悪魔とラブソング全巻無料で読む方法紹介!漫画バンクではなく漫画アプリでタダ?Huluでドラマ化決定!

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『悪魔とラブソング』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。 

結論!『悪魔とラブソング』は漫画アプリ『マンガMee』で読める

いきなり、結論です。

 

『悪魔とラブソング』はこちらの集英社が運営する漫画アプリマンガMeeにて全巻無料読むことができます。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『マンガMee』では、『悪魔とラブソング』第1巻から最終13巻までを惜しげもなく無料で公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『悪魔とラブソング』を最終13巻まで読みたい方は『マンガMee』を使う方法が最もお得です。

 

『マンガMee』は、集英社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また他にも『マンガMee』では、以下のようなメディア化された有名マンガをタダで楽しむことができます。

  • この音とまれ!
  • ヒロイン失格
  • ハニーレモンソーダ
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • ごくせん
  • 椿町ロンリープラネット
  • NANA
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)

などなど…

 

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

 

ここまでのまとめ
  • 『悪魔とラブソング』は漫画アプリ『マンガMee』にて全巻無料で読める
  • 『マンガMee』は集英社が運営する漫画アプリなので安心安全
  • マンガMee』をダウンロードする際にも一切お金はかからない

以上がここまでのまとめです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガMee』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています「無料で多くの有名漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

次に『マンガMee』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

 

『マンガMee』の基本的な使い方

『マンガMee』では、アプリ内アイテムであるチケットボーナスコインを使用して読むことになります。

 

簡潔に言うと、『チケット』『ポイント』などを使って1作品、1日に最大5話まで無料で読むことが可能です。

 

『悪魔とラブソング』も1日に最大5話まで読み進められます。

 

ここでは『マンガMee』で使うアプリ内アイテムチケット』『ポイントのそれぞれの使い方を簡単に説明します。

『マンガMee』のチケットとは?

チケットはチケットアイコン(↓ピンク色の線で囲んである)が表示されている話に使うことが出来ます。

各作品ごと1日1枚使用することができ、チケット使用後23時間で、新たなチケットが配布され各作品をまた1話無料で読むことが出来るというシステムです。

つまり、ほとんどの作品を1日1話無料で読むことのできるシステムがこの『チケット』なのです

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

『マンガMee』のボーナスコインとは?

『ボーナスコイン』は毎日、5~15秒程度の広告動画を視聴することで30ボーナスコイン(作品1話分に値する)を取得することが出来ます

 

マンガMeeに掲載されている作品は、すべてこの『ポイント』の対象です。(※ポイントを使って読むことができるという意味)

 

↓『マンガMee』アプリを起動すると「短い動画を見て30ボーナスコインをGET!」と書かれた以下の画面が表示されます。

「動画を見る」ボタンをタップし、短い広告動画を視聴することで、マンガ1話分を読むために必要な30ボーナスコインを獲得することができます。

 

1日1回必ずこのシステムが使えるので、活用しましょう。(※広告動画をしっかり見る必要はありません。適当に流しておくだけでOK!)

 

また、今なら『マンガMee』を新規ダウンロードした際の特典として500ボーナスコインが手に入ります!

1話につき、30ボーナスコインを消費するので、500ボーナスコインは、約16話分に値します。

 

単行本にすると1~2冊分です。

 

このお得な特典をゲットできる今のうちに『マンガMee』をダウンロードしてしまいましょう!

アプリのダウンロードは、もちろん無料です。安心してください。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『チケット』『ボーナスコイン』以外で1日3話分の漫画を読む

『チケット』『ボーナスコイン』以外に1日3話分の漫画を無料で読める仕組みがあります

 

その仕組みがこれ、

 

見たいエピソードの漫画のページへ飛ぶと、「動画を見て無料で読む 残り3回」と表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで1話分のエピソードを新たに無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでのまとめ
  • チケットを使い1日1話無料で漫画を読む
  • 短い広告動画を見て毎日30ボーナスコインを獲得し1話分の漫画を無料で読む
  • 短い広告動画を毎日最大3本見て、3話分の漫画を無料で読む

以上の事から『マンガMee』は、1つの作品において、1日に最大で5話分のエピソードを無料で読むことができるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります。

 

遠慮なく無料で読ませていただきましょう!!(^^)/

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『悪魔とラブソング』世間の評価は?

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『悪魔とラブソング』登場人物紹介!

可愛マリア

この漫画の主人公です。聖カトリア女子高校に通っていましたが、暴力事件を起こし退学になってしまいました。

 

そのため十塚学園高等学校に転校してきました。

 

顔が整っていて、マリアを初めて見た人は、お人形さんみたいやキレイなどと言うことが多いです。

 

毒舌で、思ったことをズバズバと言ってしまうため、初めはクラスの人々から反感を買い、嫌がらせを受けていました。

 

性格に似合わず、フリフリなものが好きで、超甘党です。

 

歌がとても上手く、聴く人を魅了する力をもっています。

 

普段は気丈に振舞っていますが、親友と信じていた人にひどいことを言われ決別していたり、母親が自殺していたりと暗い過去を持ち合わせています。

 

カトリア女子高校のシスターからもらったペンダントをいつも身につけています。

 

目黒のことを好きになります。

目黒伸

ぶっきらぼうで無愛想で、顔が怖いとよく言われます。

 

しかし、面倒見が良く、包容力があります。

 

困っている人を放っとけない性格です。

 

父親が世界的に有名な指揮者で、その子供として幼い頃にピアニストとして名を馳せていました。

 

ですが、大勢の前での演奏を失敗してしまい、トラウマを抱えています。

 

父親にコンプレックスがあり、父親の前だと萎縮してしまいます。

 

そんな目黒ですが、クラスの合唱曲の伴奏者に選ばれたことをきっかけに、再び人前でピアノを弾き始めます。

 

普段は授業をさぼったりと不真面目ですが、合唱曲を朝早くに1人で練習したり、コンサート前に1日10時間ピアノの練習をしたりと、ピアノに関しては真面目です。

 

タバコを吸っていて、お昼ご飯が飲料ゼリーだけと不健康な生活を送っています。甘いものが大の苦手です。

 

マリアに勧められた甘い中華まんを食べて、体調を崩してしまったほどです。

 

帰国子女であるため、英語がペラペラです。

 

マリアが英語の授業で指されたときに、マリアの代わりに流暢な英語を披露する場面があります。マリアのことを好きになります。

神田優介

明るくて、みんなと仲が良く、クラスの中心的存在です。

 

顔もイケメンで女子に人気があります。

 

思ったことをズバズバ言うのではなく、柔らかくポジティブな言葉に言い換えるラブリー変換をマリアに教えます。

 

あまり自分の本心を人に見せず、無理して笑っていることがあります。

 

よく優しい嘘をつきます。争いごとを比較的避け、感情をむき出すことが少ないです。

 

しかし、マリアのことになると感情的になることがあります。

 

マリアのことが好きですが、目黒とマリアの仲をとりもったり、上手くいくようにアドバイスをしたりと世話焼きな一面があります。

 

マリアがピンチなときに駆けつけたり、マリアが安心して眠れるように毎晩電話したり、マリアを励ましたりとマリアの精神を支えています。実家がお寺です。

甲坂友世

いつもニヤニヤしているため、28(ニヤ)からニッパチと呼ばれています。

 

初めは、クラスの女子からイジメを受けていて、嫌なことも笑って引き受けてしまいがちでした。

 

しかし、マリアに本音をぶつけてからは、自分の意見をちゃんと言えるようになり、イジメはなくなります。

 

顔立ちは、地味ながらもかわいいと言われています。ショートカットが特徴的です。

 

パンク系の服装を好み、マリアに黒い服やパンク系の服を着せたがります。

 

服を作ることが得意で、文化祭などで才能を発揮しています。

 

頭が悪く、マリアにテスト前になると勉強を見てもらっています。

 

マリアとお昼を食べたり、体育でペアを組んだりとよく一緒に行動しています。

中村亜由

気が強く、甲坂やマリアへの嫌がらせを率先して行っていました。

 

マリアのことをとても嫌っていて、何度か口論になっています。

 

メイクが得意です。髪型セットに2時間かけています。

 

神田のことが好きで、マリアの言葉に感化され、告白しますがフラれてしまいます。

 

しかし、それをきっかけにマリアに徐々に心を開いていきます。

 

最終的には、マリアたちと行動を共にするようになります。

申利あんな

聖カトリア女子の生徒であり、マリアが聖カトリア女子を退学になるまでは常に一緒に行動していました。

 

マリアが聖カトリア女子にいたときに、喉の病気で声が出なくなってしまいました。

 

目黒と同じ音楽教室に通っています。

 

気が強く、嘘泣きをして困難な場面を乗り越えたり、マリアを口実に目黒に会いにきたり、マリアと目黒の仲を引き裂こうと企てたりとずる賢いです。

 

ですが、マリアや目黒の偏った食事を心配したり、マリアが泣いていると心配したりと世話焼きな一面を持ちます。

 

途中で、聖カトリア女子を退学し、アメリカに引っ越します。

黒須申太郎

エロスを侮辱する人を嫌います。

 

自分の欲望をいつもさらけ出しています。

 

合唱コンクールで歌っていたマリアを見て、マリアに興味を持ちます。

 

マリアの1つ下の学年です。

 

マリアのことが好きで、いつもマリアの周りをうろちょろしています。

 

放送部に所属しています。マリアの父親が経営する養護施設に住んでいます。

 

エロいと黒須を合わせてエロスと呼ばれています。

悪魔とラブソングの見どころ紹介!

見どころ① ただの少女漫画ではない

この漫画は、マリアとマリアを囲む人達の恋愛や成長を描いています。

 

そして、その物語を進める上でイジメやレイプなどといった社会問題も描かれています。

 

明るいお話だけでなく、重い話も含まれています。

 

この物語の登場人物は、みんな何かしら心に闇を抱えています。

 

しかし、みんなはマリアと出会い、マリアはみんなと出会い、自分の問題から逃げないで向き合い、本当の自分を受け入れていきます。

 

マリア達がどのように自分と向き合い進んでいくのか最後まで見届けてほしいです。

見どころ② 目黒のイケメンぶり

少女漫画といえば、胸きゅんだと思います。

 

この漫画の胸きゅんシーンのほぼ全てを目黒が担っていると言っても過言ではありません。

 

普段、無愛想で怖い印象をもたれがちな目黒ですが、マリアにたまに見せる笑顔が優しくてギャップがあります。

 

その笑顔の破壊力にマリアは好きすぎて、泣いてしまう場面があります。

 

また、不器用ながらもマリアのために必死になる姿もとてもカッコ良いです。

 

目黒の見せ場はたくさんあるので胸きゅんしながら、マリアの気持ちになって読んでみてください。

 

きっと読み終えたころには目黒の虜になっていると思います。

見どころ③ どの場面でも目が離せないマリアの魅力

マリアはどの回でもカッコいい姿を魅せてくれます。

 

マリアは、初めクラスに馴染めず、嫌がらせをたくさん受けます。

 

制服をボロボロにされたり、先生に暴言を吐かれたり、階段から突き飛ばされたり、クラスの女子に罵られたり、合唱コンクールのリーダーに任されたときは練習をボイコットされたり、除け者にされたりと、普通の人なら耐えられないようなことをたくさんされます。

 

それでも、マリアは学校に来て、真剣にクラスの人たちと向き合い、問題に向き合い、絶対に逃げません。

 

マリアの言葉に私は何度もハッとさせられました。

 

マリアの真っ直ぐな言葉に注目して読んでもらいたいです。

 

そして、そんなかっこいいマリアも目黒のことになると照れたり、甘えたりとかわいい姿を見せてくれます。

 

ぜひ、目黒にデレデレなマリアにも注目してみてください。

『悪魔とラブソング』序盤ネタバレ紹介!

1話

物語は電車の中から始まります。主人公・可愛マリアは目の前におばあさんが立っていることに気づきながらも席を譲ろうとしません。

 

横浜駅に着き、マリアは席から立ち上がりました。

 

マリアが座っていた席におばあさんが座ったとたん、マリアはいきなりおばあさんの横に座っていた男性を蹴ります。そして、おばあさんに一言。「寝てるヤツカモるなんてたいした腕じゃないなスリババア。」そう、マリアはスリを行うおばあさんから男性を守ろうとしてそのような行動をとっていたのです。おばあさんはマリアになぜバレたのか驚きを隠せないようでした。

 

場面は変わり、十塚学園高等学校に来たマリア。マリアは以前に通っていた聖カトリア女子を退学になり、十塚学園高等学校に転校してきました。

 

マリアがクラスに入り名前を名乗ると、クラスはマリアの美しさに騒然とします。そしてなぜ、退学になったのかという疑問が持ち上がります。マリアは、教師を殴りすぎて退学になったと隠すことなく打ち明けます。

 

クラスの人々はそんなマリアに驚き言葉が出てきません。マリアは不思議そうに知りたいから聞こえるように話していたのだろと言います。

 

それに対し、クラスの女子が反論しようとしますが、クラスメイトの神田優介がそれをなだめ、マリアにわからないことがあったらなんでも聞いてくれと話しかけます。

 

マリアはそれに対しても、他人に興味無いくせにムリして話しかけなくていいと言い放ちました。

 

神田の友人でクラスメイトである目黒伸とふたりきりになった神田は、なぜキャラを取り繕っていることがマリアにバレたのか慌てふためきます。

 

目黒は、悪意なのか気遣っているのかにしろマリアと関わりたくないと言います。

 

そんなやり取りをしていると、すっかりクラスで孤立してしまったマリアが制服を買いたいから購買の場所を教えてほしいと話しかけてきます。

 

そして、神田がマリアを購買に連れていくことになりました。

 

神田はマリアになぜ退学になった理由を正直に話したのかと問います。

 

マリアは、前の学校で退学する日に「あんたはひとを汚れさせる」と言われていました。そのことを気にしているマリアは、自分は人を汚れさせてしまうから、自分の汚れを見せないとせこいと言います。

 

しかし、神田はそれを否定し、本当に思ってなくてもいいから、言葉の伝え方をやわらかくするラブリー変換を使うようにアドバスします。

 

マリアがトイレで購入した制服に着替えていると、今朝の電車でのマリアの出来事を悪いように話している声が聞こえてきます。それを聞いたマリアは誤解を解こうとしますが、女生徒たちは聞く耳をもちません。

 

そこでマリアは神田に教えられたラブリー変換を試してみますが、うまくいきません。

 

しかし、教室に戻ったマリアは、自分が汚さないものになれるかもしれないと諦めずにクラスの人たちに話しかけます。目黒の手助けもあり、クラスの人たちと話すことができました。

 

一見、上手くいったように見えましたが、クラスの人たちはマリアをよく思ってないようで、うちらのことを見下してるのではと言われてしまいます。

 

それに対し、マリアは集団でかたまって見下したがってるのはそっちだろうと言いかえしてしまいます。

 

放課後になり、マリアがゴミ捨てから教室に戻ると、マリアの以前の学校での制服がズタボロにされ外に吊るされていました。

 

マリアはそれを見ながら、賛美歌を歌い始めます。

 

マリアは信じていた親友に「あんたは人を汚れさせる」と言われてからずっと心の中に負の感情を抱きながらも、自分のことも誰かのことも好きになりたい、変わりたいと思っていました。

 

マリアの歌声を聴きつけた目黒と神田が教室にやってきます。

 

三人で話していると、下校の歌が流れ始めます。マリアが茫然とその曲を聴く姿を見て、神田はマリアに「あしたがっこーくる?」と聞きます。

 

マリアは「あたりまえだ。」と答えます。

2話

マリアはすっかりクラスの人たちに嫌われて、上履きにいたずらされたり、会話をハブられたりと嫌がらせを受けるようになりました。

 

汚された上履きを水道で洗っていると、目黒に遭遇します。

 

マリアは教室で話題にあがっていたニッパチという人物が誰なのか目黒に聞きます。すると、近くでニッパチと呼ばれ、テストの点でからかわれている甲坂友世の姿がありました。

 

マリアはなぜニッパチなのかと問います。甲坂は「あたしいつもニヤニヤしているから、ニヤで28でニッパチって」と答えます。

 

それを聞いたマリアは「そいつらをばかにしているんだな甲坂友世」と核心をつきます。これをきっかけに怒った女生徒たちは、甲坂にマリアからいじめを受けていると言うように仕向けられます。

 

それによりマリアは反省文を書くことになりましたが、女生徒たちはそれだけでは満足しませんでした。今度は、マリアの歓迎会と題してマリアをカラオケに招きます。

 

甲坂からそれを伝えられたマリアは、参加することに決めます。

 

甲坂とカラオケに向かう際、マリアは甲坂に友達を選ぶにも選ばれるにもお互いを知らなければならない、どんな汚れを見せ合うことになるとしてもと伝えます。

 

それを聞いた甲坂はマリアを階段から突き飛ばします。そして甲坂は一緒にするなと怒り、走り去っていってしまいます。階段から落ち、足を怪我したマリアでしたが、カラオケに向おうと歩き始めます。

 

その道中で目黒に会い、甲坂からカラオケの場所を聞きそびれたマリアは、この学校の生徒がよく行くカラオケはどこなのか聞きます。

 

いきなりのことで驚きながらも、目黒は駅前のどこかと答えます。マリアと別れた目黒は、教室に戻ります。

 

しかし、教室に神田がいたことから、みんなと待ち合わせしているというマリアの話を不審に思います。

3話

目黒は神田と別れ、先に帰ってしまいます。

 

神田は一人で廊下を歩いていると泣いている甲坂に出くわします。

 

そのころマリアは、みんながいるカラオケを探し回り、ようやく合流することができました。カラオケで待っていたクラスの女生徒たちは、マリアを陥れようとします。賛美歌や童謡しか知らないマリアに、無理やり歌うように促します。

 

マリアが歌おうとした瞬間、女生徒はわざと曲を取り消してしまいます。しかし、マリアは信じれば救われるという言葉を信じ、歌い続けました。そんなマリアをクラスの女生徒は馬鹿にし、罵ります。

 

それでもマリアはみんなが自分のために歓迎会を開いてくれていると信じていると伝えます。

 

勝手に信じてろ。そっちの方が裏切りがいがあると言われたマリアでしたが「信じないまま何も見ないよりずっとうれしい」と言います。

 

ドアの隙間から神田と甲坂がその一部始終を見ていました。

4話

そのころマリアの足のケガに気づいていた目黒は、駅前のマリアのいるカラオケを探しまわりますがなかなか見つけられません。

 

一方、神田と甲坂はマリア達と合流します。神田は、甲坂からマリアが自分を突き飛ばし置き去りにしたと聞いていました。そのため、神田はマリアに甲坂に謝るように促します。

 

マリアは甲坂に謝り、その場は解散となります。結局、目黒はマリアを探し出すことができませんでした。翌日、マリアが学校に行くと、足に包帯を巻き、松葉づえをついた甲坂の姿がありました。

 

マリアを嫌う女生徒は、甲坂のケガはマリアのせいであるため、甲坂の代わりに何でもやるべきだと詰め寄ります。しかし、マリアは「甲坂友世がやってきたようにしたくないことをすべて笑ってひきうけることはできない」と拒否します。

 

それにキレた女生徒がマリアに襲い掛かかり、マリアはバランスを崩し甲坂に倒れ掛かります。

 

甲坂は松葉づえなしで立ち上がってしまい、ケガが嘘だとばれてしまいます。

 

騒ぎをききつけた担任がやってきて、マリアが問題を起こしたと聞き、「一度堕ちたやつは一生汚ねークズのまんまだなぁ」と暴言を吐きます。

 

何も言い返さないマリアを目黒は抱きかかえ、教室から連れ去ります。

 

マリアの足のケガに気づいていた目黒は、マリアを病院に連れていきます。

 

靴を履かないまま連れ出されたマリアは目黒におぶられながら、歌を口ずさみはじめます。

5話

目黒の背中で歌を口ずさむマリアに、目黒は「うたのせいで目立ってしょーがねぇっ」と苛立っている素振りをみせます。自分の歌のせいで目黒を苛立たせてしまったと思ったマリアは謝ります。

 

目黒はマリアに「いやべつに歌うなって意味じゃ」「おまえの歌わるかねーし」と伝えますが、マリアは謝り続けます。目黒は、マリアと自分の距離感が遠いことに苛立っていました。

 

診察が終わり、マリアの足を気遣おうとする目黒をマリアは拒絶してしまいます。目黒は自分が連れだしたことが気に入らないのかと言います。マリアは、「ちがうんだ苦しいんだ」とうつむきます。

 

そんなマリアに目黒は「ちゃんと立てる靴が無ぇからそやっててめーらしくなくうつむいてんだよ!」と言い、マリアの靴を買いに行きます。

 

マリアは靴屋で自分の好みにぴったりな靴を見つけますが、目黒に履きやすい靴をすすめられ、別のものを購入します。靴を購入したマリア達は、マリアのすすめで公園に出ている屋台の中華まんを食べることになりました。

 

その中華まんはとても甘く、甘いものが苦手な目黒でしたが自分がおいしいと思ったから目黒に食べてほしかったというマリアの言葉に負け、無理やり全部食べます。

 

マリアはそんな目黒の様子を見て、無理させてしまったと思い謝ります。

 

謝るなと目黒に言われたマリアはカトリアにいたとき、礼拝堂で懺悔をすることが嫌で一度もしなかったという話をしはじめます。

 

目黒は、マリアの話を肯定しながら、「俺はあやまれてもうれしくねーよ」と言います。マリアは目黒に嫌われるのがこわい、嫌がることをしたくないと話します。

 

そんなマリアに目黒は「中華まんの礼だ」とさっきの靴屋でマリアが気になっていた靴を履かせます。

 

目黒はこのときにはもう自分がマリアのことを好きになっていることに気づきます。しかし、マリアにそのことを絶対に悟られないようにしようと決心します。

6話

マリアは目黒との一件以来、様々なものがラブリーに見えるようになっていました。

 

ケガをしてから一週間がたち、マリアの足もよくなってきていました。

 

しかし、甲坂はあれからずっと学校を休んでいます。

 

それを女生徒たちは嫌味たらしくマリアに言ってきます。

 

そこへ担任がやってきて、マリアに甲坂を連れ戻すように言います。掃除の時間、神田がマリアに先生の言うことは気にしなくていいと話しかけてきました。

 

マリアは、嫌味を言ってくる先生でさえもラブリーに変換できるようになっていました。

 

そのため、神田にラブリー変換の極意はものごとの受け止め方をかわいく変換することだと自分なりの解釈を伝えます。そんなマリアの解釈を神田は肯定します。

 

放課後、マリアは甲坂の家へ行くことを決め、神田を誘い、甲坂の元へ向かいます。甲坂の家へ向かう途中、神田はなぜ自分を誘ったのかと聞きます。

 

マリアは、神田がおいてけぼりにされた子供みたいな顔をしていてラブリーに見えたからと言いました。

 

それを聞いた神田は、今日のマリアは楽しいことがあったから魔法のフィルターがかかっているだけであり、ラブリー変換は見るものじゃなくて見せるもの、きれいに生きるためのサバイバル術だとマリアのラブリー変換の解釈を否定します。

 

甲坂の家のインターホンを押し、神田が甲坂に会いたいと伝えると甲坂が会ってくれることになりました。

おすすめ記事