ストラッサー起一の経歴紹介!美人な嫁がいる?会社経営者?Bellatorと契約したストラッサー起一(国本起一)の強さや戦績、犬猫好き、経歴などを徹底紹介!

Bellator

 

「格闘技を遅くから始めても、地方に住んでいても、仕事をしながらでも、格闘技で夢を掴める事を証明したい」

 

 

そう語るのは、2019年3月23日にアメリカのメジャー格闘技団体Bellator(ベラトール)と契約をした事を発表したストラッサー起一(国本起一)選手。

 

 

 

愛猫家としても知られ、優しい黒コブラの異名を持つストラッサー選手の生い立ちから結婚、UFCへの参戦、ベラトールとの契約までストラッサー選手の経歴を紐解いていこうと思います!

 

 

 

是非、最後までお付き合いください!

ストラッサー起一(国本起一)の経歴

引用:https://www.instagram.com/kiichi_kunimoto/?hl=ja

ストラッサー起一(国本起一)のプロフィール

本名国本起一(くにもと きいち)
ファイターネームストラッサー起一
生年月日1981年5月1日(37歳)
出身大阪府西成区
身長

178cm

階級ウェルター級
所属ジム総合格闘技道場コブラ会
戦績20勝7敗
入場曲Fall Out Boy-Immortals

ストラッサー起一は元プロスケーターで経営者? 生い立ち紹介!

引用:https://www.instagram.com/kiichi_kunimoto/?hl=ja

ストラッサー選手は大阪府西成区で生まれ育ちます。

 

 

 

西成区は、かなりパンチのきいた街だそうで、いわゆる当たり屋も結構いたと言います。

 

当たり屋とは、故意に交通事故を起こして損害賠償を請求しようとする者のこと。

 

 

ですので、西成区の一部では徐行をして車を運転しているのだとか!(笑)

 

 

 

そんな街でたくましく育ったストラッサー選手。

 

 

 

中学までは野球をしていました。

 

 

 

その後、野球を辞め、スケートボードに熱中します。

 

 

スケートボードでは16歳から23歳までの7年間プロスケーターとして活躍!

引用:https://www.instagram.com/kiichi_kunimoto/?hl=ja

 

プロスケーターでどうやってお金を稼ぐの?と疑問に思うかもしれません。

 

 

 

ストラッサー選手の場合、スケートボードショップがスポンサーになり、スケートボードのビデオ撮影だったり大会に出場していたのだとか。

 

 

 

ちなみにプロスケーターで生計を立てられるのかを調べて見たところ、ほぼほぼ無理という事が分かりました。(プロスケーターの方、申し訳ありません。汗)

 

 

 

どんなに凄いプロスケーターでも月に20万円を稼ぐのが限界だそうです。

 

 

 

ストラッサー選手は自身で会社を経営しているため、会社経営とプロスケーターを両立して生活をしていたのだと思います。

 

 

 

今、サラっと言ってしまいましたが、実はストラッサー選手、衛生設備工事の会社を経営しているそうです。

 

 

 

家の水回りの修理からリフォームまで幅広くおこなっている会社です!

 

 

 

元々、両親が始めた会社でそこで一緒に働いていたと言います。

 

 

 

またストラッサー選手は地元、大阪で整体院も経営しているそうです!

 

 

 

ストラッサー選手は格闘家の他に実業家の側面も持っていたのですね!

 

新たな一面を発見できました 🙂 

引用:https://www.instagram.com/kiichi_kunimoto/?hl=ja

スーツ姿も似合いますね!!

プロの格闘家になる事を決意  パンクラス、HEATなどの国内団体での実績

 

ストラッサー選手は当時、大ブームだったPRIDEなどの総合格闘技をテレビで見て、衝撃を受けます。

 

 

 

体の強さには子供の頃から自信があり、中学時代は、相撲や腕相撲といった力比べで負けたことがなかったストラッサー選手。

 

 

 

「これなら自分にも出来るかもしれない!」

 

 

 

そう思うと、一般的に格闘技を始めるには遅いと言われる24歳という年齢で格闘技を始めます。

 

 

 

格闘技を習い始めたストラッサー選手は、

 

「1年でプロデビューを果たす!」

 

という目標を掲げ、昼間は実家の仕事を手伝い、夜は格闘技の練習をするハードな生活を送ります。

 

↓27歳のストラッサー選手!ちょっと怖いw

引用:https://www.instagram.com/kiichi_kunimoto/?hl=ja

 

1年というスパンではプロデビュー出来ませんでしたが、それでもたったの1年半という期間を経て、パンクラスでプロデビューを飾ります。

 

※格闘技経験が全くない、ストラッサー選手が僅か1年半でプロデビューする事は、驚異的なスピードだと思います。仕事と両立しながらでもプロになれる事を証明したかったのでょう。

 

 

 

そして、迎えたプロ初戦ですが、敗北を喫してしまいます。

 

 

 

格闘技経験が浅いストラッサー選手は、『格闘技は甘くない』という事を痛感し、2007年に1カ月間、単身渡米し格闘技の技術を学びに行きます。

 

 

 

アメリカでは技術を学ぶ傍ら、試合にも出場し2戦2勝、いずれも1本で勝利します。

 

 

 

帰国後は、リングネームを本名の国本起一からストラッサー起一に改名。

 

 

 

ストラッサーとは、アメリカでお世話になったジムの会長のデイブ・ストラッサー氏から取ったものだそう。

 

 

 

帰国後は勝利を量産し、パンクラスのウェルター級タイトルマッチに挑戦するも判定0-3で敗れ王者獲得はなりませんでした。

 

 

 

UFCと契約することを目標にしていたストラッサー選手は、「振り出しに戻った」と絶望しますが、HEATという関西の格闘技団体へ移り、UFCとの契約を目指し再起を図ります。

 

 

 

HEATでは、3戦目でウェルター級のタイトルマッチに挑戦し、肩固めで1本勝ち、HEATウェルター級に輝きます。

 

UFCと契約するには、

 

「元UFCファイターを倒してアピールしなければダメだ!」

 

と考えたストラッサー選手はHEATの運営に

 

「次の防衛戦の相手に元UFCファイターを用意してくれ。絶対、勝つから」

 

と懇願した結果、エドワード・ファーロロットという元UFCファイターがストラッサー選手の防衛戦の対戦相手に選ばれました。

 

 

 

試合結果は、1ラウンドで1本勝ちを収め初防衛に成功!

 

 

 

またUFCへの、これとないアピールにもなりました。

 

 

 

「これで負けたらまた振り出しにもどる」とかなりプレッシャーがあった試合だと後のインタビューで語っています。

 

 

 

その後、山本KID選手や堀口恭司選手をマネジメントしていた敏腕マネージャーの石井史彦さんマネジメントもあり、UFCとの契約が正式に決まることになります。

 

 

 

ストラッサー選手がランニング中に、石井さんから電話があったそう。

 

 

 

UFCとの契約の話を聞かされた時は、嬉しすぎて泣き崩れたと後に語っています。

 

 

 

それほどUFCとの契約には価値があるということが分かりますね!

 

 

 

ストラッサー選手は2014年1月にUFCデビューを飾ります。

ストラッサー起一のUFCでの実績

引用:https://www.instagram.com/kiichi_kunimoto/?hl=ja

UFC初戦は、思わぬ展開で幕を開けます。

 

 

 

相手選手の反則負けです。

 

 

 

対戦相手のルイス・ドゥトラ選手が本来、禁止されている後頭部への肘打ちを4~6発くらわせてしまい、ストラッサー選手は倒れこんでしまいます。

 

 

 

これによりルイス選手は反則負けとなり、波乱の初戦を白星で飾りました。

 

 

 

続くUFC2戦目では、1本勝ちを収め、パフォーマンス賞を受賞。

 

 

 

ファイトマネーの他に約500万円の賞金を獲得しました!

 

 

 

UFC夢がありますね~ 😆 

 

 

 

3戦目では、UFC日本大会に出場し、スプリット判定(2-1)で辛勝します。

 

 

 

UFCでは3連勝、通算戦績で7連勝を記録します。

 

 

 

ですが、4戦目のニール・マグニー戦では1本負け。(ニール・マグニーは2019年3月現在でもUFCウェルター級ランキング8位に位置するほどの強豪選手)

 

 

 

ストラッサー選手は、UFC初黒星を喫してしまいます。(連勝記録も7でストップ)

 

 

 

この試合後、かねてから痛めていた膝を本格的に負傷してしまい、手術や治療に専念します。

 

 

 

治療後、実に2年5カ月ぶりにUFCに復帰。

 

 

 

ブランク明け後という事もあり、思うようなパフォーマンスが出来ず判定1-2で敗れてしまいます。

 

 

 

UFCでは3勝2敗と勝ち越しているにも関わらず、UFC日本市場の低迷の影響を受け、2017年6月の試合をもってUFCをリリースされてしまいます。

 

 

 

リリース後、すぐに日本の格闘技団体RIZINからオファーをもらい、RIZINへ電撃参戦する事が決まります。

ストラッサー起一のRIZINでの実績

ストラッサー起一と北岡悟の因縁

引用:https://www.instagram.com/kiichi_kunimoto/?hl=ja

2017年12月29日に北岡悟選手と75kg契約で試合が決まりました。

 

 

 

会見では、北岡悟選手と因縁めいたものがあると語るストラッサー選手。

 

 

 

因縁というのは、ストラッサー選手がUFCと契約する際に北岡選手がSNSで色々言ってきたそう

北岡悟がSNSでセクシー女優に告白?経験人数や経歴、戦績を徹底紹介!実は婚約者がいたって本当?問題の入場シーンも紹介!

 

そのため、かなりバチバチの雰囲気で試合が始まりました。

 

 

結果はKO寸前まで追い込んだストラッサー選手の判定勝ちで幕を下ろします。

国内団体王者、住村竜市朗との対戦

引用:https://www.instagram.com/kiichi_kunimoto/?hl=ja

こちらも会見からバチバチの雰囲気(ストラッサー選手のみ)

 

 

計量時に向かい合った時には、小さな声で

殺○てやる、殺し○やる

と呪文のように言われたと住村選手は語っていました。

 

 

 

それくらい本気になっていたのでしょう!

 

 

それでも怖すぎますwwwwww

 

 

 

試合内容は、住村選手の得意な打撃戦に持ち込ませず、グラウンドで圧倒。

 

 

 

得意の肩固めで1本勝ちを収めます。

 

 

 

ですが、その後、RIZINでは同級のウェルター級選手が少ない事から出場機会に恵まれませんでした

 

 

 

2018年末にRIZINとの契約が満了した事を機にアメリカのメジャー団体、ベラトールと契約を結ぶことができ、2019年3月にベラトールと契約した事をSNSで報告しました。

実は動物好きで動物虐待の署名活動も行っている?

引用:https://www.instagram.com/kiichi_kunimoto/?hl=ja

ストラッサー選手は捨て猫を引き取り、大事に育てるなど、試合とは真逆の優しい一面を持っています!

 

 

ストラッサー選手曰く、

格闘技で有名になったら恵まれない犬や猫を守る活動をしていきたい

と公言しており、現に『動物虐待に関する法律の厳罰化』を訴える署名活動をしています。

 

 

 

口で偽善を語る人は多いですが、実際に行動できるストラッサー選手カッコよすぎます!

 

関連ブログを貼っておきます!

↑ここからストラッサー選手の署名活動を呼び掛けたブログへ飛べます!

 

 

 

ストラッサー選手の動物関連のブログ、本当に感動できるのでおススメです 😥 

 

 

 

是非読んでみて下さい!

ストラッサー起一の妻が美人!美人女性と結婚!子供も生まれる!

実はストラッサー選手、2018年11月にかねてからお付き合いしていた麻美(あさみ)さんという一般女性と結婚した事をブログなどで報告しています!

引用:https://www.instagram.com/kiichi_kunimoto/?hl=ja

写真も載せています!

 

 

 

美人すぎますね 😯  うらやまCCCCCCC

 

 

 

2019年5月にストラッサージュニアが誕生予定だそうです!

おめでたです! 🙂 

 

 

 

お子さんの名前もストラッサー○○にするのですかね?(笑)

 

 

 

追記:無事に女の子が生まれ、名前は「蒔那(じな)」ちゃん!おめでとうございます!

https://twitter.com/StrasserKiichi/status/1130495646719283200

ストラッサー起一のベラトール契約の経緯 RIZINライト級のオファーは?

引用:https://www.instagram.com/kiichi_kunimoto/?hl=ja

ストラッサー選手は普段体重が90キロ弱、ウェルター級(77kg)で試合をしています。

 

 

 

この時の減量幅で13キロから15キロ。

 

 

 

もしライト級グランプリに出場する事となれば、さらにそこから減量しなければならないので、トータル20キロから23キロの減量が必要になります。

 

 

 

ストラッサー選手自身、落とそうと思えばライト級(70kg)に下げれたと言いますが、落とせば試合でいいパフォーマンスは出来ないと言います。

 

 

 

なのでオファーがあったと思いますが断ったのではないでしょうか?

 

 

 

結果的にウェルター級の層が厚いベラトールへの移籍が決まったので、良かったですね。

 

 

 

ベラトールのウェルター級は「魔のウェルター級」「神の階級」などと言われているほどの強豪揃いです。

 

 

 

今年5月で38歳になるストラッサー選手がどこまで通用するのか楽しみですね!

ストラッサー起一の入場曲は?

ストラッサー起一選手の入場曲は、Fall Out Boy(フォール・アウト・ボーイ)の「Immortals」

 

 

 

Fall Out Boyは、アメリカで超絶人気のロックバンド!

 

 

 

この「Immortals」はアニメーション映画ベイマックスの挿入歌のために書き下ろされた楽曲なんです!!!

引用:Youtube.com

 

カッコいい曲なので、是非聴いてみてください(^^♪

ストラッサー起一の強さの秘密&まとめ

ストラッサー起一選手の強さの秘密は、スケートボードで培ったバランス力だと言います。

 

 

また格闘技に専念する上で、いつも支えてくれる家族や会社の従業員、ジムの仲間のおかげだそう!

 

 

強いうえに、かよわい動物も守れる!

 

 

まさにスーパーマンですね!!!

 

 

そんなスーパーマン起一の今後の活躍から目が離せません 🙂 

 

 

 

p.s. 引用ツイートありがとうございました!