僕のヒーローアカデミア29巻ネタバレ無料!タダで読む方法は?デク&爆豪VS死柄木!イレイザーヘッド最大のピンチ!漫画バンクzip,rarは危険

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『僕のヒーローアカデミア』29巻のネタバレと無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

『僕のヒーローアカデミア』29巻を無料で読む方法は?

昨今、各出版社が漫画アプリに力を入れており、連載中のマンガでも漫画アプリを通して無料で読むことができます。

 

例えば、小学館が運営する漫画アプリ『サンデーうぇぶり』では、サンデー系列で連載中のマンガや過去の名作マンガに至るまで幅広く無料で読むことができます。(←1番オススメの漫画アプリ

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』で無料で読める主な作品一覧
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • からかい上手の高木さん
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • BE BLUES!~青になれ~
  • 結界師
  • スプリガン
  • 名探偵コナン ゼロの日常
  • 湯神くんには友達がいない
  • アオイホノオ

などなど…

 

しかし、『僕のヒーローアカデミア』29巻に関しては今現在、無料で読める漫画アプリはありません

 

そこでオススメするのが、こちらの「U-NEXT31日間無料体験」です。

 

この無料体験に登録すると600円分のポイントがタダで貰え、このポイントを使用することで1冊459円の『僕のヒーローアカデミア』29巻を無料で購入することが出来ます。

 

また、この無料期間内であれば『僕のヒーローアカデミア』アニメ全シリーズも無料で視聴することが可能なので、かなりオススメです。

 

安心、安全に『僕のヒーローアカデミア』29巻を無料で読みたい方は、「U-NEXT31日間無料体験」一択です。

 

詳しくは、こちら👇のページをご参照ください。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

無料体験は31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、ご安心ください。

 

また漫画アプリに関しては以下の2つのマンガワン』『マンガUPがオススメ。

マンガワン』『マンガUPはアニメ化、映画化されている話題作が特に多いです!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』で無料で読める主な作品一覧
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

 

『マンガUP』で無料で読める主な作品一覧
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 鋼の錬金術師
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『僕のヒーローアカデミア』29巻 ネタバレ紹介!

277話

イレイザーヘッドの最大のピンチに、デクと爆豪は死柄木の前に立ちはだかります。

 

多くのプロヒーローにとって、“最悪”とは、死柄木の狙いであるデクを奪われることです。

 

デク達が死柄木との戦いの場に戻ってくることは予想外でした。

 

しかし、イレイザーヘッドの個性によって死柄木の個性が使えない今こそが、デク達が戦力になるチャンスだとデクは考えます。

 

強力な敵である脳無も暴れまわっている中、死柄木に対応する戦力は不足しています。

 

イレイザーヘッドの個性である”抹消”が解かれてしまえば、死柄木の個性である崩壊が発動して、最悪の事態につながります。

 

何より、デクにとって”最悪”とは、2人をずっと守ってきてくれた先生であるイレイザーヘッドを失うことです。

 

その言葉にイレイザーヘッドもグラントリノも驚きを隠せません。

 

しかし、爆豪も言う通り、二人が戻って戦力になることは合理的です。

 

死柄木はイレイザーヘッドに個性を消失させられているとはいえ、あのオールマイト並みのパワーとタフネスを持ち合わせています。

 

エンデヴァー、グラントリノ、デク、爆豪が力を合わせて死柄木に立ち向かいます。

 

しかしその時、死柄木の中に別人格が芽生えます。

 

死柄木の先生であるオール・フォー・ワンの人格です。

 

死柄木にとって、オール・フォー・ワンは感謝の対象であるとともに、越えなければならない存在です。

 

死柄木は芽生えたオール・フォー・ワンの人格を否定します。

 

一方そのころ、マウントレディはギガントマキアと対峙しています。

 

278話

耳郎の個性で巨大な何かが向かってきていることが判明します。

 

歩く災害と呼ばれるギガントマキアが敵連合のメンバーを乗せて、死柄木のもとを目指しています。

 

マウントレディ、シンリンカムイ、ミッドナイトが応戦しますが敵いません。

 

そこでミッドナイトは八百万の個性でギガントマキアを眠らせることを発案します。

 

八百万のリーダーシップ力を見抜いていたミッドナイトは、現場の指揮を八百万に託します。

 

突然のことに戸惑う八百万と雄英高校1年生メンバーたちですが、八百万の指揮と全員の団結のもと、それぞれの個性を駆使してギガントマキアを迎え撃つことを決意します。

279話

八百万率いる雄英高校のヒーロー見習いと敵連合の戦いが続きます。

 

まずは状況把握のため、索敵能力が高い生徒による情報収集を開始します。

 

そこで森の中を移動するギガントマキアの背中には敵連合のメンバーが乗っていることが判明します。

 

一方、八百万は自らの個性で、ギガントマキアを眠らせるためにたくさんの麻酔薬入カプセルを創造します。

 

とつでもカプセルをギガントマキアの口の中に入れることが出来れば、眠らせられる計算です。

 

マウントレディを振り切りながら森の中を直進するギガントマキアですが、雄英高校の生徒達の連携で動きを止めることに成功します。

 

麻酔薬の投与を試みますが、背中に乗っていた敵連合に阻まれます。

 

さらに、ギガントマキアの呼吸一息で生徒達は吹き飛ばされてしまいます。

 

ギガントマキアは高揚を体躯の変動エネルギーに変える個性、痛覚を遮断する個性、他にも色々、戦場に長く居続けるための個性をもちます。

 

しかし雄英高校の生徒達も簡単には引き下がりません。地面を軟化させる個性と八百万の創造する爆弾を組み合わせてギガントマキアを足止めします。

 

ギガントマキアに麻酔薬を投与して眠らせるため、プロヒーロー立ちと雄英生徒達の反撃が始まります。

 

280話

マウントレディがこじ開けるギガントマキアの口近くにアシッドマンが迫ります。

 

ギガントマキアは、最短で死柄木の元に向かうため、ヒーロー達の妨害を気にもとめていませんでしたが、その判断があやまっていたことに気づきます。

 

邪魔な蝿であるヒーロー達が二度と反撃できないようにすることが最短だと方針を切り替えます。

 

ギガントマキアは自身を抑え込むマントレディを払い除け、口元に近づくアシッドマンを叩き潰そうと手を伸ばします。

 

絶体絶命の場面、間一髪で切島がアシッドマンを突き飛ばし助け出します。

 

叩き潰されたように見えた切島ですが、硬化の個性を駆使してギガントマキアの身体をよじ登り、敵の口近くに到達します。

 

ギガントマキアの口内に麻酔薬入カプセルを放り投げようとしますが敵連合の妨害にあい、カプセルは割れてしまいます。

 

しかし、切島が持つカプセルはひとつではありませんでした。

 

切島はアシッドマンに託されたカプセルを放り投げ、ついにギガントマキアの口内に麻酔薬を投与することに成功しました。

 

場面は変わり、エンデヴァーと死柄木が対峙します。

281話

家族や社会に否定されてきた死柄木にとって、ヒーローやヒーローが築き上げた社会は破壊の対象でしかありません。

 

満身創痍の死柄木ですか、エンデヴァーの火力が落ちていることもあり、己の限界を超越して攻撃を続けます。

 

ついにはオールマイト並の力を持つその手がグラントリノの足を捉えます。

 

グラントリノは若き頃の死柄木の母の息子との辛い別れを思い浮かべます。

 

しかし無常にも死柄木の拳が、地面に叩きつけられたグラントリノを襲います。

 

デクと爆豪が助けに入ろうと飛び出しますが、それ以上の、これまで以上のスピードで、死柄木はイレイザーヘッドに迫ります。

 

かろうじて、リュウキュウが死柄木を食い止め、デクが追いつき、そこにエンデヴァーが懇親の一撃を打ち込もうと飛び出します。

 

しかし死柄木にはもうひとつの狙いがありました。

 

282話

デクに拘束されている死柄木ですが、個性消失弾をイレイザーヘッドに撃ち込みます。

 

ヒーロー達は不意をつかれ、放たれた消失弾はイレイザーヘッドの右脚を捉えます。

 

すべてを崩壊させる個性を持つ死柄木と戦うにはイレイザーヘッドの個性は欠かせません。

 

それを知るイレイザーヘッドは迷わず自身の右脚を切断します。

 

しかし、その綻びを死柄木は見逃さず訳もなく、イレイザーヘッドに迫ります。

 

イレイザーヘッドをその手が捉えた刹那、死柄木を轟の氷塊が襲います。

 

その隙をデクは見逃しません。

 

懇親の一撃で死柄木を吹き飛ばし、イレイザーヘッドを保護します。

 

場面が変り、お茶子達がいる市街地です。

 

ギガントマキアが迫ります。

283話

ギガントマキアを止められなかった八百万達は森の中に佇んでいます。

 

共に戦ったプロヒーローの安否は不明です。

 

決死の覚悟で挑んだ八百万達でしたが、ギガントマキアに敵とすら認識されず、進行を許してしまい自分達の行動と決断が正しかったのか自問します。

 

ギガントマキアは街を破壊しながら直進をつづけます。

 

場面が変わり、死柄木に対峙するデク。

 

イレイザーヘッドの個性に頼れない以上、プロヒーローはデクに逃げるよう諭しますが、デクは拒絶します。

 

死柄木が戦おうと動き出した瞬間、彼の体に亀裂が入ります。

 

死柄木の個性のひとつ、超回復が身体の崩壊に追いついていません。

 

ミルコにより個性の定着率75%で起こされてしまったため、大きすぎる力に体が間に合っていません。

 

しかしそれでも、死柄木の五指が地面に触れてしまえば、その個性は地面を伝わり、ヒーロー達も崩壊に巻き込まれてしまいます。

 

死柄木の五指が地面に触れる直前、デクは個性のひとつ黒鞭と死柄木の母・志村の個性である浮遊を使い、死柄木と周囲のヒーロー達を空中に引き上げます。

 

 

そして自分の出来る全てをかけて死柄木を止めることを宣言します。

 

284話

死柄木を地面に触れさせてしまえば、また大崩壊が起きてしまいます。

 

死柄木を空から逃がさないよう、デクはほかのヒーロー達を地上に降ろし、自身と死柄木は宙に留まります。

 

今この場で死柄木に対抗できるのは黒鞭と浮遊の個性をもつデクだけです。

 

爆豪の頭にはデクの個性の特訓と、オールマイトとの会話がよぎります。

 

爆豪とお茶子たちはデクが黒鞭と浮遊を使いこなせるよう特訓に付き合っていました。

 

徐々に個性を使いこなしていくデクですが、爆豪はその個性についてオールマイトに疑問をぶつけます。

 

デクの個性であるワン・フォー・オール、その継承者に伝わるノート、そして四代目の記述が半端に終わっていること、オールマイトが何かを知っていると爆豪は考えます。

 

しかし、オールマイトも確信があるわけではなく答えることはできません。

 

100%のデクの力に対応している死柄木ですが、その再生速度は確実に遅くなっています。

 

死柄木の個性であるオール・フォー・ワンを止めることができるのは、受け継いだワン・フォー・オールだけであることを知るデクは、自分がどうなろうとも100%の攻撃を続けます。

285話

死柄木のダメージは確実にその再生速度を上回っています。

 

しかし、このままでは力の削りあいに堪えられずデクが負けてしまう可能性が高いことに爆豪は気づきます。

 

そこで、エンデヴァーの最高火力を死柄木にぶつけることを提案します。

 

黒鞭に補足されて自由が利かない死柄木を爆豪と轟の援護を受けたエンデヴァーが捉え、最高火力であるプロミネンスバーンを発します。

 

焼き尽くされるかと思われた刹那、オール・フォー・ワンの人格が現れ、死柄木の体を乗っ取り、黒い影がエンデヴァーの体を貫きます。

 

その黒い影がデクを襲うその時、爆豪は無心で飛び出します。

 

かろうじてデクを突き飛ばすことはできましたが、爆豪の体はオール・フォー・ワンの黒い影に貫かれます。

 

ここで29巻は終了です。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

おすすめ記事