デッドマウントデスプレイ7巻無料ネタバレ!タダで漫画読む方法紹介!サバラモンドの落とし子が動き出し屍神殿の過去が!?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『デッドマウントデスプレイ』7巻を無料で読む方法やネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

今回ご紹介する『デッドマウントデスプレイ』を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。

『デッドマウントデスプレイ』7巻を無料で読む方法は?

こちらのスクウェア・エニックスが運営する漫画アプリマンガUP!では、『デッドマウントデスプレイ』7巻を無料で読むことができます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガUP!』はスクウェア・エニックスが運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『デッドマウントデスプレイ』7巻が『マンガUP!』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最新巻まで無料で読むことができます

 

安心安全に、そしてタダで『デッドマウントデスプレイ』を全巻読破したい方は『マンガUP!』を使う方法が最もお得です。

 

また『マンガUP!』では、『デッドマウントデスプレイ』の作者・成田良悟さんのデュラララ!!シリーズ。

 

そして同じく成田良悟さん原作のバッカーノ!も無料で読むことができます。

 

ぜひ、この機会にコミカライズされた『デュラララ!!』と『バッカーノ!』も読んでみてはいかがでしょうか?

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶりや白泉社が運営するマンガParkも特にオススメです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)

などなど…

 

マンガPark
  • ベルセルク
  • ウロボロス
  • フルーツバスケット
  • あそびあそばせ
  • 高嶺と花
  • 桜蘭高校ホスト部
  • 自殺島
  • 無法島
  • ホーリーランド
  • 暁のヨナ
  • ハチミツとクローバー
  • ギャルごはん
  • ふたりエッチ
  • 神様はじめました
  • 学園アリス
  • 狼陛下の花嫁
  • 赤髪の白雪姫
  • 覆面系ノイズ
  • それでも世界は美しい
  • 当て屋の椿
  • 鬼門街
  • 3月のライオン

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガUP!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています「無料で多くの有名漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

『デッドマウントデスプレイ』7巻ネタバレ紹介!

53話

かつての幅木は若い岩野目にもう居なくなった者――細呂木――にとらわれすぎてはいけないと諭していました。

 

自身も亡くした娘のために生きるのだと。

 

しかし今は見る影もありません。

 

人に見合わぬ怪力で棚を片手でつかみ殴りかかってきました。

 

荒瀬がそれを受け止めたところで三纂のほかの人たちが駆けつけてきます。

 

停電の中バリケードを突破した幅木がスマホを手にして、「間に合った」と言います。

 

別の警官が拳銃を発砲し、すんでのところで避けると走り出す幅木を逃してしまいました。

 

「空の裏側でまた会おう」

 

と言い残し、窓から飛び出します。

 

先ほど発砲した警官は不気味な笑顔で拳銃自殺をしました。

 

明るくなると岩野目と荒瀬の前に不気味な警官たちが立ちふさがります。

 

「ここまで、か。正しき者まで焼くのは本意ではない」

 

と声をそろえていうと、直後正気を取り戻し、現状に驚いていました。

 

その様子を見て岩野目は、火吹き蟲が異常なレベルの催眠術師ではないか? と推測するのでした。

 

一方幅木を追った八津たちですが、見つけることができません。

 

三纂を撒き、裏路地にやってきた幅木にチョーカーをした少年が声を掛けます。

 

組織の研究所に娘を実験台として提供し他ことへの驚きの声を。

 

それに誇らしげにする幅木の後ろには筋骨隆々の女性が迫っていました。

 

幅木を殴り飛ばした女性は実験を生き延びた彼の娘、幅木ソアラコードネーム「アラハバキ」でした。

 

彼女は超人的な怪力で、父への復讐にやってきたのでした。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

54話

アラハバキは残虐な復讐を続けていました。

 

娘の様子も確認もしない薄情な親で助かったと笑います。

 

チョーカーの少年に向かい、命ごいする幅木の脳天に弾丸が突き刺さりました。

 

復讐の時間を邪魔されたアラハバキが振り返ると、そこには狐面の幌島姉弟がいました。

 

彼らはクラリッサの命令で”彼女のくだらない復讐”を代行していたのでした。

 

アラハバキがチョーカーの少年に三分間の許可をもらうと、姉弟のいるビルまで最短距離で移動します。

 

迎撃しようにもライフルは折られてしまいます。やはりアラハバキは復讐の邪魔されて怒っていたのです。

 

姉のほうが拳銃で対抗し始めた時、クラリッサのバーのウェイトレスが三人現れました。

 

アラハバキがチョーカーの少年がいなくなってることに気づくと、三分すぎた! と慌てだしました。

 

建設用の鉄骨をはしごごと倒したのを目くらましに、彼女は護衛に戻っていきました。

 

一方クラリッサはポルカたちのビルを訪ね、聞きたい人の話があるのだと言いました。

55話

クラリッサは屍神殿に仕事を依頼し、外に出ていきました。

 

一方四乃山尊は龍宮機関の太貝を拷問ビルに派遣し、見張っていましたが、ビルを出たクラリッサは太貝に言及し、太貝はそれに舌打ちします。

 

場面は切り替わり、騒動が起きた警察庁。

 

警視総監は岩野目に警察幹部に敵がいることを突き止めた細呂木が、消えてしまったことを残念そうに言いました。

 

クラリッサたちは幅木が殺されたビルの屋上までやってきました。

 

屍神殿が彼の霊を可視化させると、クラリッサを指さし覚えていると言いました。

 

細呂木の死体を消したのはお前だろうと。

 

恋人の遺体をミンチにするなんて外道だと言いますが、クラリッサは動じません。

 

細呂木殺しを指示した人を聞き、屍神殿が彼を調整して話させます。

 

幅木は「サバラモンドの落とし子」に捧げてきたのだと言います。娘までも。

 

彼の記憶が流れ込んできます。

 

開き直り、自身の娘に感謝を要求する考えまで。

 

その場には不気味な雰囲気が広がり始めました。

 

屍神殿は自分は「まだ冷静」だと言います。

 

好きにさせてほしいとクラリッサの許可をもらうと、屋上はおどろおどろしい処刑場へと早変わりし、多数の杭が幅木へと突き刺さりました。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

56話

ある日手紙を受け取った屍神殿のもとにある男が話しかけにきました。

 

彼は屍神殿の父でした。金の無心が目的でした。

 

しかし彼は屍神殿の不意を突き、刺し殺してしまいました。

 

倒れ苦しむ屍神殿を見下ろし、母弟妹を売り払ったことを話します。不気味に笑って自分の役に立ったのだから感謝してほしいなどと言うのでした。

 

そして今、同じようなことを語った幅木が屍神殿の術で苦しんでいます。

 

その場にいた細呂木は暴走だと一時思いますが、それにしては冷静なことに驚きました。

 

刺され殺されてしまった屍神殿はイーズリーズによってアンデッド化されました。

 

普段と変わらぬ態度で屍神殿に接する幼い皇帝に、彼は戸惑います。

 

その態度に自分をそんなに軽く見るんじゃないと怒られました。

 

そして父への復讐まで止められます。「お前が汚れる必要はない」と。

 

「余は…帝国は、ずっとお前の味方だぞ?」

 

と優しい言葉を残すのでした。

57話

「神は戯れない。僕は今でもそう信じている。感情で命ヲ弄ぶノは…我ノ如き未熟者ダ」と屍神殿は言いながら幅木に追い打ちをかけようとしました。

 

しかし、その手は唐突に捕まれ、術は遮られてしまいました。

 

現れたのは古き異世界の帝国の皇帝でした。

 

チョーカーの少年はビルのほうに振り返り、妙な気配を感じたと言います。

 

しかし、戻ることはしません。

 

なぜならもうすぐ警察が来るからです。

 

彼は決してただの無能ではなかった幅木を追い詰めた警察に敬意を払うというのでした。

 

その警察、三纂では岩野目がみんなに謝っていました。

 

しかし、もともと三纂の仕事だから謝罪はいらないと言い返されてしまいました。

 

三纂が追っている幅木を前にして、皇帝は笑っています。

 

頑なな屍神殿に、100年前は自分のいうことを無視したのだから今は屍神殿が折れるべきだろうと言われると、しぶしぶ幅木を解き放ちます。

 

皇帝にみんなもこの世界を見たがっていると言われ、屍神殿は謝りました。

 

気長に待つという皇帝に、「いつか必ず」と約束しました。

 

彼は屍神殿の友達です。しかし彼の次の発言は不穏なものでした。

 

「この世界にとってはどうか分かりませんけれど」

 

そのつぶやきはクラリッサにのみ届いただけでした。

 

一方かつての帝国にて。

 

皇帝に案内されたところには、イーズリーズと虚銃座が見るも無残な化け物に変わった屍神殿の父を痛めつけていました。

 

国民の汚れ仕事を引き受けるのが皇帝の仕事、屍神殿が汚れる必要はない。

 

いっそ清々しい態度で彼はそう言い切るのでした。

 

そして現在、彼は大きな歯車で幅木を消し潰します。

 

それを見た屍神殿がそんなだから暗殺されたんだとこぼすと、笑ってそれにうなづいた皇帝は消えていきました。

 

その気配に勘付いたチョーカーの少年は「蟲」と「同郷の輩」どちらを優先すべきか悩むのでした。

 

皇帝の消え去った後で屍神殿は変わらぬ願いを口にします。

 

平穏な世界――ひいては皇帝が汚れる必要のない世界を。

 

そして、そのためにこの世界にある屍神殿たちの世界の影まで、踏み込む必要なあるのだと言いました。

 

58話

そして幅木が岩野目に見つかる前、彼を電話していた氷黒は乗り込んだバスで乗客と運転手すべてがそうであった火吹き蟲に、捕まってしまうのでした。

 

一方ビルに帰ってきたミサキたち一行は、傷の手当に追われていました。

 

小幽の義足を見て驚かない小夜に、小幽は逆に疑問に思います。

 

しかし、小夜は彼を軽く抱きしめ、守ってくれてありがとうと言うのでした。

 

それを聞いた小幽は、自分は自分のためだけに動いていたことに気づいてしまったのです。

 

操屋の怪我を治すように、カザミへの手配をしたクラリッサは怪我の後遺症は怖いと脅します。

 

その様子を聞いた細呂木は疑問を抱き、屍神殿に幅木を追っていた理由を聞いてもらいます。

 

たどり着いたのは警察のほうだったというクラリッサ。彼女の協力者は三纂の戸沢でした。

 

その三纂ではサバラモンドをキーワードのその組織をあぶりだすことにしました。そして細呂木に帰る場所を作ろうと岩野目は決意していたのでした。

 

「さよなら……私の愛した人」

 

「これからもよろしく…ってな!」

 

クラリッサと岩野目が細呂木に言いたいことは、ひたすらに正反対なのでした。

59話

操屋の怪我を目の当たりにした屍神殿は驚き、平穏を手に入れるため、この世界に踏み込むべきだと決意を固めました。

 

一方火吹き蟲にさらわれた氷黒のもとになぜかソリティアがやってきました。

 

彼もまた氷黒が誰で、なぜここにいるのかつかめていません。

 

ソリティアの奇怪な超常存在の妄想に呆れた氷黒はつなぎたくないコネだと感じます。

 

その後ソリティアは氷黒が幅木の仲間であることを当てます。それは彼お得意の口から出まかせでしたが、事実であるので火吹き蟲は関心し、氷黒は警戒することになりました。

 

四乃山尊は龍宮機関とともにソリティア、ポルカたちのビルの動向を確認していました。

 

見張りの携帯電話からサバラモンドの落とし子に情報を探られていたのです。

 

腕と足を先の戦闘で壊してしまった小幽は御館様に謝っていました。

 

しばらく治らなそうな腕が治るかもしれないというと、小幽の後ろに屍神殿が迫っていました。

 

片腕を用意させてほしいと言います。

 

そして警戒している小幽に決闘を申し込みました。

 

60話

屍神殿のことを暴こうとする小幽の前に屍神殿が召喚したのは、双頭の虎「双牙虎」でした。

 

催眠や幻覚を疑いながらも小幽は双牙虎といい勝負を繰り広げます。

 

小幽に秘密にしているほうが平穏かもしれないが、屍神殿は「平穏の為に、少しだけ平穏から遠ざかる」ことにしたのです。

 

決闘が終わった小幽は屍神殿が本気ではなかったことを感じ取り悔しく思います。

 

そして屍神殿に彼の四乃山ポルカではない名前を問い、彼もそれに答え、通り名を伝えました。

 

小幽は屍神殿に向き合い、御館様に敵対しないでほしいと頼みました。

 

しかしそれは誤解で屍神殿は(笑)幽の戦い方を見たかっただけなのでした。

 

闘争ですらなかったことに酷く落ち込む小幽でしたが、屍神殿の調整により彼の腕は「傀電竜」の腕へと変化していました。

 

屍神殿は腕を対価に彼との同盟を申し込むのでした。

61話

一方ビルの中ではミサキや吸血鬼の特徴を確認していました。

 

屍神殿の世界では吸血鬼にとっての血はドーピングであり、日光などは大きな弊害には成らないようです。

 

一方同盟を持ち出された小幽は今だ驚きを隠せませんが、不思議な能力については受け入れることにしました。

 

サメのぬいぐるみがポルカであり、ロボの体を求めていた事を知ると屍神殿以上の敵意を向け、カタコトのよろしくの言葉を伝えますが、ポルカにその感情は伝わりませんでした。

 

火吹き蟲のもとでソリティアは、空の裏側来た落とし子が組織の先祖だということを知り胸を躍らせます。

 

飛行船がきっかけで動き出したことはつながっているのでしょう。火吹き蟲まで含めてすべて。

 

三纂では火吹き蟲について洗い直していました。火吹き蟲はずっと昔から存在していて、かつては英語ではなく日本語の文章を残していたのです。

 

そして、また占い稼業を再開した屍神殿たちのもとに、アラハバキを連れたチョーカーの少年が「シヴィル」と名乗り現れたのでした。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『デッドマウントデスプレイ』7巻世間の反応は?

おすすめ記事