少年のアビス4巻無料ネタバレ!タダで漫画読む方法伝授!先生がヤバい?母・夕子と似非森の関係は?漫画バンクrawは危険|

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『少年のアビス』4巻を無料で読む方法とネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。 

『少年のアビス』4巻は漫画アプリ『ヤンジャン』で読める

いきなり、結論です。

 

漫画『少年のアビス』4巻は、こちらの集英社が運営する漫画アプリヤンジャンにて無料読むことができます。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ヤンジャン』は、集英社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『少年のアビス』4巻が『ヤンジャン』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では1巻から最新巻まで無料で読むことができます

 

安心安全に、そしてタダで『少年のアビス』を全巻読破したい方は『ヤンジャン』を使う方法がベストです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また『ヤンジャン』では、『少年のアビス』以外にも

  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

etc・・・

 

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)
  • 舞妓さんのまかないさん

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 青のオーケストラ
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • 土竜の唄
  • からかい上手の(元)高木さん
  • 薬屋のひとりごと
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • 血の轍
  • アオアシ
  • 灼熱カバディ
  • 出会って5秒でバトル
  • 未来日記
  • 文豪ストレイドッグス
  • アオアシ
  • モブサイコ100
  • おやすみプンプン

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『ヤンジャン』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『少年のアビス』4巻ネタバレ紹介!

28話

令児はチャコの影に気付き、玄関のドアを開けます。

 

帰ろうと言う令児に、「関係ないでしょ帰るなら一人で帰ってよ」とチャコは言います。

 

そして、家に入って行こうとするチャコの腕を掴み連れて帰ろうとする令児に、気持ち悪いと手を振り解きます。

 

チャコは今日二人を見たこと、令児が不倫しているにもかかわらず、似非森には会うなと言ったこと。

 

「全部信じられない!全部最悪!全部嫌!大っ嫌い!」と大声で言います。

 

そんなチャコに令児はナギと今日情死ヶ淵に行ったことと、心中しようとしていたことを打ち明けます。

 

チャコは令児に近づき、「令くんが死んだらあたし東京に行けても幸せになれないよ。一生」と言います。

 

そして伏せていた顔をあげ「青江ナギに会わせて」と言います。

 

二人に心中させたくないのです。

 

いつも蚊帳の外だったチャコは当事者になるためにナギに会いにいきます。

 

29話

令児とチャコはナギの家に到着します。

 

インターホン越しに事情を説明しナギとチャコは対面します。

 

チャコはファン丸出しで興奮していましたが、微笑んだナギを見て現実に戻ったかのように俯きます。

 

部屋に入り、興味津々に衣装の事をきくチャコは、令児の動揺を見逃さず奥の寝室を見ます。

 

ナギがチャコに封筒のことを聞くと、チャコは嬉しそうに似非森の事を話します。

 

バツが悪そうに、令児は二人に声をかけ外へご飯を食べに出かけます。

 

ファミレスに着き、3人はまずアクリルの話をします。

 

「アイドルは結婚したからやめたんですか?」と聞くチャコに、そうだねっとナギは答えます。

 

すると会話の途中、単刀直入にチャコは「心中相手に令くんを選んだのは似非森先生の代わりですか?」と聞きます。

 

そして金輪際、令くんを心中に誘わないで欲しいとお願いします。

 

それにナギは笑顔で「わかった、令児くんとは心中しない」と答えます。

 

親から連絡が来てチャコは外に出ます。

 

令児はナギに「俺はやっぱりあの人の代わりだったの?」と聞きます。

 

するとナギは「その逆、あの人以外なら誰でもよかった…そう思っていたのに、令児くん、自分で気づいてる?あなた、似非森ににてる」と言います。

 

ちょうどその頃、チャコの服の袖を掴んだのは峰岸でした。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

30話

「さよなら、令児くん、元気で」と言いその場を去るナギ。

 

電話が終わったチャコは去っていくナギを見てショックを受けますが、扉を開けた瞬間、峰岸が出てきます。

 

「あれ、危ない女やろ、心中するとか言って…」という峰岸にさっきの約束のことを話すと「やっぱお前は頼れるな」と昔の頃のような笑顔で笑います。

 

しかし、ナギが忠告を破ったことをよく思わなかった峰岸は「怖い思いでもしてもらうか」と言います。

 

「アイドルにそんなことしちゃダメだよ」というチャコの言葉を聞き、令児のところへ向かい、どうやった?と楽しそうに聞く峰岸に令児は「うるせーよ」と言います。

 

「もう行こう」とチャコが令児の腕を掴みますが振り払い、また絶望した暗い瞳で店を出ていきます。

 

イキタイトコなんて…と暗闇の中、ナギと心中しようとしていた橋に手をかける令児を峰岸が引っ張ります。

 

チャコが駆け寄ると、チャコの持っていた封筒を引っ張り「捨てろ!」と鬼の形相で叫びます。

 

チャコは川に封筒に入っていた紙をばらまき、金輪際、この町であの人たちに関わらないこと、絶対に二人で町に出ることをまっすぐな目で言います。

 

そこに「おい」と峰岸は言います。

 

「お前ら何勝手に盛り上がってんだ?町から出る?誰から許可もらった?」と二人に凄みます。

31話

チャコは峰岸に反発しますが、峰岸はさらに凄みます。

 

怯えるチャコの前に立ち「玄、チャコに近づくな」というとチャコを逃します。

 

「あたしたちはあんたと違ってここにいても幸せになれないの、元友達なら黙って見送ってよ」と言いチャコは去っていきます。

 

俺も帰るからと言う令児に、峰岸は「おい」と言いますが、令児は気に留めることもなく、虚無感のある顔で目も合わさず「オレの父親ってどんな顔してたっけ…?」と聞きます。

 

峰岸は、父親のことを教えてやるから明日の七時に家に来いとだけ言ってその場を去っていきます。

 

次の日の七時、車で知らない建物の前まで令児と峰岸はやってきました。

 

「隠れてろ」と峰岸が袖を引っ張り、車の影に二人は隠れます。

 

すると一室のドアが開き、令児の母と男の人が出てきます。

 

峰岸の父だったのです。

 

二人が去った後、峰岸は「あそこはお前の母ちゃんと俺の親父のヤリ部屋」と言います。

 

そして、もう何年も令児のせいでこうなっていると言うのです。

 

状況を読み込めない令児に峰岸は説明します。

 

令児の母と峰岸の父親は中学校の頃から仲良く、令児の父の暴力が令児に向かうようになった時、令児の母が峰岸の父に相談しました。

 

腹を立てた峰岸の父が令児の父を町から追い出し、その対価として関係を求めました。

 

そして峰岸は「一番可哀想なんはお前のせいでああなってるお前の母ちゃんやから」と言います。

 

腰が抜け座り込む令児。

 

そして同じく絶望したような顔で「令児、俺もこの町を出られん」と言います。

 

そして「俺の代になったらお前の家の問題も全て解決してやる。全部変えてやる。結婚してガキ作って子供同士遊ばせようや」と言い、令児の頭を撫でます。

 

「お前は俺と死ぬまでこの町で生きる。いいな」とおでこをくっつけて言います。

 

そして峰岸は家に帰ると今まで令児が買ってきたタバコの一つを握りしめ「これでもう大丈夫」と暗い部屋で一人呟きます。

 

32話

令児は家に帰ると、令児の母がシャワーを浴びていました。

 

母の体を見てさっきの光景を思い出す令児は、種火を消すと言い外に出て座り込みます。

 

そして「生きなきゃ」と、か細く呟きます。

 

次の日のHR後に、令児は先生に相談があると言うと、家で待っててと言われます。

 

「ただいまー」と先生が笑顔で家に帰ってくると令児の肩に手を回し、キスします。

 

令児は「先生すみません、オレやっぱり大学行けないです」と単刀直入に言います。

 

そして先生が振り返ると令児は土下座していました。

 

そして「お金を貸してください」と言います。

 

令児は家族で町から出るために今すぐお金が必要だと考え先生にお願いしたのです。

 

令児は真剣に話していましたが、先生は笑い出し「かわいい」と言います。

 

そして、爛れた関係なんて放っておきなさいよと言いますが、令児は再度お願いします。

 

そして先生は急に令児の膝の上に座り「私と黒瀬くんでこの町を出よう。二人で誰も知らないところに行って暮らそうよ!」と目を輝かせながら言いだすのでした。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

33話

先生は令児にキスしますが、令児は拒むように肩を押します。

 

すると、今までは先生と黒瀬くんだったにもかかわらず「由里って呼んで。令児」と言い出します。

 

そして「全部あげるよ、私は全部捨てるから」と言いながら迫りますが、令児は合鍵を机の上に置いて部屋を立ち去ります。

 

次の日の学校で先生はいつも通り出席を取り、何事もなく1日が終わろうとします。

 

しかし6限目が始まる頃、令児は母から連絡があり3者面談が今日あることを知ります。

 

帰りのHRが終わり、教室で二人を待ちます。

 

三人揃うと、先生は大学進学の話を令児の母にします。

 

そして「進学させてあげるべきではないかと…私は思います」と先生が言った時に、令児は否定しようとしますが「言ってくれたらよかったのに」と令児の母が先に言います。

 

そして笑ってはいるものの、冷たい眼差しで、後悔しないようにやりたいことをやりなさいっと言います。

 

また令児が何か言おうとしたのを遮るように先生が「よかったね!」と言って立ち上がります。

 

そして「受験頑張ろう!」と明るい先生とは相反して令児の母の目は冷たいのでした。

34話

三者面談が終わり、先生は令児に進路希望調査票を渡します。

 

しかしその封筒の中には令児が返した合鍵が入っていました。

 

令児はちらっと先生を見ますが、先生は「さよなら、また明日」と笑顔で手を振ります。

 

そして令児の母もその様子を見ていました。

 

家までの帰り道、無言で帰りますが令児が「…母さん、ごめん」と謝ります。

 

すると令児の母は、こっちこそごめんねとは言うもののその後に「出ていきたいよね。こんな家族なんて捨てて」と言います。

 

否定しようとする令児に「あたしだってできるならそうしたい」と言うと、我に帰ったように「嘘…ごめん忘れて」と、震えながら泣き出します。

 

そして雨の中、母の不満もこぼれ出してしまいます。

 

令児の祖母を預ける施設もお金もないこと。

 

借金だけ残して死んだ令児の祖父のこと。

 

引きこもりの令児の兄がいつまであのままでいて、いつか殺しに来るんじゃないかということ。

 

「弱くてごめん」という母に令児は、先生が勝手に呼び出したことを伝えます。

 

すると令児の母は「あの人、令くんのこと好きでしょ」と言います。

 

女の目をしていることに気がついたのです。

 

そして封筒をもらった時の様子がおかしかったと、封筒の中身を見せるように令児に言います。

 

そこで令児は自殺しようとしたことを初めて母に伝えます。

 

すると令児の母は血相を変えて令児に抱きつき、「…何やってんの!」と叫びます。

 

しかしその後に「いくならお母さんも連れてって。令くんとなら喜んでいける、あたし」と微笑みながら言うのです。

 

次の日、出席を取ろうとした先生は令児がいないことに気がつきます。

 

35話

時は昨夜に遡り、令児の母が心中を誘うような言い方をしたので令児は戸惑います。

 

通行人が通り、「寒いね、早く帰ろう」と令児は言い、二人で家に帰ります。

 

令児が祖母が汚した床を掃除するために換気しているにもかかわらず「寒い」と祖母は布団で怒鳴り立てます。

 

そして令児のお兄さんも、深夜に「はぁ!?っくそがっ!」と何度も何度も言いながら壁や床を蹴って暴れ回ります。

 

そして、そんなことにも慣れたように眠りにつこうとしますが部屋のドアがいきなり開きます。

 

令児が驚いて起き上がると、そこに立っていたのは令児の母でした。

 

そして令児に「一緒に寝よう」とお願いします。

 

最初は拒んだ令児でしたが、最終的には二人で横になり静寂が流れます。

 

令児は新しくスタートするために家族でこの町を出ようと母に言います。

 

しかし母は「そんなことできるわけないでしょ」と言い、令児が理由を聞こうとすると令児の兄がまた暴れ出します。

 

そして令児の母はいきなり過去に心中未遂をしたことを話し始めます。

 

「相手は似非森さんなの?」と恐る恐る令児が聞くと、ブッと吹き出し「あんなヘタレが心中なんてできるわけないでしょ」と嘲笑います。

 

令児の母は続けて、当時付き合ってた人と心中しかけたが直前で逃げ、相手の人だけ亡くなったと話します。

 

そして「令くんと死ぬために令くんを産んだのかも。あたし」と令児に言います。

 

令児は今の今までずっと見えていたナギの顔が急に思い出せなくなります。

36話

「あなた何か勘違いしてない?」と無断欠席を2日していること、既読をつけないことについて注意する先生。

 

「私は本当にあなたを守りたいだけないのよ。わかってないなー」と言いますが、それは令児にではなく先生の家の玄関のドアに向かって発せられた独り言でした。

 

チャコからメッセージをもらった令児は、明日のお昼に隣町のマイタウンモールに行くことを母に伝えます。

 

「お弁当を買ってきて」といつもより心なしか楽しそうに話す母を見て、令児は昨夜のことを思い出します。

 

「令くんと死ぬために令くんを産んだのかも」という母に令児はいいよと答えますが、大事な友達が東京の大学に行くまではサポートのため我慢して欲しいと言います。

 

そして「それが終わったら母さんの好きなとこ行こう」と言う令児の言葉に幸せそうな表情をうかべます。

 

隣町に行く当日、令児はチャコから遅れると言う電話をもらいます。

 

いつも先にいるチャコが遅れてくることに珍しさを感じていると、チャコはいつもの服装や髪型とは違い、ブラウスにスカート、髪は綺麗に手入れされたストレートでやってきます。

 

「デートコーデみだしてみた!」と笑うチャコに初めは驚いていた令児も微笑みます。

 

タウンモールに着いた二人は書店に行き、参考書を手に取ります。

 

「あたしと東京行くんだよね」と聞くチャコに令児は「…うん」と嘘をつきます。

 

令児は似非森からチャコを守り、高校を卒業するまでチャコに嘘を吐き続けるつもりです。

 

その後二人は楽しくモールを回り、チャコの提案でネットカフェに行きます。

 

個室に入り、「漫画は?」と令児は尋ねますが、チャコはナギと似非森の話をし始めます。

 

そしてチャコはチャコと令児の関係を「もう前みたいには戻れない」と言います。

 

令児が目を伏せ、顔を上げるとチャコがおもむろにブラウスを脱ごうとしていました。

 

びっくりして「先帰るから…」という令児に「帰ったらもう二度と会わない!」とチャコは叫びます。

 

涙ぐみながら、落ちていきそうな感覚があると話すチャコは「おねがい…捕まえてよ…令くん」と後ろからハグします。

 

ドアに手をかけ、固まる令児。

 

そのネットカフェの個室の外側では先生が「わかってないなー本当…」と呟きます。

37話

令児がチャコと出かける日、先生は家庭訪問のためという理由で令児の家の前に車を止めていました。

 

そして家に行こうと車から降りた瞬間、女の子の名前を出しながら電話をする令児が家から出てきます。

 

そう、先生は今日二人の後をずっとつけていたのです。

 

そんなことも知らず、令児は上半身裸で抱きついているチャコの方を振り返り、チャコの頬を撫でて胸に手を伸ばそうとします。

 

しかし令児は令児自身が触れた部分が酷く汚れて見える感覚に襲われました。

 

そしてチャコに、オレにつかまったらチャコは落ちるだけだと言いますが、チャコは青江ナギが令児とセックスした特別な人なのが嫌だと言います。

 

令児は「…おれ、他の人ともやってるよ。特別なのはチャコだけ。今からそうじゃなくなるけど」と言いながらチャコの体を触る令児。

 

チャコは令児の肩を押して、「最低…」と言います。

 

ドアの反対側からそれを聞き、妖しげに微笑む先生はその場を立ち去ります。

 

そしてネットカフェの前にライトをつけた車を止めて「迎えにきたよ!黒瀬くん!」と両手を広げて笑顔で叫びます。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事