力であり、猛者である小津に一矢報いるようなそんな人材を求めていました。

 

収穫なしかと思った時、紫音は闘技場の端に座る一人の男を見つけます。

 

そして隣にいた秘書の「松田智子」にアレどう思う?と聞くと松田は「かっこいいと思います」と答え紫音に「んなこと聞いてねぇよ」と返されます。

 

そんなやりとりをしている間に小津は残り一人の受験者であるその男の前に立ちはだかりました。

 

すっと立ち上がるその男に対してそれでいいと言って小津は攻撃を仕掛けます。

 

しかし、その男は小津の一撃を簡単に払いのけます。

 

そこで松田があることに気が付きます。

 

今回の試験に参加した人数は小津含め36人であるはずが、闘技場には37名の人間がいたのです。

 

そして異変はもう一つ。

 

弾かれた小津の左手はドリルのように捻れて変形し原型を留めていなかったのです。

 

貴様は一体なんなんだ?小津は顔を歪めます。

 

小津はただの力自慢ではなく「怪力」「格闘技術」「頭脳」を併せ持ったトータルファイターでした。

 

だからこそ小津はたった一度のコンタクトで実感していました相手の男の底が知れないと。

 

紫音は小津に下がれと指示しますが、小津はそれは出来ないと指示に背き、これまでの努力に誓って試験官の任を最後まで全うしようとします。

 

「低脳小僧ォッッ!」そう言って小津が殴りかかった瞬間「ギュル」という音がしたかと思うと小津の首は捻れて頭は反対側を向いていました。

 

結果的に試験を勝ち抜いたその男に紫音は目的はなんだと問います。

 

それに対してその男は拳願仕合に「古い知人」が参戦していることを知り、積もる話もあるから久しぶりに会いたいのだと言いました。

 

紫音はこの男を制御することが出来れば強力な武器になると踏み、危険を承知でこの男を闘技者に迎え入れます。

 

そして紫音が名前を尋ねるとその男は「桐生刹那」と名乗りました。

 

それからデビュー戦はいつかと尋ねる桐生に紫音はもうじき拳願会に大きなうねりが訪れると言って、桐生にはそれに乗ってもらうと言いました。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第13話 変化

山下はいつものように課長の松井に嫌がらせのような絞りを受けていました。

 

しかし山下は心ここに在らずといった感じで全く話を聞いていませんでした。

 

そして山下は携帯に連絡が入ったのを確認するや否や急いで会社を早退していきます。

 

「話の続きはまた暇な時にお願いします」という言葉を残して。

 

思った通りにいかない松井は苛立ちゴミ箱を蹴り飛ばしました。

 

待ち合わせに急ぐ山下はその道中、二人組でいた不良の一人に肩をぶつけてしまいます。

 

その二人組みは山下を脅し、恐喝しますが山下はそれに対して全く動揺することなく平然と受け答えをしています。

 

その山下の姿勢に怒りを露わにする不良はオッサンに舐められてたまるかとナイフを取り出して「金か命どっちをよこす?」と脅迫します。

 

山下が萎縮し震える様を見て不良は今更ビビっても遅いと言いますが、そこで山下が口にした言葉は不良の会話と噛み合わないものでした。

 

「違うんですよォ!時間通りに到着したんですけどこの子たちがしつこくて」慌てながらそう言った山下の視線の先にいたのは王馬でした。

 

二人組の不良は背中に感じるその気配に「死」を感じ恐怖に飲まれ失禁してしまいます。

 

その二人を押しのけながら王馬は「五分遅刻」と山下に言いました。

 

少しへそを曲げる王馬に弁明しながら山下は思っていました。

 

そういえば最近物事に動じることが減ったような気がすると。

 

ペコペコしていた過去の自分のことを思い出しながら自分の変化に気がつき、それには王馬が大きく関わっているということを改めて認識しました。

 

山下が王馬に連れられ着いたのは高級焼肉店でした。ファイトマネーはすべて使ってしまったと言う王馬は山下に頼むぜと言います。

 

山下はここは経費では落ちないだろうなと苦笑いしました。

 

一方、乃木グループの会長室では乃木が秋山に王馬の次の仕合相手について話をしていました。

 

次の対戦相手は”獄天使”と呼ばれるガンダイ(株)の「関林ジュン」でした。

 

戦績は57戦無敗。闘技者の中でも間違いなく上位に食い込む実力者でした。

 

乃木はこれが最終試験だとして頭の中で王馬に投げかけます。

 

命運を掴み取ってみろと。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第14話 強者

とある建物の一室で乃木は対戦相手である会社の人間と話し合いをしています。

 

乃木の会社はこの仕合に「500億」の資産をかけて臨んでいました。相手側は言います。

 

万に一つ勝ったとして掴むのは「地獄への片道切符」であると。

 

それでもいいのか?と問われた乃木は「無論」と言って「地獄の片道切符」を勝ち取らせてもらうと宣言しました。

 

同時刻、木村証券ビル地下駐車場にて対関林戦が執り行われようとしていました。

 

関林ジュンは超日本プロレスのエースであり、表格闘技界のビッグネームでした。

 

この仕合の構図が山下の目には表格闘技 対 裏武術に映っていました。

 

開始の合図の前に関林はお前がこれまで戦ってきた格下たちと一緒だと思うなよと王馬を挑発します。

 

仕合開始の合図と共に王馬は関林に殴りかかっていき、その攻撃をヒットさせて「隙だらけだ」と言うと関林は「それは職業病だ」と言いました。

 

関林は王馬を持ち上げて地面に叩きつけます。

 

反撃していく王馬の攻撃はことごとくヒットしていますが関林にダメージを負っている様子はなく、そのタフネスに山下は驚愕します。

 

関林の蹴りが王馬を捉えると体重80キロ以上はある王馬を数メートル先まで吹っ飛ばしてしまいます。

 

そして関林は王馬に「それでいい権利を行使しろ」と言いました。

 

関林は一般人には「痛みから逃れる権利」があると言い、一方でプロレスラーは攻撃を受ける「義務」しかないと言います。

 

義務を負うものと権利を行使するもの、その構図は関林がプロレス以外のものを見下していることを表していました。

 

王馬は立ち上がり関林に近づくとその腕を力強くつねりました。

 

何がしてえんだ!と言って王馬の手を振り払うと王馬は笑って、逃げてんじゃねぇかよ「痛み」からよと言いました。

 

怒りを滲ませる関林は反撃に出ますが王馬に力の流れをコントロールされ、体勢を崩したところに蹴りを合わせられ顔面を蹴り上げられてしまいます。

 

そしてグラついたところに再び王馬の攻撃が叩き込まれます。

 

しかし効いているかに見えていたその攻撃も関林に明確なダメージを与えてはいませんでした。

 

関林はプロレスラーは演技が得意なんだと言って笑います。

 

関林は王馬を再び持ち上げると地面に力強く叩きつけていきました。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第15話 燃焼

人体がコンクリートに叩きつけられる激しい音が響き、伸びたままの王馬に関林は追撃のバックドロップを決めると続けざまにバックドロップを叩き込んでいきました。

 

意識を失った王馬に対して関林を応援する一人の観戦者は王馬を馬鹿にするような言葉を吐きました。

 

そのことに山下は「訂正しろ!」と怒り、「相手がどんな怪物でも最後は必ず勝つ!!!それがあの人なんだ!」と男の胸倉を掴みながら言いました。

 

しかし王馬のピンチは覆りません。

 

関林に持ち上げられた王馬はアルゼンチン・バックブリーカーをかけられいよいよ王手をかけられてしまいます。

 

その時王馬の意識はロウソクがたくさん灯った不思議な空間にありました。

 

「いつ以来だここに来るのは」と王馬は言います。

 

そして一息でロウソクの火を消すと「久しぶりに借りてくぜ」とその言葉だけを残こし、意識は王馬の体へと戻っていきました。

 

関林の上で「ドッ!」という音ともに跳ね上がった王馬は一瞬でかけられた技から抜け出します。

 

「ドッドッドッ」とその音は繰り返し響いていました。

 

何をした?そう言う関林の指数本は折られてひしゃげていました。

 

肌の色が変化し血管を浮かび上がらせる王馬の攻撃は強力になっています。

 

関林を殴りながら王馬は言います。

 

何をしただァ?「前借り」してきたんだよ!!!

 

王馬はそう言って凶悪な笑みを浮かべます。

 

体格がまるで違う相手を前に王馬はラッシュを浴びせて力で押し始めます。

 

それを受け続ける関林はその中で「この野朗・・面白くなってきたじゃねぇかァ!!」と血を流しながらも歯を見せて大きな笑みを作りました。

 

ここで2巻は終了し3巻へと続きます。 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事