高嶺のハナさん4巻無料ネタバレ!タダで漫画を読む方法伝授!新キャラ不動さんがヤバい!?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『高嶺のハナさん』4巻を無料で読む方法とネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

今回ご紹介する『高嶺のハナさん』を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してくださいね。 

結論!『高嶺のハナさん』は漫画アプリ『マンガTOP』にて無料で読める

いきなり、結論です。

 

『高嶺のハナさん』4巻は、こちらの漫画アプリマンガTOPにて無料で読むことができます。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガTOP』は日本文芸社が運営する公式漫画アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『高嶺のハナさん』4巻が『マンガTOP』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最新巻まで全巻無料で読むことができます

 

安心安全に、そしてタダで『高嶺のハナさん』を全巻無料で読破したい方は『マンガTOP』を使う方法が最もお得です。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)
  • 舞妓さんのまかないさん

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 青のオーケストラ
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 土竜の唄
  • からかい上手の(元)高木さん
  • 薬屋のひとりごと
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • 血の轍
  • アオアシ
  • 灼熱カバディ
  • 出会って5秒でバトル
  • 未来日記
  • 文豪ストレイドッグス
  • アオアシ
  • モブサイコ100
  • おやすみプンプン

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガTOP』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『高嶺のハナさん』4巻 ネタバレ紹介!

第61話 距離感

「むっちゃ好きやねん」と急に言い出す淀屋橋。

その発言に高嶺といちごちゃんの顔は真っ青になっています。

 

急な発言をした淀屋橋に対し、弱木は引っ付きすぎと距離を保とうとします。

 

弱木はみんなに酔うと淀屋橋はいつもこうなると説明し、淀屋橋は水くさいと弱木に言います。

 

その二人を見て高嶺は自分の知らない弱木が出てきて嫉妬します。

 

また、チャラ田はそんな発言を弱木にするなら自分でもいいだろうと話しますが、淀屋橋はそれを一蹴します。

 

そうして二人は言い合いをし出してしまいます。

 

そんな二人を見て高嶺は急に立ち上がり「いい加減にしろ」と怒鳴りつけます。

 

その高嶺の態度に場は一瞬鎮まりますが、淀屋橋は高嶺のいう通りだと言って反省します。

 

弱木も反省し、高嶺に謝ります。

 

そしていちごちゃんは高嶺と同じことを感じていたと言って感謝します。

 

ですが、高嶺は弱木に嫌われたと思って落ち込んでしまいます。

 

ここで第61話は終わります。

第62話 ラップバトル

一行は二次会でカラオケを訪れます。

 

最初はチャラ田がラップをします。

 

そこで高嶺は二次会まで来て何をしているのかと悩んでいます。

 

そんな中いちごちゃんは一人お酒をかなりのペースで飲んでいました。

 

また、淀屋橋は同期の人と歌ったラップをしようと提案し、歌い出します。

 

二人が歌っている中、急にいちごちゃんが立ち上がり、二人のラップに対抗し出します。

 

それにまた対抗して淀屋橋はラップをします。

 

また対抗したいちごちゃんはラップの中で弱木のことが大好きだといってしまいます。

 

そんないちごちゃんを淀屋橋はかわいいと言い抱きしめます。

 

その二人のことを見て困惑して第62話は終わります。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

第63話 心・決壊

前回弱木のことが好きだと言ったいちごちゃん。

 

チャラ田は弱木にその返事をしろと言い出します。

 

弱木が何か言い出そうとしたその時、高嶺が「私ッ・・・・帰りますッ・・・」とお金を置いて帰ろうとします。

 

「おつかれさま・・・」と弱木に言い残す高嶺は目に涙を浮かべています。

 

走って帰る高嶺。

 

それを追いかける弱木。

 

弱木は高嶺の隣にいたいと話しますが、信号で見失ってしまいます。

 

そして高嶺はいちごちゃんが弱木のことが好きだと知り、お似合いだと思って落ち込み泣いてしまって第63話は終わります。

第64話  イチゴの覚悟

いちごちゃんが弱木のことを好きだと知った帰り道にいきなりいちごちゃんから高嶺に連絡が来ます。

 

公園に高嶺を呼び出したいちごちゃん。

 

二人は公園のブランコに座って話し出します。

 

いちごちゃんは高嶺に謝らないといけないことがあると言い出します。

 

今まで高嶺の不幸はいちごちゃんによるものだったと告白します。

 

弱木のことが好きで弱木に好かれている高嶺に嫉妬してやってしまったと言います。

 

高嶺も弱木のことが好きなんですよねとも言います。

 

そして、今までの行いを謝って、これからは正々堂々と弱木に恋をすると言い放ち、第64話は終わります。

第65話 駒の内

カラオケに帰ってきた弱木はチャラ田にどうするのか聞かれ、淀屋橋には歌って飲もうと言われます。

 

一方、公園で話していた高嶺といちごちゃん。

 

いちごちゃんの正々堂々と弱木に恋をするという発言に高嶺は共感します。

 

好きだとどうにかしてしまうことに共感します。

 

そして、弱木の隣にいるという発言が本当なのか疑い始めます。

 

また、いちごちゃんのような人が弱木に思いを伝えたら、と諦めかけますが、思い直し、自分も弱木のことが好きだといちごちゃんに言います。

 

その発言にいちごちゃんは「やっと腹を割って・・・話せましたね・・・」と言って第65話は終わります。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

第66話 夜の公園で

弱木への思いをいちごちゃんに打ち明けた高嶺。

 

そこでなぜいちごちゃんに話したのかと後悔しています。

 

「どこまでいったんですか?」と、高嶺に聞くいちごちゃん。

 

その発言に困惑する高嶺。

 

そして隠すことはダメなことだと言って、今まで弱木とどんなことをしたかを話し出します。

 

話した後、いちごちゃんはそれくらい想定内だと言います。

 

そんなことを言った後、沈黙が続き、いちごちゃんが焦って古今東西ゲームをしようと持ちかけます。

 

弱木のあるあるで始めたそのゲームで高嶺は焦ってかわいいと言っていちごちゃんに笑われてしまいます。

 

ひとしきり笑った後、行かなくていいのかと高嶺に尋ねます。

 

自分は違う方法でアプローチするからいいと言って高嶺に弱木のもとにいかせます。

 

高嶺はいちごちゃんと囁き、弱木のもとに走ります。

 

いちごちゃんは高嶺にしたの名前で呼ばれたことにドキドキして第66話は終わります。

第67話 私・・・

いちごちゃんと別れ、弱木の家まできた高嶺。

 

弱木の家まで来てしまったことを後悔しています。

 

そこに弱木が現れます。

 

現れると思っていなかった高嶺は弱木を見て思わず泣きそうになってしまいます。

 

そして勢いよく弱木に抱きつきにいきます。

 

そこで第67話は終わります。

第68話 伝えたい

思わず抱きついてしまった高嶺。

 

そんな高嶺に弱木は謝ります。

 

そして会いたかったと伝えようとしますが、言えなくなってしまいます。

 

そんな高嶺に弱木が「ハナさん・・・?」と話しかけます。

 

急に下の名前で読んだので、高嶺は思わず涙を浮かべています。

 

弱木は謝りますが、高嶺は「ツヨシくん・・・」と呼び返し、より強く抱きしめ返します。

 

そして、「ずっと好きです・・・」と伝えます。

 

そして二人は見つめ合って第68話は終わります。

 

 

第69話 お願い

見つめ合っていた二人。

 

その近さに顔を赤くした高嶺が手で弱木を遠ざけます。

 

そして二人同時に喋り出し、譲り合います。

 

結局弱木から喋り出します。

 

「高嶺さん・・・どうしてこんなところに・・・?」と高嶺に問いかけます。

 

そんな弱木の問いに「会いたかったからじゃ・・・ダメですか・・・」と言います。

 

そして、場を乱したことを謝ります。

 

そこに付け足して、二人の時は下の名前で読んで欲しいとも伝えます。

 

そしてお互いに名前を呼び合って第69話は終わります。

第70話 新たな

場面はニューヨーク。

 

誰だか分からない人が5億ドルの商談の話をしています。

 

そして、場面が変わり会社の場面になります。

 

高嶺と弱木の雰囲気を見ていちごちゃんが意気込んでいます。

 

そんな中淀屋橋とチャラ田が会社にやってきます。

 

淀屋橋は高嶺を見るなり昨日のことで謝っています。

 

そんな淀屋橋に高嶺は謝ることないと言います。

 

そうこうしている一行は企画部は屋上に集合だと伝えられて屋上に向かいます。

 

皆が集まったところにヘリが降りてきて一人の人物がヘリから降りてきます。

 

その人物に高嶺が「不動さん・・・」とつぶやいて第70話は終わります。

第71話 不動さん

不動さんと高嶺に言われたその人物はサングラスを外し、人差し指を立て、

 

「ミツバチ No.1」とだけ言います。

 

皆はその言葉に戸惑います。

 

チャラ田はその人物を知っていて、必要最低限のことしか喋らない人だと言います。

 

そしてその人物の凄さを周りに解説します。

 

その後、不動は高嶺の目の前に来て、「Baby」と言って高嶺の頭を撫でます。

 

その行動で高嶺は膝から崩れ落ち、自分は不動からすると赤ちゃん同然なんだと落ち込んだ所で第71話は終わります。

第72話 不動さんとハナさん

不動が会社の人たちに紹介されているところから始まります。

 

不動は挨拶を求められ、「不動カミングスーン」とだけ言います。

 

周りがなんとかその意味を理解している中高嶺はしっかりとした挨拶で出迎えます。

 

ですが、不動は一切目もくれず歩いていってしまいます。

 

そのまま扉を閉めた不動ですが、急に座り込んで高嶺が愛おしいと言い始め、自分の言動を反省し始めます。

 

不動は高嶺を目の前にすると緊張して言葉がうまく出てこなくなるそうです。

 

そうして第72話は終わります。

第73話 商品企画会議

高嶺の進行で企画会議が始まりました。

 

そのキビキビとした態度に不動はその有能ぶりに感心しています。

 

最初に発表するのを譲り合う中、弱木が最初に手を挙げます。

 

そして弱木が発表するもののその企画内容について皆に笑われてしまいます。

 

そして、高嶺はその企画の資料をビリビリに破り、全ボツだと言い放ちます。

 

そんな高嶺の態度に不動は芸術品のようだとも言いますが、高嶺をこれほど怒らせる弱木が気になっているようです。

 

そして、チャラ田、淀屋橋と発表していき、最後にいちごちゃんの番になりました。

 

いちごちゃんがその発表で弱木に自分のことを認めさせようと意気込んだところで第73話は終わります。

第74話 本気の私

いちごちゃんが企画発表しようとしているところから74話は始まります。

 

本気でぶつかったいちごちゃんの企画は皆が納得するようなものでした。

 

高嶺も商品化は近いと褒めます。

 

ですが、肝心の弱木はいちごちゃんには目もくれません。

 

不動を始め皆が感心していました。

 

次に高嶺が企画を発表します。

 

それは皆が騒ぎ立てるほどの出来でした。

 

そこで高嶺は不動に出来を尋ねます。

 

そんな不動はというと、緊張しすぎて言葉が出てきません。

 

何か言わなきゃと出てきた言葉は「BAD」でした。

 

高嶺はそれに分りましたと言い、「アナタに・・・絶対追いついてみせますから・・・!!」と告げ、第74話は終わります。

第75話 夕暮れ時の・・・

会議が終わり、それぞれに別れている場面になります。

 

不動の高嶺へのバッドという回答に淀屋橋は

 

「ベストアンサーです!」

 

という意味なのだと言い、不動もそうだと答えます。

 

場面が変わり、会社の屋上になります。

 

そこで弱木は自分はなんて不甲斐ないんだと落ち込んでいます。

 

そこにいちごちゃんがやってきて、何落ち込んでいるのかと言い励まし始めます。

 

そして弱木のこと褒めて元気を出してと言ってその場を去ります。

 

そこに高嶺がやってきて、

 

「弱木くん・・・大好きだよ・・・だから・・・さよなら・・・」

 

と伝え、第75話は終わります。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事