高嶺のハナさん3巻無料ネタバレ!タダで漫画を読む方法解説!華が弱木に告白?付き合うの?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『高嶺のハナさん』3巻を無料で読む方法とネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

今回ご紹介する『高嶺のハナさん』を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してくださいね。 

結論!『高嶺のハナさん』は漫画アプリ『マンガTOP』にて無料で読める

いきなり、結論です。

 

『高嶺のハナさん』3巻は、こちらの漫画アプリマンガTOPにて無料で読むことができます。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガTOP』は日本文芸社が運営する公式漫画アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『高嶺のハナさん』3巻が『マンガTOP』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最新巻まで全巻無料で読むことができます

 

安心安全に、そしてタダで『高嶺のハナさん』を全巻無料で読破したい方は『マンガTOP』を使う方法が最もお得です。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガTOP』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『高嶺のハナさん』3巻 ネタバレ紹介!

第42話 弱木の気持ち

遂に弱木に想いを告げた高嶺。

 

弱木くんのことが・・・大好き・・・

 

二人の間には長い沈黙が流れます。

 

駅構内のアナウンスがはっきりと聞こえてしまうほどの沈黙です。

 

ここの二人の表情には目を見張るものがあります。

 

弱木はかねてからの想い人である高嶺から想いを告げられたことから文字通り目が点、といった感じです。

 

高嶺が自分のことを想っていてくれたなんて信じられないといった表情です。

 

一方、高嶺は自分の想いが溢れ、勢いで弱木に告げてしまったことで恥ずかしさで思わず目に涙を溜め、掴んでいた手を離し振り返って帰ろうとしてしまいます。

 

ですが、今度は弱木が手を握り返し、僕も高嶺さんのことが・・・大好きです!

 

そう言われ、高嶺は驚きと嬉しさが同時に込み上げてきた表情をし、第42話は終わります。

第43話  今まで

高嶺の告白に対し、告白で返した弱木。

 

普段弱々しい弱木ですがこの時だけ堂々とした態度で高嶺の手を握っています。

 

弱木の告白を受けた高嶺は驚き、目を見開いてその言葉を聞いています。

 

「高嶺さん・・・」

 

語りかける弱木。

 

そこで高嶺は今までの弱木との思い出を思い出しています。

 

そして手に汗を握っています。

 

「高嶺さん・・・?」

 

再度語りかける弱木。

 

高嶺は嬉しさなどが込み上げて思わず泣いてしまいます。

 

高嶺が泣いている姿を見て心配する弱木。

 

『もう一回言って・・・?』と高嶺の一言で第43話は終わります。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

第44話 欲張り

「もう一回言って・・・?」と言われた弱木。

 

弱木はそっと手を離します。

 

高嶺は一瞬残念そうな表情になりますが、次の瞬間弱木は「大好きです!!」と高嶺を抱きしめながら声を張り上げて言います。

 

高嶺は感情が込み上げ泣いていますが、手を震わせながら弱木を抱きしめ返します。

 

そして、目をキュッとつぶりながら

 

「もう一回・・・もう一回言って・・・・」と弱木のジャケットを握りしめながら弱木の気持ちを嬉しく思っています。

 

ここで第44話は終わります。第44話は告白の場面でもあり、1話丸ごとカラーとなっていました。

第45話 逃した最終列車

前話までで抱き合って告白し合った二人。

 

抱き寄せ合っている二人に駅員さんが歩き寄ってくるところから始まります。

 

最終列車が出発してしまったことを告げる駅員さんの言葉に高嶺が我に帰ります。

 

そして、抱き合っているところを駅員さんに見られているということにも気づき、急いで弱木と離れます。

 

二人の間に沈黙が流れ、駅から出てきます。

 

高嶺はこの状況を夢だとも思っています。

 

弱木が自分のことを好きだと言ってくれたことが信じられないようです。

 

「高嶺さん・・・この後どうしますか・・・」

 

沈黙を割くように弱木が言います。

 

高嶺はその言葉に対し、どう返答していいか思いあぐねています。

 

「僕は歩いて帰ります!」と弱木が言って高嶺はその言葉の意味を理解します。

 

そして歩き出した弱木が振り返って高嶺と見つめ合ったところで第45話は終わります。

第46話 終電後

見つめ合っている二人。

 

「僕に少し時間をください・・・」

 

会社で二人が行っているプロジェクトが明日終わるのでその後の時間をもらおうとする弱木。

 

困惑しながら承知する高嶺。

 

そして二人は解散して高嶺のみの場面になります。

 

目の前のベンチに一気に気が抜けたようにもたれかかります。

 

自分が好きだと伝えたこと、弱木が好きだと言ってくれたことを振り返ってこれからの心配もしています。

 

「この状況・・・なに・・・?」とも感じています。

 

高嶺がそうしているところにタクシーがきて乗り込みます。

 

そして高嶺は冷静にプロジェクトの後何があるかということが気になったところで第46話は終わります。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

第47話 プレゼン当日

二人の会社でのプロジェクトCOP(クールジャパン・オカシ・プロジェクト)当日です。

 

高嶺は弱木に前話で言われたCOPの後に時間をくださいという言葉に気をとられています。

 

高嶺はふと我に帰り仕事に集中しようとします。

 

いつもきっちりしている高嶺なのできっちりプレゼンをします。

 

高嶺のプレゼンに感心する会社の役員らしき人物たち。

 

高嶺は続きを弱木にバトンタッチします。

 

弱木はそこであたふたしてしまいます。

 

とっさにでた言葉は小学生のような発言だったので、聞いていた人たちはポカーンとしてしまいます。

 

ですが、あたふたしている弱木にいち早く気づいた高嶺は弱木をフォローします。

 

そのフォローによって弱木は立て直し、はっきりしたアピールをすることができ、プレゼンは大成功に終わります。

 

高嶺はそれを弱木のお掛けだと言います。

 

二人がハイタッチして第47話は終わります。

第48話 弱木との約束

前話でプレゼンが成功し、ハイタッチした二人。

 

高嶺はそれを恥ずかしがっています。

 

ですが、プレゼンの堂々とした態度の弱木に対してかっこいいと感じています。

 

そして、無事プロジェクトが終わったことで46話で言われたことを思い出し何があるのかと考えています。

 

そこから、弱木が高嶺に感謝を述べ出します。

 

一瞬沈黙が流れた後、昨晩の話をし出します。

 

弱木は高嶺に好きと言われたことに対して驚きと嬉しさが合ったことを話します。

 

現実なのか疑っていたとも話します。

 

高嶺はそれに心の中で同意しています。

 

ですが、と弱木は続けます。

 

「高嶺さんとお付き合いすることはできません」と何故か言い放ちます。

 

高嶺はその言葉に白く遠くなっていきます。

 

そしてまた、だけどと続け、「僕はちゃんとふさわしい男になります・・・ッ!!!」と言い、高嶺はどういうことかわからないまま第48話は終わります。

第49話 二人の居場所

付き合わず、ふさわしい男になるという弱木の発言に困惑している高嶺。

 

弱木はプレゼンがうまくいったのは高嶺の助けによるものだと言います。

 

そして、高嶺みたいになりたいとも言います。

 

かつてから高嶺が弱木の憧れであったので相応しい男になるまでは高嶺と付き合うことはとてもできないとも言います。

 

ですが、最後に弱木は「高嶺さんの隣に・・・いたいです・・・!」と本心を言います。

 

その言葉に対し、高嶺は「私も・・・です・・・」と言い、場面が変わります。

 

高嶺が弱木の袖を掴みながら帰っているシーンで第49話は終わります。

第50話 隣のカンケイ

会社で高嶺に弱木が怒られている場面が始まります。

 

会社の人たちは弱木がプロジェクトで成功したというのは嘘で相変わらずの弱木のことをポンコツだと話しています。

 

高嶺は怒っていて弱木は元気に返事をしていますが、二人は見つめ合って頬を赤らめています。

 

高嶺は二人の関係が少しすすんだことが嬉しいので二人の間にはお花畑が広がっています。

 

また怒っている場面に戻りますが、ずっと隣にいてくれるという弱木の言葉に喜びを噛み締めながら第50話は終わります。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

第51話  チャラ田の勘

二人が見つめ合っているところをチャラ田が見ているところから51話は始まります。

 

高嶺と弱木が醸し出している雰囲気にチャラ田は二人の進展を悟ります。

 

そして、急に大声で

 

「アレ?二人・・・付き合ってんの?」

 

と言ってしまいます。

 

その一言で会社の空気は凍りつきます。

 

高嶺は内心二人の関係がチャラ田に悟られたことを心配します。

 

また、次の一言をどう言おうかも迷っています。

 

弱木も何か言おうとしたその時、チャラ田はそんなわけないと一蹴します。

 

二人は驚き、会社内は噂で持ちきりです。

 

そして、弱木は付き合えるものなら付き合いたいと言おうとした高嶺に伝え、高嶺はその言葉に頬を赤らめて第51話は終わります。

第52話 リベンジ

高嶺が弱木の隣にいるという言葉を思い出し、弱木にメールを出します。

 

そこには重要な話があると書かれていたので弱木は心配します。

 

そして、翌日公園で二人は会っている場面になります。

 

高嶺は会社の人に見つからないことを心配しています。

 

そこから急に迫力を出しながら何をするのかと思いきや、高嶺が出したのはお弁当でした。

 

大事な話と言われて心配していた弱木は急なお弁当に驚いています。

 

驚いた弱木に引かれたと思っている高嶺。

 

しかし、弱木は卵焼きを一つ口に運んで

 

「めちゃくちゃ・・・・・・美味しいです・・・・・」

 

と一言言います。

 

高嶺はその一言に悶絶して第52話は終わります。

第53話 LINER交換

弱木からお弁当の感謝のメールが届き、読んでいるところから53話は始まります。

 

高嶺は弱木とお弁当を食べられたことを思い出し、喜んでいます。

 

そして、弱木とLINERを交換して気軽に連絡したいと思います。

 

どう交換しようか悩む高嶺。

 

妄想の中の自分と現実の自分とのギャップにお風呂の中でひっくり返ってしまいます。

 

翌日、急に弱木が高嶺に喋りかけLINERのIDを教えて欲しいと言います。

 

高嶺もツンデレになりながらも教えようとしますが、高嶺のIDには弱木と入っています。

 

QRコードで交換することでその場はなんとかなり、第53話は終わります。

第54話 メッセージ

54話は二人がメッセージをし合っているところから始まります。

 

弱木がスタンプを送ってきたことに悶絶する高嶺。

 

なんて返そうか迷っている時に弱木から送られてきたスタンプが弱木自身が作ったことに気づきます。

 

それを可愛いと感じている高嶺。

 

たわいもないやりとりができて喜んでいる内に弱木が高嶺におすすめの漫画を貸すことになります。

 

そして次の場面では弱木が部屋の掃除をしているところになります。

 

部屋のチャイムが鳴り、開けると高嶺が立っているところで第54話は終わります。

 

第55話 弱木の部屋

弱木に向かい入れられた高嶺は何を話せばいいか緊張しています。

 

そして弱木はおすすめの漫画を差し出します。

 

その漫画が開始2ページでキスをしだすものだったので高嶺は弱木がこういうのが好きなのか、と思っています。

 

また、休日に弱木と二人で漫画を読んでいることを夢なのかとも思います。

 

弱木の部屋と漫画の刺激に耐えられなくなった高嶺はふと弱木の方を向くと弱木と目が合い、ここで第55話は終わります。

第56話 弱木の失態

不意に見つめ合った弱木と高嶺。

 

焦った弱木が高嶺にコーラを注ごうとします。

 

弱木は何故かコーラを振りだし、キャップを開け勢いよく高嶺の顔目掛けて飛んで行きます。

 

弱木の顔は青ざめます。

 

土下座して謝る弱木。

 

償わしてくれと高嶺に言い、銭湯に連れて行った後コインランドリーに行きましょうと言います。

 

弱木の服を借り、コインランドリーで待つ高嶺。

 

弱木の服から弱木の匂いを感じています。

 

ここで第56話は終わります。

第57話 風呂上がり

コインランドリーで待つ高嶺。

 

そこにコンビニから帰ってきた弱木。

 

その姿に高嶺はキュンとしています。

 

粗相をした上に弱木自身も寛いでいたことに可愛さを感じる高嶺。

 

そこに弱木がお詫びの印としてアイスを差し出します。

 

コインランドリーで二人でアイスを食べています。

 

その瞬間に幸せを感じる高嶺は声に出してそれを伝えたいと思います。

 

そこに弱木が幸せな休日だったと高嶺に伝え、

 

「やっぱり僕は高嶺さんのことが大好きです!!」

 

と言い、高嶺は肩を弱木に寄せて第57話は終わります。

第58話 伝えたいこと

昨日の弱木との出来事を会社で思い出す高嶺。

 

会社に出社し、朝の挨拶をする弱木。

 

高嶺は場所が変わりしゃべれなくなってしまいます。

 

その二人をチャラ田が見ています。

 

高嶺は弱木のデスクの下に昨日のお礼を置いていきます。

 

その中に手紙があり、手紙を読む弱木。

 

そして手紙の返信をスマホに送ります。

 

高嶺はその返信に少し頬を赤らめて第58話は終わります。

 

第59話 人事異動

会社で人事異動の時期になりました。

 

高嶺、弱木、チャラ田のいる商品企画部に弱木に告白したイチゴちゃんがやってきます。

 

挨拶をするイチゴちゃん。

 

会社内はイチゴちゃんの話で持ちきりになります。

 

弱木に振られたことで努力することに決心がついたイチゴちゃん。

 

高嶺にも挨拶します。

 

そこに慌てて入ってくる人が来ました。

 

大阪支社から来た 淀屋橋 うめ でした。

 

たこ焼きを持って現れた彼女は

 

「むっちゃツヨシやん!!!」

 

と弱木を指し、第59話は終わります。

第60話 歓迎会

前からの知り合いだった弱木と淀屋橋。

 

そこでチャラ田は歓迎会を開催します。

 

高嶺とイチゴちゃんに仲の良さをを知らしめていく淀屋橋。

 

弱木と淀屋橋の仲の良さに嫉妬する高嶺とイチゴちゃん。

 

また、大阪のノリを出し、弱木にガツガツに行きます。

 

写真を二人で撮ったりします。

 

その姿を見たチャラ田が淀屋橋に弱木のことが好きなのかと尋ねます。

 

大阪のノリだと言いますが、次の瞬間弱木に抱きつき

 

「むっちゃ好きやねん!!」

 

と言い放ち、第60話は終わります。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事