呪術廻戦16巻ネタバレ無料!タダで読む方法は?特級呪術師乙骨憂太帰還!彼の強さの謎を解く

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『呪術廻戦』16巻のネタバレと無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

『呪術廻戦』16巻を無料で読む方法は?

昨今、各出版社が漫画アプリに力を入れており、連載中のマンガでも漫画アプリを通して無料で読むことができます。

 

例えば、小学館が運営する漫画アプリ『サンデーうぇぶり』では、サンデー系列で連載中のマンガや過去の名作マンガに至るまで幅広く無料で読むことができます。(←1番オススメの漫画アプリ

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』で無料で読める主な作品一覧
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • からかい上手の高木さん
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • よふかしのうた
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • BE BLUES!~青になれ~
  • 結界師
  • スプリガン
  • 名探偵コナン ゼロの日常
  • 湯神くんには友達がいない
  • アオイホノオ
  • 葬送のフリーレン
  • 魔王城でおやすみ

などなど…

 

しかし、『呪術廻戦』16巻に関しては今現在、無料で読める漫画アプリはありません

 

そこでオススメするのが、こちらの「U-NEXT31日間無料体験」です。

 

この無料体験に登録すると600円分のポイントがタダで貰え、このポイントを使用することで1冊459円の『呪術廻戦』16巻を無料で購入することが出来ます。

 

また、この無料期間内であれば『呪術廻戦』アニメ全シリーズも無料で視聴することが可能なので、かなりオススメです。

 

安心、安全に『呪術廻戦』16巻を無料で読みたい方は、「U-NEXT31日間無料体験」一択です。

 

詳しくは、こちら👇のページをご参照ください。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

無料体験は31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、ご安心ください。

 

また漫画アプリに関しては以下の2つのマンガワン』『マンガUPがオススメ。

マンガワン』『マンガUPはアニメ化、映画化されている話題作が特に多いです!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』で無料で読める主な作品一覧
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

 

『マンガUP』で無料で読める主な作品一覧
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 鋼の錬金術師
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『呪術廻戦』16巻 ネタバレ紹介!

第134話 「渋谷事変51」

偽の夏油傑(げとうすぐる)は「極ノ番」(ごくのばん)というものを知っているかい?と虎杖悠仁(いたどりゆうじ)に問います。

 

「極ノ番」とは領域を除いたそれぞれの術式の奥義の様なものだと説明する偽夏油。

 

そのまま偽夏油は自身が使った術式の説明をしています。

 

呪霊操術極ノ番(じゅれいそうじゅつごくのばん)「うずまき」とは取り込んだ呪霊を1つにまとめ超高密度の呪力を相手へぶつけるものだと説明し、偽夏油は笑います。

 

それに対し、血を流しながら何笑ってんだよと虎杖は返します。

 

急に自分らしいことを始めてしまったなと思って笑ったと説明する偽夏油。

 

続けて呪霊操術極ノ番「うずまき」の説明をし始めます。

 

「うずまき」は強力だが呪霊操術の強みである手数の多さを捨てることになる、始めはそそられなかったが価値が高いと知り使うことにしたという偽夏油。

 

手に持っている真人を取り込んだ黒い玉を飲み込んだ後、京都校の加茂憲紀(かものりとし)の攻撃をかわします。

 

かわした直後に同校の禪院真衣(ぜんいんまい)に銃で攻撃されますが、それもかわします。

 

その直後、同校の三輪霞(みわかすみ)の攻撃を刀を折って止めました。

 

今度は偽夏油が攻撃をし、日下部先生(くさかべ)が攻撃を止めます。

 

そこにパンダと加茂が来て虎杖に声をかけます。

 

パンダと加茂は死んだはずの夏油傑を目の前にして、こいつは何者なんだと不信感を抱いています。

 

そこに脹相(ちょうそう)も一緒に現れ、脹相は偽夏油の正体が加茂憲倫(かものりとし)だと気づきます。

 

脹相は加茂憲倫が虎杖に弟を殺させようとしていたことを怒り、攻撃をしかけようとします。

 

そこに現れた裏梅に引っ込め三下と言われ攻撃が止められ、134話が終わります.

 

第135話 「渋谷事変52」

脹相が虎杖と血が繋がった兄弟であると気づいた回想シーンから始まります。

 

お兄ちゃんとして全力で虎杖を守る任務を遂行すると宣言し、赤血操術(せっけつそうじゅつ)で偽夏油に変装している加茂憲紀(かものりとし)と裏梅(うらうめ)に攻撃します。

 

加茂憲紀は脹相に対し、疲れてるなら無理するなよと言います。

 

すると脹相が疲れてるからと言って弟の前で命を張らない理由にはならないと答えます。

 

そこでパンダは虎杖に一応聞くけど他人だよな?と聞き、虎杖は他人どころか1回殺されかけてると返します。

 

脹相と加茂憲紀との戦闘に高専生は便乗することを決めます。

 

パンダが激震(ドラミング)を放つと、裏梅が氷凝呪法(ひこりじゅほう)「霜凪」(しもなぎ)で対抗します。

 

裏梅は加茂憲紀に伝達役(メッセンジャー)が必要だから殺さないでと命令されます。

 

右半身凍った脹相が「赤鱗躍動」(せきりんやくどう)で氷を溶かそうとしたときに虎杖が突っ込んで来て脹相の氷を砕きます。

 

西宮桃(にしみやもも)が付喪操術(つくもそうじゅつ)「鎌異断」(かまいたち)で裏梅と加茂憲紀に攻撃を仕掛けますが、素手で払われ、かわされます。

 

伝達役(メッセンジャー)なんて虎杖だけで事足りるでしょうと言いながら裏梅は氷凝呪法(ひこりじゅほう)「直瀑」(ちょくばく)を放ちます。

 

虎杖が死を覚悟したその時、特級呪術師の九十九由基(つくもゆき)が現れ、135話は終了します。

 第136話 「渋谷事変53」

特級呪術師の九十九由基(つくもゆき)と加茂憲紀(かものりとし)が会話しています。

 

九十九は世界から呪霊を無くすには人類が呪力から脱却される必要があると話します。

 

それに対し憲紀は呪力の最適化が必要だと反論します。

 

12年前、禪院甚爾(ぜんいんとうじ)が死んだ時点で九十九のプランは捨てたと憲倫は言います。

 

だか、憲倫のプランには大きな穴があると九十九は説明します。

 

続けて、海外では日本に比べて呪術師や呪霊の発生が極端に少なく、最適化プランだと天元様の(てんげんさま)の結界が必要不可欠で、それを利用するということは日本人ほぼ全員が呪力を手に入れることが出来ると言います。

 

そんなことをしたら海外の人たちが戦争を仕掛けてくる可能性があるとし、九十九の描く理想とかけ離れていると憲倫に伝えます。

 

それに対し、憲倫は他人事のようにだから何だと返します。

 

続けて、憲倫は呪霊のいない世界も牧歌的な平和も望んでいないと言います。

 

非術師、術師、呪霊これら全ては人間という呪力の形の可能性であるが、人間の可能性はこんなものではないと否定します。

 

その答えは憲倫自身の手から離れた混沌の中で黒く輝いているものなのだとなんだかよく分からないことを長々と説明します。

 

真人(まひと)を取り込んだ黒い玉を飲み込んだことにより、術式の抽出が完了し、憲倫「無為転変」(むいてんぺん)を繰り出します。

 

虎杖との戦闘で真人が最終形態にまで成長し、それを取り込めたことに憲倫は虎杖に感謝の意を示します。

 

これにより憲倫がマーキングした非術師に無為転変が施されました。

 

続けて、虎杖のように呪物を取り込ませた者、吉野順平(よしのじゅんぺい)のように術式は所持しているが脳の構造が非術師(術式を使えない)者、それぞれの脳を術師の形に整えたと言います。

 

紐のような物を取り出し、呪物達の封印を解いたと宣言し、その人たちに呪力への理解を深める為に殺し合いをしてもらうと言います。

 

九十九は力を与えられても人々は勝手に殺し合いをしないと反論します。

 

だか、憲倫はそうせざるを得ない仕込みはもう既にしてあると応えます。

 

戦闘態勢に入った九十九は京都校の東堂葵、禪院真衣、三輪霞は仲間が保護していると西宮桃に伝えます。

 

憲倫が配った呪物は1000年前からコツコツ契約した術師達の成れの果てで、憲倫と契約を交わしたのは術師だけでは無いと言います。

 

これがこれからの世界だよと言い、たくさんの呪霊を放ちます。

 

虎杖に獄門疆(ごくもんきょう)を見せ、じゃあねと言って姿を消すところで136話は終わります。

第137話 「堅白」(けんぱく)

東京からだんだん地方の方へ呪霊が流れ込んで行き、街の電気が消えていきます。

 

政府関係者が慌てている様子。

 

はっきりと無事と断言できるのは奥多摩の町村青梅市、あきる野市、八王子市、町田市の一部各島嶼(かくとうしょ)だけだと1人の政府関係者が言います。

 

放たれた呪霊の数は約1000万体で、少なく見積もっても500万人の都民の疎開プランを組まなければいけないとまた別の政府関係者が言います。

 

場面が変わり、とあるコンビニ店内で子供が弁当を貪る(むさぼる)ように食べています。

 

そこへとある一体の呪霊がこっちにおいでと子供に声をかけます。

 

子供はその呪霊の方へ駆け寄り食べられそうになったところへ特級呪術師の乙骨憂太(おっこつゆうた)が助けます。

 

乙骨は呪術総監部に呼ばれ、虎杖悠仁を殺すと宣言します。

 

総監部の通達により

一、夏油傑(げとうすぐる)生存の事実を確認。同人に対し再度の死刑を宣告する

二、五条悟(ごじょうさとる)を渋谷事変共同正犯とし呪術界から永久追放かつ封印を解く行為も罪と決定する

三、夜蛾正道(呪術高専 東京校 学長やがまさみち)を五条悟と夏油傑を唆し(そそのかし)渋谷事変を起こしたとして死罪を認定する

四、虎杖悠仁の死刑執行猶予を取り消し速やかな死刑の執行を決定する

五、虎杖悠仁の死刑執行役として特級呪術師乙骨憂太を任命する

との通達を受け、137話は終わります。

 

第138話 「禪院家」

禪院真衣(ぜんいんまい)が死んだかどうかを特別1級術師の禪院直哉(ぜんいんなおや)が気にしています。

 

直哉が真衣は良いけど、真希の方はダメだと愚痴を言いながらある部屋に着きます。

 

その部屋には禪院家次期当主を決める為、特別1級術師禪院扇(ぜんいんおうぎ)、同じ階級の甚壱(じんいち)がすでにいました。

 

直哉は自分が来ても来なくても次の当主は自分だと言い張り、甚一や扇に殺されそうになります。

 

たった今現当主の禪院直毘人(ぜんいんなおびと)が亡くなったという報告が入ります。

 

フルダテという男が直毘人の遺言状を読み上げます。

 

そこには「次期当主は直哉とし、高専忌庫(こうせんきこ)及び禪院家忌庫(ぜんいんけきこ)に保管されている呪具を含めた全財産を直哉が保管し、扇、甚一いずれかの承認を得たら直哉が運用してもいいと。

 

ただし、何らかの理由で五条悟(ごじょうさとる)が死亡または意思能力を喪失した場合、伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)との誓約状を履行し、伏黒恵(ふしぐろめぐみ)を禪院家にむかえ次期当主として全財産を譲るものとする」と書いてありました。

 

それを聞いて直哉は激怒し、恵を探し、殺すと決意します。

 

場面は変わり、九十九由基(つくもゆき)が何やら独り言を言っています。

 

あの時、加茂憲紀(かものりとし)を止められなくてすまないと。

 

ここまで自体が進んだのであれば1度泳がせて様子を見るのもアリなんじゃないかと。

 

最後に君はどうする?と誰かに問います。

 

場面は変わり、虎杖と脹相との会話シーン。

 

虎杖は人をいっぱい殺してしまった自分を責めています。

 

虎杖は脹相の弟である血塗(けちず)、壊相(えそう)を殺したのに許せるのか?と脹相に問います。

 

すると脹相はあれは事故だからいいとあっさり許します。

 

虎杖と脹相は憲倫によって放たれた呪霊を減らすために行動を開始するところで138話は終わります。

第139話 「狩人」

虎杖悠仁(いたどりゆうじ)が呪霊を呼び出す為に手を叩きます。

 

手を叩き、なるべくたくさんの呪霊を引き連れて脹相のいるところまで逃げます。

 

脹相は「穿血」(せんけつ)で全ての呪霊を倒します。

 

虎杖がさらに強くなっていることに驚く脹相は流石俺の弟だと言って褒めます。

 

それに対して虎杖はまだ言ってんの?と言います。

 

それに対して脹相は虎杖にお前の父親の額にも縫い目があったことを思い出せと言います。

 

そこに禪院直哉(ぜんいんなおや)が伏黒恵(ふしぐろめぐみ)を探しにやってきます。

 

直哉は虎杖に死刑宣告されているけど逃げなくていいのかと心配します。

 

続けて、自分は恵を殺すために探していると告白し、虎杖と脹相へ攻撃を仕掛けます。

 

3人が闘っているところに不気味な雰囲気の乙骨憂太(おっこつゆうた)がぬるっと現れます。

 

乙骨は虎杖が1人だと思い、あれ?1人じゃないんだと言うところで139話は終わります。

第140話 「執行」

乙骨憂太(おっこつゆうたは)高い塀を壊して虎杖の方へ近づいていきます。

 

無駄な戦闘を避けたい禪院直哉(ぜんいんなおや)は乙骨に対し自分は味方だと伝えます。

 

その間に脹相は乙骨から逃げる作戦を考えます。

 

直哉は両手を上げ攻撃しない意志を示し、乙骨に虎杖を殺しても上には報告しないで欲しいと頼みます。

 

それに乙骨は承諾します。

 

全力で逃げる虎杖を追いかける乙骨。

 

脹相は直哉の相手をします。

 

直哉は脹相に対してなんで「赤血操術」(せっけつそうじゅつ)を使えるのか不思議だといい、「穿血」(せんけつ)以外は怖くないと言います。

 

脹相は俺の弟(虎杖)に手を出して生きて帰れると思っているのか?と怒りながら言います。

 

場面は変わり、逃げる虎杖とそれを追いかける乙骨のシーン。

 

車が倒れてきて、車ごと虎杖を斬ろうとしますが、かわされてしまいます。

 

屋内に逃げ込もうとする虎杖にさっきとは別の車を投げ飛ばし、虎杖の足を止めます。

 

そこで単純に呪力量なら五条先生よりも多いと告白します。

 

でも五条先生は「六眼」があるお陰で術式発動時のロス呪力が限りなくゼロに近く自分は呪力切れがあるけど、先生はそれがないと説明します。

 

そこで話が終わり、乙骨はまた攻撃を仕掛けます。

 

虎杖は以前、京都校の東堂葵(とうどうあおい)に教えてもらった一流術師は呪力の流れが読みづらいと言われたことを思い出します。

 

ですが、乙骨の場合、全身から常に呪力が立ち昇っているため動きを読む読まない以前の問題だと気づきます。

 

悪いけどまだ死ぬわけにはいかねぇんだわと吐き捨て、140話は終わります。

 

第141話 「うしろのしょうめん」

乙骨憂太(おっこつゆうた)と虎杖悠仁(いたどりゆうじ)が戦闘中。

 

まずは乙骨が持っている刀をどうにかしようと虎杖は焦っています。

 

乙骨が振る刀をかわし、止まっている四駆の車の窓をくぐって逃げます。

 

そこで手に入れたサバイバルナイフで乙骨の刀に対抗します。

 

乙骨との間合いを詰める最中、五条先生にナイフの扱い方を教わってないことを思い出します。

 

すると乙骨が虎杖に刀に意識がいきすぎていると注意し、前蹴りで虎杖を飛ばします。

 

乙骨の攻撃によりサバイバルナイフが折られます。

 

それに負けじと虎杖も乙骨の刀を折ります。

 

続けて虎杖は乙骨に攻撃を仕掛けようとしますが、急に後ろに現れたリカちゃんによって体を押えられあっさりと心臓を刺されてしまいます。

 

場面は変わり、脹相と禪院直哉(ぜんいんなおや)が戦闘中。

 

全然倒れずしぶとい脹相にマジでなんなん君と少し怒る直哉。

 

すると、脹相は(虎杖の)10人兄弟の兄であると告白し、「赫鱗躍動・載」(せきりんやくどう・さい)を発動するところで141話終わります。

第142話 「お兄ちゃんの背中」

10人兄弟の兄さと答え、答えになってへんねんと禪院直哉(ぜんいんなおや)につっこまれる脹相。

 

直哉が攻撃を仕掛けますが、その動きに合わせ「赫鱗躍動・載」(せきりんやくどう・さい)で動体視力を上げた脹相も攻撃をします。

 

ですが、カウンターが来ることを想定していた直哉に1本取られ、小型の刃物で腹を刺されます。

 

赤血操術(せっけつそうじゅつ)なら止血は簡単だろうと、止血に気を回しながらどこまで闘えるのかと直哉に煽られます。

 

刃物を持ち歩いている事に用意がいいなと驚く脹相。

 

でも正直、直哉は刃物を持ち歩くのはダサいと思っていると発言する。

 

自分の兄さん方もみんな刀を持ち歩いていてみっともないから嫌いだという直哉。

 

直哉は弟よりデキの悪い兄はいる意味がないから、首括って死んで欲しいと言います。

 

その兄弟達のおかげで今のお前があるのかもしれんぞと反論する脹相。

 

その発言に直哉はドン引きします。

 

デキが良くても悪くても兄は弟の手本だ兄が道を誤ったのなら弟はその道を避ければいい兄が正道を歩んだのなら弟は後をついてくればいいと最もなことを言い、反論します。

 

脹相は大量の血をあえて地面に垂れ流し、その血で攻撃し直哉を追い詰めます。

 

脹相は詰みだと言って戦いを終わらせようとします。

 

直哉は多少の足止めなら問題なく動けると自負します。

 

ですが、思っていた展開とは違い、直哉は脹相の「超新星」(ちょうしんせい)という攻撃を食らいます。

 

そこに虎杖を引きずってきた乙骨憂太(おっこつゆうた)が現れ、脹相は乙骨に攻撃されてその場に倒れたところで142話は終わります。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事