小林さんちのメイドラゴン全巻無料で読む方法紹介!漫画タダ?カンナの日常・エルマのOL日記・お篭りぐらしのファフニール・ルコアは僕の××ですは?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『小林さんちのメイドラゴン』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。 

結論!『小林さんちのメイドラゴン』は漫画アプリ『マンガがうがう』にて無料で読める

『小林さんちのメイドラゴン』はこちらの双葉社が運営する漫画アプリ『マンガがうがう』にて無料で読むことができます。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガがうがう』は双葉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガがうがう』では、『小林さんちのメイドラゴン』第1巻から最新巻までのすべてのエピソードを無料公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『小林さんちのメイドラゴン』を全巻無料で読破したい方は『マンガがうがう』を使うのがベストです。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言えば、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • 犬夜叉
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • マギ
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • 双亡亭壊すべし
  • 妖逆門
  • 烈火の炎
  • ゾン100
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • 魔王城でおやすみ
  • 今日から俺は!!
  • 天使な小生意気
  • め組の大吾
  • お茶にごす
  • ARMS
  • 舞妓さんちのまかないさん
  • スプリガン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 青のオーケストラ
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • 土竜の唄
  • からかい上手の(元)高木さん
  • 薬屋のひとりごと
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • 灼熱カバディ
  • 出会って5秒でバトル

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガがうがう』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

アニメ『小林さんちのメイドラゴン(S)』を無料で視聴する方法は?

『小林さんちのメイドラゴン』は、アニメ化されており、アニメも大好評です。

 

こちらの「U-NEXT31日間無料体験」では、無料&高画質で『小林さんちのメイドラゴン』を視聴できるだけではなく、新作マンガや新作映画の購入に使用できる600円分のポイントがタダ貰えるので、特にオススメです。

 

安心、安全に実写映画『小林さんちのメイドラゴン』を無料で視聴した方は、「U-NEXT31日間無料体験」一択です。

 

「U-NEXT」の登録の仕方については、こちらのページをご参照ください。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

無料体験は31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、ご安心ください。

 

次に『マンガがうがう』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

『マンガがうがう』の基本的な使い方

『マンガがうがう』に掲載されているマンガを無料で楽しむには、アプリ内アイテムである『がうポイントボーナスポイントを使用して読むことになります。

 

アプリ内アイテム『がうポイント』『ボーナスポイント』のそれぞれの使い方を詳しくみていきましょう!

『がうポイント』のフリーコインとは?取得方法と使い方を解説

がうポイントとは?
  • がうポイントとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝7時、夜9時に120がうポイントずつ配布される(1日に計240がうポイント)
  • 30がうポイント消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単ながうポイントの取得方法と使い方の説明です。

 

毎日、配布される計240を使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムが「がうポイント」です。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガがうがう』のボーナスポイントとは?取得方法と使い方を解説

ボーナスポイントとは?
  • ボーナスポイントとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • がうポイントがなくなってしまった場合でもボーナスポイントを使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガがうがう』新規ダウンロード特典で900ボーナスポイント(30話分)が付与される
  • ボーナスポイントは、イベント・おまけ・外部のサービスの登録などで獲得することができる

以上が簡単なボーナスポイントの取得方法と使い方の説明です。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • 「がうポイント」を利用して1日8話分のマンガを無料で読む
  • 新規ダウンロード特典で獲得できる「ボーナスポイント」を利用してマンガを無料で読む
  • イベントやおまけで獲得できる「ボーナスポイント」を利用してマンガを無料で読む

上記で分かる通り、1日で読める話数が多く、とても使いやすい漫画アプリです!

 

ぜひ、この機会に遠慮なく無料で読ませていただきましょう!(^^)/

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『小林さんちのメイドラゴン』世間の評判は?

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『小林さんちのメイドラゴン』序盤ネタバレ紹介!

第1話 トールと小林さん

『ドラゴン…それは最強の動物である 炎を吐き 空を飛び 時には魔法も使うという…』

 

都会のビルの上で待つドラゴン。そこへ1人の女性がやってきます。

 

「仕事終わったー」「じゃあ帰りましょうか」

 

ドラゴンは女性を背中に乗せて飛び立ちます。

 

女性を降ろしたドラゴンは少女の姿に変わります。

 

「小林さーん お夕飯どうしますー?」と尋ねる少女に、『小林さん(こばやしさん)』と呼ばれた女性は「腰がい痛ぇ」と告げます。

 

お前の背中は硬いから今度から電車通勤にするという小林さんに、自らを『トール』と名乗る少女はドラゴンの良さを力説します。

 

しかし通勤上はドラゴンの能力は必要ないと言われ、トールは落ち込みますが、小林さんの「時々は乗ってあげるから」というフォローに一瞬にして機嫌が直ります。

 

トールは今日の晩御飯は『私のしっぽ焼き』だと嬉しそうに言いますが、小林さんは生理的と倫理的に食べられないと断り、トールは自分で食べてしまいます。

 

好き嫌いはダメだと諭すトールに小林さんは、トールの好き嫌いを尋ねます。

 

『嫌いなものは教えられるが好きなものは教えられない、好きなものを利用されて殺された知り合いがたくさんいるからだ』とトールは答えました。

 

だが、トールは小林さんが好きだと答えます。

 

小林さんは驚いて「食べる気?」と尋ねます。

 

トールは『性的に好き。小林さんに助けられたので全身全部使って恩返ししたい。だから明日もトールで通勤してほしい』と言います。

 

小林さんはトールを通勤で使わない理由として、腰の痛さと目立つことを上げ、最近は物騒なので門番として家を守ってくれたら安心だと話します。

 

俄然やる気になるトール。そう、トールはチョロいのです。

 

次の日は玄関で小林さんを見送りました。

 

しかし門番は何をするのかわからないトールは電話で知り合いに尋ねます。

 

『財を奪おうとするもの全てを殺せ 疑わしきは殺せ』とアドバイスをもらったトールは部屋に入ろうとした空き巣をドラゴンの姿で睨みつけ、空き巣たちは声にならない悲鳴を上げます。

 

逮捕された空き巣たちは、自分たちを捕まえている警察に『守ってくれ』と懇願するほど震えあがっていました。

 

家に帰った小林さんに「門番どうだった?」と尋ねられたトールは「さみしかったです、殺せなかったし」と答え、小林さんを驚かせたのでした。

第2話 トールと出会い

今回はトールと小林さんの出会いの話です。

 

ある日、朝仕事に行こうとした小林さんの目の前にドラゴンがいました。

 

「こんにちは、小林さん」ドラゴンは小林さんのことを知っているようです。

 

しばらく考え夢だと判断した小林さんはドラゴンを部屋に招き入れます。

 

ドラゴンから少女の姿になったトールを見て「どこかで会ったことある?」と尋ねます。

 

小林さんは徐々に記憶を取り戻していきます。

 

昨日小林さんはべろんべろんに酔い、その勢いで山へ行き、そこでドラゴンに出会い、なぜか意気投合、行き場がないというドラゴンに「うち来る?」と声をかけてしまっていたのでした。

 

「今日からメイドとして働かせてください」と意気込むトールに小林さんは『無理だ』と断ります。

 

しょんぼりと肩を落とし帰ろうとするうしろ姿を見て小林さんは罪悪感を感じます。

 

その時ふと気が付き時計に目をやると8:50。始業時間は9:00です。

 

小林さんは大慌てで、去ろうとするトールを引きとめ「翔べる!?」と尋ねます。

 

トールは笑顔で「はい!」と答え、小林さんを背中に乗せて会社まで翔びます。

 

トールの嬉しそうな顔を見て、小林さんはトールを雇うことに決めました。

第3話 トールと洗濯

トールは小林さんの洗濯物を干しています。

 

老廃物で服が汚れるなんて劣等種だと言いながら、小林さんの老廃物が残っていないかと洗濯ものをペロッと舐めます。

 

それを目撃した小林さんはトールを座らせ、『性癖も疑問だが、問題は洗濯方法だ』と話します。

 

洗濯の手順を考えろと言われトールは考えます。

 

小林さんはトールが『傷みやすい生地は汚れのみ溶かす唾液で口洗いをする』と言ったところでストップをかけ、ビジュアルを大事にしろと伝えます。

 

そして、いつも同じメイド服ばかり着ているトールに新しい服をプレゼントします。

 

そして、小林さんは『私が帰るまでに衛生観念についてググっておくように』と伝え仕事に行きます。

 

いまいちよくわからないトールは、物知りのケツァルコアトルさんに電話で聞いてみることにします。

 

ケツァルコアトルさんに事の経緯を説明すると、『それは綺麗汚いの問題ではない』と言います。

 

トールの知り合いの話を例に挙げわかりやすく説明し、トールも納得できたようです。

 

ケツァルコアトルさんはトールに尋ねます。

 

「人との生活は楽しいかい?」

 

トールは笑顔で「はい」と答えます。

 

空はあいにくの曇り空、雷も鳴って今にも雨が降りそうです。

 

トールはドラゴンの姿になり、屋上から空に向かって息を吐きます。

 

雲にぽっかりと穴が開きそこから陽の光がピンポイントで射し込みます。

 

会社からそれを見た小林さんは「やっぱいろいろ教えないとなぁ」とこぼします。

 

すっかり乾いた洗濯物、トールは舐めるのはやめて小林さんの匂いを堪能することにしました。

第4話 トールと嫉妬

小林さんは会社で男性に『仕事帰りに飲みに行こう』と声をかけられます。

 

一緒に会社を出ようとしているところを、迎えに来たトールが目撃します。

 

男性は滝谷真(たきやまこと)と名乗りますが、トールは小林さんを誘惑しようとする男と認識し敵視します。

 

どうしてやろうかと考えたトールは自分と小林さんの仲の良さを見せつけることに決めました。

 

しかし仕事の話ばかりしている2人に置いてけぼりのトール、全く話に入れません。

 

それに気づいた滝谷は『入ってこれない話してごめん』と謝りますが、負けたくないトールは「レベルが低くて入る気にならないだけだ」と声を荒げます。

 

それを聞いたお酒の入った小林さんは「メイドがそんな口調を使うなァ…!」と言い、そこからトールが着ているメイド服に対してコスプレだと不満を口にします。

 

それを聞いていた滝谷もオタク口調でメイド服について語り始めます。

 

もう話に入れるとか入れないの次元じゃない…そう思っていたトールに『せっかくレベル高いメイド談義してるんだからトークしろ』と小林さんが絡んできます。

 

そしてお酒を飲みすぎた小林さんはトールのメイド服を脱がしてしまいました。

 

飲み会がお開きになり、滝谷はトールに謝ります。

 

「メイド談義がしたくていつも小林さんと飲みに行くんだ」と打ち明けた滝谷にトールは「その代わり少し驚いてもらいます」とドラゴンの姿を現しました。

 

滝谷は少し驚いた表情を見せたものの、すぐにいつもの表情に戻りトールに「君は小林さんが大好きなんだね」と言います。

 

トールは小林さんを背中に乗せ「やっぱりライバルじゃないですか」とつぶやき帰っていきました。

第5話 トールと買い物

トールと小林さんは2人で買い物に向かっていました。

 

ガスコンロの火力が足りないと感じたトールが炎を吐いて食材を灰にしてしまったからです。

 

デパートに向かおうとする小林さんに、トールは商店街にしようと提案します。

 

デパートのカラーリングが聖騎士の本拠地を思い出させて落ち着かないようです。

 

まずは魚屋に行きます。

 

トールは魚屋の店主と顔なじみの様子です。

 

世間話をして、おまけまでつけてもらいました。

 

「なんで魚屋さんと仲いいの?」と尋ねる小林さんにトールは『適当に愛想よくしたら向こうも愛想よくなっただけ』と答えます。

 

どうやらトールは人間の感情を理解していない節があるようです。

 

次に向かった精肉店でも、街ゆく人々も、たくさんの人がトールに声をかけてきます。

 

トールもすっかり馴染んでいる様子です。

 

それを見て小林さんは考えます。

 

人間のことを見下した発言をしているトールですが嫌っているわけではないのか。

 

考えてみるとトールのこと何も知らないけど、出会ったとき剣が刺さってたくさん傷がついていたことを思い出すと聞かないほうがよさそうだと思い別の話を切り出します。

 

「デザートも買おうか」という小林さんに、「エクレアがいいです!」とエクレア談議に花を咲かせていると、遠くで悲鳴が聞こえます。

 

ひったくりです。

 

トールは小林さんに「止めますか?」と尋ねます。

 

小林さんは「ドラゴンだってバレないように…」

 

『わかりました』と答えたものの、トールは人間離れした脚力、スピード、腕力でひったくり犯を捕まえてしまいます。

 

それを目にした住民はザワザワしています。

 

小林さんはヤバいと思いトールのもとに駆け寄ろうとします。

 

「すごいぞぉトールちゃん!」「こんな強かったなんて…!!」「ありがとー!」

 

割れんばかりの大喝采が起こりました。

 

ホッとした小林さんはトールの手を取って家へ帰ります。

 

正体がバレたかとヒヤヒヤした2人は手を繋いだまま歩いていきます。

 

2人が去った商店街では、1人の少女が訳ありな様子で立ち尽くしていました。

第6話 トールとカンナ

小林さんの家のチャイムが鳴ります。

 

『通販来たかな』と小林さんがドアを開けるとそこには角としっぽが生えた1人の少女が立っていました。

 

トールは買い物に出かけているため、とりあえず部屋にあげて名前を尋ねます。

 

「トール様と別れて」「淫乱メガネ!」

 

少女はポカポカと小林さんを叩きます。

 

そこへトールが帰ってきます。

 

少女の名前はカンナカムイ(カンナ)、やはりトールの知り合いでした。

 

トールが行方不明になり探していたというカンナは曇りの日にトールのブレスを感じて場所を特定したようです。(第3話参照)

 

カンナは『あなたが必要。一緒に帰ろう』と説得しますがトールは『小林さんを愛しているから帰らない』と説得に応じません。

 

「こうなったらそいつを殺してでも…」とカンナは小林さんに殴りかかります。

 

しかしマナの純度が低すぎるためものすごく非力になっていました。

 

小林さんはカンナに尋ねます。

 

『もしかして帰れなくなった?行くとこないよね?』

 

図星のようです。

 

詳しく話を聞いてみると、カンナはイタズラをして追放されたようです。

 

小林さんは「行くとこないならうちくる?」と声を掛けます。

 

カンナは「人間なんか信じてない」と疑いの眼差しを向けます。

 

小林さんはカンナの頭をポンと撫で、『知らない世界で誰も信じられないのは当たり前』と言います。

 

「友達になろうなんて言わないよ。一緒にいよう。そんだけ」

 

その言葉にカンナは涙を流し、小さな声で「…うん」と答えます。

 

それを見たトールは「小林さんを好きになってよかった」とつぶやきます。

第7話 トールと常識

「なーなー小林どこ行くの?」

 

出勤しようとする小林さんをカンナが呼び止め一緒に行きたいと言います。

 

トールはそんなカンナを呼び止め、今日はカンナに色々教えて完璧なメイドにすると言います。

 

不安そうな面持ちのまま小林さんは仕事へ向かいます。

 

トールはカンナに社会常識を教えるため、2人は街へと出かけます。

 

まずは信号を守ることを教えます。

 

カンナはトールに『車はどうやって動いているのか』と尋ねます。

 

トールは『詳しくはわからないが魔力か何かで、メンキョという魔具がいる』と答えます。

 

『小林さんはメンキョは持っているが車は持っていないようだ』と続けると、カンナは『トール様が運べば楽なのに、小林はなぜそうしないのか』とトールに質問します。

 

そこに関してはトールも同意見のようです。

 

場所は変わり、トールとカンナは公園へやってきました。

 

「あれ何?」シーソーを指さしカンナは尋ねます。

 

トールはシーソーを知りませんが、観察して頭の中で分析し、「投石器の練習台です!」とカンナに教えます。

 

そして、この世界の人間はドラゴンに敵対していないので安心だと伝えます。

 

近くに出店していたキッチンカーでクレープを買って食べながら2人は話します。

 

カンナは『死んだと聞いていたトールが生きていて嬉しかった』と言います。

 

トールは『この世界には逃げるように来た。死にかけていたところを小林さんに助けてもらった。その恩返しでメイドをすることにした。』と話します。

 

「私は今…とても幸せです」

 

トールの話を聞いてカンナは「小林の会社が見たい」と言います。

 

「私も丁度小林さんに会いたかったところです」

 

トールはそう言うとドラゴンの姿になり、同じくドラゴンの姿になったカンナと共に小林さんの会社を空から眺めるのでした。

第8話 トールとクリスマス

「今日はクリスマスですしパーティーしましょう!」

 

唐突にトールが言います。商店街のお肉屋さんから教えてもらったようです。

 

小林さんは仕事帰りにケーキを買ってくると言い、仕事に出かけます。

 

カンナは『パーティーに誰か呼ばないのか』とトールに尋ねます。

 

「知り合いを呼んでみます」とカンナに話します。

 

夜、小林さんが帰ってきました。滝谷も一緒です。

 

「なんで滝谷さんがいるんですか!!」トールは不服そうですが、パーティーなのでと渋々納得します。

 

その時家のチャイムが鳴ります。

 

小林さんがドアを開けるとドラゴンが立っています。

 

思わずドアを閉める小林さん。

 

トールがドアを開けその姿はまずいと伝え、来客は執事の格好をした人間の姿になり入ってきます。

 

古の時代から洞窟の奥で宝を守る呪いの竜・ファフニールです。

 

「他には誰か来るの?」小林さんはトールに尋ねます。

 

「もう来てるよ」そう言って入ってきたのは、短いタンクトップにショートパンツ、キャップを被った巨乳の女性の姿のケツァルコアトル(ルコア)です。

 

小林さんは「体型的に痴女っぽい」と言い放ちます。

 

みんなが揃い、トールは料理の為にキッチンに向かいます。

 

ニコニコと料理するトールを見てルコアは小林さんに言います。

 

『あの子はあまり笑わない子だった、あなたのおかげかな』

 

そう言われ小林さんは『私は普通の人間だ』と答えます。

 

『あの子の生にはその普通がなかった』とルコアは続けました。

 

『私もあまり笑うほうじゃなかったから、トールに感謝してる』と小林さんは笑います。

 

料理も出来上がり、お酒も入り盛り上がります。

 

お酒の入りすぎた小林さんは滝谷と大声で執事について熱く語り合います。

 

ルコアに『メイドになれ!』トールに『脱げ!』とわめき散らし、ドラゴンたちに人間の怖さを植え付けてしまいました。

第9話 トールとあぶないあそび

「遊びたい」ゲームにも飽き、暇を持て余したカンナが言います。

 

「今日は外で遊びましょう」

 

ドラゴンの姿になった2人は小林さんを連れて、日本ではないどこかの広い草原まで翔んできました。

 

「遊び終わったら起こして」と小林さんは草原で横になります。

 

トールとカンナは2人で人間の姿のままパワーを開放します。

 

カンナはトールを空高く投げ上げ、そこに向かって技を放ちます。

 

トールはカンナが放った技を蹴り上げ、カンナに向かって口からブレスを放ちます。

 

それをカンナはヒラリとよけて…

 

「待て待て待て待て待て待て待て待て」小林さんが焦った様子で止めますが、2人はちょっとじゃれついただけと笑います。

 

ちなみに、力を失ったはずのカンナは家で充電したら戻ったようです。

 

『じゃれるなら私基準で』と伝え、再び横になる小林さん。

 

2人は技を出さずにぐにゃぐにゃよろよろとじゃれ合います。

 

横になりながら『ドラゴンの力はすさまじい、その気になればこの世界も…』とそこまで考えてちらりと2人に目をやる小林さん。

 

グデグデしている2人を見て「あ、ないわ」と思い直します。

 

ひとしきり遊び終えた2人は小林さんの隣に寝ころびます。

 

トールに「小林さん結局遊ばないんですね」と言われ、小林さんはしりとりを始めます。

 

長くは続かないしりとりですが3人はとても楽しそうです。

第10話 トールとバレンタイン

雑誌のバレンタイン特集記事を見ながらトールがチョコレートを作っています。

 

「入れちゃいましたよ…惚れ薬」トールは不敵な笑みを浮かべています。

 

完成したチョコレートを小林さんに渡します。

 

受け取った小林さんは静かにトールに問います。

 

「世の中には信用というものがある。1つ間違うだけで全てを失ってしまうことも多々ある。」「今からこのチョコを食べても大丈夫なんだな?」

 

「これ失敗作でした」惚れ薬入りのチョコレートを慌てて取り下げるトール。

 

小林さんは仕事に向かいます。

 

「滝谷君チョコもらった?」小林さんが尋ねると「2個」滝谷は答えます。

 

そんな会話をしていると小林さんの机の上にどんどんチョコレートが積まれていきます。

 

小林さんが驚いていると『小林さんに仕事で助けられてる人多いから日頃のお返しだろう』と滝谷は言います。

 

「私もチョコ持ってきたよ」小林さんが取り出したのは大箱に入ったチョコレート。ご自由にお取りくださいとメッセージが添えてありました。

 

家ではカンナがチョコレートが欲しくて探していました。

 

トールは小林さんにあげる予定だった惚れ薬入りのチョコレートを、カンナなら大丈夫だろうと渡します。

 

そしてトールは買い物に出かけます。

 

カンナが1人でチョコレートを食べているところへ小林さんが帰ってきます。

 

「小林も食べる?」カンナから差し出されたチョコレートを小林さんは食べてしまいます。

 

ドクン…

 

その途端、心臓が高鳴り、やけにカンナが可愛く見えます。

 

『なにかおかしい…』戸惑っている小林さんにカンナは心配してそばに寄ります。

 

『妙にムラっとしてる…』

 

「まさかそのチョコ…」小林さんはカンナに尋ねます。

 

「トール様にもらった」カンナは答えます。

 

このままではカンナに手を出してしまうとお考えた小林さんはカンナに『体調が悪いから寝る』と伝え自室に入ります。

 

ムラムラする身体を抑えつつベッドで耐えているうちに小林さんは身に覚えのある感覚に気が付きます。

 

その時トールが帰ってきて小林さんの部屋にやってきます。

 

やってきたトールに小林さんは『あんたの変なチョコを食べた』と告げ、「こっちおいで」とベッドにいる自分のそばまで呼びます。

 

そして小林さんとトールの顔が近づいていき…

 

「メイド服がなってねぇ!」

 

チョコレートにはお酒が入っていて、小林さんはべろんべろんになっていました。

 

惚れ薬と混ざって小林さんの肝臓に分解されていきましたとさ。

 

カンナの日常・エルマのOL日記・お篭りぐらしのファフニール・ルコアは僕の××ですはタダ?

『小林さんちのメイドラゴン』は、スピンオフ作品も連載されています。

 

しかし「マンガがうがう」では「カンナの日常」・「エルマのOL日記」・「お篭りぐらしのファフニール」・「ルコアは僕の××です」に関しては配信されておりません。

 

今後、配信される可能性も高いので、期待して待ちましょう!

おすすめ記事