ウロボロス2巻無料ネタバレ!タダで読む方法紹介!三島薫警部補の危機?柏山勝とは何者?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『ウロボロス』2巻を無料で読む方法とネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

今回ご紹介する『ウロボロス』を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。 

『ウロボロス』は漫画アプリ『マンガPark』『マンガBANG!』で読める

漫画『ウロボロス』はこちらの白泉社が運営する漫画アプリマンガPark

 

そして、株式会社Amaziaが運営する漫画アプリマンガBANG!にて全巻無料で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』『マンガBANG!』共に、各社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『ウロボロス』2巻が『マンガPark』『マンガBANG!』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最終24巻まで全巻無料で読むことができます

(👆マンガParkの画面ページ)

 

(👆マンガBANG!の画面ページ)

 

安心安全に、そしてタダで『ウロボロス』を全巻無料で読破したい方は『マンガPark』『マンガBANG!』を使う方法が最もお得です。

 

『マンガPark』『マンガBANG!』共に1日に無料で読める話数に上限がありますので、2つのアプリをダウンロードして併用して読んだ方がすぐに全話読めるためオススメです!

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガPark』『マンガBANG!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ウロボロス』2巻 ネタバレ紹介!

 

2015年には豪華なキャストが集結しました。

 

龍崎イクオ役に生田 斗真さん、段野 竜哉役に小栗旬さん、日比野 美月役に上野 樹里さん主演でTBSテレビ:金曜ドラマ22:00~22:54に「ウロボロス~愛こそ正義」が放送されました。

 

ウロボロスは「マンガBANG」で全243話を無料で読むことが出来ます。

 

「マンガBANG」はフリーメダルや、CMを見て無料で読むことが出来ます。

 

今回は「ウロボロス 2巻」(第8話~第16話)の見どころやネタバレ情報をお伝えします。

 

お話は1巻の最終話、第7話「繰」の続きからストーリーが始まります。

 

第7話の始まりは新宿区第2署 刑事課の三島 薫 課長と、主人公の龍崎イクオと日比野 美月と3人でお酒を飲みに行った帰り道に事件は起こりました。

 

フードを被った長身の男性に三島課長が襲われてしまいます。

 

三島課長の容態はかなり重傷で、救急車に運ばれる直前に気になるキーワードを呟きました。

 

「な…んで…罪を…繰りか…え……す…」

 

ここで第7話「繰」が終わります。

第8話

第8話の始まりは、警察署内で三島課長が事件に巻き込まれ全治2か月の重傷だど噂になっているところからストーリーが始まります。

 

龍崎イクオと日比野 美月は犯人を捕まえるために、犯人の目的が何なのか推理します。

 

犯人は三島課長に明確な殺意を感じる一方で、犯人は「何も使っていない」のです。

 

犯人は凶器を使わずしても人を殺せる人間ということです。

 

そして三島課長が言ったあの言葉から「かつて課長に逮捕された人間」なのが分かっています。

 

満月の夜、犯人は二人目を襲うために姿を現しました。

 

犯人が被害者(有村捜査官)を襲う直前で龍崎イクオと日比野美月が犯人の背後から登場します。

 

犯人は「柏山 勝」元人気格闘家だったのです。

 

柏山勝は、6年前に喧嘩で相手を殴り殺し逃走。

 

その後わずかな手がかりから三島薫警部補が柏山勝を逮捕しました。

 

有村捜査官は当時三島課長と手を組んでいたことから今回犯人の柏山勝に命を狙われたのです。

 

柏山勝は日比野美月を突き飛ばし二人から逃げるために逃走しました。

 

柏山は龍崎より自分の方が強いと過信し、勢いよく龍崎を殴り右腕を折ったのです。

 

しかし龍崎は怯むこと無く折れた右腕で柏山の拳を粉々にしてしまいます。

 

柏山は龍崎の強さに恐れ、過去に捕まえられた男が龍崎だったなら復讐なんてしなかったと、龍崎に出会ったことを後悔したのです。

 

無事、龍崎イクオと日比野美月で柏山を逮捕し、三島課長も容態が回復し事なきを得て第8話を終了します。

第9話

始まりは新宿西公園で3件の連続ホームレス殺人事件。

 

警視庁の指示により、警視庁第一新宿署に大規模な合同捜査本部が立ち上がることになりました。

 

被害者の3人の死因は絞殺、刺殺、撲殺と三者三様です。

 

殺害の動機は現在確認は出来ず、被害者の共通点はホームレスであることだけでした。

 

一方で段野竜哉はというと、15年前の事件について裏会社専門のライター「御子柴」に調査をしてもらい情報をもらう約束をしていました。

 

話は龍崎たちのホームレス事件に戻ります。

 

本庁と第一署は捜査に出動し、第2署はというと、被害者の遺留品整理を任され日比野美月は不満が隠しきれませんでした。

 

日比野は第2署というだけで馬鹿にする連中より先に犯人捕まえる覚悟を決めます。

 

二人の姿を見た三島課長は、龍崎イクオと日比野美月の代わりに遺留品整理を自ら請け負うといってくれました。

 

まず二人は聞き込みから始めることにしました。

第10話

二人が事件が起きたホームレスの人たちに聞き込みをしている最中、龍崎の携帯電話に三島課長から着信がありました。

 

鑑識の人もゴミだと思い気がつかなかった犯人の殺害に使用した凶器が見つかったのです。

 

凶器は血の付いた野球バットでした。

 

二人は野球バットが販売されているスポーツ用品店に聞き込みに行くことにしました。

 

聞き込みを続けると、小さな野球専門店「オニオンスポーツ」で有力な情報をえることができました。

 

犯人は「森崎順」21歳、名門高校を卒業し、東大受験に3度の失敗。

 

その後も他の大学は受験せず浪人をしている男だということが調査で分かりました。

 

二人は森崎を捕まえるために、森崎が通う予備校までの帰り道に必ず通る公園で張り込みをする事にしました。

 

二人の予想通り森崎は公園にやってきました。

 

森崎は親の期待に応える事も出来ず、浪人生活に苦しみと苛立ちが募る毎日を薬物を使用し、錯乱状態の中ホームレスを野球バットで暴行し、殺す事で行き場の無い気持ちを発散をしていました。

 

日比野は暴れ回る森崎を捕らえ、背負い投げをして犯人の森崎を捕まえます。

 

 

しかし、事件はこれで終わりではありませんでした。

 

森崎は1人しか殺していなかったのです。

 

その時段野はというと、御子柴と例の廃ビルで待ち合わせをしていました。

 

時間に正確な御子柴がなかなか現れず、異変を感じていた時でした。

 

御子柴は重傷の傷を負いながらも段野竜哉に15年前の事件の危険を知らせるためにやってきました。

 

そして力尽き段野の目の前で命が尽きてしまいました。

第11話

話は龍崎たちに戻ります。

 

今回の第2署の勝手な個人捜査に第1署 署長「神宮寺宗親」は二人を署に呼び出し、怒っていました。さらに第1署は犯人逮捕の手柄を奪い、龍崎が事件はまだ続いている事を報告したのにも関わらず事件解決とみなしました。

 

龍崎は引き続き真犯人を捕らえるために犯行現場の公園に改めて調査に出ました。

 

森崎に殺されたホームレスと、真犯人に殺された二人のホームレスには違いがありました。

 

真犯人に殺された二人のホームレスは、防寒具を所持していたのにも関わらず、殺された日は季節的にも気温が低い夜だったはずなのに何故か二人ともTシャツ姿だったのです。

 

このことから推理すると、犯人に脱がされたと考えるのが妥当ですが、何故脱がされなくてはいけなかったのか謎に包まれています。

 

話は段野にもどり、段野は元武闘派ヤクザの探偵「島本」にも15年前の事件について依頼をしていました。

 

しかし、ライターの御子柴に続いて島本までも誰かに殺害されていたのです。

 

島本はは簡単に殺されるような男では無い事から段野はプロの殺し屋の可能性があると推理しました。

 

島本は段野だけが気がつくと信じ、自らの義指にメモを残しました。

 

メモの内容は後ほど…

 

話は龍崎に戻り、龍崎は昨夜森崎に襲われていたホームレスに再び出会い話を聞く事が出来ました。

 

彼は過去から逃げるために自分はホームレスになったのだと龍崎伝えました。

 

龍崎は自分と段野と同じ過去に捕われている人間なのに、この人は全く逆の人生を歩男なのだと思いました。

 

その時でした。

 

突然背後から謎の男が現れたのです。

 

その男はホームレスに拳銃を向け、「また殺してから確かめる」と言いました。

 

龍崎はその発言からこの男がホームレス連続殺人事件の真犯人だと分かったのです。

12話

犯人はホームレスに右肩の火傷を負った男の写真を見せました。

 

その瞬間ホームレスの男は逃げ出し、犯人は発砲しましたが間一髪のところで龍崎が銃口を外しました。

 

犯人はホームレスが逃げても至って冷静で、龍崎に「刑事は嫌いだ」と言い放ちその場を立ち去りました。

 

龍崎は拳銃を所持していない今の自分では犯人を捕まえることが出来ないと判断し、捕らえられませんでした。

 

そして龍崎は真犯人が元警察官の「九条隆明」だった事実を知りました。

 

その日の夜に龍崎と段野は久しぶりに誰もいないビルの屋上で落ち合いました。

 

龍崎は今回の犯人が元警察官なのを伝え、段野は九条隆明が狙ったホームレスが15年前の事件と関わりがある男だと龍崎に言いました。

 

そして15年前に先生を殺した実行犯の可能性もあるのです。

 

龍崎はその後警察署に戻ると、本庁からの緊急特例で今回のホームレス連続殺人犯は予備校生の「森崎順」容疑者だと事件解決となりました。

 

龍崎は隠蔽しようとする本庁の警察に怒りを覚え、段野と二人で真犯人の九条隆明を捕まえる事を心に決めました。

13話

龍崎は九条隆明について調べることにしました。

 

九条隆明は元千葉県警 組織犯罪対策本部 捜査四課のエース通称「ヤクザ狩りの九条」と呼ばれていたそうです。

 

九条には悪い噂があり裏会社と癒着している可能性があったそうです。

 

そしてその後警察官を依願退職していました。

 

龍崎は何故そんな男がホームレス殺人犯なのか疑問でした。

 

一つだけ確信があるとすれば、九条は必ずまたホームレスを殺しにやってきます。

 

そしてそれを段野と一緒に食い止めるため龍崎は戦いを決意しました。

 

段野は龍崎より先にホームレスの男を見つけ出し、ホームレスの男との接触に成功しました。

 

その時でした。

 

ホームレスの男を見つけたのは段野だけではなく、九条も見つけ出していたのです。

 

段野の背後から容赦なく発砲をする九条。

 

すぐこの男が御子柴と島本を殺した男だと分かりました。

 

予め龍崎宛にロッカーに入れておいたGPS受信機で現在の居場所にもうすぐ龍崎が到着すると考えました。

 

段野はさっきの発砲の際にホームレスの男を守ったときに腹部を撃たれ重傷でした。

 

九条はホームレスの男と段野を殺す為に二人を追いかけ追いつきました。

 

段野は龍崎が到着するまでの時間稼ぎに九条の過去の情報を暴きだしたのです。

 

九条は過去にヤクザによって大切な家族を破滅に追いやられていたのです。

 

そして九条が油断している隙に龍崎が九条を向かいのビルから発砲し見事的中させました。

14話

龍崎はホームレスの男と再び出会い、15年前の事件について問いかけました。

 

男は何故警察官である龍崎と、ヤクザの段野が同じ15年前の事について聞くのか恐ろしさと疑問をまちました。

 

そのときでした!

 

龍崎の背後から撃たれて死んだと思われていた九条が再び殺すために立ち上がったのです。

 

龍崎は九条に振り返る事もなく、九条をためらいも無く打ち抜きます。

 

しかしそれでも九条は倒れません。

 

その隙にホームレスの男は3人の前から逃げ出しました。

 

九条は男を追おうとしましたが、龍崎の殺意に思わず怯み立ち止まりました。

 

龍崎は何があってもホームレスの男に話を聞く必要がありました。

 

そして九条も又命にかえてもホームレスの男を殺す必要がありました。

 

九条は過去に極双会の末端組織のヤクザに妻と息子が撃たれてしまったのです。

 

妻は即死、息子は現在も意識不明の重体で集中治療室にいるのです。

 

息子の命を守る為だけに九条は謎の男言う事を聞き、任務を遂行してきました。

 

しかし、龍崎も又、15年前の復讐を果たすまでは死ぬ訳には行きません。

 

龍崎は目的の為ならたとえどんな人であろうと躊躇いません。

 

その時ホームレスの男は現場から逃げながら15年前の事を思い出しました。

 

そして二人に15年前の真実を伝えることを決意したのです。

 

男は二人を助けるため通りすがりのお巡りさんに必死に助けを求めました。

 

「おまわりさん発砲事件です!刑事さんが襲われて…」

 

おまわりさんも発砲事件と聞き驚きました。

 

「く…詳しくは後で…こっちです!早く!」

 

こんな時にもたつくおまわりさんに苛立つ男。

 

そして銃声と共におまわりさんは言いました。

 

15話

現場に匿名の通報があり、蝶野警部補と東海林巡査部長がホームレス男が殺された現場に派遣されました。

 

蝶野は龍崎の「犯人は別にいる」と言っていた発言が正しかったことを確信しました。

 

現場から姿をくらました龍崎と段野は、段野の腹部を撃たれた治療をする為に闇医者のもとに訪れていました。

 

あの時九条を殺し、ホームレスの男を急いで追いかけましたが、既に男は銃で撃たれて路上に倒れ込んでいました。

 

二人は最後の手がかりである男の肩の火傷を確認し、写真と同じだったことから誰かに15年前の事件についての口封じで殺されてしまったことに確信しました。

 

結局世間では、ホームレスの男の身元は不明のまま、捜査は暗礁にのりあげました。

 

そして現場で死んでいた九条は「元刑事の変死」とだけ発表されました。

 

蝶野は今回の事件を誰かが隠蔽したように感じていました。

 

そのころ龍崎と段野は今回の事件について改めて語り合いました。

 

そして段野の調べによると、九条の危篤状態だった息子が亡くなったことを龍崎は知りました。

 

九条と謎のホームレスを殺した警官を殺し屋を雇った経緯から、警察関係者の可能性が極めて高く、15年前の事件を葬りたい人間…。二人は「金時計」の男が絡んでいる可能性を強く感じました。

 

龍崎はホームレスと出会った公園に戻り、手がかりが無くなったことに落ち込んでいた時でした。

 

ホームレスの男のバックをまるで大切な形見を守るように、一緒に生活していた犬が咥えていたのです。

 

その中には、お酒や、ホームレスになる前の家族写真、そして一枚の名刺が出てきました。

 

龍崎は再び15年前の手がかりになる可能性を感じ、犯人を裁く為に段野と共に調べる事にしました。

16話

時は変わり、龍崎はいつも通の業務をこなし平和にすごしていました。

 

龍崎は徹夜で指名手配書を徹夜で作成し、今夜もまた徹夜になると落ち込んでいた時の事でした。

 

毎日警察署に訪れる男がいました。

 

見兼ねた龍崎はその男性に声をかけてみる事にしました。

 

男性の話によると、養子の一人娘が3週間前に失踪し、彼女には障害があり喋ることが出来ません。

 

そんな彼女が昨日放送された「笑ってヨイとも!」のオープニング映像に一瞬写っているのを発見し、男は手がかりを頼りに新宿の警察署までやってきたそうです。

 

龍崎は実際にその映像を見せてもらうことにしました。

 

男の話通り養子の娘「牧野 雫」はオープニング映像に映っていました。

 

しかし、龍崎は牧野 雫の表情に違和感を感じました。

 

男の話とは裏腹に幸せそうな牧野 雫がいたのです。

 

龍崎が戸惑っていると、男は牧野 雫と一緒にいる男が普通の人ではないと断言しました。

 

その話通り確かに笑顔の裏にとても恐ろしい表情を見せているのに龍崎も気がつきました。

 

2巻はここまでです!

 

このお話が気になる方は是非3巻もお読み下さい♪

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事