ライアーゲーム最終回結末ネタバレ【漫画ドラマ完結ラスト】その後の最後は?終わり方や続編について調査!

おすすめスマホアプリ

 

実写ドラマ化もされた大人気マンガライアーゲーム

 

今回は、そんな『ライアーゲーム』の最終回・結末はどうなったのか?を分かりやすく解説します!

 

また『ライアーゲーム』を無料で読みたい!という方に『ライアーゲーム』を合法的に無料で読む方法も併せてご紹介しています。

 

最終回のネタバレの前に『ライアーゲーム』を無料で読む方法です。

『ライアーゲーム』は漫画アプリ『ヤンジャン!』で読める

漫画『ライアーゲーム』はこちらの集英社が運営する漫画アプリヤンジャン!にて無料読むことができます。

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ヤンジャン』は、集英社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『ヤンジャン!』では、『ライアーゲーム』を惜しげもなく無料公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『ライアーゲーム』を無料で読破したい方は『ヤンジャン!』を使う方法が最もお得です。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また『ヤンジャン』では、『ライアーゲーム』以外にも

 

  • ゴールデンカムイ
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • 不能犯
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • 東京喰種
  • バトゥーキ
  • キングダム
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • リクドウ
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • 地獄先生ぬーべー
  • ハチワンダイバー
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 干物妹!うまるちゃん
  • シャドーハウス
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ラジエーションハウス

etc・・・

 

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

追記:漫画アプリ『マンガBANG』では、2021年10月31日までの期間限定で、『ライアーゲーム』を全話無料で配信中です。

 

この機会にダウンロードしてみてはいかがでしょうか?配信期間が過ぎていても延長されている場合もあります!

 

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶりや白泉社が運営するマンガParkも特にオススメです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)
  • アオアシ

などなど…

 

マンガPark
  • ベルセルク
  • ウロボロス
  • フルーツバスケット
  • あそびあそばせ
  • 高嶺と花
  • 桜蘭高校ホスト部
  • 自殺島
  • 無法島
  • ホーリーランド
  • 暁のヨナ
  • ハチミツとクローバー
  • ギャルごはん
  • ふたりエッチ
  • 神様はじめました
  • 学園アリス
  • 狼陛下の花嫁
  • 赤髪の白雪姫
  • 覆面系ノイズ
  • それでも世界は美しい
  • 当て屋の椿
  • 鬼門街
  • 3月のライオン

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『ヤンジャン!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています「無料で多くの有名漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

『ライアーゲーム』ってどんな話?あらすじ紹介!

『ライアーゲーム』最終回のネタバレの前に、序盤のあらすじを紹介します。

 

女子大生の神崎直(かんざき なお)は、落とし物の100円玉1枚を交番へ届けるような正直者で、他人からは「バカ正直のナオ」と呼ばれるような性格でした。

 

ある日、直の家にLGT事務局という知らない送り主から箱が届きます。箱には手紙がついており、このように書いてありました。

 

「神埼直さま、おめでとうございます。あなたはこの度10万分の1の確率をくぐり抜け、見事ライアーゲームトーナメントにエントリーされました。ゲームに参加される場合のみこの箱を開けてください」

 

不思議に思った直ですが、深く考えることもせずに箱を開けてしまいます。

 

箱の中には大量の札束が敷き詰められており、なんと総額1億円もの大金が入っていました。

 

さらに直は、箱の底にあったもう1通の手紙を見つけます。

 

「ライアーゲームに参加ありがとうございました。エントリーの取り消しはもうできません。同封の1億円はあなたの持ち金(マネー)となります。大切に保管くださいませ」

 

直は悪質なイタズラだろうと思い札束を確認しますが、どこからどう見てもお札は本物の様でした。

 

さらに手紙には続きがありました。

 

「ライアーゲームのルールは、対戦相手からマネーを取り合うだけのゲームです。いかなる手段を使っても構いません、対戦相手からマネーを奪ってください。30日後に事務局がマネーを回収しに参ります。増やしたマネーはそのままあなたの賞金となりますが、マネーを減らした場合は借金をしてでも不足分のマネーを弁償して頂きます」

 

手紙に書かれていたゲーム内容は、対戦相手からマネーを奪うことができたなら賞金が手に入り、逆にマネーを奪われてしまうと最大で1億円の借金を背負ってしまうという、恐ろしいルールでした。

 

直は弁護士に相談をして、なんとかライアーゲームから逃れようとしますが、弁護士は取り合ってくれず解決することはできませんでした。

 

対戦相手が決まりゲームが始まるまで、直は不安な日々を過ごします。

 

そしてついにゲームの対戦相手が決まったと、直の自宅に事務局から手紙が届きます。

 

その対戦相手とは、直の中学校の時の担任だった藤沢先生でした。

 

中学生時代、家庭の悩みにも親身になって相談に乗ってくれた藤沢がライアーゲームの対戦相手と知り、直は藤沢の元へと相談にいきます。

 

藤沢は、このライアーゲームとは事務局が金を奪う為のゲームだと言います。そして直からお金を預かり、自分のお金と一緒に銀行の貸金庫に預けようと提案します。

 

藤沢を信じている直は何も疑わず提案にのり、自分のマネー1億円を全て藤沢に預けてしまいます。

 

藤沢のおかげで解決したと思い安心していた直ですが、またもや事務局から手紙が届きます。

 

「途中経過。あなたは負けています」と書かれた手紙を読んだ直は不安になり、もう一度藤沢のところへ相談にいきます。

 

そこで耳にしたのは「5年前の教え子なんだよね。コロッと騙された。1億円取られたとも知らずに。バカ正直」と知人に電話で話す藤沢の声でした。

 

直は信用していた先生に騙されていたショックで泣き出します。

 

絶望していた直ですが、以前弁護士に相談した際に「詐欺のことは詐欺師に相談しろ」と言われたことを思い出します。

 

そして元天才詐欺師・秋山深一(あきやま しんいち)が二日後に刑務所から出所することを聞いた直は、秋山を探しに行きます。

 

刑務所の近くで道に迷っていた直は偶然にも秋山を見つけ、助けを求めます。

 

秋山は断りますが、自分の母親に似てバカ正直な直のことを放っておくことができず、直のお金を取り戻した上で藤沢から1億奪えた場合、半分の5千万円を報酬として貰うという条件付きで協力することになります。

 

藤沢が自宅から出ないことから、お金は銀行ではなく家の中にあることを確信した秋山は、藤沢に精神的な揺さぶりを仕掛けます。

 

秋山の揺さぶりによって自宅の金庫の中にお金を隠していることを白状した藤沢は、ゲーム終了まで金庫からお金を出さなければ自分の勝ちだ、と勝利宣言をします。

 

藤沢の家にライアーゲーム事務局から送られてきた手紙には、ゲーム終了日の午後5時に事務局から回収人が現れると書かれており、藤沢はその時間まで金庫を守ろうと離れません。

 

そしてついにゲーム終了日の午後5時になり、藤沢の家には事務局から回収人がやってきます。

 

藤沢は勝利に喜び、金庫を開けて回収人にお金を渡します。回収人はお金の数と、紙幣の番号を確認し始めます。

 

時間は午後6時。浮かれて1億円の使い道を考えている藤沢の家に、事務局からまたもや回収人がやってきます。

 

後から来た回収人は「我々の他には回収人はいない」と藤沢に言います。

 

藤沢は驚いて金庫のお金を確認しにいきますが、最初に来た回収人は変装した秋山で、直から奪った1億円と藤沢の1億円の両方とも秋山に奪われていました。

 

実は「ゲーム終了時間は午後5時」と書かれた手紙は秋山が細工をした偽物で、本当のゲーム終了時間は午後6時だったのです。

 

金庫のある部屋から出ず、郵便受けを確認することをしなかった藤沢は、秋山の手紙への細工に気がつくことができませんでした。

 

こうして秋山は2億円を回収し、ライアーゲームに勝利するのでした。

 

しかしゲームに負けて莫大な借金を背負った藤沢を哀れに思った直は、自分の賞金を藤沢に差し出し、それを見た秋山も自分の取り分を藤沢へと渡します。

 

賞金は貰うことができませんでしたが、直はゲームの終了を喜び秋山と一緒に家に戻ります。

 

ですが家に帰った直は驚愕することになります。自宅の郵便受けにはライアーゲーム第二回戦への参加の手紙が届いており、それは決して逃れることのできない招待状なのでした。

 

こうして直と秋山のふたりは、ライアーゲームという泥沼の戦いに足を踏み入れていくことになります。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ライアーゲーム』の主な登場人物紹介!

神埼直(かんざき なお)

 

ライアーゲームの主人公で、18歳の女子大生です。

 

突然自宅に届いた箱を開けてしまったことから、謎のゲームに巻き込まれてしまいます。

 

とても正直な性格で人を疑わず、ライアーゲーム序盤ではすぐに人を信用して騙されてしまいます。

 

しかし数々のゲームを経験していくうちに、秋山やチームメイトに頼らずともゲームを動かしていくなど、精神的に成長していくこととなります。

 

唯一の家族である父親は療養所で末期ガンと闘っていて、父親に心配させないようにとライアーゲームの事は秘密にしています。

秋山深一(あきやま しんいち)

 

ライアーゲームのもうひとりの主人公で、27歳の天才詐欺師です。

 

自殺した母親の復讐のために、戦後最大のマルチグループである集英商事を逆に騙して壊滅させました。

 

大学院時代は心理学の権威の丘辺(おかべ)教授のもとで犯罪心理学を学んでいて、勝負において弱った心や勝利を確信した時の人の心など、人間の心理を利用する作戦が得意です。

 

前科はありますが本当は心優しく、困っている人を見ると手を差し伸べる性格をしています。

横谷憲彦(よこや のりひこ)

 

ライアーゲームにおける秋山のライバル的ポジションで、20歳の大学生です。

 

異常なほど頭が良く、人を支配することが得意で冷徹な性格をしています。

 

髪型はオールバック、支配される者の不屈さを表しているからという理由で常にネズミを連れています。

 

初登場は3回戦の「密輸ゲーム」で、このゲームで横谷と秋山は引き分けとなります(ゲームは横谷の勝ちですが、秋山は多額の賞金を獲得します)。

 

ライアーゲーム終盤まで秋山達を苦しめ、何度も壁として立ちはだかります。

アーチア(タッド・ミヤギ)

 

ライアーゲーム事務局の最高責任者で、決勝戦の担当ディーラーを務める男です。

 

他のディーラーと違って黒いフードを被っています。

 

正体は元映画監督です。ライアーゲームで極限状態に陥っているプレイヤー達のドキュメンタリーを撮影して全世界に公開しようとしていて、名前は「タッド・ミヤギ」です。

 

物語の最後では、直の父親が捨てようとしている仮面が、アーチアの仮面と同じ柄をしている描写が描かれています。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ライアーゲーム』最終章までおさらい!

ライアーゲームという謎のゲームに巻き込まれていく直と秋山

謎のゲーム「ライアーゲーム」に巻き込まれ、1億円奪い合いゲームに勝利した直と秋山でしたが、賞金を対戦相手の藤沢に譲ってしまった為にドロップアウト(ゲームからの離脱)ができず、2回戦へと進むこととなりました。

 

秋山はライアーゲームのプレイヤーではないため参加する必要はありませんでしたが、ひとりで2回戦へと進んだ直を追いかけてゲームの会場へと現れ、他のプレイヤーの代理としてライアーゲームに参加します。

 

2回戦で行われるゲームは「少数決」。多数決の反対で、出題された質問に対してプレイヤー全員がイエスかノーで投票し、少数派だったものが勝ちとなり、それを繰り返します。そして最後のひとり、もしくはふたりになった時点でゲームが終了し、勝者が決まるというルールでした(ふたりだと勝負が成立しないため)。

 

秋山は必勝法を知っていると言い、策を実行するためにチームメンバーを集めますが、チームの中に裏切り者の「X」が混ざってしまい、ピンチに陥ります。

 

しかしそのピンチも実は秋山の計算の内で、裏切り者が誰だか分っていた秋山は「X」の裏をかき、少数決で勝利します。

 

2回戦を勝ち抜いた秋山でしたが、自分はドロップアウトせずにライアーゲームの3回戦に進むと直に言います。

 

弱い人間を脅して騙しあいをさせ、負けた人間には多額の借金を負わせる。そんな事をおもしろがってやっているライアーゲームの主催者を突き止めるためだと言い、秋山は事務局と闘う決意を見せます。

秋山達の前に立ちはだかる強敵たち

ライアーゲームが進むごとに、対戦相手には天才詐欺師である秋山を脅かすような強敵が登場します。

 

2回戦の少数決で秋山と騙しあいを繰り広げる福永や、冷酷な支配者・横谷憲彦(ヨコヤ ノリヒコ)です。

 

特に3回戦から登場する横谷は、ライアーゲームの最後まで秋山達と闘う強敵となります。

終わりの見えない過酷なゲーム

2回戦を勝ち抜き、先へ進んだ秋山の後を追って直は敗者復活戦に挑みます。

 

直は敗者復活戦「リストラゲーム」に見事勝利し、秋山と共に3回戦「密輸ゲーム」に参加することになります。

 

密輸ゲームでは今まで敵だった福永と共闘し、秋山達は横谷と壮絶な騙しあいを繰り広げます。

 

勝負には負けてしまう秋山達でしたが、ゲームの中で多額の賞金を獲得してまたもや敗者復活戦へと挑戦します。

 

この後、ライアーゲームは「感染ゲーム」「イス取りゲーム」、そして名勝負と名高い「入札ポーカー」、「人間オークション」、最終戦の「四国志ゲーム」と、果てしなく長い戦いが続いていくのでした。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

漫画完結『ライアーゲーム』最終章ネタバレ!その後の最後はどうなった?終わり方やラストを紹介!

ライアーゲーム事務局の敗北

ライアーゲームトーナメント決勝戦、最終決戦でプレイヤー達が戦うゲームは「四国志ゲーム」です。

 

参加プレイヤーは魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)・倭(わ)の四つの国に分かれて、与えられたLP(ライフポイント)を使って攻防し、100ポイントのLPを削りあうというゲームです。

 

しかし秋山は、この四国志ゲームの重大な欠陥に気がついていました。

 

残っている全ての国のLPが1になってしまうと、全員が行動できなくなってしまい、ゲームが進まないという欠陥です。

 

秋山の作戦によって、残った呉と蜀のLPが1となり、両国ともに動くことができずゲームは膠着してしまいます。

 

ライアーゲーム事務局の最高責任者で四国志ゲームの担当ディーラーでもあったアーチアは、ゲームの続行を断念し、プレイヤー全員への敗北を認めます。

 

敗北した事務局は、今までのゲームによって負ったプレイヤーの負債全てを、帳消しにすることを約束します。

 

しかし秋山は負債の帳消し程度では納得できないと言い、ライアーゲームの正体を説明するように事務局に迫ります。

ライアーゲームの正体

敗北したライアーゲーム事務局は秋山に迫られて、ライアーゲームの正体を明かします。

 

アーチアは「ライアーゲームの全てを話しましょう」と語り出し、ライアーゲームとは、とある国で25年前に書かれた小説の通りに進められたゲームだと言います。

 

その国には自由はなく、少数の権力者が富を独占し、逆らうものは暴力で押さえ付けるような恐怖が支配する国でした。

 

ライアーゲームの小説を書いたのはその国の「vivy」という作家で、小説によって権力者への体制を批判することが目的でした。

 

ゲームの中の欲にまみれた不条理な世界で、人間が醜いところをさらけ出していくというテーマの小説で、上・中・下の全三巻になる予定でした。

 

しかし小説は完結することはありませんでした。下巻が世に出てくることはなく、未完で終わってしまいます。そしてvivyは二度と小説を発表することはありませんでした。

 

おそらくvivyは権力者によって殺されたのだろう、とアーチアは語ります。

 

そしてvivyの死から2年後、アメリカ・ロサンゼルスでライアーゲームの小説について映画監督のタッド・ミヤギと、映画プロデューサーのフェイが話していました。

 

フェイは闇に葬られたライアーゲーム最終巻の内容を知るために、小説に書かれたゲームを実際にやってみようと、タッド・ミヤギに提案します。

 

そうすることで闇の権力者に消されてしまった小説家の、伝えたかったメッセージが再現できるのではないかと言います。

 

参加するプレイヤー達には何も話さず、ドキュメンタリータッチで人の欲を掻き立てるゲームの様子を撮りたいと熱弁します。

 

タッド・ミヤギは拒みますが、フェイが実は小説家vivyの親友で、権力によって殺された親友の思いを繋ぎたいという理由を聞き、映画を撮る決心をするのでした。

 

そしてアーチアは、自分がそのタッド・ミヤギだと告白します。

 

映画の撮影は今から18年前に始まり、日本で参加者を集めてライアーゲームは開催されました。

 

しかし撮影の最中に突然フェイが出張先の東南アジアで死んでしまいます。

 

その後タッド・ミヤギの自宅には、「次はお前の家族だ」と書かれた脅迫状が送られてきます。

 

タッド・ミヤギは自分の家族やプレイヤーの安全の為、予定していたライアーゲームの決勝戦を中止することを決めました。ゲームのプレイヤー達には、これは映画用に作られたゲームだと告白し、そこでライアーゲームの撮影は終了します。

 

こうして第一回ライアーゲームは、決勝戦の前に終了してしまうのでした。

 

それから20年ほどの月日が経ち、タッド・ミヤギは闇の権力者たちへの抵抗の為、もう一度ライアーゲームを開催することを決心します。

 

今度は第一回ライアーゲームのプレイヤーたちが事務局側のディーラーとなり、自分たちが体験できなかったゲームの結末を知るために集まってきました。

 

秋山達にライアーゲームの正体を明かしたタッド・ミヤギは、今回のライアーゲームの映像を世界に発信させてほしいと参加者に提案するのでした。

ライアーゲームの終了と、ディーラーの正体

 

秋山や横谷をはじめ、プレイヤー達はライアーゲームの映像を世界に公開することに賛成します。

 

しかし直はライアーゲーム事務局のディーラー達が、第一回ライアーゲームの参加者だということに驚きを隠せません。

 

そんな中、ゲームのディーラーのひとりのラブレーが、横谷の父親だということがわかります。横谷の父親も、第一回ライアーゲームのプレイヤーでした。

 

そしてもうひとり、ディーラーのレロニラは秋山の大学院の恩師で心理学の権威、丘辺(おかべ)教授だということも判明します。

 

丘辺教授は集英商事を壊滅させて逮捕されていた秋山のことが気がかりで、何か変わって欲しいという期待を抱いて秋山をライアーゲームに参加させるように仕向けていたのでした。

 

最後にアーチアの「これにてライアーゲームは終了します」との声とともに、本当にライアーゲームは終了することになります。

闇の権力者の圧力

こうして長かったライアーゲームは終了し、日常を取り戻した直は自宅で父親と話します。

 

「ここ数ヶ月でずいぶんしっかり者になったなぁ」と父親は直に言います。

 

末期ガンに侵され、過去に縛られたくないと断捨離を進める直の父親でしたが、彼が捨てている物の中には、アーチアと同じ仮面がありました

 

二週間後、ついにライアーゲームの映像がネットで全世界に公開される日が来ました。

 

参加したプレイヤー達の顔や声はうまく加工されて、特定できないようになっています。凄い画像処理の技術に直は感心します。

 

しかし直が動画を見ていると、突然ライアーゲームの映像が止まり、見ることができなくなってしまいます。それだけではなく、ついにはライアーゲームの映像はネットから削除されてしまいます。

 

直は秋山に連絡して動画を見ることができるか確認しますが、秋山は他の動画サービスも全て見られなくなっていると言います。

 

秋山は何かを感じたような表情で、直に言います。

 

「圧力をかけて消させたな・・あの闇の権力者が。闇は、俺たちの想像より遥かに深いってことだ」

 

直は驚愕します。

 

「そ、そんな・・・」

 

こうして本作、ライアーゲームは完結となります。とても含みのある終わり方となっています。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ライアーゲーム』最終回の世間の評判は?続編は?

『ライアーゲーム』最終回は、続編を連想させる終わり方でしたが、2021年10月現在では続編の予定はありません。

 

100パーセントないとは言い切れませんが、限りなく続編はないと言ってもいい思います。

 

個人的には、本当のラスボスなどを暴き倒してほしいものですね。

おすすめ記事