呪術廻戦14巻ネタバレ無料!タダで読む方法は?遂に伏黒恵の真の能力が明らかに!漫画バンクzip,rarは危険(116話~124話)

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『呪術廻戦』14巻のネタバレと無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

『呪術廻戦』14巻を無料で読む方法は?

昨今、各出版社が漫画アプリに力を入れており、連載中のマンガでも漫画アプリを通して無料で読むことができます。

 

例えば、小学館が運営する漫画アプリ『サンデーうぇぶり』では、サンデー系列で連載中のマンガや過去の名作マンガに至るまで幅広く無料で読むことができます。(←1番オススメの漫画アプリ

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』で無料で読める主な作品一覧
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • からかい上手の高木さん
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • BE BLUES!~青になれ~
  • 結界師
  • スプリガン
  • 名探偵コナン ゼロの日常
  • 湯神くんには友達がいない
  • アオイホノオ

などなど…

 

しかし、『呪術廻戦』14巻に関しては今現在、無料で読める漫画アプリはありません

 

そこでオススメするのが、こちらの「U-NEXT31日間無料体験」です。

 

この無料体験に登録すると600円分のポイントがタダで貰え、このポイントを使用することで1冊459円の『呪術廻戦』14巻を無料で購入することが出来ます。

 

また、この無料期間内であれば『呪術廻戦』アニメ全シリーズも無料で視聴することが可能なので、かなりオススメです。

 

安心、安全に『呪術廻戦』14巻を無料で読みたい方は、「U-NEXT31日間無料体験」一択です。

 

詳しくは、こちら👇のページをご参照ください。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

無料体験は31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、ご安心ください。

 

また漫画アプリに関しては以下の2つのマンガワン』『マンガUPがオススメ。

マンガワン』『マンガUPはアニメ化、映画化されている話題作が特に多いです!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』で無料で読める主な作品一覧
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

 

『マンガUP』で無料で読める主な作品一覧
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『呪術廻戦』14巻 ネタバレ紹介!

116話

炎を使う特級呪霊、漏瑚に対して、宿儺は炎での勝負を持ちかけます。

 

漏瑚は宿儺が炎を使うことに戸惑いますが、炎を矢のように形を変え、構える宿儺に、漏瑚も圧縮した球体の炎を構えます。

 

場面は変わり、漏瑚の前に、祓われたはずの花御と陀艮が現れます。

 

二人に謝る漏瑚。死後の世界なのでしょうか。

 

「まだ真人がいますよ」と花御。

 

「人にとって死は鏡、真人はその鏡そのものです。」「まだまだ彼は強くなる。だから彼を頭に据えたのでしょう」と漏瑚に言います。

 

漏瑚は「再び生まれるとき、我々は我々でない、それでもまた会える日を心待ちにしている」「我々こそ真の人間だ」と返します。

 

すると三人の前に宿儺が現れます。

 

宿儺は漏瑚に

 

「人間になりたかったのか、人間そのものでなく、人間の地位、そんなところだろう?」

 

「分かって尚下らんな」宿儺は否定します。

 

群れて、寄り合って自分の価値を計ってしまい、皆弱く、小さくなっていくと言います。

 

「オマエは焼き尽くすべきだったのだ、打算も計画もなく手あたり次第」

 

「理想をつかみ取る 飢え がオマエには足りていなかった」

 

漏瑚を宿儺は否定します。漏瑚は確かにそうかもしれないと同意します。

 

「だがまぁ多少は楽しめたぞ」

 

宿儺はそう言い、漏瑚は目を見開き、驚きの表情を見せます。宿儺は続けて

 

「人間、術師、呪霊、千年前戦った中ではマシな方だった」

 

「誇れ、お前は強い」

 

漏瑚の目には今まで体験したことのない 涙 が。

 

「・・なんだこれは」

 

宿儺は「さぁな」と言い、場面は再び戦闘シーンへ。

 

宿儺の炎により、灰になる漏瑚に対して、「俺はそれを知らん」と灰になる漏瑚を見つめる宿儺でした。

 

すると宿儺の背後に和装の女が突如現れました。

 

「宿儺様、お迎えに参りました」頭を下げ、その女は言います。

 

宿儺は「誰だ」「裏梅か!!」と思い出した様子です。

 

裏梅は「お久しゅうございます」と言います。

 

ここで場面が変わり、動揺する呪詛師が、頭から血を流し、意識を失った伏黒恵に言います。

 

「ふざけんなよ!起きろよクソ術師!!」

 

117話

時は戻り、負傷した伏黒恵が呪詛師に歩きながら、冷や汗をかきながら話しかけます。

 

「十種影法術は最初に2匹の玉犬が与えられる」

 

「それ以外の式神を扱うには、術師と玉犬で調伏を済ませなければならない」

 

「手持ちの式神を増やしながらそれらを駆使し、調伏を進めることで十種の式神を手にすることができる」

 

呪詛師は話をあまり聞いていない様子で、「・・・おわり?」「さっきの女の子もだけどみんな強いね、若いのに」と言い、呪詛師が話し続けると、伏黒恵はケガがひどく、倒れこみます。

 

伏黒恵は話を続けます。

 

「調伏はな、複数人でもできるんだ。だが複数人での調伏はその後無効になる」

 

呪詛師は不思議な顔をし、伏黒恵を見ます。

 

「つまり当の術師にとっては意味のない儀式になる。でもな意味はないなりに使い方があるんだ」

 

過去の五条悟と伏黒恵の高専での会話の回想シーンに変わります。

 

五条悟は

 

「なんで五条家と禪院家が仲悪いか知ってる?」

 

「過去に当時の当主同士が御前試合で本気で殺り合って両方死んだの」

 

「その当主は、僕と同じ六眼持ちの無下限呪術使い」

 

「!!」伏黒恵は驚いた表情を見せます。

 

「相手の術式は恵と同じ『十種影法術』」

 

「僕の言いたいことわかる?」

 

回想シーンが終わり、伏黒恵は言います。

 

「だからってあんたに勝てる術師になれるかよ」

 

(その当主もこういう使い方をしたんだろうな)

 

呪詛師はあきれた様子で言います。

 

「ブツブツブツブツ、もういいね?」

 

ドゴゴゴゴゴゴ!!

 

突如地震のような揺れが起こります。

 

その方角を向き、気を取られる呪詛師ですが、伏黒恵はさらに続けます。

 

「続きだ、要は式神は調伏しないと使えないが」

 

「調伏するためならいつでも呼び出せるんだ」

 

呪詛師は違和感のある呪力を感じ取ります。

 

「歴代十種影法術師の中にコイツを調伏できた奴は一人もいない」

 

呪詛師は「待て!!」と焦った表情で止めにかかります。

 

『布瑠部由良由良』

 

伏黒恵の背後に巨大な人型の式神が現れます。

 

『八握剣異戒神将魔虚羅』

 

呪詛師はあっけにとられた表情になります。

 

(制御可能なほど強力な式神!その調伏の儀式を2人で強制的に始めやがった!今から俺とあの術師で、この化け物を倒さねばならない!!)

 

伏黒恵は

 

(あとでな、悪い虎杖)

 

覚悟を決めた表情で呪詛師に言います。

 

「先に逝く せいぜい頑張れ」

 

魔虚羅の一撃で伏黒恵は吹き飛ばされ、重傷を負い、失神します。

 

呪詛師が慌て動揺するなかで、場面は移り、宿儺と裏梅のところへ。

 

宿儺は魔虚羅の気配を感じ取ります。

 

裏梅はそれに気づかず、「宿儺様?」と声を掛けます。

 

宿儺は言います「急用だ」「俺が自由になるのもそう遠くない」

 

「ゆめ準備を怠るな」「またな裏梅」

 

宿儺は魔虚羅のところへ飛び立ちます。

 

魔虚羅は呪詛師に殴り掛かりますが、寸前のところで宿儺が助けます。

 

意識を失った伏黒恵を見て状況を把握します。

 

宿儺は伏黒恵に反転術式で手当てをし、「オマエにはやってもらわねばならんことがある」と言います。

 

話しかける呪詛師に「黙れ おとなしくしていろ」

 

「伏黒恵を生かすには異分子の俺がこの式神を倒し 調伏の儀をなかったこととする」

 

「味見といったところだな」

 

宿儺はそう言い、臨戦態勢に入りました。

 

118話

宿儺と魔虚羅の戦闘が開始します。

 

宿儺の術式「解」で攻撃しますが、傷を直ぐに治す魔虚羅。

 

宿儺は続いて斬撃を飛ばしますが、魔虚羅はそれを弾きます。

 

宿儺は自分の術が見えているのか!と驚きます。

 

魔虚羅の打撃で宿儺は吹き飛ばされますが、まったく動揺していない様子。

 

宿儺の攻撃を与えても、立ち上がる魔虚羅。

 

「八岐大蛇に近いものだな」宿儺は理解します。

 

この式神の能力は

 

『あらゆる事象への適応』『最強の後出しジャンケン!』

 

(あのときの俺なら敗れていたかもしれんな)

 

と過去に伏黒恵と戦ったことを思い出します。

 

宿儺はうれしそうに言いながら指を合わせます。

 

「魅せてくれたな 伏黒恵!」

 

『領域展開』

 

『伏魔御厨子』

 

宿儺は領域を展開します。

 

119話

解説から始まります。

 

『宿儺の斬撃は二種類』

 

『通常の斬撃「解」』

 

『呪力差、強度に応じ一太刀で対象を卸す「捌」』

 

『「伏魔御厨子」はほかの者の領域とは異なり、結界で空間を分断しない。』

 

『結界を閉じず生得領域を具現化することはキャンバスを用いず空に絵をかくことに等しい、まさに神業』

 

『加えて相手に逃げ道を与えるという”縛り”により底上げされた必中効果範囲は、半径約200mに及ぶ』

 

『伏黒恵への影響を考慮し、効果範囲を半径140m地上のみにしぼる』

 

場面は暗闇のなか避難し待機している仮装した若者たちのところへ。

 

携帯の充電が切れそうで心配する若い女性に対し、その友達は言います。

 

「もう心配いらないと思うんだ」

 

「メガホンの人いたでしょう」

 

「あの人な」

 

その瞬間、伏魔御厨子が発動します。

 

必中効果範囲内に、伏魔御厨子が消えるまで、斬撃が絶え間なく浴びせられます。

 

渋谷の建物がすさまじい斬撃により粉々にされていきます。

 

だが魔虚羅は生きていました。

 

魔虚羅が再生を行い、復活しつつあるところに

 

『開』(フーガ)

 

宿儺は漏瑚に放った炎の矢を魔虚羅に放ちます。

 

すさまじい火柱をあげ、魔虚羅は消滅します。

 

用のなくなった呪詛師は宿儺の斬撃によって切り捨てられます。

 

宿儺は身体の入れ替わりの限界を感じます。

 

宿儺は夜峨学長と家入先生の近くへ伏黒恵を届けます。

 

120話

宿儺は言います。

 

「小僧、せいぜい嚙み締めろ。」

 

そこで虎杖に入れ替わります。

 

目の前には伏魔御厨子によって、荒野となった渋谷が。

 

宿儺によって殺された術師や一般人の記憶が身体からよみがえってきます。

 

あまりの記憶に虎杖は嘔吐します。

 

虎杖は泣きながら自分に「死ねよ」と言います。

 

「自分だけ、自分だけ、死ね!!」

 

そう責めますが、祖父の

 

『人を助けろ』

 

の言葉を思い出します。

 

「行かなきゃ」

 

虎杖は奮い立ちます。

 

「このままじゃただの人殺しだ。」

 

「戦わなきゃ」

 

シーンは変わり地下へ。

 

七海先生が重傷を負いながら、さらに地下に向かいます。

 

大量の呪霊の相対します。

 

七海先生は

 

「疲れたな、そう疲れたんだ、もう十分やったさ」

 

そう言いながら最後の力を絞り、呪霊を払い続けます。

 

するとそこに真人が現れます。七海先生は気づかず、

 

「いたんですか」

 

話しかける真人。

 

「ちょっとお話しするかい?君には何度か付き合ってもらったし」

 

七海先生は同級生だった、過去に亡くなっている灰原に話しかけます。

 

「私はなにがしたかったんだろうな」

 

「逃げて逃げたくせにやりがいなんて曖昧な理由で戻ってきて」

 

それに対して灰原と思われる男性は指をさします。

 

その指先には駆け付けた虎杖がいました。

 

七海先生は虎杖にとって呪いなるとわかりつつ、虎杖に言います。

 

「虎杖君、後は頼みます。」

 

真人の術式で破裂され殺される七海先生。

 

虎杖は怒り、

 

「オマエはなんなんだ!!」

 

真人に向かっていきます。

121話

虎杖は真人との戦闘を始めます。

 

真人は魂を融合させ相手に向け放つ攻撃を行います。

 

真人は一般人の魂を使い、虎杖に攻撃を続けます。

 

虎杖は真人に

 

「どうしてオマエは、人の命を持て遊ぶことができるんだ・・!」と言います。

 

真人は言います。

 

「指折り数えて困り顔で殺せば満足か?」

 

「お前は俺だ」

 

「そいつを認めない限りお前は俺に勝てないよ」

 

虎杖は七海先生の言葉を思い出します。

 

ナナミンは怒りで我を忘れるなんてしなかった。

 

虎杖は吹っ切れ、真人へ向かいます。

 

真人も無為転変が使えないことを再度確認し、虎杖に攻撃を開始します。

 

攻撃をかわし、蹴りを命中させる虎杖。

 

連続して攻撃を与えますが、落ち着いて真人は言います。

 

「いいね、続けよう」

 

「ラウンド2だ・・・!」

122話

戦闘を再開させる真人と虎杖。

 

真人は改造人形主体の攻撃、時間差変形、自切、切合と手数の多さで虎杖を翻弄します。

 

距離を取って戦う真人に、姿を見失う虎杖の前に、二人組の一般人が現れます。

 

危ないからこっちに来いと言う一般人に対し、虎杖は油断します。

 

すでに魂を改造し、一般人に隠れていた真人の攻撃が命中してしまいます。

 

「想像力足りてないんじゃない?」

 

2人は瞬く間に殺されてしまいます。

 

真人は虎杖のメンタルには改造人間が効くと確信しています。

 

そして真人はもう一枚ダメ押しのカードを手に入れると考えます。

 

実は真人は二つに分裂し、片方を地上に、もう片方を地下に別れさせ行動していました。

 

地上にシーンが移ります。

 

地上の真人の分身は釘崎と対峙しています。

 

釘崎は真人を挑発します。

 

(虎杖に対して)「尻尾をまいて逃げたってな」

 

真人は挑発を受け、戦闘態勢に入ります。

 

2人は戦闘を開始します。

 

真人は釘崎と虎杖が仲がいいことを察します。

 

そこで思いつきます。

 

『この女の死体を晒して虎杖悠仁の魂を折る・・!!』

 

123話

再び地下での真人と虎杖の戦いのシーンに戻ります。

 

一般人の魂を使い、虎杖に攻撃を重ねる真人。

 

改造された人間と気づかずに、攻撃を受ける虎杖。

 

一方地上では、真人の術式を警戒し戦う釘崎。

 

通常の攻撃が効かない真人に苦戦を強いられます。

 

釘崎は言います。

 

「分かっててもやんなきゃなんねえ時があんだよ」

 

真人は効かないと思っていた釘崎の攻撃を受けます。

 

すると地下の分身の真人も攻撃を受けます。

 

「共鳴り」は分身を通して本体の魂をとらえることに成功したのです。

 

真人は驚愕します。

 

「自分の天敵は虎杖悠仁だけではなかった!」

 

釘崎は遠くで自分の呪力が爆ぜる感覚によって真人が分身だと気づきます。

 

真人は「正解」と微笑みます。

 

124話

地下の虎杖は、釘崎が分身を通し、真人に攻撃が与えられたことに気が付きます。

 

『ありがとう!!』

 

『誰も救えなかった。みんなの苦労も台無しにしてしまった。それでもおれは独りじゃないとそう思わせてくれて』

 

虎杖は吹っ切れた様子で、攻撃を開始します。

 

一方地上の釘崎は言います。

 

「こっからが本番ね」

 

ですが真人は逃げると宣言し、地下へ走り出します。

 

追いかける釘崎。

 

地下の虎杖も、真人に距離を置かれ、追いかけながら戦います。

 

すると分身となった真人が地下で合流し、入れ替わります。

 

虎杖は気づき、釘崎に逃げるよう言いますが、釘崎は気づきません。

 

釘崎は本体と入れ替わった真人に対し、手のひらへの警戒を解いていました。

 

釘崎は顔に真人の手の平をモロに食らってしまいます。

 

顔を抑える釘崎は、自分の幼いころの過去の記憶を思い出し、回想シーンへと移ります。

 

『当時の私は、村の人間は全員頭がおかしくて、自分だけが正気だと、そう思い込んでいた』

 

6歳の釘崎の記憶がよみがえります。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事