ファンタジスタ最終回結末ネタバレ【完結25巻】漫画続編ステラその後の最後はどうなった?轍平はアテネ五輪で優勝したのか?

おすすめスマホアプリ

 

週刊サンデーで連載され、大人気を博したサッカーを題材にしたマンガファンタジスタ

 

2015年には、サッカー選手・本田圭佑も作中に登場する続編ファンタジスタ ステラの連載も始まりました。(全14巻)

 

この記事では、そんな『ファンタジスタ』の最終回・結末はどうなったのか?について分かりやすく簡潔にまとめていきます!

 

また『ファンタジスタ』そして続編『ファンタジスタ ステラ』を全巻無料で読みたい!という方に『ファンタジスタ』シリーズを合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

 

最終回のネタバレの前に『ファンタジスタ』を全巻無料で読む方法です。👇

『ファンタジスタ』は漫画アプリ『サンデーうぇぶり』で読める

『ファンタジスタ』『ファンタジスタ ステラ』は、こちらの小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりにて全巻無料で読むことができます。

サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ

サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』は小学館が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

安心安全に、そしてタダで『ファンタジスタ』『ファンタジスタ ステラ』を第1巻から最終巻まで読破したい方は『サンデーうぇぶり』を使う方法がベストです。

 

 

また『サンデーうぇぶり』では、『ファンタジスタ』『ファンタジスタ ステラ』以外にも以下のようなサンデー誌が誇る名作マンガの数々を無料で読むこともできます!

  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • 犬夜叉
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • マギ
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • 双亡亭壊すべし
  • 妖逆門
  • 烈火の炎
  • ゾン100
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • 魔王城でおやすみ
  • 今日から俺は!!
  • 天使な小生意気
  • め組の大吾
  • お茶にごす
  • ARMS
  • 舞妓さんちのまかないさん
  • スプリガン
  • BE BLUES(ビーブルーズ)

などなど…

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

漫画アプリに関して言うと、集英社が運営する少女マンガに特化した漫画アプリマンガMeeやスクウェア・エニックスが運営するマンガUP!も特にオススメです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 恋を知らない僕たちは
  • ハニーレモンソーダ
  • 古屋先生は杏ちゃんのモノ
  • みにあまる彼氏
  • テリトリーMの住人
  • 美食探偵 明智五郎
  • これは経費で落ちません!
  • 素敵な彼氏
  • 流れ星レンズ
  • 好きって言わせる方法
  • うそつきリリィ
  • アシガール
  • ひるなかの流星
  • ケダモノ彼氏
  • きらめきのライオンボーイ
  • 青空エール
  • アオハライド
  • きょうは会社休みます
  • 虹色デイズ
  • 君に届け
  • ダメな私に恋してください
  • 銀魂
  • ちびまる子ちゃん

などなど…

 

『マンガUP!』で無料で読める主な作品一覧
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 鋼の錬金術師
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『サンデーうぇぶり』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『ファンタジスタ』ってどんな話?あらすじ紹介!

九州の離島で生まれ育ったサッカー少年の坂本轍平(さかもと てっぺい)は、姉の琴音(ことね)を頼りに上京してきます。

 

琴音は水本高校でサッカー部の監督をしており、轍平も幼いころから琴音の指導を受けていました。

 

東京に来て早々、試合会場に呼び出された轍平はインターハイ予選に出場することになります。

 

相手は幼馴染で、徹平と同じく島で琴音にサッカーを教わった森川竜司(もりかわ りゅうじ)率いる強豪の帝東高校です。

 

さらにその試合には森川を視察に来たイタリアの名門ACミランのスカウトであるロッシがいました。

 

初めて11人で試合をする轍平はチームプレーこそ満足にできませんが、圧倒的な個人技で帝東高校から点を奪います。

 

試合には負けてしまいますが、素晴らしい個人技をみせつけた轍平は、ロッシからミランに来ないかとスカウトされます。

 

しかし轍平はその誘いを断ります。

 

初めて11人でサッカーをしたことで、仲間とサッカーをする楽しさを知った轍平は、もっと水本のみんなとサッカーがしたいと思いました。

 

かくして轍平は、水本高校のサッカー部に入部することになります。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『ファンタジスタ』主な登場人物紹介!

坂本轍平(さかもと てっぺい)

 

ポジション:FW、MF。

 

抜群のテクニックと一瞬で相手を振り切るドリブルを得意とするファンタジスタ。

 

長崎県の離島で生まれ、姉の琴音にサッカーの指導を受けました。

 

高校生になり上京し、水本高校に入学しチームプレーを覚えました。

 

ユース合宿、ジャパンユースカップを経てさらに成長します。

 

ジャパンユースカップ決勝でイタリア代表に敗れ、イタリア代表のマルコに追いつくためにセリエAのACミランプリマヴェーラに入団しました。

坂本琴音(さかもと ことね)

 

水本高校サッカー部の監督で轍平の姉。

 

優秀な指導者で、幼いころの轍平だけではなく森川も指導していました。

 

弱小だった水本高校を全国大会出場まで導きました。

 

自身も優秀なサッカー選手だったが、病気で選手としての道を断念して指導者となります。

 

結婚願望はあるが、鈍感で森川からの再三のアプローチに気づいていません。

森川竜司(もりかわ りゅうじ)

 

ポジション:FW、MF。

 

精度の高いロングパスとスルーパスを得意とし、両足共に高いレベルのキック精度を誇ります。

 

ジャパンユース合宿でファン・ハーレン監督にボランチへとコンバートされたことで才能が開花し、より活躍できるようになりました。

 

強豪である帝東高校で10番を背負い、3年生時はキャプテンを務めました。

 

轍平の幼馴染であり小学生の時に引っ越すまでは琴音に指導を受けていました。

 

琴音のことが大好きで、引っ越した後は琴音に認めてもらえるサッカー選手になることを目標にトレーニングを積んでいました。

沖田 薫(おきた かおる)

 

ポジション:FW、MF。

 

名門天神高校で2年生の時から10番を背負うドリブラー。

 

幼いころキック力が弱かったため、ドリブル突破に磨きをかけるようになりました。

 

足に吸い付くようなドリブル突破で観客を魅了する、日本のもう一人のファンタジスタです。

 

プライドが高く他人とのコミュニケーションが苦手で、そのことが原因となりジャパンユースカップの代表から落選してしまいます。

近藤 敦

 

ポジション:MF。

 

高校生Jリーガーとして東京ベルディで活躍する司令塔。

 

強靭なフィジカルと鋭いスルーパスで攻撃の中心となる選手です。

 

ファンタジスタである轍平とたびたび衝突していました。

 

しかしジャパンユースカップでファンタジスタであるマルコを使いこなすイタリアの司令塔ファルコーニとの差を痛感し、轍平を使いこなせるようになる決意をします。

 

プライドが高く周りの選手を自分の駒として考え、他人とのなれ合いを嫌います。

マルコ・クオーレ

 

ポジション:FW。

 

イタリアが誇る稀代のファンタジスタで轍平のライバル。

 

華奢な体と少女のような顔立ちをしておりマイペースな性格です。

 

試合が始まってもしばらくはふらふらしていますが、ピッチの状態を把握し終えると突如誰も思いつかないプレーで観客を魅了します。

 

左足1本しか使わずドリブル中も足元しか見ないという変わったプレイスタイルですが、驚異的なテクニックと独自の感覚でゴールにつながるプレーを見せます。

アンドレア・ファルコーニ

 

ポジション:MF、DF。

 

ジャパンユースカップ、アテネオリンピックのイタリア代表の司令塔でキャプテン。

 

長い銀髪を持ち、ピッチを上から見ているように状況を把握し的確にパスを出す様子から「銀の隼」の異名を持っています。

 

父もミランの名選手でありチームへの忠誠心が高く、ミランのキャプテンとしての誇りをもっています。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『ファンタジスタ』最終回までのおさらい

水本高校の快進撃

琴音の指導と轍平の加入で水本高校サッカー部はレベルアップし、高校選手権東京大会を勝ち進みます。

 

轍平もしだいに勝利へのこだわりがでてきて、水本高校のチームで勝ち進みたいと言う気持ちが大きくなります。

 

そんななか、轍平はU18日本代表候補合宿に召集されます

 

轍平のレベルアップがチームのレベルアップにつながると考えた水本高校のチームメイトは、轍平を送り出します。

ユース代表合宿

チームのためにトップ下のポジションに挑戦した轍平は、近藤、沖田、森川とトップ下のポジションを争います。

 

合宿はサバイバル形式で行われ、毎日5名ずつ脱落する仕組みでした。

 

当初、轍平は戦術についての知識が乏しく脱落者候補でしたが、監督の意図を理解するのが早くみるみるレベルアップしていきます。

 

そして最終日は3チームに分かれての対抗戦、この戦いで沖田のチームが破れて沖田がチームを去ります

 

森川、近藤と共に生き残った轍平はジャパンユースカップの代表となりました。

ジャパンユースカップ

ジャパンユースカップでは、トップ下に近藤を置くシステムのため、轍平は左ウイングでの出場となります。

 

しかしイタリア戦から、轍平はファンタジスタが最も得意とするセカンドトップを本職とするようになります。

 

決勝のイタリア戦ではイタリアの個の力、そしてイタリアのファンタジスタであるマルコの前に惜しくも敗北しました

 

マルコと出会いマルコのプレーを見たことで、轍平に「世界でプレーしたい」と言う願望が芽生え始めました。

プリマヴェーラでの試練

水本高校を全国大会へ導いた轍平は、セリエAの名門ACミランのプリマヴェーラに入団します。

 

トップチームとの練習に参加させてもらう機会はあるものの、なかなか昇格できない轍平。

 

そんななか、新しい監督としてヴァレンティノ・ダミアーニが就任します。

 

ヴァレンティノの提案で、勝てばトップチーム入り、負ければ退団というトップチームとの試合に挑むことになったプリマヴェーラの選手たち。

 

トップチームに圧倒され先制を許しながらも、なんとか同点弾を決めたところでヴァレンティノが倒れて試合が中断されます。

 

ヴァレンティノは大病を患っており、それをおして指揮をしていました。

 

試合後、見舞いに訪れた轍平にヴァレンティノは、はるか上の頂を目指すように激励しました。

アテネ五輪

トップチームとの試合で活躍したことにより昇格した轍平ですが、ベンチ入りもままならない日々が続きます。

 

そんな時、轍平にオリンピック代表への召集がかかりました。

 

オリンピック代表の監督はファン・ハーレンで、森川や近藤といったおなじみのメンバーもJリーグで活躍し召集されていました。

 

なかでも沖田は、坂本と時を同じくしてパラグアイのチームに入団し、南米の環境で揉まれてレベルアップしていました。

 

イタリアで出場機会が減っていた轍平は、試合勘を失い思うようなプレーが出来ません。

 

さらにオリンピック開幕直前にヴァレンティノが亡くなったとの知らせを受けて、動揺して調子を落としてしまいます。

 

スタメン落ちした轍平の代わりに活躍した沖田を中心に、日本は順調に勝ち上がっていきました。

 

しかし準決勝のブラジル戦で沖田は負傷してしまいます。

 

代わりにピッチに立った轍平は、ヴァレンティノを悲しませるプレーはできないと自らを鼓舞しハットトリックの大活躍。

 

轍平の活躍で日本代表は決勝戦へと駒を進めます

 

決勝戦の相手はイタリア代表

 

轍平と同じくヴァレンティノに指導を受けたミランの選手や、ライバルのマルコがいます。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『ファンタジスタ』最終回結末ネタバレ!その後の最後はどうなった?アテネ五輪編完結

マルコ・クオーレ

1-1となった試合で均衡を破ったのは覚醒したマルコでした。

 

日本のクロスをGKのアントニオがはじくと、そのボールを自陣深くで納めるマルコ。

 

するとマルコはボールを高々と日本陣内に蹴り返します。

 

誰もその意図を理解できませんでしたが、観客席で見ていた琴音が気付いて立ち上がります。

 

ピッチでは轍平だけがその意図に気づきGKに下がるよう指示を出しますが、間に合いませんでした。

 

マルコの蹴ったボールは虹のような弧を描いて、日本のGKとDFの間のスペースで高くバウンドし日本ゴールに吸い込まれます

 

世界中がマルコのファンタジーに酔いしれた瞬間でした。

かえってきた沖田

1点を勝ち越されたことで攻める日本でしたが、イタリアのカテナチオと呼ばれる強固な守備をなかなか突破することが出来ません。

 

逆に鋭いカウンターを浴び、思い切った攻撃もできないまま前半を終え後半が始まります。

 

打開策が欲しい日本に、ブラジル戦で怪我をした沖田が病院から戻ってきました。

 

すぐに陸奥と交代でピッチに入る沖田。

 

ドリブルで仕掛ける沖田にイタリアのマークが引き付けられます。

 

その隙を突き、上がる轍平。

 

沖田と轍平にしか見えていないスペースがありました。

 

沖田のノールックパスを受けた轍平もノールックでシュートを打ちますが、ギリギリのところでGKにはじかれてしまいます。

二人のファンタジスタの共演

ワンプレーで素晴らしい連携を見せた二人にイタリア代表は警戒します。

 

イタリア代表は、二人にボールが渡らないようにパスコースを切ります。

 

一方、近藤は二人にパスを出すことにこだわりますが、近藤が二人にしかパスを出さないことはイタリア守備陣に読まれておりうまくつながりません。

 

その時、轍平がパスで近藤に意思を伝えます。

 

轍平のおかげで近藤は周りが見えるようになり、日本代表はうまくパスがつながるようになります。

 

そしてイタリア代表のマークが分散したところで沖田にパスを出す近藤。

 

すると轍平は、近藤のパスコースを遮るような動きをします。

 

轍平が何かしようとしていることを感じ取った近藤は、轍平と沖田どちらにわたってもいいようなパスを出します。

 

轍平はスルーし沖田の裏へ走りこみます。

 

ボールを受けた沖田は、ノールックで徹平にダイレクトパスを出します。

 

スイッチすることを読んでいたイタリア代表はGKのアントニオが飛び出しシュートコースを切りますが、徹平はダイレクトで沖田にボールを返します。

 

ボールが来ることがわかっていた沖田は反転し、DFを置き去りにするとゴール左隅にシュートを決めました。

決着

沖田のゴールで2-2となった試合は、どちらの代表もファンタジスタを中心に攻め立てる展開となります。

 

そして両者一歩も譲らずロスタイムとなります。

 

イタリアのトトが放ったシュートはポストにはじかれてマルコの足元へ、そこでマルコと轍平が対峙します。

 

マルコとの1対1に勝った轍平は、そのままボールを持って攻め込みます。

 

周囲もサポートするように上がった日本代表に対して、マークが分散したイタリア代表は轍平からボールを奪うことが出来ません。

 

自由になった轍平はスピードに乗りゴール前へ、CBのファビオもかわして打ったシュートはイタリアゴールに吸い込まれます

 

直後ホイッスルが鳴り、日本の金メダルが決定しました。

それぞれの道

オリンピックが終わり、日本代表はそれぞれの道を歩みます。

 

沖田はアルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズに移籍しました。

 

近藤はスペインのエスパニョールで司令塔に君臨します。

 

森川は轍平と同じセリエAのキエーボへの移籍が決まりました。

 

そしてサン・シーロでは轍平とユベントスに移籍したマルコが再び対峙します。

 

大歓声の中、互いを意識する二人。

 

「さぁ、ドキドキしようぜ!!」

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『ファンタジスタ』世間の評判は!?

おすすめ記事