モンキーターン全巻無料で読む方法紹介!漫画アプリでタダ?面白い?作者・河合克敏

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『モンキーターン』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。 

『モンキーターン』は漫画アプリ『サンデーうぇぶり』で全巻無料で読める?

いきなり、結論です。

 

『モンキーターン』はこちらの小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりにて全巻無料で読むことができます。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』は小学館が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『サンデーうぇぶり』では『モンキーターン』を惜しげもなく1巻から最終巻まで全巻無料で公開してくれています

 

安心安全に、そしてタダで『モンキーターン』を読破したい方は『サンデーうぇぶり』を使う方法が最もお得です。

 

また『サンデーうぇぶり』では、『モンキーターン』以外にも

  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • からかい上手の高木さん
  • ドロヘドロ
  • GS美神 極楽大作戦
  • だがしかし
  • よふかしのうた
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • 天使な小生意気
  • お茶にごす
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • BE BLUES!~青になれ~
  • 結界師
  • スプリガン
  • 名探偵コナン ゼロの日常
  • 湯神くんには友達がいない
  • アオイホノオ
  • 葬送のフリーレン
  • トニカクカワイイ
  • ハヤテのごとく!
  • 魔王城でおやすみ
  • チ。地球の運動について
  • アオアシ

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

また同じく小学館が運営する漫画アプリマンガワンや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

『マンガワン』で無料で読める主な作品一覧
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100
  • チ。地球の運動について

などなど…

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • ゴールデンカムイ
  • GANTZ
  • キングダム
  • BUNGOーブンゴー
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • 来世ではちゃんとします
  • ここは今から倫理です。
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • シャドーハウス
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • ラジエーションハウス

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『サンデーうぇぶり』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』の基本的な使い方

『サンデーうぇぶり』では、アプリ内アイテムであるチケットポイントを使用して読むことになります。

 

簡潔に言うと、『チケット』『ポイント』を使って1作品、1日に最大5話まで無料で読むことが可能です。

 

『モンキーターン』も1日に最大5話まで読み進められます。

 

ここでは『サンデーうぇぶり』で使うアプリ内アイテムチケット』『ポイントのそれぞれの使い方を簡単に説明します。

『サンデーうぇぶり』のチケットとは?

チケットはチケットアイコン(↓黄色い線で囲んである)が表示されている話に使うことが出来ます。

各作品ごと1日1枚使用することができ、チケット使用後23時間で、新たなチケットが配布され各作品をまた1話無料で読むことが出来るというシステムです。

つまり、ほとんどの作品を1日1話無料で読めるシステムがこの『チケット』なのです

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』のポイントとは?

『ポイント』は毎日、5~15秒程度の広告動画を見ることで30ポイント(作品1話分に値する)を取得することが出来ます

 

サンデーうぇぶりに掲載されている作品は、すべてこの『ポイント』の対象です。(※ポイントを使って読む事ができるという意味)

 

↓『サンデーうぇぶり』のホーム画面に『POINTゲット(黄色い線で囲んである)』アイコンが出てくるので、そのボタンをタップして短い広告動画を見ることでポイントをゲット出来ます。

15秒程度の広告を流しておく(見なくてもよい)だけで、1話分の漫画を無料で読めてしまうので、絶対活用するべきです!

 

この『POINTゲット』アイコンは毎朝8時に回復し、ホーム画面に表示されます。

【重要】さらに今なら『サンデーうぇぶり』のアプリを新規ダウンロードすることで1000ポイントの特典が付いてきます。※1000ポイント=単行本3冊分

アプリのダウンロードは、もちろん無料です。

 

操作も簡単なので、すぐに使いこなせますよ!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『チケット』『ポイント』以外で1日3話分の漫画を読む

『チケット』『ポイント』以外に1日3話分の漫画を無料で読める仕組みがあります

 

その仕組みがこれ、

 

見たい話の漫画のページへ飛ぶと、「動画を見て無料で読む あと3回」と表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで1話分を新たに無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • チケットを使い1日1話無料で漫画を読む
  • 短い広告動画を見て毎日30ポイント獲得し1話分の漫画を無料で読む
  • 短い広告動画を最大3本見て、3話分の漫画を無料で読む

以上の事から『サンデーうぇぶり』は、1つの作品において、1日に最大で5話分を無料で読むことが出来るかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります。

 

遠慮なく無料で読ませていただきましょう!!(^^)/

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『モンキーターン』の世間の評価は?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『モンキーターン』は面白い?見どころ紹介!

見どころ① マイナースポーツだけど面白い!

競馬と比べて、決してメジャーではない競艇というスポーツをわかりやすく、そしておもしろいと感じることのできる作品です。

 

スピード感あふれる展開と、水上でのぶつかり合いは迫力満点です。

 

レース自体のおもしろさもさることながら、競艇という世界のフィールドワークもしっかりと描かれています。

 

まず、競艇学校編では入学することの難しさや、入学後の厳しい内容も触れています。

 

ギャンブルとは切っても切れない関係であるからこその人間形成、水中に落とされたり、数時間の基礎訓練など罰則も多くあります。

 

単純にモーターボートの扱い方を学ぶことができるのではない、学校の裏側を描いています。

 

学校を卒業すると、レーサーとしてのデビューが待っています。

 

勿論、ここでも実践して覚えることもたくさんあります。競艇場の中では先輩のタバコの管理や、エンジンの積み込み、片づけを手伝うのも新人の仕事です。

 

その空いた時間で、整備やプロペラの加工、練習などをしていきます。この作業は実は1人で単純に行えるものではありません。いくつかのグループを作り、情報を交換しながらすすめていくのがほとんどなのです。そこで、運命の出会いがありました。

 

小池と和久井です。

 

小池は競艇選手としての自覚、振る舞い、精神的な支えになっていきます。

 

和久井は最初はライバルでしたが、戦い認め合うことで波多野にプロペラ加工の技術や減量方法を教えていきます。

 

この二人の力もあり、波多野は一気に有望選手への道をかけあがっていくのです。

見どころ② ケガ、挫折、そして復活!

学校と同じように裏側に触れることも忘れないのが、この物語です。

 

SGという大レースで勝利を収め、絶頂の時期に大きな怪我を波多野は負うことになります。

 

選手生命どころか、命に関わるようなことで、話は大きく転換します。その中で、恐怖から自暴自棄になり、選手を辞めてしまいそうになるのですが、同期の支え、小池の支え、何より競艇場に戻りたいという、不屈の精神で復活を果たしていくのです。

 

ただ、劇的にという訳ではありません。競艇というスポーツは自分のランクを維持するのには勝ち続けることしかなく、長期間の離脱は、キャリアを再構築することを余儀なくなるのです。そこから、一歩ずつ這い上がっていく部分は胸をうたれます。

見どころ③ 賞金王、最高のターン

ケガからの復活を果たし、SG戦線に戻ってきた波多野。

 

競艇のビッグタイトルを獲得し、年間の賞金総額がトップクラスでないと走ることができない、賞金王シリーズを目指します。

 

ライバルはこれまでに戦ってきたライバル。艇王榎木、そして競艇学校時代からの宿敵、洞口。

 

このメンバー相手に勝たなければならない。そして勝ちたい波多野。そこで彼は思います。

 

「最高のレースがしたい」賞金王と、もう1つみんなの記憶に残るレースがしたい。

 

その思いを胸に最終レースに挑みます。

 

彼しかできない最高のターンを武器に、賞金王決定戦に挑むのでした。

 

『モンキーターン』主要登場人物紹介!

波多野憲二(はたの けんじ)

 

本作品の主人公。

 

高校時代は野球部でプロ野球選手を目指していたが、体格に恵まれず諦めることになりますが、しかし、運動神経が抜群なこともあり、目をかけられていた野球部の監督から、競艇選手を目指すことを勧められ、競艇学校への入学校を決めます。

 

入学後は、その後のライバルとなる同期と切磋琢磨しながら、選手を目指すことになります。

 

頭は良くないのですが、持ち前の運動神経と負けん気の強さで頭角を現し、見事この期のトップで卒業、競艇選手への道のりを歩き始めます。

 

選手では様々な人と出会い、刺激を受け、どんどんと成長していき、いつの間にか、鋭いモンキーターンと、一線級のスタートテクニックを武器に大きなレースでも活躍できるようになっていきます。

洞口武大(どうぐち たけひろ)

 

波多野のライバルです。

 

父親が大物の競艇選手というサラブレッドで競艇学校の成績も優秀。学生時代から、何かと波多野とぶつかりますが、それは選手となっても変わりません。

 

波多野がアウトコースで戦うのが得意ならば、自分はインコースで戦い、大きなレースでも何度もぶつかりますし、プライベートの女性問題でもぶつかることもあります。

 

勝利への執念はすさまじいものもあり、特注のプロペラを作成するなどして、勝ちにこだわっていきます。

青島優子(あおしま ゆうこ)

 

波多野、洞口との同期の女性レーサー。

 

体重の軽さを生かした、直線のスピードは男性陣にも引けをとりません。

 

実家が金銭的に苦労していて、早く稼ぐ必要があることから競艇学校に入学します。

 

しかし、在学中に父親が亡くなり、目標を見失いかけますが、同期の支えもあり、無事に卒業します。

 

卒業後は女性レーサーでもトップ。そして、性別関係なく、女性初のSGチャンピオンを目指して奮闘していきます。物語の中では、波多野、洞口との三角関係も描かれる、貴重な女性キャラクターです。

小池勘一(こいけ かんいち)

 

波多野の師匠。

 

最初は敵として戦い、負けてしまいますがその人格と腕に波多野はほれ込み、弟子入りを志願することになります。

 

絵に描いたようなガンコ者なのですぐには許してもらえませんでした。

 

それには。彼は過去に自分の弟子がレース中に亡くなるという不幸な事故にあっていたため、それ以来、一人でやると決めたという理由があったのです。

 

しかし、波多野の熱意に態度は徐々に軟化していき、師弟関係が結ばれた後は、良き理解者として支えてくれます。

和久井錠司(わくい じょうじ)

 

波多野と同じ東京支部所属。

 

身長が170cmを超えていて競艇選手としては大柄な部類に入ります。

 

プロペラの加工技術に優れていて、この技術を波多野に伝えていきます。

 

最初は小池と同じく一人でやっていましたが、波多野の勧誘で小池さんと同じチームに所属することになり、大きな力となってくれます。

 

プロペラ技術だけでなく、競艇業界のしきたりや、減量の方法、コンディション調整など無くてはならないことを教えてくれる貴重な存在です。見た目、黒づくめで少々怖いのも特徴となります。

生方澄(うぶかた すみ)

 

波多野の高校の同級生でお互いの家を窓から行き来できるくらいの家に住む幼なじみ。

 

高校時代から波多野の事が好きでしたが、その当時は波多野の女好きが災いして、付き合うことはありませんでしたが、競艇学校の入学の前に恋人関係になります。

 

その後は、レースを見に行ったり、競艇のヘルメットをデザインしたり、影ながらささえていくことになるのですが、物語終盤で、三角関係に巻き込まれて少々、大変なことになっていきます。

洞口武雄(どうぐち たけお)

 

愛知の巨人と呼び名がつくほどの名レーサーで洞口雄大の父親。

 

生涯に1度デモ獲得できればというSGレースに10度も優勝しており、今も現役で勝利への執念はすさまじいものがあり、少々、強引な方法も時には取ります。その一つとして、彼の得意技に「ダンプ」と呼ばれる艇と艇をぶつけるものがあり、危険ではありますが、効果的に使用し、相手を苦しめます。

 

親子中は良くはないですが、息子と波多野のライバル関係から、必要なことをアドバイスし、師弟関係のようになっていきます。

榎木祐介(えのき ゆうすけ)

 

艇王と呼ばれる現役最強のレーサー。

 

賞金ランキングでも上位常連で、波多野がデビューした年の賞金王。

 

イン、アウトでも勝負できる自在な戦い方、スタート、ターンも上手で他に付け入る隙を与えない、圧倒的な強さを持ちます。

 

波多野には一目置いていますが、大きな壁となり立ちはだかりますし、彼を目標に成長していくことになります。

『モンキーターン』序盤ネタバレ紹介!

TURN1 どうしろってんだ?

競艇場を駆けるボートが映し出され、数台のボートが水しぶきを上げてターンをするところから物語が始まります。

 

そして舞台は過去のある小学校の教室への回想へと移ります。そこでは小学3年生の頃の主人公・波田野が、教室の中で立ち上がって作文を読んでいました。

 

作文のタイトルは「ぼくの夢」。

 

「ぼくの夢は、大きくなったらプロ野球のせんしゅになることです」

 

小学生の波田野は野球選手になる夢を語り、そして同じ教室にいる澄がちょっと嬉しそうな感じで、その姿を横から見ています。

 

舞台は現在に戻り、甲子園の予選の3試合目。

 

そこにはバッターボックスに立つ波田野の姿、そして澄とありさも応援に来ていました。

 

波田野は運動神経の適正こそあるものの、体格面では165cmという身長がネックとなり、チャンスを活かすことができず試合にも負けてしまいます。

 

自分の身長の低さという野球において厳しい現実に直面し、試合後一人で帰ろうとする波田野。

 

そこに派手なスポーツカーに乗った謎の女性が現れ、波田野に話しかけます。

 

女性に試合の結果を聞かれた波田野は、責任を感じていたこともあって「自分のせいで負けた!」と言い放ち、バイクでその場を去ります。

 

3日後の学校、試合に負けたことを引きずって、波田野は学校に来ていませんでした。

 

教室では野球部の監督でもある担任の先生が、夏休み前の話をしています。ホームルームが終わったあとに突然、スポーツカーに乗っていた女性が先生の元に現れました。

 

そして萩原と呼ばれるその女性と先生は、波田野に話があるため、車で波田野を探しに行くことになります。

 

その頃、街なかでバイクに乗っている波田野は、自分の身長という現実と野球の夢をまた考えていました。

 

そこに先生と女性が乗った車が現れ、波田野のバイクを挑発します。挑発に乗った波田野がバイクで車を追いかけるところで、第一話が終わります。

TURN2 やだね!

萩原と先生の乗った車と、波田野のバイクで街中でレースが始まります。車の多い中を楽々とすり抜けていく萩原の見事な運転に、波田野は驚きながらも追いかけます。

 

上り坂にさしかかり、前の道が開けたところで波田野は加速して車と並びます。

 

時速は160キロ。

 

そして坂のてっぺんから視界が開けたと思った瞬間、すぐ先の事故の現場が目に入ってきました。

 

驚き焦る波田野。しかし波田野はバイクをドリフトのように操り、その危機をなんとか乗り切ります。それを見て関心をする萩原。

 

その後、車が波田野の学校に向かい、そこには澄とありさの姿がありました。

 

車から出てきた萩原に、波田野は負けを認めます。そして先生は萩原を波田野に紹介し、萩原が現役の競艇選手であることが判明します。

 

先生は波田野にも競艇の選手になることをすすめますが、波田野は競艇をギャンブルでスポーツじゃないと断言をします。

 

それを聞いた萩原は波田野に、「見たこともないくせに!」と怒りをあらわにしてつかみかかります。

 

そこで仲裁をする先生の提案から、波田野は後日、実際に競艇場に行くことになります。

TURN3 競艇の才能?

競艇場では、萩原の出ているレースが開始をします。

 

それを見に来た波田野と先生、そして澄とありさの姿もあります。そこで先生は、波田野に競艇の才能を感じることを告げました。

 

萩原のレースが始まり、ボートの上に立って旋回をするモンキーターンを見て驚く波田野。

 

レースはその後、萩原が1着でゴールをして見事勝利をします。

 

それを見ていた波田野に、先生は野球以外の選択肢もあり色々と試してみる選択肢もあると言います。

 

しかし先生に「才能がある」と言われた意味を問う波田野。

 

自分はボートに乗ったことがないのに、なんでそれがわかるのかと尋ねます。

 

そこで先生はボートの体験が競艇場でできるので、実際に乗ってみることを提案します。

TURN4 モンキーターンだ!

試乗会に向かう波田野。

 

波田野と一緒に乗るのは、プロの新人である庄野という選手です。

 

庄野は生意気な口を聞く波田野に対して、少しムッとして「ちょっとビビらせてやろう」と考えます。

 

水上を走り出すボート。その初めての体験、そしてスリリングさに波田野は興奮をします。

 

そこで庄野はわざと水面で波に乗り上げ、二人の乗ったボートは一瞬危ない挙動を見せますが、それにも恐れず楽しむ波田野。

 

さらに本来なら動かせないはずのボートの操縦が、整備の不具合により自分で動かせるようになっているのに波田野が気が付き運転を始めてしまいます。

 

そのまま波田野はターンで立ち上がり、初めてのモンキーターンを決めます!

TURN5 きめたぜ!

波田野が乗っているボートが暴走を続け、それを止めるためにたくさんのボートが追いかけています。

 

逃げる波田野はさらにまたモンキーターンをしようとしますが、そこへ萩原の乗ったボートが追いつきました。

 

そこで萩原は「立つな!」と波田野を制します。

 

実は、最初に波田野がモンキーターンができた理由は、後ろに乗っていた庄野がバランスをとったおかげだったのでした。

 

それでもモンキーターンをしようとする波田野に、萩原は「ひっくり返っても、絶対にレバーを離さなければいい」と条件を提示します。

 

それを約束した波田野は、勢いをつけモンキーターンをしようとしますが、案の定転覆をしてしまいました。

 

その後、水から上がり服を乾かしている波田野の元に、庄野がやってました。

 

庄野は「キミみたいなのは競艇選手を目指さない方がいい」と、波田野に言い放ちます。

 

それに対して、波田野は「競艇選手になることを決めた」と宣言するのでした。

TURN6 この、くそ親父!

波田野の実家の豆腐屋、その隣には澄の家、そして道を挟んだ向かいにはありさの家があります。

 

波田野が澄に競艇選手の本栖の研修所の話しをしているところに、さらにありさがやってきたりと幼なじみ同士で話しをしていました。

 

そんななか波田野の実家には、競艇選手の進路について波田野の父と話すために先生が訪れます。

 

波田野はその前日の夕食時、父親に「競艇選手になる」と宣言をしましたが、父親には反対をされていました。

 

波田野の父は、波田野が野球選手になると子供の頃から言っていたのに、そんな簡単に夢を変えることに納得がいかず殴り合いのケンカになります。

 

そして今度は先生と一緒に、父親に競艇選手になる話しを伝えますが、そこでも父親は反対をして、また殴り合いのケンカになってしまいます。

TURN7 ナンバーワンになる。

父親に反対され自分で資金を稼ぐため、引越しのアルバイトをする波田野。

 

その様子を聞いた先生は、そんなことしていないで勉強をしろと怒鳴ります。

 

資金の面に関しては研修所で後払いも可能だったりできるが、それ以上に合格することが難しいと先生は語ります。競艇の本栖研修所に入る試験は、なんと32倍もあるというのです。

 

その話を聞いてさっそく勉強をするために、澄と一緒に図書館に向かう波田野。

 

図書館では波田野が必死に勉強するのを見て、澄が幼い頃に野球に一生懸命だった波田野の姿を重ねていました。

 

そしてその晩、波田野の実家では、波田野の母親がたまたま出てきた昔の作文を読んでいます。

 

それは以前に波田野が書いた「ぼくの夢」という作文です。

 

それを波田野の父親が読んでみると、昔の一生懸命に練習をしている波田野を思い出し、野球に対しても中途半端に諦めたことじゃないことを納得をします。

 

そしてとうとう、波田野が競艇選手を目指すことも認めるのでした。

TURN8 これが本栖?

波田野は見事、一次試験に合格をします。次はいよいよ本栖の研修所で行われる、二次試験です。

 

二次試験は実技もあるため、3泊4日で本栖の研修所で行われます。

 

次の二次試験に向かうバスの中、波田野はリラックスした様子でお菓子を食べています。

 

隣の席に座っているニット帽をかぶった男性と、その奥にいる男性と少し話をする波田野。

 

以前ボートに乗ったことを話すと、奥の男性が驚いてますが、うるさくしていたため周囲に注意をされます。

 

そんなやりとりや、前日の澄やありさのことを思い出すうちに、バスは二次試験の会場となる富士山の本栖湖に到着しました。

 

バスから降りると、隣に乗っていたニット帽の男性が洞口という有名な選手の息子であることが判明します。

 

そしてこのときは二人とも知るよしもありませんが、これが今後長く続く、波田野と洞口のライバル関係の、まさに始まりの瞬間でもありました。

TURN9 できるかなー?

波田野が本栖湖に着く同じ頃に、萩原は大きなレースの決勝でトップに立っていました。

 

それを追うのは、波田野の同期の洞口の父親である、洞口武雄。

 

そして一瞬の隙を突いて、萩原は洞口父に抜かされ、結局優勝を逃してしまいます。

 

その頃波田野たちは、ちょうど本栖湖でバスを降りたところでした。

 

洞口は父親の優勝を教官から聞きますが、なにやら洞口は大した興味もなさそうな対応をします。

 

再び競艇場に舞台が戻り、レース後の萩原のもとに洞口の父がやってきます。

 

冗談を飛ばしつつ、萩原を挑発する洞口の父。

 

そこで萩原は、波田野が洞口の息子と同期での試験であることを知ります。

 

一方、本栖の研修所では、教官が波田野たち受験生に本栖での生活の説明を行っていました。そこで、二次試験は非常に厳しいと改めて念を押される波田野たち受験生。

 

雪の降った翌日の早朝から、現在の研修生たちが上半身裸で乾布摩擦を行うのを見る波田野。

 

そしてとうとう二次試験が始まるところで、1巻が終わります。

おすすめ記事