キングダム60巻ネタバレ無料!タダで読めるのか調査!漫画バンクzip,rar危険|総司令・昌平君が行う驚愕の一手【647話~657話】

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『キングダム』60巻のネタバレと無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。 

『キングダム』60巻を無料で読む方法は?

漫画『キングダム』は、こちらの集英社が運営する漫画アプリヤンジャンにて無料読むことができます。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

しかし『キングダム』最新巻である60巻を無料で読むことはできません。

 

そこでオススメするのが、こちらの「U-NEXT31日間無料体験」です。

 

この無料体験に登録すると600円分のポイントがタダで貰え、このポイントを使用することで1冊459円の『キングダム』60巻を無料で購入することが出来ます。

 

また、この無料期間内であれば『キングダム』アニメ全シリーズも無料で視聴することが可能なので、かなりオススメです。

 

安心、安全に『キングダム』60巻を無料で読みたい方は、「U-NEXT31日間無料体験」一択です。

 

詳しくは、こちら👇のページをご参照ください。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

無料体験は31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、ご安心ください。

 

また漫画アプリ『ヤンジャン』では、『キングダム』以外にも

  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • ゴールデンカムイ
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • 推しの子

etc・・・

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『ヤンジャン』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『キングダム』60巻ネタバレ紹介!

 

第647話 河南の動き

李牧の解放に成功はしたものの追手から太子嘉を守るために疲労困憊の李牧軍。

 

さすがに疲れましたねと弱音を吐いてしまう程憔悴仕切った李牧を見てなにがあろう自分は傍にいると誓い感極まったカイネは背中に抱きつきました。

 

正気に帰るカイネですが何か超えてはならない一線を超えてしまったのではと不安になっていたものの李牧のありがとうの一言で安心しました。

 

翌日、趙の将軍である馬南慈、舜水樹、傅抵が李牧の天幕を訪れます。

 

前置きは無く、舜水樹が今後のことについてどうするのかを李牧に問いかけました。

 

やはり李牧軍随一の将軍ということもあり自身の考えをその場で提案しました。

 

1つ目は投獄して断罪される。

2つ目このまま闘争を続ける

3つ目は邯鄲に攻め入り現在の王朝を抹殺した後太子嘉を王位に就かせる(もしくはそれを変化させて李牧が新王朝を築く)

 

しかしいずれの案も李牧は却下しました。

 

李牧の考えはあくまでも趙を亡国の危機から救うことであり、そのためには自身の力が必要になる。総司令部に戻るまでの間はじっと耐えることということでした。

 

その為に趙三大天候補の司馬尚のいる「青歌」へ向かうことを宣言しました。

 

一方その頃、鄴を攻略した秦軍はそれ以上の進軍が出来ないでいる状態でした。李牧軍は撤退したもののそれ以降の対応が適格で強力な邯鄲が出陣した為です。

 

指揮をしたのは郭開であるもののそれらは李牧の進言によるものでした。

 

ところ変わって咸陽ではあの呂不韋が治める河南にて不穏な動きがあると肆氏から嬴政へ進言がありました。

 

反乱の根を絶つために呂不韋の命を奪うことを提案するも嬴政は直接会って話して来ると言いました。

第648話 大王の問題

久々の再開となった嬴政と呂不韋。

 

嬴政は河南の動きを邯鄲が見逃すわけがなく反乱の疑いがあり、命を絶つという意見まであることを呂不韋に伝えました。

 

しかし呂不韋は実はこれでもずいぶんと抑えているといいます。

 

反乱はこれからも起きる可能性がありこれが中華全体となれば想像を絶する程険しい道になると。

 

しかしそうなるのもすべては嬴政の問題であると指摘します。

 

嬴政の優しすぎる性格のせいで反乱の徒の芽をつむことが出来ない。それが最大の武器にもなり唯一の弱点となると。

 

最後に呂不韋は今も人間の心は光であると信じているかと確認し嬴政はまっすぐな瞳で勿論だと答えます。

 

それを聞いた呂不韋は嬴政を抱擁し鼓舞しました。

 

その後一ヶ月もの間河南の勢力は拡大する一方となっており危機感を募らせます。

 

見逃せなくなった咸陽は河南とその財産を取り上げる命を下しました。拒否をすれば軍を動かすことも厭わない姿勢となります。

 

しかし河南からきた言葉は驚くべきものでした。

 

呂不韋が死にひそかに葬られた。

 

この知らせを聞いて驚きを一同は驚きを隠せませんでした。

 

しかし雪が降り積もる中女性数名と場所で脱出する呂不韋の姿がありました。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

第649話 条件次第

鄴攻略の翌年、飛信隊を始め秦軍は未だに趙の防衛線を抜くことが出来ていませんでした。

 

趙軍の数が多いだけでは無く個々の力が強い事も要因でした。

 

飛信隊内は他の拠点配置から人員を増やせないか等意見は出ますが効果的な案は出ません。

 

そんな中、河了貂は師である昌平君がなにか有効的な的な手を打つはずだと信じていました。

 

その昌平君はといえば魏と同盟を結ぶことを提案していました。

 

当然現実的ではないという意見が出る中、条件次第ではないかと答えます。

 

その条件とは三年同盟の対価として秦、魏で共闘して楚の什虎城を攻め落としそのまま魏に渡すというものです。

第650話 開戦の日

楚の什虎城に早馬が走ってきました。

 

秦軍が蒙武軍3万の兵を引き連れて侵攻してきているというものです。

 

その知らせを聞いて驚く什虎城城主であり将軍の満羽。

 

久々の戦争に嬉しさを隠せない様子でとてもはしゃいでいます。

 

早速準備に取り掛かり打って出ます。

 

月知平原にて向かい合う什虎軍8万と蒙武軍3万。

 

圧倒的に数的有利な什虎軍が包囲するような布陣となっておりました。

 

蒙武軍本陣も当然この状態に危機感を持ち軍師であり蒙武の子である蒙毅も魏からの返答はないことに不安を覚え戦をやめるように進言しました。

 

しかし蒙武の回答は驚くべきものでした。

 

「昌平君の書簡は今日の日付を什虎攻めの日と魏に送ったはずだ。ならば今日が開戦の日だ」

 

外的な要因がどうあれ盟友の昌平君が決めた日時を帰ることはないと確固たる決意で答えました。

 

そして蒙毅へ自分の背中を見るように指示しました。

 

最前線で戦闘を行うことで敵の兵士を蹂躙していきます。

 

その姿を見て什虎城の将軍達は呟きます。

 

「分かっていない。俺たちが何者なのか」

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

第651話 人気の戦場

戦闘行われている最前線にひときわ大きな体躯をした男が蒙武軍をなぎ倒します。

 

一瞬戸惑う蒙武軍でしたが、その男はすぐに総大将の蒙武であることをあっさり明かします。

 

それを見つけた蒙武は蒙武を打つため出撃します。

 

什虎軍左翼の千斗雲はこの状況を見て自身でも出撃をしようとしたその時、蒙武軍の左翼から騰軍が出現しました。

 

その状況を見た蒙毅でしたが戦力はとても優位な状況ではないと冷静に分析しておりました。

 

しかしそのような悲観的な状況に追い打ちをかけるように楚軍からの援軍として将軍の項翼と白麗が現れたのです。

第652話 主からの言葉

楚軍からの援軍に慌てふためく蒙武本陣。

 

加えて項翼は臨武君の仇である騰の首を飛ばす為に非常に士気が高い状況です。

 

早速白麗の遠弓隊が騰軍内にある録嗚未隊を襲います。

 

加えて項翼の騎馬隊も目前まで迫っておりやむなく全体反転の指示を行います。

 

騰はその様子を見て楚右翼への攻撃を中止します。

 

中央軍に攻め込んで蒙武軍の脱出を援護する為です。

 

しかしそこに立ちはだかるのが什虎軍の将軍玄右です。

 

完全に押されてしまっている秦軍。

 

この様子を見て什虎軍の軍師寿胡王は余裕綽綽の言動です。

 

戦争中であるにも関わらず熱いお茶を入れなぜ什虎が落ちないのかを秦軍へ教えてやろうと思ったのに詰まらない。我ら四人がいる限り什虎は落ちぬ。というのです。

 

そんな中、什虎軍を含む楚軍と秦軍双方が戦場に起きた異変を感じます。

 

魏軍の大群が現れたのです。

 

これを見て楚軍の兵隊は混乱に陥ります。

 

寿胡王はやーっと面白くなってきたなとうれしそうな顔をみせます。

 

蒙武本陣はこの状況も見て援軍が来たものと確信し喜びます。

 

そんな中、魏国の使者が訪れます。

 

魏軍総大将呉鳳明の側近の荀詠と名乗るその男は3年という期限つきではあるものの同盟の承諾を伝えました。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

第653話 共闘せよ

全軍配置を変えて改めて秦・魏同盟軍VS楚軍の戦争の火蓋が切って落とされました。

 

秦・魏同盟軍は急増同盟軍である為互いの戦場がかぶらないよう対局から挟撃に出る戦略をとりました。

 

これに対し楚軍の中で挑発的に前線に出ている部隊がありました。

 

千斗雲軍です。

 

前線にいる録嗚未と対峙します。

 

お互い一歩も譲らぬ激戦を繰り広げる中そこに割って入ったのが魏軍の狂戦士乱美迫です。

 

あとに続く魏軍と録嗚未軍の兵隊達。いくら同盟を組んだといっても過去の因縁がある両軍は複雑な表情をみせます。

 

そこで録嗚未が秦・魏は味方だ。楚兵を打てと激を飛ばします。

 

我に返った秦・魏兵は共闘して楚兵へ攻撃を行います。

第654話 楚にあらず

魏の将軍龍范と対する玄右軍は白麗の援護を受けて対峙するものの第一陣が破られて行きます。

 

加えて荀詠軍の侵攻も迫っておりさらに呉鳳明は馬介軍の突撃命令も出します。

 

魏軍優位になっており、呉鳳明の側近たちは蒙武軍本陣との格の違いを指摘しました。

 

しかし呉鳳明は蒙武軍本陣との戦術理解は低いものの戦術の遅れを取り戻すだけの個の力があるといいます。

 

騰軍は軍師級の頭脳を持ちながら武の牽引でも軍を強化させる力をもっていること、蒙武軍は一振りで戦局ごと帰る危険な力を持つことを冷静に分析していました。

 

秦軍も遅れを取り戻し、いよいよ楚軍も追い詰められたように見えます。

 

しかし寿胡王はこの期に及んで特別な指示は必要な局面では無いと判断します。

 

その言葉通り満羽軍の精鋭部隊の迅樹や玄右軍の精鋭部隊の黄鋒の出現により巻き返しを図り始めます。

 

寿胡王そもそも什虎軍は楚軍であって楚軍にあらずと説きます。

 

自分達はそれぞれが滅びた小国の生き残りでありもともとは汗明達をも返り討ちにしてきた怪物であるといいます。

 

それを証明するかのように什虎軍の玄右により魏将の馬介がうちとられました。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

第655話 新たな戦術

馬介将軍が打たれたことにより荀詠軍が左に力を割かざるを得なくなり魏軍全体の攻勢は弱まりました。

 

膠着状態の前線を崩すのが魏軍最右翼に位置した乱美迫ですが録嗚未と共闘している千斗雲との決着がまだついていません。

 

一方蒙武軍と騰軍も苦戦を強いられており戦術の変更を余儀なくされております。

 

そこで呉鳳明が出した結論は録嗚未軍へ千斗雲軍の対応をさせ、乱美迫を助攻として攻撃するというものでした。

 

無事脱出し、騰軍のところへ乱美迫が到着すると騰も呉鳳明の考えを瞬時に理解しました。

第656話 興味がある

激戦中の満羽軍と蒙武軍に魏軍の魚燕が突入してきました。

 

不本意ではあるものの魏軍全体が助攻となりつぶれ役になることを伝えます。

 

それを聞いた蒙武はものの言い方に今一つ納得はいかないものの突破をするように軍全体に伝えます。

 

しかしそんな蒙武をひきとめる存在がいました。満羽です。蒙武軍の兵隊を倒して挑発する態度に怒り、本軍のみ先に前進するよう指示を出します。

 

羽は珍しく敵武将に興味を持ったようです。

 

ところかわってそのころ、千斗雲軍と録嗚未軍での戦場では満羽軍の対応をしていた秦軍が什虎本陣の援軍にくるとの知らせが入ります。

 

千斗雲軍の側近たちは寿胡王を守る為に後退することも進言します。

 

しかし千斗雲はそんなことには目もくれず魏軍本陣に攻め入る事を思いつきます。

 

それを見た録嗚未軍は他国同士で潰しあいをするんであれば特に秦にとっては都合がいいのではと考えます。

 

しかし録嗚未はそんな意見には一括。

 

今は友軍である魏を命がけで守ると劇を飛ばします。

 

守りを固める魏軍、後を追う録嗚未軍。

 

戦場は戻って満羽軍に引き留められたと蒙武軍との場面。

 

満羽は蒙武は背負っているを見抜きます。

 

その姿をかつての自分達に重ね合わせます。

 

互いに馬上での打ち合いを行いましたが、なんと蒙武が力でまけてしまし落馬してしまうという結果になります。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

第657話 解放の意味

地に叩きおとされるこになった蒙武を周辺の兵は狼狽を隠せません。

 

更に満羽は自分は汗明はより弱いぞと挑発します。

 

落馬している蒙武にすぐにとどめをさすこともできる状態であるにも拘らずすぐに行わない事にまわりの兵達は不審に思います。

 

蒙武が馬に乗るのを待ち、さらに挑発を行います。

 

満羽は蒙武へ追い込まれることで力を発揮する。背負うものがあるからだ。と言います。

 

しかし今は解放された。楽なものだぞと言い放ちます。

 

背負っているものの力を合わせて挑んで来い。今の俺の楽しみはお前を背負うものごと打ち砕くことだと。

 

その言葉を聞いた蒙武は昌平君の顔が浮かび反撃に出ます。

 

魏軍本陣に攻め込む千斗雲軍。魏軍の最終防衛線まで迫ってきました。

 

その時魏軍へ援軍が来ます。

 

龍范の黄金騎士団「光華狼」です。

 

加えて千斗雲軍の後方から録嗚未軍の軍が迫ります。

 

各戦場混戦状態の時に什虎城の見張りが慌ただしくなってきます。

 

なんと魏軍の井闌車が攻め込んできたのです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事