からかい上手の高木さん2巻を無料で読む方法とネタバレ紹介!漫画アプリでタダ?zip,rarは危険|雨宿り・テスト勉強・返却・手紙・掃除当番・二人乗り・腕ずもう・夢

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『からかい上手の高木さん』2巻を無料で読む方法とネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

余談なのですが、違法な無料漫画サイト(zipやrarファイルを含む)では、ウイルスによる感染率が年々高くなっています

 

今回ご紹介する『からかい上手の高木さん』2巻を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。

『からかい上手の高木さん』2巻は漫画アプリ『サンデーうぇぶり』で読める

いきなり、結論です。

 

『からかい上手の高木さん』2巻は、こちらの小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりにて無料で読むことができます。

サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ

サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』は大手総合出版社・小学館が運営するサンデー公式の漫画アプリです

『サンデーうぇぶり』は公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『からかい上手の高木さん』2巻が『サンデーうぇぶり』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在(2020年)では第1巻から第13巻まで無料で読むことができます

 

👇このように13巻まで配信中です。

 

安心安全に、そしてタダで『からかい上手の高木さん』を第1巻から第13巻まで読破したい方は『サンデーうぇぶり』を使う方法がベストです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

また『サンデーうぇぶり』では、『からかい上手の高木さん』以外にも以下のような名作と呼び声高いマンガの数々を無料で読むこともできます。

  • 名探偵コナン
  • メジャー(MAJOR)
  • メジャーセカンド(MAJOR2nd)
  • YAIBA
  • switch(スイッチ)
  • 結界師
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • だがしかし

などなど…

 

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

↓『サンデーうぇぶり』の使い方に関しては以下の記事を参考にしてみてください。

【最新版】サンデーうぇぶりの使い方やメリット・デメリットを徹底解説!おすすめ漫画ランキングも紹介!

 

また同じく小学館が運営する漫画アプリマンガワンも特にオススメです。

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど!

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『サンデーうぇぶり』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『からかい上手の高木さん』最新14巻をお得に読む方法は?

『からかい上手の高木さん』を第13巻までは、漫画アプリ『サンデーうぇぶり』で読むことができますが、最新巻である14巻は読むことはできません。(2020年9月現在)

 

そこでオススメするのが、U-NEXTの「31日間無料体験」です。

 

以下のリンクから「U-NEXT31日間無料体験」に申し込むと今なら漫画の購入に使える600円分のポイントがタダで貰えます

 

この600円分のポイントを使うことで、1冊605円の『からかい上手の高木さん』最新14巻を完全無料ではありませんがたったの5円で購入することができます。

 

また1冊600円以下の462円で購入できる『ONE PIECE』や『進撃の巨人』『鬼滅の刃』などでしたらタダで購入することも可能です!

 

いつ600円分のポイントが貰えるキャンペーンが終わるか分からないのでお早めにどうぞ

 

👇こちらの記事では実際に無料体験登録時に付与された600円分のポイントを使ってタダで漫画を購入した方法を画像付きで解説しています。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

U-NEXTへの登録方法についても詳しく説明しているので、U-NEXTへの無料体験をご検討している方は、ぜひ一読ください。

 

またU-NEXTでは、国内外の名作映画人気アニメが13万本以上見放題です。

 

無料トライアル31日間内に解約すればお金は一切かからないので、気軽に無料体験してみてくださいね。

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『からかい上手の高木さん』2巻 ネタバレ紹介!

「雨宿り」

下校中に突然の雨。

 

西片と高木さんは神社で雨宿りをしていました。

 

西片が高木さんに目をやると、雨に濡れて制服が透けているのに気が付きました。

 

動揺する西片。

 

しかしスケベの烙印を押されないため、高木さんに動揺しているのを隠します。

 

目を逸らしながら5時過ぎから観たいアニメがあると話を切り替えます。

 

一方高木さんは鞄から体操着を取り出し、着替えようとします。

 

濡れていて気持ち悪いのと、西片が目のやり場に困っているから、という理由でした。

 

当然のように西片の動揺はバレていました。

 

自分のが濡れていたため、西片の体操服を借りる高木さん、西片に向こうを向くように言います。

 

真後ろで女の子が服を脱いでいるというシチュエーションに、西片はイケないことを考えてしまいそうになりますがなんとか踏みとどまり自分を落ち着かせようとします。

 

見たくない、見たくない!!全然見たくない!!!

 

脳内でこう唱える西片に、高木さんは言います。

 

「見たかったら見てもいいよ。」

 

西片がしどろもどろに返そうとすると、高木さんは続けます。

 

「もう着替え終わったから。」と。

 

西片はいつものようにもてあそばれていたのでした。

 

着替え終わった高木さんは西片に賭けを申し出ます。

 

西片が観たいアニメが放送される5時までに雨が止むかどうかと言うもので負けた方はなんでも言うことを聞くという罰ゲームでした。

 

西片は止まない方に賭けました。

 

雨が止めばアニメが観れて、止まなければ高木さんになんでも命令できるので、どちらにせよおいしかったのです。

 

賭けが成立し、雨宿りがてら二人が話していると、猫が現れます。

 

西片が撫でようとすると、猫は体を震わせ、西片はしぶきでびしょぬれになってしまいます。

 

西片は体操着を貸してしまったのでそのままでいようとしますが、高木さんは自分の体操着を西片に差し出します。

 

高木さんの体操着を着ながら、服を交換なんて、イケないことをしている気分だと西片は思います。

 

そして頭を通す際、なんかいいニオイがする…と。西片は充分スケベなのでした。

 

結局5時までに雨は止み、賭けは高木さんの勝ちです。

 

負けはしましたが、帰ったらアニメ観れるからいいさ、と自分を慰める西片でしたが高木さんは「せっかく晴れだし寄り道して帰ろう。」と言います。

 

負けた方はなんでも言うことを聞くという罰ゲーム…

 

結局西片は、観たいアニメを観ることができなかったのでした。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

「テスト勉強」

西片は友人と図書室で勉強しています…が、4コマ目にして友人の一人が勉強を投げ出し、ゲーセン行こう!!!と言い出します。

 

当然勉強なんてしていたくない他の友人も、お前が言うならしょうがねぇ、とか言いながらドタドタと駆け出して行きました。

 

西片も誘われましたが、西片は今回のテストでいい点を取らなければゲームを隠されてしまうため、断腸の思いで断ります。

 

「ここいい?」

 

友人が立った席に現れたのは、高木さんでした。

 

ゲーセンへ飛び出して行った友人を見ていた高木さんは、西片はいかないの?と聞きます。

 

西片はうっかり行かなかった理由を話してしまいます。

 

西片は高木さんに、勉強の邪魔をしないように念を押します。

 

勉強中、西片はチラッと高木さんを見ます。

 

何もしかけてこないことに違和感を感じているのです。

 

高木さんは普通に座って本を読んでいましたが、西片の視線に気が付き、何?と聞きます。

 

そしてノートをチラッと見て、西片の間違いを指摘します。

 

高木さんは西片の隣に来て勉強を教え始めます。

 

学年10位に教えてもらい、心強い西片ですが、普段からかわれ過ぎているため疑心暗鬼になっています。

 

何をたくらんでいるんだ!?

 

そんな思いを西片は高木さんにぶつけます。

 

「なんで今日はそんなに親切なんだい…?」

 

すると高木さんは、「いつも授業中西片をからかっているせいで成績が下がったら悪いなって…」と答えます。

 

西片は高木さんがやっと改心したと思い感動し、高木さんに教えてもらう事を受け入れました。

 

帰り道、高木さんにジュースを奢る西片。

 

西片は高木さんのおかげで数学がすごく進んでいました。

 

「ホント今日はありがとう!高木さん。」

 

珍しく穏やかな顔で素直にお礼を言う西片に高木さんは返します。

 

「いやーお礼なんていいよー。」

 

「今日教えたとこテスト範囲外だし。」

 

丸一日かけてテストに関係ない勉強をしていた西片なのでした。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

「テスト返却」

先生が1人1人名前を読んでテストを返しています。

 

「何点だった?」「こんなはずじゃ…」なんて声が聞こえてきます。

 

高木さんと西片にもテストが返されます。

 

西片は59点…先生にもうちょっと頑張れよ、と言われてしまいます。

 

「ひどかったの?」

 

席に戻ると高木さんが他人事のように訪ねてきます。

 

範囲外を教えた高木さんのせいでもあるのに…と歯を食いしばる西片。

 

そんな西片に、高木さんは勝負を持ちかけます。

 

お互いの点数をあてっこするというもの。

 

まずは高木さんが当てる番です。

 

高木さんは西片の表情を読み取り、適格に範囲を絞っていきます。

 

ポーカーフェイスで高木さんを困らせようとする西片ですが、誰がやっても59点と分かるような表情をしてしまいます。

 

しかし意外にも高木さんの答えは「56点」

 

3点も外してしまっています。

 

そして次は西片が当てる番です。

 

西片は高木さんと同じように質問していきます。

 

高木さんは西片が92点と言った時だけ思い切り表情に出します。

 

怪しすぎるためもっと観察しようと顔を見つめます。

 

高木さんはそれを見て「さっきからずっと見つめ合ってるなー」と言います。

 

聞いた途端顔を背ける西片。

 

高木さんの一言で顔を見れなくなってしまいます。

 

顔以外の情報から考える西片。

 

「92点」がフェイクであると読み、「97点」と答えます。

 

しかしなんと高木さんの点数は92点でした。

 

西片は読みを外されてしまいます。

 

しかも「せっかく3点もはずしてハンデもあげたのに…」と言われてしまいます。

 

56点と言ったのはわざとだったのでした。

 

いい点数も取れず、勝負にも負け、恥ずかしい思いまでさせられてしまった西片なのでした。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

「手紙」

西片と高木さんが通う学校では、女子の間で手紙を書くのが流行っていました。

 

クラスの女子が友人に手紙を渡しています。

 

そんな女子に悪態をつく男子と、それを聞き逃さず制裁に来る女子。いかにも中学生な場面が描かれます。

 

そして授業中、高木さんも手紙を書いていました。

 

それを見た西片は、高木さんも結局はただの女子か、としたり顔で教科書を開きます。

 

すると教科書の間にハートのシールの貼られた封筒が入っていました。

 

動揺する西方。誰が?何故オレに?ラブレター?

 

西片はきっと高木さんのイタズラだと考え高木さんに確認を取ろうとします。

 

しかしもし違ったら、手紙をもらったことでからかわれてしまうと考え、適当に誤魔化します。

 

そんな誤魔化しが通用するはずもなく、高木さんは西片に詰め寄ります。

 

「何かごまかしてる?」

 

「顔赤いし」

 

「なんで教科書閉じてるの?」

 

「それと顔赤いの関係ある?」

 

西片はしどろもどろに返事をし、「何もないって!」と強引に話を終わらせにかかります。

 

私の気のせいかな?と高木さんは引き下がります。

 

そしてついでのようにこう言います。

 

「そういえば教科書に挟んでる手紙私からだから。」

 

西片の初めの予想は当たっていたのでした。

 

「実は高木さんを泳がせて…楽しんでいたのさ。」

 

苦し紛れに言い訳しながら高木さんに手紙を返す西片に、「中、読まないの?」と高木さんが尋ねます。

 

どうせからかうような内容だろ?と渋る西片に下校までに返事が欲しいから今読んでよ、と高木さん。

 

返事が必要と言うことは、からかう内容じゃないのか。まさかラブレターの可能性も!?

 

からかう内容だった時の為の警戒と、ラブレターの可能性も0ではない期待、そしてラブレターだったらどう返事をするのか…

 

そんな気持ちが入り混じりながら、ついに手紙を開いた西片。

 

“今日いっしょに帰ろー”

 

手紙にはそう綴られていました。

 

あまりにもシンプルなその内容に、西片は肩を落としため息をつきながら「直接言えばいいじゃん。」と。

 

「どんな反応するか見たくてさー。」

 

「やっぱからかってたんだな!?」

 

ホッとしたような、少し残念のような気がした西片なのでした。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

「掃除当番」

高木さんに授業中からかわれて大声で反応してしまう西片は、そのうるささから先生に叱られてしまいました。

 

そして罰として放課後理科室の掃除をさせられてしまうことに…

 

原因は高木さんにもあるハズなのに、なんで俺だけ。でもうるさかったのはオレだしなぁ…

 

西片がそんなことを言いながら掃除用具入れを開けると、なんと中には高木さんが!

 

「うわぁあ!!」

 

当然西片は驚きます。

 

「びっくりしてるー」と高木さんは笑います。

 

高木さんも罰でここの掃除を?と尋ねる西片と、ちゃちゃっと終わらせちゃおうね、と答える高木さん。

 

そして恒例のゲーム。

 

ジャンケンで4分の1ずつ掃除する、と言うルールです。

 

まず高木さんにしてやられ、西片が一敗します。

 

西片が掃除を始めると、理科室に中井君と真野さんが通りかかります。

 

西片に声をかける中井君と、隣で顔を赤くしている真野さん。

 

二人が少し話していると、「邪魔しちゃ悪いよ」と真野さんが中井君を促します。

 

去り際に「がんばれよな」と親指を立てる中井君に、「ゴメンね、高木ちゃーん。」と謝る真野さん。

 

西片はよくわかっていない様子でした。

 

二人が去った後、高木さんは二人は実は付き合っている、と教えてくれます。

 

二人っきりで屋上に行く途中だったということも。

 

「青春だよねー。」と高木さん。

 

二人っきりで青春か…一体…どんな

 

「どんなカンシなんだろうねー。青春。」

 

西片が考えていることが分かっているかのように、高木さんが同じ内容を被せてきます。

 

「さぁ。」と、いつものようにつれない返事をする西片…

 

案の定その後全敗を喫した西片。膝をついて悔しがります。

 

とは言え掃除は終わり、「これに懲りたらからくのやめてよ。」と言う西片に、「ある程度は大人しくやるよ。」と答える高木さん。

 

どうやらやめるつもりはないようです。

 

「また罰掃除させられちゃうよ!」と言う西片に「その時はその時で」と返します。

 

実は高木さんは別に罰を受けて理科室にいたわけではありませんでした。

 

「じゃあ…またオレをからかうためだけに…」と尋ねる西片に高木さんは答えます。

 

「それもあるけど、私も青春したくてね。」と答えます。

 

罰掃除はさせられたけど、高木さんの一言が少し嬉しそうな西片なのでした。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

「二人乗り」

明日から夏休み!先生がHRを終え、教室を出た途端、生徒たちは大盛り上がり!よくある光景です。

 

帰り道。

 

明日から遊び放題だ、と西片も嬉しそうな表情で家路につきます。

 

「ずっと夏休みだったらいいのになー」と緩み切った顔で月並みな事を言う西片。

 

高木さんは「私は学校も好きだよ。」と答えます。

 

「だって」言いながら西片のにやけた横顔を向く高木さん。

 

「………楽しいもん。」少しの間を空けて高木さんは続けます。

 

西片は「ふーん。」と、気のない返事。

 

歩いていると、二人は中井君と真野さんが二人乗りをして帰っていくのを見かけました。

 

それを見た高木さんは、私たちもしよっか!と西片を誘います。

 

「やばっ」というような表情をし、「車とか危ないから」と断る西片。

 

言い訳だと即見抜いた高木さんは「もしかして恥ずかしいの?」とか「じゃあできないんだ。」とか揺さぶりをかけます。

 

「できない」に反応してしまった西片は「余裕だけど危ないからしちゃダメなんだよ。」と答えます。

 

そして「空き地に行こうか」という高木さんの提案で、車が危ないという言い訳が通じなくなり、二人乗りせざるを得なくなってしまうのです。

 

できなかったらジュースと言う条件で実際に二人乗りをしてみる西片でしたが、思いのほか難しく、まったくバランスを取れませんでした。

 

高木さんのせいかと疑う西片でしたが「前に乗せてくれた人はすいすい漕いでたからできないのは西片のせいだよ。」と言う高木さんの言葉に熱くなります。

 

ムキになって挑戦する西片。

 

なんで熱くなったかは自分では分らない様子です。

 

それを高木さんに指摘されると「ジュースを奢りたくないだけ!!!」と返し、自分にもそう言い聞かせます。

 

そしてついに、西片は高木さんを後ろに乗せて自転車を進めることが出来ました。

 

バランスを崩さないように頑張る西片に高木さんは声をかけます。

 

「私が最後に二人乗りしたのってお父さんだよ。」

 

西片はその言葉に気が抜けて足を滑らせてしまいます。

 

西片はジュースを買って高木さんに渡します。

 

二人は木材に座りながら話しています。

 

「明日からは昼までここで二人乗りの練習しよーよ。」

 

「いいけど…道路ではやらないよ。」

 

「うん。ここで乗るだけでいいよ。」

 

「…ここで乗るだけなら練習しても意味なくない?」

 

「んーんあるよ。だって明日から夏休みだもん。」

 

「…どういうこと?」

 

夏休みも毎日西片に会う口実を作ることが出来た高木さんなのでした。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

「腕ずもう」

西片がクラスメイトと腕ずもうをしていました。

 

毎日の腕立ての成果が今発揮されています。余裕で皆に勝利する西片。

 

高木さんは廊下からそれを見ていました。

 

放課後、また居残り掃除をさせられていた西片に、高木さんが声をかけます。

 

なんと高木さんは、腕ずもうで勝負を仕掛けてきました。

 

中学生ともなると、筋力に男女差が露骨に出てくる時期、しかも西片は毎日腕立てをしています。

 

高木さんが圧倒的に不利に見えますが…

 

西片も勝利を確信し余裕で勝負を受けます。

 

今までオレをからかってきた報いを受けるがいい…!!と意気込む西片でしたが、いざ腕をさしだされしり込みします。

 

「もしかして手つなぐの恥ずかしいの?」と言われ、ムキになりようやく高木さんと手を組む西片。

 

なんとやわらかく頼りない、そんな女の子の手の感触に戸惑っている様子の西片ですがすぐに気を取り直し勝負に向かいます。

 

いざ始まると、やはり西片は強く、高木さんでは歯が立たない様子。

 

しかし流石の西片は、油断を誘ってるのかと疑いますが、高木さんの表情を見て、自分が強くなったことを実感します。

 

必死な高木さんを見て油断しきった西片。

 

その顔を見て、高木さんは「やっ!!」と力を振り絞り西片を倒します。

 

勝てる勝負を油断で落としてしまったことを後悔する西片に、高木さんは再戦するか尋ねます。

 

腕力では絶対に勝っている西片は、さっきの手が二度は通用しない、と「ぜひ!」と答えます。

 

最初から全力で行く!と意気込む西片に「今日手つないで帰ろっか。」と声をかける高木さん。

 

その言葉に唖然とする西片は、不意のスタートに対応できず、また負けてしまいます。

 

筋力では高木さんには勝てないと悟った西片なのでした。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

「夢」

自習、それは学生にとって、睡魔との戦いです。

 

西片と高木さんのクラスでも、自習が行われていました。

 

しかも体育が会った日の給食後…自習には最悪の条件でした。

 

西片は眠そうですが、西片は高木さんにイタズラを仕掛けられるのを恐れて寝れません。

 

しかし、西片はあることを思いつき、机に突っ伏します。

 

寝たふりをしている間に高木さんに仕掛けられたイタズラを回避し、高木さんに敗北感を与えるという思い付きでした。

 

機を待つ西片。高木さんが動く気配を感じ、音で何をされたか判断します。

 

頭の周りに本が鳥居のように積まれていると読み、そして見事に回避します。

 

その快感に眠気も吹き飛ぶ西片。

 

そして府と高木さんに目を遣ると、高木さんも居眠りをしていました。

 

それを見て高木さんに同じイタズラを仕掛ける西片。

 

しかし、高木さんも寝たふりをしており、回避されてしまいます。

 

「ねぇ、西片は私にからかわれたりするのイヤなの?」と高木さんが突然聞いています。

 

「何…突然。」と答える西片。

 

「勘違いしないでほしいんだけど。西片が好きだからやってるんだよ。」と高木さんは続けます。

 

唖然とする西片に、高木さんは返事を求めます。

 

「西片は私のコト好きじゃないの?スキ?キライ?」

 

西片は顔を赤くしながら「…ス…」と言いかけます。

 

じっと見つめる高木さん。

 

と西片は目を逸らし「こういうのは授業中に言うことじゃないと思うんだ…」と言います。

 

なんで?と聞いてくる高木さんに、周りに人がいるし、と西片は答えますが、教室には西片と高木さん以外の姿はありませんでした。

 

この異様さに、これが夢であると悟った西片は「もしかしてだけど…これって…夢?」と西片は尋ねます。

 

笑顔で「そうだよ。」と答える高木さんの姿を最後に、西片は「夢かぁ!」と目を覚まします。

 

そして、本の鳥居がバサバサと崩れます。

 

どこからが夢だったんだ…?と混乱する西片。

 

「なんの夢見てたの?」と高木さんに尋ねられ赤くなる西片。

 

なんだったんだあの夢は…オレが高木さんを好きなハズは…と、自分の気持ちに気付いていない西片なのでした。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事